« トップページ »

2005年2月11日

撮影修行

今日は某所へAF撮影の修行に行ってきました。そこは圧倒的なキャノン支配のフィールドで、今日も12本の白い大砲が並び、黒はたった1本だけ、ニコンの営業マンを連れてきて現実を直視するように言ってやりたいくらいでした。(爆) 冗談はさておき、ニコンにはシングルAFサーボとコンティニアンスAFサーボという2つのAFフォーカスモードがあります。前者はピントが合わなければシャッターが切れなくて、合えばフォーカスロックがかかります。どうせ被写体が小さく動きが速いと追従しないので、いつも前者のモードを使っています。特にホバリング時には重宝します。今日はピンがきてもこなくてもシャッターが切れる後者のモードを使ってみました。AFは絶えず動いているので、瞬時にピントを持っていきやすいのですが、反面狙った被写体以外のものに簡単にピンがとられてしまいます。案の定、背景が近いとほぼ確実(!)に背景にピンをもっていかれてしまいました。勿論枝などでごちゃごちゃしていたり、水しぶきが大きく上がったりしても一体どこにピンがいくのかわかりません。だから追従もしないんですね、きっと。本当に辛い修行でした。(^o^)

水しぶきが縦に上がってくれたので上手くいきました。これ、水浴びではないんです、お魚、欲しかったです、私が・・・

0211-1.jpg

この後被写体を上手く中央にとらえたんですが、追従せず、次のカットはピンぼけでした。これも魚なし・・トホホ。

0211-2.jpg

目の前に飛び込んで上手くレンズが振れたんですが、羽が開いてない・・・

0211-3.jpg

AFがしっかり追従していないので、次のカットはやはり逃げていく方へピンが甘くなってしまいました。

0211-4.jpg

投稿者eisvogel : 21:04 | コメント (0)

2005年2月 6日

カワセミ・フィールド

ヤマセミ・フィールドとは違って、とりあえず撮影はできるのでいいですね。今日も風が強く、出はあまり良くなかったですが、先週のように水絡みばかり狙わなかったので、飛び出しなどは結構撮れました。しかし採餌の時は、水面を見つめている時間が長すぎて、今日もこちらが根気負け、集中力が持続できませんでした。AFの反応が少しはいいのでロクヨン単体で撮りましたが、被写体が小さいと、今度はピントが他にもっていかれてしまい、なかなか上手くいきませんわ。

0206-1.jpg

0206-2.jpg

0206-3.jpg

半分にトリミングしてもこの大きさ・・・

0206-4.jpg

0206-5.jpg

投稿者eisvogel : 19:40 | コメント (2)

2005年2月 5日

カワセミにも・・・

そっぽを向かれてしまいました。今日も懲りずにヤマセミ・フィールドへ。来ませんね、ヤマセミ、何か気配すら感じなくなりました。いい加減、もう諦めて全く違う場所へ行ってみるしかないかも。たまに姿を見せてくれたカワセミは相変わらず遠い、お~ホバってる、とレンズを向けてみると背中・・・

0205-1.jpg

超在庫の整理をしました。まだまだ未整理分がいっぱい。最近在庫が全然増えないので、丁度いい機会かも。「翡翠との出会い」の「翡翠のいる公園」に、20001年11月~2002年2月撮影の懐かしい写真を掲載しました。

0205-2.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2005年2月 2日

スライドショー

新しいコンテンツ「スライドショー」を追加しました。順次増やしていきますが、とりあえずケアンズで撮ったデジスコ写真とカワセミのバトル写真をスライドショーにしています。

0202-1.jpg

投稿者eisvogel : 23:53 | コメント (0)

2005年2月 1日

思い出の1枚

過去に一体何枚のカワセミ写真を撮ったのか分かりませんが、決して忘れられないという写真は、それほど多くはありません。1997年12月、初めて撮ったホバリングです。1/90秒という条件でした。4つ切りで3000円もだしてダイレクトプリントするほと嬉しかったですね。(^o^)

Nikon F4 + 500mmF4P PROVIA100

0201-1.jpg

投稿者eisvogel : 23:52 | コメント (2)

