[PR] カワセミとの出会いを求めて 野鳥撮影の旅 ケアンズ

2018年6月21日 (木曜日)

幼鳥とにらめっこ

久しぶりの出会いは、幼鳥とのにらめっこでした。雨が降りそうな暗い空模様でしたが、16時過ぎに出かけました。報告では幼鳥が3個体飛来しているとのこと。ただまだ縄張りを主張する段階でもないので、池に居座っていません。川のどこかに潜んで、採餌もしているようです。18時半まで散歩をしながら池にいましたが、結局1個体が、3度飛来、飛び込は3度見ましたが、シャッターを切ることはできませんでした。多分その個体だと思いますが、6、7mの至近まで近づいてにらめっこができたのが救いでした。今後も飛来が続けば、縄張り争いを始めて、縄張りを主張する個体が居座ってくれると思います。期待したいですね。

ほぼピクセル等倍・・・巣立ち後3週間くらいでしょう。
0621_1.jpg

可愛いですね。(^o^)
0621_2.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | comments(0)

2018年6月18日 (月曜日)

マイセン

今回はマイセンのお店に沢山カワセミがいました。勿論高すぎて見るだけでしたが、十分出会いを楽しみました。

この壁掛け、何と40万円です。
IMG_0371.jpg
こちらは一脚6万円・・・
IMG_0369.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | comments(0)

2018年6月13日 (水曜日)

カワセミ動画

私は動画は撮りませんが、撮ってみたいとは思っています。ま、こういう動画を見ると、その気にはなるのですが・・・私には無理でしょう。

お馴染みのデジスコの達人「かんばんや」さんの5年間の成果を紹介しましょう。

投稿者eisvogel : 23:59 | comments(3)

2018年6月 9日 (土曜日)

除湿庫入り

梅雨入りして、池は完全に終了・・・結局今まで縄張りを主張して「主」面していたオスは、もう来ません・・・また失恋して、失意のうちに落命したかもしれませんね。4日以降、少なくとも私はその姿を見ていません。今日も夕方、散歩がてら行ってみましたが、全く気配なしでした。川を行き来している個体は間違いなく別個体です。メスがたまに飛来するようになったと聞いています。そのメスが近い将来、「主」になって居座ってくれることを祈りつつ、機材は今日、無事除湿庫入りとなりました。いつ出せるかな? 来週からちょっと仕事も忙しくなるし、プラス思考でこの状況、「よかった」としておきます。(^o^)
ブログの更新、未公開在庫はいっぱいあるので、ちょっと考えます。

3月29日17時2分の出来事・・・「求愛給餌」・・・結局今年の撮影チャンスはこの1回だけ・・・オスの相手のメスを見たのもこれが最初で最後でしたね。撮影条件が悪かったのが残念・・・
0609_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | comments(2)

2018年6月 4日 (月曜日)

ワライカワセミ

マイ・フィールドの池の状況は本当に良くないです。恐らく結果が同じなので、明日からの散歩は18時からにします。更新写真がないので・・・
オーストラリアのカワセミといえば、やはり固有種のワライカワセミですね。カワセミの仲間では最大種で、42cm~48cm、大きすぎてちょっとカワセミのイメージとは違いますが、大きい割には愛嬌があって、可愛い鳥です。実際多くの動物園で見られますが、鳥では人気の高さを誇っているようです。特に夕方、大声で笑う?鳴き声を聞くことができます。鳴き声を聞いてみたい方は、Youtubeでどうぞ! この動画、かなり笑えますよ。(^o^) こんなカワセミが、ケアンズでは市内公園などで普通に見られます。
ケアンズ周辺では、もう1種、アオバネワライカワセミに出会うことができます。勿論「アオバネ」なので、羽が青く、ワライカワセミよりも一回り小さいです。目が白いこともあって、表情が怖く見えるところが特徴ですね。ちなみにアオバネワライカワセミの鳴き声は、笑い声には聞こえません。(^o^)

鮮やかな色彩ではないですが、意外にこういう背景色に映えます。
0604_1.jpg

0604_2.jpg

羽の色だけですぐに2種の違いが分かります。
0604_3.jpg

0604_4.jpg

ケアンズでカワセミ撮影! すでに「催行決定」です! 是非ご一緒に!

投稿者eisvogel : 23:59 | comments(0)