« トップページ »

2013年3月11日

戻ります・・・

数秒ホバって獲物が見つからなければ、「戻ります」と言って・・・私にはそう聞こえた(^o^)・・・元の場所に戻ってしまいました。カメラマンにとっては魚を見つけるまで永遠にホバってもらいたいですが、一度のホバで消費するエネルギーは相当なもの、カワセミにとってはあっさり諦めて、元に戻って出直すのも賢い判断には違いないでしょう。

0311-21.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2013年3月 6日

こういうカットも・・・

ホバを撮ると、当然こういうカットも撮れますが、ま、これくらいのタイミングなら上々でしょうか・・・カワセミ本来の美しさ、ブルー系がしっかり表現できていいですよね。

0306-41.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2013年3月 3日

これもいい感じ・・・

これもいい感じで撮れました。ブレ具合が私にとっては理想的・・・勿論シャッターを押しているときにはイメージを描いている余裕などなく・・・描くことができたとしてもイメージ通りに撮れることなどほとんどない・・・何も考えずに必死の思いですが、結果を見てガッカリしたり、ニンマリしたり・・・やっぱりカワセミもヤマセミもホバリングのチャンスは何度訪れても嬉しいですね。

0303-21.jpg

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (2)

2013年3月 1日

あまり贅沢は・・・

トビモノ撮影にはあまり贅沢は言えませんね、ま、羽の開きもこれくらいであれば納得しないと。私は羽は適度にぶれていた方が動きを感じて好きです。このカットは、そういう意味でもお気に入りの1枚ということになりますね。今日から3月・・・スケジュールを見ると今月も死にそうに忙しいです。近場でカワセミ散歩を楽しむことくらいしかできないかも。

0301-51.jpg

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (2)

2013年2月26日

同じようなカットが・・・

ツキのないときは、折角のホバのチャンスに恵まれてもすべて羽の開きが中途半端ということがよくあります。本当に1/100秒違うだけで、結果は大違いですよね、タイミングが悪ければ・・・流石にワンチャンスで100コマくらい撮れれば、少なくとも満足できるカットは数コマ残せるのでしょうが・・・D4なら100コマ連写も可能なのに・・・そんなビッグなチャンスはいつ訪れてくれますか・・・

0225-21.jpg

0225-22.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2013年2月24日

そろそろ花粉が・・・

私にとってはイヤな時期になってきました。今日あたりから花粉を意識しなくてはいけなくなりました。ということで今日の近場でのカワセミ散歩は1時間程度・・・一度だけシャッターチャンスがありましたが、何か偶然に撮れたっていう感じですかね。飛び出してホバじゃないんですが、ちょっとブレーキをかけてくれたおかげでファインダーの中に入りましたが2コマだけ、この後は尻尾だけファインダー内に残して急降下・・・勿論追えませんでした。修行、修行を続けなければ・・・

0224-21.jpg

0224-22.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2013年2月20日

これもトビモノの・・・

これもトビモノのはずだったんですが、吐き出すまでしっかり連写して、肝心の吐き出した瞬間=トビモノを撮り損ねてしまいました・・・修行・・・修行ですね。

0220-31.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2013年2月18日

このトビモノも・・・

このトビモノにもちょっと反応が遅れてしまいます・・・以前はカワセミでもヤマセミでもこのタイミング、完璧にものにしていたのに・・・修行・・・修行・・・ですね。

0218-21.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2013年2月13日

イマイチ反応が・・・

水絡みを狙うチャンスになかなか恵まれませんが、折角の少ないチャンスもイマイチ反応が鈍くてとても納得できる結果にはならないですね。唯一ピンがきたカットも羽の開きが中途半端な万歳、やっぱりこの瞬間でも10コマくらいしっかり撮らないとダメ、なんといってもカワセミの動きは速いですからね。

0213-31.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2013年2月12日

修行が足りない!!

こういう撮影結果を見ると、本当に修行が足りないと痛感しますね。ここ数年、カワセミをしっかり撮ったという記憶がないほど、カワセミ撮影から遠ざかっていた当然の報いですね。この先は勿論、飛び込んで出てくるまでの短い時間に飛び込み地点にレンズを持っていくことはできませんでした。

0212-21.jpg

0212-22.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)