« トップページ »

2011年9月24日

マウントアダプターFT1

私が「Nikon1 」に興味を持ったのは、画角が2.7倍になるという点です。デジスコも海外でしか使用していませんし、撮像素子が小さなCXフォーマットでも、ニコンなら今デジスコで使っているキャノンのコンデジよりは画質面で期待できます、いや、間違いなくよいでしょう。ちなみに今のデジスコ用コンデジは適正露出でジャスピン、画像処理が不要な撮影データならA1サイズでの印刷可能なレベルです。
で、ニコンのレンズ資産を活かせるマウントアダプターFT1は、実撮影画角がレンズ表記焦点距離の2.7倍相当になります。AFもレンズ内モーターのAF-SレンズならAFもしっかり作動するとのことです。最もAF精度やスピードがどの程度まで落ちるかは、実際に使ってみないと分かりませんが・・・電子シャッター使用時の「ゆがみ」も許容範囲かどうか。テレコンを付けるとAFは作動しませんが、焦点距離は2.7倍相当になります。
AF-S VR Nikkor ED 300mm F2.8Gが、810mmF2.8で、AF-S VR Nikkor ED 70-200mm F2.8Dが、540mmF2.8で使えるって、海外で野鳥撮影を楽しんでいる者にとっては十分すぎるくらい魅力的ですね。勿論メインで使かえるカメラだとは、今の段階では思っていませんが。小さなカワセミ系を大きく撮ろうと思ったら、やはりデジスコは手放せないでしょう。暗いジャングルの中での撮影がメインになる海外のカワセミ撮影、明るいレンズが使えるメリットは大きいですね。

投稿者eisvogel : 21:30 | コメント (2)

2011年9月21日

Nikon1 v1

ついにニコンがミラーレス市場に参戦しましたね。噂はかなり前から聞いていましたが、実際の仕様を見ると、先行していた家電メーカー製品とは比較にならないくらい野鳥撮影の視点で評価すると完成度が高くて驚きました。流石カメラ・メーカーです。ニコンはやっぱり凄い! 今、ドイツのドレスデンにいますが、今回もD3+F2.8の重いレンズを2本持ってきています。ミラーレスカメラが進化していけば、海外へはもう重いカメラ・レンズはいらなくなる時代がやってきそうですね。(^o^)
先行していたミラーレスカメラには不満点が多く、結局買いませんでしたが、このニコンの「v1」は、海外での野鳥撮影に十分使えそうです。何故ってサンニッパが何とハチニッパになるんですからね、1.7倍のテレコンを付けると1377mm相当・・・まさに驚異のシステムになります。画質にこだわりを持つニコンなので、撮像素子がCXフォーマット13.2×8.8mmでも画質は許容範囲でしょう。とにかく野鳥撮影に大きなメリットになる2.7倍という画角を実現させるために、小さな撮像素子になってしまったことは許せます。5コマ/秒(電子シャッター使用時は10コマ/秒~60コマ/秒)の連写もトビモノをあまり撮る機会のない海外では十分です。73点のフォーカスポイントも使えそうだし・・・動画もフルハイビジョン、デザインもいいし、本体の軽さが嬉しいですね。ははは、もう買ったような気分。(^o^) ま、実際に使ってみないと、本当に使えるかは分かりませんが、少なくともサブ機として海外に持って行く道具としては間違いなく◎ですね。
ところでミラーレスの開発で、一眼レフD3の後継機の発売時期が遅れるなんてことはないと信じますが、多分D4は凄い仕様になるでしょうね。フォーカスポイントが100点以上、15コマ/秒以上の無限連写・・・

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (5)

2011年4月29日

白いiPhone

休みもなく仕事をし続けていると、突然発症する衝動買い病・・・今回は白いiPhoneが目にとまってしまい買ってみましたが、一体何に使うのか・・・別に白いiPhoneが出るまで待っていたわけではないので、使い道はこれから考えます。(^o^)
携帯電話としては、積極的に使えそうもないので、新規契約、ま、便利ツールとしては使えるでしょう。フィールドでカワセミ、ヤマセミを待っているときに暇潰しに役立ちそう。

0429-31.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2010年11月24日

海外遠征用に・・・

海外遠征用に使える機材かどうか、KOWAから借りることできたので、次回遠征時に実際に試し撮りしてみます。ま、メリットといえば超望遠としては小型軽量、価格も例えばニコンやキャノンの純正レンズに比べるととても安い、試してみる価値は十分にありますね。とりあえず画角が1.5倍になるニコンD300sとの組み合わせ=750mm相当で撮ってみますが、慣れるまで結構時間がかかるかも・・・というのはフォーカスも露出も一切カメラ任せという訳にはいかない・・・フル・マニュアル撮影になります。ま、マニュアルで撮ったことのない初心者にはデメリットと言えるかもしれませんね。
お求めはでじすこやで・・・詳細な説明も掲載されています。

