« トップページ »

2018年5月 6日

1時間待ちが限界

今日は日曜日、ゴールデンウィーク最終日、川原はバーベキューを楽しむ人たちでいっぱい・・・カワセミにとっては迷惑な状態のはずなので、池への飛来が多いのでは?という甘い期待を抱いて、15時半過ぎに出かけてみました。が、フィールドの池に着いてみると、その雰囲気は異常に重苦しい・・・早速報告を受けると、早朝から一度も飛来していないとのこと。5時頃から来ている人、花の咲く時期だからということで1年ぶりに来ている人、初めて来ている人、勿論常連の方々・・・本当にお疲れ様です。で、期待を見事に裏切られたので、早速散歩開始・・・30分ほど歩いた16時10分頃にようやくお気に入りの場所になっているトベラの裏側へ飛来しました。10時間以上待っていた人には申し訳ないと思いつつ、急ぎ機材を担いでスタンバイ・・・どうせ枝から直下の背景が悪いところへ飛び込むだろうと、ピントを置いていたのですが、10分くらいして飛び込んだ場所が、想定とは全く違う手前、とんでもなく近く・・・15mくらい! 慌ててレンズを振ってファインダーを覗いてシャッターは切りましたが・・・魚を捕った後は枝に戻ったため、背中向きで直進・・・ピントが合うタイミングは皆無でした。それほど大きな魚ではなかったので、すぐにまた飛び込んでくれると信じて、気を取り戻して待つこと35分・・・枝から飛び出したので思わず水面にレンズを振ったらいない・・・お~、ホバってる! 慌ててレンズを向けて連写・・・ところがファインダー内でピントが抜けていることに気づいて・・・幸い4、5秒やってくれたので何度かシャッターを押し直して何とか8コマ残せました。その後ピラカンサの下の枝へ移動・・・まさに民族の大移動のように全員が反対側へ・・・カワセミを確認、ピラカンサの花が少し入れられるのでトマリモノを撮ろうと思った瞬間、川の方へ飛び去ってしまいました。オープンしていたアリス・カフェで美味しいコーヒーをいただき、17時過ぎには私も含め全員撤収しました。アリスさん、ありがとうございました。現状は何時間待っても結果は同じ、状況は最悪中の最悪なので1時間待ちが限界ですね、次回も散歩目的で出かけることにします。

ほぼピクセル等倍・・・
0506_1.jpg

結局飛び込はこの1度だけ・・・
0506_2.jpg

ま、これが撮れただけでも・・・ノートリ→リサイズでこんな感じでしたが・・・
0506_3.jpg

1/3程度のトリミングならISO800でもノイズは許容範囲・・・
0506_7.jpg

羽の開き具合、ブレ具合がお気に入りの次の2コマ、流石にノイズが気になりますが、ピクセル等倍までトリミング・・
0506_4.jpg

0506_5.jpg

その後5コマ、連写中にもかかわらず見事にピントが抜けてしまいました・・・
0506_6.jpg
Nikon D850 + AF-S 400mm f/2.8E FL ED VR + TC-14E F4 ISO 800 SS1/800秒

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2018年5月 5日

改善なし!

フィールドの最悪状態に改善なし・・・16時前にフィールド着、朝からの状況報告を聞くとよくないとのこと。姿は見せるも、飛び込場所が死角、枝の直下・・・ピラカンサやトベラの花のある場所には飛来しないのでトマリモノ狙いも期待できない。いい加減お手上げ状態・・・ま、カワセミ撮影は「忍耐」が不可欠、ただ耐えるしかないないですかね。

お馴染みのほぼピクセル等倍トマリモノ・・・もう飽きましたね。(^o^)
0505_1.jpg

ポーズは違ってもつまらない・・・
0505_2.jpg

これもお馴染みの枝からの直下飛び込、魚なし、背景最悪・・・もう飽きました!
0505_3.jpg

0505_4.jpg

0505_5.jpg

0505_6.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (3)

