« トップページ »

2012年2月24日

バクバク・・・

至近でヤマセミを撮っていると、鼓動まで聞こえてくるような錯覚に陥りますが、それは撮影者の心臓がバクバクするからかもしれません。背景もいいときに、目の前にきてくれることって本当に少ないですが、思い通り、願い通りになったときには嬉しい限りですね。もう8年前の写真・・・こういう感動、もう忘れてしまいそうです。

0224-41.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2012年2月21日

ゴールデンタイム

トマリモノ撮影時は、やっぱり背景が絵を決めますね。カワセミやヤマセミを川で撮影していると限られた時間に綺麗な背景に恵まれます。何といっても水面が黄金色になる時間帯、そして濃いブルーになる時間帯はとてもよいシャッターチャンスになります。トビモノ全盛になりましたが、トマリモノは絵作りの基本、その基本に戻ってトマリモノを極めるのもよいかも・・・

ノートリだとヤマセミも小さいですが、しっかり構図も整えて絵作りも考えて撮るのも楽しいです。
0221-41.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2012年2月18日

見上げる・・・

ヤマセミの見上げるポーズは、いつも可愛いですね。天敵が上を飛んでいるときも・・・警戒しているはずなのに表情は意外に可愛い。実はこのときもオオタカが・・・

0218-41.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2012年2月12日

トマリモノなら・・・

トマリモノなら本当に在庫はいっぱいあります、しかもデジスコ撮影みたいに大きなカワセミ、ヤマセミが・・・
今年の風邪はたちが悪いって聞いていましたが、ようやくこの週末しっかり静養できたので咳がでなくなりました。話を始めると咳が止まらなくなる・・・分かっていても、決められた予定は消化しなくてはいけないので、とても辛かったですね。でも間もなく花粉シーズン、一難去ってまた一難・・・身体がもつかな~

0212-41.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2012年1月 1日

ヤマセミ年に・・・

今年は何としても「ヤマセミ年」にしたいです。

皆さん、初撮り、楽しんでくださいね。

0101-41.jpg

投稿者eisvogel : 08:00 | コメント (2)

2011年12月31日

カワセミ年のはずが・・・

今年ことカワセミ年にするつもりでしたが、振り返ってみると仕事、仕事、仕事・・・結局この1年、ほとんどフィールドへ出られませんでした。在庫の整理すらできなかったです。本当にこんなはずじゃなかったんですが。来年こそは復活したいですが、その前にまたトビモノが撮れるように修行しなおさないといけないですね。
今年は震災や原発事故などいいことのない年でした。来年は何か希望に満ちたよい年になりますように!
今年も「翡翠との出会い」ご訪問、ありがとうございました。

名機D2H使用時にはよくホバってくれました。しかも画面いっぱいの大きさで。1280x850で20枚スライドショーにしてみました。
皆さん、来年はより大きく羽ばたきましょう!

← ← ←

1231-31.jpg

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (0)

2011年12月22日

遠くからでも・・・

Nikon 1 なら遠くからでも画面いっぱいにヤマセミのホバリングが撮れるかも・・・(^o^)

1222-31.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2011年11月 6日

ヤマセミは・・・

ヤマセミはやっぱり可愛いですよね、決して小さな鳥ではないですが・・・冠羽や尻尾なども含めそもそも愛嬌がありますが。今日のように雨模様の日は、シャッタースピードも上がらないので、ひたすらトマリモノ撮影に徹して、豊かな表情をじっくり観察、激写・・・本当にファインダー越しに何度も楽しませてもらいました。またその楽しみを味わいたいです。

1106-31.jpg

1106-32.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2011年10月16日

翼を広げると・・・

過去に何度か至近でヤマセミのホバを撮影する機会に恵まれました。本当にファインダーいっぱいに翼を広げて羽ばたく様はまさに豪快そのもの、勿論羽音も聞こえます。うむ、懐かしい・・・久しぶりにまたそんな体験をしてみたいです。

このときはバッファーフルになるまで連写・・・それでもまだホバが続き、少し間を置いてからさらに数コマ撮影できました。ちょっと角度が変わるだけで画面からはみ出してしまったカットが数枚ありましたね。
1016-31.jpg

1016-32.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2011年10月 9日

ヤマセミの・・・

ヤマセミの正面顔・・・撮影者の私を見ているようですね・・・というのも、これ、ノートリの大きさです、いや、デジスコじゃないですよ。(^o^) ブラインド生活ももう長いことやっていませんが、一人でブラインドで待っていると、本当に10mくらいの至近で撮影するチャンスに恵まれることもあります。特に川幅の狭い対岸の枝に止まってくれると、ヤマセミは本当に大きい・・・そこから飛び出してホバリングされたら、近すぎてファインダーからはみ出してしまいます。そんな体験、またしてみたいですね。この3連休、仕事のことは忘れてのんびりすることもできたのですが、腰が・・・腰痛が完治せずまだ無理はできない状況です。今シーズンはヤマセミ運に恵まれますように! カワセミにもたまには会いに行かなくては・・・とは、いつも思っていますが。

1009-31.jpg

1009-32.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)