« トップページ »

2017年11月21日

ワンチャンス!

しかしトマリモノがワンチャンスというのは、ちょっと淋しい状況ですよね。ここ数日採餌する場所がトベラでもなく、ピラカンサでもなく、行動パターンがイレギュラーで翻弄されっぱなしです。飛び込まなくてもピラカンサにさえ来てくれればありがたいのですが、結局今日は16時過ぎになって1度飛来しただけでした。ただ5分くらいいてくれたので、4ヶ所から撮ることができました。

背景に夕陽が残っていました。
1121_1.jpg
1121_3.jpg
カワセミにも背景にも陽が当たっていない・・・
1121_2.jpg
逆光側から・・・
1121_4.jpg
柳からの採餌・・・丁度陽が当たっているときでした。
1121_5.jpg
久しぶりにトベラからの採餌で超々小物をゲット、水面はいい色が出てました。
1121_6.jpg
トビモノをもっと撮りたい~

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年11月20日

ホワイトバランス

D850では新たに「自然光オート」という設定が追加されました。外での自然光下で適正なホワイトバランスを実現するとアナウンスされています。従来の「オート」という設定は、室内での人工光下で有効とのことです。今までピラカワ撮影時に「オート」と「自然光オート」を試してみましたが、ニコンのアナウンス通り、「自然光オート」はかなり信用できそうですね。RAWで撮っているので、現像時にホワイトバランスは簡単に調整できますが、大きな失敗にならないと思うので、仮にJpegで撮っても安心です。ホワイトバランスに限らず画像処理せずに済ますことができれば手間も省けますし・・・何よりも見た目そのままを再現できるというのは、一瞬の感動を切り取るカメラという道具にとって大事なことでしょう。
今日は15時過ぎに出かけて、待ち時間なしでトベラに飛来・・・でも飛び込はなし。相変わらず採餌はトベラからでもなく、ピラカンサからでもなく、撮影できない場所ばかり・・・ならばまだ楽しめる間はしっかりピラカワを撮ればいいということですね。(^o^)
15時47分・・・陽はもう完全に傾いてしまってカワセミにもピラカンサにも当たらない状況下での「自然光オート」・・・
1120_1.jpg
現像時に「晴天」に調整・・・
1120_2.jpg
「曇天」に調整・・・
1120_3.jpg
16時21分・・・雲に覆われた中で陽は落ちた状況下、もう暗くてSS1/6秒での「自然光オート」・・・まさに見た目の色が再現されています。
1120_4.jpg
現像時に「曇天」に調整・・・明らかに見た目とは違った色再現になります。
1120_5.jpg
昨日の撮影ですが、木道の上の柳の枝から飛び込む機会が増えました。
1120_6.jpg
1120_7.jpg
1120_8.jpg
こんな所からも・・・完全にピラカワ設定の時に飛び出して・・・SS1/125秒じゃね。(^o^)
1120_9.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年11月19日

感動的!

今日はまる2日撮影できなかったので、朝から出かけました、が、ピラカンサにはお客さんがいっぱい、いや、カメラマンのことじゃないですよ。(^o^) ツグミ、アカハラ、カワラヒワ・・・恐らく実が熟して食べごろなんでしょうね。ツグミやアカハラは実をまるごと食べてしまうのでいいのですが、群れで飛来するカワラヒワは実をつまむ食べ方なので、食べ残しの実がそのまま大量に残ってしまって、見た目が汚くなってしまうのが残念・・・しかもカワセミの指定席に居座って周りの実を食い散らしていました。そろそろ「ピラカワ」も終わりが近いですね。ということで11時までいましたが、飛来は2度だけ、1度目はわずか5秒で飛び去ってしまいました。採餌もなしで撮影成果は乏しかったです。一旦帰宅して、15時過ぎにトビモノ期待で再び出かけました、が、ピラカンサからもトベラからも飛び込まない状況は変わらずで残念でした。でもやっぱりカワセミは美しい! 美しいピラカワは今の時期だけです。トビモノは今後いくらでも撮影チャンスはありますからね。美しい夕焼けのカワセミを見て、撮っては・・・感動しなくちゃ。(^o^) ちなみにこれほど美しく、感動的に撮れるカメラはD850しかないと、断言します! ホワイトバランスは、新規採用の「自然光オート」です。夕景は本当に見た目そのまま、感動の瞬間をカメラ任せで切り取ってくれます。

15時25分・・・丁度線を引いたようにカワセミの足元から上と背景に夕陽が差していました。
1119_1.jpg
15時26分、位置を変えて・・・敢えてカワセミの足元の線を意識して背景の色が違う場所から撮りました。
1119_2.jpg
16時20分・・・背景だけ明かりが残っていました。
1119_3.jpg
朝、7過ぎから待って、8時58分ようやく飛来・・・指定席のはずが落ち着かず、わずか5秒で飛び去りました。
1119_4.jpg
1119_5.jpg
朝陽と夕陽のどちらが美しい?

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年11月18日

雪ピラカワ?

まさか・・・でも明日は一番の冷え込みらしいので、朝方は雪がぱらつくかも・・・お~寒い!(^o^)

1118_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年11月17日

川のカワセミ

久しぶりに川でカワセミを撮りました。このオスが冬場の寒い時期にホバをしてくれることを期待したいです。今日の池は最悪、ピラカンサへの飛来は16時過ぎに1度、1分くらい・・・下の枝に1度、2分くらい・・・トベラに1度、20分くらい(何もせず)・・・結局魚を捕るところは1度も見ませんでした。間違いなくどこかで採餌している、ということでしょう。

背中に強い陽が当たってコバルトブルーが輝いていました・・・
1117_1.jpg
これは2週間ほど前に強い朝陽を浴びている池のメス・・・カワセミに露出を合わせると当然背景は真っ黒・・・
1117_2.jpg
下の枝のカワセミをまた別角度から撮ってみました・・・
1117_3.jpg
数コマ撮った後、反対側にダッシュしましたが間に合いませんでした・・・
1117_4.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年11月16日

まだピラカワ

昨日は15時前に出かけたのですが、1度もピラカンサへは飛来せず、トベラでは何もせず飛び去ってしまったので、結局1枚も撮れませんでした。今日は到着早々トベラに飛来したので、トビモノに集中できると期待したら・・・同じパターン! 今日もダメかと思ったら、何とピラカンサへ3度も来てくれました。そして本当に久しぶりにお魚付きトビモノを撮りました。(^o^)

完全な羽閉じが数コマありましたが、一番ピントが来たコマがこれだったのでよかったですよ。
1116_0.jpg
ピラカンサへ飛来すると当然トマリモノを優先、これを撮った後に飛び込みそうだったので・・・
1116_1.jpg
・・・慌ててトビモノ設定にして間に合いました。
1116_2.jpg
1116_3.jpg
1116_4.jpg
1116_5.jpg
1116_6.jpg
最初の飛来時、ファインダーを覗いたら・・・あれ、足元が見えない・・・
1116_7.jpg
奥の枝に止まったので慌てて反対側へ・・・途中、とりあえず1枚!
1116_8.jpg
いつもの場所から間に合いました!
1116_9.jpg
2度目に来たときが一番光がよかったです・・・ホント、美しい!
1116_10.jpg
下の枝へも2度飛来・・・A面、B面・・・
1116_11.jpg1116_12.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年11月14日

トビモノも・・・

・・・画質が悪くてただ撮っただけというのでは空しいですね。一昨日も16時半過ぎにトベラの枝から飛び込んでくれたのはいいのですが、お魚なし、そして暗すぎてヨンニッパ単体、F2.8開放でもISO12800・・・解像はしないし、大きくトリミングするとノイズが凄い・・・トマリモノをISO64で撮っていると、本当に高感度では撮りたくないと思いますね。ということで今日は雨模様で暗かったので撮影はお休みにしました。

1114_1.jpg
1114_2.jpg
1114_3.jpg
1114_4.jpg
1114_5.jpg
1114_6.jpg
1114_7.jpg
1114_8.jpg
1114_9.jpg
1114_10.jpg
1114_11.jpg
1114_12.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年11月13日

8時でも・・・

陽が低くなりました、8時過ぎに飛来しましたが、ピラカンサ全体にまだ陽が当たっていません。9時台に飛来したときには全体に陽が当たるのですが、すでに陽差しが強すぎて・・・朝の撮影は日増しに難しくなってきました。ISO64でもSSが1/320秒以上で切れるので、流石に解像感もアップしますね。昨日の撮影分です。

8時3分に飛来、数ヶ所移動して撮影・・・ノートリだとカワセミが小さいので、トリミングしてみました。
1113_1.jpg
1113_2.jpg
1113_3.jpg
1113_4.jpg
1113_5.jpg
1113_6.jpg
1113_7.jpg
1113_8.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年11月12日

今日もピラカワ

今日もピラカワだけはいっぱい撮りました。(^o^) いっぱい撮りすぎて、整理が大変・・・明日は所用でカワセミ撮影はお休みなので、後ほどこれでもか、というくらいいっぱい紹介します。

ピラカンサの下の枝によく止まるのですが、ようやくいい感じで撮れました。
1112_1.jpg
ほぼピクセル等倍・・・SS1/30秒・・・
1112_7.jpg
午前中・・・丁度顔の部分だけ陽が当たってました。
1112_2.jpg
ほぼピクセル等倍・・・SS1/13秒でこの解像感って、ちょっと凄いです。
1112_8.jpg
朝方・・・
1112_3.jpg
1112_4.jpg
夕方・・・
1112_5.jpg
1112_6.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年11月11日

感謝あるのみ!

「カワセミとの出会い」は皆さんに支えられて開設して20年になります。今でも21年前に初めてカワセミに出会ったときのことは鮮明に覚えています。すぐにカワセミ撮影を始め、このブログの前身になるサイトを立ち上げて、写真の公開も始めました。そしてヤマセミ、アカショウビンとの出会いがあり、海外でのカワセミの仲間との出会いも・・・今、このブログで何枚の写真を公開しているのか、その数は把握できないほどに達しています。その1枚、1枚を誰かが見ている・・・と思うと、今後もこのブログを継続するしかないですね。(^o^) カワセミとの出会いは素晴らしい、そして大きな楽しみ、喜びでもあります。本当にブログ訪問者の皆さんのおかげで続けられています。ありがとうございます!

ちょっと記念日の撮影で残せたデータとして嬉しい・・・ノートリ画像は掲示板にアップしました。
1111_0.jpg
今日の「ピラカワ」・・・
1111_1.jpg
1111_2.jpg
1111_3.jpg
1111_4.jpg

投稿者eisvogel : 23:00 | コメント (6)

2017年11月10日

久しぶりのホバ・・・

・・・といっても残っていたのは1コマだけでした。1秒くらいのショート・ホバだったので、1コマでも残せたらラッキーと言うべきですね。D850のAFはD5よりも喰いつきがいいのかも・・・(^o^)

トベラから飛び出してこのホバの後、飛び込まず・・・
1110_1.jpg
1110_2.jpg
その前は2時間もこんなところでまったり・・・できるだけピラカンサを入れようと色々試みましたが、カワセミに陽が当たらない以上、いい絵にはなり得なかったですね。
1110_3.jpg
ホバの後にピラカンへ移動・・・まずは逆光側から、といっても16時16分、陽はもう完全に傾いてしまいました。
1110_4.jpg
数コマ撮って反対側へ移動・・・機材を担いでのダッシュはキツイ、よい運動になりますわ。(^o^)
1110_5.jpg
数コマしか撮っていないのにすぐにまたトベラへ・・・なかなか飛び込まない、16時半にやっと飛び込んだと思ったら、魚がないじゃん・・・
1110_6.jpg
1110_7.jpg
1110_8.jpg
1110_9.jpg
1110_10.jpg
1110_11.jpg
またピラカンへ移動・・・勿論私も移動・・・間に合った! ファインダーを覗くとすぐにも飛び込みそうだったので、高感度のままとりあえずシャッターを切ると・・・
1110_12.jpg
本当にすぐに飛び込んだので、瞬時に反応してレンズを振りましたが・・・ちょっとピン甘ですが何とか・・・
1110_13.jpg
折角捕った大魚を落としてました!
1110_14.jpg
その後トベラとピラカンサの間へ移動・・・暗い場所で目視できず、10分くらいしてから飛び込んで大物ゲット、最後のお食事が済んで水浴びのために欄干へ・・・ISO16000で撮影、そこそこ解像もしてますが、やっぱり暗すぎ、もっと明るいうちのパフォーマンスを期待したいですね。
1110_15.jpg
1110_16.jpg
16時48分終了。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年11月 9日

強風でも・・・

今日は結局終日強風でしたね。風がおさまるのを待っていたのですが、15時前に出かけました。予想通りピラカンサの枝は大きく揺れ、水面は魚が見えないくらい波打ってました。それでも2度ピラカンサの枝に飛来・・・1分くらいしか止まってくれませんでしたが、とりあえず「ピラカワ」は撮れました。(^o^) トビモノ系はやっぱりトベラの枝から・・・最後のお食事は時間的に暗くなるのでトベラからの方が魚が見やすいのか、複数回飛び込みます。今日も最後は目視できない暗さの16時50分でした。強風でも採餌は必ずします。とりあえず撮影もできて嬉しい・・・

下枝から飛び込んだ後にピラカンサの枝に・・・
1109_1.jpg
その後すぐに飛び込み体勢・・・
1109_2.jpg
飛び込まなかったので少しポジションを変えて・・・
1109_3.jpg
数コマ撮った後に飛び込まれてしまいました。全くトビモノ設定になっていない・・・私の方がトビモノ体勢になっていない!・・・とりあえずシャッターを切りましたが・・・
1109_4.jpg
1109_5.jpg
縦位置のままレンズを振りました・・・何とか間に合いましたが、SSが1/200秒だったし、厳しすぎましたね、背景がブルーでいい感じでしたが・・・
1109_6.jpg
1109_7.jpg
2度目の飛来、順光側・・・
1109_8.jpg
逆光側・・・
1109_9.jpg
1109_10.jpg
トビモノ系は水浴び・・・
1109_11.jpg
トベラから最初の飛び込は撮った後に枝に戻らなかったので、AF追尾できず・・・
1109_12.jpg
2度目は一瞬目を離しているときに飛び込まれて間に合わず、3度目まで30分以上待たされて、テレコン外し、ヨンニッパ単体、F2.8開放で撮ってもアンダー気味でした・・・もっと明るい時に飛び込んで欲しい!(^o^)
1109_13.jpg
1109_14.jpg
1109_15.jpg
1109_16.jpg
1109_17.jpg
1109_18.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年11月 8日

色々工夫・・・

昨日の撮影分ですが、いつものピラカンサの枝の下に数回飛来しました。できるだけ赤い部分を取り込むために色々工夫はしてみるのですが・・・

1108_3.jpg
1108_4.jpg
午後順光側と逆光側で撮影・・・
1108_1.jpg
1108_2.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2017年11月 7日

久しぶりの追尾

ピラカワばかり撮っていたので、トビモノの撮り方を忘れてしまったかも、と心配していましたが、本当に久しぶりに追尾でお魚付き2回、お魚なし1回、撮れました。(^o^)

追尾といっても10コマ程度です。お魚なし12コマは後ほど改めて・・・
1107_1.jpg
1107_2.jpg
1107_3.jpg
1107_4.jpg
1107_5.jpg
1107_6.jpg
1107_7.jpg
1107_8.jpg
1107_9.jpg
1107_10.jpg
水路近くの柳から・・・数コマ夕陽が当たってくれました。残念ながら手前に飛びもまれて水出に間に合わず、しかも途中から背景にピントがいってしまいました。
1107_11.jpg
1107_12.jpg
1107_13.jpg
1107_14.jpg
1107_15.jpg
1107_16.jpg
1107_17.jpg
1107_18.jpg
これはまた目視できないくらい暗くなってからの最後の採餌シーン・・・水飛沫に反応してレンズを振りましたが、ファインダー内でも暗くてよく見えませんでした。結果は1コマだけ・・・ちなみにテレコン外してヨンニッパ単体、F2.8開放で撮りました。大きくトリミングしてます。
1107_19.jpg
明日は終日所用でカワセミ撮影はお休みです。今日撮ったピラカワは明日紹介します。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年11月 6日

やっぱりピラカワ

昨日の午後遅くに撮影したピラカワの写真の整理が全く進んでいないので、今日はトビモノ系を撮ろうと15時前に出かけたのですが・・・ピラカンサの枝に飛来したらやっぱりピラカワでした。(^o^) しかし今日は日が陰った後の16時過ぎでしたが、ピラカンサが今までにない色に染まり、想定以上に輝きました。背景も少し場所を変えるだけで様々・・・いよいよトマリモノを極める段階に入ってきましたね。(^o^)

1106_1.jpg
1106_2.jpg
1106_3.jpg
1106_4.jpg
1106_5.jpg
トリミングして大きく・・・
1106_6.jpg
1106_7.jpg
トベラからの飛び込は撮りました。
1106_8.jpg
1106_9.jpg
最後の飛び込はお魚なし・・・17時50分でした。
1106_10.jpg
この後背中の後ろの水飛沫にピントを取られてしまって完全なピンぼけでした。
1106_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:30 | コメント (2)

2017年11月 5日

復活!

何が復活というと、勿論トビモノです。(^o^) いつの間にかトマリモノの専門ブログ、ピラカワの専門ブログなどと揶揄される危機的な状況になってしまったので、実は今日はトビモノも少しは撮ろうと意気込んでいたのです。とことが朝方は、いざ、ピラカンサの枝の上にカワセミが飛来すると、無意識に「ピラカワ」を撮りまくっていました。気がつけば・・・「あ、飛び込んだ・・・」と呆然と見つめるだけでした。10時過ぎに飛び込んだときには、一応レンズを振ったのですが、もう陽差しが強すぎて黒セミ状態、しかも陽の位置が悪くて目が入らない・・・諦めて撤収しました。そして夕陽を浴びて赤く染まるカワセミを撮るために午後遅くに再度出撃・・・そして16時過ぎに訪れた最後の撮影チャンスにトビモノ+大物をゲットしました。今日一日、久しぶりに満腹感を味わいました、が、撮り過ぎて、現像など画像処理する元気が残っていませんでした。お休みなさい。(^o^)

ちょっとタイミングが遅れたと思いましたが、流石D850! 素晴らしいカメラです。(^o^)
1105_8.jpg
水出のよいタイミングでした・・・
1105_9.jpg
手前側に飛んで来たこともあって、この後の追尾はイマイチでしたが、とりあえずトビモノ復活です!
1105_10.jpg
1105_11.jpg
1105_12.jpg
1105_13.jpg
1105_14.jpg


投稿者eisvogel : 23:30 | コメント (2)

朝陽を浴びて

6時48分・・・朝陽を浴びて真っ赤に染まった「ピラカワ」・・・美しい!

1105_1.jpg
1105_2.jpg
1105_3.jpg
1105_4.jpg
1105_5.jpg
1105_6.jpg
トリミングして大きく・・・
1105_7.jpg

投稿者eisvogel : 12:00 | コメント (2)

2017年11月 4日

ピラカワを極める

今日はまた夕陽狙いで出かけたんですが、あっという間に雲に覆われてしまい、16時過ぎに雨がパラパラ・・・それでも1時間半の間に3度、ピラカンサに飛来してくれました。1度はすぐに飛び込まれて間に合わずでしたが、そこそこデータを残せました。でもやっぱり実が赤いので、夕陽に染まる感じがいいのですが・・・

1104_1.jpg
1104_2.jpg
1104_3.jpg
ピラカンサの下の枝にもよく止まるのですが、いつもと違うアングルで・・・陽が差していればもっと綺麗に撮れたと思います。
1104_4.jpg
1104_5.jpg
電子シャッターでSS1/30秒、連写中に飛び込みました。幻想の世界です。(^o^)
1104_6.jpg
池の魚が少なくなってしまい、水路で採餌することが多くなりました。こんなところに止まるとは・・・カメラを構えたときには、すでに飛び込み体勢で枝が邪魔になってしまったのが残念!
1104_7.jpg
そろそろピラカワを極めた域に入ってきたので、トビモノを撮らないと・・・撮り方を忘れてしまいそう。(笑)

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年11月 3日

トリミング

カワセミは小さいのでノートリでリサイズして掲載すると豆粒大なので、ちょっとトリミングした画像を紹介します・・・今日は所用でカワセミ撮影はお休みだったので昨日の分です。ホワイトバランスはオートですが、D850も発色は本当にいいです。勿論ヨンニッパという最高のレンズ性能のおかげでもありますが、細部まで綺麗に表現できる高解像度のトマリ絵にすっかり魅了されてます。D850はトマリモノを極める最良の道具ですね。

夕陽を浴びて・・・
1103_1.jpg
1103_2.jpg
少し引いた位置から・・・
1103_3.jpg
かなり引いた位置から・・・コバルトブルーが映えますね。(^o^) 大きな画像は後で掲示板にアップしておきます。
1103_4.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年11月 2日

夕陽を浴びて

やっと思い通りの夕陽を浴びたトマリ絵が撮れました! 嬉しい!

1102_0.jpg
1102_1.jpg
1102_2.jpg
16時15分、トベラから飛び込んで失敗した後、ピラカンサへ・・・そう考えると、お魚なしは残念でしたが、夕陽を浴びたトマリモノが撮れたのでよかったですね。
1102_3.jpg
なかなか飛び込まないので感度はまたISO25600・・・枝にいるカワセミは暗くて目視できず、水飛沫に反応してレンズを振りましたが、やっぱり間に合いませんね、でも5コマ目でピントがきました・・・解像してない・・・時計を見たら17時過ぎでした、暗いはずです。(^o^)
1102_4.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年11月 1日

トマリモノが・・・

今更ですが撮影の基本はトマリモノ・・・デジタル化してトリミングが当たり前の時代になりましたが、やっぱり構図をしっかり考えながら撮るのは楽しいですね。早起きしても報われない日が続いていましたが、久しぶりに晴天の朝ならではのよい絵が撮れて嬉しかったです。

1101_1.jpg
6時台・・・強い朝日を浴びて本当に美しい!
1101_2.jpg
8時台・・・同じ強い陽差しですが・・・
1101_3.jpg
6時台・・・陽が差していなかったので、反対側からも撮れましたが、やっぱり色の表現が大きく違ってしまいますね。
1101_4.jpg
1101_5.jpg
1101_6.jpg
1101_7.jpg
ピラカンサの枝の下ではこれくらいが限界ですね。
1101_8.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年10月31日

トビモノが・・・

トビモノが懐かしい・・・(^o^) ピラカワばかり撮っているので、トビモノを撮る機会が極端に少なくなりました・・・そもそもこの1週間、採餌シーンをあまり見てないし。今日は午後から所用で出かけることになっていたので、久しぶりに早朝に出撃しました。早起きは三文の得ですね。(^o^) 8時半には撤収しましたが、4度もピラカンサに来てくれました。

1031_1.jpg
手前に飛び込まれたのでAFが間に合わなかったかなあと思ったら、ちゃんと撮れてました。ホント、D850のAF精度はかなり高いですね。流石にこの角度では追尾は難しいですが・・・
1031_2.jpg
1031_3.jpg
1031_4.jpg
1031_5.jpg
1031_6.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年10月27日

ピラカワ再び

5日ぶりにピラカワが撮れました。今日は快晴・・・早起きは得にはならない、日中は陽差しが強すぎてよい写真にならない、ということでいつもの時間・・・15時頃に出撃しました。朝方と昼頃にピラカンサの枝に飛来したとのことでしたが、午後は今日も期待薄という雰囲気で、15時19分にトベラの枝から飛び込んだ後川の方へ飛び去ってしまったので、皆さん撤収・・・残ったのは2人だけでしたが、15時55分にようやく、ようやく来てくれました。(^o^) 15時半前ならピラカワに陽が当たっていたので最高だったんですが残念。背景だけに陽が当たって少し露出が厳しかったですが、それでもやっぱりピラカワは美しい!

1027_1.jpg
1027_2.jpg
1027_3.jpg
1027_4.jpg
トベラからの飛び込は2度ありましたが、15時19分の時は場所を変えるために移動した直後で、慌ててレンズを振りましたが、ピンが来ていたのはこの1コマだけでした。
1027_6.jpg
ピラカワ撮影の後、しばらくしてからトベラに戻ってきたのですが、それから何と1時間以上も何もせず・・・ISO25600、SS1/800秒、絞り開放にしてもかなりアンダー・・・こんなに暗いときに撮っても意味ないじゃん、と思って帰ろうとしたら飛び込みました。枝に止まっているカワセミは暗くて目視できず、水飛沫が上がってからレンズを振ってみたものの、ファインダー内でもカワセミがほとんど見えませんでした。でもデータが残ってしまうところがD850の凄さですかね。これはD5に匹敵しますよ。(^o^) トリミングはこれくらいが限界です・・・
1027_7.jpg
1027_8.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年10月26日

飛来せず!

今日も15時頃に出撃しましたが、ピラカンサの枝には飛来しませんでした。その下の枝には1度来てくれましたが、やっぱり赤い実が少ないので淋しい・・・また先日のように40分くらい撮らせてくれないかな~

これでもできるだけ赤い実を入れたつもりなんでが・・・
1026_1.jpg
ほぼピクセル等倍・・・SS1/20秒
1026_2.jpg
トベラからは3度飛び込みましたが、1度も何故か枝に戻らず・・・
1026_3.jpg
1026_4.jpg
1026_5.jpg
1026_6.jpg
1026_7.jpg
1026_8.jpg
1026_9.jpg
この時もすぐに向きを変えて・・・
1026_10.jpg
柳から飛び込んで失敗・・・手前に飛び込まれたので水出から6コマはすべて没・・・
1026_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年10月25日

ピンポイントAF

D850の機能で知らなかったことがまた1つ・・・それが「ピンポイントAF」です。ライブビュー時に通常の「ノーマルエリアAF」の1/4のサイズのフォーカスポイントが使えるのです。ほぼ「点」という感じでピントを合わせたいところに、まさにピンポイントで合わせられます。で、それを試したくて小雨がぱらつく中、15時過ぎに出かけました。ピラカンサの枝には雫がいい感じで付いていたので、飛来を期待したのですが、結局来てくれませんでした。幸いトベラの枝には1度飛来してくれたので、早速試し撮り・・・暗かったですね、16時だというのにISO64だとSSは1/10秒~20秒、十分トマリモノを撮ったので、トビモノ設定に・・・ISO12800でした。10分くらい待たされてようやく飛び込みましたが失敗、そのままドーナツ池の方へ飛び去ってしまい、終了でした。確かに朝からの雨で池は濁っていたので、採餌しやすい場所へ行ってしまったということですね。

ノートリ・・・
1025_1.jpg
ほぼピクセル等倍、SS1/20秒・・・
1025_2.jpg
ノートリ・・・ピクセル等倍の写真は掲示板にアップしておきました。
1025_3.jpg
振り向いたところですが、ほぼピクセル等倍、SS1/10秒・・・ピンポイントで目に合わせました、いい感じですね。
1025_4.jpg
1度だけの飛び込・・・魚を捕って欲しかったですが、ISO12800ではね。(^o^)
1025_5.jpg
1025_6.jpg
1025_7.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年10月23日

ピラカンサは・・・

大雨でピラカンサの島まで水没せずによかったです。もう少しピラカワ撮影を楽しませてもらいたいですからね。(^o^)

ノートリをリサイズするとカワセミがいつも豆粒大なので、ちょっとトリミングした絵を・・・
1023_1.jpg
1023_3.jpg
SS1/20秒では、高画素ということもあって、カワセミが少しでも動くとブレが発生してしまいます、この時も連写したのですが、ブレのないデータはこれだけでした。
1023_2.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年10月22日

49分!