2018年5月 4日

昨年との違い

カワセミの出が悪いのは変わらずでしたが、15時半頃に池に着いたときには、カワセミは昨日同様、トベラの裏側で出迎えてくれました、が、羽繕いなど20分くらいして、飛び込まずに川の方へ飛んで行ってしまいました。1時間後に待っていたピラカンサの枝に飛来・・・ところが花がない、昨年との違いは、その枝回りに花が咲いていないこと、何故? そもそも蕾みがないじゃない・・・折角花の咲く時期にピラカンサの枝に来てくれたのに、肝心の花がないって、カワセミの出が悪い以上に最悪! 結局飛び込んでも魚なしでまた川の方へ・・・これで私以外のカメラマンは全員撤収。私は今日も池の周りを歩きました。で、18時にピラカンサの裏側へ再飛来・・・昨日よりは明るくて条件はよかったですが、それでもやっぱり暗い・・・飛び込んで失敗してトベラへ、また失敗してそのまま川へ・・・

いつものように最低感度でほぼピクセル等倍・・・蕾がなく、葉も食い荒らされているって感じですね。
0504_1.jpg

ピラカンサの花が入れようと構図を取ると・・・枝から離れた所はすでに花が満開状態!
0504_2.jpg

昨年の5月2日撮影・・・枝回りには蕾がいっぱい!
0504_3.jpg

昨年の5月16日撮影・・・満開でとても美しい!
0504_4.jpg

今年はピラカンサの花がない、カワセミが来ない・・・本当に残念です。トベラの方は逆に昨年より花が多いです。今日はISO800、SS1/60秒で撮れたので大きくトリミング・・・
0504_5.jpg

トベラの花をいっぱい入れると・・・
0504_6.jpg

トベラの裏側での飛び込は今日もこんな感じ・・・背景が近すぎて絵にならない!
0504_7.jpg

0504_8.jpg

0504_9.jpg

0504_10.jpg

0504_11.jpg

トベラからの飛び込は想定より遠くだったので、水出に間に合わず、その後の数コマは何とか・・・でも高感度で撮るとやっぱり解像しない・・・
0504_12.jpg

0504_13.jpg

0504_14.jpg

0504_15.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年5月 3日

トベラに花が・・・

春になるといつもお世話になっているトベラとピラカンサの花が咲きます。肝心のカワセミの飛来が激減して、今年は撮影チャンスがあるのか?と心配していますが、とりあえずトベラの花とカワセミは撮れました。それにしても出が悪い・・・もう期待もしていないので、今日も出かけたのは16時半頃、フィールド到着時にカワセミはいましたが、30分くらい待たされて、写真にならない場所に飛び込まれて終わりでした。カメラマンは皆、撤収、私は散歩のつもりで出てきたので、1時間しっかり池の周りを歩きました。戻ってこないだろうと思ったら、18時20分頃トベラの裏側に飛来、その後トベラへ、また裏側へ・・・2度飛び込んで1度成功、自分で食べて暗闇へ消えていきました。昨日川でメスを確認できなかったし、今日は餌運びもしていないので、少なくとも繁殖は失敗して終了ということだと思います。オスの池への飛来数が増えてくれるといいのですが・・・

いつものようにトマリモノをISO64でほぼピクセル等倍・・・
0503_1.jpg

18時25分・・・もっと明るい時に撮りたかったですね。
0503_2.jpg

ヨンニッパ単体、F値開放でも感度はISO3200の明るさ・・・1/3までトリミングすると厳しい・・・しかしそれでなくても撮影チャンスが少ないのに、こんな所ばかりに飛び込まれては・・・
0503_3.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年5月 2日

確かに・・・

昨日は17時前に行きましたが、池の周りを散歩して終わりでした。朝からいた仲間たちからの報告では、13時半頃に一度来ただけとのこと・・・これはやっぱり繁殖絡みで何か起こっているとしか思えないですね。ということで今日は17時過ぎに直接川の方へ様子を見に行きました。確かに池のオスはいました・・・が、特に何もせず下流へと消えていきました。その後1度水面すれすれを、下流から上流へと通過していきました。オスでしょうか? 結局1時間ほどいましたが、メスは確認できず・・・オスが餌を運んでいる様子もなく・・・何らかの原因でもう繁殖行動は終わってしまったのではないでしょうかね。

0502_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年4月30日

ワンチャンス!

