« トップページ »

2011年11月27日

並べて比較

早速違いが分からないというご指摘メールを頂戴しました。(^o^) 別々にアップして見てもらっても確かに違いは分からないかも・・・ですね。ということで並べて比較してみて下さい。解像感が明らかに違います。実はこの違い、Nikon ViewNX で拡大して見ていたらすぐに気づきました。紹介しているピクセル等倍画像はCapture NX で明るさを同量調整して少し明るくしただけで、それ以外の処理は一切していない画像です。解像感だけでなく、明るさや色合いなども微妙に違いますね。Jpeg の方は、アンシャープとコントラストを少し処理しないといけないですね。
今回ジャワショウビン撮影時は、順光で最高の撮影条件でした。残念ながらjpeg データしかないので比較はできないですが、ISO100でSSが3桁秒だったこともあり、差違はあまりないと信じます、100m先でも一応写真になってましたね。NIKON 1J1/TE-17W/TSN-884 の組合せは強力な撮影道具になります、特にジャングル系の小さなカワセミ撮影には。

左がRAWです(ピクセル等倍)
1127-31.jpg

Nikon1 をデジスコに使うためには専用ブラケットが必要です。もうすぐ在庫切れ・・・急ぎましょう。
Nikon1専用ブラケット

投稿者eisvogel : 11:59 | コメント (2)

2011年11月26日

Nikon1 はRAWで

今思えば、バリ島で失敗したのは、RAWでほとんどデータを残さなかったこと。その理由は、出発前にRAWとJPEGのデータ比較をせずに、どうせあまり違いはないだろうと思っていたからです。恐らく撮影条件の良いときには、本当にあまり違いはないでしょう、が、条件の悪いときにはRAWデータは必須ですね。やっぱり違います。今回唯一セアカミツユビカワセミを撮るときに、RAW+JPEGで撮り始めました。でも最初のチャンスで連写すると、19コマで止まってしまい、また連写で5、6コマ撮るためには、数秒待たなくてはいけません。デジスコの場合、データを残すために連写は絶対必要、しかもメモリーカードの処理スピードにもよりますが、19コマ分の書き込みが終わるまでに45秒くらいかかってしまいます。JEPGだけだと最初に29コマ撮れるので、10コマくらい撮って、再度ピン合わせして10コマ・・・の繰り返しが、かなりの回数可能になります。ということで結局JPEGだけで撮影してしまいました。ちなみにRAWだけなら19コマ、書き込みには20秒くらいなので、RAWだけで撮れば、あまりイラつかずに済むかも・・・
特に撮影条件の悪いときにはRAWで撮ることをお勧めします。現像は面倒ですが、普段一眼レフでもRAWで撮られている方なら、是非RAWで撮って下さい。
暗いジャングルの中・・・SS1/10秒前後でも、連写効果で確実にデータが残せますね、そのメリットは期待通りでした。

この2枚、RAW+JPEGのデータです。ニコン・キャプチャーでRAWを明くるさだけ調整して現像、JPEGも同じように明るさだけ調整しました。ISO400でSS1/15秒、高感度時のノイズ低減はオフにしていたこともあって、流石にピクセル等倍で未処理画像だとノイズもかなり気になるレベルですね。

RAWデータ(ピクセル等倍)
1126-31.jpg

JPEGデータ(ピクセル等倍)
1126-32.jpg
モデル名 NIKON 1J1/TE-17W/TSN-884
絞り値 f/5.6
露出時間 1/15秒
ISO 速度 ISO 400
露出補正 0 ステップ
測光方式 中央部重点測光
レンズ焦点距離 30 mm
ホワイトバランス 自動

投稿者eisvogel : 23:59

2011年10月22日

カワセミ撮影に・・・

カワセミ系、特に暗いジャングルに潜む小さなカワセミの仲間にはかなり使えるような気がします。まだ色々試してみないと断言はできませんが、11月バリでセアカミツユビカワセミのいい写真が撮れたら期待大ですね。ISO800まで実用レベルであれば、デジスコシステムならSS1秒でも撮影は可能なので、とにかく暗いところでも相当威力を発揮してくれるのではないでしょうか。それから連写機能は暗い場所ではとても大事なので・・・いや、トビモノではなく、トマリモノにとても有効なので、Nikon J1でのデジスコ撮影、今から楽しみです。
画像サンプルを8枚アップしました。参考までに・・・すべてNikon J1 + 1 VR 30-110 /F3.8-5.6 テレ端297mm相当F5.6で撮影。raw画像は処理なしでjpegに現像、同時に得たjpeg画像は原画未処理です。小さなセンサー、無振動・・・手持ちで1/5秒なんてちょっと考えられなかったですね。(^o^)
ISO800 1/40秒 raw
ISO800 1/40秒 jpeg
ISO400 1/25秒 raw
ISO400 1/25秒 jpeg
ISO200 1/10秒 raw
ISO200 1/10秒 jpeg
ISO100 1/5秒! raw
ISO100 1/5秒! jpeg

