2017年11月22日 (水曜日)

やっぱりトビモノ

この1ヶ月、ピラカワに夢中になってトマリモノばかり撮ってましたが、やっぱりトビモノ系の撮影は楽しいですよね。D850でも十分トビモノ系が撮れることはすでに実証済みですが、とにかく今は撮影チャンス自体が少ないので我慢するしかないです。トビモノ系の状況がよくなれば、D5の出番もあるかも・・・実はそうなることを期待しています。

8月D5で撮影・・・この間に羽閉じ5コマ没あり、12コマ/秒だと1チャンスでもいっぱい撮れます。(^o^)
1122_1.jpg
1122_2.jpg
1122_3.jpg
1122_4.jpg
1122_5.jpg
1122_6.jpg
1122_7.jpg
1122_8.jpg
1122_9.jpg
1122_10.jpg
1122_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | comments(0)

2017年11月21日 (火曜日)

ワンチャンス!

しかしトマリモノがワンチャンスというのは、ちょっと淋しい状況ですよね。ここ数日採餌する場所がトベラでもなく、ピラカンサでもなく、行動パターンがイレギュラーで翻弄されっぱなしです。飛び込まなくてもピラカンサにさえ来てくれればありがたいのですが、結局今日は16時過ぎになって1度飛来しただけでした。ただ5分くらいいてくれたので、4ヶ所から撮ることができました。

背景に夕陽が残っていました。
1121_1.jpg
1121_3.jpg
カワセミにも背景にも陽が当たっていない・・・
1121_2.jpg
逆光側から・・・
1121_4.jpg
柳からの採餌・・・丁度陽が当たっているときでした。
1121_5.jpg
久しぶりにトベラからの採餌で超々小物をゲット、水面はいい色が出てました。
1121_6.jpg
トビモノをもっと撮りたい~

投稿者eisvogel : 23:59 | comments(2)

2017年11月20日 (月曜日)

ホワイトバランス

D850では新たに「自然光オート」という設定が追加されました。外での自然光下で適正なホワイトバランスを実現するとアナウンスされています。従来の「オート」という設定は、室内での人工光下で有効とのことです。今までピラカワ撮影時に「オート」と「自然光オート」を試してみましたが、ニコンのアナウンス通り、「自然光オート」はかなり信用できそうですね。RAWで撮っているので、現像時にホワイトバランスは簡単に調整できますが、大きな失敗にならないと思うので、仮にJpegで撮っても安心です。ホワイトバランスに限らず画像処理せずに済ますことができれば手間も省けますし・・・何よりも見た目そのままを再現できるというのは、一瞬の感動を切り取るカメラという道具にとって大事なことでしょう。
今日は15時過ぎに出かけて、待ち時間なしでトベラに飛来・・・でも飛び込はなし。相変わらず採餌はトベラからでもなく、ピラカンサからでもなく、撮影できない場所ばかり・・・ならばまだ楽しめる間はしっかりピラカワを撮ればいいということですね。(^o^)
15時47分・・・陽はもう完全に傾いてしまってカワセミにもピラカンサにも当たらない状況下での「自然光オート」・・・
1120_1.jpg
現像時に「晴天」に調整・・・
1120_2.jpg
「曇天」に調整・・・
1120_3.jpg
16時21分・・・雲に覆われた中で陽は落ちた状況下、もう暗くてSS1/6秒での「自然光オート」・・・まさに見た目の色が再現されています。
1120_4.jpg
現像時に「曇天」に調整・・・明らかに見た目とは違った色再現になります。
1120_5.jpg
昨日の撮影ですが、木道の上の柳の枝から飛び込む機会が増えました。
1120_6.jpg
1120_7.jpg
1120_8.jpg
こんな所からも・・・完全にピラカワ設定の時に飛び出して・・・SS1/125秒じゃね。(^o^)
1120_9.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | comments(0)

2017年11月19日 (日曜日)

感動的!

今日はまる2日撮影できなかったので、朝から出かけました、が、ピラカンサにはお客さんがいっぱい、いや、カメラマンのことじゃないですよ。(^o^) ツグミ、アカハラ、カワラヒワ・・・恐らく実が熟して食べごろなんでしょうね。ツグミやアカハラは実をまるごと食べてしまうのでいいのですが、群れで飛来するカワラヒワは実をつまむ食べ方なので、食べ残しの実がそのまま大量に残ってしまって、見た目が汚くなってしまうのが残念・・・しかもカワセミの指定席に居座って周りの実を食い散らしていました。そろそろ「ピラカワ」も終わりが近いですね。ということで11時までいましたが、飛来は2度だけ、1度目はわずか5秒で飛び去ってしまいました。採餌もなしで撮影成果は乏しかったです。一旦帰宅して、15時過ぎにトビモノ期待で再び出かけました、が、ピラカンサからもトベラからも飛び込まない状況は変わらずで残念でした。でもやっぱりカワセミは美しい! 美しいピラカワは今の時期だけです。トビモノは今後いくらでも撮影チャンスはありますからね。美しい夕焼けのカワセミを見て、撮っては・・・感動しなくちゃ。(^o^) ちなみにこれほど美しく、感動的に撮れるカメラはD850しかないと、断言します! ホワイトバランスは、新規採用の「自然光オート」です。夕景は本当に見た目そのまま、感動の瞬間をカメラ任せで切り取ってくれます。

15時25分・・・丁度線を引いたようにカワセミの足元から上と背景に夕陽が差していました。
1119_1.jpg
15時26分、位置を変えて・・・敢えてカワセミの足元の線を意識して背景の色が違う場所から撮りました。
1119_2.jpg
16時20分・・・背景だけ明かりが残っていました。
1119_3.jpg
朝、7過ぎから待って、8時58分ようやく飛来・・・指定席のはずが落ち着かず、わずか5秒で飛び去りました。
1119_4.jpg
1119_5.jpg
朝陽と夕陽のどちらが美しい?

投稿者eisvogel : 23:59 | comments(0)

2017年11月18日 (土曜日)

雪ピラカワ?

まさか・・・でも明日は一番の冷え込みらしいので、朝方は雪がぱらつくかも・・・お~寒い!(^o^)

1118_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | comments(0)