カワセミの魅力

ブッポウソウ目カワセミ科、学名はAlcedo atthis。
日本語では翡翠、「翡」はカワセミのオス、「翠」はメス。英語ではまさに「魚捕りの王様」Kingfisher(Common Kingfisher、River Kingfisher)。ドイツ語では何故か「氷の鳥」Eisvogel。中国語では「釣魚郎」。世界中に亜種を加えると100種以上の仲間がいます。
「飛ぶ宝石」「川辺の宝石」「清流の宝石」等々の形容があります。「宝石」とは勿論「ひすい」のことですが、宝石の「ひすい」はカワセミの緑色(エメラルド・グリーン)の羽根の色に似ているところから「翡翠」と書きます。
全長17cmで、ほぼスズメ大。翼開長25cm。体重35〜38g。平均寿命2年(美鳥薄命!?)。

カワセミの魅力は何と言ってもその鮮やかな色彩です。全く同じカワセミでも光加減、背景によって微妙に色が変化して見えます。頭と額は濃い青緑色に青白色の斑点があり、肩羽、雨覆、風切は青緑色で雨覆にはコバルトブルーの斑点、風切には線があります。翼の下面は橙黄色。背から尾のつけねまでコバルトブルーに輝き、胸から腹にかけてと頬はオレンジ、頬の後や喉、顎は白です。
オスとメスの見分け方ですが、オスの方が総じて色鮮やかで美しく、メスの下嘴は、まるで口紅を塗ったかのように赤くなっています(例外的に下嘴がほとんど赤くないメスがいることが分かっています)。また赤色が占める割合には個体差がありますが、下嘴の半分以上が赤くなっているのが普通です。尚、下嘴の基部が赤いオスもいますが、単に赤く見えるだけなのかもしれません。嘴の内側はオスもメスも赤いので、オスの一部に赤色が透けて見えるような個体がいるとも考えられます。同一個体でも光加減で相当違って見えるからです。
嘴は全長のほぼ3分の1にあたり、体と比較するととても大きく、魚を捕る時と巣穴を掘る時にその威力が発揮されます。極端に短い足は歩行には全く適しませんが、枝等から水中の魚を直接ダイビングして狙うので、実際に歩くことはほとんどありません。枝に止まって真下の魚影を追うとき、時折目だけではなく、背伸びをしながら短い足で左右 へちょこちょこ動く程度です。3趾は基部で癒着して合趾足。足の爪は黒い個体が多いです。

カワセミの捕食の瞬間もとても興味深いです。飛行は直飛で、低空、水面すれすれをまっすぐ速く飛びますが、すぐに水辺の枝や水中に突き出た石などに止まり、魚影を目で追い、見定めると体をひきしめ、ダイビングして魚を捕ります。その高さは1〜15m、低い所からは、獲物がすぐ下にいるときはまっすぐ飛び込み、先にいるときは放物線を描くようにして飛び込みます。高い所からは、獲物目がけて一直線に飛び込む場合と、水中に飛び込む直前に急ブレーキをかけスピードを緩めてから飛び込む場合があります。ダイビングに際しては、獲物の動きに反応して空中で瞬時に身体をひねったりして微妙に向きを変えることもあります。嘴が水中に飛び込む前にすでに開いています。
魚を捕って元の場所に戻るまでの時間はほんの数秒、水中に消えて1秒もしないうちに魚をくわえて出てきます。飛び込むタイミングは魚が一瞬静止した時や水面に浮いてきたときで、水中深く潜ると減速して獲物が逃げてしまうので、川底にいるドジョウやザリガニなどは浅瀬で狙います。さすが魚捕りの王様、枝等からのダイビングでは、捕獲成功の確率は80%くらいでしょうか、一度のダイビングで2匹も捕ることもありますし(流石に2匹とも呑み込むことはできず、1匹は逃してしまいます)、魚を突き刺して捕ることもあります。一度捕まえた獲物は例え尻尾であっても滅多に逃しませんが、時には呑み込む寸前に落としてしまうこともあります。そんな時は逃した獲物の行方をしばらくの間惨めったらしく見つめたりもします。そして魚が生きていればすぐにもダイビングして捕りますが、死んでいるときには捕ろうとはしません。
川原の石など低い場所に止まっているときや高い所からダイビングを試みて魚影を見失ったときは、空中でホバリング(停空飛翔)して獲物を狙います。ただホバリング後の捕獲の成功確率は50%以下でしょうか。ホバリングは通常3〜5秒間ですが、魚が見つからないときは稀に10秒以上続けることもあります。その時は空中で何度か高さや向きを変えながら魚を探します。ホバリング中は羽が見えないくらい激しく羽ばたきますが、空中で獲物に狙いを定めるために、いくら激しく羽ばたいても頭部だけは全く動かずしっかり固定された状態になっています。
好物は魚で、3〜7cmの小魚(フナ、オイカワ、モツゴ、ドジョウ等々)を主食とし、水生昆虫やエビ(公園の池等では多い)やザリガニなども食べます。ごく稀ですが、トンボやカエルも捕ります。1度の採餌で、魚が大きい場合は1匹、小さい場合は2・3匹続けて捕ります。魚が豊富にいるところでは、1日50匹以上食べることもあります。採餌の間隔は朝夕は30分〜40分、日中は1時間〜2時間。捕った魚が小さいと元の場所に戻ってすぐに呑み込んでしまいますが、大きい場合は水面近くの木陰にあるお気に入りの場所へ移動して、枝に叩きつけたりして、骨などを砕いてから呑み込みます。よく見かける嘴に付いた白いものは、その時に付着した魚の鱗です。
カジカのような頭でっかちの魚や10cm以上の大きな魚、ザリガニを捕ったりすると、頭部が切断されてしまうまで何度も何度も繰り返し叩きつけたり振り回したりして、必死の思いで呑み込みます。何と20分以上も格闘することもあります。さすがに大魚を呑み込むと、消化器官の動きが活発になるのか、しばらく体全体が心臓の鼓動に合わせるように小刻みに動きます。体も重くなるせいか、糞を出すまで身動きがとれなくなるようなこともあります。魚は鰓が喉につかえないように頭部から、エビやザリガニなどは逆に尻尾から丸呑みです。それ故に求愛の時はメスが食べやすいように魚の頭部を前にして与えるのです。ちなみにカワセミは舌があります。
カワセミの消化器官はとても迅速に機能するので、呑み込んだものは30分くらいで消化すると言われています。10cm前後の大魚をそのまま丸呑みできるのも、胃袋が大きいからではなく、食道が長いからなのでしょう。魚数匹分の骨や鱗などの不消化物は、一塊(2x1cm)のペリットとして吐き出します。驚いたことに、1度に2個、3個続けて吐き出すこともあります(カワセミの胃袋は一体どうなっているの?)。ペリットを出した後は空腹になるようで、すぐに捕食行動にでます。糞は白い液状で、尻尾を少し上げて頻繁に排出します。カワセミがよく止まっている場所は、白い糞で汚れているのですぐに気づきます。