1021-31.jpg

投稿者eisvogel : 01:59 | コメント (2)

2011年10月20日

カワセミで1枚

早速いつもモデルになってもらっているカワセミのぬいぐるみで激写してみました。(^o^) 室内なのでISO400で撮ってみましたが、何となくこのカメラ、使えそうな予感が・・・レンズも良さそうですよ。(^o^)
シャッター音はちょっと笑ってしまいますが、連写はサクサク・・・その連写と手ぶれ補正のおかげでしょうが、1/15秒手持ちでもこの程度の写真が残せます。もっと撮影条件が良ければ、当然もっと良いデータが得られるでしょう。

Nikon J1 + 1 VR 30-110 /F3.8-5.6 テレ端297mm相当F5.6 ISO 400  SS1/15秒
1020-31.jpgここをクリックすると原画が見られます。jpeg fine 、画像処理一切なし、5MB以上あります。

投稿者eisvogel : 00:39 | コメント (4)

2011年10月19日

Nikon J1

20日発売のはずが、会社帰りにヨドバシに寄ったら、「好評発売中!」になっていたので、即、買いました。最初からJ1のダブルズームキットを買うつもりでした。その理由は石丸さんから連絡があってデジスコ用のブラケットが11月に行くバリに間に合うとのこと、J1はあくまでもデジスコ用、そして敢えてダブルズームキットにしたのは、2本で10mm~110mm=27mm~297mmになり、いつでもどこへでも持ち歩くことができる大きさ、重さなので意外に使い道はあるかな~と思ったからです。30mm~110mmの方も多分年内には超超望遠システムのデジスコ用ブラケットも作ってくれると思うので。
まずは画質など使えるレベルかどうか検証し、その後Fマウント用のアダプターが発売され、さらに単体発売されたら、一眼レフのサブとしてV1も買うことになると思います。

手にした感触はとてもいいですね。小さい割に重い・・・コンデジは軽すぎておもちゃ感覚ですが、ちょっと嬉しくなる微妙なバランスのとれた重さですね。(^o^)
1019-31.jpg

1019-32.jpg

投稿者eisvogel : 22:41 | コメント (0)

2011年10月14日

iOS5

iPhone4Sが発売されて世界中で話題になっていますが、新しいOSの「iOS5」を導入したら、買い換えは必要なさそうですね、少なくとも私のようにお遊び道具程度にしか使っていない者には。iPhone4Sの発売前日の昨日からこの新OSが無料で配布されたので、早速導入してみました。200以上の新機能が追加されたとアナウンスされていますが、使い勝手上目立って良くなったと感じたのはその中の10くらいでしょうか。それにしてもこんな小さな筐体にどうやってこんなに多くの機能を詰め込むことができたのだろう・・・と、感心はしてしまいますね。(^o^)
購入した翌月以降は、通話はドコモ携帯を利用、高額なパケットは一切使わず常時Wi-Fi利用なので、Softbankには最低料金の988円しか支払いが発生していないし、ま、ゲーム類は全くやりませんが、安い遊び道具として結構重宝しています。例えば通勤時はクラシック音楽を聴きながら、ドイツ語新聞サイトのニュース記事を閲覧するのが日課になってます。確かに先日亡くなったジョブズという人は、私たちの生活様式を変えましたね。(^o^)

0429-31.jpg
この秋以降はブラインド生活に戻りたいと願っていますが、多分ブラインドの中でヤマセミを待っている間の暇潰しにも役立ってくれるでしょう。(^o^)

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2011年10月12日

Nikon1

昼休みに銀座のニコンサロンへ行って、現物を見てきました。J1もV1も手にした感触はとても良かったです。デジスコだけに使うなら、J1で十分ですね、ただFマウントのレンズも使って、一眼レフのサブとして使うなら選択肢はV1しかないです・・・私はやっぱりV1ですね。ただFマウント用のアダプターはやっぱり12月に発売ということなので、急いで買うこともないかな、とは思っています。電子シャッターの10コマ/秒は歪みはないって、説明を受けました。60コマ/秒は流石に野鳥撮影には使えそうにないですね。いずれにせよお遊び道具としては十分楽しませてくれそうです。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2011年9月24日

