« 海外のカワセミ | トップページ | ランカウイ島 »

2020年4月25日

ステイホーム週間

「ステイホーム週間」・・・ネーミングだけはいいですね。(^o^) 今日も自宅療養中の陽性者が2人亡くなりました。お隣埼玉でも2人が亡くなったことが明らかになったばかりです。「命を守るために」と前置きして外出自粛、ステイホームの呼びかけだけしていないで、その前にやるべきことをしっかりやって欲しいです。山中教授が、感染経路不明の陽性者が多い東京では、最低でも今の3倍は検査すべきだと、また警鐘を鳴らしています。私の言っていることに耳を貸す必要はないですが、正論を言っている山中教授のような方の話しには耳を傾けるべきです。実態を把握しなければ、効果的な対策を講じることはできないからです。症状のある人すらすぐに検査もせずに、自宅待機させたり、陽性者を自宅療養させていては、救える命を奪ってしまうだけです。本当に岡江さんの命も救えたと思いますよ。厚労省は検査数を増やす気がなかった=陽性者が少ないので、すべての陽性者は病院に入院させて隔離という対応でした。オリンピック延期決定後に検査数を増やした=陽性者が急増し病床の確保が追いつかなくなったので、無症状者と軽症者はホテルなどの施設か自宅での療養に変更しました。自宅療養は家族に感染させるリスクが高い上、急に病状が悪化して死に至ることもあると予測ができたはずです。実際に家族に感染者が出たり、死者が出始めてようやく自宅療養をすべて施設療養に変更しました。また家庭内暴力が急増することも予測できたことですが、これも実際に急増して事態が深刻化してようやく対策に動き出しました。遅い! マスク配布は論外ですが、給付金も支援金・協力金も未だに一銭も国民の手元に届かないです。長期の自粛要請、休業要請でコロナに感染しなくても、すでに瀕死の状態に陥っている人は大勢います。今までの行政の怠慢がどれほど国民の生命を危険にさらしていたか、救える命を救えずにいるか・・・アビガンだって増産のために139億円支出するそうです。でもいくら増産しても最も効果的なタイミングで投与されていない、投与できる環境になっていないという悲しすぎる現実・・・こんなことをこのブログに書いても空しいだけかな。(^o^)
外出自粛要請はさらに長期間に及びます。コロナ収束までは「ステイホーム」が原則、「ステイホーム週間」中に関わらず、公共交通機関の利用や他県などへの移動、「不要不急の外出」でなくても3密状態になっている商店街やスーパーへの買い物は極力控えるべきでしょう。ただ長い期間も1日中家にこもっているのは、本当によくないです。今後も個々の判断で健康維持のためにも、人との接触を避けた短時間の外出は必要でしょうね。血栓も重症化の要因になるそうです。免疫力を高めるのと同じように、血栓を防ぐためにもバランスよい食事、十分な睡眠、適度の運動は有効です。カワセミ病は仕方ないですが、それ以外の病気にならないようにしましょう。

投稿者 eisvogel : 2020年4月25日 22:59

コメント

コメントしてください




保存しますか?