何日も通い続け、何時間も待ち続け、ワンチャンス、10秒だけということもあった「ピラカワ」撮影。一昨日は、飛来してから飛び込まで49分間も楽しませてくれるとは・・・本当に久しぶりに満腹感を味わうことができました。結局、トマリモノはISO64というD850の最低感度に固定して、ミラーショックによる機構ブレのない無音電子シャッター(サイレントモード)で、まるでデジスコ撮影のようにレリーズを押し続けたので、何と100GBくらい撮っていたようです。(^o^) シャッタースピードが1/10秒~30秒だったので、カワセミが少しでも動いているシーンはすべて被写体ブレで没、ライブビューを見てのピント合わせなので、実際にピントがカワセミの目に来ていなかったカットが相当数あってすべて削除、それでも大量に残ってしまった!データを無作為に削除して10GBくらいに整理しました。D850のRAWのデータは、1ファイルが50~60MBなので、180枚くらいになります。ま、期間限定の季節モノ以外は、トマリモノ系を撮ることもないので、こんなにいっぱいデータを残すことはないでしょう。

1022_1.jpg
1022_2.jpg
1022_3.jpg
1022_4.jpg
1022_5.jpg
1022_6.jpg
1022_7.jpg
1022_8.jpg
1022_9.jpg
1022_10.jpg

投稿者eisvogel : 12:00 | コメント (0)

2017年10月20日

ピラカワ満腹

今日もあまり期待せず、雨が完全に上がった14時過ぎに出撃・・・フィールドに着いたら、案の定、「少し前にピラカンサの枝から飛び込んでお魚ゲットしたよ~」と言われ、今日もダメか・・・と思いつつ、池の周りの散歩を始めました。すると意外に早く14時50分に再来・・・すぐに飛び込むと思って焦る焦る(^o^)・・・が、1分経ち、5分経ち、10分、20分・・・何故か飛び込まない、結局余裕で10ヶ所くらいポジションを変えて撮らせてもらいました。Danke! 15時38分、ようやく飛び込むような雰囲気になったので、ISO64→ISO1600、SS1/30秒→1/125秒に変更・・・すると1分もしないうちに想定と違って真下へ飛び込みました。慌ててレンズを振りましたが、多分間に合わなかったな~と思って確認したら・・・D850のAF精度はD5並に優れてますね、しっかり水出から3コマ撮れてました。(^o^) 大物をゲットしていたら満腹のお腹が破裂していたかも・・・(^o^) その後、水路の方へ飛んでいって戻ってこなかったので久しぶりに満腹感を味わいつつ撤収・・・あまりにもいっぱい撮りすぎて、整理が大変、とりあえず数枚・・・

横位置でノートリ、カワセミが小さいので掲示板に大きな画像をアップします。
1020_0.jpg
ピラカンサの実がいっぱい、雫もほんの少しだけ残ってました。
1020_1.jpg
この飛び込みがお魚付きだったら、今日の1日は完璧だったんですが・・・
1020_2.jpg
1020_3.jpg
1020_4.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年10月18日

今日のピラカワ

午前中は何度かピラカンサの枝に飛来したようですが、午後は私がフィールドに着いた15時前も後も1度も飛来しませんでした。ということで今日の「ピラカワ」はなしです。いつものトラベの枝からの飛び込も1度だけ、後は柳から1度・・・水路で1時間近く池の主のメスと川から時々侵入してくるメスが睨めっこしていました・・・1度空中戦を見ましたが、縄張り争いはまだ続いているようです。

トベラの枝に戻ってくれれば、もっと楽に追尾ができたのに・・・最近こういうケースも多くなりました。
1018_1.jpg
1018_3.jpg
1018_4.jpg
1018_5.jpg
1018_6.jpg
1018_7.jpg
1018_8.jpg
1018_9.jpg
飛び込の時間が遅くすでにかなり暗い・・・上の写真はISO6400、下の写真はISO16000です。大トリミングすると、ノイズも気になるし・・・もっと低感度で撮れる条件下で撮影したいですよ。ちなみにISO6400とISO16000の元画像を見ると、解像度の差ほどノイズの差はないですね。
1018_10.jpg
1018_11.jpg
1018_12.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年10月17日

雫がイマイチ

今日は雨がやんだ12時過ぎにリベンジを果たすべく気合いを入れて出撃しました。が、雫がたっぷり残っていた時間帯には飛来してくれず、結局14時48分まで待たされました。雫は少なくてイマイチでしたが、とにかく1分以上止まっていてくれたので、構図、ピント合わせ等もしっかりできてやっと、やっと撮れた!って感じでしたね。その後30分以内に2度も飛来、反対側からもしっかり撮影チャンスがあってとても嬉しい一日になりました。(^o^)

ノートリだとカワセミが小さいのでトリミングしてます。ノートリ、リサイズの大きな画像は掲示板で紹介しています。
1017_1.jpg
ほぼピクセル等倍!
1017_2.jpg
カワセミは美しい!
1017_3.jpg
1017_4.jpg
1017_5.jpg

投稿者eisvogel : 23:17 | コメント (0)

2017年10月15日

雫ピラカワ

ピラカンサに雨の雫がつくタイミングに・・・そう期待して昨日は昼過ぎから、今日は朝から昼までと夕方、雨の降る中その瞬間を待ち続けました。で、結果は・・・16時57分に1度だけ飛来、しかもたったの10秒程度いただけでした。雨ということもあり、すでに目視で確認するのが難しいくらい暗くなってから・・・もう諦めて撤収しようと思っていた時でした。「来た!」と慌てて反応して、D850の電子シャッターを使うためにライブビューに切り替え、レリーズのボタンを1度押して・・・あっという間に終わりでした。露出がアンダーだと気づきましたが、設定し直すわずかな時間もなし、幸いレリーズをイチ押しで6コマ撮っていたので、その中2コマは残すことができました。ISO64でSS1/8秒・・・適正露出はSS1/2秒でしたね。今日は雨の中10名以上のカワセミ病カメラマンが・・・この瞬間まで私も含め4名が待っていましたが、暗いこともあってまともなデータを残せたのは私だけだったかも・・・しかし1日に1度だけ、しかも10秒・・・これではもう雨の中行く気にはなれませんね。(^o^) 

RAWで撮っていたので、現像時にプラス補正して・・・流石に画質のよいD850です、プラス補正しても全く問題はないです。ノートリ・・・
1015_1.jpg
以下、お好みに合わせてトリミング・・・
1015_2.jpg
1015_3.jpg
1015_4.jpg
トベラの枝では相変わらず、飛来すると何もせず10分、20分・・・色々設定を変えて撮りました。SS1/1600秒・・・雨が点、点、点・・・
1015_5.jpg
SS1/200秒・・・雨が線・・・
1015_6.jpg
SS1/30秒・・・雨が糸・・・
1015_7.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年10月14日

SS1/6秒

シャッタースピードが1/6秒って、暗い時にデジスコでトマリモノを撮っている感覚ですね。以前海外遠征した時には、軽量システムのデジスコを何度も持参したものです。特にジャングル系のカワセミの仲間は、暗い所に生息しているので、一眼レフ特有のミラーショックがない無振動のデジスコはとても重宝しました。1/2秒とか、1秒で撮ったこともあります。実は今日は雨模様だったので、出かけるつもりはなかったのですが、暗くても電子シャッターが使えるD850で雫付きの「ピラカワ」が撮れるかも、と期待して昼過ぎに出撃しました。が、17時まで待ってもピラカンサの枝には1度も飛来してくれませんでした。トラベの枝からの飛び込も少なく、本当にひどい1日でした。

トベラの枝に止まっている時に、ISO64固定、1/4秒、1/6秒、1/8秒、1/10秒で撮ってみました。勿論レリーズ(リモートコードMC-36A)使用、流石にこのSSだと、カワセミが微妙に動いているので、被写体ブレが発生しますが、4、5コマ連写することで1コマ、2コマはデータを残せますね。それからやっぱり絞り開放で撮ると、解像面でかなり不利になります。1段か2段は絞った方が間違いなくいいですね。
1/6秒、ほぼピクセル等倍・・・
1014_1.jpg
飛び込は2度失敗、1度は手前すぎてAFが水出に全く間に合いませんでした。
1014_2.jpg
1014_3.jpg
1014_4.jpg
1014_5.jpg
1014_6.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2017年10月13日

秋雨

今年の梅雨は雨が少なかったですが、10月になって秋雨で1週間以上雨模様とは・・・フィールドは「ピラカワ」でよい時期なんですが、とても残念ですね。勿論今日の撮影はお休みでした。

昨日のトビモノ系・・・飛び込は15時以降4回ありました。
1013_1.jpg
1013_2.jpg
1013_3.jpg
1013_4.jpg
1013_5.jpg
1013_6.jpg
1013_7.jpg
1013_8.jpg
1013_9.jpg
1013_10.jpg
1013_11.jpg
1013_12.jpg
1013_13.jpg
1013_14.jpg
1013_15.jpg
1013_16.jpg
1013_17.jpg
1013_18.jpg
1013_19.jpg
1013_20.jpg
1013_21.jpg
1013_22.jpg
1013_23.jpg
1013_24.jpg
1013_25.jpg
1013_26.jpg
1013_27.jpg
1013_28.jpg
1013_29.jpg
1013_30.jpg
1013_31.jpg
1013_32.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年10月12日

電子シャッター

D850は、無音、無振動の電子シャッターが使えます。無振動なので、超低速でシャッターを切っても、ミラーショックなどによるブレが発生しないというメリットは大きいですね。ということで今日は、残念ながらピラカンサの枝には飛来してくれませんでしたが、その下の枝に10分くらい止まっていたので、しっかり電子シャッターを試してみました。

以下SS1/20秒・・・
1012_1.jpg
1012_2.jpg
SS1/15秒・・・
1012_4.jpg
ノートリだとカワセミがあまりにも小さいので、ほぼピクセル等倍にトリミングした画像を紹介します。SS1/15秒でも素晴らしい撮影結果が得られますね。
1012_5.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年10月10日

早起きは・・・

・・・三文の得、とは言えませんね。何か2日続けて早起きしたのに、時間の無駄になって「大損」したって感じです。とにかくお目当ての場所に来てくれない・・・6時53分に来た後は、11時1分まで待たされました。それからすぐに撤収、16時前に再度出撃しましたが、飛来してくれたのはもう陽が完全に落ちた17時6分、15分・・・トマリモノをしっかり撮りたいと思っていましたが、ただ疲れただけでしたね。

6時53分撮影、早朝の順光時が最も映えますね、ノートリ、いや~美しい!・・・
1010_1.jpg
すでに陽が高くなって陽差しも強くなりましたが、11時1分撮影・・・
1010_2.jpg
・・・流石D850です、ダイナミックレンジの広さがこの表現になるのでしょう・・・ほぼピクセル等倍!
1010_3.jpg
トラベの枝からの飛び込み設定のままとりあえず1枚撮影・・・17時6分、ISO8000・・
1010_4.jpg
再びトラベへ戻ったので飛び込設定、しかし陽が落ちた後なのでどんどん暗くなってテレコン外してもISO25600の世界・・・再度ピラカンへ、17時15分撮影・・・
1010_5.jpg
感度をISO800まで下げて撮影・・・
1010_6.jpg
ピラカンサの枝の下枝・・・カワセミに陽が当たらないので撮影条件は最悪・・・
1010_7.jpg
無音、無振動の電子シャッターを初めて試してみました、ISO64、SS1/30秒・・・ほぼピクセル等倍!
1010_8.jpg
トビモノ系は4度チャンスがありましたが、水出はすべてこんな感じ・・・しかもお魚なしでした。
1010_9.jpg
1010_10.jpg
1010_11.jpg
1010_12.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (6)

2017年10月 9日

たったの15秒

今日は朝から晴れの予報だったので、順光の「ピラカワ」期待で6時前に出撃・・・祭日ということもあり、いつの間にかカメラマンが30人以上・・・何か異様な熱気も漂う中で主役の登場を待ちました。が、1時間経ち、2時間経っても飛来しません。で、ピラカンサの枝に飛来したのは8時28分・・・「来た!」と一斉にシャッター音が鳴り響いたと思ったら・・・たったの15秒で飛び出してしまいました。恐らく1枚も撮れなかったカメラマンもいたでしょうね、お気の毒です。というのも結局1度だけ、この15秒間しかピラカンサの枝にいなかったのです。トビモノのワンチャンスは何度も経験しましたが、トマリモノのワンチャンスなんて初めてです。実はトビモノも7時11分のワンチャンスだけでした、しかもお魚なし・・・カワセミ撮影は確かに「忍耐」です、来るのを待つしかないですからね。でも本当に人には限界というものがありますよ。私のカワセミ撮影史上、最悪の1日だったかも・・・

1009_1.jpg
1009_2.jpg
1009_3.jpg
朝陽を浴びていい感じ・・・どうしてお魚がないのか理解できません。(^o^)
1009_4.jpg
1009_5.jpg
1009_6.jpg
1009_7.jpg
1009_8.jpg
1009_9.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年10月 8日

D850で完璧

今日は早朝から出撃・・・恐ろしく出が悪く、イライラが募るばかり・・・でも10時前にようやく順光で完璧なトマリモノ・・・そして完璧なトビモノをしっかりD850に納めて撤収しました。

コメントは不要ですね、完璧でした。(^o^)
1008_0.jpg
ノートリ、リサイズのみ・・・
1008_1.jpg
カワセミは小さいのでほぼピクセル等倍にトリミング・・・
1008_2.jpg
陽が差す前の7時に飛来・・・
1008_3.jpg
8時40分・・・ノートリ、リサイズのみ・・・
1008_4.jpg
ピラカンサの下の枝・・・・ノートリ、リサイズのみ・・・
1008_5.jpg
完璧なトビモノの前の9コマ・・・
1008_6.jpg
1008_7.jpg
1008_8.jpg
1008_9.jpg
1008_10.jpg
1008_11.jpg
1008_12.jpg
1008_13.jpg
1008_14.jpg
うむ、D500は永久に出番なし、D5も当分出番なし・・・かな?

投稿者eisvogel : 12:00 | コメント (4)

2017年10月 7日

待ち疲れ

今日は4時間待って、たった1度、しかも1分くらいしかピラカンサの枝に来てくれませんでした。飛び込んで採餌に失敗・・・トベラの枝では、2、3度飛来して多分合計で1時間半以上は止まっていたでしょう、3度飛び込んで1度は誰も撮れない場所でエビをゲット、1度は普通サイズ・・・すでに17時過ぎでISO12800・・・1度は採餌に失敗・・・17時23分でISO25600の世界でした。最悪に近い状況でしたね。

トベラの枝で30分くらい何もせず、ピラカンサへ移動したので、トビモノ設定のまま機材を担いで移動・・・ISO800、SS/1250秒ままとりあえず10コマくらい連写・・・
1007_1.jpg
感度をトマリモノ設定のISO64、SS1/125秒に変更したと、ほぼ同時に飛び込み・・・瞬時に縦位置から横位置にカメラを動かして水出を狙いましたが・・・SS1/125秒だったことを思い出して、撮影データを確認・・・結果は以下の通り!(^o^)
1007_2.jpg
1007_3.jpg
1007_4.jpg
1007_5.jpg
1007_6.jpg
トベラでまた30分以上何もせず・・・ようやく飛び込んだ時には17時過ぎで、ISO12800・・・
1007_7.jpg
1007_8.jpg
1007_9.jpg
さらに20分くらい待たされて、目視できないくらい暗くなったので、感度をISO25600にしただけじゃなく、テレコンも外してヨンニッパ単体で撮影・・・
1007_10.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年10月 5日

ピラカワ・・・

「ピラカワ」=「ピラカンサ+カワセミ」は今がいいタイミングですが、肝心のカワセミの飛来があまりにも少ない・・・待たされて待たされてやっと来てくれた時には、もう必死ですよ。(^o^)

1005_1.jpg
1005_2.jpg
1005_3.jpg
1005_4.jpg
1005_5.jpg
飛び込みを狙う余裕なし! 露出設定を変更して何とか間に合いましたが、やっぱり慌てると上手くピントが来ませんね。残せたのは2コマだけでした。
1005_6.jpg
1005_7.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年10月 4日

うむ、いい感じ・・・

「ピラカワ」は今が最もいい感じかも・・・でもなかなか撮らせてくれません。もっと頻繁に飛来して欲しい・・・

1004_1.jpg
1004_2.jpg
横飛び5コマ追尾は、このカメラのトビモノ系での可能性を期待させますね。
1004_3.jpg
1004_4.jpg
1004_5.jpg
1004_6.jpg
1004_7.jpg
水絡みは・・・イマイチですね。
1004_8.jpg
1004_9.jpg
1004_10.jpg
1004_11.jpg
1004_12.jpg
1004_13.jpg
1004_14.jpg
1004_15.jpg
1004_16.jpg
1004_17.jpg
1004_18.jpg
1004_19.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年10月 1日

ピラカワ

明日以降天気が悪そうなので、今日は「ピラカワ」狙いで6時前から出撃しました。昨日はトビモノに翻弄されっぱなしだったので、今日はトビモノ封印、ピラカンサの枝にくるカワセミ・・・「ピラカワ」・・・に集中しました。が、3時間も待たされました。その後1時間待ち、そして次は2時間待ち、1時間待ち・・・7時間で4回って多い? いや、やっぱり少ないですよね。疲れました。(^o^) D850の実力を確かめるため、感度はすべて最低のISO64に固定・・・陽が当たるとF値を少し絞っても1/250~400秒で切れたので、ブレによる影響もなく、予想通りD850の画質、解像感には十分すぎるくらい納得できました。早朝の柔らかい陽差しを背に撮りたかったのですが、最初の撮影チャンスが9時、すでにかなり強い陽差しでしたが、ダイナミックレンジが広いと、白い部分もしっかり表現できるので、このカメラ、間違いなく優れ物のトマリモノ専用カメラです、勿論今後もトビモノ系は撮りますが・・・(^o^)

画像をクリックするとトリミングしただけのピクセル等倍画像が見られます。解像感、質感、発色など、オリジナルそのままなので、このカメラの特性がよく分かると思います。2倍テレコンは当然ですが、少し精度が落ちますね。
400mm f/2.8E FL ED VR + TELECONVERTER TC-20EⅢ
1001_1.jpg
400mm f/2.8E FL ED VR + TELECONVERTER TC-14EⅢ
1001_2.jpg
真横から強い陽差しを浴びた状態で、背中が日陰になっていて、全体の明暗差はかなり大きいですが、ダイナミックレンジの広さを感じさせますね。流石に水辺の強い陽差し・・・少しモヤモヤしていてクリアさに欠けますが・・・
400mm f/2.8E FL ED VR + TELECONVERTER TC-20EⅢ
1001_3.jpg
陽がさらに傾いてきて、背中部分にも陽が当たるようになり、ブルーが映えて綺麗ですね。
400mm f/2.8E FL ED VR + TELECONVERTER TC-14EⅢ
1001_4.jpg
400mm f/2.8E FL ED VR + TELECONVERTER TC-14EⅢ
1001_5.jpg
400mm f/2.8E FL ED VR + TELECONVERTER TC-14EⅢ
1001_6.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年9月30日

何時間待ち?

撮影チャンスがくるまで一体何時間待ち? 折角ピラカンサの状態がよくなっているのに、肝心の主役(カワセミ!)が来ない・・・飛び込む場所も誰も撮れないところばかり・・・カワセミ撮影は「忍耐」ですが、そろそろその忍耐にも限界が近いですね。

0930_1.jpg
0930_2.jpg
0930_3.jpg
0930_4.jpg
0930_5.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年9月29日

ピラカンサ

いつもお世話になっているピラカンサの枝・・・春は白い花が咲いて綺麗でしたが、秋は赤い実が色づいて綺麗になります。で、やはり順光で撮るとその色も映えてきます。勿論カワセミの色も・・・というわけで晴れの日は早起きして出撃することにしました。今日はその初日・・・メスの出は最悪というか、池にいるので出は悪くないのかもしれませんが、とにかくサービス、パフォーマンスが今日も悪すぎましたね。でもとりあえず2度撮影チャンスがありました。

久しぶりに水から飛び出す瞬間でよいカットが撮れました。このつづきは後ほど・・・
0929_1.jpg
かなりいい感じになってきましたね。
0929_3.jpg
0929_2.jpg
このカワセミを撮れた方には申し訳ない・・・同じように背景には人物が・・・私ですが・・・(^o^)
0929_4.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年9月27日

夕方は終わり

夕方にフィールドに通い続けましたが、もう状況が変わらない限り終わりにします。昨日は17時半に1度飛び込んで終了、今日は17時前に飛来しましたが、結局何もせずに終了・・・目視できないくらい暗くなってから水浴びはしますが、ISO25600で何枚撮っても意味はないですね。少し早めに出撃して、16時前後の採餌が済んだら撤収することにします。

15時43分、フィールド到着後5分もしないうちに飛来して1発で大物ゲット・・・水出に失敗したため水出から5コマもピン甘でした。こういう完璧な瞬間、1コマでも残せたらいいですよね。後でピクセル等倍画像を掲示板にアップします。
0927_1.jpg
0927_2.jpg
0927_3.jpg
0927_4.jpg
0927_5.jpg
散々待たされて、闇の中で水浴び・・・こんな写真はもう撮りませんよ、早めに撤収します。
0927_6.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年9月26日

証拠写真以上?

昨日撮影に行けなかったので、今日は朝6時に出撃しました。やっぱり順光撮影はいいですね、といっても相変わらず撮影チャンスは少なかったですが、たた楽しみなことが・・・ピラカンサの実が色づいてきたのです。この実、半月後には赤くなります。いわゆる「ピラカワ」という美しいトマリモノの絵が撮れるようになります。個人的な好き嫌いの問題になりますが、真っ赤の実をバックにするより、今くらいの色づき具合の方が、私のこの実ですね。で、撮影チャンスが少なかった割には、かなりのデータを残すことができたので、返って画像処理する気力がなくなってしまいました。順次紹介しますが、実は夕方もワンチャンス狙いで16時半ころに行きました。本当にワンチャンスでした、しかも17時半・・・暗い! ということでまたISO25600の世界です。(^o^) 但し、少しアンダー気味であればまだISO12800でも十分撮れたのですが、敢えて少しオーバー気味にISO25600で撮ってみました。明るい元データを、現像時にアンダーで処理すれば、ノイズが目立たなくなると思っての試みでした。お見事、私の読み通りの結果になりました、普通にトリミングしてもノイズは気にならないレベルです、勿論解像度はかなり落ちますが、証拠写真以上? 大物ゲットの後、お休み処へ直行したので、これで終了と機材を片づけていると、17時40分過ぎに欄干に飛来して羽繕いを始めました。もしかしたら水浴びに間に合うかもと、期待して再び機材をセット・・・2度目の水浴びに何とか間に合ったのですが、マジで本当に暗かったです、17時43分でした。距離が近いのに目の悪い私には目視できない暗さでした。D850は最高感度がISO25600なので、当然アンダー気味に撮るしかなかったです。現像時にオーバーで処理したら、ものすごいノイズ・・・証拠写真以下ですね。

アンダー気味に撮ってしまうとちょっと証拠写真としても厳しいですが、ファインダーは明るいし、こんなに暗くてもAFは機能すること自体凄いカメラなのかも・・・
0926_2.jpg
同じISO25600で撮影・・・オーバー気味に撮って、現像時に0.5マイナス補正しました。ちょっと笑えるくらい違いますね、ホント、そこそこ解像もしているし、証拠写真以上のレベルかも・・・。(^o^)
0926_1.jpg
0926_4.jpg
0926_5.jpg
0926_6.jpg
0926_7.jpg
0926_8.jpg
0926_9.jpg
0926_10.jpg
0926_11.jpg
久しぶりの縦位置トマリモノ・・・飛び込み回数が少ないので、トマリモノ撮影のための場所を選ぶ余裕は全くなし・・・ISO64・・・何か銀塩カメラの世界ですかね。(^o^)
0926_3.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年9月25日

ISO25600連写

今日は所用で夕方のカワセミ時間にも間に合わず、撮影はお休みでした。で、今、ちょっと忙しくて画像処理の時間もないので、先日現像しておいたISO25600の連写画像だけ紹介します。流石にノイズが凄いので、トリミングにも限界、リサイズは必須・・・ということでこのサイズになりました。

0925_1.jpg
0925_2.jpg
0925_3.jpg
0925_4.jpg
0925_5.jpg
0925_6.jpg
0925_7.jpg
0925_8.jpg
0925_9.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年9月24日

最悪中の最悪?

こんなことってあるんですかね、ちょっと酷すぎる・・・今日は気合いを入れて6時前に出撃、まだ晴れる前の6時54分にピラカンサから飛び込んで大物を1発でゲット、それからです延々と待たされました。どうも以前激しいバトルを繰り広げた若いメスと再び縄張り争いが勃発したようです。結局採餌を再開したのは4時間半後でした。でもいつもの枝には戻らず、撮らせてくれません、12時過ぎに諦めて機材を片付け始めたらトベラに再飛来・・・もう一度機材をセットし終えてから飛び込んでくれて、最後の最後に大物ゲット、私も納得の瞬間をゲットしました。あ~疲れました。(^o^) 後で連写した他のカットも掲載しますが、とりあえずお気に入りの1枚をいつものようにピクセル等倍で掲示板に紹介しておきます。やはり高画素なので、絞ってSSを上げると解像感は明らかに違いますね。

これがなかっらたら、本当に最悪中の最悪でしたね。
0924_0.jpg
つづき・・・時間がないので連写中の1コマだけ・・・
0924_1.jpg
0924_2.jpg
0924_3.jpg
0924_4.jpg
0924_5.jpg
0924_6.jpg
0924_7.jpg
0924_8.jpg
ほぼピクセル等倍・・・
0924_9.jpg

投稿者eisvogel : 15:30 | コメント (2)

2017年9月23日

変わらず・・・

変わらず、状況はよくないです。メスは池の主なので、池にいるのですが、とにかく撮らせてくれません。お休み処から出てきたので期待すると、誰も撮れないところへ飛び込む・・・ま、2時間いても10時間いても、撮影チャンスが少なすぎて、結果はあまり変わらないかも。

今日もD850のISO64・・・ほぼピクセル等倍です。
0923_1.jpg
何故か飛び込んでも枝に戻らない・・・
0923_2.jpg
0923_3.jpg
0923_4.jpg
0923_5.jpg
0923_6.jpg
0923_7.jpg
0923_8.jpg
D850のAFは去りゆくカワセミには結構ついていきますが、迫り来るときには全く無反応です。水出の瞬間に間に合わず、結局この前後はすべてピン甘、ピンぼけでした。
0923_9.jpg
最近よくエビを捕りますが、撮影できる場所じゃないので、データはほとんど残せませんね。
0923_10.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年9月22日

発色は・・・

ニコンのいいところの一つは発色ですね、長年ニコンを使っているのも「ニコン色」のせいです。朝方、ピラカンサの枝からの飛び込みは、陽の当たる場所と当たらない場所が時間によって変化していきます。カワセミがどこへ飛び込むか分からない以上、露出の設定はどちらかに合わせなくてはいけません。失敗すればアンダーかオーバーか・・・そして水出からも左右前後、どちらへ飛んでいくかも分かりません。飛んでいる場所によっては陽が当たる当たらないが発生します・・・当然水面の背景色にも違いが・・・

羽の開き具合が中途半端で残念でしたが、背景色は素晴らしい! 掲示板に大きい画像で紹介します。
0922_0.jpg
残念ながら勘が外れて陽の当たらないところに飛び込まれてしまいました・・・
0922_1.jpg
0922_2.jpg
0922_3.jpg
0922_4.jpg
0922_5.jpg
ここから背景色が変わってきます・・・
0922_6.jpg
0922_7.jpg
0922_8.jpg
0922_9.jpg
別の時間帯・・・
0922_10.jpg
0922_11.jpg
0922_12.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年9月21日

ISO25600

D850の最高感度ISO25600の世界です。勿論ヨンニッパという高いレンズ性能もありますが、それなりに解像していますね。(^o^) 参考までにピクセル等倍画像を掲示板に投稿しておきました。今日は他にもデータを残せましたが、時間がないので失礼・・・

0921_1.jpg
参考までに・・・最低感度ISO64のほぼノートリ画像です。この解像感はちょっと凄いですね。(^o^) ちなみにこの感度ではカワセミのような小さくて速い被写体のトビモノ系撮影は無理です。
0921_2.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年9月19日

もう諦めた・・・

今日はいっぱい試写できることを期待して朝から出かけたのですが、見事に裏切られました。今の池の主を相手にして試写をするのはもう諦めました。やっぱり無理です、早起きしても三文の得にはなりませんね。(^o^)

アップはこの一枚だけにします。ほぼピクセル等倍・・・完璧でしたが、このチャンス、前後1コマづつ、計3コマしか残せませんでした。一瞬何かカメラの迷いでしょうかね、背景にピンが取られてお仕舞いでした。
0919_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年9月18日

また夏日

今年は9月に入って厳しい残暑がなく、カワセミ撮影には嬉しい状況でしたが、今日は久しぶりに30度超え、流石に暑い時間帯は出かける気がしなくて、16時半過ぎに出撃しました。朝からカワセミのパフォーマンスは悪かったようです。17時過ぎにメスが夕食のために飛来、30分間に4度飛び込んで、普通サイズの魚1匹、葦の後ろでエビ1尾捕りました。日がどんどん短くなって、17時を過ぎると高感度撮影が必須、今日もISO6400で撮影、17時半過ぎでも居座っていたのでISO25600まで感度を上げて飛び込みを待ちましたが、何もせず終了でした。

0918_1.jpg
0918_2.jpg
魚を捕ったみたいですが・・・
0918_3.jpg
・・・魚なしで飛び出してきました・・・
0918_4.jpg
0918_5.jpg
0918_6.jpg
0918_7.jpg
ISO25600でトビモノ系を試写したかったですが・・・トマリモノは撮ってみました。参考までにクリックするとピクセル等倍で見られます。ノイズが半端じゃないですが、それなりに解像はしています。恐らく建物とかの撮影なら、使えるレベルなのかも・・・
0918_8.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年9月16日

雨の中・・・

雨が降る前にと、13時過ぎに出撃しましたが、結局飛来した14時過ぎから雨の中の撮影に・・・そしていつものメスは出は良すぎて=いつもの枝で長時間何もせず、パフォーマンスは最悪、最低・・・しかもお魚付きに限ってイレギュラーな動き・・・1度はピックリするくらい手前(15m以内)に飛び込み、1度は捕った後すぐにそのまま飛び去り、完全な背中向き・・・正直、もうウンザリ状態ですね。(^o^) そもそも暗くてISO6400固定というのは、ちょっと辛すぎました。

突然こちらに向かってくるように手前に飛び込まれ、急ぎレンズを振って何とか水出に間に合いましたが、その後10コマ以上連写してもピンが来たのは以下の2コマだけでした。可哀想なお魚の表情だけがはっきり、くっきり・・・後で大きな画像をアップしますので掲示板をご参照ください。
0916_1.jpg
0916_2.jpg
逆に想定より遠く奥に飛び込んですぐに飛び去りました。飛び出しに間に合わなかったですが、去りゆくカワセミが6コマ残りました。
0916_3.jpg
0916_4.jpg
0916_5.jpg
0916_6.jpg
0916_7.jpg
0916_8.jpg
通行人とちょっと言葉を交わして目を離しているときに飛び込む意地の悪さは相変わらずでしたね。(^o^)
0916_9.jpg
0916_10.jpg
0916_11.jpg
0916_12.jpg
0916_13.jpg
0916_14.jpg
トベラの枝からエビを捕る葦の陰へ飛び込んで、上手くピントが合ったのに、肝心のエビがない・・・
0916_15.jpg
0916_16.jpg
0916_17.jpg
0916_18.jpg
明日は台風の影響で終日雨、カワセミ撮影はお休みです。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年9月15日

やっぱり夕方は・・・

今日は16時14分に大物をゲットした後、17時45分まで待ちましたが姿を見せませんでした。やっぱり夕方はもうダメのようです。ま、D850のISO12800も昨日試し撮りができたので、もう暗い夕方に敢えてフィールドにいる必要性は皆無ですね。明日から雨模様だし、しばらくお休かな・・・(^o^)

今日も最初の飛び込みは15時13分で半逆光の強い陽差しの中で、撮影条件はあまり良くなかったですが・・・お魚なし、ピン甘、羽閉じは没で残りは3コマ・・・
0915_1.jpg
0915_2.jpg
0915_3.jpg
次は小物をゲット・・・タイミングを逸して残せたデータはこれだけ・・・
0915_4.jpg
次はまた採餌失敗、お魚なし・・・ジャスピンは4コマのみ・・・
0915_5.jpg
0915_6.jpg
0915_7.jpg
0915_8.jpg
15時37分、今度は普通サイズをゲット・・・
0915_9.jpg
この後6コマも続けてピンぼけ、ピン甘・・・何故? 何とかピントが復活! でもジャスピンは3コマだけ・・・
0915_10.jpg
0915_11.jpg
0915_12.jpg
16時14分、水中で格闘中、大物か?
0915_13.jpg
大物らしい・・・
0915_14.jpg
大物だ~!
0915_15.jpg
またもこの後6コマがピンぼけ・・・何故? 水飛沫のせいかも・・・
0915_16.jpg
0915_17.jpg
0915_18.jpg
0915_19.jpg
0915_20.jpg
久しぶりにこんなトビモノも・・・色を見ると、ザリガニとかエビも食べているようです。
0915_21.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年9月13日

驚異的!

何がって、D850です。久しぶりに早朝から出撃しました。カワセミのパフォーマンスは夕方もダメなら朝方もダメでしたが、D850は少ないチャンスをものにできるカメラだと確信しました。勿論D5のような追尾はできませんが、トビモノ系も晴天時の好条件下で、2段くらい絞って、速いSSで撮れば、その解像感はD5は比ではないです。素晴らしい!

