雨乞鳥ともいう赤翡翠

2年ぶりにアカショウビンに出会うことができました。6月初旬から7月中旬まで、
週末泊まりで数回遠征しましたが、鳴き声のみで、撮影枚数ゼロの日も何度か。
最後まで信頼できるカメラマン数名だけでのんびり撮影できましたが、
とにかく雨ばかり・・・撮影条件が厳しくて参りました。アカショウビンは、
雨が降る前に鳴くことが多いので「雨乞鳥(あまごひどり)」とも呼ぶそうですが、
確かにあの鳴き声が雨の前ぶれでもあるかのように、よく鳴かれ、よく降られました。
思えば2年前に訪れた場所は、最初数名だったカメラマンが、最後には40名以上に・・・
そんな異常な光景はアカショウビンも見たくないはずです。来年も戻ってきてくれたら、
できるだけ静かに見守ってあげたいですね。
D2x、ISO100〜400、SS1/10秒〜1/90秒
アカショウビンの鳴き声
※「ことりのさえずり」よりお借りしています。無断転載は厳禁です。
写真をクリックすると大きくなります

赤翡翠との出会い top page
※大きな画像が表示されない場合はFlash Playerが必要です。