« 解除される? | トップページ | ホバの在庫 »

2020年5月25日

ついに解除

1ヶ月半は長かったですね。国民は本当によく耐えて頑張ったと思います。緊急事態宣言が解除されたからといって、求められる個々の感染防止を考慮した行動には変わりありません。コロナが終息するまでの道のりはまだ長く、険しいですから、自分ができることとして、外出時は常に社会的距離を保ち、3密を避け、マスクを着用、手洗いや消毒を実行するなどの基本動作は徹底していきたいですね。カワセミ撮影? 遠くへ移動する必要もないので、個々が感染防止の基本行動を守れば、散歩と同じで今までも今後も問題はないですよ。(^o^)

小魚付き水出後・・・1月25日~2月21日撮影分
_00525_01.jpg

_00525_02.jpg

_00525_03.jpg

_00525_04.jpg

_00525_05.jpg

_00525_06.jpg

_00525_07.jpg

_00525_08.jpg

_00525_09.jpg

_00525_10.jpg

_00525_11.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者 eisvogel : 2020年5月25日 23:59

コメント

おはようございます。
こちらもこの間の日曜で赤い子、3度目の出動して来ました。初日が囀りだけで姿は見えずでしたが2、3回目は撮る事が出来ました。昨年までと同じ個体のようです。平日の事は分かりませんが今のところ地元の人達だけで撮れてます。ここで知り合った関東、新潟の方々は良識のある方々のようで何かほっとしました。でも来週辺りは...。

投稿者 森の人柴田 : 2020年5月26日 04:35

アカショウビンの巣立ちは7月なので、今の時期はまだ自粛できているのかもしれませんね。他県への移動、遠征の自粛は徐々に解除されていくと思うので、丁度アカショウビンにとって一番大事な時期にカメラマンが大挙して押し寄せる可能性は否定できないでしょう。繁殖が上手くいけば、来年もまた戻って来ます。無事繁殖成功を祈るばかりですね。私が通う近場のカワセミ・フィールドにも毎年アカショウビンの遠征に出かけるカメラマンがいます。ブログで紹介した「eisvogelさんへ」という書き込みをした人ですが、近場で撮影している人に自粛を促す前に、緊急事態宣言が解除されてもコロナの終息はまだ先なので、自分の遠征などの行動をしっかり考えてくれるといいのですが・・・アカショウビンのフィールドは、そもそも野外とはいえ、人が集まると密集、密接になってしまう場所です。野鳥撮影自体は問題ではないので、個々が感染防止を意識して、せめてマスク着用、対話厳禁とかは考えるべきでしょう。勿論人が集まる場所へは行かないのがベストですが・・・

投稿者 eisvogel : 2020年5月26日 14:24

コメントしてください




保存しますか?