後でいっぱい・・・といっても好条件下では2度の撮影チャンスしかなかったですが・・・紹介します。この1カットだけでも早起きした甲斐がありました。現像のみ、画像処理もリサイズもせず、カワセミサイズまでトリミングしただけ、ピクセル等倍の大きな画像を掲示板にアップします。何とダイヤモンド付きですよ。(^o^) しかし10時で陽はすでに結構高く、斜め上からとても強い陽差しを受けていましたが、このカメラが持つ表現力は本当に凄いと感じました。
0913_1.jpg
これはいわゆる「順光」時の撮影・・・カワセミに露出を合わせているので、背景がどうしても暗くなります、が、いい感じですね。SS/1600秒でしたが、羽のブレ具合が最高・・・D5ならSS1/800秒くらいのブレ具合でしょうか・・・現像のみ、ピクセル等倍の大きな画像を後で掲示板にアップします。
0913_2.jpg
早朝6時8分の飛び込み・・・夕方より撮影条件が悪いですね、しかもこの意地悪カワセミさん、大物をゲットした後、背中を向けて逃げていきました。(^o^)
0913_3.jpg
0913_4.jpg
0913_5.jpg
0913_6.jpg
0913_7.jpg

投稿者eisvogel : 13:30 | コメント (4)

2017年9月12日

夕方はダメ

今まで夕方が、塒に入る前の夕食の時間帯になるので、最も高い確率で撮影チャンスが期待できた・・・で、実際に一度も撮影チャンスに恵まれなかったということはなかったのですが、ここ数日、本当にダメですね。飛来してもチャンスを与えてくれなくなったのです。今日はもう期待もせずに17時過ぎにフィールド着、17時45分にようやくトラベの枝に飛来しましたが、結局何もせずに「さようなら」でした。さて、明日からどうするか??? D850でカワセミを満腹になるくらいいっぱい撮りたい! ちなみにカメラの中にはXQD128GB+SD256GB入ってます。(大笑)

在庫ですが、今日のような雨の中飛び回っていた意地悪な性格のカワセミ・・・
0912_1.jpg
0912_2.jpg
0912_3.jpg
0912_4.jpg
0912_5.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年9月11日

カワセミの性格

カワセミにも性格ってあるんでしょうか? あるとすれば池の主のメスの性格はとにかく「意地悪」の一言に尽きますね。人にも他のカワセミにも嫌われる性格には違いないです。D850で2、3度の撮影チャンスを期待して早めに出撃したのでが、結局チャンスは1度だけ・・・15時過ぎに想定外の場所から想定外の場所に飛び込み、想定外の方向へ飛んでいく・・・その後2時間もお休み処でまったり、ようやくいつもの枝に飛来したと思ったら、なかなか飛び込まない・・・と、全く撮ることができない場所へ飛び込む・・・最近は特にカメラマンをあざ笑うかのような行動を繰り返していますが、今日はまさにその極みでしたね。救いになるはずの幼鳥が全く寄りつかなくなったのも、このメスの意地悪な性格のせいですから・・・

4575万画素だと、カメラの液晶で見ると、こんな感じでみんなピントが来ているように見えます。(^o^)
0911_1.jpg
水出に間に合わずに逃げるように飛ばれると、途中で合焦することも少ないですね。
0911_2.jpg
0911_3.jpg
飛び去っていく時に偶然1コマだけピントがきました。
0911_4.jpg
一昨日撮った分・・・採餌に失敗して枝に戻るかと思ったら・・・
0911_5.jpg
突然おかしな格好になって水面へ・・・
0911_7.jpg
0911_6.jpg
少しずつでいいので、追尾ができるようになるといいのですが・・・9日掲載分のつづき・・・
0911_8.jpg
0911_9.jpg
0911_10.jpg
0911_11.jpg
0911_12.jpg
0911_13.jpg
0911_14.jpg
0911_15.jpg
0911_16.jpg
0911_17.jpg
0911_18.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年9月10日

追尾31コマ

今日は午後から所用でカワセミ撮影はお休みでした。ということで今までの追尾で最もデータが残せたシーン(2.7秒のドラマ)を在庫から紹介します。枝に戻る手前で何故かピントが突然外れてしまい残念、枝まで追えていればさらに4、5コマは残せたのに・・・2、3コマのピン甘がありますが、大物の尻尾をくわえたカワセミのドラマが見えるので、敢えて水飛沫から全コマ掲載します。これ、勿論D5で撮影、しばらくの間だD850で追尾ができるように修行してみます。

0910_1.jpg
出てこない・・・
0910_2.jpg
ようやく出てきた・・・
0910_3.jpg
出た! 大きいぞ!(^o^)
0910_4.jpg
0910_5.jpg
0910_6.jpg
0910_7.jpg
0910_8.jpg
0910_9.jpg
0910_10.jpg
0910_11.jpg
0910_12.jpg
0910_13.jpg
0910_14.jpg
0910_15.jpg
0910_16.jpg
0910_17.jpg
0910_18.jpg
0910_19.jpg
0910_20.jpg
0910_21.jpg
0910_22.jpg
0910_23.jpg
0910_24.jpg
0910_25.jpg
0910_26.jpg
0910_27.jpg
0910_28.jpg
0910_29.jpg
0910_30.jpg
0910_31.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年9月 9日

超高画素

有効画素数4575万画素という超高画素でカワセミを撮るなんて、今まで考えてもみませんでしたが、現実に撮ってみると、色々楽しみが増えそうな気がします。昨日はカメラの設定をきちんとできていないまま試写してしまったので、特にAFの追尾に苦戦しましたが、今日は少ないチャンスながら、しっかり使いこなせばカワセミのような小さな被写体の猛スピードでの追尾もそこそこできるのでは?という感触を得ました。もっと撮りたかったですが、いつもは夕食時間帯で最もパフォーマンスが期待できるはずなのに、16時半以降一度も飛来しませんでした。D850はメリットの方が明らかに多そうなカメラですが、間違いなくデメリットになるのが、ファイルサイズの大きさ・・・ホント、RAWだと60MB超えって、今使用している高性能PC(Core i7-7700 プロセッサー)でも結構な負担になります。今まで以上に現像などの画像処理に時間がかかりますね。

この水飛沫の表現って、D850ならではかも・・・D5ならノートリのサイズまでトリミングしてリサイズした画像をまた掲示板で紹介しましょう。
0909_1.jpg
0909_3.jpg
超おもしろカット! (^o^) 連写の真ん中でこんな瞬間がジャスピンで撮れたのは嬉しい!
0909_4.jpg
最初の採餌シーンは想定上に近すぎて、何とか水出に間に合いましたがAFが間に合いませんでした。敢えて大きくトリミングしましたが、勿論ノートリでリサイズすればジャスピンに見えますよ。(^o^)
0909_2.jpg
カワセミ待ちの時にスナップ写真でも試写しようかと思って、カワセミ・フィールドで使うことのないレンズ AF-S 24-70mm f/2.8E ED VR を持参しました。青空も少なくなったので、風景写真も撮る気がなくなって被写体を探していたところ、何とカワセミのトビモノをゲットしました。(大笑)
私より10mほど後方で同じ採餌シーンを撮っていたかんばんやさんが、完璧な追尾でしっかり撮っていたので、カメラの液晶モニターを激写しました。指紋まで写ってる・・・拭き取って綺麗にしておいた方がいいかも・・・(^o^) 画像をクリックすると、本物の画像が見られますよ。
0909_5.jpg
時間切れ・・・その他のカットは後ほど。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2017年9月 8日

試し撮り

D850の試し撮りができました。今日は朝から出が最悪だったとのことですが、私が出撃した16時以降は悪くはなかったです、5、6回飛び込んでくれましたから・・・初撮りなので当然まだこのカメラを把握していない・・・で、印象はカワセミのトビモノ系には使えるけど???って感じですかね。D5との違いになりますが、明らかにAFの反応が鈍い! 20コマ以上の追尾は、いくら修行しても無理でしょう。(^o^) でも一度の飛び込みで最低でも2、3コマはしっかり残せそうなので、修行次第では10コマくらいまで残せるようになるかも。とにかくファイルサイズがD5の倍以上・・・RAWだと60MB超えです。あまり沢山撮りすぎると、画像処理が大変ですね。(^o^)

Exif情報が表示されて撮影データが分かるのでしっかりピントがきていた画像をリサイズ(1600x1067ピクセル)して掲示板で紹介します。
オリジナルを半分にトリミング・・・流石にこの撮影条件では色彩的に厳しい、発色はD5と同じかな・・・
0908_1.jpg
D5だとノートリのサイズにトリミング・・・
0908_2.jpg
お魚なしですが、撮影条件がよかったので発色もいいですね、ISO800でしたが、画質は素晴らしい!
0908_3.jpg
0908_4.jpg
0908_5.jpg
連写の続き・・・6コマ連写で順不同・・・
0908_6.jpg
0908_7.jpg
0908_8.jpg
順光で撮影・・・
0908_12.jpg
0908_9.jpg
この後1コマだけジャスピンだったので掲示板にアップ・・・
0908_10.jpg
逆光での撮影・・・掲示板にアップ
0908_11.jpg
2度のお魚付きは追尾ができず、しかもピン甘が多かったです、この点は修行すれば少しは改善できるかも・・・
0908_13.jpg
0908_14.jpg
0908_15.jpg
0908_16.jpg
0908_17.jpg
0908_18.jpg
0908_19.jpg
0908_20.jpg
最初に撮った1コマ・・・逆光でカワセミが目視できない状況だったので、完全にタイミングを逸してしまいましたが、ノートリをリサイズすれば、綺麗な水飛沫が印象的な絵にはなりますか・・・クリックすると大きく見られます。
0908_21.jpg
トビモノ系はSS1/800秒以上ならD5など他のカメラ同様、頭を止めることはできますが、多分高画素の特性で細部までしっかり解像させるためにはSS/1600秒くらいは必要ですね。トマリモノも流石に1/30秒だと細部の表現は無理でしょう。トマリモノでも最低1/125秒は確保しないとダメかな、という感じですね。
参考までに・・・サンプルとして日の丸構図で撮りました。当然連写しましたが、その中でこの1枚がベスト・・・勿論明るい条件下なら1/30秒で撮ることもないのですが・・・RAWを現像しただけ、ノートリのそのままの画像です。画像をクリックすると見られますが、ファイルサイズは22MBもあるのでご注意ください!
D850/AF-S 400mm f/2.8E FL ED VR/AF-S TC-14E III F/4/ISO64/SS1/30秒
0908_22.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年9月 6日

悪化の一途

悪化の一途をたどるって状況になってきました。今日もメスがトベラの枝で出迎えてくれたのですが、30分くらい何もせずに飛び去り、10分後に戻ってから1度飛び込んで失敗、その5分後に死角へ飛び込んでエビをゲット、その後再び飛び去って15分後にまたトベラに戻ってきましたが、結局何もせず終わりでした。ま、魚はなかったですが、ワンチャンスで18コマ連写・・・もう羽閉じ残しても意味ないので9コマだけ残しましたが、1時間足らずで9コマっていい方なのかも・・・

0906_1.jpg
0906_2.jpg
0906_3.jpg
0906_4.jpg
0906_5.jpg
0906_6.jpg
0906_7.jpg
0906_8.jpg
0906_9.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年9月 5日

昨日と同じ

今日も昨日と同じで冴えない夕方でした。またカワセミが出迎えてくれたのですが、トラベで30分くらい待たされた後、反対側に移動・・・昨日飛び込んで大物を捕った場所だったので、今日はすぐにカメラを担いで移動、10分くらい待たされて飛び込みましたが、カワセミがどこにいるのか分からない状況で、飛び込んだ場所が想定より20m以上も違ってしまったので、水出の瞬間をファインダー内に入れてもAFが全く追いつかず、全くダメダメでした。

角度も悪かったので、見事な顔隠れが1コマ残せただけ・・・
0905_1.jpg
もう夕食が終わりと思ったら、トベラとピラカンの間に飛来して、まだ狙っている風だったので待っていると、10分くらいで飛び込みましたが、失敗・・・
0905_2.jpg
0905_3.jpg
その後トベラに移って15分待ちで小物をゲットして終了でした。
0905_4.jpg
0905_5.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年9月 4日

ワンチャンス

何か今のフィールドが遠く感じるようになってしまいました。雨の心配もなさそうだったので、ワンチャンスを期待して重い腰を上げたのは17時前、フィールド着は17時過ぎでしたが、メスがピラカンサの枝で出迎えてくれました。すぐに機材をセットして、さぁ、大物を捕ってね、と声をかけましたが、なかなか飛び込みません・・・その後柳へ、トベラへと移動をしても飛び込まず、ピラカン島を飛び回って裏側で飛び込んで大物をゲット! 今日も短時間でしたが、ただ振り回されて終了かと思って機材を片付け始めました。ところが今裏側で捕った魚は尻尾を捕まえていたので、お休み処で呑み込んだかどうか分からないという話になって、トベラへ行ってみると、メスが戻っていました。もしかしたら魚を落として、再度飛び込むかも、と少し期待しつつトベラの枝からの飛び込みを待っていると、5分くらいで大物をゲットしました、が、ちょうど撤収するカメラマンに挨拶のために目を離している瞬間だったので、慌ててレンズを振り、水出が微妙・・・・しかも明らかにレンズを振りすぎて、数コマ後にファインダー内から消してしまいました。すぐに撮影結果を確認すると、何とか水出に間に合っていて2コマだけ残せました。(^o^) その後すぐに撤収、結局今日の滞在時間はわずか17分、2コマでも効率はよかった、と言えるのかも。(^o^)

0904_1.jpg
0904_2.jpg
3コマ目はピン甘・・・
0904_3.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年9月 3日

いい加減・・・

2日続けて16時半と17時半前後に採餌があったので、今日は16時半前にフィールド着・・・相変わらず午前、午後とも姿は見せるけど、パフォーマンスは少なかったらしい・・・で、夕方はというと、もっとよくない、結局16時半過ぎても何も起こらず、17時過ぎにようやくトベラから飛び込んで失敗、17時19分に飛び込んで普通サイズの魚を捕ったので、すぐにまた飛び込むかと思ったら、30分何もせず、その後ピラカンサの枝へ移動して5分くらい何もせず、またトベラへ移動したので、重い機材を担いで移動してみると・・・ははは、トベラの枝では暴れる大魚をくわえ、満面の笑みを浮かべたカワセミが、私をあざ笑っているようにも見えました。トベラへ移った後、わずか数秒で飛び込んだようです。カワセミに完全に振り回されてますね。いい加減、このメスには付き合いきれない、付き合っても疲れるだけだと、思い知らされた一日でした。ま、夕方1時間半くらいなので、健康維持のための散歩と割り切ればいいだけのことですが・・・

遅い時間帯になると、背景に色が付かずにいい写真も期待できないです、採餌シーンはいつも違うので、撮っている方は飽きることはないですが、見せられる方は飽きてしまうかも・・・ということで今日、やたらに多かった羽閉じカットはすべて没にしました。お魚付きは枝の近くへ飛び込んだので連写は21コマだけ、中2コマピンぼけ、8コマも羽閉じでした。
0903_1.jpg
0903_2.jpg
0903_3.jpg
0903_4.jpg
0903_5.jpg
0903_6.jpg
0903_7.jpg
0903_8.jpg
0903_9.jpg
0903_10.jpg
0903_11.jpg
0903_12.jpg
お魚なしは、羽閉じが半分以上という悲惨な結果でした。
0903_13.jpg
0903_14.jpg
0903_15.jpg
0903_16.jpg
0903_17.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年9月 2日

逆光

8月は日照時間が少なく、特に夕方は暗くて、画質を犠牲にして高感度で撮らなくてはいけない日々が続きました。今日は久しぶりに17時くらいまで晴れ、意外に涼しくて気持ちは良かったのですが、カワセミのパフォーマンスはほぼ最低、最悪・・・しかもトラベの枝からの飛び込みは、半逆光から完全な逆光になって陽が沈むという条件になるので、意図して逆光写真でも狙わない限り、よい写真にはならないのです。今日も12時頃に大物をゲットしたとのことでしたが、採餌のためにトラベの枝に飛来したのは16時過ぎ・・・半逆光の中、2度飛び込んで失敗した後、葦の壁で死角になる場所に飛び込んで大物ゲット・・・その後奥のお休み処でまったりするかと思ったら、結局1時間以上、そのままトラベで休息・・・いつ飛び込むかと待っている方は、強い日差しを受けて日焼けする、虫に刺されるで全くいいことなしでしたね。17時32分にようやく飛び込んで1発で大物ゲットで終了でした。本当に辛い日々は続きます。

半逆光で水面に色を出そうと思うと、カワセミの色は出ない・・・目のあたりも真っ黒・・・綺麗なのは水飛沫だけ・・・ですかね。
0902_1.jpg
0902_2.jpg
0902_3.jpg
このあたりでようやく目に光が・・・
0902_4.jpg
昨日のように待ち時間ゼロと違って1時間以上も待たされると、やっぱり結果はあまり良くないですね。
0902_5.jpg
0902_6.jpg
0902_7.jpg
0902_8.jpg
大魚に左右上下に振り回されてようやく飛び出してきてきましたが・・・
0902_9.jpg
何故かピン甘に・・・
0902_10.jpg
その後4コマがピンぼけになって、ようやくピントが復活・・・
0902_11.jpg
ここからジャスピンで10連写・・・
0902_12.jpg
0902_13.jpg
0902_14.jpg
0902_15.jpg
0902_16.jpg
0902_17.jpg
0902_18.jpg
0902_19.jpg
0902_20.jpg
0902_21.jpg
この後は昨日同様、枝に戻らず葦の壁の後ろを通ってお休み処へ直行でした。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年9月 1日

豪雨の後

豪雨の翌日は所用で行かなかったですが、水が引いて泥水状態もかなり改善されていたにもかかわらず、カワセミのでは悪かったようです。で、今日も出が悪いというか、撮影チャンスが異常に少なかったです。涼しかったので15時過ぎに出かけたのですが、午前中から来ているカメラマンの話では、12時頃に大物を捕ってから1度も姿を見せていないとのことでした。結局池の主のメスがトベラへ飛来したのは16時過ぎ、飛び込まずにピラカン、柳・・・と移動を繰り返し、ようやくピラカンから飛び込んで大物を1発でゲット! しっかり水出に間に合ってファインダー内で追尾していたら、すぐに見ていてピンぼけだとわくるくらいピントが外れてしまいました。撮影後確認したら、カワセミをほぼど真ん中でとらえているのに何故、突然ピントが外れてしまうのか??? 全く理解不能です。大物を捕ったのが16時半では、もう一度飛び込むかは微妙なタイミング・・・私以外のカメラマンは皆、撤収したし・・・私も撤収しようかと迷いましたが、今の撮影結果が納得できないし、涼しいので池の周りを散歩しながら待つことにしました。一周350歩前後・・・12、13周は歩いたかな・・・17時26分にトベラに飛来したのに気づき、急ぎカメラの元へダッシュ! ファインダー内を覗いて露出をチェックすると、もうISO3200ではアンダー・・・6400に感度を上げて設定完了後、トベラの方を見ると、その瞬間に飛び出しました。ははは、間一髪で間に合いました。(^o^) まさに待ち時間ゼロ、素晴らしい! また1発で大物ゲット! カワセミの集中力に負けず、私も完璧にゲット! 30コマ以上連写しましたが、飛び出した枝には戻らず、葦の裏側を通過して直接奥の料理場へ消えてしまったので、最後の10コマは葦の壁しか写っていませんでした、が嬉しい、撮影チャンスは2度だけでしたが、17時半には笑顔で撤収できました。(^o^)

いい感じの水出だったんですが・・・
0901_1.jpg
0901_2.jpg
0901_3.jpg
0901_4.jpg
この後2コマはピントはきていましたが、完璧な羽閉じで没、その後が4コマ連続してカワセミを真ん中にとらえていたのにピンぼけ・・・そのまま最後まで修正ができずにピンぼけでした。そして17時27分・・・水飛沫から21連写まで外しなしでデータを残せました。最初の水飛沫は頭だけ見えてます・・・
0901_6.jpg
わぉ、大きい!
0901_7.jpg
0901_8.jpg
大物が重すぎて飛び出せず・・・
0901_9.jpg
気合いを入れ直して・・・
0901_10.jpg
0901_11.jpg
0901_12.jpg
0901_13.jpg
0901_14.jpg
0901_15.jpg
0901_16.jpg
0901_17.jpg
0901_18.jpg
0901_19.jpg
0901_20.jpg
0901_21.jpg
0901_22.jpg
0901_23.jpg
0901_24.jpg
0901_25.jpg
0901_26.jpg
トベラの枝に戻ってくれれば、葦の壁は越えられていたのに・・・残念!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年8月31日

過去最高のバトル

今日は終日所用で出かけていたので、カワセミ撮影はお休みでした。というこで私が目撃した「過去最高のバトル」シーンを紹介します。空中で嘴をはさみ合って水中へ・・・というような激しいバトルは何度も見ているし、撮影もしているのですが、相手の喉元に噛みついてのバトルは凄い迫力でしたね。

0831_1.jpg
0831_2.jpg
0831_3.jpg
0831_4.jpg
0831_5.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年8月30日

ゲリラ豪雨

昼間所用で虎ノ門にいたので、全く知りませんでした。テレビのニュース番組ではどこもトップ扱い、いや、本当に凄い雨だったようですね。8/19日に土砂降りに見舞われてひどい思いをしましたが、今回のゲリラ豪雨は全くその比ではなかったようです。16時過ぎに自宅に戻った時には、すでに雨はやんでいたので、様子見のつもりで出かけてみました。17時前に着いてビックリ・・・勿論川は増水して泥水状態・・・池の周りの木道は完全に水没していたので、しばらく土手から池全体を見渡していました。池の水の出口になる水門が開いたのでしょうか、水がどんどん引き始め、15分くらいで木道が部分的に見えるようになったので、ダメ元で機材をセットしてカワセミ探しを始めると、東側の池でまったりしているメスを発見! その後トベラの枝に移ったので、飛び込むかと期待したら、10分くらいで諦めて、ピラカン下の欄干へ移動・・・そこですぐに飛び込んで小魚を捕ったようでした・・・飛び込みの瞬間は目撃できなかった・・・その後ザリガニやエビを捕る時によく止まる低木へ移動、5分くらいして欄干近くへ飛び込んでエビをゲットしました。私一人だったので10mくらいまで近づいてヨンニッパ単体で撮影・・・流石にAFの動きいい・・・手前側に飛び込まれたのでタイミングが完全に遅れたと思いましたが、結果はセーフでした。とはいっても戻る枝までは至近・・・3コマ残すのが精一杯でした。その後18時前に再度トベラへ飛来しましたが、何もしないまま5分くらいで飛び去りました。池の水も泥水状態、すでにかなり暗くなっていたし、高い位置からでは魚は見えなかったのではないでしょうか? 明日も予報では雨・・・しばらくカワセミ撮影は厳しいでしょう。

この画像だけクリックすると大きく見られます。欄干を見ると水位が分かりますよ。
0830_1.jpg
0830_2.jpg
0830_3.jpg
参考までに欄干から水浴び・・・通常時の水面からの高さ・・・
0830_4.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年8月29日

ゴールデンタイム

久しぶりにピラカンサからの飛び込みで、ゴールデンタイムでの撮影チャンスが何度かあったのに、すべてお魚なし! お魚付きは2度トベラからありましたが・・・

0829_1.jpg
0829_2.jpg
0829_3.jpg
0829_4.jpg
0829_5.jpg
0829_6.jpg
0829_7.jpg
0829_8.jpg
0829_9.jpg
0829_10.jpg
後ほど...

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年8月28日

今日も忍耐!

16時半に着いてからいつものメスのカワセミに2度30分以上トラベの枝で待たされ、結局その時は1度も撮影チャンスなしで、今日もただ忍耐あるのみでしたね。久しぶりにピラカンサの枝から2度飛び込み、1度だけお魚付き・・・でも水面反射の場所に飛び込まれ、色が出ない最悪の条件・・・お魚なしで1度水出から枝戻りまでしっかり追尾できましたが、とにかく虫に刺されながら待たされるのはもういやです。明日以降のことは、また明日決めますが・・・今日もほんの少しだけ幼鳥が遊んでくれたのは救いでしたが、相変わらず採餌が下手で失敗ばかり・・・トベラからの飛び込みは初めて見ました、この時もお魚なしでした。

今日唯一のお魚付き撮影チャンスでしたが、逆光気味で水飛沫が凄くてどこにピントが合っているのか分かりません!
0828_1.jpg
0828_2.jpg
この後こういう感じ・・・
0828_0.jpg
残念ながらお魚なしですが、水出から26連写中23コマです。
0828_3.jpg
0828_4.jpg
0828_5.jpg
0828_6.jpg
0828_7.jpg
0828_8.jpg
0828_9.jpg
0828_10.jpg
0828_11.jpg
0828_12.jpg
0828_13.jpg
0828_14.jpg
0828_15.jpg
0828_17.jpg
0828_16.jpg
0828_18.jpg
0828_19.jpg
0828_20.jpg
0828_21.jpg
0828_22.jpg
0828_23.jpg
0828_24.jpg
0828_25.jpg
幼鳥は水出後、どちらに向かって飛んでいくのか予測ができません。
0828_26.jpg
0828_27.jpg
0828_28.jpg
17時22分、トベラからの飛び込み・・・この後すぐにメスが奥から出撃して追い払いました。そしてトベラの枝に戻り、1番虫が群がる時間帯に30分以上何もせずに飛び去りました。
0828_29.jpg
0828_30.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年8月27日

忍耐!

ホント、今更ながらカワセミ撮影って「忍耐!」の一語に尽きると実感しました。今日は暑さも和らいだので15時に出撃・・・池の主のメスがトベラの枝で出迎えてくれたのですが、機材のセットが完了後すぐに幼鳥を追って飛び出してしまいました。その幼鳥、東側の池に飛来して数回飛び込んでくれましたが、とにかく止まる枝がどこも低い位置なので、猛スピードでの飛び込みに反応するのはきわめて困難、飛び出して戻るまでが2秒とかかっていないでしょうね。しかも小物を狙っているのに成功確率はまだ低いままです。で、少し楽しませてもらった後、今度は主のメスの番になりましたが、今日も本当に飛び込まない、最長で40分もただトベラの枝にいる姿を眺めさせられました。しかも逆光気味だったので、飛び込み位置にレンズを向けてファインダーを覗くと、水飛沫が明るすぎてカワセミの動きを確認することができず、追尾はほとんどできませんでした。

この時は2コマだけ・・・この瞬間だけでも残せたのは幸いでした。
0827_1.jpg
この時は3コマだけ・・・
0827_2.jpg
この時は飛び出し後、手前に飛んできたので4コマ目からAFがついていけずに5コマ超ピン甘、その後方向転換してくれてため14コマ追尾できました。(^o^)
0827_3.jpg
お魚なしのこの時は5コマだけ・・・
0827_4.jpg
幼鳥の飛び込み・・・小魚付きのこの時は4コマだけ・・・
0827_5.jpg
この時は1コマだけ・・・
0827_6.jpg
この時は何とか8コマまで追尾できました。
0827_7.jpg
スミマセン、続きは後ほど・・・今日は時間がないので!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年8月26日

ワンチャンス

今日もワンチャンスでした。もっと撮りたい~!(^o^) トベラの枝に出てきて飛び込むまで40分待ち、本当にホント、集中力の維持は不可能です。これだけ待たされると、まず飛び出しの瞬間に、瞬時に反応できません。今日も17時18分、ワンチャンスと分かっていましたが、一瞬の遅れが致命的・・・やっぱり水飛沫からしっかりピントを持って行かないと、20コマ程度の追尾は無理ですね。どこかのタイミングで必ずピントが外れてしまいます。幼鳥の出も悪かったし・・・辛い日々が続きますね。

それでも今日は10コマ残せました。
0826_1.jpg
この後2コマがピンぼけ・・
0826_2.jpg
0826_3.jpg
0826_4.jpg
0826_5.jpg
0826_6.jpg
0826_7.jpg
0826_8.jpg
0826_9.jpg
0826_10.jpg
幼鳥はまだ飛び込む前の練習が必要のようでした。
0826_11.jpg
0826_12.jpg
0826_13.jpg
0826_14.jpg
0826_15.jpg
0826_16.jpg
この後、完全に葉被れの場所へ飛び込みましたが・・・

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年8月25日

痛恨!