2005年1月31日

瞬膜はこう閉じる・・・

魚を呑み込むときに連写して、偶然にこんなカットが撮れていました。トリミングして大きくしてもちょっと分かりづらいかもしれませんが、瞬膜が閉じるところです。瞬膜は通常、水中に入ったり、巣穴掘りをしたりするときに、目を保護するために閉じます。左から右へ閉じるというのは、実に自然な動きですね。

閉じる途中・・・

0131-1.jpg

完全に閉じたところ。

0131-2.jpg

投稿者eisvogel : 22:52 | コメント (0)

2005年1月30日

カワセミはいたけれど・・・

ヤマセミ・フィールドへ行くつもりで家を出たら、もの凄い風、ヤマセミは長時間待たなくてはいけないのであまりにも辛い・・・しかも先週末もヤマセミに会えず撮影もできなかったので、今日はカワセミをいっぱい撮るぞ・・・と意気込んでカワセミ・フィールドへ。しかし4時間半、カワセミがず~っと目の前にいながら、ほとんど撮らせてくれませんでした。ダイビングする体勢から20~30分も動かないので、根負けしてファインダーから目を離すと飛び込む・・・こんな繰り返しでした。やっぱり強風の影響で、いつもの行動パターンとも違っていたようです。何と言っても今日の失敗は、トビモノを撮るつもりだったのに、テレコンを使ったこと。AFの反応が鈍いし、レンズ振りすぎ、振り遅れもあって羽切れ連発・・・今思えば、着いて早々、三脚の高さを調整していると、目の前で大きな魚をくわえて水面でモタモタしているじゃないですか、あれが唯一ニコンのAFでも撮れたかもしれないチャンスでしたね、それを逃したのがすべてだったのかも・・・

何とかフレームに入れることはできたけど・・・羽が・・・

0130-1.jpg

連写はしてみたけれど・・・AFが・・・追わずピン甘・・・

0130-2.jpg

綺麗なブルーが出たけれど・・・目が・・・

0130-3.jpg

ピンはきたけれど・・・背景が・・・ね。

0130-4.jpg
お疲れ様でした。(^_-)

投稿者eisvogel : 20:26 | コメント (2)

2005年1月29日

銀塩が懐かしい

週末を楽しみにしていたのに、仕事を持ち込んでしまいました。天気がイマイチだったので、ま~いいかって気持ちになりましたが・・・。ちょっと骨休めに写真の整理、といっても銀塩のホバ写真をスキャンしてみました。デジタル一眼のD1xを買ったとき、画質はあまり期待していなかったので、フィルム・スキャナーを新調したんですが、いざD1xを使ってみると、名機F5様の出番はほとんどなくなり、スキャナーには埃が・・・、F5様自体がどうなっているか??? さて、F5って、本当に切れモノで、ホバは1/10秒前後でもしっかり頭を止めてくれるんですよ。デジタルでは1/30以下では試したことはないですが、無理じゃないかと思いますね。ま、もう銀塩には戻れませんが、せめて撮影データという資産だけは、デジタルにも活かしたいですね。

1/20秒。

0129-1.jpg

1/15秒。

0129-2.jpg

1/10秒。

0129-3.jpg

最低速SSホバ、1/8秒。

0129-4.jpg

投稿者eisvogel : 23:52 | コメント (2)

2005年1月28日

完全に・・・

終わってしまったようです。この子のホバ中の勇姿はもう見られません、残念。本当にどうしてしまったのかは分かりませんが、ただただとこかで元気よくホバっていることを祈るばかりです。さて今週末はどこへ行ったらいいでしょう?

0128-1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2005年1月22日

ヤマセミは・・・

今日は久しぶりにヤマセミ・フィールドへ。2つのポイントで2時間づつ待ってみましたが、通過もなし・・・先月ちらっと見かけた時も1羽だけだったので、相手を探しにどこかへ行ってしまったのかも。11月まではつがいで縄張りを守っていたのに、きっとどちらか一方が逝ってしまったんでしょうね。カワセミが時折姿を見せては慰めてくれましたが、とにかく遠~い。1/3にトリミングしてもこの大きさ、ピントが来てるのかどうかも分かりませんわ。(^o^)

0122-1.jpg

投稿者eisvogel : 20:35 | コメント (2)