今日はどうせダメだろうと思い、散歩するつもりで16時過ぎに出かけました。フィールドでは7、8人のカメラマンが全員撤収の準備・・・今日も「最悪」との言葉を残して誰もいなくなってしまいました。(^o^)  ま、折角来たんだから予定通り池の周りを散歩、50分間くらい歩いた17時過ぎに鳴き声・・・どこだどこだと見渡せど、姿は確認できず、トベラの裏側に回ったところで、トベラの枝にいるのを見つけました。それから反対側に置いてあった機材を取りに猛ダッシュ・・・息を切らしてトベラに戻ったときには、非常無情にもカワセミの姿がない~! 裏側に回ってみると、回り込んでピラカンサ方面へ飛んでいく姿が・・・またも重い機材を背負って反対側へ猛ダッシュ! 久しぶりにピラカンサの枝に止まるカワセミを見ることができました、が、もう息切れしてヘロヘロ状態、日々の池の散歩で鍛えてはいるものの、流石に体力的に限界でした・・・歳はやっぱり取りたくないですね。幸い落ち着くまでの数分間、飛び込みを待ってくれました、嬉しい、ありがとう! ここは集中して、気合いを入れて狙ったので、結果はOKでした。猛ダッシュが報われました。(大笑) 結局一発でゲットした後すぐに食べてしまい、トベラの裏側で羽繕いして川の方へ飛んで行きました。結局ワンチャンスでしたが、一応採餌を確認、明日以降も恐らく何度かは飛来してくれるでしょう。

0430_1.jpg

0430_2.jpg

0430_3.jpg

残念ながらこの後4コマ続けて没・・・
0430_4.jpg

0430_5.jpg

0430_6.jpg

この後もファインダー内で追ってはいたのですが、AFは追従してくれませんでした・・・
0430_7.jpg

お馴染みのピクセル等倍・・・
0430_8.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年4月28日

やれやれ・・・

昨日は一度も飛来しなかったので、もう終焉!だと思い込んでしまいましたが、13時過ぎに池に常駐の仲間から良い知らせが届きました。オスが戻ってきた~!!! しかもメスに魚を運んでいる~!!! やれやれです。メスに不幸があったとか、ホント、不可解すぎる状況を心配していたことが何だったのか? ということで15時頃出撃・・・16時前には懐かしのオスに再会できました。(^o^)

心配したぜ~!!! いつものオスです。トマリモノはISO64で撮影なので、ほぼピクセル等倍でご挨拶・・・
0428_1.jpg

アングルを変えて・・・美しい!
0428_2.jpg

15時55分、記念樹からの飛び込・・・水出に間に合わず・・・
0428_3.jpg

トベラの裏側で20分以上飛び込まず・・・ようやく飛び込んだ場所が・・・背景に近すぎ・・・
0428_4.jpg

また15分くらい飛び込まず・・・飛び込んだ場所がまた良くない、でも順光気味に陽が当たっていい感じ・・・今度はしっかり魚をくわえて出てきて・・・
0428_5.jpg

おいおい、魚を忘れてるよ~
0428_6.jpg

ホント、いい感じで追尾できたのに・・・
0428_7.jpg

0428_8.jpg

そのまま欄干手前の石の上へ移動・・・すると突然向きを変えて欄干の下へ・・・ほぼピクセル等倍・・・
0428_9.jpg

大物をゲットして出てきた瞬間に間に合わず、トホホ・・・この大物はメスへ、偉いぞ!
0428_10.jpg

17時過ぎにトベラに戻ってきて・・・採餌失敗! 逆光気味で水出の水飛沫に目を奪われてカワセミを見失うも、その後の数コマは追尾していた・・・
0428_11.jpg

またトベラの裏へ移動して、待つこと30分、ようやく飛び込んでお魚ゲット・・・すでに暗くなっていたため高感度で撮影、しかも後ろ向き、ピントはかろうじて魚に・・・この魚もメスの所へ・・・「明日はもっと頻繁に捕って運んでね」と、カワセミ語で声はかけておいたけど・・・
0428_12.jpg

0428_13.jpg

0428_14.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年4月27日

ついに終焉?