猛暑だから行かない、と言いながら、行ってしまう・・・やっぱりカワセミ病はたちが悪い病ですね。(^o^) 流石に暑かったので出撃は5時前、ま、ワンチャンスあればいいという思いでした。状況は相変わらずで、夕食時間帯にメスが縄張りに侵入してくる幼鳥を気にして、延々と目立つ場所、トベラの枝でまったり・・・無風で蒸し暑い、蚊などの虫が群がる、いつ飛び込むか分からないままただ待つって、もはや苦痛以外の何ものでもないです。当然集中力が維持できず、17時48分、「あ、飛び出した!」と思った瞬間には手遅れ・・・想定より遠くへ飛び込まれたこともありますが、水出の瞬間には全く間に合わずピンぼけ連発・・・折角大物ゲット、しかも魚の尾をかろうじて捕まえただけだったので、暴れる魚を必死でこらえながら枝に戻る様は、まさにドラマだったのに・・・戻る間の4コマしか残せなかったとは・・・あ~あ、痛恨の極みです。ま、あの過酷な状況下で、飛び込むまで30以上も待たされて、4コマ残せたんだからラッキーだったのかも、急に蚊に刺されたところが痒くなってきました。(^o^) メスは勿論、夕食は終わり、満腹でしばらく動けない状態だったので、早速幼鳥が飛来して少し遊んでくれました。でも暗い・・・欄干からの飛び込みでも、幼鳥には難しく、飛び込んでもほとんど成果なしでしたね。

ISO3200で撮りましたが、大きくトリミングしてます。
0825_1.jpg
0825_2.jpg
0825_3.jpg
0825_4.jpg
0825_5.jpg
0825_6.jpg
0825_7.jpg
0825_8.jpg
0825_9.jpg
0825_10.jpg
0825_11.jpg
0825_12.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年8月24日

暑い~

猛暑日にはフィールドへ行くべきではないですね、カワセミも暑いと、日の当たる場所には出てきません!(^o^) 16時前に外に出たら、まだ暑かったので再び涼しい部屋に戻ってしまいました。でもやっぱり1度の撮影チャンスでもいいので出かけてしまいますね。着いてみると予想通り出は最悪・・・幼鳥が少し遊んでくれただけで、大物捕りのメスは結局18時15分に1度、トベラの枝から飛び込んだだけ、しかも失敗、そのまま塒へ飛び去ってしまいましたが、今日も夕食はどこで済ませたのでしょう??? 暑い中、撮影チャンスがないと死ぬほど辛いので、明日は本当にお休みして、大人しく仕事します。在庫もかなり溜まってしまったので、整理もしなくては・・・

18時15分というと、もう暗すぎます。やっぱりお魚はあった方がよかったですが、水出の水飛沫がちょっぴりいい感じでした。
0824_31.jpg
幼鳥は動きのパターンが分からないので、いつも苦労してます、連写してもデータが残りません。
0824_32.jpg
0824_33.jpg
0824_34.jpg
0824_35.jpg
0824_36.jpg
0824_37.jpg
0824_38.jpg
0824_39.jpg
0824_40.jpg
水路の欄干に幼鳥が2個体・・・手前の方が今にも飛び込みそう、という時に人が・・・
0824_41.jpg
当然人が近づいてくるので奥の方が先に飛び出すと思って、ピントを合わせると・・・
0824_42.jpg
0824_43.jpg
0824_44.jpg
0824_45.jpg
昨日はエビを捕ったんですが・・・
0824_46.jpg
0824_47.jpg
0824_48.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年8月23日

お休みのつもりが・・・

今日は暑いし、カワセミのでも悪いし、撮影はお休みするつもりでしたが、16時過ぎには少しは暑さが和らいだので、やっぱり足が向いてしまいました。(^o^) カワセミの出が悪いというより、カメラマンが期待するところから飛び込まない、飛び込み回数が少ないだけで、実際は池のどこかにメスがいるのです。昨日は一度も止まらなかったトラベの枝に、お休み処から16時40分に出てきました。そして7分後に飛び込んで・・・一発で大きめの魚をゲット、その後もトベラに残っていたのですぐに飛び込むかと思ったら、全く飛び込まない・・・と、幼鳥が飛来して採餌を始めると、早速追い払うために出撃・・・そんな繰り返しを何度も・・・そして夕食を済ませたのは18時前、再びトベラから1発で大きめの魚をゲットしました。その後欄干へ移って数回水浴び、最後の羽繕いを済ませて18時10分に塒へ・・・それから幼鳥が再び戻ってきて、欄干から4、5回トライするもなかなか捕れず、結局エビを一匹捕っただけで塒へ・・・時計を見たら18時25分でした。やっぱりカワセミがいれば、撮れる撮れない関係なく、最後まで付き合ってしまいますね。(^o^)

撮影チャンスが少ないので、とにかく連写、追尾です・・・水飛沫から枝戻りまで27連写・・・最初の水飛沫の他4コマはピンぼけで没・・・数枚ピン甘がありますが、以下23コマ・・・2秒のドラマですが、今回はシオカラトンボがゲストで登場してくれました。(大笑)
0823_31.jpg
0823_32.jpg
0823_33.jpg
0823_34.jpg
0823_35.jpg
0823_36.jpg
0823_37.jpg
0823_38.jpg
0823_39.jpg
0823_40.jpg
0823_41.jpg
0823_42.jpg
0823_43.jpg
0823_44.jpg
0823_45.jpg
0823_46.jpg
0823_47.jpg
0823_48.jpg
0823_49.jpg
0823_50.jpg
0823_51.jpg
0823_52.jpg
0823_53.jpg
幼鳥も含め他の写真は後ほど・・・

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年8月22日

暑くなると・・・

今日からまた暑くなりましたね、明日は猛暑日の予報・・・で、暑くなるとカワセミの行動パターンが変わるってホント? そう思わせるような不可解なことがありました。トベラの枝に止まる寸前に急ブレーキをかけて止まらない・・・こんなシーンを3度も見ました、ではピラカンサの枝へ行くのかと、思ったら行かない。今日は結局1度もよく止まる枝に止まりませんでした。ということで想定外の場所から飛び込まれてばかりで、最悪状態でした。明日はお休みしなさい、というお告げかも。(^o^)

こういう瞬間は、「涼」を感じますが、やっぱりお魚はあった方がいいですね。
0822_31.jpg
飛び込まれた場所は最悪・・・
0822_32.jpg
0822_33.jpg
0822_34.jpg
お魚付きはワンチャンス・・・でも奥のお休み処から不意を突かれて水出に全く間に合わず・・・しかも背中向きだったので悲惨な結果に・・・
0822_35.jpg
0822_36.jpg
ところでメスは日々綺麗になっていく印象ですね、丁寧に羽繕いしている効果が出てきたようです。
0822_37.jpg
0822_38.jpg
トマリモノを撮るために設定を変えた・・・シャッタースピードを落として低感度にした瞬間に飛び出されてしまいました。目の前に幼鳥が飛来したからです。
0822_39.jpg
0822_40.jpg
欄干からも追い出しのために出撃・・・
0822_41.jpg
0822_42.jpg
18時前に追い出された幼鳥・・・
0822_43.jpg
結局メスはどこで夕食を済ませたのだろう???

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年8月21日

チャンスが少ない・・・

撮影チャンスが少ない時には、しっかり追尾して稼がないと・・今日は池の主のメスの飛び込みを見たのは4度だけでした。何故かピラカンサの枝には1度も飛来せず、トベラの枝から3度お魚付き、ピラカンの下の低木から1度ザリガニ付き・・・何とすべて1発で仕留めました。

水中から枝まで25連写しましたが、残念ながら20コマしか残せず・・・以下16コマ、外れなしのほぼジャスピン・・・ISO800なので1/4サイズまで大きくトリミングしました。最初のコマは水中のカワセミのコバルトブルーの背中が・・・私にはよく見えます。(^o^)
0821_31.jpg
0821_32.jpg
0821_33.jpg
0821_34.jpg
0821_35.jpg
0821_36.jpg
0821_37.jpg
0821_38.jpg
0821_39.jpg
0821_40.jpg
0821_41.jpg
0821_42.jpg
0821_43.jpg
0821_44.jpg
0821_45.jpg
0821_46.jpg
この後ちょっと力尽きました・・・4コマがかなりピン甘、1コマが完全にピンぼけで没した・・・
0821_47.jpg
0821_48.jpg
0821_49.jpg
0821_50.jpg
スミマセン、他は後ほど・・・

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年8月20日

幼鳥も・・・

幼鳥もいよいよピラカンサやトベラの枝から飛び込むようになりました。今後が楽しみですね。今日は昼過ぎから成鳥メスと幼鳥3個体が交代で飛来して素晴らしいパフォーマンスだったそうです。私がフィールドに着いた時にはすでにそのパフォーマンスは終了・・・18時までの2時間強で成鳥メスは結局ピラカンサとトベラの枝から1度づつ飛び込んでお魚なし、その後柳へ移動して大物をゲットして終了でした。とにかく縄張りに侵入してくる幼鳥を気にしすぎですね。3個体が飛来する状況では、守り切れませんよ。もっと自分のことだけを考えて採餌してくれるとよいのですが・・・でも嬉しいことに監視しているメスの目を盗んで幼鳥がピラカンサから2度も飛び込んでくれました、1度は小物ですが採餌に成功・・・狩りテクニックは着実に向上させていますね。

幼鳥の飛び込みは本当に速い! メスを意識しているのか、捕った後は必死で逃げるって感じの猛スピードですね。(^o^) 水出には全く間に合いませんでしたが、何とか9コマまで追尾できました。羽の上向き、下向きのよい6コマ目と8コマ目カットを大きくトリミングして紹介します。ようやく幼鳥のトビモノで納得の瞬間を切り取ることができました。(^o^)
0820_31.jpg
0820_32.jpg
水出から3コマ目くらいのタイミングから・・・3コマ目まではピン甘でした。
0820_33.jpg
0820_34.jpg
0820_35.jpg
0820_36.jpg
0820_37.jpg
0820_38.jpg
0820_39.jpg
トベラからのお魚なしは、結構追うことができました。28コマ連写しましたが、8コマはピンが外れました・・
0820_40.jpg
0820_41.jpg
0820_42.jpg
0820_43.jpg
0820_44.jpg
0820_45.jpg
この後残念ながら方向転換されて3コマがピンぼけ・・・その後11連写、暗くて高感度撮影、コントラストも低く、発色も悪いのでピンぼけというより、しまりのないカットが多い・・・
0820_46.jpg
0820_47.jpg
0820_48.jpg
0820_49.jpg
0820_50.jpg
0820_51.jpg
0820_52.jpg
0820_53.jpg
0820_54.jpg
0820_55.jpg
0820_56.jpg
この後葦にピンを持って行かれて5コマがピンぼけ・・・無事復活・・・
0820_57.jpg
0820_58.jpg
最後は万歳で終了!(^o^)
0820_59.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年8月19日

土砂降り

昼間は晴れていて暑かったので、全く行く気なし。16時には気温も下がったので行こうか行くまいか・・・迷ったあげく行きました。雨雲の動きはしっかりチェックしていたのに・・・着いて15分もしないうちに雷が鳴り響く・・・雲の動きが速く、あっという間に雨雲に覆われてしまいました。どうせ降っても10分くらいだろうと、再度スマホで雨雲の動きをチェックすると・・・上空すでに土砂降り予測、しかも1時間は降り続きそう・・・家を出るときの予報は外れたのに、どうしてフィールドに着いてからの予報は当たるのだろう。勿論身動きもできず、ただじっと待つだけ・・・雨対策は万全、機材さえ濡らさなければ問題はないのですが、フィールドでこんなに酷い雨にやられたのは初めてですね。小降りになった時点で撤収しましたが、シャッターを切ることは1度もありませんでした。ま、こういうこともありますよ。(^o^)

昨日の撮影分を紹介します。15時30分過ぎから18時までの間に14回も飛び込むという大サービス、縄張りを主張するなら今後もこれくらいのパフォーマンスを見せて欲しいですね。(^o^) 結構小物を捕っていたのが、この回数になった理由ですが、結局大物は落とした時と16時14分の2度だけでした。かなり待たされましたが、トラベの枝から飛び込んでようやく大物をゲット、この時も水飛沫からシャッターを切ったのですが、水出後に何故がピントが外れてしまいました。もっと修行してこの課題を克服しないと・・・ですね。ISO1000で画質上問題がないので、大きくトリミングしました。以下、2秒のドラマです。
0818_46.jpg
0818_47.jpg
この後こんな感じで続けて4コマがピン甘・・・
0818_48.jpg
0818_49.jpg
ここから外れなしで18連写・・・ほぼ完璧!
0818_50.jpg
0818_51.jpg
0818_52.jpg
0818_53.jpg
0818_54.jpg
0818_55.jpg
0818_56.jpg
0818_57.jpg
0818_58.jpg
0818_59.jpg
0818_60.jpg
0818_61.jpg
0818_62.jpg
0818_63.jpg
0818_64.jpg
0818_65.jpg
0818_66.jpg
0818_67.jpg
この後完全にカワセミは消えてしまいましたが、3コマ目に再登場・・・
0818_68.jpg
0818_69.jpg
この後方向転換されて追尾終了、障害物がありながら上手くD5のAFが機能してくれました。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年8月18日

カワセミはドラマ

何故ごく普通の人が、カワセミ観察、撮影にはまってしまうのでしょう? それはカワセミは「ドラマ」だから、どんな仕草、行動にもドラマがある、それがどんなに些細なことであってもドラマがあるからでしょう。カワセミは、今では身近な存在になりましたが、その生態や習性には解明できない謎があり、興味が尽きることはありません。カメラが進化を続けるおかげて、撮影では、1/1000秒単位で目視できない一瞬を切り取ることができます。後でその一瞬、一瞬を確認すると、そこにはまさにドラマがあったことに気づきます。今日はどんなドラマがあったのか・・・1.5秒の間のドラマです。(^o^)

8/10日に「落とした魚は大きかった!」をアップしましたが、本当に大きな獲物を呑み込む前に落としてしまうショックは、カワセミにしか分からないでしょうね。(^o^)
17時46分、お休み前の最後の食事のつもりで捕った大きな魚・・・落としてしまった!
水飛沫にしっかり間に合ったのに・・・
0818_32.jpg
水出後のこの次から何と4コマもピンぼけ・・・
0818_33.jpg
ようやくピントが戻ってヤレヤレ・・・お~大物だ! ここから外れなしの13連写・・・
0818_34.jpg
暴れる魚に一瞬ブレーキをかける・・・
0818_35.jpg
くわえた位置が悪かった・・・
0818_36.jpg
重い頭の方に振られて・・・
0818_37.jpg
何とか体勢を元に戻して・・・
0818_38.jpg
さあ、早く止まり枝へ戻ろう・・・と、上昇体勢へ・・・
0818_39.jpg
そうはさせまいと、魚の方が激しく抵抗・・・
0818_40.jpg
激しく抵抗する魚に耐えられず落としてしまった・・・その瞬間、カワセミは一瞬固まる(ノイズが気になりますが、この瞬間だけ大きくトリミングしました)・・・カワセミと魚の目が対照的!
0818_31.jpg
嘴に残ったのは鱗だけ・・・
0818_41.jpg
一瞬ストップして落とした魚を、よだれをこぼしながら眺める・・・相当ショックを受けたようで瞬膜が・・・
0818_42.jpg
すぐに気を取り戻して止まり枝へ・・・
0818_43.jpg
0818_44.jpg
0818_45.jpg
この後、すぐに小魚1匹と普通サイズの魚を続けてゲットして18時に塒へ・・・今日も一日ありがとう!(^o^)
今日は短時間でいっぱい撮りすぎました・・・残りの写真は後ほど・・・

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年8月17日

幼鳥が3個体

池の状況に変化が・・・いや、残念ながら好転したという訳ではないです。昨日も幼鳥が3個体、池に飛来していましたが、今日も3個体目撃しました。その一番強いというか、大きな幼鳥は、すでに下嘴が明確に赤色でメス、胸の黒さも薄れているのですぐに区別がつきます。ちなみにこの幼鳥メスは、池の主の成鳥メスとバトルを展開し、今でも争っています。大胆にもピラカンサの枝にも飛来しますが、私がいた間は欄干、東側の池、柳の枝あたりを転々としていました。メスが出撃して追い出されても、すぐにまた戻ってくるようになりました。いずれにせよ仲良く池で採餌してくれるとよいのですが・・・

主のメスは相変わらずです。4時半に大物を一発でゲット・・・その後はお休み! かなり近めに飛び込まれて水出に間に合わず・・・
0817_31.jpg
0817_32.jpg
0817_33.jpg
0817_34.jpg
0817_35.jpg
0817_36.jpg
この後5時にはトベラの枝に飛来して40分くらい羽繕いなどして飛び込まず、ピラカンサへ移動・・・欄干近くの遠いところへ飛び込んで一発でゲット・・・
0817_37.jpg
0817_38.jpg
0817_39.jpg
この後ピントが欄干へ持って行かれてお仕舞いでした。幼鳥も少し遊んでくれました・・・欄干からの飛び込みは水面までの距離が近すぎて追うのが困難ですね。
0817_40.jpg
0817_41.jpg
0817_42.jpg
柳から飛び込んだときには採餌に失敗・・・
0817_43.jpg
0817_44.jpg
0817_45.jpg
2羽一緒にファインダー内に入れるのは難しいです・・・
0817_46.jpg
0817_47.jpg
0817_48.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年8月16日

雨雨雨・・・

何か8月の雨、記録的なんですってね、梅雨の間は何故か雨が少なく、日照時間もかなりあった・・・梅雨が明けてから雨ばかり。猛暑もいやだけど、こう雨が続くのもいやですね。1日中降ることもないので、カワセミ撮影はできていますが、昨日は流石にお休みしました。出が悪いことは分かっているので、今日もお休みしようかと思ったんですが、2時頃に雨がやんだので出かけてみました。川は増水して流れが速く、カワセミの採餌は難しそう・・・ということは池で採餌する可能性が高い・・・などと淡い期待を抱きながら池に到着。15分くらいでメスがトラベの枝に飛来しましたが、10分以上何もせず、と、幼鳥らしき個体が通過すると、すぐに出撃・・・なかなか戻ってこない、雨がポツポツ・・・しばらくしてピラカンサの枝に戻ってきましたが、次第に雨脚が強くなり、採餌は無理な状況になってしまいました。実際飛び込まずにどこかへ飛び去りました。30分くらいしてから追われていた幼鳥が欄干に飛来、まだ雨は降っていたので、飛び込みそうで飛び込まない・・・そのうちにメスが飛来して追い払う・・・こんな状況でした。4時前にメスが再びピラカンサへ戻って2度飛び込んで2度とも失敗・・・少し間を置いて再挑戦したらようやく大物をゲットしました。雨は小降りになりましたが、次の飛び込みは2時間後の6時・・・とても付き合いきれません。早々撤収しました。

この1枚が撮れただけで雨の中、出かけた甲斐がありました。(^o^) 片手に傘、想定よりも遠くへ飛び込まれて片手でレンズを振りましたが水出に間に合わず、36連写中、水飛沫と水出がピンぼけ、1/3はピン甘、1/3は羽閉じ・・・でも10コマ以上残せました。
0816_31.jpg
3コマ目からピントが合ってきました・・・
0816_32.jpg
0816_33.jpg
0816_34.jpg
ここから最初に紹介した1枚も含め、珍しく羽の開き具合がいいカットが数枚続きました。片手撮影の割には追尾ができた方ですが、微妙にピントが外れては戻りって感じでしたね。
0816_35.jpg
0816_36.jpg
0816_37.jpg
0816_38.jpg
0816_39.jpg
0816_40.jpg
0816_41.jpg
0816_42.jpg
0816_43.jpg
0816_44.jpg
お魚なしの2度は水出に間に合いました。
0816_45.jpg
0816_46.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年8月14日

ホント、最悪!

雨は大丈夫そうだったので、4時半頃カワセミの様子を見に出かけました。メスがピラカンサの枝の下にある低木でお出迎えしてくれたのですが、15分くらい飛び込みそうで飛び込まず・・・ようやく飛び込んで小物をゲット、すぐに呑み込んでしまったので、ピラカンサの枝へ上がるかと思ったら、どうも別の個体が侵入したのか反対方向へ飛び去ってしまいました。結局飛び込みを見たのはこの1度だけ、ピラカンサへは1度も飛来せず、トラベには1度2、3分立ち寄っただけ・・・小雨が降る中、暗くなったので撤収しました。今日も池の周りをしっかり散歩できましたが、撮影チャンスがないのでは、家の周りを散歩しているのと同じこと・・・今まで期待を込めて通い続けましたが、その期待もできない状況では、しばらくお休み以外の選択肢はなさそうですね、ブログは在庫で更新します。

まさか撮影チャンスがこれだけとは・・・撮っておいてよかった。(^o^)
0814_31.jpg
0814_32.jpg
0814_33.jpg
0814_34.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年8月13日

謎の水飛沫

2度の撮影チャンスを期待して、2時過ぎに出撃したのですが、見事にその期待は裏切られました。カワセミの出の悪さは、もう極限状態・・・カワセミ撮影は「待ち」が必須なので、「忍耐」は常時求められますが、流石に限界というのが感じられる日々ですね。池周辺には、推定で4~5個体のカワセミがいますが、池に飛来して採餌をする機会が2~5時間に1度でしょうか。その要因ははっきりしています。池の縄張りの主であるメスが、縄張りを主張するだけで、実際には3、4回/日しか採餌をしないからです。そして侵入する個体はすぐに追い払われてしまうので、飛来回数も減ってしまったからです。今日は結局、4時40分に1度、大物をゲットして終了でした、まさに撮影チャンスは1度だけ、シャッターチャンスも1度だけの1発勝負・・・このチャンスを逃したら数時間の辛い待ち時間がムダになる・・・何かカワセミ撮影が異常、異様な雰囲気に包まれているって感じですよ。(^o^) 今日、はっきりしたことは、このメス、夕食は6時以降、東側の池の暗いところで済ませているということ。昨日、今日採餌しているところを確認しました。その前も実際6時半まで待ちましたが、ピラカンサやトラベの枝に飛来したことは1度もなかったので、東側の池で密かに最後の食事を済ませていたのだと思います。相手はメスですからね、まだ育雛後のボロボロ状態で美しくないので、撮って欲しくないと思っているのかも・・・

1発勝負のつもりで臨みましたが、私が勘違い? カメラが勘違い? 謎の水飛沫に阻まれてしまいました。以下、ノートリ、リサイズのみ、中央の水飛沫は???
0813_31.jpg
0813_32.jpg
0813_33.jpg
どうもカワセミが飛び込んだ手前近くに鯉がいたようです。カワセミの水飛沫より巨大だったので、ピントが見事にそちらに合ってしまいました、かなり面白い、珍しい瞬間でしたね。(^o^) 奥からカワセミが飛び出してきましたが、鯉が飛び跳ねて、カワセミの方がビックリして魚を落とす・・・なんて瞬間が撮れていたら相当面白かったんですが・・・
0813_34.jpg
0813_35.jpg
3コマ後、ようやくカワセミにピントが・・・やれやれ、一発勝負に完敗せずに済みました。(^o^)
0813_36.jpg
0813_37.jpg
0813_38.jpg
0813_39.jpg
0813_40.jpg
0813_41.jpg
6時以降、雲に覆われ暗くなっていたので、最初に見つけてカワセミが移動するときに撮った時がF3.5、SS1/800秒、ISO6400でした。D5はISO6400でもしっかり解像します。
0813_48.jpg
採餌失敗でしたが、この時はF3.5、SS1/640秒、ISO12800・・・
0813_49.jpg
0813_50.jpg
0813_51.jpg
この後奥の見えない場所へ移動・・・そこから飛び込んで何か捕ったのは確認できました。食事が済んで最後の水浴び・・・6時半前でしたがF2.8、SS1/640秒、ISO51200、流石に解像してません! 証拠写真以下のレベルですね。(^o^) ただこんなに暗くてもAFで小さな被写体が撮れること自体、凄いことなのかも・・・
0813_42.jpg
0813_43.jpg
0813_44.jpg
0813_45.jpg
0813_46.jpg
0813_47.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年8月12日

縄張り主張?

池の主の縄張り意識は日々高まっているのでしょうか? 今までは採餌後、奥のお休み処でまったりしながら、侵入者が飛来するとすぐに出撃して追い出しにかかるという状況でした。今日の様子から、繰り返し侵入してくる複数の幼鳥から縄張りを主張するために、目立つ場所で自分の存在を誇示し、さらに目を光らせて監視しているかのようでした。午前中は2時間も飛び込むことなくピラカンサの枝にいたとのこと。そして私が4時前に着いて以降は、4時前にピラカンサへ飛来してすぐに飛び込んで、一発で大物ゲット。その後4時半すぎにトラベの枝に飛来した後は、飛び込むことはなく、ピラカンサの枝へ移ったりして1時間以上も何もせずでした。そして多分追い出すために飛び出したと思いますが、10分後にピラカンサに戻ってきて、今度はすぐに飛び込みましたが採餌に失敗してそのまま飛び去りました。今日は明るかったので6時半まで待ちましたが、帰り際に下の池にいるところを発見、結局暗くなりましたが6時50分まで付き合いました。3度飛び込んでようやく3度目の正直で普通サイズの魚を捕って終了でした。久しぶりにD5でF2.8開放、ISO25600の世界でしたよ。(^o^)  カワセミの行動を把握するのは本当に難しい・・・いや、不可能ですね。

こういう飛型というか、羽の開き具合は理想型の一つなのですが・・・育雛後でポロポロで美しくないはずのメスが、美しく見える!(^o^) でもやっぱりお魚がないと・・・ですかね。
0812_30.jpg
露出設定中に飛び込まれましたが、上手く反応できて水飛沫から、15コマまではピントは連続して完璧でした。やっぱりD500よりD5の方が優れているっていうことですかね? しかしどうして羽の開きが下向きばかりなのだろう??? このときは奇数の11コマ/秒で撮ったのですが・・・
0812_31.jpg
0812_32.jpg
0812_33.jpg
0812_34.jpg
0812_35.jpg
0812_36.jpg
0812_37.jpg
0812_38.jpg
0812_39.jpg
0812_40.jpg
0812_41.jpg
0812_42.jpg
0812_43.jpg
0812_44.jpg
0812_45.jpg
飛び込み回数が少ないので、魚は捕って欲しい!
0812_46.jpg
0812_47.jpg
0812_48.jpg
0812_49.jpg
0812_50.jpg
この後最初に紹介した1コマがあって、向きを正面に変えたために追従できず、ピン甘、ピンぼけ連発でした、残念!
以下は6時半過ぎです。日が陰ると急に暗くなる場所で、距離が近いのでテレコンを外してF2.8開放にしても、SS1/640秒を確保するためには感度はISO25600まで上げなければいけないレベルです。ホント、そんな条件下で撮ってどうするの?って、自分でも思いました。(^o^) 流石に暗い上に低い位置からの飛び込み、ピントが合ったデータはわずかでしたね。
0812_51.jpg
手前に飛び込まれて、水出は後ろ向き、このときにお魚ゲットでした。
0812_52.jpg
最後に塒へ飛び去る瞬間・・・
0812_53.jpg
0812_54.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年8月11日

待ち時間が・・・

・・・辛いです。今日は涼しかったので、2度撮影チャンスを得るために3時過ぎにフィールドに着きましたが、結局4時半まで待たされました。ここ数日、5時前後に夕食に来ているので、逆計算して3時半頃にも大物をゲットしてくれるだろうと期待していたのに、甘かったですね、見事に裏切られました。(^o^) ま、散歩がてら出かけているので、今日も池の周りを何周も散歩できたのは良かったですが、正直、こう出が悪いと本当に辛いです。で、1時間半も1枚も撮れずに待たされ、トラベに飛来したのは4時半でした。2度飛び込んでくれたのですが、1度目は失敗、2度目は小物をゲット、何故? 当然満腹にはならないので、もう一度と期待したら、なかなか飛び込まない・・・ピラカンサへ移動しても飛び込まない、そして柳へ移動して死角へ飛び込んで大物ゲット! 時計を見たら5時少し前でした。やっぱり5時前後に夕食、ということで今日は終了と諦めた5、6人のカメラマンが撤収・・・私も今日は早く来たので帰ろうと思いましたが、消化不良だったので残りました。何が消化不良って、2度の撮影チャンスを2度ともしっかりものにしたはずなんですが、その95%が羽閉じという信じられない結果だったんです。5時半に再びトラベに飛来、今度は一発で大物をゲットしました。最近何故か勘が鈍って、想定している飛び込み場所=とりあえずピントを合わせている場所とは違うところに飛び込まれています。ファインダー内で水出の瞬間に追いついているのですが、距離がありすぎてカメラのAFが追いついてくれません、D5でもやっぱりあまり距離があるとダメですね。今日は暗かったので久しぶりにD5で撮りましたが、高感度の画質のことを気にせずに躊躇なく撮れるのは嬉しいですね。20コマ以上連写できたのも嬉しい!

このメス、ボロボロで美しくないので、羽の開きは上向きより下向きの方がよいかもしれませんが、とにかくその両方でもない羽閉じが多すぎました。今日のお気に入りの1枚、15コマ目・・・
0811_31.jpg
水から頭が出た瞬間はピンぼけ、その後は数コマピン甘が続きましたが、ピンが外れずに20連写以上は超久しぶり・・・でも羽の開き具合は最悪!
0811_32.jpg
0811_33.jpg
0811_34.jpg
0811_35.jpg
0811_36.jpg
0811_37.jpg
0811_38.jpg
0811_39.jpg
0811_40.jpg
0811_41.jpg
0811_42.jpg
0811_43.jpg
0811_44.jpg
0811_45.jpg
0811_46.jpg
0811_47.jpg
0811_48.jpg
0811_49.jpg
0811_50.jpg
お決まりのトラベの枝に戻ると思ったら、この後方向転換・・・ファイだー内で追えず終了。
0811_51.jpg
小物を捕ったときはこの1コマ以外すべて羽閉じ・・・
0811_52.jpg
失敗したときは2コマだけ上向き・・・このカットは羽閉じですが、水飛沫と水面映りが面白い・・・
0811_53.jpg
0811_54.jpg
0811_55.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年8月10日

落とした魚は・・・

・・・大きかった!(^o^) ここ数日、5時前後にピラカンサの枝に飛来しているので、今日もそのタイミングで出かけました。ほぼ時間通りの5時過ぎに飛来、2度飛び込んで、1度失敗、2度目に大物ゲットしてお休み処へ向かう途中で落としてしまいました。串刺しが少し浅かったようで、暴れる魚をしっかりくわえていることができなかったようです。お腹がすいているはずなので、すぐにまた飛び込んでくれるものと期待しましたが、大物を落としたショックが大きかったのか、どこかへ消えてしまいました。その後6時過ぎまて待ちましたが、結局再来することはありませんでした・・・幼鳥も姿を見せなかったので、ワンチャンスでお仕舞い・・・縄張りの主の出が悪いと、もうお手上げですね。

かなりの大物でした・・・
0810_31.jpg
想定よりかなり手前に飛び込まれたため、またも水出から数コマはピンぼけ・・・
0810_32.jpg
この後5コマもピン甘続きでようやくピントが戻ってくれました。
0810_33.jpg
0810_34.jpg
0810_35.jpg
0810_36.jpg
0810_37.jpg
0810_38.jpg
落とした瞬間は、カワセミをほぼ中央でとらえていたのに何故か手前の雑草にピントを取られてしまいました。
0810_39.jpg
その前の採餌失敗・・・
0810_40.jpg
0810_41.jpg
0810_42.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年8月 9日

カワセミは美しい

いつも池へ行くときと、帰るときに必ず確認する場所でようやくカワセミとの出会いを果たしました。5時前に自宅を出ましたが、まだ外気温は33度、暑かったですね。いつもの池の手前にも池があって、そこを縄張りにしている個体がいることは分かっていましたが、まだ1度も撮影チャンスに恵まれたことはありませんでした。いつも自転車で通過するときにあの石の上にカワセミがいたらいいな~と、思って確認していたのですが、お~いるじゃない・・・急ブレーキをかけて急ぎカメラをセット、間に合いました。(^o^) 水面の映りも綺麗だし、まさにイメージしていたとおりの絵になりました。今日やこの1枚だけで、暑い中出撃した甲斐がありましたね。数分後に飛び去ったので、池へ急行・・・着いたら、「数分前に飛び込んで大物をゲットしたよ」と言われてガッカリ、今日はもうお魚付きはダメかなと諦めていましたが、1時間後に水路近くの柳の枝から飛び込んでゲットしてました。縄張りへ侵入する幼鳥には、今日も執拗に追い出しに動いてました。

大きな画像は後で掲示板にアップします。
0809_31.jpg
水出の後、右へ行くか左へ行くか全く分からない場所なので、逆方向へレンズを振ってしまって失敗しました。
0809_32.jpg
0809_33.jpg
成鳥メスが欄干にいた幼鳥に向かって飛んできたシーンを2度目撃しましたが、バトルには発展しませんでした。
0809_34.jpg
今日は残せたデータが少ないので、2日前のお魚なしを紹介します。捕った大物を水出の時に逃してしまった瞬間はピンぼけ・・・
0809_35.jpg
0809_36.jpg
0809_37.jpg
0809_38.jpg
0809_39.jpg
0809_40.jpg
0809_41.jpg
0809_42.jpg
0809_43.jpg
0809_44.jpg
0809_45.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年8月 8日

待ち時間ゼロ

暑さが戻ってきましたね、今日は5時前に出かけました。暑さ、そしてカワセミの出が悪いせいでしょう、カメラマンは一人もいませんでした、淋しい~! カメラをセットしているときに成鳥メスがピラカンサの枝に飛来・・・準備が済むまで飛び込まないで~と、いつものようにカワセミ語「○△※□◇▽X☆~」でお願いしました。が、最後にカメラの露出を設定している時に飛び出されて・・・慌ててレンズを振りましたが水出に間に合わなかったですが、何とが後が追えました。奥のお休み処で食事を済ませた後はまったり・・・また幼鳥がピラカンサに飛来した時には、即追い出しにかかりましたが、またお休み・・・6時過ぎにトラベの枝に出てきましたが、15分くらい羽繕いをしてお仕舞い、結局メスが飛び込んだのは1度だけでした。若い方の幼鳥は今日も成鳥メスに追い出されることもなく、欄干を転々として小物を数回ゲットしていました。やっぱり大物を捕るメスにもっと飛び込んでもらいたいですね。

