« トップページ »

2018年12月11日

6種目は・・・

ケアンズでの出会い6種目は、アオバネワライカワセミ・・・モリショウビンよりも撮影条件が悪かったです。アオバネはワライカワセミよりもかなり小さく、目が白いこともあって、目つきがコワイです。

_1211_1.jpg

つがいですが、共にお腹が泥だらけ・・・水浴びして綺麗にしたらいいのに、と思いながら撮りました。(^o^)
_1211_2.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年12月 7日

遠い・・・小さい

毎回ケアンズ市内の公園も含め最も撮影チャンスが多かったモリショウビン、今回は本当に厳しかったです。とにかくケアンズ市内から姿を消してしまったようで、一度も見かけませんでした。ということでマレーバ近郊で撮影したのですが、とにかく遠かった=小さかったです。

_1207_1.jpg

_1207_2.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年12月 4日

瑠璃色

私の好きな画家フェルメールがラピスラズリという、当時金と同じくらい高価な鉱石を画材として使っていました。ウルトラマリンブルーとも呼ばれていた鮮やかな色ですが、それが瑠璃色です。このルリミツユビカワセミに出会うと、フェルメールの絵の中で見る鮮やかなブルーを思い出します。今回のリバークルーズではやはり暑さのせいもあってか、鳥が少なかったですが、このカワセミを至近で撮影できたことは幸いでした。

ボート上では絶えず揺れが発生するので、画質を犠牲にして高速シャッターを余儀なくされました。でもD850ならISO800でも十分な画質ですね。
_1204_1.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 22:43 | コメント (0)

2018年12月 3日

トビモノは・・・

海外でのトビモノは、1人で遠征したときに撮ります。(^o^) 最終日の早朝、自由時間で少し余裕ができたので、ワライカワセミのトビモノを少し狙ってみました。ケアンズ市内に川を挟んで淡水と海水の池がある公園があり、以前は淡水池の方にモリショウビン、海水池の方に南洋ショウビン、そして両方の池にワライカワセミが見られたのですが、今ではもうワライカワセミしかいない公園になってしまったようです。今回はシラオラケットカワセミ、ルリミツユビカワセミ、ワライカワセミ、アオバネワライカワセミ、モリショウビン、ヒジリショウビンの6種
撮影することができました。

_1203_1.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年12月 2日

感動の再会

やはり異常な暑さの影響は、シラオラケットカワセミの行動にも影響が出ているのではないでしょうか。まだペアリングは全くできていない状況で、鳴き声は聞こえるのですが、姿は見えず・・・飛んでいる姿を目撃しない限り、居場所は確認できず、枝に止まったと思ったら1、2秒で飛び出してしまう、とにかく落ち着かずに飛び回っているという状況でした。恐らく5、6個体には出会えたと思いますが、結局撮影はワンチャンス、4、5秒止まっていた時だけでした。今のケアンズは9時~15時は陽が真上という感じで、森の中での撮影条件は最悪、ホント、撮れただけでも超嬉しいという次元でした。今回6種撮影できたので、帰国後順次紹介します。

陽が真上から差す、遠い・・・厳しい!
_1202_1.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年12月 1日

ケアンズ

久しぶりのケアンズは、酷暑続きで連日40度近い暑さでバテ気味です。1日半でカワセミ5種を撮れましたが、シラオラケットカワセミの渡りにこの暑さも影響しているのか、出会いはかなり厳しそう・・・

オーストラリアの固有種で、カワセミ最大種のワライカワセミ・・・50m先で見つけましたが、被写体が大きいので何とか・・・
_1201_1.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (0)

2018年9月 4日

ケアンズ

11月末のケアンズのカワセミ撮影ツアーですが、数名のキャンセルが出たとのことで、改めてお誘いします。個人的には当然ですが、参加者が少ない方が嬉しい・・・6名くらいの少人数ツアーの方が撮影データをいっぱい持ち帰れますから。(^o^)

ケアンズでカワセミ撮影! ツアーに興味のある方はこちらへ

シラオラケットカワセミ
_0903_1.jpg

  

投稿者eisvogel : 12:00 | コメント (0)

