« トップページ »

2013年11月19日

何とも言えない・・・

その後何とも言えない空気が漂っていました。ヤマセミの表情も複雑・・・卵を落としてしまった♀は、一度川で身体を洗ってから♂の待つ止まり枝へ。2羽が並んで巣穴の方をしばらく見つめていました。

1119-14.jpg
1119-15.jpg
※ヤマセミの生態

投稿者eisvogel : 23:45 | コメント (4)

2013年11月16日

まさかこんなことが・・・

巣穴に戻った♀はすぐには出てこないだろうと思って、巣穴の下の止まり枝で動かない♂の方にレンズを向けて、いつものようにトビモノの瞬間を待っていました。すると♂が激しく鳴きだした瞬間です、♀が巣穴の対岸にあるブラインドの前の大きな石の上に飛んできました。慌ててレンズを♀の方に振ってファインダー越しに見ると・・・あ~何と、何と、何という信じがたい光景・・・今思い出しても、あまりにもショッキングな、衝撃的な瞬間に出会ってしまい、言葉を失ってしまいましたね。こんな瞬間、見たくもなかったし、撮りたくもなかったですが・・・撮ってました、やっぱり。しかしヤマセミが卵をくわえて出てくるところに遭遇するとは・・・恐らくこんな体験をしたことがあるのは、私くらいなものでしょう。

実はこの写真は、2004年に1度公開したのですが、数時間後に削除しました。ちょっと反響は心配で・・・今回、もう10年近く前のことだし、ヤマセミの生態を紹介しているので、公開することにしました。
1116-15.jpg
あくまでも想像ですが、数日の雨で地盤が緩み、巣穴が落盤の憂き目をみたようです。このヤマセミの♀が生き埋めにならずに済んで幸いだったと思います。♀は本能的に卵を救おうと外へ持ち出したのでしょうが、外で抱卵することもできないので・・・
1116-16.jpg
諦めて捨ててしまった・・・いや、重さに耐えかねて落としてしまったのかもしれません。卵は無情にも転げ落ちて割れてしまいましたが、それをじ~っと見つめる♀・・・
1116-17.jpg
※ヤマセミの生態

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (5)

2013年11月15日

何かおかしい・・・

2004年4月14日、抱卵が始まって一週間後、信じられないことが起きてしまいました。ヤマセミの場合は抱卵が始まると、カワセミよりも長時間巣穴から出てきません。長いときには、7、8時間・・・つまり朝巣穴に入ると夕方まで出てこないこともあります。2004年は巣穴を掘り始めたのが3月15日前後、21日、27日、28日に巣穴近くで3度交尾を目撃、4月4日までは巣穴への出入りは頻繁でした。4月7日には早朝2度採餌して巣穴の中へ・・・その後3時間待ちましたが出てこなかったので、すでに抱卵が始まったのだと思いました。そしてこの日は雨模様だったので、巣穴から出てくるタイミングを狙って15時過ぎにフィールドへ様子を見に行きました。すると巣穴の下の止まり枝に♂がいるではないですか・・・遠くでブラインドを張って、10分くらいかけてゆっくり近づきましたが、♂は動かず、時々鳴いています。すると巣穴から♀が顔を出しました。
ヤマセミが川の土手で営巣するときには、抱卵して外に出てくると、まずすぐ近くの止まり枝とか石に降りて、それから水浴びをすることが多いですが、この時は何故かすぐにまた巣穴の中へ戻っていきました・・・何かおかしい・・・
1115-15.jpg
※ヤマセミの生態

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2013年11月11日

カワセミだと・・・

カワセミだと、求愛給餌の後に交尾をよく見かけますが、ヤマセミは求愛給餌自体、滅多に見る機会はありません。私も長年、長時間観察、撮影を続けましたが、ヤマセミの求愛給餌が見られたのはわずか数回、撮影となると、1度しか機会に恵まれていません。交尾は本当に生態写真としてしか撮ることはありませんが、相当数その機会に恵まれましたね。何故か巣穴堀の最中に見かけることが多かったです。

巣穴から出てきて休んでいるところに♂が・・・快晴で陽の当たる明るい場所で・・・この光景は晴れの日も雨の日も関係ないですね。(笑)
1111-14.jpg
1111-15.jpg
1111-16.jpg
※ヤマセミの生態

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2013年11月 1日

水浴び、採餌・・・

営巣場所では採餌はあまりしないのですが、巣穴掘りは重労働、お腹もすくでしょうからダイビングすることもありますね。水浴びは土や泥を洗い落とすために頻繁に見られます。

1101-14.jpg

1101-15.jpg
※ヤマセミの生態

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (5)

2013年10月23日

ただひたすら・・・

間をおかず♂♀交代、とにかく2羽でただひたすら懸命に掘り続けます。

2004年3月28日
1023-13.jpg

1023-14.jpg
※ヤマセミの生態

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2013年10月16日

この日は大雨・・・

観察者の私もひどい雨で大変でしたが・・・いつもより近くにブラインドを設定・・・ところが近すぎて羽を広げられるとファインダーからはみ出してしまいました。でも観察者は私一人、本当に間近で観察できて、幸せなひとときでした。

2004年4月4日
1016-15.jpg
※ヤマセミの生態

投稿者eisvogel : 23:59

2013年10月15日

気持ちよさそうに・・・

巣穴掘りは決して楽ではないはず、合間に頻繁に水浴び、羽づくろいをしますが、陽に当たって気持ちよさそう・・・

1015-15.jpg
※ヤマセミの生態

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2013年10月 9日

天気には関係なく・・・

天気には関係なく早朝から3時間ほど・・・何度も何度も繰り返しアタックです。

1009-14.jpg

1009-15.jpg
※ヤマセミの生態

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2013年10月 5日

雨の日も・・・

これは2004年3月・・・この年は色々なことがありました。まさにこのヤマセミのペアにとって受難の年に・・・信じられない自然によるアクシデントが起きて巣の放棄に・・・

雨の日も休むことはありません。♂♀交代で巣穴へ・・・
1005-15.jpg

1005-16.jpg
※ヤマセミの生態

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

All pages |  1  |  2  |  3