« トップページ »

2009年12月 1日

カワセミ遠征

久しぶりのカワセミ海外遠征から戻りました。成果はイマイチ・・・固有種5種の中、出会えたのは3種、撮影できたのは2種でした。ま、1種は山登りしないと無理なので最初から期待してませんでしたが、是非とも会いたかった小さなカワセミは、2日間で20kmは森の中を歩き回りましたがダメでした。しかしロクヨンを担いで行った1回目のクラビ遠征を思い出しました。今回ロクヨンを持っていったら死んでましたね。(^o^)
幸いにも日中は雨が降らずに助かりましたが、毎夜の雨で湿度が半端じゃなく、湿気でレンズがくもって参りました。撮影チャンスが少なかったので本当に痛かったですね。
旅行記のようなものは今回も書きませんが、後ほど少し現地の報告をします。エアコンがないのも我慢できる、お湯が出ないのも我慢できる、ネット接続ができないのも我慢できる・・・でも蚊の餌食になるのだけは絶対に我慢できない・・・ので、リベンジのために行くことはないですね。(^o^)

英名では「green-backed」なのに何故か和名が「チャバラ」、綺麗なグリーンなので「セミドリショウビン」でもいいと思うけど・・・これノートリです。1度目の前の枝に飛んできてくれました。デジスコだと縦位置にしても収まらないのでバストアップにしました。ちなみにISO200にしてもSSは1秒、デジスコじゃないと撮れない暗い暗い条件でした。
そうそう写真は撮り損ねてしまいましたが、アカショウビンに出会いました。あの懐かしい鳴き声も聞けて何となく嬉しくなりましたね。

チャバラショウビン♂
1201-12.jpg

投稿者eisvogel : 13:18 | コメント (3)

2009年10月26日

光り輝く・・・

光り輝くブルー・・・カワセミも陽が当たると美しく輝きますが、この2種のブルーも輝いてとても綺麗ですね。海外へもそろそろ行きたくなりました。目下、遠征先を検討中です。

ルリミツユビカワセミ
1026-21.jpg

ヒメミツユビカワセミ
1026-22.jpg

投稿者eisvogel : 01:13 | コメント (6)

2009年6月28日

新スライドショー

PC環境やネット接続環境は向上したので、より大きな画像が掲載可能になりました。それで「鳥旅」では大きなモニターで見ることを想定して1200x800ピクセルの画像でスライドショーを掲載しましたが、やはりまだちょっと厳しいようですね。でも今後は恐らくどなたのモニターでも画像が切れずに見られる最大サイズ960x640の大きさで紹介することにします。ただ画像を読み込む時間を考えると、1つのスライドショーでは20枚が限界ですね。「鳥旅」のケツァールのスライドショーも960x640に変更しました。
まずは世界のカワセミの仲間の写真集を作ったときに使った写真を中心に用意しました。今まで紹介した写真も含め、これからより大きな画像を定期的に紹介していきます。

0628-11.jpg

投稿者eisvogel : 22:04 | コメント (2)

2009年4月 1日

このカワセミも・・・

パプア政府観光局から写真提供の依頼があって、急ぎ写真の整理をしていたのですが、ちょっと面白い1枚を見つけました。このラケットカワセミも頭や体をふくらませるんですね。カワセミの仲間は皆、同じような仕草をするんじゃないでしょうかね。

0401-11.jpg

投稿者eisvogel : 01:53 | コメント (2)

2009年3月26日

空抜け・・・

鳥旅で1日1鳥、世界の鳥を紹介していますが、海外でもカワセミ系以外はあまり熱心に撮っていないので、たまにはカワセミ系も紹介したくなりますね。クラビで撮ったカザリショウビンとアオヒゲショウビンは特集で紹介していますが、空抜けなので掲載しなかったカットが幾つかあります。ちょっと画像処理を試みてみたら、結構色が出たので紹介します。やっぱりカワセミ系もド派手はインパクトがあっていいですね。(^o^)

0326-11.jpg

投稿者eisvogel : 23:55 | コメント (3)

2009年3月 8日

結局コミドリ・・・

コスタリカの写真整理を今頃ようやく始めました。コスタリカは棲息している野鳥が多い割にはカワセミ系は少なく、今回も今まですでに撮影した4種以外には出会うことができませんでした。で、撮影成果といえば、結局コミドリヤマセミだけでした。もっとも普段カワセミ系しか撮らない私が撮りたくなるような鳥がいっぱいいるところがコスタリカですね。特にホバリングの名手ハチドリの仲間はやっぱり魅力的です。姉妹ブログ「鳥旅」で紹介します。

0308-11.jpg

0608-12.jpg

投稿者eisvogel : 16:44 | コメント (2)

2009年2月26日

真下から・・・

警戒心の薄いコミドリヤマセミ、真下からかなりの至近で撮影させてくれました。大きなクビワヤマセミは人の気配を感じるだけですぐに逃げてしまいますが、大きい方が臆病なんでしょうかね。そういえば最小種のハチドリなんかは目の前まで飛んできます。

0226-11.jpg

投稿者eisvogel : 23:55 | コメント (3)

2009年2月24日

さらに小さく・・・

ミドリヤマセミより大きなオオミドリヤマセミですが、さらに小さくなってしまいました。逆光だったし、風景写真になることを意識して撮ってみました。尻尾をあげるこのポーズは、やっぱりヤマセミですね。(^o^)

0224-11.jpg

投稿者eisvogel : 23:55 | コメント (2)

2009年2月22日

サンニッパでは・・・

サンニッパでは結構厳しい場面も多かったですね。宿泊ロッジの前の川にはミドリヤマセミの♂と♀が縄張りを共有していて、何度も見かけましたが、とにかく警戒心が強くて近づくことができません。サンニッパ+1.7倍テレコンで撮影、1/3までトリミングしてこの大きさです。こういう写真ばかり撮っているとストレスもたまってきますね。

0222-11.jpg

0222-12.jpg

投稿者eisvogel : 23:55 | コメント (2)

2009年2月18日

輝くミドリ

早朝の撮影にはよい陽の光をいっぱい浴びたミドリヤマセミ、この独特の緑色が輝いて見えたのは、実は初めてですね。ケツァールやハチドリに見られる金属光沢のような輝きってヤマセミ系にあることが分かりました。一瞬背中向きになった時にはファインダー越しに見惚れてしまってシャッターチャンスを逃してしまいましたよ。(^o^)

0218-11.jpg

投稿者eisvogel : 23:55 | コメント (2)