« トップページ »

2016年5月24日

雛の採餌・・・

カワセミの雛の採餌は真剣そのもの・・・巣立ちから4日目で自分で捕るようになったといっても、水中の動き回る魚を捕まえることは容易ではありません。5目になっても状況はあまり変わらず、獲物を見る目は鋭くなってもあまり良い結果にはつながっていませんでしたね。
0524_10.jpg
この後飛び込みましたが、捕ったのは魚ではなく、アメンボーのようなものでした。相変わらず獲物が小さすぎてよく分かりません。昨日最後に紹介した飛び出しのカットから12コマ連写して残せた7コマです。何を捕まえているかわかりますか?
0524_11.jpg
0524_12.jpg
0524_13.jpg
一度ピンを少し外して4コマもピン甘になってしまいましたが、この後は完璧に追ってくれました。
0524_14.jpg
0524_15.jpg
0524_16.jpg
0524_17.jpg

4日目は川で採餌を試みていましたが、小魚は捕ることができず、どうも小エビとかアメンボー、水棲昆虫のようなものだと思います。ほぼピクセル等倍にしてみましたが、何をくわえているかよく分かりません。
0524_18.jpg
0524_19.jpg
0524_20.jpg
この子にはメス親がついていますが、給餌は恐らく早朝と夕方だけ、「お母ちゃん、お腹空いたよ~」と何度も噛みついている光景を見かけましたが、もう親は雛の目の前で採餌して、すぐに目の前で呑み込んでしまう・・・この繰り返しです。10日後には独り立ちさせ、自分の縄張りから追い出してしまうでしょう。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年5月23日

カワセミの巣立ち

19日に無事に巣立ちました、よかった。\(^o^)/ すでに5日経ち、自分で採餌するようになったので雛の写真を公開します。
19日はそろそろ巣立つころだと思い、カワセミ休暇を取ってフィールドへ・・・とはいってもいつものように午後からのんびりと出かけました。巣立ちは通常は早朝、この日も早朝から順次巣立って、4羽まで確認できたようです。本当に久しぶりに巣立ち雛に出会えるかな~と期待しました。流石に巣立ち雛は遠くへ飛べないので上下流の近くに潜んでいるはずです。天敵に襲われる危険性も高いので、まず目立つところには姿を見せることはありません・・・が、あら、あんなところに1羽・・・
0523_11.jpg
対岸にいるのを見つけて慌ててシャッターを切ると、すぐにフラフラっと手前の茂みに飛び込みました。しばらくすると別の個体でしょう・・・すぐ目の前の木陰の枝にとまってじっとしていました・・・
0523_12.jpg
が、やっぱり落ち着きがないですね。すぐに枝被れ、葉被れの奥へ飛んでいきました。よ~く見ると、奥に3羽、確認できました。待つこと15分くらい、3羽が急に動き出しました。どうやら親が魚を運んできたようです・・・残念ながら、私のいる場所からではよく見えませんでした。その後どの個体か、全く区別がつきませんが、3羽が時々場所を変えてくれたので、何とかよい写真が撮れました。巣立ち雛の特徴がよくわかりますね、嘴が短くてその先端が白い、お腹が汚れた色になっている、尾羽が短い、脚が黒い・・・
0523_13.jpg
0523_14.jpg
この個体のいた場所は、結構近かったですが、撮影は針の穴を通すような感じでした・・・
0523_15.jpg
雛も綺麗に撮ってあげたいですね・・・カワセミは本当に美しい・・・(^o^)
0523_16.jpg
19日、21日、22日、23日・・・久しぶりに4日間もフィールド通いして、巣立ち後の観察ができましたが、カワセミの生態は、まだまだ知らないこと、分からないことがいっぱいあります。雛絡みで幾つかの物語もしっかり記録できたのが嬉しかった、収穫は多かったです。いつまでもカワセミ休暇とはいかないので、しばらく撮影はお休み・・・明日以降その物語を順次紹介しましょう。
以下は予告・・・雛が捕る餌、小さすぎて何だか分かりません。(^o^) 今日は少しは大きな魚を捕ってくれるものと期待していたのに・・・でも巣立ち雛らしくていい・・・貴重な写真を結構撮りました。そもそもフラフラ、ヨチヨチだから返って動きの予測ができないので難しいです。これは最もいい感じだったのですが、結構近くて深度が浅い上に、正面に向かって飛び出した3コマ目で残念ながらピンが追えていない・・・、水出は羽閉じだし、いまいちツキがなかったですね。
0523_17.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年5月22日

求愛給餌?

21日、18:23、雲に覆われいつもより暗くなっていましたが、オスがメスの待つ枝に魚を持ってきました。また1秒間の喜びで、あっという間に求愛給餌が終わってしまうと思ったら、何かおかしい・・・奪い合いのような、バトルのような激しい応酬が4、5秒・・・50コマ以上データが残りました・・・結局最後はメスが受け取り、求愛給餌ということになりましたが・・・カワセミの世界はまだよく分かりません。(^o^)

ISO12800で、縦位置にトリミング、リサイズのみ。
0522_11.jpg
0522_12.jpg
0522_13.jpg
0522_14.jpg
0522_15.jpg
0522_16.jpg
0522_17.jpg
0522_18.jpg
0522_19.jpg
0522_20.jpg
0522_21.jpg
0522_22.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年5月21日

