« 雛には翻弄・・・ | トップページ | 魚はないですが・・・ »

2016年7月 8日

SONY復活?

4月に「SONY神話って?」と「XQDの選択」という記事を書きました。まさか私のブログをSONYの関係者が見ているとは思いませんが、私が問題視したことに対してきちんと回答してくれました。ということで興味もあったので、1枚買ってみました。この新しいSONYのXQDカード、実測でもベンチマークでも私がお勧めした「Lexar 2933x XQD カード 128GB」よりも速い・・・そして価格もカードリーダーは別売りにし、カード単体で価格差は実質3000円前後まで下がりました。これならやはりより信頼性の高いSONYを選択できます。しかしわずか2ヶ月足らずでここまで下げるとは・・・レキサーが2月に半額に値下げしたことは衝撃的でしたが、SONYはよほど売れなくなって危機感を持ったんでしょうね、同じように半額まで下げましたから。性能がアップして、価格がダウンする・・・これほどユーザーにとって嬉しいことはないです。(^o^)
今となっては逆にSONY製をお勧めします。レキサーはXQDカード自体は、特に価格面を考えると申し分のない製品ですが、カードリーダーがよくないですね。まず筐体が大きすぎる、USBコードも専用のコネクターなので他の機器と共有できない、高速な専用ドライバーを用意していないので遅い、そして実質5000円超えと高額・・・高くても何かしらメリットがあれば喜んで使いますが、残念ながらメリットは皆無です。メーカーとしてこういうカードリーダーしか用意できないって、ちょっと?ですね。で、別売りになったSONYのカードリーダーは、実質レキサーの半額、小型軽量で、USBコードも不要、しかもわずかですがレキサーのリーダーよりも高速です。勿論Lexar 2933x XQDも問題なく使えます。これからレキサー製のXQDを買う方は、カードリーダーは断然SONYをお勧めします、というか倍のお金を払ってまで買う価値はないです。

200コマどころか、まさに無限連写可能です。
0708_11.jpg
XQDメモリーカード 128GB QD-G128E
XQDカードリーダー QDA-SB1

投稿者 eisvogel : 2016年7月 8日 23:59

コメント

コメントしてください




保存しますか?