2018年6月 4日

ワライカワセミ

マイ・フィールドの池の状況は本当に良くないです。恐らく結果が同じなので、明日からの散歩は18時からにします。更新写真がないので・・・
オーストラリアのカワセミといえば、やはり固有種のワライカワセミですね。カワセミの仲間では最大種で、42cm~48cm、大きすぎてちょっとカワセミのイメージとは違いますが、大きい割には愛嬌があって、可愛い鳥です。実際多くの動物園で見られますが、鳥では人気の高さを誇っているようです。特に夕方、大声で笑う?鳴き声を聞くことができます。鳴き声を聞いてみたい方は、Youtubeでどうぞ! この動画、かなり笑えますよ。(^o^) こんなカワセミが、ケアンズでは市内公園などで普通に見られます。
ケアンズ周辺では、もう1種、アオバネワライカワセミに出会うことができます。勿論「アオバネ」なので、羽が青く、ワライカワセミよりも一回り小さいです。目が白いこともあって、表情が怖く見えるところが特徴ですね。ちなみにアオバネワライカワセミの鳴き声は、笑い声には聞こえません。(^o^)

鮮やかな色彩ではないですが、意外にこういう背景色に映えます。
0604_1.jpg

0604_2.jpg

羽の色だけですぐに2種の違いが分かります。
0604_3.jpg

0604_4.jpg

ケアンズでカワセミ撮影! すでに「催行決定」です! 是非ご一緒に!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年5月31日

世界で一番美しい・・・

カワセミの仲間は世界中で約100種生息しています。ヤマセミ系はモノクロなので「美しい」という形容はできないですが、それ以外は総じて色彩面でインパクトのある美しさが特徴です。撮影を楽しむ者にとっては、その美しさが最大の魅力・・・日本で見られるカワセミも十分美しいですが、世界に目を向けてみると、比にならないくらい美しいカワセミもいます。世界で一番美しいカワセミは、「シラオラケットカワセミ」だと言われています。長い尾を持つラケットカワセミの仲間は、ニューギニア島にしか生息していないですが、シラオラケットカワセミだけは、一部が10月末から繁殖のためにオーストラリア・ケアンズの北部へ渡ります。ケアンズへは8回行っていますが、本当にその美しさには魅了されますね。

体長の35cm前後ですが、その半分は尾の長さ・・・
0531_1.jpg

0531_2.jpg

0531_3.jpg

0531_4.jpg

テニスのラケットのように見えます・・・
0531_5.jpg

メスは尾が短いと言われていますが・・・
0531_6.jpg

ケアンズでカワセミ撮影! ツアーに興味のある方はこちらへ

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年5月21日

ショウビン系

昨日は午後から佐渡裕指揮のトーンキュンストラー管弦楽団演奏会へ行ったのでお休み、今日は17時過ぎに散歩に出かけましたが、池ではなく、水路で採餌するカワセミを目撃しただけでした。そのカワセミはいつものオスではないと思いますが、明日以降も姿を見せてくれるか? ということで昨日も今日も撮影データはないので、ケアンズのカワセミを紹介しましょう。世界中にカワセミの仲間は約100種生息していますが、川や池に生息するカワセミ系とヤマセミ系、森林やブッシュに生息するショウビン系に分かれます。日本で見られるショウビン系は唯一、4月下旬頃から渡ってくるアカショウビン1種だけですが、オーストリアでは5種見られます。が、ケアンズ周辺で11月末だと見られるのは、モリショウビン、ヒジリショウビン、ナンヨウショウビンの3種です。

モリショウビン
0521_1.jpg

陽が当たると鮮やかなブルーが光沢に・・・
0521_2.jpg

ヒジリショウビン
0521_3.jpg

光によってはモリショウビンと見間違えますが、腹部が純白ではなく、ブルーもモリショウビンに比べると鮮やかではないので識別はできます。
0521_4.jpg

ナンヨウショウビン
0521_5.jpg

嘴が大きいことなど、他の2種との違いはすぐに分かります。
0521_6.jpg

例えばこういう生き物を捕食します。
0521_7.jpg

0521_8.jpg

ケアンズでカワセミ撮影! ツアーに興味のある方はこちらへ

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)