1秒間の喜び

ようやく求愛給餌が撮れました。しかも完璧・・・場所、並び方、露出、SS、感度、ピント、解像度・・・まさにこれが1秒間の喜びですね。(^o^) 水出ばかり撮ってますが、同じ1秒間でも、これほどの喜びは味わえません。やはり長年カワセミを撮影していますが、求愛給餌ほど美しく、感動的な瞬間はないでしょう。カメラの魅力は、最高の瞬間を切り取れること・・・1秒間にこんなにいっぱい切り取れるようになったカメラの進歩には感謝したいです。
実は今日は他にサプライズでさらに大きな喜びも味わいました・・・数日後に一挙に紹介しましょう。

ピクセル等倍で紹介しようと思いましたが、2羽並びは無理でした。(^o^) 勿論トリミング、リサイズのみです。
0521_11.jpg
0521_12.jpg
0521_13.jpg
0521_14.jpg
0521_15.jpg
0521_16.jpg
0521_17.jpg
0521_18.jpg
0521_19.jpg
0521_20.jpg
0521_21.jpg
0521_22.jpg
0521_23.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年5月20日

遠かったけど・・・

遠かったけど、カワセミのホバは嬉しい・・・相変わらず短いホバでしたが、2秒弱、シャッターを切れました。正面向きだったので、羽を閉じていた半分以上のカットはすべて没、以下、残ったデータです。

0520_11.jpg
0520_12.jpg
0520_13.jpg
0520_14.jpg
0520_15.jpg
0520_16.jpg
0520_17.jpg
0520_18.jpg
0520_19.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年5月19日

ISO51200再び

18時53分・・・数分魚を探したようですが暗くて見つけられず、場所を変えて手前に移って最後の採餌を試みたようですが、やっぱり暗すぎて失敗でした。今度は適正露出にするためISO51200に設定、しかしこの感度では流石に解像はしませんが・・・といってもこのレンズ、それなりに解像してますが・・・私のこだわりのカワセミ・ニコン色は発色しています。D5って異次元かも・・・

縦位置にトリミング、リサイズのみ・・・
0519_11.jpg
0519_12.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年5月18日

新型ヨンニッパ

やっぱりD5には新しいレンズが相応しいでしょう・・・メインのレンズをロクヨンからヨンニッパに変えたのは3年前、その1年後に新型ヨンニッパが出たので、もうこのGタイプVRヨンニッパでいい・・・というか、十分すぎるくらい軽量で、解像する優れものレンズなので、もう撮影をやめる歳まで使うつもりでいました。(^o^) でもこの歳になるまで仕事しすぎていたので、今後はマジでカワセミ休暇もしっかり取るようにするし、より軽量で(820g軽量化して3800g)、より優れものレンズを常用することにしました。何かいいタイミングでヨドバシで少し値も下がったので・・・まずは100GBくらい撮ってみないとね、頑張って会社休みます。(^o^)

18時49分・・・暗くてカワセミ、見えません。(^o^) 追える限界・・・13コマまででした。ISO51200にすべきところでしたが、多分許容範囲と思えるISO16000に設定して撮りました。水飛沫が上がっている時には、月の明かりの反射でしょうかね、何故かとても明るい・・・露出はその明るさには合っていますが、撮影データはちょっと暗すぎましたね。ノイズが気になるので、暗いまま貼ります、縦位置にトリミング。大きくした写真はまた1枚、掲示板に貼ります。
0518_11.jpg
0518_12.jpg
0518_13.jpg
0518_14.jpg
0518_15.jpg
0518_16.jpg
0518_17.jpg
0518_18.jpg
0518_19.jpg
0518_20.jpg
0518_21.jpg
0518_22.jpg
0518_23.jpg
この暗さでもしっかり追ってくれるカメラとレンズ・・・明るいときに期待ですね。あ、今日はショート・ホバも撮れたので、ま、17時からの出撃だったから、よしとしましょう。(^o^)

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年5月17日

こういう楽しみも・・・

画質がいいととにかくいくらでもトリミングできてしまう、ピントさえしっかり来ていればOKですね。

0517_11.jpg
0517_12.jpg
0517_13.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年5月16日

逃した魚は・・・

逃した魚は本当に大きかった! (^o^) 大魚が最後の力を振り絞って暴れたんでしょうか・・・カワセミが一度捕まえて空中まで持ち上げていながら、何故突然落としてしまったのか・・・12コマ/秒の間にその謎を証明できる瞬間が残されていませんでした。

残念ながら水出の瞬間は違うところにピンがいってしまってピンぼけ、次の瞬間から4コマしかデータを残せませんでした。
0516_11.jpg
0516_12.jpg
突然のことでD5がビックリしてしまったのか、カワセミがビックリしてしまったのか・・・一瞬ピントを外してしまいました・・・ピン甘で残念。しかしこの♀、毎日何度も巣穴に出入りしていることもあって、お腹が色あせてしまって可哀想・・・
0516_13.jpg
大魚を逃したわりには、あまり悲しそうな表情もしていないですね。(^o^)
0516_14.jpg
これ以降は3コマピン甘、ピンぼけで没でした。手前に向かってくる被写体には、ちょっと弱いですかね。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年5月15日

ホバ、たったの19連写

うむ、カワセミのホバはいつも20秒くらい期待しているんですが・・・2、3秒だったかな・・・でも久しぶりに撮れたのは嬉しいです。しかしもっと明るいときに披露してくれないかな~、流石にISO25600は厳しい・・・ホバを全く想定していなかったので、水出に合わせて感度やSSを設定していました。羽が閉じているカットは削除、戻りも含め12コマ残りました。

0515_11.jpg
0515_12.jpg
0515_13.jpg
0515_14.jpg
0515_15.jpg
0515_16.jpg
0515_17.jpg
0515_18.jpg
0515_19.jpg
0515_20.jpg
0515_21.jpg
0515_22.jpg
1コマだけ大きいまま掲示板に貼りました。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)