« 2020年4月27日 | トップページ | 2020年4月29日 »

2020年4月28日

コスタリカ

コスタリカは、国土の約20%が国立公園、または自然保護区で、自然を守りつつ、自然を観光資源にするという「エコツーリズム」発祥の地です。熱帯雲霧林、熱帯雨林、熱帯乾燥林という3つの動植物生息環境が低地、中高地あり、800種以上の野鳥の生息が確認されています。とにかくいっぱい野鳥写真を撮りたければ、コスタリカはイチ押しです。私も4度の訪問で250種以上のデータを持ち帰りました。カワセミの仲間は、ニューギニア島が発祥地といわれ、そこから西へ分布を広げましたが、アメリカ大陸にはヤマセミ系しか渡りませんでした。世界のヤマセミの仲間は9種、コスタリカではコミドリヤマセミ、ミドリヤマセミ、オオミドリヤマセミ、クビワヤマセミ、アメリカヤマセミの5種、出会いが期待できます。残念ながらアメリカヤマセミの撮影チャンスに恵まれず、4種だけの紹介になります。

コミドリヤマセミ・・・ヤマセミ系最小種で体長は13cm
_00428_01.jpg

ミドリヤマセミ
_00428_02.jpg

オオミドリヤマセミ
_00428_03.jpg

クビワヤマセミ
_00428_04.jpg

ヤマセミ系は色彩に乏しいので、世界で最も美しい鳥といわれるカザリキヌバネドリ(ケツァール)を紹介しましょう。その美しさは実際に見てみないと分からないと思いますが・・・
_00428_05.jpg

陽が当たると一瞬にしてこうなります。
_00428_06.jpg

普通の光景・・・ハガキ1枚の重さしかない世界最小種に属するハチドリ・・・
_00428_07.jpg

普通の光景・・・大型の野鳥オオハシ・・・
_00428_08.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者 eisvogel : 23:59 | コメント (0)