1124-21.jpg
KOWA PROMINAR 500mm F5.6 FL + Nikon D300s

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2010年11月12日

CFカード

過去に1度だけですが、メモリーカードが撮影中にクラッシュして撮影データをすべて失ってしまうという悲惨な目にあいました。ということで安くなったからといってすぐに大容量のメモリーカードに飛びつくことはなかったのですが、もう64GBも出てくるようになったので、初めて32GBのCFカードを買ってみました。価格も1万円を切ってきたので・・・D3のRAWで約1200枚撮れます。D3はCFカードを2枚挿入できるので、今まで16GB2枚=32GBで撮っていたのですが、32GB1枚で1000枚くらい撮ったところでクラッシュしたらどうしよう・・・なんて考えるのはやめましょう。(^o^) 仮に64GBがもっと安くなったとしても、2000枚以上撮ってクラッシュしたときのことを想像すると多分買わないでしょうね。もっともカメラがD4以降になったらファイル・サイズがもっと大きくなるので必要になるときがくるかもしれません。

1112-1.jpg
D3でのスピードですが、RAWバッファフル14コマ連写して書込が終了するまで9秒・・・価格を考えたら、パフォーマンスは悪くないと思いますね。問題は今の私に16GB4枚、32GB2枚も使う機会があるか・・・ですかね。(^o^)
400倍速CFカード 16GB
400倍速CFカード 32GB

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2010年10月14日

ワールドタイム

これが撮影の道具と言えるのかどうかは疑問ですが・・・海外へ行かない方には全く価値のない時計ですが、私のように年に10回以上海外へ行く者にとっては間違いなく重宝する道具です。ま、撮影のために海外へ行くのは年に数回ですが・・・
10年ほど前までは、操作が複雑な2国間表示時計を使っていました。それで手動でも時差を修正するのに手間がかからないようにと、日付や曜日もない1国の時刻表示だけのシンプルな時計を買いました。そして当時はまだ主流ではなかったソーラ時計にしたのですが、電池交換不要で1度も止まることもないまま・・・シンプルさが気に入っていたのでもっと使い続けたかったのですが、先月突然動かなくなってしまいました。修理見積もりを出させたら何と18000円、10年も使った時計の修理にその額はないだろう、と思いつつ売場に展示されている時計を見ていたら・・・そうなんです。衝動買いという奴ですね。(^o^)
カメラもこれだけ進歩しているのだから、時計も同じはず、店員から機能の説明を聞いたら即決でした。いや、本当に便利になりました。ディスク式都市選択ワールドタイム搭載・・・ディスクを回転させるだけで、世界26都市の時刻、カレンダーが簡単に切替え可能・・・、エコ・ドライブ電波時計なので正確、世界中どこにいても時刻合わせをする必要もないし、電池の交換も不要、アラーム付きなので目覚まし時計も持参不要・・・スケールが付いてデザイン上異なるタイプもありましたが、シンプルな方を選びました・・・といっても見た目、あまりシンプルじゃないですが、少なくとも操作はシンプルですね。まだ1ヶ月しか使ってないですが、多分道具として優れモノでしょう。

1014-21.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2010年7月29日

カメラ記事

涼しいザルツブルクにいるのでまだ実物は見ていませんが、本日の日経新聞朝刊に取材を受けたデジタル一眼カメラに関する記事が掲載されています。参考になるのかな・・・

関連ブログ記事

投稿者eisvogel : 23:29 | コメント (2)

2010年6月25日

何故かこんな・・・

何故かこんなカメラが3種・・・手元にあります。ミラーレスで「一眼レフの画質、表現力に迫る!」という売り言葉で話題になっているようですが、勿論私は見たことも触ったこともありませんでした。(^o^) で、この週末試し撮りをして評価することになりました。どこからの依頼かというと、日経新聞。別に私が長年の読者だからという訳ではありません。7月の某日、実名入りでその評価記事が掲載されるようです。少なくともカワセミを撮るカメラでないことは確かですね。

0625-21.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2010年6月 6日

旅の道具

海外旅行、遠征に欠かせないのがスーツケース、今まで一体何個買い替えたことか・・・大きめのスーツケースは常時2個は持つようにしていますが、今回10年くらい使い続けていたお気に入りのスーツケースがついに寿命(海外最低50往復)を迎えて引退させました。今ユーロも安いので最も丈夫だといわれているリモワのアルミ製を新調したのですが、さすがにドイツ製でつくりもしっかりしているので、これもまた10年くらいは愛用させてくれそうです。右側は1年前に買った機内持ち込みサイズのリモワ、軽量でとても使いやすいですね。

0606-21.jpg
左:RIMOWA TOPAS 932.70 右:RIMOWA Salsa 856.52

投稿者eisvogel : 16:25 | コメント (2)

2010年5月30日

CS5

Photoshop がバージョンアップしてCS5 になりました。毎回アップグレード版でも高額なソフトは買わないと思いながら、やっぱり買ってしまう・・・自分でもよく分かりませんが、ま、色々な面で良くなっていることは間違いないでしょう。(^o^) ニコンの場合、現像ソフトが優れものなので、画像処理ソフトはあまり必要性は感じないのですが、特に印刷するときなどは、Photoshop で仕上げるようにしています。D300Sで撮ったこの写真などは、Photoshop で処理するとよくなりますね。

0530-21.jpg
トマリモノ掲示板に大きめの画像を貼っておきます。

投稿者eisvogel : 12:54 | コメント (2)