マウントアダプターFT1

私が「Nikon1 」に興味を持ったのは、画角が2.7倍になるという点です。デジスコも海外でしか使用していませんし、撮像素子が小さなCXフォーマットでも、ニコンなら今デジスコで使っているキャノンのコンデジよりは画質面で期待できます、いや、間違いなくよいでしょう。ちなみに今のデジスコ用コンデジは適正露出でジャスピン、画像処理が不要な撮影データならA1サイズでの印刷可能なレベルです。
で、ニコンのレンズ資産を活かせるマウントアダプターFT1は、実撮影画角がレンズ表記焦点距離の2.7倍相当になります。AFもレンズ内モーターのAF-SレンズならAFもしっかり作動するとのことです。最もAF精度やスピードがどの程度まで落ちるかは、実際に使ってみないと分かりませんが・・・電子シャッター使用時の「ゆがみ」も許容範囲かどうか。テレコンを付けるとAFは作動しませんが、焦点距離は2.7倍相当になります。
AF-S VR Nikkor ED 300mm F2.8Gが、810mmF2.8で、AF-S VR Nikkor ED 70-200mm F2.8Dが、540mmF2.8で使えるって、海外で野鳥撮影を楽しんでいる者にとっては十分すぎるくらい魅力的ですね。勿論メインで使かえるカメラだとは、今の段階では思っていませんが。小さなカワセミ系を大きく撮ろうと思ったら、やはりデジスコは手放せないでしょう。暗いジャングルの中での撮影がメインになる海外のカワセミ撮影、明るいレンズが使えるメリットは大きいですね。

投稿者eisvogel : 21:30 | コメント (2)

2011年9月21日

Nikon1 v1

ついにニコンがミラーレス市場に参戦しましたね。噂はかなり前から聞いていましたが、実際の仕様を見ると、先行していた家電メーカー製品とは比較にならないくらい野鳥撮影の視点で評価すると完成度が高くて驚きました。流石カメラ・メーカーです。ニコンはやっぱり凄い! 今、ドイツのドレスデンにいますが、今回もD3+F2.8の重いレンズを2本持ってきています。ミラーレスカメラが進化していけば、海外へはもう重いカメラ・レンズはいらなくなる時代がやってきそうですね。(^o^)
先行していたミラーレスカメラには不満点が多く、結局買いませんでしたが、このニコンの「v1」は、海外での野鳥撮影に十分使えそうです。何故ってサンニッパが何とハチニッパになるんですからね、1.7倍のテレコンを付けると1377mm相当・・・まさに驚異のシステムになります。画質にこだわりを持つニコンなので、撮像素子がCXフォーマット13.2×8.8mmでも画質は許容範囲でしょう。とにかく野鳥撮影に大きなメリットになる2.7倍という画角を実現させるために、小さな撮像素子になってしまったことは許せます。5コマ/秒(電子シャッター使用時は10コマ/秒~60コマ/秒)の連写もトビモノをあまり撮る機会のない海外では十分です。73点のフォーカスポイントも使えそうだし・・・動画もフルハイビジョン、デザインもいいし、本体の軽さが嬉しいですね。ははは、もう買ったような気分。(^o^) ま、実際に使ってみないと、本当に使えるかは分かりませんが、少なくともサブ機として海外に持って行く道具としては間違いなく◎ですね。
ところでミラーレスの開発で、一眼レフD3の後継機の発売時期が遅れるなんてことはないと信じますが、多分D4は凄い仕様になるでしょうね。フォーカスポイントが100点以上、15コマ/秒以上の無限連写・・・

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (5)

2011年4月29日

白いiPhone

休みもなく仕事をし続けていると、突然発症する衝動買い病・・・今回は白いiPhoneが目にとまってしまい買ってみましたが、一体何に使うのか・・・別に白いiPhoneが出るまで待っていたわけではないので、使い道はこれから考えます。(^o^)
携帯電話としては、積極的に使えそうもないので、新規契約、ま、便利ツールとしては使えるでしょう。フィールドでカワセミ、ヤマセミを待っているときに暇潰しに役立ちそう。

0429-31.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)