お気に入りの瞬間・・・羽の開き具合、ぶれ具合、お魚の大きさと向き(悲しそうな目が目立たない)など(^o^)
0808_31.jpg
最初のカットはピン甘・・・
0808_32.jpg
その後はしっかりピンがきてくれました。羽の開きが下向きになることが圧倒的に多いのは何故?
0808_33.jpg
0808_34.jpg
一旦、ピンが外れましたが、数コマ後に再び復活・・・
0808_35.jpg
0808_36.jpg
0808_37.jpg
0808_38.jpg
0808_39.jpg
池の周りを散歩中にピラカンサにカワセミが・・・急ぎカメラに戻りましたが、すぐに飛び込まれて・・・後で確認したらまた幼鳥でした。メスは出撃したのですが、前回のように接触するような状況にはならなかったので、ファインダー内に一緒にとらえることはできませんでした。
0808_40.jpg
0808_41.jpg
0808_42.jpg
メスが追いかけているところ・・・しかし羽がボロボロって感じですね、毎日何度も時間をかけて羽繕いをしてますが、綺麗になるのでしょうか?
0808_43.jpg
若い方の幼鳥・・・流石に羽は綺麗ですね。羽の開きはすべて下向き、恐らく9コマ/秒で連写すれば、半分は上向きになると思いますが・・・10コマ/秒で撮影。
0808_44.jpg
0808_45.jpg
0808_46.jpg
0808_47.jpg

 

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年8月 7日

モノクロの世界

3時には雨になるという予報でしたが、4時になっても雨にならないので、意を決して出撃しました。4時45分着・・・当然カメラマンは一人もいない(^o^)・・・雨は5時過ぎから降ったりやんだり、時には土砂降り・・・カワセミの夕食時間帯に激しい雨になると、流石に幼鳥には採餌は困難なようで、一昨日、昨日姿を見せなかった幼鳥が6時前から懸命に採餌を試みていました。で、池の主の成長メスは5時半過ぎにピラカンサの枝に飛来、2度飛び込んで、2度とも失敗・・・厳密に言うと、1度は大魚を捕まえたのに水出の瞬間に落とした・・・その後はバトルの相手の幼鳥メスを何度も追い払う行動に終始し、ピラカンサ、トラベの枝には戻りませんでした。

やっぱりこの幼鳥は追い出されることはなかったですね。土砂降り中でも果敢にトライしてました、が、欄干からでも失敗を繰り返していました。
0807_31.jpg
ホント、モノクロの世界です。
0807_32.jpg
小降りの時には色は付きます。(^o^) 一応、何か捕ったみたいです。
0807_33.jpg
成鳥メスの飛び込みは、幸い小降りの時、明るさもそこそこあって水面も色づいていました、毎度のことですが不足していたのはお魚・・・久しぶりに10コマ以上連続してデータを残せました。
0807_34.jpg
0807_35.jpg
0807_36.jpg
0807_37.jpg
0807_38.jpg
0807_39.jpg
0807_40.jpg
0807_41.jpg
0807_42.jpg
0807_43.jpg
ここからようやく羽が上向きに・・・この個体、お腹が綺麗じゃないので、下向きの方がいいかも・・・以下、さらに大きくトリミングしました!
0807_44.jpg
0807_45.jpg
0807_46.jpg
幼鳥メスを追い払って、下の池で一休み・・・何か言いたげでした。(^o^)
0807_47.jpg
2度目の飛び込みも10コマ以上残せましたが、後ほど・・・

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年8月 6日

全く想定外

今日は早朝、いつもお世話になっている池の中州・・・「ピラカン島」の草刈りがあり、汗をかいてから久しぶりに朝の撮影を楽しみました、と言いたいところですが、楽しめるほどのパフォーマンスがありませんでした。9時過ぎに成鳥メスがピラカンサの枝から1度飛び込んだだけで終了だったので・・・そしてまだ元気があったので4時半過ぎに様子を見に行きました。カメラマンの話では、2時過ぎにピラカンサの枝から1度飛び込んで大物をゲットしたとのこと。その後奥のお休み処で2時間以上も休んでいて、少し位置を変えたので、もしかして奥から飛び込むかもと思って構えていたら、全く想定外のことが目の前で展開しました。突然ピラカンサの枝にカワセミが飛来・・・てっきり奥にいた成鳥メスだと思ってファインダー越しに確認したら幼鳥じゃない! と思った瞬間に飛び出したので無意識に反応してレンズを振ったら、何と採餌のための飛び込みでした。そしてしっかりゲットしたその瞬間、ファインダー内に別の個体が・・・成鳥メスが幼鳥に向かって突進・・・何事が起きたのか分からずただシャッターを切りました。後でデータを見ると・・・

16:48:15.40・・・いつもは飛び出しは撮らないのですが・・・この個体は、バトルで負けた幼鳥メスです、奥に成鳥メスがいることは当然分かっていたと思います。だからすぐに飛び込んだのでしょう。それにしてもピラカンに飛来して10秒もしないうちに飛び込んでお魚ゲットするとは、狩りの腕前が飛躍的に向上しているようです。ピンぼけ、ピン甘もありますが・・・
0806_31.jpg
16:48:15.51・・・
0806_32.jpg
16:48:15.61・・・
0806_49.jpg
16:48:16.99・・・水出は間に合いましたがピンぼけ・・・
0806_47.jpg
16:48:17.05・・・次のカットにピントが・・・
0806_33.jpg
16:48:17.24・・・成鳥メスの突進で幼鳥は落下・・・
0806_34.jpg
16:48:17.34・・・幼鳥は完全に水没・・・
0806_35.jpg
16:48:17.44・・・幼鳥が再び浮上・・・
0806_36.jpg
16:48:17.54・・・お見事! 魚は逃さずしっかりくわえていました!
0806_37.jpg
16:48:17.64・・・嘴切れで追尾終了!
0806_48.jpg
5時13分・・・トベラへ戻ってきてボロボロになった羽にお手入れ・・・ISO100、ほぼピクセル等倍・・・その後飛び込ますに奥のお休み処へ・・・
0806_41.jpg
その後突然お休み処から飛び込みましたが、カメラから離れていたのでただ目撃しただけでした。そして5時34分、またもお休み処から飛び込み・・・ここじゃ背景が悪くてよい写真にはならないのです。
0806_42.jpg
0806_43.jpg
0806_44.jpg
0806_45.jpg
0806_46.jpg
もしかしたら今日の草刈りで、背丈の高い雑草がなくなって、奥のお休み処から視界良好になったために飛び込んだのかも・・・それでなくても出が悪すぎて撮影チャンスが少ないのに・・・参った!(^o^)
午前中のワンチャンス・・・しっかりピンが来たのは3コマだけでした・・・淋しい!!!
0806_38.jpg
0806_39.jpg
0806_40.jpg
いつものように6時半まで待ちましたが、その後成鳥メスも幼鳥たちも飛来しませんでした。今日も撮影チャンスが少なくて残せたデータも少ないのが残念ですが、想定外の動きに上手く反応して貴重な瞬間を撮ることができたので、よし、としましょう。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2017年8月 5日

どうなってるの?

今日は暑かったので4時半過ぎにフィールドへ・・・朝方から池の主のはずのメスの出が悪いと聞き、いやな予感・・・でもメスが来なくても期待の星、幼鳥が来てくれればいいや、と思っていましたが、待てど暮らせど幼鳥はついに6時半になっても姿を見せませんでした。どうなってるのよ~??? 結局メスが5時過ぎにトラベの枝に飛来、羽繕いしているときに縄張り侵入者を追い出しにかかって飛び去り、10分くらいして戻ってきて、ピラカンサの枝から3度、4度飛び込んでも失敗ばかり、ようやく大物をゲットして終了でした。やっぱり期待していた幼鳥が来てくれなかったのは痛い・・・今日はメスに救われました、が、もっといっぱいお魚を捕って欲しい!

何か疲れ気味でイマイチ集中力不足・・・水出は見事にピンぼけ・・・3コマ目から
0805_31.jpg
0805_32.jpg
この後7コマもピン甘とは情けない・・・
0805_33.jpg
0805_34.jpg
0805_35.jpg
0805_36.jpg
この後またピン甘・・・もっと修行しなくちゃ。で、お魚なしは全くツキなし、羽の開き具合が見事に最悪パターン・・・こんな感じでした、水面色も水面の映りも良かったんですが・・・
0805_37.jpg
0805_38.jpg
0805_39.jpg
0805_40.jpg
0805_41.jpg
0805_42.jpg
0805_43.jpg
次も飛び込みも何故か同じパターン・・・以下省略!
0805_44.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年8月 4日

カワセミの世界は・・・

・・・永遠に解明不可能な謎ですね。(^o^) もうどうなっているのか全く分かりません。今日もあまり暑くなかったので4時頃出かけました。縄張り争いに勝って、池の主になったはずの成鳥メスがいないのです。勿論魚を狙うのに最適なピラカンサの枝にも、トラベの枝にも飛来しませんでした。昨日は飛び込みはしませんでしたが、トラベの枝だけで30分以上も羽繕いなどしながら居座っていたのですが・・・それで5時過ぎに幼鳥が飛来してきました。バトルの末、縄張りを追われた個体かと思ったのですが、20分以上も居座って採餌を試みていました・・・しかも池の主の成長メスを意識していないかのようでした。カメラでピクセル等倍にして見ると、嘴が短い、下嘴が赤くないので、別個体のオスの幼鳥かと思いました・・・後でパソコンでチェックしてみると、下嘴は赤いのでメスと判明しましが、やはり別個体のようです。その根拠は採餌の成功確率が低すぎる・・・4、5回欄干近くで飛び込みましたが採餌成功はエビを捕った1度だけ・・・そして何よりも成鳥メスが追い出そうとしないからです。6時20分、厚い雲に覆われて暗くなったこともあって、諦めて帰り支度を始めたら、欄干に幼鳥が飛来・・・忍び足で少しずつ近づいて飛び込みを待っていると・・・すぐに飛び込んで見事大物をゲットしました。あまりにも大きすぎて、欄干に叩き付けたりして料理することはできず、ただ暴れる魚を逃がさないようにしっかりくわえて、魚が力尽きるまでじっと堪えていました。と、成鳥メスが近くの欄干に飛んできたのです。ただ様子を見守るって感じでしたね、1分も経たないうちに何もせずに飛び去りました。推測ですが、成鳥メスの娘なのでは? そして他カワセミの子を縄張りから追い出して、娘に縄張りを譲る気なのかも・・・さて、明日はどうなるのでしょう?

距離は10m以内でしたが、撮影条件は暗くて最悪・・・F3.2、ISO5000、SS1/640秒、距離が近くでこのSSでは被写体を止めるのは難しいですね。しかしまだ狩りが未熟な幼鳥ですが、本当にお見事、よくこんな大きな魚を捕ったものです、嘴の長さの4、5倍はありますよ。(^o^)
0804_31.jpg
0804_32.jpg
0804_33.jpg
0804_34.jpg
0804_35.jpg
実は手前のカモの陰に身を隠して少しずつ近づいたのです。(^o^)
0804_36.jpg
どのように料理して食べるのかと興味深かったので、動画にできてしまうほど連写した中の6枚・・・5分ほど魚が大きすぎてじっと堪える以外、何もできないでいました・・・短い尻尾がずっと上向きのまま、踏ん張っている様子が分かりますね。(^o^) その後中州のブッシュの中へ、そして数分後まだ魚をくわえたままで、川の方へ飛び去っていきました。もしかしたら大魚を捕ってはみたものの上手く料理ができず、胃袋には入らなかったかも・・・
0804_37.jpg
0804_38.jpg
0804_39.jpg
0804_40.jpg
0804_41.jpg
0804_42.jpg
トマリモノも撮りました。
0804_43.jpg
0804_44.jpg
採餌失敗!
0804_45.jpg
右へ左へ・・・行ったり来たり・・・
0804_46.jpg
0804_47.jpg
飛び込み前・・・
0804_48.jpg
0804_49.jpg
今日はこの子に救われました。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2017年8月 3日

水飛沫の壁

今日はまたほぼ最悪のパターンでした。縄張り争いという激しいバトルの結果、成鳥メスが勝利したことは間違いないのですが、とにかく池に居座って、縄張りに侵入するカワセミは徹底して追い払う行動に出ていました。従って幼鳥は飛来はするのですが、採餌ができる状況ではなくなりました。残念! それで池の主が1時間~1時間半の間隔で飛び込んでくれればまだいいのですが、今日は4時以降、ピラカンサからもトラベからも飛び込むことはありませんでした。羽繕いだけして「さようなら」でしたね。少し日が短くなって、6時半というともうかなり暗いです。その時間帯になって主様が下の池にいるのを発見・・・どうしてトラベへ来ないの? とマジでカワセミ語で訊いてみましたが・・・結局暗い中2度飛び込んで、1度はしっかりお魚ゲットしてました。

30分は羽繕いしてましたかね・・・見ているだけで疲れました。
0803_31.jpg
6時半前に枝、葉の間から獲物の動きを伺っている成鳥メスを発見!
0803_32.jpg
手前に飛び込まれて・・・多分10m以内・・・上手く反応はできたのですが、近すぎて水飛沫の壁に完全に阻まれました。これはAFで撮っている以上、仕方ないですね。縦位置にトリミングしただけのサイズです。
0803_33.jpg
水飛沫が収まった次のコマで尻尾にジャスピン・・・当然近すぎて深度が浅いので捕ったお魚はかろうじて分かる程度・・・暗いこともあってか、AFが全く追えずもう次のコマはピンぼけでした。
0803_34.jpg
後ろ向きで綺麗だったのでSS1/30秒まで落としてISO800で撮影・・・
0803_35.jpg
すぐに飛び込み設定に変更・・・この下は暗い~、SS1/640秒だと、何とISOは12800、完全に証拠写真レベルでした。
0803_36.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年8月 2日

バトルの後・・・

今日は涼しかったので4時前にはフィールド着、昨日成鳥メスと幼鳥メスがバトル寸前の険悪な雰囲気だったんですが、今朝ついに取っ組み合いのバトルを展開したそうです。その結果、どうも成鳥の方が勝利を収め、池の主に決まった・・・少なくとも私がフィールドにいた間は、そういうことのようです。成鳥は4時前には飛来して、中洲の日陰の枝に陣取ってお休み、4時26分にピラカンサの枝から飛び込んで大物をゲット、その後どこかへ姿を消して、5時半にトラベの枝に飛来、10分以上丁寧に羽繕いした後に飛び込んで大物をゲット、その後欄干へ移って水浴びをしてまた羽繕いしているときに、幼鳥らしき個体が飛来、するとすぐに飛び出して追い払いました。また戻ってくるかと思ってさらに待ちましたが、6時半過ぎに幼鳥がこっそり飛来、成鳥を気にしてか、駆け足で欄干を転々としてエビなどの小物を3度くらい捕って・・・10分もしないうちに早々川の方へ飛び去りました。さて、明日以降も成鳥が1時時間~2時間の間隔で飛来して、幼鳥の飛来が極端に少なければ、もう完全に池の主がどちらなのかはっきり分かりますね。

こんな感じで30分くらいまったり状態・・・そのうちに雨が降り出して、私とデジスコの達人(今朝のバトルのシーンと以下の飛び込みシーンを動画で撮っています!)以外は皆さん撤収の準備を始めました・・・
0802_30.jpg
まだ雨が降っていましたが、ピラカンサの枝に移動して飛び込み体勢・・・2、3分で飛び込んで大物ゲット! 想定よりかなり遠くへ飛ばれたこともあってAFが追いつかず、水出はピンぼけ、3コマ目から・・・
0802_31.jpg
0802_32.jpg
0802_33.jpg
0802_34.jpg
0802_35.jpg
0802_36.jpg
1時間後にトラベの枝に再来、丁寧に羽繕い・・・
0802_37.jpg
またも想定よりかなり奥(遠く)へ飛び込まれて、ファインダー内では間に合ったのにAFが追いつけずに水出はピンぼけ・・・
0802_38.jpg
0802_39.jpg
0802_40.jpg
角度があったせいか、ファインダー内にとらえていたのにピン甘連発・・・悲しいかな8コマ目にようやくピントが戻ってきて・・・でもブッシュが・・・
0802_41.jpg
それでもファインダー内で追い続ける・・・
0802_42.jpg
するといいこともありますね、一瞬障害物がなくなったときに羽の開き具合がいい感じのカットが撮れていました・・・超ラッキー!
0802_43.jpg
流石にピントが来たのはここまで・・・
0802_44.jpg
戻ったトベラの枝で料理開始・・・普通のカワセミなら呑み込むまで10分は格闘しなければいけない無理っていう大きさですが、この成鳥は1、2分で料理を済ませて呑み込みます。串刺しで捕った魚を持ち替えて枝に叩き付けたりするのではなく、嘴を強引に閉じるようにして魚を料理するとは・・・そのせいで魚が痛々しい・・・こういう料理の仕方もあるんですね。
0802_45.jpg
0802_46.jpg
0802_47.jpg
0802_48.jpg
夕食の後は、欄干へ移動して水浴び・・・
0802_49.jpg
0802_50.jpg
0802_51.jpg
幼鳥らしき個体を追い出しにかかる・・・
0802_52.jpg
0802_53.jpg
6時半過ぎ・・・暗い~! ISO6400・・・また証拠写真です。こちら側へ飛び込んだので、こちら側の欄干に戻るかと思ったら、反対側へ飛んでいきました。カワセミは後ろ向きですが、エビのヒゲは写ってました。(^o^)
0802_54.jpg
上手に料理しているところ・・・
0802_55.jpg
よ~く見ると、超小物をしっかりゲットしていました。
0802_56.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年8月 1日

縄張り争い?

今日は夕方が雨の予報だったので、1時過ぎに様子を見に行きました。ところが着いてすぐに雨がポツポツ降り始めたので、帰ろうかどうしようかと迷っていると、欄干に2羽並んでいるところを発見! 何か始まると期待してレンズを向けましたが・・・激しい取っ組み合いのバトルはなく、20分間牽制し合って、結局幼鳥メスに軍配が上がったって感じでしたね。ただこれで成鳥メスが引き下がってもう来なくなるということはない・・・と思いたいです。いよいよ雨が本格化しそうだったので、小降りになった時点で撤収しました。

成鳥メスの方が少しずつ幼鳥メスに近寄って・・・
0801_31.jpg
0801_32.jpg
0801_33.jpg
0801_34.jpg
0801_35.jpg
0801_36.jpg
0801_37.jpg
0801_38.jpg
0801_39.jpg
0801_40.jpg
0801_41.jpg
0801_42.jpg
0801_43.jpg
0801_44.jpg
0801_45.jpg
0801_46.jpg
0801_47.jpg
幼鳥メスの嘴には魚の鱗が付いています。直前に大魚を捕ったのを、成鳥メスが見ていて縄張りを主張するために来たのかも???
0801_48.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年7月31日

ヒゲ1本!

今日の幼鳥の夕食は5時半からエビ2匹、小魚1匹、超小魚2匹でした。いっぱい撮ったので整理する時間なし・・・また後日改めて!

このときの飛び込み方は、上方へ飛び出してから垂直に飛び込む・・・水泳の飛び込みなら、水しぶきが少なくて高得点になるでしょうね。(^o^) 
0801_32.jpg
0801_33.jpg
0801_34.jpg
0801_35.jpg
0801_36.jpg
0801_31.jpg
そそ、ボロボロのメスも飛来してくれましたが、3度飛び込んで3度失敗・・・育雛でお疲れのようでした。その様子はいづれまた後で・・・
6時半頃にメスの幼鳥が最後の食事に来たので撮りましたが、流石に暗い・・・D500では本当に辛いですね。ISO6400でアンダー気味にしてもSSは1/500秒が限界・・・解像もしていないし、画質も悪すぎ・・・結果は証拠写真レベルです。これでは撮っても意味ないか・・・でも少し涼しくなる時間帯ですが、豪快な水しぶきはいつでも「涼」が伝わってきますね、看板から飛び込んで欄干へ・・・最後は小魚げっとでした。
0731_31.jpg
0731_32.jpg
0731_33.jpg
0731_34.jpg
0731_35.jpg
そそ、超珍しい光景を見ました。カモがザリガニを食するとは・・・カワセミ以外は撮らない私が、思わず撮ってしまった、というくらい貴重な写真です。(^o^)
0731_36.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年7月29日

まだ時間が・・・

今日は夕方から雨の予報だったので、2時半に出かけました。すぐにメスの幼鳥が来てくれたのですが、本当に挨拶だけでした。(^o^) その後再来してくれましたが、採餌は1度だけで、池の上の水路で採餌を試みているところを見つけましたが、結局何も捕れなかったようで、そのままどこかへ飛び去ってしまいました。4時過ぎには雨がポツポツ降り始めたので撤収・・・この幼鳥に期待するにはまだ時間がかかりそうです。

やっぱり可愛いですね、ほぼピクセル等倍・・・
0729_31.jpg
看板にとまっているところ・・・後ろ姿はもう立派なカワセミ・ブルーで綺麗ですね。
0729_32.jpg
そこから死角へ飛び込み・・・失敗。
0729_33.jpg
暗いブッシュの中で一休み・・・
0729_34.jpg
飛び込みそうで飛び込まない・・・
0729_35.jpg
ピラカンサの枝にも来てくれましたが、飛び込まず・・・
0729_36.jpg
ワンチャンス・・・柳の枝からの飛び込み、想定よりかなり手前に飛び込んだので、水出の瞬間は完全なピンぼけ・・・3コマ目でピントが合ってきましたが・・・
0729_37.jpg
方向転換して手前側に飛んできたので、ジャスミンでこの1コマだけしか残りませんでした。
0729_38.jpg
欄干絡みの飛び出し・・・
0729_39.jpg
0729_40.jpg
1時間半しかいなかったですが、もっと撮影チャンスが欲しい!

投稿者eisvogel : 22:45 | コメント (2)

2017年7月28日

スター誕生?

今日は暑かったので5時過ぎにフィールド着、スター誕生を予感させるメスの幼鳥が出迎えてくれました。早速欄干からピラカンサの枝に移動・・・まだカメラのセットが済んでいない! 飛び込むなよ~と、カワセミ語で頼んだのにもかかわらず、あっさり飛び込んで失敗・・・そのまま対岸の柳へ移動、露出の設定などしている間に飛び込んだので、そのままレンズを向けましたが、露出オーバーの上に、何も写ってませんでした。(^o^) お~、ザリガニをゲットしてるじゃない! その後もう一度ピラカンサの枝から飛び込みましたが、また失敗・・・やっぱり高い位置から狙っても、動きの速い魚を捕ることはまだ難しいようです。結局小魚を欄干などの低い位置から飛び込んで何度かゲットしていました。でもこのまま居座って、何度も失敗を繰り返しながら一人前になってくれたら、間違いなく「池のスター」になってくれますね。少しばかり期待が持てるようになりました。

この子がスターになる!
0728_31.jpg
私は完璧に捕らえたんですが、スターは魚を捕らえることはできませんでした、残念。
0728_32.jpg
0728_33.jpg
0728_34.jpg
0728_35.jpg
0728_36.jpg
0728_37.jpg
暗かったこともあって、D500は正面に向かってくるカワセミには全く無反応でした。残せたデータは2コマだけ・・・
0728_38.jpg
0728_39.jpg
餌を採ったのは欄干からの飛び込みだけでした。
0728_40.jpg
0728_41.jpg
0728_42.jpg
最後のトライ時はとにかく暗かった・・・SSをギリギリの1/400秒まで落としましたが、やっぱり止めるのは難しいですね。
0728_43.jpg
0728_44.jpg
0728_45.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年7月27日

どこへ?

今日は少しは暑さも和らいだので、4時半頃から4日ぶりにカワセミの様子を見に行きました。常連の皆さんに色々話を聞くと、ここ数日池に姿を見せるようになったのは主に幼鳥とのことで、1週間前までは餌運びをしていたオスが、ほとんど来ていないとのことでした。一体どこへ行ってしまったのでしょう? 縄張りを子に譲った? そうなのかもしれません。結局何もせずに飛び回っていただけでしたが、確かに幼鳥は5時過ぎに目撃できました。そして6時前にピラカンサの枝に飛来した個体をファインダーから覗いて確認すると、結構ボロボロのメス親でした。川のメスのようです。1度飛び込んでくれましたが、採餌に失敗、その後水路の欄干へ移動、すぐに飛び込んでエビのようなものを採って飛び去りました。その後6時40分まで待ちましたが、来る気配すらないので撤収しました。本当に状況はよくないですね、明日もお休みかな???

雛3羽の育雛が終わった後なので、本当にボロボロって感じですね。
0727_31.jpg
ワンチャンスだけだったので魚を捕って欲しかった!
0727_32.jpg
0727_33.jpg
0727_34.jpg
0727_35.jpg
0727_36.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年7月26日

梅雨明け?

梅雨が明けたはずなのにここ数日、雨模様ですね、当然今日もカワセミ撮影はお休みでした。そろそろ懐かしくなってきたので、明日は・・・やっぱり雨模様なのでお休みですかね。(^o^)

川で撮影した在庫・・・池とは背景の水面が違います。
0726_31.jpg
0726_32.jpg
0726_33.jpg
0726_34.jpg
0726_35.jpg
0726_36.jpg
0726_37.jpg
0726_38.jpg
0726_39.jpg
0726_40.jpg
0726_41.jpg
0726_42.jpg
0726_43.jpg
0726_44.jpg
0726_45.jpg
0726_46.jpg
0726_47.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年7月25日

求愛給餌後・・・

今日で3日間、カワセミ撮影はお休みでした。カメラマン仲間のブログを見ても状況は変わっていないようですね。1週間前まで求愛給餌をしていたペアも縄張りにしていたおきまりの場所から姿を消しました。抱卵が始まって来なくなったというのであれば、それはそれでよいこと、嬉しいことではありますが・・・

7月15日の撮影でしたが、夕方30分足らずの間に3度もオスが魚を持ってきました。そして2度続けて求愛給餌・・・
0725_29.jpg
0725_30.jpg
0725_31.jpg
0725_32.jpg
0725_33.jpg
0725_34.jpg
0725_35.jpg
0725_36.jpg
0725_37.jpg
0725_38.jpg
0725_39.jpg
もっと持ってきなさいよ~とでも言っているのでしょうか?
0725_40.jpg
0725_41.jpg
0725_42.jpg
メスが動かなかったので、またオスが魚をもってくるかも・・・と思って5mほど前に出て待ちました。角度が悪かったのでもっと左側で構えたかったのですが、生憎邪魔になる枝があったので断念・・・すると数分後にオスが魚を持ってきて、全く同じパターンで給餌・・・
0725_43.jpg
0725_44.jpg
0725_45.jpg
またも給餌後、オスに魚を要求しているのでしょうか、かなり気性の激しいメスですね。(^o^)
0725_46.jpg
0725_47.jpg
0725_48.jpg
0725_49.jpg
0725_50.jpg
オスは渋々また魚を捕りに行くことに・・・綺麗に撮ってあげようと思って、感度を下げ、SSは1/60秒に・・・
0725_51.jpg
突然飛び出したのでSSはそのまま・・・厳しい!
0725_52.jpg
数分後にまた魚を持って戻ってきました・・・が、何か様子がおかしい・・・メスが給餌を受ける気がない?
0725_53.jpg
メスが飛び去りました・・・どこへ?
0725_54.jpg
後を追ってみると20m先の枝に・・・そして動かない・・・オスが来るかもと数分待ちましたが来ない・・・
0725_55.jpg
オスはそのまま数分動かず・・・
0725_56.jpg
結局数分後自分で食べてしまいました。何故3回目の求愛給餌がなかったのか・・・分かりません。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年7月23日

本当にお休み

今日は本当にカワセミ撮影、お休みしました。在庫整理に励みます。(^o^)

0723_31.jpg
0723_32.jpg
0723_33.jpg
0723_34.jpg
0723_35.jpg
0723_36.jpg
0723_37.jpg
0723_38.jpg
0723_39.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年7月22日

お休み

今日はもう期待はしていませんでしたが、暑い中、重い機材を担いでただ行ったり来たりで終わりました。ちょっと身体と気持ちがもちません、しばらくカワセミとの出会いはお休みにします。在庫も相当溜まっているのでブログの更新はしますよ。

撮れた写真は飛び出しばかり・・・
0722_31.jpg
0722_32.jpg
0722_33.jpg
0722_34.jpg
0722_35.jpg
幼鳥の出も悪かったです。この子、メスのようです。
0722_36.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年7月21日

ただ暑いだけ

カワセミの出が悪いと、ただ暑いだけって感じですね。今日もフィールド着は5時半、それでもまだ暑い、頻繁に飛び込んで水飛沫を見せてくれれば、涼しさも感じられるのですが・・・川では結局、雛の姿を確認できませんでした。親がまた別の場所へ連れて行ったのかもしれません。幼鳥は池の周辺で、ザリガニとかエビを捕食しています、飛び込む場所が死角になって撮れませんでしたが・・・やっぱり今日も成果に乏しい1日でした。

親オスは6時半過ぎに飛来して、花とカワセミは撮れました。
0721_31.jpg
0721_32.jpg
池の下・・・
0721_33.jpg
池の上・・・幼鳥ですが別個体です。
0721_34.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年7月20日

梅雨明け・・・

何か梅雨明けと同時に、カワセミ・フィールドの状況が悪くなってきました。しかし暑い! 今日は5時過ぎに家を出ました。フィールドに着いたら、カワセミのお出迎え。トラベの枝に飛来していたので、「まだ飛び込むなよ~」とカワセミ語で話しかけながら、カメラのセッティング・・・間に合った! 「さぁ、いつでも飛び込んでOK!」と何度言っても飛び込まない・・・15分は待たされたでしょうか、結局何もせずに他の場所へ移動・・・そしてすぐに飛び込んでお魚をゲット! 最悪のパターンは、もう慣れましたが、やっぱりムカつきますね。(^o^) すぐに気を取り直して、私の方が川へ移動・・・川でも昨日の雛が出迎えてくれました。杭の上から盛んに水面を見つめて獲物を探している様子でしたが、15分くらい動きなし! 親が下流から飛んで来たと思った瞬間、親の後を追って上流へ消えて行きました。その後求愛給餌をしている親と幼鳥3羽の縄張りまで、何度か行ったり来たり・・・6時半過ぎにようやく雛ではなく、幼鳥が飛来して飛び込みの構え・・・生憎飛び込んだところがブッシュの陰で撮影不可、でも小さなザリガニを見事にゲットして戻って来ました。今日はこれで終了、成果に乏しい1日でした。

この幼鳥、雛とは明らかに違います。胸と脚はまだ黒っぽいですが、嘴、尻尾はもう成鳥と変わらないですね。
0720_31.jpg
0720_32.jpg
0720_33.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年7月19日

トマリモノだけ・・・

今日は可愛いおチビちゃんたちのことが気になったので、相変わらず暑かったですが、いつもより少し早めの4時半頃にフィールド着・・・いきなりおチビちゃんたちに大きな動きがあったと報告を受けました。昨日までいた場所は、池の周辺ですが、人が近づくこともできず、さらに暗いブッシュの中なので天敵のカラスなどに襲撃される心配もないので、身を隠しながら親から餌をもらっている間の居場所としては最適と思っていました。ところが昨日の大雨のせいでしょうか、植物調査?のために人が中に入ったそうです。それで親が魚をくわえて、まさにエサにしておチビちゃんたちを「危険」と感じた場所から安全と考えた川の方へ誘導してしまったとのことでした。それで今日はいつもの池でのトビモノ系の撮影は完全に封印して、川でおチビちゃんたちの様子を確認することにしました。さすがに川となると範囲は広いし、目立つ場所に長時間いることもないので、出会いは極めて難しくなります。実際どこにいるのか皆目見当もつかないので、とにかく川に沿って何度も行ったり来たりしました。結果は2時間半で、杭に出てきたところを2度、飛んでいるところが目に入って止まったところを1度、そして上は葉で覆われて目立たない場所ですが、給餌してくれたらいいなと思える場所に1度、撮影チャンスに恵まれました。そこで40分以上待って、ようやく魚をくわえた親が水面すれすれに通過するのが目に入りました。勿論目の前にいるおチビちゃんの待つ場所に来ることを一瞬期待しました、が、非情にも目の前のおチビちゃん、すぐに飛び立ち、さらに別の場所から突然もう1羽が飛び出してきて、その親の後を追って飛んで行ってしまいました。求愛給餌は、メスの待つ場所へオスが飛んできて給餌することが多いですが、親から子への給餌はその逆、おチビちゃんと一緒に親が来るのを待っていても、給餌の瞬間を見ることがそもそも難しいのです。でも今日は雛の生態観察はそこそこできました、嬉しい!

