« トップページ »

2015年3月 2日

カメラの限界?

カメラの限界なのか、自分の腕の限界なのか? カワセミのような小さな被写体が猛スピードで向かってくるとき、連写してAFで何コマ追従させることができるのか? 少なくとも私は、ジャスピンでは1コマしか撮れたことがありません。前後数コマ、ピン甘はありますが・・・例えばこれ・・・

SSは1/1600秒です。
0302_1.jpg

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (0)

2015年3月 1日

カワセミって・・・

カワセミって本当に綺麗な鳥ですよね、今更言うまでもないですが・・・
この美しさに魅了され、世界中に約100種生息するというカワセミの仲間との出会いを求めて海外遠征も始めました。すでに約40種に出会っていますが、カワセミよりも美しく、インパクトのある仲間は確かにいます。でも身近な場所で出会うことができるカワセミに勝る存在はないでしょう。カワセミに出会える環境は大切に守っていきたいですね。カワセミ病はやっぱり厄介な病、不治の病ですよ。(^o^)

トビモノばかり撮っていますが、撮影の基本はトマリモノ、たまには撮ります。(^o^)
0301_1.jpg
0301_2.jpg
夕陽のさす時間帯ですが、水面の色も微妙に変わっていきます。カワセミの美しさが映えますね。

投稿者eisvogel : 19:10 | コメント (3)

2015年2月28日

ツキなし?

いよいよ憂鬱な花粉の季節ですね、今日は陽気もよかったので、フィールドはかなりの飛散があったようです。痒い目を我慢しながらファインダーを覗いていたせいか、イマイチ、シャッターを切るタイミングがズレてしまったみたいで、何と8割が見事に羽を縮めた・・・閉じたカットでした。たくさん撮るチャンスに恵まれたので、ツキはあったはずですが、本当にまたか、またか、これでもか、これでもか・・・というくらいダメを押され続けましたね。飛び出しから5~10コマ、すべて同じパターンというのがかなりありました。ま、こういうこともあるってことです。それでも2割は残せたのでやっぱりツキはあったのでしょう。(^o^)

こんな大きなザリガニ・・・カワセミの頭より大きい・・・
0228_1.jpg
待たされて餌場に現れたと思ったら、いきなり大物ゲット、このワンチャンスだけで休息場へ消えて行きました。10分くらいして対岸から様子をみたらまだ格闘してましてましたね、それでもしっかり呑み込みましたよ。その後1時間半餌場に戻って来ませんでした。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2015年2月27日

瞬間を切り取ると・・・

かんばんやさんの動画で見たシーンをカメラで瞬間を切り取ると、こんな感じになります。手前に飛び込まれると、10m前後、あまり近いと深度が浅くなる、つまり嘴とか、羽とか、水しぶきにAFピントを持って行かれると、目のあたりはピン甘、ピンぼけになってしまいます。カワセミの動きは速いので、目のあたりをピンポイントでピントを合わせるのはほとんど無理、ということでどうしても納得できるカットは少なくなります・・・ま、まだまだ修行が足りないってことなんですが。

近くでしっかりピンがきた瞬間はやっぱり解像感が違います、お魚がないのが残念。
0227_1.jpg
0227_2.jpg
距離があると当然ですが、ピンを合わせやすい、ジャスピン画像は量産できますね。
0227_4.jpg
0227_5.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (1)

2015年2月26日

ハサミなんかは・・・

ザリガニのハサミなどは、このサイズだと、枝に叩きつけているうちに折れてしまったりして呑み込まないことが多いみたいです。以前ザリガニばかり食べていたカワセミを観察したことがあります。呑み込むまでに15分以上格闘していたこともありましたね。

0226_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2015年2月25日

ドジョウも・・・

ザリガニは大きくて呑み込むのは大変だと思いますが、ドジョウも大変そう・・・カワセミの嘴に巻き付いて激しく抵抗しているって感じです。やっぱりお魚は普通の光りものが捕りやすいんじゃないかと思いますが、栄養バランスを考えてのことですかね、苦労してでも捕ろうとするのは。(^o^)

0225_1.jpg
0225_2.jpg
0225_3.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2015年2月23日

ザリガニも・・・

たまには珍味?ザリガニも食します。カワセミはちゃんと栄養バランスも考えて採餌しているのかも。レンズを振って丁度水面から顔を出した瞬間に間に合ったのですが、獲物が大きくて暴れたせいもあってか、次の飛び出しの瞬間は残念ながらピンがどこかに取られてしまってピンぼけ、その次の瞬間にまたピンがきてくれました。その後はいつもの休息場所へ飛んでいったので、呑み込むまでにどれくらい時間を要したかは分かりませんが、多分10分くらいは格闘したでしょうね。以前、ザリガニばかり捕っていたカワセミのことを思い出しました。

0223_1.jpg
0223_2.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2015年2月22日

まだ1秒の楽しみも

久しぶりに17時過ぎ、近場の公園へ行ってきました。まだ1秒の楽しみも継続中・・・今日は17時28分に塒入りでした。

このカワセミ、塒に入る前に寝床を確認するために?一瞬ですが数回ホバします。その瞬間を狙っているのですが、まさに今日も同じパターンでした。
0222_1.jpg
ISO3200、SS1/320秒、ヨンニッパ単体F3.2で撮影・・・塒入りの瞬間・・・本当に1秒内の楽しみですね。
0222_2.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (5)

2015年2月21日

3日間で1年分・・・

先週から4日通って、初日は強風のせいで撮影チャンスが少なかったので敢えてカウントせず、今日も含めた3日間で本当に1年分は撮りましたね。というかここ数年、あまり撮影する機会もなかったですが・・・しかしチャンスはいっぱいあり、目が慣れてきたこともあってそのほとんどを撮ってしまったんですが、羽の開き具合にツキがなかった、非情なことに採餌失敗で魚なしの時の方が、よい瞬間を切り取っていましたね。採餌での飛び込みと、水浴びでの飛び込みでは、明らかに違いがあるので、ま、魚なしでもこだわりのテーマである水面飛びだしには変わりはなく、綺麗に撮れていたら嬉しいですが・・・でもやっぱりお魚付きがいいですよね。来週もカワセミ休暇を取ろうか・・・
かんばんやさんが今朝撮ったカワセミ捕食の動画を紹介しましょう・・・デジスコですからね、ただただ感心します。

手前に飛び込んでくれたため、かなり大きく撮れてます、10mくらいだったかな・・・縦位置にトリミングでこの大きさでした。でも魚は極小で残念。11コマ/秒で連続4コマでこの動きです。カワセミの動きはとにかく速いですね。
0221_1.jpg
0221_2.jpg
0221_3.jpg
0221_4.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2015年2月20日

今日もカワセミ休暇

消化できない年休もあるし、仕事はいっぱいたまっているんですが、休もうと思えば休める・・・またカワセミ休暇を取ってフィールドへ行ってきました。カワセミの出がいいと、間違いなく仕事以上にたまっているストレス発散に効果がありますね。カワセミ休暇を取ることで、仕事の効率化にもつながります・・・何て勝手に思ってるだけか。(^o^) 残念ながら今や、どこにいてもネットがつながる時代・・・フィールドへパソコンを持参すれば、カワセミの待ち時間にしっかり仕事もできてしまう、そこがイマイチ、カワセミ撮影に集中できない理由なのかも、と撮影成果のなかったときのいい訳もちゃんと考えてはいます。(^o^)

水面からの飛び出しも様々・・・オールバックというのも勿論ありです。
0220_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (3)