※カワセミのロゴ付き画像をクリックすると1120x750ピクセルで大きく見られます。

2019年9月15日 (日曜日)

水鏡

今日も池のメスはダメでしたね。トベラで迎えてくれたのですが、15くらい待たされて何もせず、その後ピラカンサの枝へ移動、20分以上待たされてようやく飛び込んだと思ったらお魚なし、水路近くの柳の枝へ移動して動きがないので諦めて、機材を担いで駐車場下の池へ移動・・・ガマの穂のない茎に止まっている若オスを発見、その後1度だけ「ガマカワ」の撮影チャンスがあったのですが、すぐに飛び去ってしまい、1コマも撮れずでした。

これくらい水面に映り込めば・・・
_0915_1.jpg

やっぱりお魚付きでないと・・・
_0915_2.jpg

若オスの裏と表・・・
_0915_3.jpg

_0915_4.jpg

ツキなし・・・
_0915_5.jpg

_0915_6.jpg

_0915_7.jpg

投稿者eisvogel : 23:59

2019年9月14日 (土曜日)

ガマカワ

駐車場下の池では石の上に止まる「イシカワ」とガマの穂に止まる「ガマカワ」というトマリモノ撮影の楽しみがあります。池の主のメスは綺麗じゃないし、何よりも撮れせてくれないので、駐車場下の池で待った方が賢明かも・・・といっても飛来は不定期、しかもイシカワやガマカワが撮れるとは限りませんが。で、今日は2度、数秒ガマの穂に止まってくれました。1度目は背景が抜ける側へ移動中にさようなら、2度目は移動の途中で数コマ連写している間にさようならでした。1分止まっていてくれたら、移動して感度を最低感度に設定して撮ることができるのですが、ま、無理でしょうね。今日は駐車場下の池に約1時間、ピラカンサの池に約1時間いましたが、結局どちらも待ち時間が多くて、撮影チャンスは少なかったです。

駐車場下のお魚付きワンチャンス・・・水鏡付きの良いタイミングで撮れました。
_0914_1.jpg

_0914_2.jpg

_0914_3.jpg

_0914_4.jpg

魚を捕って石の上へ・・・とイメージを描いていたのですが、お魚なしで土手に戻ってしまいました。
_0914_6.jpg

_0914_7.jpg

今年の初「ガマカワ」・・・
_0914_9.jpg

_0914_10.jpg

ピラ池では絶不調・・・というか、17時47分まで飛び込みませんでした。止まっているカワセミを目視できない暗さではね・・・
_0914_8.jpg

投稿者eisvogel : 23:59

2019年9月13日 (金曜日)

今日も変わらず・・・

池のメスは本当に変わりません。今日はピラカンサに3回、トベラに1回、その間の枝に1回止まりましたが、合計40分間待たされて、飛び込んだのはピラカンサから1回、お魚なし、間の枝から1回、お魚付きの2度だけでした。帰りがけ、17時45分から駐車場下で待ちましたが、飛来して飛び込んだのは18時過ぎ、ISO25600の暗さでした。

飛び込んだ後は右側へ行くことが多いのに、飛び込方向へまっすぐ戻って行き、2コマ目以降背中向き、顔なしでピンボケに・・・
_0912_1.jpg

ピラカンサから・・・
_0912_2.jpg

_0912_3.jpg

_0912_4.jpg

ヨンニッパ単体、F値開放、ISO25600、SSは1/640秒・・・D850の限界、現像時にプラス1補正・・・ノイズが凄すぎてこれ以上トリミング不可、明るくするのも不可です、やっぱり証拠写真にもならない?(^o^) 
_0912_5.jpg

_0912_6.jpg

_0912_7.jpg

_0912_8.jpg

_0912_9.jpg

投稿者eisvogel : 23:59

2019年9月12日 (木曜日)

1時間以上・・・

昨日は夕方前にゲリラ豪雨・・・散歩は中止でした。今日は16時過ぎに出かけたのですが、駐車場下の池で若オスが迎えてくれたので、急ぎ機材をセット・・・しかし30分以上全く動きなし、ようやく飛び込んで小物をゲットしてさようならでした。池へ移動してみると、トベラの前にカメラマンが・・・ということはいつものメスがスタンバイ中・・・ところが報告を聞くと、もう50分以上動きなしとのこと。相変わらず侵入してくるカワセミを警戒している様子・・・長時間待っていたカメラマン3名が諦めて撤収、その後20以上待たされて、ということは1時間以上もトベラにいて何もせず、結局侵入したカワセミを追いかけて川の方へさようならでした。しかし数分後に水路近くの柳の枝に戻って来て・・・また待たされるかと思ったら、突然飛び込んで小物をゲット、その後すぐにまた侵入してきたカワセミを追いかけてさようなら・・・撤収です。

1回しか採餌しないならもっと大物を捕ってよ~
_0911_1.jpg

_0911_2.jpg

_0911_3.jpg

_0911_4.jpg

_0911_5.jpg

_0911_6.jpg

駐車場下の池・・・ファインダー内で水出の瞬間がよく見えなくて反対側にレンズを振ってしまいました・・・
_0911_7.jpg

_0911_8.jpg

投稿者eisvogel : 23:59

2019年9月10日 (火曜日)

AFの限界・・・

D5でもD850でもまだAFの限界があります。それは正面に向かってくるカワセミには追尾しない・・・ま、限界というより、不可能というべきでしょうか・・・被写体が小さくて速いこともあって、水出を狙っていると、ピントが水飛沫に合ったまま動かないことがほとんどですね。D6ではAF精度がさらに向上するとの噂なので、期待したいです。

ヨンニッパ単体、F値開放の2.8・・・水出はカワセミの手前の水飛沫にピントが合ってカワセミはピン甘、次はピントが動かず水飛沫に合ったままでカワセミはピン甘、次がこれで水飛沫が消えた後に波紋にピントが移ったのでジャスピン、次はピントが波紋に合ったままでカワセミがスピードアップしたこともありピンボケ、その後もピントは波紋に残ったまま・・・ISO3200ですが、大きくトリミングしてます。
_0910_1.jpg

参考までに水出の瞬間・・・F値開放だと被写界深度が浅いので、水飛沫にピントが合ってしまうと、カワセミはピン甘かピンボケ・・・
_0910_0.jpg

トベラの裏側の枝に飛来した若オス・・・
_0910_2.jpg

手前、目の前へ飛び込んで採餌失敗・・・
_0910_3.jpg

_0910_4.jpg

さらに上の枝に戻って・・・
_0910_5.jpg

また手前、目の前へ飛び込んで失敗・・・1.7倍のテレコン装着時で、しかも近かったので、被写界深度が浅い・・・
_0910_6.jpg

_0910_7.jpg

池の主のメスが突進してきて・・・
_0910_8.jpg

今まで気づきませんでしたが、若メスも池に入ってきていました・・・
_0910_9.jpg

この若メスは美鳥・・・
_0910_10.jpg

投稿者eisvogel : 23:59