« トップページ »

2011年7月 2日

チャガシララケットカワセミ

パプアニューギニアへは4度行きましたが、固有種であるこのチャガシララケットカワセミに会えたのは2度目、そしてまともな写真が撮れたのは3度目の訪問時でした。ラケットカワセミの仲間8種は、すべてがニューギニア島とその周辺の島々だけに生息しています。唯一シラオラケットカワセミだけが、繁殖のためにその半数ほどがオーストラリア最北部へ渡ります。すでに何度かブログで書きましたが、シラオを撮るならケアンズ以北が最適です。確かにシラオは綺麗ですが、可愛いといえば、このチャガシラですね。そしてチャガシラに会いたければ、固有種ですからパプアへ行かなければ・・・ですね。暗いジャングルにいると、まずガイドの案内がなければ見つけることはできないでしょう。ジャングル系のカワセミは、本当に出会いは難しいです。難しいからこそ、出会いの感激、感動は大きいとも言えますが。

すぐ目の前の枝に飛んできました。デジスコでは近すぎて後退・・・残念ながらすぐに飛んでしまって、絶好の撮影チャンスだったのに3枚しか撮れませんでした。縦位置で撮りたかった・・・
Tanysiptera danae / Brown-headed Paradise Kingfisher
0702-31.jpg

なかなか見せてくれませんが、綺麗なブルーが印象的でもあります。
0702-32.jpg

まさにチャガシラですね。
0702-33.jpg
今、出張先の大分の空港内で更新中、早く撮影に出かけたいです。

パプアニューギニアも個人ではなかなか行けない国ですね、ツアーなら安心ですよ、いかがですか?
野鳥撮影の旅 パプアニューギニア

投稿者eisvogel : 17:49 | コメント (2)

2011年6月21日

チャバラショウビン

インドネシアのスラウェシ島の固有種で、絶滅危惧種です。タンココ自然保護区内では出会いの確率が高いと聞いていたので、一番期待していた種です。とにかく強烈な印象を与える配色ですね、相当インパクトがあります。最終日の早朝、まだ薄暗いジャングルの中に入ったらすぐに飛んできた黒い鳥に気づきました。ガイドは気づかずに先へ行こうとしましたが、とりあえずデジスコで1枚・・・どひゃ~どアップで覗いた液晶画面に映っていたのはチャバラショウビンでした。夢中でアップ撮影したのを今でもはっきり覚えています。SSは1秒~1/2秒の世界でしたからね。(^o^)
ちなみに何故「チャバラ」と名付けられたのか・・・この姿を見ると本当に意味不明です。

Halcyon monacha / Green-backed Kingfisher
0621-31.jpg

もっと綺麗な♀に出会いたかったです。食事の後はしっかり水浴びしてお洒落して欲しいですね。(^o^)
0621-32.jpg

個人ではなかなか行けないスラウェシ島、ツアーなら安心ですよ、いかがですか?
野鳥撮影の旅 スラウェシ

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2011年6月12日

アオバネワライカワセミ

ワライカワセミはオーストラリアの固有種ですが、このアオバネワライカワセミはオーストラリア北部からパプアニューギニアに生息しています。パプアでは普通種ですね。愛嬌のあるワライカワセミより一回り小さいですが、その表情は本当にコワイです、目つきがキツイというべきでしょうか。ブルーが入っている分、ワライカワセミよりは綺麗という印象ですね。

Dacelo leachii / Blue-winged Kookaburra
0612-31.jpg

ケアンズの北、ディンツリーで撮影、パプアのアオバネよりもコワくない。
0612-32.jpg

♀の尾は茶色です。
0612-33.jpg

投稿者eisvogel : 21:48 | コメント (2)

2011年6月 1日

ワライカワセミ

恐らく世界のカワセミの仲間で最もよく知られているカワセミは、このワライカワセミでしょう。動物園でも見られますからね。(^o^)
カワセミの仲間では最大種ですが、愛嬌があって実に可愛らしい・・・ケアンズなどではどのお土産屋さんでもぬいぐるみが売られているほどの人気者です。オーストラリアの固有種なので、カンガルーやコアラ同様、オーストラリアの代名詞的な生き物と言えるのかもしれません。
初めてケアンズを訪れたときには、当然一番出会いを楽しみにしていたカワセミだったのですが、意外にも最終日になってようやく見ることができて感激したのを思い出します。その後ケアンズ訪問も回を重ねましたが、探そうとしなければどこででも姿をみせてくれました。(^o^) 鳴き声は本当に大声で笑っているような鳴き声なので、思わずこっちも笑ってしまいますね。

Dacelo novaeguineae / Laughing Kookaburra
0601-31.jpg

ケアンズ訪問2度目にしてこんなシーンにも出会いました・・・
0601-32.jpg

投稿者eisvogel : 00:25 | コメント (3)