可愛いおチビちゃんはできるだけ可愛く撮ってあげたい・・・40分間も付き合ってくれてありがとう!(^o^)
0719_31.jpg
5分前にはいなかったのに・・・という場所に出てきます。一応何かを狙っている風だったので、採餌目的で出てきたのかと、飛び込みを期待しましたが、ポーズだけで終わりました。(^o^)
0719_33.jpg
仕草、表情がいいですね。
0719_32.jpg
別の杭に撤収前の6時50分に出てきましたが、何もせずに数分後に飛び去りました。ヨンニッパ単体でF2.8、ISO100、SS1/30秒、ほぼピクセル等倍・・・
0719_34.jpg
飛んでいるところが目に入って止まったところに見ても・・・どこにいる???
0719_35.jpg
ほぼピクセル等倍にしてみると・・・
0719_36.jpg
これは生態写真です、多分待ちくたびれてシエスタしようと思ったのかも・・・数秒ですが瞼を閉じたところです、滅多にお目にかかれない瞬間ですよ。(^o^)
0719_37.jpg
水中から飛び出す瞬間によく見かける「瞬膜」は、通常時も受ける光の関係でよく見られますが、比較すると「瞼」との違いはよく分かりますね。ちなみに瞼は下から上へ閉じます。
0719_38.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年7月18日

大雨でも・・・

こちらは2時過ぎから降り出して、もの凄い雨になりました。流石に今日は撮影はお休みかな、と思っていたら4時前から青空が広がってきた・・・雛たちが気になるので、出撃を決意・・・ところが4時過ぎからまた雲行きが怪しくなって雨、雨、雨、、、結局5時過ぎにまだポツポツと降っていましたが、出かけました。予想通り、池もかなり増水、水も濁っていたので魚は見えない、といってもカワセミの目には見えそうだったので、カメラをセットすると、すぐにカワセミが飛来! ところがやっぱり見えないのか、5分間隔くらいで移動を繰り返してさっぱり飛び込まず、ようやく飛び込んだら採餌に失敗・・・また移動を繰り返して魚を捕ったのは30分後、すでに疲れました。(^o^) 雛の元へ運んだのですが、どこで給餌したのか全く分からず・・・しばらくしてからもしかして順光側からまた雛が見られるかもと思って行ってみると、いました、昨日と同じ枝に・・・後で写真をチェックしてみたら、どうもメス個体のようでした。ということは昨日撮った個体とは別ということです。結局6時半までに4度飛び込んで、2度採餌に成功でした。6時40分には諦めて撤収、また求愛給餌の場所に立ち寄ってみたら、魚をくわえているオスがいました。でも結局メスが近くにいなかったのか、自分で食べてしまいました。

0718_31.jpg
0718_32.jpg
0718_33.jpg
0718_34.jpg
6時半前、最後の飛び込みも失敗・・・暗くなっていたので、採餌は困難だったんでしょうね。水面の映り込みが良かったので、お魚が欲しかった・・・
0718_35.jpg
大雨の影響で昨日以上に枝や葉の合間を探すのが大変でした。
0718_37.jpg
羽づくろい・・・
0718_36.jpg
トビモノまで見せてくれました。(^o^)
0718_38.jpg
7時前でしたが、暗すぎてモノクロの世界みたいでした。
0718_39.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年7月17日

やっぱり感激!

感激!といっても、お魚付きのカワセミが豪快な水飛沫をあげて水面から飛び出してくる瞬間が撮れた時とは全く別ものです。私は生態カメラマンなので、生態観察の延長線上に、今撮っているトビモノ系の撮影があります。今日は結構トビモノ系も撮りましたが、やっぱりオス親が懸命に餌運びをしているところを毎日のように見ていたので、その子に出会うと、本当に感激、感動します、無事に巣立ったことが嬉しい! 給餌が撮影できる場所にはいないので、給餌の撮影はすでに断念、でも単独でいるところは何とか撮影するチャンスに恵まれました。私の写真を見て、雛撮りに人が集まるような状況ではないので、早速可愛い雛たちを紹介します。今日はこの子たちとの出会いだけで十分でしたね。(^o^)

何か毎日のように紹介していると、撮っている方も、閲覧している方も月並みな写真にしか見えないかも・・・でも同じ瞬間はあり得ないので、カワセミ撮影に「飽きる」ってことはないのです。
0717_34.jpg
0717_35.jpg
0717_36.jpg
0717_37.jpg
0717_38.jpg
0717_39.jpg
0717_40.jpg
0717_41.jpg
0717_42.jpg
0717_43.jpg
順光側から姿を見せてくれました、葉、枝、木の合間から何とか上手く撮影・・・勿論大きくトリミングしてます!
0717_31.jpg
暗い場所で近づくこともできないので、見つけること自体、とても難しい・・・撮れただけでも超ラッキーでしたね。(^o^)
0717_32.jpg
0717_33.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2017年7月16日

親子関係

昨日の続きですが、親子関係がクリアになりました、多分。今日、池の上の方で嘴の先端が白く、胸が真っ黒の巣立ち日なを撮影したカメラマンがいます。何羽巣立ったのかは分かりませんが、推測通り池の下にいる幼鳥3羽は、駐車場下のペアの子ですね。今日も巣立ち雛に餌を運んでいたので、まだ数日は親から雛への給餌シーンが撮影できるチャンスがありそうです。今日は5時過ぎにフィールド着、すぐにカワセミが飛来してチャンスがあったのですが、見事にタイミングを逸してしまいました。6時前には雲行きが怪しくなって、雷が・・・一人、また一人とカメラマンが撤収、まだ1枚もデータを残せていない私、一人だけになってしまいました。6時過ぎに2度お魚付き飛び込みがあったのですが、暗い~、と、言い訳ですが、2度とも水出を外してしまいました。暑さのせいにして修行を怠ったツケでしょう。本当に雨になりそうだったので、池の下へ移動・・・幸い求愛給餌ペアがいなかったのでそのまま撤収、家について数分後に雨になりました。

まずは昨日の続き・・・豪快な水飛沫・・・また目の中に水滴が・・・
0716_31.jpg
朝の7時台ですが、すでに陽差しはかなり強かったですね。
0716_32.jpg
0716_33.jpg
0716_34.jpg
たまには小魚も捕るようです・・・羽の開き具合は同じのが続きました。
0716_35.jpg
0716_36.jpg
0716_37.jpg
0716_38.jpg
0716_39.jpg
今日のように雨雲に覆われると、6時でもかなり暗くなります・・・高感度撮影は避けたいところですが・・・
0716_40.jpg
0716_41.jpg
0716_42.jpg
0716_43.jpg
0716_44.jpg
2コマしか残せなかった・・・明らかに修行不足!
0716_45.jpg
0716_46.jpg
シエスタ中のカモさん、カワセミ至近通過も微動だにせず。(^o^)
0716_47.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年7月15日

関係は謎

池の近くにいる幼鳥は誰の子? 今日の動きを見ていて、謎が深まる一方です。今日までの現状把握と認識は・・・池に飛来するのは主にオス2個体、A)は駐車場下の池を縄張りにしているオスで、繁殖に失敗し仕切り直しでメスに給餌、交尾を繰り返している・・・B)は下流の川を縄張りにしているオスで、半月前から大きめの魚を雛に運んでいる・・・そしてその雛が無事に巣立って池周辺に潜んでいる・・・でした。ところが今日、早朝3時間、夕方3時間しっかり観察した結果、どうも今までの現状把握と認識は誤っていたという結論に達しそうです。池周辺で見られる3羽の幼鳥は、A)の子です。親はもう給餌をせず、しかし縄張りからもまだ追い出していない・・・私たちの気づかない間に、駐車場下の池などで採餌して育雛していた、つまり繁殖は失敗したのではなく、目下2番子の準備中ということです。そしてB)の子は、何羽巣立ったかは分かりませんが、まだ給餌が必要で、池周辺の別の場所か、川を行き来しているようです。とにかくB)の子が、1日中A)とメスのすぐ近くにいるということも、またA)とメスがB)の子を追い出さずにいることはあり得ません! A)の子がすでに自分で採餌していることを考慮すれば、近くにいても給餌しないというのはごく自然なことだと思います。
いっぱい撮った生態写真を一度に紹介するのは無理なので、今日は3羽の幼鳥がA)の子であることの根拠を写真で紹介します。

皆さんに涼しさを伝えられる1枚だけ・・・小さなカワセミの豪快な飛び出し・・・
0715_31.jpg
早朝の時間帯に幼鳥が飛来して、欄干から小魚を2度採餌していました・・・遠かったので大きくトリミングしてます。
0715_75.jpg
0715_76.jpg
0715_77.jpg
0715_78.jpg
池周辺で確認した幼鳥・・・明るい場所で撮影、同じ個体の表と裏・・・超可愛い!
0715_79.jpg
0715_80.jpg
別の時間帯に暗い場所で撮影・・・メス個体?
0715_81.jpg
A)が止まっている枝の前を飛び去る幼鳥・・・
0715_82.jpg
この右側20mくらいのところにA)とメスのペアが・・・
0715_83.jpg
幼鳥がA)とメスのペアのすぐ近くに・・・上に幼鳥、左下にA)、右下にメス親。
0715_84.jpg
前後しますが、A)とメスの求愛給餌は早朝1回、夕方2回、交尾は早朝1回目撃しています・・・
0715_92.jpg
0715_93.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年7月14日

雛との出会い

ようやく2週間以上前から大きな魚を給餌されていた雛に出会うことができました。嘴の先端が白くはないので、巣立ち後10日は経っていると思います。ということは親からの給餌もそろそろ終わりそうです。今日は3羽が同じ場所にいるところを目撃したカメラマンがいるので、最低でも3羽は巣立ったのでしょう。今日は、給餌狙いで、川沿いで1時間以上粘ったんですが、ペアの給餌も、親から子への給餌も撮ることはできませんでした。結局池に戻って飛び込みの撮影・・・相変わらず移動を繰り返すカワセミに翻弄されました。6時半過ぎに飛来したときには、1度飛び込んで失敗、その後どこかへ飛び去ったかと思ったら、水路近くで大魚を捕って川の方へ飛んで行ったので、後を追ってみると、川で雛を見つけました。間違いなく給餌の後です、水浴びをして下流へと消えて行きました。とりあえず雛に出会えてよかった・・・明日こそ親から子への給餌を撮るチャンスに恵まれるとよいのですが。

今は晴れていれば6時~6時15分がゴールデンタイム、これは5時49分だったので、少し早かったですね。でもいい色は出てます、お魚までゴールデン・・・
0714_31.jpg
その1コマ前です・・・その前の水出から2コマは、すぐ後ろにあった石にピントを持っていかれてピンぼけでした。
0714_30.jpg
実はこの後、大魚の串刺し状態が甘かったせいで、落下してしまいました。
0714_45.jpg
その後遠いところで見事にゲット!
0714_32.jpg
ゴールデンタイムの6時過ぎに飛来して、期待が高まりましたが、15分以上羽づくろいなどしながらのんびり過ごして消え去りました。どっと疲れた・・・!(^o^)
0714_33.jpg
再び現れたのは6時半過ぎ、もうとっくにゴールデンタイムは過ぎてましたが、大きな魚を捕ってくれさえすれば何も言うことはなかったのですが・・・お魚なし!
0714_34.jpg
0714_35.jpg
0714_36.jpg
0714_37.jpg
暗くなってくると、目立つところに止まってくれないとカワセミを見つけることはできません。結局どこへ行ったか分からず、そろそろ帰ろうかと思った時に、水路近くで採餌したのを目撃、その後川の方へ持っていったので後を追ってみると、いました、可愛い雛が・・・
0714_38.jpg
大きな魚をもらって満腹、塒へ行く前にちょっと水浴び・・・って感じでしたね。
0714_39.jpg
0714_40.jpg
0714_41.jpg
今日はフィールドに着いたらまず給餌狙い、メスを見つけたので、オスがくるのを10m以内の至近で待ちました、1時間も! 結局来なかったので、高解像度のトマリモノをいっぱい撮りました。(^o^)
0714_42.jpg
0714_43.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年7月13日

巣立った?

2週間前から大きな魚を運んでいたので、すでに巣立っていてもおかしくないと思っていましたが、昼間から来ていたカメラマンが池の周辺で雛に給餌しているところを目撃したそうです。私がフィールドに着いた5時過ぎにも大きな魚を捕りましたが、確かに餌を運んで行く方向が違っていました。急ぎ運んで行った方へ行ってみると、2個体が並んでいるところを発見! シャッターを切る前に、一方が飛び去ってしまいましたが、それは幼鳥ではなかったです。ということでどうもオスは雛にではなく、メスに給餌したようです。しばらくすると再びオスが飛来、また採餌後に同じ方向へ飛んで行ったので、また同じ場所へ急行・・・オスもメスもいませんでした。どうも今まで雛に運んでいたオスだったようです。うむ、難解すぎてよく分かりません。(^o^) その後池の方に来なかったので、給餌のあった場所へ行ってみると、メスがいたので待つことに・・・でもメスと私が待っていたにもかかわらず、オスは来ませんでした。もう7時を過ぎてしまったので、諦めて撤収・・・しかし酷いもので、今日も暑い中機材を持って何度かダッシュさせられましたが、移動中にしか飛び込まない・・・辛い日々が続きますね。(^o^)

メスが飛び去った後、しばらくオスだけ残って羽づくろい・・・10mくらいの至近に近づいて撮影。
0713_31.jpg
その後移動してから、何もせず飛び去りました。
0713_32.jpg
メスは給餌撮影に絶好の場所で20分以上も私とオスを待ちました。
0713_33.jpg
しびれを切らして、というかお腹を空かしてでしょう、暗い葉陰へ移動・・・何かを狙っている感じ・・・
0713_34.jpg
死角へ飛び込んでエビを捕っていました。
0713_35.jpg
さらに10分くらいオスを待っている風でしたが、空腹が満たされていなかったようで、また採餌を試み・・・何か捕ったようですが、高感度でアンダー気味に撮ったので、解像もしていないし、これ以上明るくもできません、単なる証拠写真すが、今日唯一の貴重なトビモノでした。(^o^)
0713_36.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年7月12日

改善せず・・・

ただ暑いだけって日が続いてます。もう少しパフォーマンスが多ければ、暑さも我慢できるんですが・・・状況は改善せず、6時過ぎには暗い、雲行きが怪しくなったので早めに撤収しました。

こういうクリアな写真が撮れればいいのですが・・・
0712_31.jpg
今日は2度お魚付きのチャンスがあったのですが、背中向き、最悪の羽の開き・・・
0712_32.jpg
0712_33.jpg
0712_34.jpg
正面向きはピン甘ばかり・・・
0712_35.jpg
明日も期待薄かな・・・

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年7月11日

ホバホバ・・・

今日は所用でカワセミ撮影はお休み、6月27日に川で撮った在庫からホバホバを・・・久しぶりに60コマくらい連写できて気持ちが良かった、ホバは何度でもいっぱい撮りたいですね、カメラは無限連写可能、メモリーは1枚128GBなので一度のホバで1000コマくらい・・・(^o^)

ほぼピクセル等倍・・・D500での撮影でしたが、この解像感は、カメラの違いは関係なく、レンズ「400mm f/2.8E FL ED VR」単体の解像力の違いでしょうね。
0711_31.jpg
0711_32.jpg
ここから始まり・・・
0711_33.jpg
0711_34.jpg
0711_35.jpg
0711_36.jpg
0711_37.jpg
0711_38.jpg
0711_39.jpg
0711_40.jpg
0711_41.jpg
0711_42.jpg
0711_43.jpg
0711_44.jpg
0711_45.jpg
0711_46.jpg
0711_47.jpg
0711_48.jpg
0711_49.jpg
0711_50.jpg
0711_51.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年7月10日

本当に暑い!

今日も5時過ぎにフィールド着でしたが、本当に暑かったです。暑さのせいか、朝からのカワセミの出は最悪だったそうです。で、そういう話しを聞いていると、すぐにオスが飛来・・・ところが暑い中、ただ待たされただけで終了。すると久しぶりにメスが飛来、一気に期待が膨らみました。そしてその期待通り、数分後に飛び込んでくれたのですが、採餌に失敗。すぐに元のピラカンサの枝に戻って再挑戦かと思ったら瞬間、オスが来て追い払ってしまいました。その後もオスは居座り続けるも、なかなか飛び込まず・・・どれくらい待たされたのか覚えてないくらい・・・ようやく飛び込んでお魚ゲット。再度移動を繰り返して、もう一度お魚をゲットして、雛へ運んで行きました。その後また飛来したのですが、20分以上待たせるだけ待たせて何もせずに飛び去りました。本当に暑かっただけで終了でしたね。カワセミ撮影が熱くなるような状況になって欲しい!

メスが飛来したときには嬉しかった・・・
0710_31.jpg
まだ集中力があったので、豪快な水飛沫だけのタイミングから撮れました、毎度のことですがお魚なしは淋しい・・・
0710_32.jpg
0710_33.jpg
0710_34.jpg
0710_35.jpg
0710_36.jpg
0710_37.jpg
0710_38.jpg
0710_39.jpg
オスの飛び込み場所が悪すぎ・・・もっと手前に飛び込んでくれていたらよかったのですが・・・水飛沫の柱が分厚かったので当然ピントはカワセミまで合いませんでしたが、これはこれで面白い・・・
0710_40.jpg
すぐにピントが近い背景に持っていかれ、ピンが戻ったり、外れたりの繰り返し・・・
0710_41.jpg
0710_42.jpg
0710_43.jpg
いつもは欄干に止まって料理するんですが、そのまま持ち去りました。
0710_44.jpg
メスの飛び込み時は、手前の石と重ならなかったので、カワセミにピントが来ましたが、この時は完全に石の後ろに飛び込んだので、6コマもピントが石に貼り付いたままでした。
0710_45.jpg
ようやくピントが来た!
0710_46.jpg
0710_47.jpg
0710_48.jpg
0710_49.jpg
トラベの枝で料理して雛へ持っていきました。
0710_50.jpg
0710_51.jpg
0710_52.jpg
0710_53.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年7月 9日

とにかく暑い!

今日は4時頃に、一度外へ出たのですが、あまりにも暑いので、涼しい部屋へ戻ってしまいました。(^o^) 改めて5時頃に出かけましたが、やっぱりまだ暑い! そして最悪なのは、カワセミが飛来しても飛び込まない、移動を繰り返す、飛び込んでも魚を捕らない・・・というパターンが、本当に体力も気力も奪ってしまいますね。しかも今日は散々振り回されて6時過ぎにようやく魚を捕り始めたのですが、2度も水面の映りが気になって移動している時にお魚ゲット・・・呆然、愕然・・・大魚をくわえたカワセミが止まり枝に戻るのをただ見守りました。(^o^) もう限界、6時半に撤収しました。

豪快な水飛沫、お魚なし! 羽には水飛沫の影が・・・
0709_31.jpg
カワセミも強い陽差しが気になったようで顔を覆ってました。
0709_32.jpg
0709_33.jpg
0709_34.jpg
水面色がいい時間帯なので、しっかり魚を捕ってよ!とお願いしたんですが・・・
0709_35.jpg
豪快な水飛沫、またお魚なし!
0709_36.jpg
0709_37.jpg
0709_38.jpg
0709_39.jpg
豪快な水飛沫、やっぱりお魚なし!
0709_40.jpg
0709_41.jpg
0709_42.jpg
0709_43.jpg
0709_44.jpg
0709_45.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年7月 8日

変わりなし!

暑い、ダメなオスの居座り・・・辛い日々は続きます。今日も4時半過ぎに行ったのですが、飛び込まない、移動を繰り返す、飛び込んでも失敗するで、翻弄されっぱなしでした。暑い中、機材を担いでの移動は本当に辛いです。

暑いときには豪快な水飛沫が、少しは「涼」を感じさせてくれますね、6時過ぎてもまだ暑かった・・・
0708_15.jpg
0708_16.jpg
0708_17.jpg
0708_18.jpg
この後1度だけ雛に運んで行きました。
0708_19.jpg
0708_20.jpg
0708_21.jpg
ダメなオスの方は成功確率が20%くらいにまでダウンです、このままでは生存は難しいかも・・・
0708_22.jpg
0708_23.jpg
0708_24.jpg
0708_25.jpg
花とカワセミ・・・やっぱりお魚があるとよかった!
0708_26.jpg
こんな感じで失敗ばかり繰り返してました、付き合わされているこっちが疲れます。(^o^)
0708_27.jpg
0708_28.jpg
0708_29.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年7月 7日

あのカワセミが復権

あのカワセミとは、飛来してもなかなか飛び込まない、飛び込まずに移動を繰り返す、そして飛び込んでも失敗するオス個体です。復権というのは、池で縄張りを主張し始めたようなのです。今日も暑いので、フィールドに着いたのは5時前、すでに暑い中、頑張っていたカメラマンの話では、魚を捕った後、中洲のブッシュの中へ消えてお休み、別個体が池に来ると、すぐに追い払うので、撮影チャンスが激減したとのこと。実際5時15分くらいに姿を見せたときには、15分くらい飛び込まず、いい加減集中力がなくなった時に突然飛び込む・・・勿論一瞬のタイミングを逃して水出に全く間に合わずでした。中州へ消えて1時間後に再び出てきて、やっぱり10分以上も飛び込みそうで飛び込まない、やっと飛び込んだと思ったら失敗して、そのまま川の方へ飛び去りました。するとその3分後に、雛に餌運びをしているオスが飛来、すぐに飛び込んでお魚をゲット、自分で食べてから数分休んで再び飛び込んで、またお魚ゲット、それを雛に運んで行きました。6時41分、終了です。

最後まで顔が見えず・・・
0707_31.jpg
0707_32.jpg
暗くて飛び出した後の動きがファインダー内で見えないので、この後一旦フレームアウト・・・
0707_33.jpg
飛び飛びで数コマ、ピントが来ましたが、顔が見えないことには変わりはなかったです。
0707_34.jpg
0707_35.jpg
次の飛び込み時の水出は、さらに素晴らしい・・・目にドンピシャで水飛沫の水滴が・・・勿論羽の開きも悪い・・・
0707_36.jpg
この後またフレームアウト・・・やっぱりもっと明るいときに撮りたい!
0707_37.jpg
雛の元へ・・・
0707_38.jpg
0707_39.jpg
0707_40.jpg
フレームアウトで、撤収! 成果に乏しい日でした。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年7月 6日

暑い!

カワセミ撮影が「熱い」状況になればいいのですが、日々ただ暑いだけでは、辛いですね。今日はその暑さを避けて4時半頃にフィールド着、運良く、カワセミが出迎えてくれたので、すぐに撮影開始・・・3度続けて飛び込んてくれましたが、お魚付きは1度もなし、どうなってるの? カワセミも暑さの影響がある?(^o^)

お魚付きは3度あって、3度とも撮れましたが、しっかり追従できずに残せたデータがわずかでした。
0706_31.jpg
0706_32.jpg
カモはカワセミが近くで飛び込んでも無反応でした。
0706_33.jpg
水出、2コマとも羽の開きが悪すぎ・・・
0706_34.jpg
0706_35.jpg
こちらに向かってくると、やっぱりAFの追従は難しいですね。
0706_36.jpg
0706_37.jpg
結局今日もお魚なしの方がデータが多く残りました。
0706_38.jpg
0706_39.jpg
0706_40.jpg
0706_41.jpg
0706_42.jpg
0706_51.jpg
0706_52.jpg
0706_53.jpg
0706_43.jpg
0706_44.jpg
0706_45.jpg
0706_46.jpg
0706_47.jpg
0706_48.jpg
0706_49.jpg
0706_50.jpg
まだ雛にお魚を運んでました。
0706_54.jpg
0706_55.jpg
0706_56.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年7月 5日

ホバ・・・

今日は所用でフィールドへ行けなかったので、在庫のホバを紹介します。川で待っていると、やっぱりホバのチャンスはありますね。

ショートホバでしたが、最後の1コマだけ残せました。
0705_31.jpg
暗いところでのホバ・・・露出が難しい・・・正面だと羽が開いていないと絵になりませんね、19コマ中9コマ・・・
0705_32.jpg
0705_33.jpg
0705_34.jpg
0705_35.jpg
0705_36.jpg
0705_37.jpg
0705_38.jpg
0705_40.jpg
0705_39.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年7月 4日

ツキなし

今日は6時頃から雨という予報通り、雨になったので早々撤収しました。相変わらずカワセミが移動を繰り返すので、暑い中、機材を担いで行ったり来たり、撮影チャンスも少なく、成果も乏しく・・・折角のお魚付きもまた顔隠れでツキもなし、疲れた!だけでした。

こんなところに止まってくれました、ちょっと季節感がありますが、カワセミは映えませんね。
0704_31.jpg
遠くで飛び込んで、遠くへ飛んで行く・・・好ましいパターンじゃないですね。
0704_32.jpg
0704_33.jpg
0704_34.jpg
0704_35.jpg
飛び込んでもまたお魚なし・・・
0704_36.jpg
0704_37.jpg
0704_38.jpg
0704_39.jpg
欄干の下へ飛び込んで、大魚を落としてしまいました・・・欄干にピントを取られてピン甘、証拠写真。
0704_40.jpg
0704_41.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年7月 3日

求愛給餌

今日はツキがあったのか、なかったのか・・・4時半過ぎにフィールドへ、5時前にオスが飛来、ピラカンサから飛び込み、お魚ゲット、雛の元へ飛び去りました。5時半過ぎに再び飛来、ピラカンサからトラベへ移って15分くらい羽づくろい、そのまま何もせずに川の方は飛び去りました。6時半前に再来してトラベから28分に飛び込み、超小魚をゲット、何故こんな魚を捕って食べたのか意味不明・・・その後数分後に再び飛び込んで、大物をゲットして雛の元へ。ツキがないなと思ったのは、顔隠れのカット、羽閉じのカットが多かったからですが、もう一度、チャンスがあれば、と期待して待つも、来ない。暗くなってきた6時50分頃、川の方でカワセミの鳴き声が聞こえたので、カメラを担いで行ってみると、暗いところで2羽並んでいるところを発見・・・あれ、魚をくわえている! 慌ててレンズを向けたら、何と「求愛給餌」でした。想定外の出会いだったので、露出のことなど全く念頭になく、とりあえずシャッターを切りましたが・・・池でトビモノを撮るために設定のままだったことに気づいて給餌後すぐに適正露出にして撮ったのですが・・・結果は肝心の求愛給餌が超アンダーでした。よりによって昨日までは6時以降、D500からD5に換えていたのに、今日に限ってD500のままでした。ISO6400で露出アンダーは、流石に厳しすぎます、適正露出はSS1/160秒・・・D500は適正露出であれば、ISO6400でもまだ許容なんですが・・・求愛給餌が撮れたことは、本当にツキがあったと言えるのですが、露出失敗で、あ~悲しい!(涙)

今日はこの1枚だけでよかったのですが・・・(^o^)
0703_31.jpg
これがカメラのAFの現実です、D500に限らず、D5もC社のカメラも同じ!
飛び込んだところへレンズを振ったのですが、手前の石にピントが取られてしまって、5コマまで完全にピンぼけ・・・以下、ジャスピンの1カットを挟んで、6、7、8コマ目まで・・・ノートリ、リサイズのみ・・・
0703_32.jpg
0703_33.jpg
0703_34.jpg
お魚を料理して、雛の元へ・・・
0703_35.jpg
0703_36.jpg
0703_37.jpg
0703_38.jpg
0703_39.jpg
0703_40.jpg
6時28分、顔が隠れて見えない・・・
0703_41.jpg
0703_42.jpg
0703_43.jpg
ようやく顔を出してくれました・・・採餌失敗かと思ってよく見ると、小魚を捕らえたようです。
0703_44.jpg
羽の開き具合が悪いのが3コマも続くとは・・・
0703_45.jpg
0703_46.jpg
0703_47.jpg
羽が開いたと思ったらピン甘・・・やっぱりツキがない。
0703_48.jpg
次のチャンスでは完全にタイミングを逸して、水出に全く間に合わず、ピンが来たのは顔の見えないこの1枚だけ・・・うむ、修行不足だ・・・
0703_49.jpg
偶然に撮れたカットですが、超カワイ~!
0703_50.jpg
雛の元へ、この後は戻りませんでした。
0703_51.jpg
6時55分、もっと明るいときに給餌してよ~・・・現像時に+2補正・・・ノイズが半端じゃないです。
0703_52.jpg
0703_53.jpg
0703_54.jpg
0703_55.jpg
SSを1/800秒から1/160秒へ変更して適正露出で撮影・・・ISO6400
0703_56.jpg
0703_57.jpg
この後オスが飛び去り、メスは給餌にさらに撮影に良い場所へ移動・・・オスよ、魚を持ってきてくれ!と祈りましたが、10分経っても来ませんでした。
0703_58.jpg
場所を移動・・・流石に暗い! ISO12800という感度は、D500では初挑戦! SS1/30秒、勿論F2.8で開放・・・ノートリをリサイズしただけ・・・
0703_59.jpg
メスと私は待ち続けましたが、オスは来ない・・・7時23分、もう暗すぎて目視できなくなったので、諦めて撤収・・・最後はF2.8、ISO25600、SS1/30秒・・・こんな条件下で撮ってどうするの?!(^o^)
0703_60.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年7月 2日

暑くなって・・・

暑くなってきましたね、30度を超えてくると、カワセミを待つ時間が長く感じ、とても辛くなります。今、池には複数の個体が行き来しているので、30分毎にコンスタントに飛来してくれると嬉しいのですが・・・今日は2時頃にフィールドから「今日はいいですよ~」という電話があったので、暑いので気乗りしませんでしたが、2時半から待ちました。結局一番暑いときに出は悪く、良くなったのは5時頃からでした。言い訳にしかならないですが、暑い上に飛び込みまで長時間待たされると、本当に集中力が削がれてしまいますね。水出の瞬間に間に合わない、連写しても続けてピントが来ない・・・ま、すべては修行不足ってことなんですが。明日は35度くらいになる予報・・・出撃は5時頃ですかね。

飛び込み時には必ず1コマくらいはデータを残せていますが・・・
0702_31.jpg
0702_32.jpg
0702_33.jpg
0702_34.jpg
丁度今、黄色い花が咲いているので、その前を通過するタイミングを狙ってはいるのですが、背景が近いこともあって小さな被写体のカワセミにはなかなかピントが合いません。せっかくお魚付きでピントが来たのに、肝心の目が隠れてしまいました・・・
0702_35.jpg
雛への餌運びは続いています。魚が大きいので巣立ちは近そうです・・・
0702_36.jpg
0702_37.jpg
お魚付きで水面の映りが良かったのは、この1枚だけでした。
0702_38.jpg
お魚がないときに限って羽の開き具合いいというのは、本当にツキだけの問題なんですかね?
0702_39.jpg
0702_40.jpg
ほぼピクセル等倍・・・羽の表裏が見える絶妙なタイミング・・・こういう時にお魚が欲しい!
0702_41.jpg
かなり遠くでの飛び込み・・・大トリしてもこのサイズは厳しい・・・
0702_42.jpg
0702_43.jpg
0702_44.jpg


投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年7月 1日

漂う静けさ

今日も雨模様、5時前にフィールドに着きましたが、パフォーマンスはすでに終了後でした。異様な雰囲気、静けさ・・・6時過ぎになっても飛来せず、諦めモードに入ったときにようやく姿を見せてくれました。ところがトラベの枝とピラカンサの枝を、飛び込むことなく2往復半、飛び込んだ後はお魚がないまま飛び去りました。ほぼ最悪・・・でも5時までは良いパフォーマンスだったと聞いています。

水面の映りもよかったのですが・・・またお魚なし!
0701_31.jpg
0701_32.jpg
ここからピン甘に・・・何かカメラも暇すぎて元気がなかったみたいです。(^o^)
0701_33.jpg
0701_34.jpg
一昨日は夕方何度か餌運びをしていたのですが・・・
0629_51.jpg
0629_52.jpg
0629_53.jpg
0629_54.jpg
0629_55.jpg
0629_56.jpg
0629_57.jpg


投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年6月30日

飛来するも・・・

雨がやんだので4時過ぎに出撃・・・オス2個体、メス1個体が飛来するも、パフォーマンスは悪かったですね。昨日まで餌運びしていたのに、今日は1度もなし・・・おかしい! 6時過ぎにようやくメスが飛来、ピラカンサの枝から飛び込んで、お魚ゲット、自分で食べた後、川の方へ立ち去りました。

水出の後、どっちへ行くべきか迷ったのか、イレギュラーな動きをして飛び去りました。
0630_31.jpg
0630_32.jpg
0630_33.jpg
0630_34.jpg
0630_35.jpg
0630_36.jpg
0630_37.jpg
0630_38.jpg
0630_39.jpg
0630_40.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年6月29日

カワセミの幼鳥

撮りたかったカワセミの幼鳥が飛来して、ほんの少しだけですが遊んでもらいました。恐らく巣立ち後3~4週間は経過していると思いますが、まだ高い位置からの飛び込みは無理のようで、欄干から4度飛び込みましたが、魚を捕れたのは1度だけ、しかも超ミニサイズの魚・・・ちゃんと成長してくれるのか心配になりました。しかし幼鳥は可愛いですね。(^o^)

カモがシエスタしている横へ飛来・・・
0629_31.jpg
最初の飛び込みで小魚をゲット!
0629_32.jpg
0629_33.jpg
0629_34.jpg
その後はすべて失敗・・・もっと修行しなさい!
0629_35.jpg
0629_36.jpg
0629_37.jpg
0629_38.jpg
0629_39.jpg
0629_40.jpg
0629_41.jpg
0629_42.jpg
0629_43.jpg
0629_44.jpg
0629_45.jpg
0629_46.jpg
0629_47.jpg
0629_48.jpg
0629_49.jpg
ピクセル等倍・・・
0629_50.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年6月28日

池か川か?

