« トップページ »

2007年10月24日

ホバもデジスコ

私の手持ちシステムは、200mmF2.8+1.4倍テレコン+D2xのクロップ(2倍)=560mmF4です。ヒメヤマセミは大体22cm、これで50m以上だと、本当に豆粒大です。トマリモノは、結構ボートで近づくことができて何と最短5m以内・・・十分な大きさで撮れましたが、ホバやトビモノは遠くて遠くて・・・それでデジスコがここにあるじゃないの、とふと思いつき、デジスコ初心者のくせに無謀にもホバに挑戦、やっぱり初体験でもあるし無謀でしたね。(^o^) 余裕なんかないこともあって結果は大きく撮りすぎて羽切れ連発・・・ピントも被写体が動いているので合っているのかどうかも分からず、ただシャッターを押し続けただけ(実はカメラはキャノンだったりします)。ちなみにヒメヤマセミのホバは、長時間(10秒くらい)同じ位置に静止していることがなかったです、数秒毎に上へ下へ・・・私にはちょっと難易度が高すぎましたね。

1024-0001.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2007年10月23日

デジスコだと・・・

デジスコだといつもこのサイズになりますね。朝方とはいえ強い陽を浴びると、やはり白飛びが気になります。当たり前のことですが、一眼に比べると質感、解像感は劣ってしまいますが、白が上手く表現できれば写真として十分満足できるレベルですね。

アンダー気味に撮ると白飛びはほとんどないですが・・・
1023-0001.jpg

・・・このカットなどはマイナス補正不足で白飛びになってしまいました。
1023-0002.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2007年10月22日

アフリカ・・・

アフリカより夜遅くに無事戻りました。メインはボツワナのチョベ国立公園、流石に遠い国々でしたが、動物園でしか見られないような動物たちの野生の姿に接して感動しました。カワセミ運がなかったことは、正直、残念でしたが。結局撮影できたのはヒメヤマセミだけ、他にオオヤマセミ、カンムリカワセミ、チャガシラショウビンは見ることはできました。今回ロクヨンを持って行かなかったので、慣れない手持ち、しかも被写体が小さくしか撮れないのでトビモノの成果は乏しかったですね。もっとも海外ではいつもトビモノはダメですが。そそ、デジスコで大きなヒメヤマセミのトマリモノはたくさん撮りました。

1022-0001.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (3)

2007年10月21日

夢が実現・・・

ヤマカワが見える宿に泊まってみたいという夢が、あっさり実現しました。ベランダに出ると、何と目の前にこの子が・・・ベランダからデジスコで激写しました。しかしベランダのソファーに座ってのんびりしながら、ヒメヤマセミを観察、夢のような時間を過ごしたと言えるかも。

1021-0001.jpg

投稿者eisvogel : 13:45 | コメント (2)

2007年10月20日

こんなはずじゃ・・・

皆さん、すっかりご無沙汰してしまって、申し訳ありません。「こんなはずじゃなかった・・・」ことがいくつかありまして・・・まず宿泊ホテルはどこもデラックス級なのですが、今時ごく普通にネット接続のできないような環境の国があるんですね、まさかまる1週間もネットが使えないとは・・・で、何よりもカワセミの仲間が9種もいるはずなんですが、撮れたのはたったの1種、但し満腹になるくらいいっぱい、一瞬も含め確認できたのが他に3種だけという惨敗つづきの海外遠征中です。せめて陽が沈む瞬間に夕陽のど真ん中でホバリングのシルエットでも撮れていたら最高だったんですが、こんなはずじゃない・・・って言いたくなるくらいツキがなかったですね。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2007年7月23日

赤い嘴

カザリショウビンの赤い嘴は、こうして見るとアカショウビンの嘴に似ていますね。

0723-0001.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2007年7月22日

クラビ

ひどい話で2月に行ったクラビの写真も未整理のまま放っていました。デジタルになってから、とにかく撮影枚数が大幅に増え、整理が全く追いつかない状態です。3月からまともにフィールドに出ていないのに、在庫に事欠かない日々が続いていること自体、マズイですよね。と言いながら、忙しい日々は続き、9月までは在庫生活が・・・

この子も本当に可愛かったです、一日重い機材を担いで12kmもジャングルの中を歩きましたが・・・出会った時の感激は今でもはっきり覚えてます。(^o^)
0722-0001.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (6)

2007年7月19日

どちらが世界一

昨年ケアンズへ行った時に、シラオラケットカワセミをデジスコだけでなく手持ちで一眼レフ撮影もしたのですが、全く整理もしていませんでした。その理由は撮影条件が悪かったので、デジスコで良い写真が撮れたからです。でも現像してみると、ノイズが気になるものの結構綺麗に撮れているカットが数枚ありました。さてパプアで撮ったチャガシララケットカワセミは、条件がさらに悪く、高感度撮影で撮ったこともありノイズだけでなく、色もイマイチ綺麗に出なかったので、比較にはなりませんが、どちらが世界で一番綺麗なカワセミでしょうか・・・

ノートリ「お気に入りの部屋」を更新しました。
0719-0001.jpg

0719-0002.jpg

投稿者eisvogel : 23:54 | コメント (6)

2007年7月16日

やっぱりノイズが・・・

今日はパプアで撮った写真を整理したのですが、やっぱり一番撮りたかったパプアの固有種、チャガシララケットカワセミの画像には改めて涙してしまいました。きっと某社のカメラならISO800でも綺麗に撮れたんだろうな~

0716-0001.jpg

0716-0002.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2007年7月10日

ラケット・・・

以前シラオラケットカワセミの「ラケット」を紹介しましたが、チャガシララケットカワセミにも綺麗なブルーの尾の先に「ラケット」があります。相変わらず酷いノイズで画質がボロボロ状態ですが、「ラケット」がよく分かるように拡大してみました。本当に暗いところでも輝いていた長い尾が印象的でした。

0710-0001.jpg

0710-0002.jpg

投稿者eisvogel : 23:42 | コメント (0)