お腹がいっぱいになると、水浴びをしたり(水浴びの時は30〜50cmの高さから3〜5回続けて飛び込む)、大切な羽毛の手入れをしたり、翼を広げて伸びをしたり、頭をかいたり、ブルブル身体を震わせたり、のんびり日光浴をしたりします。枝などに止まっている時は頭や尾を上げ身体を上下にピクピク動かしたり、欠伸でもするかのように嘴を開けたりします。強風で枝が大きく揺れてもうまくバランスをとります。警戒心はとても強く、カワセミより小さな鳥が近くに飛んできてもあまり反応しませんが、大きな鳥(特にカラス)などが飛んでくると上空を見上げたり、真後ろを見たり、また威嚇するような格好をしたりして警戒します。面白いことにあまり大きな鳥ではないモズなどには敏感に反応しますが、大きなヤマセミには、やはり親近感があるのか逃げたりはしません。
時折目が白っぽくなることがありますが、それは水中ダイビングや巣穴掘りの時に、目を保護するために閉じられる瞬膜で、特に陽差しの強いときにはも頻繁に閉じます。ちなみに瞬膜は手前(額側)から奥へ閉じます。
繁殖期はつがいで採餌場である縄張りを持ちますが、それ以外はそれぞれが縄張りを持って単独行動をとります。縄張りの広さは、通常川の場合、500m〜1kmですが、餌の豊富な場所では100m前後の間隔で数個体見かけることもあります。公園の池などでは、餌場となる場所を数ヶ所確保できる範囲になります。縄張り確保は死活問題なので、相手がオスでもメスでも縄張り内に侵入してくるとすぐに追い払ったり、追いかけ回したりします。繁殖期以外では2羽が同じ枝に止まることは稀です。
鳴き声は「ツィ−」「ツィツィツィー」「ツィッツィー」で、自転車のブレーキ音に似ているのと思うかもしれません。繁殖期になるとオスとメスは互いに意識し合い、頻繁に短く「ツィ」と鳴き合います。

