« カワセミの習性 | トップページ | 雨中のカワセミ »

2018年9月24日

石どまり終了?

流石に3日続けて早朝の出撃は身体に悪いので、今朝はお休み、夕方の散歩にだけ出かけました。17時半過ぎに着いたときには、まだカメラマンが3人残っていました。報告によると、9時過ぎに1度飛来しただけだとのことでした。もしかして何らかの理由で行動パターン変えてしまって、日没後も飛来しないのでは?と思いつつ、機材をセットして待ちました。残っていた3人も17時45分前には全員撤収・・・と、17時46分に飛来して、石の上に5秒ほど止まってくれました。ということで塒に入る前に必ず採餌する場所は変えていませんでした。相変わらず暗い中、3度の飛び込み、魚を捕ったようで、17時52分には飛び去ってしまいました。明日以降も日没後以外でも、待てばいつか飛来するかもしれませんが、「石どまり」の状況はかなり厳しいですね。

夕靄のカワセミ・・・ISO200、SSは1/4秒・・・
_0924_1.jpg

投稿者 eisvogel : 2018年9月24日 23:59

コメント

24日(月)は早朝に挑戦しました。初めての電子シャッターで、ISO200,SS1/4は私にはさすがに厳しかったです。何度も数値を変えて試し撮りして、なんとかぶれずに撮れる数値に落ち着きましたが、9時に撤収するまで肝心のカワ様は石に留まってくれませんでした。ただ電子シャッターの撮り方を覚えたことは収穫でした。これからもどんどんチャレンジしてみようと思います。ありがとうございました。またいろいろと教えてください。よろしくお願いいたします。

投稿者 還暦マーク : 2018年9月25日 12:53

あらあら9時前に撤収されたんですか・・・9時10分頃飛来したようです。ま、4時間も待ってこなければ、諦めますよね。ホント、気まぐれなカワセミに翻弄されっぱなしで参ります。
電子シャッターの利点は、使いこなさなければ分からないでしょう。D850は昨年9月7日、発売日前日に入手し、ピラカンサの実が赤くなる10月までは電子シャッターの存在すら知りませんでした。最低感度ISO64で撮るためには、遅いSSはある意味必然、そうなる機構ブレのない電子シャッターは有効ではないかと気づいて初めて試したのが10月10日でした。その後徐々にSSを落として試し撮りを繰り返し、ピラカンサの最もいい時期にISO64、SS1/2秒でも完璧なデータを残せるようになりました。
もう石どまりはお終い、これからはピラカンサの枝とまりが期待です。それまでに是非電子シャッターを使いこなせるように試し撮りを繰り返してください。
トビモノ設定、トマリモノ設定も慣れれば、苦なく対応できるようになりますよ。
D850の最大の魅力・・・実際あのD5をサブ機にしてしまいました(^o^)・・・は、暗い時でも最低感度で最高画質のデータが得られることですね。

投稿者 eisvogel : 2018年9月25日 14:35

コメントしてください




保存しますか?