« トップページ »

2015年12月12日

モノクロの世界

早朝、陽の当たらないときの水絡みはまさにモノクロの世界、背景となる水面は色が付いていた方がいいし、カワセミの色が鮮やかに表現できた方がいいですが、これはこれで水鏡も悪くはないのでよしとしましょう。しばらくモノクロの世界をご紹介します。

1212_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2015年12月11日

やっぱり・・・

・・・日本のカワセミはトビモノの方が美しいですかね。(^o^)

1211_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2015年12月 9日

日本のカワセミ

海外のカワセミを紹介していたら、何か急に日本のカワセミに会いたくなりました。ということで実に半年ぶりにフィールドへ足を運びました。勿論早朝から出撃する気力はないので、午後からのんびりでしたが、このフィールドの番人さんに教えてもらったピンポイントの場所で待って、帰る支度を始めようかと思っていた16時15分にワンチャンスでしたが、飛んできてくれました。この1カット撮れただけで嬉しい!

流石にカワセミは小さいですね。
1209_11.jpg

今日のトビモノはこれだけ・・・(^o^)
1209_12.jpg

投稿者eisvogel : 21:00 | コメント (2)

2015年10月31日

もう10月も・・・

もう10月も終わりですね、今月も結局1度もフィールドへ行けませんでした・・・悲しい!

極小のお魚ゲットでも、何か勢いでしょうか、のけ反ってますね・・・
1031_1.jpg

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (0)

2015年10月25日

夏時間も終わって・・・

こちらヨーロッパは夏時間も終わり、落葉も進みすっかり冬の準備・・・背景が白っぽいと、何となく寒さを感じますね。

1025_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2015年10月18日

表情が・・・

鳥の写真に目が最重要って、こういうカワセミの写真を見ると感じますね、表情がとてもいい・・・お魚をゲットして嬉しそう。

1018_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2015年10月12日

またの機会に・・・

瞬膜シリーズはまたの機会にご紹介するとして、やっぱりカワセミの写真は目は開いていた方がいいですよね。(^o^)

0912_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2015年10月10日

いい感じ・・・

いい感じ・・・って思うのは私だけ? 瞬膜だし、羽根も開いていないし・・・こういう瞬間のカットで没にしてしまう人が多いかも。でも本当に躍動感があるカットだと、私は思います。

1010_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2015年10月 6日

もう少し・・・

もう少しカワセミの瞬膜シリーズを続けます。瞬膜って、文字通り瞬間的に出てくるもので、水中ではそれで目を守ります。とはいっても魚めがけて水中に飛び込んで、1秒も経たないうちに飛び出してくるので本当に一瞬ですね。体がこれくらいまでしか出ていないときには、大体まだ出たままですね。

1006_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2015年10月 3日

この瞬間って・・・

この瞬間って、実は最も動きが速くて、1/1000秒程度のシャッタースピードでは止めることはできません。飛翔時よりも動きが不規則だし・・・でもこのくわえた魚がブレているところが、ある意味、カワセミの躍動感を表現するには効果的なのかもしれません。

1003_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)