2011年5月27日

セグロミツユビカワセミ

デジスコ倶楽部写真展に出展したカワセミです。デジスコで大きく撮ってみるとよく分かりますが、全く「背黒」ではないですね。実に微妙は配色で、本当に美しいカワセミです。もっとも陽が当たらない暗いところで、黒く見えなくもないですね。以前も紹介しましたが、セアカミツユビカワセミと同種扱いにしてミツユビカワセミと呼んでいる国もあるようですが・・・その場合は分布はインドからスマトラまでの結構広い範囲になります。体長は12~14cm、やっぱり小さなカワセミとジャングルの中で出会うのは難しいですね。

デジスコ倶楽部写真展出展作品、今年もカワセミ系はかなりの数になっています。WEB上でも公開されています。

Ceyx erithacus / Black-backed Kingfisher 出展作品
0527-31.jpg

大きさではいつもデジスコに完敗ですが、小さなカワセミは小さく・・・というのもいいですよ。(^o^)
0527-32.jpg

0527-33.jpg

0527-34.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2011年5月25日

アオショウビン

このアオショウビンはアジアではかなり広範囲に分布しているカワセミです。私も香港、台湾、シンガポール、クラビ、ランカウイで撮影できました。やはり一番感動、感激したのは最初の出会いだった香港ですね。ランカウイでは、電線に止まっているアオショウビンを頻繁に見ることができます。撮影にも向いていますね。後ろ姿だけだと後で紹介するジャワショウビンに似てはいますが、腹部はどうしてアオショウビンという名前なの?と思わせるくらい青くないです。(^o^)

Halcyon smyrnensis / White-breasted Kingfisher
0525-31.jpg

0525-32.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2011年5月22日

セネガルショウビン

アフリカでは、サハラ砂漠以南ならかなり広範囲に分布しているので、最初のアフリカ訪問だったボツワナでも確実に見られると期待していたのに見られなかった・・・ウガンダでは5、6ヶ所で見られただけでなく、しっかり撮影もできました。ある意味、すでに紹介したカンムリカワセミ同様、アフリカのカワセミの代名詞的存在といってもいいかもしれません。大きさはアカショウビンくらいで、出会いは主に森林の中です。陽が当たると光沢のブルーが実に綺麗です。

Halcyon senegalensis / Woodland Kingfisher
0522-31.jpg

陽が当たらないときはこんな感じです。
0522-32.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2011年5月20日

ラケットカワセミ

カワセミを撮りに海外へ行きましょう! デジスコの方には石丸た~ぼさんが講師として同行するツアーがお勧めです。一度海外へ行って嘴の赤い、黄色いカワセミとか尻尾の長いカワセミなどに出会ったら、もう病みつきになってしまいますね。是非一度お出かけください。

野鳥撮影の旅パンフレット
0520-31.jpg

尾の長いカワセミの代名詞、ラケットカワセミ、青と白のコントラスト、赤い嘴、長い尾・・・被写体としてこれ以上魅力的なカワセミはないでしょう。
Tanysiptera galatea / Common Paradise Kingfisher
0520-32.jpg

投稿者eisvogel : 07:01

2011年5月13日

ナンヨウショウビン

恐らくカワセミの仲間で最も多くの亜種が存在するのがこのナンヨウショウビンでしょう、一説によれば50種くらいも。中にはどうしてこれがナンヨウショウビンなの?と言いたくなるくらい違う亜種があります。後ほど紹介しますが、モリショウビンやヒジリショウビンなどのように、これも亜種と言われればなるほどと納得してしまいそうな種もあります。ナンヨウショウビンの
分布はとても広範囲で、東南アジアからオーストラリアまで・・・どこででも出会いの確率の高いカワセミの仲間でしょう。

オーストラリア・ケアンズのナンヨウショウビン
Todiramphus chloris / Collared Kingfisher
0510-32.jpg

シンガポールのナンヨウショウビン
0510-31.jpg

マレーシア・ランカウイのナンヨウショウビン
0510-33.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2011年5月 1日

ヒメミツユビカワセミ

写真では大きく見えますが、世界最小種のカワセミで体長は10~11cm、大きな嘴があるので、身体は本当に小さいですよ。何といっても鮮やかなブルー、そして白との見事なコントラストが強烈な印象を与えてくれます。
オーストラリアのケアンズより北からパプアニューギニアの海岸線に生息していますが、出会いはそう簡単ではないですね。ケアンズとパプアニューギニアには10回以上行っていますが、撮影チャンスは2回だけ、ただ2001年にケアンズへ行ったときには、ロッジ敷地内の池に来てくれたので、この写真のように大きく撮れて幸せでした。

Alcedo pusilla / Little Kingfisher
0501-31.jpg

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (2)