カワセミは本来「清流の宝石」と呼ばれるように川に生息する鳥ですが、今では魚のいるところであれば、池でも沼でもいたるところで出会うことができます。今通っているフィールドは池ですが、昨日久しぶりに朝から川で出会いを楽しみました。そこそこ楽しませてくれたのですが、やっぱり綺麗な写真を撮ろうと思うと、水面色など、池の方がよいとつくづく感じました。昨日今日と5時以降に池へ行きましたが、短い時間でも、撮影チャンスが1度でもあれば、お気に入りの写真を残せる確率は高いように思います。今日はデータを処理する時間がないので少しだけ紹介しておきます。

オスは本当に採餌が下手すぎ・・・お魚付きはもうほとんど期待してません。ただこの時も魚があればどんなに良かったことか・・・と思うだけですね。この水面の背景色は、高い位置からの撮影になる川では無理ですね。しかも川は絶えず流れがあるため、陽の当たる時間帯は水面反射でカワセミの色を表現するのが難しいです。
0628_30.jpg
昨日紹介したメス個体は、今日も夕方に姿を見せて、高確率でお魚をゲットしていました。
0628_31.jpg
0628_32.jpg
最後の採餌・・・また南側の池、6時38分、昨日よりは明るかったので、ヨンニッパ単体でF3.5、ISO8000、SS1/800秒でした。暗いのに、ザリガニを捕るとは、本当にこのメスは狩りが上手ですね。
0628_33.jpg
昨日川で撮ったそのメスのホバです。1コマだけ紹介します、残りは後日・・・
0628_34.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年6月27日

誰もいない!

今日も5時過ぎにフィールド着、誰もいない! カワセミの出が悪くなったから、カメラマンの数が減った? いや、違うでしょう。カメラマンの数が減ったから、カワセミの出が悪くなったのだと思います。(^o^) 少ない観衆の前では、パフォーマンスも悪くなって当然です。さあ、明日からピラカンサの花が咲いていた時のように大勢のカメラマンでフィールドを盛り上げましょう! それで今日の報告です。5時15分と40分に飛来しましたが、何もせず飛び去りました。トマリモノは撮らなかったので、どの個体かは未確認。雨が降りそうで暗くなってきたので諦めて機材をリュックザックへ収めていると、トラベの前の欄干へ飛来・・・よせばいいのにまた機材を出して急ぎ欄干へ・・・と、前を見たらカワセミはいない! トラベの向かい側の南の池にいました。そして3度も飛び込んでくれました・・・が、6時半前でしたが本当に暗かったです。ISO12800、勿論F値は開放の2.8、SSは1/640秒まで落として撮りました。今更ですが、流石ニコンD5とヨンニッパの組み合わせ、そこそこ解像もしてましたね。

下嘴が赤い・・・メス? 今日のデータはすべて感度はISO12800。
0627_31.jpg
暗くてカワセミの位置確認ができないまま飛び込みを待ちました。ここは飛び込む枝が低いので、ホント、速い、一瞬です。水出は見事にピンぼけでしたが、5コマ目から何とかピンが・・・
0627_32.jpg
0627_33.jpg
0627_34.jpg
0627_35.jpg
水浴びではなく、採餌失敗です。
0627_36.jpg
0627_37.jpg
0627_38.jpg
0627_39.jpg
今日最後の採餌は見事に大失敗・・・暗いのに、いや、暗いからか・・・獲物が大きすぎましたね。手前に飛び込まれて近すぎ・・・ピントが間に合いませんでした、証拠写真です。
0627_40.jpg
この後そのまま川の方へ・・・私も撤収しました。掲示板投稿者fugafuga! さんの質問の答え・・・多分、この個体は池では珍しいメスでしょう、下嘴は間違いなく赤いし、この独特の髪型(^o^)、ピクセル等倍・・・
0627_41.jpg
0627_42.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年6月25日

もっと明るい・・・

もっと明るいときに撮りたい・・・流石に7時ではね。今日も「今、カワセミがいますよ」コールがあって出かけました。しかも「大きな魚を捕りました」という報告・・・ということは少なくとも1時間は飛び込みは期待できないですよね。次回から「後15分したら飛び込みます」という連絡が欲しいと、お願いしましたよ。(^o^)
午後から4時半前までは、数回飛び込んでしっかり魚を捕ったそうです。私がフィールドに着いたのは5時前、その後6時半までに3度、飛来しましたが、いつものパターンで、ただ場所を移動するだけで一度も飛び込まずに「顔見せ」に来ただけでした。今日は1枚も撮れずに終わりかと思っていたら、6時55分に再度飛来・・・トラベとピラカンサの止まり枝から1度づつ飛び込みましたが、2度とも魚なし・・・結局、私はお魚を見ることはできませんでした。ホント、未だにこのオスが何をしに飛来するのか理解できません。

ピラカンサから飛び込んだ後、石の上で意味不明な仕草・・・
0625_30.jpg
その前の飛び込み・・・水出の瞬間が良かっただけにお魚が欲しかった・・・
0625_33.jpg
0625_34.jpg
0625_35.jpg
0625_36.jpg
トラベからの飛び込みはまた水出に間に合わず・・・
0625_31.jpg
0625_32.jpg
いくらD5でも、やっぱり高感度では撮りたくないです。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年6月24日

少しは・・・

少しは状況が良くなっているのかもしれません。池の主、つまり縄張りにしている個体が決まった感じでしょうか・・・もう飛来するのは若オスだけです。すぐ近くの池には求愛給餌があったとのことで、繁殖失敗による仕切り直しか、2番子の仕込みなのかはわかりませんが、見せてもらったメスの姿を見る限り、少なくとも抱卵、育雛はしていたと思われます。しかしすぐ近くで求愛給餌をしていながら、メスが全く飛来しないというのが不可解、恐らく春まで縄張りにしていたメス個体でないということなのでしょう。飛来を期待している幼鳥は、今日は姿を見せていないようです。
12時過ぎに「今、カワセミ来てますよ~」とフィールドから電話があったのですが、流石に暑い中待つのは辛いので、4時頃出かけました。今日もカメラをセットしたらすぐに欄干にいるのを発見・・・でもやっぱり飛び回って2度飛び込みましたが、結局採餌には失敗したまま消え去りました。再飛来したのは5時20分、トラベから飛び込むもまた失敗・・・その後転々と飛び回って、遠くの柳から飛び込んで大きめの魚をようやくゲット、それっっきり7時まで待ちましたが再飛来はありませんでした。本当に魚はいっぱいいるのに、魚を捕ったところを見たのは1度だけでした・・・ま、それでも少しは良かった、ですかね。(^o^)

遠くの柳から死角に飛び込んだ後、飛び去るところにレンズを向けたら、2コマだけ残ってました。
0624_31.jpg
0624_32.jpg
トラベからの飛び込みは、想定外の手前に飛び込まれたので、AFがついていけずに水出はピンぼけ、5コマ目でようやくピンが来てくれました。
0624_33.jpg
ジャスピンだったので、大きな魚をくわえていたらよかったのに・・・
0624_34.jpg
この後またピンが抜けて飛びつき前に・・・
0624_35.jpg
魚を食べてないのに、食べた直後みたい・・・
0624_36.jpg
5時35分にまた飛び込んだところは遠い柳から・・・被写体が小さかった上に、向かってくるシチュエーションでしたが、意外にデータは残ってました。久しぶりにD500での撮影でしたが、やっぱりテレコン付けずにヨンニッパ単体(実質ロクニッパ)の方がAFの動きもいいのかも、12コマ中8コマ・・・大トリしてます。
0624_37.jpg
0624_38.jpg
0624_39.jpg
0624_40.jpg
0624_41.jpg
0624_42.jpg
0624_43.jpg
0624_44.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年6月23日

変わりなし!

2日続けて行かなかったので、今日は様子を見に行こうと思っていたら、5時前にフィールドから電話が・・・「今、カワセミが来てますよ~」「今いるということは、今から出かけたらもういないってことじゃない?」などと冗談を言い合って出かけてみたら、やっぱりいなかったですね。(^o^) でもすぐに欄干にいるのを見つけて、今日は久しぶりに良さそう、と期待したら、何もせずにすぐに飛び去ってしまいました。で、再び飛来したのは6時15分、いつものようにすぐには飛び込まない、10分も待たされたので、当然水出に間に合わず、4コマ目からようやくピントが合って数コマ残せました、が、勿論お魚なしです。そのままどこかへ消えてしまって、再び飛来したのは6時50分、暗いんだから早く飛び込めよ~と、カワセミ語で言ったら、飛び込まずに欄干へ移動、そこから杭に移動して、欄干の下に飛び込んで小魚をゲットしてました。1匹だけで満腹になるはずはないのに、そのまま消えてしまいました。そそ、昼間から来ていた方の話しでは、幼鳥が姿を見せて小魚を捕っていたとのことですが、ホント、悪い状況に変わりなし!ですね。

ワンチャンスなんだから、魚はしっかり捕って欲しい・・・
0623_31.jpg
0623_32.jpg
0623_33.jpg
下には魚がいっぱいいるはずなのに、どうして飛び込まないの???
0623_34.jpg
ここから素直に手前に飛び込んでくれれば良かったのに・・・
0623_35.jpg
死角になる欄干の下から出てきたところ・・・
0623_36.jpg
0623_37.jpg
今日の成果もこれだけとは・・・本当に淋しい~

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年6月20日

ちょっぴり・・・

今日は全く気が乗らず、行く気はなかったのですが、フィールドのカメラマンから呼び出し電話・・・家を出たのは5時半でした。若オスが5時頃に飛来して採餌、小魚をくわえて飛び去ったとのことでしたが、その後一度「顔見せ」で飛来、6時過ぎにようやく再飛来していつもの枝に止まりました。そこから飛び込みに失敗・・・水出がジャスピンだったのに魚なしとはね・・・再挑戦で飛び込んだときには、見事に小魚をゲットしたのですが、石の後ろだったので全くピントが合わず・・・その後欄干で不可解な動きを見せた後、さようなら! その後も「顔見せ」飛来はありましたが、当然消化不良でした。ま、カワセミとの出会いはあったんだから、よしとしましょう。

この枝からは飛び込み場所がよくない・・・
0620_30.jpg
石の手前に飛び込んでくれたので、水出のカワセミにビシッとピントが来たんですが・・・
0620_31.jpg
0620_32.jpg
問題はこの後、またもカメラの不可解な動き・・・マジでこういうことを繰り返されたらカメラを信じることができなくなりますね。本当にカワセミをど真ん中にとらえていたのに、どうしてピントが後ろの石に持っていかれるのか??? ノートリ、リサイズのみ・・・
0620_33.jpg
ピクセル等倍で切り抜くと、カワセミの陰になっている石にピントが・・・名機D5よ、頼むぜ~、もっとしっかり働いてくれ!(^o^)
0620_34.jpg
この後欄干でカメラではなく、カワセミが不可解な動き・・・もしかしてこれが「カワセミダンス」?
0620_35.jpg
0620_36.jpg
0620_37.jpg
0620_38.jpg
0620_39.jpg
0620_40.jpg
0620_41.jpg
0620_42.jpg
0620_43.jpg
0620_44.jpg
0620_45.jpg
0620_46.jpg
0620_47.jpg
0620_48.jpg
さよなら!
0620_49.jpg
0620_50.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (3)

2017年6月19日

もうダメだ!

5時過ぎに様子を見に行き、7時10分まで待ちましたが、ついに姿を見せませんでした。「顔見せ」だけで1枚も撮らなかったことはありましたが、全く飛来せず、姿を確認できなかったのは初めてです。もうダメですね。当分の間お休み・・・梅雨は関係ないはずですが、梅雨明けまで動きがないかも。

7時10分、撤収前に飛び跳ねていた魚を撮りました、ISO51200です。(^o^)
0619_31.jpg
在庫をチェックしてみたら、「魚なし」の方が多いですね、お魚付きは大体紹介しているので、在庫は本当にこんな感じの「魚なし」ばかりです。
0619_32.jpg
0619_33.jpg
明日はどうするか・・・散歩がてら様子見には行くとは思いますが・・・

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年6月17日

巣立ち雛が・・・

昨日は所用で行けなかったので、今日は5時過ぎに様子を見に行きました・・・ほとんど期待しなくなったので出撃時間が遅くなってしまいました。(^o^) いつものように飛来するまで池の周りを散歩・・・45分歩いてもまだ来ない、やっぱりもうダメかと思いながらさらに散歩を続けていると、5時55分にトラベの枝に飛来しました。でもカモの飛び出しに驚いてあっさり移動、そして何もせずに川の方へ消えて行きました。今日も単なる「顔見せ」? それとも「ご挨拶」? やっぱりダメなんだ、と思っていると、6時15分に再度飛来、ピラカンサの枝から果敢に飛び込むも、見事に失敗・・・そしてそのまままた川の方へ消えてしまいました。ホント、魚も取らずに一体何をしに、何のために池に来るの? と、再度戻って来たら訊いてみようと思っていたら、6時29分に戻って来た!!! 欄干に飛来したのでレンズを向けてみると、あれ、違う個体・・・全然違う、胸が黒っぽい、嘴も短い・・・巣立ち雛じゃない! と思っていたら、さっきの若いオスが欄干に飛来、しばらく雛の様子を伺っていましたが、雛が飛び立つとすぐに後を追って反対側の欄干へ移動、32分に結局柳の奥の方へ逃げ込んでいた雛を追い出してしまいました。雛に縄張りを主張するなら、「顔見せ」に来るんじゃなく、もっと頻繁に来てカメラマンにサービスしろよ、とよ~く言い聞かせました。ははは、マジで私のカワセミ語が通じたようで、3分後にピラカンサの枝に戻って来てすぐに飛び込みましたよ。(^o^) 私の方が面食らって完全にタイミングを逸してしまい、水出に間に合いませんでした。その後、2度飛び込んで失敗、最後に飛び込んだのは6時44分、自分で食べて川の方へ消えました。明日は巣立ち雛が採餌に来てくれると嬉しい・・・ちょっと期待が持てるようになりました。(^o^)

もっと早く来いよ!!!
0617_31.jpg
何もせず、挨拶だけなら来なくていいよ~
0617_32.jpg
魚を捕るまで何度でも飛び込んでよ~
0617_33.jpg
0617_34.jpg
短い嘴の先端が白いので、まだ巣立ち後数週間の雛ですね。どこで巣立った雛だろう?
0617_35.jpg
仲良く一緒に採餌すればいいのに・・・池には魚はいっぱいいるんだから・・・
0617_36.jpg
0617_37.jpg
水出に間に合わず、8コマ目でようやくピントが・・・
0617_38.jpg
ここで一瞬ジャスピンに・・・でも羽閉じだ・・・
0617_39.jpg
0617_40.jpg
欄干で食べた後すぐにまた枝へ・・・
0617_41.jpg
かろうじて欄干の手前だったのでファインダー内に入りましたが・・・
0617_42.jpg
顔は隠さなくてもいいのに・・・短い足が目立つじゃない・・・
0617_43.jpg
最後にやっとまともにお魚付きが撮れました・・・
0617_44.jpg
0617_45.jpg
0617_46.jpg
0617_47.jpg
0617_48.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2017年6月15日

もうダメかも・・・

本当に状況は良くなりません。カワセミの飛来数は激減、飛来しても何もしない・・・つまりちょっと「顔見せ」って感じでは、正直、待つこと自体が辛くなりますね。ま、散歩も兼ねて出かけているので、1枚も撮れなくても構わないのですが・・・今日は5時半頃フィールド着でしたが、飛来したのは6時40分でした。暗いので証拠写真レベルのデータしか残せないし、もうダメかも・・・と思いつつ、益々フィールドが遠く感じられるようになってしまいました。

まずはここへ飛来しますが、何もせずに移動・・・
0615_31.jpg
以下、移動先の欄干からの飛び出し・・・撮影はこれで終了です。
0615_32.jpg
0615_33.jpg
0615_34.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年6月11日

恐らく・・・

恐らくもう池にオスとメスが交代で頻繁に飛来することはないでしょう。推測ではありますが、ここ数日、早朝から夕方までメスが姿を見せなくなったこと、いつも夕方に飛来していた採餌の下手なオスも来なくなったことから・・・今日確認できましたが、夕方に来ていたオスは別個体・・・巣穴にいたはずの雛に不幸があったか、親に何か異変が起きたかのどちらかでしょう。とても残念です。そもそもこのペアの繁殖行動が、通常のパターンとは違っていたので、状況の把握が難しかったですね。とにかく魚がいっぱいいる餌場として、縄張りとして最良ともいえる池に来なくなったことが理解できない、飛来しても採餌せずに飛び去る・・・何故? ピラカンサの止まり枝など、お決まりの場所以外で採餌する・・・何故? 不可解なことばかりです。

今日は5時前に様子を見に行きましたが、オスが5時19分に飛来、飛び回った末に水路の奥にいたようで、突然聞こえたポチャンという音に反応してレンズを振ったら、2コマだけピントがきていました。1発で仕留めたこと、そのまま料理もせずに川の方が飛んで行ったことから、ちょっといつものオスとは違うなと思いました。
0611_31.jpg
0611_32.jpg
5時52分にトラベの枝に飛来・・・2、3分羽づくろいした後に飛び込んで、また1発で仕留めました・・・トラべに戻ってすぐに食べたので、給餌用にもう一度飛び込むかなと期待しましたが、川の方へ飛び去ってしまいました。
0611_33.jpg
0611_34.jpg
0611_35.jpg
0611_36.jpg
0611_37.jpg
背中向きだとちょっと区別が難しいですが・・・
0611_38.jpg
魚を食べた後・・・脚を見ると、若だと分かりますね、採餌の下手なオスではないです。
0611_39.jpg
6時40分に再度飛来しましたが、何もせずに飛び去りました。
0611_40.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年6月10日

我慢の日々

我慢の日々が続きます。今日はオスが飛来したのが6時27分、欄干に数分止まって獲物を狙っているような仕草は見せましたが、結局飛び込まず、反対側へ飛び去って終わりでした。暗いのでどこにいるか確認できず、撤収しました。

この1枚だけ、欄干からの飛び出し・・・
0610_31.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年6月 9日

ほぼ最悪!

今日は早朝も昼間も、そして夕方も出が悪すぎて最悪状態でした。4時過ぎに出撃しましたが、オスが姿を見せたのは7時でした。

0609_31.jpg
この後飛び込みましたが、相変わらず採餌に失敗・・・
0609_32.jpg
ISO12800・・・もっと明るいうちに来て欲しい・・・
0609_33.jpg
0609_34.jpg

投稿者eisvogel : 23:29 | コメント (0)

2017年6月 7日

出が悪く・・・

何か相変わらずカワセミの動きが読めません。夕方の出が悪すぎましたが、オスは捕った魚をすぐに持ち去りました・・・間違いなくまだ雛に給餌してますね。

水出に間に合わず・・・
0607_31.jpg
0607_32.jpg
0607_33.jpg
0607_34.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年6月 6日

虹とカワセミ・・・

今日は5時50分頃、雨がやんだ後に虹が出ました。丁度ピラカンサのいつもの止まり枝に来てくれれば、「虹とカワセミ」が撮れたのに・・・オスは来たんですがピラカンサを素通りして飛び去ってしまいました、残念。それから1時間待ちましが、諦めて撤収しようと片付けを始めたら来ました。欄干から飛び込んでザリガニを捕りました。D500では暗すぎて、証拠写真にと思って撮りましたが、高感度の画質が悪すぎて証拠写真にもなりませんでした。

トラベの枝では、虹が入らない・・・
0606_30.jpg
結局トビモノ系でまともに撮れたのは1コマだけ・・・出が悪すぎましたね。
0606_31.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年6月 4日

カメラの設定

水出からどうも上手く追従しないので、今日はカメラの設定を変えてみました。私はAF以外はすべてマニュアルで捕っていますが、結局そのAFがカメラ任せなので全くコントロールできない・・・今日の結果などは本当にそのよい例でしょうね。

D500で25点で撮ってますが、ロックオンの設定を鈍感4にしたら、水飛沫やカワセミの羽の開き具合だけで簡単にピントが動いてしまうみたいです・・・鈍感3でも同じような結果になることもありましたが・・・
結構近くに飛び込まれて・・・18mくらい・・・ほぼど真ん中でカワセミが水中にいるときの水飛沫をとらえました・・・完璧です。ノートリ、リサイズのみ・・・
0604_31.jpg
次のコマ・・・カワセミが出た瞬間にピンぼけ! どうしてピンが手前に持っていかれたのか不明・・・
0604_32.jpg
次のコマもまだピンぼけ・・・
0604_33.jpg
次のコマでようやくピンがカワセミに戻りました・・・微妙に被写体が中央からズレてはいましたが、25点の枠外に出ていない・・・
0604_34.jpg
そして水出の瞬間・・・開いた羽ではなく頭部にジャスピン・・・理解不能!
0604_35.jpg
次の瞬間はピン甘・・・
0604_36.jpg
次の瞬間は25点から外れてましたが、ピンは残ってました。
0604_37.jpg
そして次はまたほぼ25点内でピントが完全に戻ってました・・・が、その後7コマファインダー内で追いましたがもうすべてピンぼけ・・・
0604_38.jpg
結論・・・カメラ任せで撮る以上、結果には期待はしない・・・文句は言えない・・・ですかね。(^o^)
今日はオスが出迎えてくれたのですが、相変わらずなかなか飛び込んでくれないので、集中力不足で2度も撮り損ねてしまいました。そこへ期待のメスが登場・・・一気に集中力が回復したのですが、何かおかしい・・・メスはそれほど待たされることもなく飛び込むのですが、失敗ばかり、そして飛び込み場所を転々と移動・・・カメラの設定変更もあってか、ほとんど連写で複数コマ、残せませんでした、修行不足ですね。
0604_40.jpg
0604_42.jpg
0604_43.jpg
0604_44.jpg
どうも採餌の失敗は、育雛の疲れではないかと・・・水浴びの後に私の目の前にちらっと飛んで来てくれたのですが、何か現状を伝えたかったのかも・・・なんて思ってます。
0604_45.jpg
0604_46.jpg
0604_47.jpg
0604_48.jpg
0604_49.jpg
ボロボロって感じですね、お疲れ様!
0604_50.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年6月 3日

久しぶりに・・・

4時半頃にフィールドに着くと、久しぶりにカワセミのメスが出迎えてくれました。オスが給餌用の魚を運んでいたので、元気だとは思っていましたが・・・でもオスと違ってカメラをセットする前にすぐに飛び込んで大魚をゲット! 自分で食べてお休みのため茂みの中へ・・・30分くらいで出てきてまたすぐに飛び込んで失敗・・・別の場所へ移って・・・とてもこのハイペースについていけずにカメラを担いでいるときにまた飛び込んで、結構大きめの魚を捕ってそのまま川の方へ飛び去りました。入れ替わりでいつものオスが飛来したのは5時半過ぎ・・・相変わらず採餌が下手・・・それでも6時50分までに3回捕って、2回は川へ運んでいきました。メスもオスも普通サイズの魚を運んでいるので、雛はもう順調に大きくなっているのだと思いますが、運ぶ回数、時間間隔を考慮すると、1羽か2羽しかいないのではないでしょうか? 卵は5、6個産んでも受精卵が1個、2個だったってことは十分に考えられます。1羽でも2羽でもいいから、雛が元気な姿を見せてくれると嬉しいですね。

ホント、久しぶり・・・育雛、お疲れ様!
0603_31.jpg
0603_32.jpg
オスも育雛、頑張ってくれているようですが、本当に採餌が下手なのが心配・・・この時も水出から完璧だったんですが、やっぱりお魚がないのは淋しい・・・
0603_33.jpg
0603_34.jpg
0603_35.jpg
0603_36.jpg
0603_37.jpg
0603_38.jpg
0603_39.jpg
0603_40.jpg
0603_41.jpg
0603_42.jpg
0603_43.jpg
0603_44.jpg
0603_45.jpg
折角夕陽の当たるタイミングだったのですが、10分以上待たされたこともあって、全く追えずにこの1コマだけ・・・
0603_46.jpg
で、魚を捕ったときは・・・水面がいい感じでしたが、とにかく遠かった・・・超トリミングしてもカワセミはこのサイズ・・・この魚は川へ・・・
0603_47.jpg
0603_48.jpg
0603_49.jpg
0603_50.jpg
0603_51.jpg
柳から飛び込んだのですが、被写体が小さい上に背景が近くてピントが合わず、この1枚だけ・・・この魚も川へ・・・
0603_52.jpg
6時50分、最後に自分用に捕りました・・・画質のことを考えてSS1/500秒にしていたのですが、ま、タイミングの問題もありますが、被写体ブレ・・・
0603_53.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年6月 2日

強風で・・・

今日は強風だったので、どうせオスは採餌はできないだろうと思って5時過ぎに出かけました。案の定、オスが飛来したのは6時過ぎ、相変わらず場所を変えては飛び込まず、飛び込んだと思ったら採餌に失敗を繰り返してました。結局餌を捕ったところは見ることも、撮ることもできませんでした。本当にこのオス、大丈夫???

何か飛び込みは背中向きばかりで、ツキにも見放されてきたかな・・・
0602_31.jpg
0602_32.jpg
0602_33.jpg
0602_34.jpg
0602_35.jpg
水出に全く間に合わず、この後石にも止まらずに飛び去りましたが、結構追従してくれました。
0602_36.jpg
0602_37.jpg
0602_38.jpg
0602_39.jpg
0602_40.jpg
0602_41.jpg
0602_42.jpg
やっと横向き・・・でもやっぱり魚なし!
0602_43.jpg
0602_44.jpg
0602_45.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年6月 1日

好転せず

オスは必ず姿は見せますが、飛び込まず・・・何もせず・・・好転せずですね。夕方限定で通い続けていますが、しばらくの間、お休みしたくなりました。オスのお付き合いはもう十分、メスに来てもらいたい!

