« 池の主はメス幼鳥? | トップページ | 新女王? »

2020年7月31日

梅雨明け間近?

雨の予報だったのに、晴れてきたのでカワセミ散歩へ・・・暑い! 7月の東京は、雨が降らなかったのはわずか1日だけだったそうです。ほぼ毎日雨、雨、雨でした。もう8月・・・梅雨明けは間近でしょう。暑くなりますが、雨続きよりはいいですね。今日は暑さのせいということはないでしょうが、カワセミの出がイマイチ、結局ホバもなしでした。縄張り争いが終わったのか、一番元気なメスの幼鳥と一番下のメスの幼鳥、2羽しか飛来せず、池には静寂が・・・

ヨンニッパ単体で被写体との距離は5m以内・・・東側の高さ1mくらいの杭から手前に飛び込むので、ファインダー内に入ること自体、奇跡に近いです、照準器を使用している方なら楽に撮れるのかも???
_00731_01.jpg

_00731_02.jpg

_00730_45.jpg

_00730_46.jpg

ピラカンサの枝から・・・
_00731_03.jpg

_00731_04.jpg

メインステージから・・・
_00731_05.jpg

_00731_06.jpg

_00731_07.jpg

ピラカンサのメインステージから順光・・・
_00731_08.jpg

_00731_09.jpg

_00731_10.jpg

トベラのメインステージから逆光・・・
_00731_11.jpg

_00731_12.jpg

_00731_13.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者 eisvogel : 2020年7月31日 23:59

コメント

こんばんは〜。
東側の小池の超近めのダイブは私には無理!流石です\(^o^)/
トベラの逆光も良いですね〜!最高\(^o^)/

投稿者 かんばんや : 2020年8月 2日 00:41

多分、このメスの幼鳥、今後大いに楽しませてくれると思いますよ。東側の小池の杭には、夕方に人がいなくなる18時前後以降によく飛来していました。超至近のホバも披露してくれたことがあります。至近ではファインダー内の被写体が大きいので、AFでピンがくる確率が高いですが、やっぱりファインダー内に入れることが至難の業ですね。撮れるようになったのは慣れでしょう。

投稿者 eisvogel : 2020年8月 2日 02:49

コメントしてください




保存しますか?