頸のあたりをかいているところですが、短足なので一苦労。
back next