今日は結局、早朝から夕方まで1度も姿を見せなかったようです。私は17時頃に様子を見に行きましたが、全く気配なし、お魚だけが空しく?飛び跳ねていました。餌場としてこれほどよい場所はないはずなのに、縄張りを放棄するとは、本当に信じられないです。今はまだ繁殖時期なので、今まで守ってきた縄張りを放棄してまで、新しい相手となるメスを探しに旅立った可能性はあります。主のいなくなった池・・・いつ新しい主が出現するのか??? ただ待つしかないですね。当分の間は在庫整理になりそうです。

ISO200だと、1/3くらいまでトリミングしても全く問題ないですね。この時は水出から18コマ連写したのですが、残せたデータはこれだけでした。
0427_1.jpg

0427_2.jpg

0427_3.jpg

0427_4.jpg

0427_5.jpg

0427_6.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年4月26日

明らかな異変

昨日の様子、オスの行動パターンの変化から、何か異変が?と感じていましたが、今日の状況から営巣場所に明らかな異変があったことは間違いないでしょう。早朝組(6時~11時)、日中組(10時~16時)仲間の報告では、飛来はわずか数回、採餌はゼロ・・・つまり飛来しても何もせずに飛び去るというパターンです。私は16時45分頃出撃して、いつも魚を運んでいく川の様子を見てから池へ向かいました。17時10分頃池に着いたら、トベラの裏側の枝にオスがいました。日中組で残業していた仲間の話では、少し前に直下に飛び込んで普通サイズをゲットしたとのことでした。何とそれが今日の最初で最後の池での採餌でした。その後川の方へ飛び去って、18時半まで待ちましたが戻って来なかったのです。この異変というか、急変ぶりには、ただただ驚きました。結局トマリモノだけ撮りましたが、直前に飛び込んでいたにもかかわらず、嘴は土でかなり汚れていました。恐らく巣穴を掘っていたのでしょう。今まで抱卵していたことは、疑う余地はないので、その巣穴に何か問題が発生したのではないかと、想像しています。抱卵中の巣穴に蛇が侵入したとか、昨日の大雨(朝方は猛烈な雨だった)で巣穴が崩落したとか・・・気になるのはメスへの餌運びがなくなったことです。メスに何かあった可能性も否定できないですね。

昨年はこの枝でメスが待っていて、オスが魚を運び求愛給餌を数回披露してくれました。そもそも何故今まで止まったこともなかったこの枝にいたのか? それも不可解です。
すでに暗かったですが、D850の電子シャッターで最低感度ISO64で撮影、SS1/40秒です。ほぼピクセル等倍・・・この解像感はやっぱり凄い!
0426_1.jpg

伸びをする直前にISO1600、SS1/800秒に設定変更・・・嘴は相当汚れているのがわかりますね。
0426_2.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年4月25日

さらに悪く

朝方大雨・・・川は間違いなく増水、濁り水・・・ということで、カワセミは採餌が難しいので、池に頻繁に飛来するのでは、と期待して16時過ぎに出撃しました。あまり待つことなく、16時20分すぐに飛来してくれたので、今日はよさそうと期待したのですが・・・相変わらず飛び込場所は想定外ばかり、特に魚を捕ったときに限って最悪。4、5回の飛び込は確認できましたが、メスへ魚を運ぶ様子はなく、どこかへ消えてしまいました。聞くところによると、2時間以上姿を見せていなかったそうです。そしてその後待っても来る気配なし、といいながら18時15分まで粘り、帰り支度を済ませたらピラカンサへ飛んできました。急いで再度セッティング・・・が、準備完了前に飛び込んで普通サイズをゲット、すぐに呑み込んでトベラへ移動・・・5分くらいじ~っと下を見て、直下に飛び込みましたが失敗して、そのまま北の方へ飛び去りました。時計を見ると18時25分、撮影データを確認すると、数コマ残っていましたが、ISO12800・・・ヨンニッパ単体、F値開放でこの感度です、つまりカワセミを目視できない暗さだったってことです。生態カメラマンとしての務めですね、こんな時間まで撮影を試みたのは・・・(^o^)

今日はこの2コマだけにしておきます。
0425_1.jpg

18時24分・・・感度がISO12800ではね・・・半分にトリミングしてリサイズしてこの画質です。
0425_2.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)