繁殖期は2月〜5月(年に3回!繁殖することもあり9月まで)。
求愛行動のパターンはいつも同じではありません。特に都市公園では、営巣場所が池などのすぐ近くでないケースが多いため、かなりの違いがあるようです。
求愛行動は、オスがメスの縄張りに進入して始まることもあれば、その逆の場合もあります。いずれの場合も最初のうちは、どちらかが縄張りから追い払います。次第にお互いが意識し合って受け入れるようになると、まず別の枝に止まり、鳴き合いながら接近、求愛飛翔とでも言うのでしょうか、オスはメスの回りを飛び回ったり、後を追って近くに止まったり、やはり求愛行為の一つでしょう、オスはメスの前で頻繁に背伸びをしたりお辞儀をしたりして自己をアピールしますが、同じ枝に止まってもしばらくの間は仲々向き合いません。時折向かい合って嘴を大きく開けて威嚇するような行動をとることもあります。オスは早々巣穴掘りを始め、メスを巣穴に誘います。やがてほとんどの時間を一緒に過ごすようになり、本格的な求愛行為も始まります。
最も素晴らしい光景である求愛給餌は、オスがメスのために魚を捕って与える行為です。オスは魚を捕るとメスが待つ場所へ移動、口にくわえたまま鳴いてメスを呼ぶか、それに応えて鳴くメスのいる所へ運んで与えます。最初のうちは魚をくわえたオスが意地悪く仲々メスに与えようとしないこともあります。メスが魚を受け取ると、オスの求愛に応じたことになり、つがいの誕生となります。オスは歓喜の表現でしょうか、魚を渡した瞬間、得意げに胸を張り尻尾を上げます。巣穴堀りと求愛給餌を繰り返し、やがて交尾(大体求愛給餌後)します。
本格的な巣穴堀りはオスとメスが交代で行います。道具は勿論自慢の嘴です。掘った土はこれまた自慢の合趾足で後方へ蹴り出します。特に掘り始めが大変で、何度も嘴を立てて体当たりを繰り返します。かなりの重労働らしく、巣穴から出てくるとすぐに一休み。土手に直径6〜9cm、水平に50〜100cmの穴を掘り、一番奥の少し広いスペースにやわらかい土や吐き出した魚の骨などを敷き産座にします。巣作りは10日前後で終わりますが、巣穴に入り向きを変えて出てくるようになるとほぼ完成状態です。通常は近くに幾つかダミーの穴を掘り、2度繁殖するときに使ったりします。穴掘り中は身体や嘴に付いた土を洗い落とすために何度も水浴びします。
卵は白で長径22mm、短径18mm、1日1個ずつ産卵します。卵数は4〜7個。抱卵日数は約19日。抱卵は交代でメスが6〜7割、夜間はメスが担当します。抱卵の初期は、巣の中にいる時間も短いですが、次第に長くなり、数時間出てこなくなります。メスのお腹は長時間の抱卵のせいで白っぽくなります。オスは抱卵初期までは、メスのために餌を運びますが、いずれ給餌はしなくなります。
育雛もオス・メス共同ですが、孵化後1週間前後は、雛が赤裸のため温めます。穴にいる数羽の雛に1日40〜50匹の魚を与えますが、オスはメスの倍は運びます。雛も魚を丸呑みするので、雛の成長に応じて、運ばれる魚が大きくなります。糞は液状なので垂れ流し、ペリットもそのままなので、巣の中はとても不潔で悪臭がたちこめています。そんな汚い巣の中であの綺麗なカワセミが育つとは、ちょっと想像もできません。巣立ちは孵化後23日前後。一度使った巣は再び使うことは滅多にありません(衛生上問題あり!)。

幼鳥は嘴が短くて先端が白く、胸、腹部を中心に黒っぽいところが多く、足も黒いのが特徴です。身体の大きさ自体は親鳥とあまり変わりませんが、尻尾と嘴が短いので、すぐに見分けられます。鳴き声は親鳥と交信しているのでしょう、短く「ツィ」と、首や尻尾をピクピク動かしながらよく鳴きます。とてもかわいいのですが、美しくも格好良くもありません。数ヶ月経たなければメスかオスの区別もつきません。孵化したばかりの雛の体重は3g程度ですが、15日もすると親鳥よりも体重が増えます。親鳥は巣立ちの3・4日前からあまり餌を与えず、巣立ちを促します。しっかりダイエットしていないと、巣立ちができません。実際数メートルしか飛べなかったり、フラフラして水中に落ちてしまいそうな雛もいます。巣立ち雛は数日間、巣穴近く、つまり親鳥の縄張り内に仲良く一緒にいて、親鳥から餌をもらいます。天敵に襲われないように木陰など目立たないところにいますが、運が良ければこの時カワセミを一度に3羽以上見ることができるかもしれません。
得意の魚捕りは巣立ち後5日前後、親が餌を与えなくなってから始めますが、実際に始める前に枝などさかんに噛んだりして練習するようです。しばらくは獲物をしっかり見定め飛び込んでも収穫なし、という状態がしばらく続きます。やっと捕ったと思ったら、魚ではなく小枝や葉だったりして。せっかく捕った魚も、くわえた所が尻尾だったため胃袋に入る前に、落としてしまったり、失敗を繰り返しますが、数日で上手くなり、一人前の魚捕りになります。雛同士で縄張り争いをしたりしますが、親鳥は15日前後で縄張りから雛を追い払うようになり、雛は独り立ちします。

※大部分は実際の観察にもとづいて記載していますが、巣穴の様子などは分かりませんので、一部、カワセミに関する書物などを参考にしています。

top page