[PR] カワセミ撮影三昧の旅 パプアニューギニア
※カワセミのロゴ付き画像をクリックすると1120x750ピクセルで大きく見られます。

2019年6月14日 (金曜日)

カワセミ天国へ

カワセミの仲間は日本ではカワセミ、ヤマセミ、アカショウビンの3種だけですが、海外に目を向けてみると約100種生息しています。そのカワセミの発祥地といわれているのがニューギニア島です。そして今でもニューギニア島とその周辺の島々には、1/3にあたる30種以上が生息しています。特に最も美しいといわれる尾の長いラケットカワセミの仲間の生息地でもあり、まさに「カワセミ天国」と呼ばれるに相応しい地ですね。ニューギニア島の西半分はインドネシア領で未開の地、まだまだ私たちが訪問できるような環境ではありませんが、東側半分を占める国パプアニューギニアは、開発も進み、十分訪問可能な地になっています。数年前は異常なインフレで、ホテル代なども高騰し、とても訪問できる状況ではなかったのですが、昨年からそのインフレによる物価高騰も下火になり、まともな旅行代金でツアーを造成できるようになりました。私は4度訪れていますが、やはりラケットカワセミや固有種のチャガラシラケットカワセミ、カワセミの仲間で唯一嘴が黄色いキバシショウビンなどは、何度でも出会って撮影したいカワセミです。パプアニューギニアは、まだカワセミ撮影目的で個人で行くにはとても難しいので、ツアーで行くのが安心、安全です。現地では野鳥専門ガイドが撮影ポイントへ案内してくれますが、やはり出会いは運次第、運が良ければ、最大11種、ラケットカワセミ、チャガラシラケットカワセミ、シラオラケットカワセミ、アオバネワライカワセミ、チャバラワライカワセミ、ルリミツユビカワセミ、ヒメミツユビカワセミ、キバシショウビン、モリショウビン、ヒジリショウビン、ナンヨウショウビン・・・運が悪くても7種には出会うことができるでしょう。宿泊ホテルは、数年前にオープンした近代的なホテルで、エアコンや無料WI-FIなど設備が整っているので、快適に過ごせます。興味のある方は、是非ご検討ください。

ラケットカワセミ
_06014_1.jpg

チャガシララケットカワセミ(固有種)
_06014_2.jpg

キバシショウビン
_06014_3.jpg

モリショウビン
_06014_4.jpg

ヒジリショウビン
_06014_5.jpg

アオバネワライカワセミ
_06014_6.jpg

チャバラワライカワセミ
_06014_7.jpg

カワセミ撮影三昧の旅 パプアニューギニア
ツアーについて問い合わせ(eisvogel宛)

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59

2019年6月12日 (水曜日)

ペアが一度も・・・

今日はついに池の主のはずのペアが一度も姿を見せませんでした、鳴き声すらなかった! これでは散歩目的でないカメラマンにとっては耐えられないでしょうね、当然ですが17時前に池に着いたときには誰もいませんでした。今日の散歩も10周以上、健康維持のためにはよいですが、カワセミ撮影のためには、本当に最悪ですね。(^o^) 昨日確認したお客様は、今日も姿を見せてくれました。もう池で採餌しないペアは、主とは言えないので、代わって縄張りを主張してもらいたい。

ようやく自然の枝の上・・・クリアな画像データで確認すると、巣立ち後1ヶ月くらいのオスの幼鳥ですね。
_06012_1.jpg

_06012_2.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59

2019年6月11日 (火曜日)

お客様?

梅雨に入って雨が多くなりましたね、当然撮影も湿りがち・・・というか、カワセミのパフォーマンスが少なすぎて撮影チャンスが極端に少ない状況が続いています。今日も17時前に散歩に出かけたのですが、17時15分頃に川の方からメスが飛来してピラカンサの枝へ・・・でも何もせずに5分後に再び川の方へ飛び去ってしまいました。何故川から来て川へ??? で、今日もダメかと落胆していたら、お客様が・・・どこから来たのか幼鳥でした。生憎、見つけた場所はコンクリートの土手・・・枝の上ならよかったのですが・・・嘴の先端や胸と足の色などから、巣立ち後3~4週間でしょう。池のペアが採餌をしないので、お客様としてではなく、主として堂々と池に飛来して欲しいですね。(^o^)

何をしに来た?
_06011_1.jpg

こんなところに隠れていないで、池に来て・・・
_06011_2.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:49

2019年6月 8日 (土曜日)

雛はやっぱり・・・

雛はやっぱり可愛いですね。丁度8日前に巣立ったという雛に会ってきました。もう何年も営巣場所、しかも多くの人が集まる場所へは行くこともなかったのですが、いつものフィールドでは撮影チャンスが少なすぎるので、ちょっと行ってみようか・・・という気になり、反対方向へ出かけました。恐らく巣立ち後8日目ともなると、雛たちは分散し、親からの給餌もなくなる頃、しかも16時過ぎともなれば、カメラマンはいないだろうと思ったら、やっぱり誰もいませんでした。(^o^) 1時間半ほどいましたが、雛は3羽、確認できました。しかし同じ枝に止まることもなく、オスかメスの親が何度か同じ枝に飛来しても、結局1度も給餌することはありませんでした。何よりも久しぶりに雛と対面できて嬉しかったです。

雛といっても、身体の大きさはもう親とほぼ同じですが、嘴が短く、その先端が白、尻尾も短くて、胸や足が黒っぽい・・・
_0608_1.jpg

_0608_2.jpg

_0608_3.jpg

果敢に飛び込んで採餌を試みるも失敗・・・
_0608_4.jpg

見事に仕留めたと思ったら木の葉・・・もっと修行しないとね。(^o^)
_0608_5.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59

2019年6月 6日 (木曜日)

オスもメスも・・・

今日のカワセミ散歩は17時前から、しっかり池の周りを歩いた17時50分頃にようやくメスが欄干に飛来、水浴びを数回、まさか採餌はしないと思って最後の水浴びはチャッタを切らなかったのですが、何と魚をくわえて欄干に戻ってました。その後東側の方へ飛び去ったので、後を追ってみると、オスが欄干に・・・また背伸びして鳴きだしたので、視線の先にはメスがいると思ったらメスが飛んできて、また欄干に並びました、が、一昨日同様何事も起こらず、メスは営巣場所方向へ、オスは川の方へ飛び去ってしまいました。今日もまだこれで終了かと思いつつ待っていると、オスが再飛来、そしてピラカンサの枝へ・・・久しぶりにオスの採餌シーンが撮れると期待しましたが、折角飛び込んでくれたのにお魚なしで、そのままさようなら・・・でした。やっぱりオスもメスもパフォーマンスが少なすぎる・・・

水浴びシーンは暑いときには歓迎ですが、何度撮ってもね・・・
_0606_1.jpg

_0606_2.jpg

メスが飛んできて、オスが逃げる・・・
_0606_3.jpg

ただ並んで何もせず・・・
_0606_4.jpg

オスが久しぶりにこの枝に・・・
_0606_5.jpg

少ない撮影チャンスなんだから、しっかり魚を捕れよな~・・・
_0606_6.jpg

トビモノ・・・思いっきりトリミング・・・
_0606_7.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59