[PR] カワセミとの出会いを海外で ・ケアンズ ・ ランカウイ

2018年9月22日 (土曜日)

夕靄のカワセミ

今日は2日ぶりだったので、早朝から出撃しました。5時台は朝靄がかかることが多いので、水面が最も綺麗に映える時間帯は7時前後・・・でもその時間帯に飛来してくれたことは1度もありません。今朝も最初の飛来は5時半前、そして2度目は6時過ぎだったんですが、1度も石の上には止まらずさようなら、そろそろ諦めて撤収しようと思った9時前にやっと再飛来してくれました。日課の夕方の散歩は17時過ぎから・・・17時半くらいから夕靄がかかってきて、今までなかったよい雰囲気・・・で、飛来したのは17時49分でした。夕方は暗いので、飛来したときに石に止まってくれないと、ほぼ撮影チャンスはないです。15秒くらいで採餌のために土手へ、5、6回飛び込みましたが、やっぱり1度も石には戻りませんでした。トビモノを撮ろうとも思いましたが、ヨンニッパ単体、F値開放ですでにISO25600、SS1/500秒でも相当アンダーという暗さだったので断念しました。でも朝はワンチャンスでしたが、久しぶりに水出のよい瞬間をしっかり切り取ることができました、嬉しい!(^o^)

ホント、ワンチャンス・・・残念ならが魚が極小!
_0922_1.jpg

5時27分、最初の飛来・・・ISO200、SS1/4秒・・・
_0922_2.jpg

8時53分・・・ISO64、SS1/60秒・・・
_0922_3.jpg

雨がパラパラ・・・
_0922_4.jpg

SSが遅いと、当然ですがカワセミは止まりません・・・
_0922_6.jpg

ピラカンサの池で手持ち撮影・・・
_0922_5.jpg

17時49分、夕靄のカワセミ・・・
_0922_7.jpg

投稿者eisvogel : 22:00 | comments(1)

2018年9月20日 (木曜日)

ニコンはXQD

発売前から大きな話題になっているニコンのフルサイズ・ミラーレスカメラ「Z7」に関する仕様を見る限りでの事前評価は、9月1日の記事で書きました。残念ながらカワセミ撮影には使えないという結論に至ったので、買う気はありませんが、このカメラの発売を機に明らかになったのは、ニコンのカメラで使用するメモリーカードは、XQDが主流になるということでしょう。ニコンが独自ブランドとしてXQDカードを販売する事実になったことが、ある意味、ニコンの意思表明とも受け取れます。SONYのXQD128GBが、突然市場から消えてしまいましたが、今日新たに予想通りの仕様で発売がアナウンスされました。予想通りというのは、先行して発表したニコンと同じ仕様だということです。128GBが120GBになりました。恐らくニコンとSONYは、性能的に全く同じか同等でしょう。販売価格は、ヨドバシで前者が29160円、後者が26800円(共に税込み、10%ポイント還元)なので、ニコンを買う根拠は全くないですね。SONYのサイトを見ると、処理速度は変わらないようですが、「5倍の落下強度、2倍の曲げ強度を実現」ということ、8GBマイナス分は価格に反映されていることなど、「買い」でしょう。とにかくD850のファイルサイズは巨大なので、特に海外遠征時には3、4枚は不可欠です。XQDがニコンの主流になることが明らかになったので、安心して投資できます。(^o^)

_0920_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | comments(0)

2018年9月19日 (水曜日)

やっぱり疑問

今日の飛来は17時58分、本当に暗い・・・やっぱり疑問に思うのは、毎日、日課のように最後の食事を取るために飛来しているのに、何故こんなに暗くなるまで飛来しないのか? あと10分、20分早く飛来すれば、獲物もよく見えて楽に採餌できるのに・・・それでなくてもこの幼鳥メスは狩が下手で、未だに飛び込んで失敗することの方が多いのに・・・何故? それで飛来時に石の上に止まらなかったので、結局4、5回飛び込んでも石には戻らず終了・・・撮影枚数はゼロでした。

羽繕いは頻繁に行うようになり、徐々に綺麗になってます。(^o^)
_0919_1.jpg

水面の写り込みがよかったので、ちょっと遊んでみました。
_0919_2.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | comments(0)

2018年9月18日 (火曜日)

逆光も・・・

今日も昨日のリベンジのつもりで、早朝5時前の暗いうちに出撃・・・しかし飛来まで1時間も待たされました。水面の朝靄が消えない時間帯は、撮影条件としてはよくないですが、データとしてはしっかり残しておきたいので連写でいっぱい撮りました。幸い石に飛来した後飛び去って、すぐに戻ってきてくれたので、幾つかのパターンで撮ることができました。但し、SSが1/20秒以下だったので、動きモノはすべて被写体ブレで全滅でした。朝方の撮影ならではの最適な陽が差してきて・・・6時45分~7時30分が水面の背景色がもっともいい時間帯・・・再来を期待して待ちましたが、昨日同様8時を過ぎても姿を見せてくれませんでした。昨日は9時まで頑張りましたが、今日は8時過ぎには諦めて撤収しました。2日間4時半起きで・・・ということはほとんど寝ていない・・・疲れました。これ以上繰り返すと身体が壊れそうなので、もう早朝の撮影はお終いにします。やっぱり夕方、散歩がてらに撮影に出かける・・・この日課を維持することが健康上もいいでしょう。で、その日課なので、17時前に再度出かけました・・・遠方はどす黒い雨雲で覆われていましたが、池に着いた時には陽が差していました・・・今、飛来したら逆光か・・・と、機材をセットしていながら思っていたら飛んできました!(^o^) 飛来時の最初の撮影チャンスは逃しましたが、嬉しい! 今日は飛び込んだ後に2度も石に戻ってくれました。(^o^)

ここ数日、画質優先のトマリモノばかり撮っていて、トビモノを封印していましたが、SSを上げられる状況だったので、トビモノ解禁・・・しかし幸か不幸か撮影には厳しい逆光・・・一瞬、露出設定に悩みましたが・・・
_0918_1.jpg

かなり遠くへ、しかも死角ギリギリの場所へ飛び込まれましたが、何とか出てきたところでキャッチ・・・ピラカンサの池で逆光下で何度も撮っていますが、そもそも水面の背景色が綺麗な場所なので、逆光も悪くない!
_0918_2.jpg

_0918_3.jpg

_0918_4.jpg

早朝不調だったので、後光が差したって思いになりました。(^o^)
_0918_5.jpg

魚をくわえてショートホバ・・・
_0918_6.jpg

その後石へ・・・
_0918_7.jpg

_0918_8.jpg

_0918_9.jpg

_0918_10.jpg

早朝の石どまり・・・感度を上げてSS1/80秒で撮影、やっぱりSSが速い方が写り込みはクリアに! ※スクロールしなくてはいけませんが、クリックすると縦位置750x1120ピクセルの画像がホップアップします。
_0918_11.jpg

_0918_12.jpg

日没後の石どまり・・・
_0918_13.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | comments(0)

2018年9月17日 (月曜日)

またワンチャンス

今日は石どまりを期待して早朝から出撃したのですが、6時前に1度止まっただけでした、悲しい!

少し水面に靄が・・・
_0917_1.jpg

久しぶりにガマの穂付きが撮れました。
_0917_2.jpg

_0917_3.jpg

_0917_4.jpg

帰りがけにピラカンサの池で・・・このピラカンサの下枝からは今後も飛び込みそうです。
_0917_5.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | comments(0)