« トップページ »

2012年11月12日

カザリショウビンは・・・

カザリショウビンはもっと悲惨・・・というか、今回は出会いがあっただけでもよかった、と言いたくなるくらい見つけるのが大変でしたね。いつも高い木の上に止まる、しかも小さい・・・空抜け状態だともう証拠写真以下にしかならないですね。これも2/3カットしてこの大きさ。しかもワンチャンス数秒でお腹向き・・・尻尾の裏側の縞模様でカザリショウビンだと同定できますが、オスメスの識別もできません。やっぱりカワセミ系の出会いは難しい・・・

1112-31.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2012年11月11日

証拠写真

前回は難なく撮影できたコウハシショウビン、今回ははるか遠く・・・2/3も切り取ってこの大きさ・・・雨が降り出すし、もう最悪に近い条件下でした。本当にとりあえず出会うことができて撮りましたって程度の写真しか残せませんでした。

1111-31.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2012年11月 7日

カワセミはどこだ?

今回のダナムバレー、本当に「カワセミはどこだ?」と何度叫んだことか・・・(^o^)
前回訪れたときには、少なくともコウハシショウビンは、ロッジのベランダからでも見られる場所に何度も姿を見せてくれたのに・・・今回は猛禽が陣取っていたせいか、ロッジの上流に居座っていて結局よい撮影チャンスには恵まれませんでした。
1107-32.jpg

ジャングルに棲む小さなセグロミツユビカワセミも確かに暗い場所で見つけるのは至難の業ですが、前回は何とロッジのベランダのすぐ前の枝に止まっているところを大発見・・・本当に今回はこの子を見つけるのは大変でした。とりあえず会えて撮影もできてホッとしましたが・・
1107-31.jpg

投稿者eisvogel : 00:03 | コメント (2)

2012年11月 3日

カワセミ三昧の・・・

カワセミ三昧のはずが・・・出会いは厳しかったです。先ほどダナムバレーから戻りました。広大な原生林の真っ只中にあるロッジでもネット接続が可能なのですが、とにかく遅い、画像のアップなど不可能なくらい遅いので、現地からの報告もできませんでした。
出会うことができたカワセミは、今までセグロミツユビカワセミと言っていた・・・実は「セアカ」かもしれないので色々再調査してみます・・・カワセミとカザリショウビン、コウハシショウビンの3種だけ・・・しかも後の2種は証拠写真程度でした。
雨にも結構やられたし、過去に類のないほど厳しい遠征でしたね。ご一緒したカイマナさんには3種、しっかり撮ってもらいたかったですが・・・

1103-31.jpg

投稿者eisvogel : 10:37 | コメント (3)

2012年9月 5日

ダナムバレーへ・・・

ダナムバレーへ一緒に行きませんか? あと2名まで参加が可能です。

野鳥撮影の旅 ダナムバレー 7日間

お目当てはやっぱりセグロミツユビカワセミ。ジャングルに潜む小さなカワセミなので、陽が当たることで美しさが映える姿を見るのは難しいですが・・・それはそれは美しいカワセミですよ。
0905-31.jpg

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (4)

2012年5月11日

デジイチも楽しい

海外ではもっぱらカワセミの仲間を大きく撮るためにデジスコで使っていますが、やっぱり小さくてもデジイチでも撮りたいですね。デジスコとは違った楽しさがあります。今頃になってという感じですが、ダナムバレーでデジイチで撮った写真を20枚紹介します。

← 新スライドショー「デジイチも楽しい」

セグロミツユビカワセミとの最初の出会い
0511-41.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2012年5月 1日

海外遠征・・・

また月が変わってしまいました。仕事で海外へばかり出かけていますが、年休も消化しなくてはいけないし、今年こそは2、3度遠征します、が、行き先となると頭が痛い・・・もう生きて戻れるか分からないような治安の悪い所にしか、複数種のカワセミが生息していないのです。例えばフィリピン・・・固有種が相当数生息しています。パプアもまだ見ていない種はかなりありますが、命がけになりそうだし・・・そうなると1ヶ所1種づつ狙って出かけるしかないかも。

海外ではデジスコが有利ですが、やっぱりデジイチでも撮りたいですね、被写体は小さいですがよい絵にはなりますから・・・
0501-41.jpg

投稿者eisvogel : 01:09 | コメント (3)

2011年12月17日

瞬膜は・・・

瞬膜の開閉はジャワショウビンもカワセミと同じ、日差しの強いときなどは頻繁に瞬膜が閉じます。撮影データを見ると結構瞬膜カットが残っていました。本当に瞬時に閉じるので、こうしてカメラで一瞬を切り取らないと分からないですね。

1217-31.jpg

瞬膜は右から左へ開閉・・・
1217-32.jpg

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (2)

2011年12月 8日

カワセミの仲間

カワセミは、ブッポウソウ目カワセミ科、同じブッポウソウ目の下にハチクイ科があって、ハチクイの仲間はいわばカワセミの仲間の親戚です。私は持っているカワセミ専門図鑑にも、他にもブッポウソウ目の分類科がある中でハチクイ科だけは一緒に紹介されているので、ま、一番近いお仲間といえるかもしれませんね。今までも数種紹介してきましたが、これはチャガシラハチクイです。70m、80m先の高い枝に止まって、何度も飛び出しては蜂を捕っていました。距離があっても一応捕る・・・しっかり撮れば証拠写真以上のデータが得られるのが、デジスコの魅力の一つですね。

半分にトリミングしてこの大きさです。
1208-31.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2011年12月 3日

後ろ姿はカワセミ・・・

ヒメアオカワセミのブルーは、陽が当たって綺麗に輝くカワセミのブルーと明らかに違うはずなのですが、陽が当たらないと一見、後ろ姿がカワセミそっくりの色に・・・勿論よく見ると耳のあたりが違うので、ヒメアオカワセミと分かりますが・・・それにしても長時間2羽同じ場所でまったり・・・どこから撮っても葉被り、枝被り・・・ツキがあったのか、なかったのか・・・

1203-31 .jpg

一方が白いお腹を見せると・・・あ、ヒメアオだ!!! (^o^)
1203-32.jpg

Nikon1 専用ブラケット、再入荷したようですが、またすぐに在庫切れになりそう。
Nikon1専用ブラケット

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (0)