お魚ゲット!
0601_31.jpg
0601_32.jpg
0601_33.jpg
0601_34.jpg
運んで行きました・・・
0601_35.jpg
小物をゲット!
0601_36.jpg
0601_37.jpg
お魚なしもビシッとピントが来たのはこの1枚だけ・・・ホント、待ち疲れて集中力もなくなりました。(^o^)
0601_38.jpg
トマリモノ2種・・・
0601_39.jpg
0601_40.jpg
こういう写真を撮ると、気持ちまで暗くなりそう。(^o^)
0601_41.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年5月31日

疲れました

もうオスの相手をするのは疲れました。とにかく飛び込まない、餌を捕れない・・・本当に集中力が維持できません。(^o^) いつものように5時過ぎに飛来、いつものピラカンサとトラベの止まり枝を行ったり来たり、落ち着いたと思ったら20分以上も何もせず・・・そしてやっと飛び込んでくれたと思ったら・・・

水面の色がいい時間帯だったんですが・・・
0531_31.jpg
0531_32.jpg
0531_33.jpg
よく方向転換するので、ピンは外れることが多いですね。ファインダー内にとらえていたので4コマ目後に再びピンが戻りました・・・
0531_34.jpg
0531_35.jpg
0531_36.jpg
0531_37.jpg
またピンが外れて・・・流石にもう戻りませんでした。
0531_38.jpg
背中向きだったので何かを捕ったのか最後まで分からず・・・いや、捕らなかったでしょうね。(^o^)
0531_39.jpg
0531_40.jpg
0531_41.jpg
また失敗! こちらも1コマしたデータ残せず・・・
0531_42.jpg
目の前に飛び込まれて・・・近すぎてピンがきたのはこの1コマだけ、ようやく捕ったザリガニをメスに運びました、メス思いにはちょっと感動しました。(^o^)
0531_43.jpg
またトラベの枝から飛び出してショート・ホバ・・・しっかり背景にピントを持っていかれ、残せたデータはホバ終了で枝に戻るところでした。
0531_44.jpg
戻り方がイレギュラーで着地寸前に何とか撮れました、やっぱりカワセミは美しい!
0531_45.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年5月30日

いつもと同じ・・・

今日も4時過ぎからカワセミ観察しましたが、メスは飛来せず、いつもと同じようにオスが懸命に採餌・・・2時間の間に2度大きな魚をメスの待つ営巣場所?へ運んでいました。ま、順調なんじゃないでしょうか・・・

カワセミは本当に美しい! ホバ終了の瞬間・・・
0530_31.jpg
相変わらず飛び込みまで待たされるので、集中力の維持は困難・・・さらに連写をして羽の開き具合やピントで納得できるカットは少ないですね。
0530_32.jpg
0530_33.jpg
0530_34.jpg
0530_35.jpg
0530_36.jpg
お魚付き、不調でこの後が続きません・・・
0530_37.jpg
0530_38.jpg
お魚なしの時の方が何故かデータが残る・・・
0530_39.jpg
0530_40.jpg
0530_41.jpg
0530_42.jpg
水出から6コマ目ですが、まだ頭部に大きめの水滴が残ってる・・・
0530_43.jpg
0530_44.jpg
0530_45.jpg
トラベからは結局1度も飛び込みはなかったですが、ホバはありました・・・相変わらずカメラのAF、ピントを背景にしっかり持っていきましたが、トラベの枝のおかげですぐに戻ってくれました・・・が、背中向き・・・
0530_46.jpg
しかも羽閉じ数コマ続きましたが・・・結果いい感じで撮れました。(^o^)
0530_47.jpg
0530_48.jpg
0530_49.jpg
ホバ終了後も数コマ追従してくれました。
0530_50.jpg
0530_51.jpg
0530_52.jpg
0530_53.jpg
0530_54.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年5月29日

順調?

今日も4時過ぎにカワセミの様子を見に行きましたが、メスの姿は確認できませんでした。でもオスが大きな魚を給餌用に運んでいたので、メスがまだ抱卵していて順調に進行しているのだと思います。それでオスですが、やっぱりダメですね、今日も採餌に失敗する方が多かったです。ま、失敗を繰り返しても捕れるだけいいですが、メスや雛の分まで捕り続けることができるのか?

大物ゲット!
0529_31.jpg
0529_32.jpg
0529_33.jpg
0529_34.jpg
また大物ゲット! 羽の開き具合が悪いのが残念・・・
0529_35.jpg
0529_36.jpg
0529_37.jpg
0529_38.jpg
0529_39.jpg
お魚なしは何度もありました・・・
0529_40.jpg
0529_41.jpg
0529_42.jpg
0529_43.jpg
0529_44.jpg
0529_45.jpg
0529_46.jpg
0529_47.jpg
今日も暗くなるまで頑張ってましたが・・・D5、ISO12800・・・
0529_48.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年5月28日

孵化?

昨日の朝方、メスのパフォーマンスが爆発したという某ブログ報告を見て、よせばいいのに久しぶりに早起きして6時前にフィールド着・・・期待したメスは9時を過ぎても姿を見せませんでした。例のオスが、例のようなイライラするパフォーマンス・・・なかなか飛び込まない、飛び込んでも魚が捕れない・・・でもメスに変化が起きたことが分かり納得! メスは飛来しましたが、いつもの止まり枝から採餌はせずに、比較的小物の多い小さな池の方で採餌、そして最後に捕った小魚を川の方(営巣場所)へ持っていくようになったのです。私が抱卵開始を予測したのは、5月9日~11日(ブログ記事参照!)です。9日頃から卵を1個づつ産卵し、今日から孵化し始めたということなのだと思います。産卵日が違うので、同日に複数孵化することはないはずです。とりあえず孵化した雛に餌を運びつつ、残りは抱卵を続ける・・・私の推測が正しければ、数日以内にすべての卵が孵化し、オスメスが頻繁に餌運びを始めるるでしょう。このペア、通常の繁殖期の行動パターンと違うので心配していましたが、順調に進んでいたようです。嬉しい! ただ引き続き懸念されるのは、オスが相変わらず採餌が下手すぎることです。極端に低い採餌の成功確率では、育雛ができるのか? メスの負担が大きくなりすぎてダウンしないことを祈るばかりです。
パフォーマンスは期待できそうもないので10時前には一旦帰宅、再び4時過ぎに出直しました。いつものオスが出迎えてくれましたが、状況は変わらず・・・採餌の成功確率は2割程度でしたね。ただ感心したのは、ようやく捕った大魚をメスの待つ川の方へ運んでいきました、父親の自覚は芽生えたようですよ。(^o^) その後戻って来て7時頃まで採餌を試みていたところまでは確認しましたが、結局最後の食事ができたのかは不明・・・

最後の最後に今日一日のモヤモヤが消えました・・・目の前で披露してくれたショート・ホバ・・・6時57分でした。ISO6400というD500では許容感度の限界を超えていましたが、適正露出など条件が揃えば許容範囲だということも分かりました。縦位置にトリミング、リサイズのみです。
0528_65.jpg
早朝のよい陽が当たって飛び込んでくれてもお魚なし・・・羽の開きもこの2コマ以外は皆、完璧な羽閉じでした。
0528_31.jpg
0528_32.jpg
この時も羽が開いていたのはこの1枚だけ・・・
0528_33.jpg
飛び出しを狙ってみたら、1枚だけ残せました・・・大トリしてますが、カワセミは小さい・・・
0528_34.jpg
その後、やっぱり採餌に失敗、しかも背中向き・・・強い陽が当たってブルーがとても綺麗ですね。
0528_35.jpg
0528_36.jpg
0528_37.jpg
背景は欄干・・・ほぼピクセル等倍・・・
0528_38.jpg
欄干からの飛び出し・・・ほぼピクセル等倍・・・
0528_39.jpg
陽差しが強すぎるとあまりよい結果はえられないですね、羽閉じカット、7コマ没・・・
0528_40.jpg
0528_41.jpg
0528_42.jpg
0528_43.jpg
逆光気味・・・相変わらずお魚なし!
0528_44.jpg
夕方・・・最初の撮影チャンスではまた失敗!
0528_45.jpg
0528_46.jpg
0528_47.jpg
0528_48.jpg
ようやくお魚ゲット!(^o^) 
0528_49.jpg
0528_50.jpg
0528_51.jpg
0528_52.jpg
0528_53.jpg
0528_54.jpg
0528_55.jpg
0528_56.jpg
何度か失敗後、再度ゲット! この魚はメスへ・・・
0528_57.jpg
0528_58.jpg
0528_59.jpg
0528_60.jpg
戻って来て、6時22分、小物をゲット・・・
0528_61.jpg
0528_62.jpg
勿論空腹は満たされず、飛び込み場所を転々と移動して、6時54分・・・D500のISO6400では、当然解像しないことは分かっていても、トビモノを撮るためにSS1/640秒は確保・・・暗い中果敢に飛び込んだものの見事に失敗!
0528_63.jpg
0528_64.jpg
諦めずにまだオスの挑戦は続き、6時57分、再度飛び込み・・・しかし獲物を見失っか?ショート・ホバ・・・結局諦めたか、そのまま飛び去りました。流石に暗くて居場所を見つけて確認することは不可能なので撤収! 私は最後の最後にわずか2コマでしたが、羽が全開のホバという大物ゲットで気分爽快!(^o^)
0528_65.jpg
0528_66.jpg
0528_67.jpg
0528_68.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年5月27日

相変わらず・・・

相変わらずあのオスは採餌は下手・・・いつものようになかなか飛び込まない、そして失敗ばかり・・・私の集中力も相変わらず切れっぱなしでした。(^o^) 今日はいつものように4時半出撃・・・久しぶりにD500を使ったんですが、雲が厚くなって暗くなってくると、本当に使えないカメラですね。ISO1600が限界では、夕方はやっぱり使えないです。

今日は背中向きばかり・・・
0527_31.jpg
羽閉じばかり・・・
0527_32.jpg
お魚付きも背中向き・・・
0527_33.jpg
横向きになったら羽閉じ・・・
0527_34.jpg
欄干の下へ飛び込まれると背景に・・・
0527_35.jpg
・・・ピントを持っていかれたらまた戻る・・・の繰り返し!
0527_36.jpg
0527_37.jpg
0527_38.jpg
ISO800ならいい感じ・・・
0527_39.jpg
ISO3200なら使えいない・・・
0527_40.jpg
ピラカンサ、花がなくなっても結構いけます・・・
0527_41.jpg
何となくいい雰囲気のトマリモノ・・・
0527_42.jpg
ISO100だと、レンズ単体ということもあり、流石に解像します・・・
0527_43.jpg
0527_44.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年5月25日

やっとお魚付き・・・

今日は夕方から雨の予報でしたが、明日はまた所用で行けないので、無理して?カワセミの様子を見に行きました。いつものオスが、いつもより早く、5時前には飛来してくれたんですが、相変わらずなかなか飛び込まない、飛び込んでも採餌に失敗で、いい加減集中力が維持できずに、レンズを振るタイミングが毎回遅れてしまって、水出の瞬間は全滅でした。結局6時前に大きめの魚をゲット、私も本当に久しぶりにやっと、やっとお魚付きをゲットしました。(^o^) しかし今日は暗かった・・・やっぱりトビモノ系は明るいときに撮りたいですね。

数日間楽しませてくれたピラカンサの花は完全に散ってしまいました。今日はここにほぼ1時間いたのですが、飛び込んだのは4だけでした。
0525_31.jpg
やっぱりお魚、欲しい!
0525_32.jpg
0525_33.jpg
0525_34.jpg
0525_35.jpg
0525_36.jpg
欄干の下へ飛び込みましたが、やっぱり魚をくわえていませんでした。
0525_37.jpg
0525_38.jpg
0525_39.jpg
水出からシャッターを切ったのですが、4コマまでピンぼけ・・・5コマ目でピンが来てくれました、勿論お魚なし!
0525_40.jpg
0525_41.jpg
0525_42.jpg
0525_43.jpg
0525_44.jpg
0525_45.jpg
0525_46.jpg
0525_47.jpg
この時は飛び込みまで20分は待たされましたね、疲れました。(^o^)
0525_48.jpg
0525_49.jpg
0525_50.jpg
0525_51.jpg
最後のカットは、後でノートリをリサイズして掲示板で紹介します。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年5月24日

何となく・・・

今日は所用でカワセミ撮影はお休み・・・昨日の写真です。何となくカワセミも鳥なんだ・・・(^o^)と、思わせるお気に入りのトマリモノを1枚・・・

0524_31.jpg
遠かったですが、偶然にも良い瞬間をとらえていました・・・1/5にトリミングしてもこの大きさです。
0524_32.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年5月23日

どうも上手く・・・

どうも上手くいきません。何がって、お魚付きカワセミが撮れないのです。今日は久しぶりに早朝から出撃しました。6時半頃にオスが飛来しましたが、採餌することなくすぐに飛び去りました。そしてメスが飛来したのは9時過ぎでした。ところがいつもの止まり枝からではなく、別の場所で採餌・・・やっと来てくれて飛び込んだと思ったら失敗・・・結局10時半頃までいましたが、本当に撮影チャンスが少なかったですね。そして夕方5時半過ぎに様子を見に行くと、すでにオスが待っていてくれましたが、いつものようにいいタイイングで撮れたときに限って「お魚なし」、本当に上手くいきません。ま、運もツキも実力のうち、撮れないというのは修行が足りないということなのでしょう。

どうして魚がない!(^o^)
0523_31.jpg
ちょっと想定外のところへ飛び込まれて水出に間に合わず、4コマ目でようやくピンが・・・
0523_32.jpg
水面色もよくていい感じでしたが、この後進路を変えて・・・追従できず・・・
0523_33.jpg
ちょこっと顔見せしてくれたオスの飛び出し・・・
0523_34.jpg
羽の閉じ方が完璧!(^o^)
0523_35.jpg
0523_36.jpg
夕方もピラカンサの枝から飛び込めば水面色は素晴らしいのですが・・・
0523_37.jpg
0523_38.jpg
このタイミングでジャスピン、羽の開きも完璧・・・でもやっぱり「魚なし」・・・何故?
0523_39.jpg
お魚をくわえていればいい絵になったのですが・・・
0523_39.jpg
次は魚を捕ってね、と声はかけましたが・・・
0523_41.jpg
トラベの枝からは2度も失敗・・・しかも風があって波が立っているときには水面反射で写真になりません。
0523_43.jpg
0523_44.jpg
で、結局お魚付きで残せたデータはこれだけ・・・トベラとピラカンサの間から飛び込んだとき・・・飛び込んだ場所は水面反射で水出から数コマがピン甘でしたが途中から断続的にピンが来てくれました。
0523_45.jpg
0523_46.jpg
0523_47.jpg
0523_48.jpg
0523_49.jpg
この後、メスへの給餌のために魚を持っていきました。自分用に大きめのザリガニを捕って食べていたので、もう来ないと思って6時20分撤収。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (3)

2017年5月21日

予定通りには・・・

どうせ6時前には来ない・・・そう思って、今日はさらに遅く5時半過ぎにフィールドに着きましたが、やっぱりカワセミの世界は予定通りにはいかないですね。「少し前までメスがいて、3回も魚を捕りましたよ・・・」とカメラマンから嬉しそうに報告を受けました・・・ショック!(^o^) それじゃ、もうメスは終わり、後はオスが来るだけかな・・・などとのんびり談笑しながらカメラをセットしていたら、メスが戻ってきました。「まだ飛び込むな~」とメスに懇願したのに、目の前で料理に10分もかかりそうな大魚をゲットされてしまいました。飛び込まないときには20分、30分も待たされることもあるのに、あと20秒、30秒、待つことはできなかったのか・・・と、カワセミに愚痴っても仕方ないですね。(^o^) 結局このタイミングを逃してしまったことが、今日のツキのなさにつながってしまったのでしょう、本当にツキがなかったです。オスは予定通り6時に登場・・・ピラカンサもトラベも花はもう完全に終わってしまったので、今日は久しぶりにトビモノ狙いで気合いを入れていました。で、早速、オスがピラカンサの枝へ・・・飛び込んだはずが、途中でホバ・・・慌ててレンズを振ったらピンが背景に持っていかれ、手動でピンを戻したときにはホバ終了・・・ツキなし・・・すぐに飛び込み場所へレンズを振ったら水出に間に合いました・・・しかもジャスピン・・・久しぶりで数コマしっかり追えたし、よしよしと思った次の瞬間、石に止まっているカワセミを見たら・・・ショック! 魚がない! 全くツキなし! その後の飛び込みも水出で完璧にとらえたのに魚なし! またツキなし! その後どこへ行ったか確認できずにいたら、裏の方でしっかり大きな魚を捕ったみたい・・・完璧にツキなし! 6時15分には満腹になったオスもいなくなって、残っていたカメラマンもいなくなりましたが、私は池の周りを散歩しながらさらに待ちました。6時50分、ポチャンとカワセミの飛び込みの音が耳に・・・トベラの枝にいるじゃない・・・急ぎカメラに戻ってファインダーを覗くと暗い、とりあえずISO12800で証拠写真を1枚と思って数コマ撮ったら、飛び込まずに奥の方へ飛んで行ってしまいました。久しぶりにISO51200でトビモノが撮れると思ったのに・・・最後までツキなし! 撤収しました。
それにしても心配なのは、このオスの成功確率の低さです。もっと修行して採餌が上手くならないと・・・現状のまま30%程度の成功確率だと、この後の育雛ができないだけじゃなく、自らも生き残れないでしょう。

1週間、楽しませてくれたピラカンサの花も終了しました。来年またピラカンサと新たなカワセミとの出会いを楽しみに!
0521_31.jpg
この後の飛び込み・・・久しぶりに完璧にとらえることができたのに、しかも水面の色も素晴らしい、欠けていたのは魚だけでした。1/5に大トリしてます。
0521_32.jpg
0521_33.jpg
0521_34.jpg
0521_35.jpg
0521_36.jpg
0521_37.jpg
0521_38.jpg
0521_39.jpg
ここからピン甘に・・・その後6コマ、ファインダー内でしたがピンぼけ・・・まだまだ修行が足りませんね。
0521_40.jpg
トマリモノも魚があった方がいいって!
0521_41.jpg
次に期待してるよ~
0521_42.jpg
あら、また失敗!
0521_43.jpg
0521_44.jpg
0521_45.jpg
0521_46.jpg
0521_47.jpg
6時50分、ISO12800・・・半分にトリミング、ノイズは出ますが、解像はしてます。
0521_48.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年5月20日

ホバ・・・モドキ

今日は6時前には来ないだろうと思って、5時過ぎに出撃しました。あら、ピラカンサの花で盛り上がっていたことがウソのように・・・カメラマンは一人もいませんでした。よっぽど出が悪かったので、皆さん、早めに撤収したようです。で、読み通りオスが飛来したのは6時過ぎ、トラベの枝で羽づくろいを始めたので、しばらく飛び込まないな~と思ってトマリモノ撮影の設定に・・・ISO400、SS1/100秒・・・するといきなり飛び出してホバ・・・なのか?よく分からないけど、しばらく空中で何か始めました。何てこった、設定を変えなければ20コマくらいはしっかり撮れたのに! メスは6時15分に飛来して、今日も欄干でお食事、100発100中・・・欄干からの採餌は完璧でしたが、撮影には本当に最悪。欄干を移動して、5匹も連続してザリガニやエビを捕ったら消えてしまいました。その間オスは相変わらず採餌に失敗、1度だけピラカンサに来てくれましたが、飛び込まずにトラベの手前に移動・・・暗くて確認できなかったですが、そこから飛び込んでようやく魚をゲットしてました。6時40分に飛び去ってお終い。

トラベの花も終わりです。
0520_31.jpg
ISO3200、SS1/800という飛び込み設定をISO400、SS1/100秒に変更した直後でした。ホバのつもりだったのかは分かりません、いきなり飛び出して・・・背中向きでしたが空中で止まっていたのでレンズを振りましたが、動きがイレギュラーで意味不明・・・羽のブレ具合は幻想の世界って感じですね。(^o^)
0520_32.jpg
0520_33.jpg
正面向きになりましたが、とにかく通常のホバではなく動き回られたので、1/100秒では流石に止めることはできず、残せたデータは数枚だけでした。
0520_34.jpg
0520_35.jpg
0520_36.jpg
もっと明るいうちに飛び込めよな~! とにかく暗い! ISO6400でアンダー気味だったので、明るさを補正したら凄いノイズ・・・遠かったので1/5に大トリ、ノイズ軽減処理しています。6時35分、暗くてどこにいたのか分からなかったので、水出には間に合わず・・・飛び出した後に何故か魚をくわえたままでショートホバ?したのでピンがきました。
0520_37.jpg
0520_38.jpg
0520_39.jpg
0520_40.jpg
0520_41.jpg
暗いせいもあったと思います、この後6コマまでファインダー内で追いましたが、AFは全く追従せず・・・
0520_42.jpg
メスが飛来してすぐに撮ったカットですが、嘴に土が付いてました。
0520_43.jpg
ザリガニが好きみたいです。
0520_44.jpg
ピラカンサの花も淋しくなりました、もう終わりですね。
0520_46.jpg
6時40分、また明日来てね!と、一応、声はかけておきました。(^o^)
0520_47.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年5月19日

やれやれ・・・

昨日の様子がおかしかったので、とても心配していました。で、今日も6時を過ぎても姿を見せなかったので、これはマジでおかしい、オスとメスの関係が崩壊、最悪の巣の放棄・・・などと、悪いことばかり考えさせられました。6時19分、ようやくメスがトラベの枝に飛来・・・飛び込まずに欄干へ、そこからエビを2回採餌、ピラカンサの方の欄干へ移動・・・オスの鳴き声に反応して飛び去ってしまいました。6時26分、オスがトラベの枝に姿を見せ、採餌を試みるも失敗、ピラカンサへ移動、何もせずにすぐに奥の方へ移動・・・暗くて場所を確認できず・・・突然飛び込んでまた失敗、その後ピラカンサとトベラの間のどこかへ、やっぱり暗くて確認できず・・・目の前に飛び込んで今度は成功してトベラの枝で料理・・・そのまま食べるかと思ったら、何と給餌用にくわえて飛び去りました、6時35分でした。10分後にまたオスがトベラの枝に飛来・・・採餌が下手なオスには、もう暗すぎて採餌は無理だったようで、何もせずに飛び去りました。以上、報告おわり!

今回も止まっていた時間が短すぎ・・・ノートリ。
0519_31.jpg
トリミングしてカワセミを少し大きく・・・それでも小さい!(^o^) ピラカンサの花もそろそろ終わりですね。
0519_32.jpg
メスは欄干からエビを2度捕りましたが、水絡みの写真が撮れる場所ではないです。
0519_33.jpg
オスの鳴き声に反応したところ・・・
0519_34.jpg
オスがトラベの枝に飛来・・・
0519_35.jpg
オスは採餌失敗・・・私は撮影失敗! かろうじて1コマだけジャスピンでしたが・・・
0519_36.jpg
ようやく捕った魚をメスの元へ・・・改心してメスのために魚を捕るようになりましたよ・・・給餌の現場は確認していませんが・・・やれやれです。(^o^)
0519_37.jpg
0519_38.jpg
0519_39.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年5月18日

異変?異常?

やっぱり何かおかしいですね、本当に行動パターンが読めないです。抱卵時期の通常のオスメスの動きとは明らかに違います。

5時過ぎに飛来、結局ピラカンサの方には止まらず、トラベの枝から1度飛び込んで採餌に失敗、その後何もせずに川の方へ飛び去ってしまいました。
0518_31.jpg
それから再び姿を見せたのは6時半過ぎ・・・今日は明るかったことありますが、本当に飛来が遅い、そして欄干から数回水浴びした後、結局何もせず飛び去ってしまいました。おかしい、異変? それとも異常?
0518_32.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年5月17日

何度見ても・・・

何度見ても「ピラカンサとカワセミ」が美しいと思うのは、私だけでしょうか。
今日は仕事があって、カワセミの方はお休み・・・昨日撮った写真を再度見てみました。同じような写真ばかりですが、撮った時間帯や位置でも印象は違うはず・・・明日あたりがラストチャンスかな?

0517_31.jpg
0517_32.jpg
この位置から撮ると本当に満開!って感じですね。
0517_33.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年5月16日

まだ満開!!

今日は何と、何と早起きして7時前に出撃・・・わぉ~もの凄いカメラマンの数・・・もしかしてこのブログも情報発信源になっているのかもと、気になってしまいました。(^o^) 地名には一切、触れたことはないのですが・・・ま、場所は公園の一角、カメラマンが増えると困る営巣場所ではないし、本当に美しい「カワセミのいる風景」を楽しめる場所なので、カワセミ病を蔓延させるためにも気にせずに写真を紹介していきます。しかしピラカンサの花+新緑+カワセミ・・・トマリモノを撮らなくなった私が、これほど撮りたいと思って早起きすることってないですよ。(^o^)

0516_31.jpg
0516_32.jpg
0516_33.jpg
カワセミを大きく撮ってみました。
0516_34.jpg
トベラの花も満開! カワセミはここでも美しい!
0516_35.jpg
ちょっとゴチャゴチャしてますが・・・
0516_36.jpg
で、トビモノは? 今日も撮る余裕なし・・・と、いいながらやっぱり何度か反応してしまいました。(^o^) 水面色が素晴らしい・・・
0516_37.jpg
すぐに背中向き、羽が全開だったらよかったのに・・・
0516_38.jpg
この後、AFが追従せず・・・7、8コマくらいピンぼけの後、ようやくピンが来ましたが、顔が見えないままでした。
0516_39.jpg
0516_40.jpg
すぐに飛び込んで失敗・・・やっぱりトビモノに集中力が欠けていたので後が続かず、しっかりピンが来たのはこの1枚だけ・・・ピン甘連発、トホホ・・・
0516_42.jpg
再挑戦して大魚をゲット・・・またも後が続かず・・・
0516_41.jpg
早起きの疲れかな、と思って9時半頃に撤収しました。そして懲りずにまたいつもの時間に出撃・・・何と、あの後オスもメスも姿を見せなかったとのこと・・・おかしい、本当におかしい、6時になっても飛来せず、ついにカメラマンは私一人だけ、そして6時15分になってようやくオスが飛んできました。
0516_43.jpg
すぐにエビを捕った後、水浴び、羽づくろい・・・その後どこかへ飛び去ったのですが、5分くらいして鳴き声が・・・反対側の欄干にオスとメスが並んでました。そして暗い中、よく見るとオスが魚をくわえてる!!! もしかして求愛給餌? 長時間の抱卵に疲れたメスを慰労するために・・・「なるほど、何と優しいメス思いのオスなんだろう」と思いながら一気に期待が膨らみました・・・しかし結末は何とも悲惨!!!  信じられない!!!
最初はこの距離・・・
0516_45.jpg
メス「私のために料理してくれているのね」・・・
0516_46.jpg
メス「あら、嬉しい!」・・・
0516_47.jpg
メス「ありがとう」と言って徐々に近づく・・・
0516_48.jpg
0516_49.jpg
メス「・・・」
0516_50.jpg
メス「あら、どうしたの? 早くちょうだい!」・・・
0516_51.jpg
0516_52.jpg
0516_53.jpg
メス「早く・・・鮮度が落ちちゃうじゃない!」・・・
0516_54.jpg
0516_55.jpg
メス「ちょっと、あんた~」・・・
0516_56.jpg
メス「・・・」、オス「やっぱりあげない・・・」
0516_57.jpg
この後メスは流石に怒って飛び去りました・・・でも何故かオスはまだ魚をくわえてる・・・
0516_58.jpg
数分後、メスが戻って来ました。そしてそのメスの目の前でオスは食べてしまいました! 勿論メスはすぐに飛び去りました。
0516_59.jpg
マジで明日以降が心配、メスは怒りのあまり、巣の放棄・・・なんてことはしないと、信じたいです。ちなみに写真を見るまでは暗くて気づかなかったのですが、朝、綺麗に魅せてくれたメス、夕方はボロボロ状態になってました。狭い巣穴での長時間の抱卵は過酷なんでしょうね。まさかもうこの直前に交尾(オスが嘴でメスの後頭部を突く)はなかったと思いますが、メスの後頭部が禿げのように毛が抜けているようにも見えます。ホント、最後に魚をプレゼントすることすらできないオスには、正直、ムカつきましたね。
トラベの花に囲まれたオスを最後に撮ったのは6時45分でした・・・「オマエ、もっと女心を理解しろよ!」
0516_44.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年5月15日

満開!!

ピラカンサの花がついに満開になりました! でも撮影の方は満開とは程遠い・・・気合いを入れていつもより何と1時間以上も早く出撃したのに、結局5時半まで待たされました。本当にようやく、やっとです、期待していた場所に来てくれました。しかも反対側へ移動する時間もありました、そうです両面から撮れたのです。嬉しい! ピラカンサの花を見るのも初めてなんですが、新緑バックにカワセミ色を引き立てるいい色ですね。

ノートリ、リサイズのみ、ISO100で撮りました・・・SS1/60秒! 後で掲示板で大きなサイズで紹介します。
0515_31.jpg
反対側からもノートリ、リサイズのみ、ISO100・・・SS1/40秒!
0515_32.jpg
ここでもアングルを変えて撮りたかったのですが、ほんの数秒しか止まってくれませんでした。
0515_33.jpg
ピラカンサとは反対側になるトラベの花もほぼ満開、できるだけ花を入れようとアングルを変えてみましたが、止まっている場所ではこれが精一杯でした。
0515_34.jpg
ISO100、SS1/100秒でトマリモノを撮っていたときに飛び込まれて・・・思わず反応してトビモノもとりあえず撮っておきました。(大笑) 無意識に反応してしまうのは仕方ないですが、やっぱりトマリモノ狙いで低感度で撮っているときには無駄なことはやめた方がいいのかも・・・(^o^) RAWで撮っているので露出補正してみましたが、超アンダーで撮った画像を無理に明るくしたら、いくらISO100でもノイズでザラザラになってしまいますね、本当にこれが限界の明るさです。適正露出と思われるISO6400でSS1/640秒くらいで撮っていればこれほどノイズも気にならなかったでしょう。7コマ連写中の3コマ・・・
0515_35.jpg
このSSでは暴れている大魚は当然ブレます・・・
0515_36.jpg
しかし1/100秒で無謀とはいえ、これだけ撮れていれば、正直嬉しい!(^o^)
0515_37.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年5月14日

思い通りには・・・

今日はピラカンサの白い花が満開になるタイミング・・・とはいいながら、いつものように4時過ぎに出撃しました。朝から来ていたカメラマンは皆、満腹状態・・・オスとメスがピラカンサの花バックにいいところに何度も止まってくれたそうです。で、私は?といえば、オスもメスも飛来してきたのですが、こちらの思い通りにはいきません、悲しい! 6時半にようやく数秒・・・満開バックに何とか数コマ撮ることができました。

この花バックは初体験・・・とてもいい感じですね、カワセミは本当に美しい!
0514_31.jpg
丁度陽が照っているときにもワンチャンス・・・・
0514_32.jpg
水絡みは撮るつもりはなかったのですが、ついつい・・・でもしっかり水出の瞬間に間に合ってピンも来たのに、飛び出した瞬間から何故かピンが外れてしまいました。これは明らかにカメラのせいだ!と声高に言いたいです。
0514_33.jpg
0514_34.jpg
0514_35.jpg
この後の飛び出し、羽の開き具合がよかったのに、すべてピンぼけでした、残念!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年5月13日

理想的な・・・

このような理想的なタイミングって、2度とないかもしれませんね。2コマ目は、すでに紹介していましたが、水出のタイミング、その角度、そして羽の開き具合、さらに水飛沫や水面の映り・・・ま、好みの問題ですが、私には最高の瞬間をとらえることができたと思っています。この場所は午後から順光になりますが、陽が当たらないととても暗いです。水面から1mほどの高さにある枝からの飛び込みなので、当然ながらカワセミのスピードについていくのは大変でしたが、上手い具合に水出の瞬間に間に合って、何とか3コマまで残せました。1コマ目と3コマ目も一緒に紹介します。12コマ/秒って、タイミングが合えば、よい瞬間を量産できますね、3コマ目もいい感じです・・・(^o^)

Nikon D5 + 400mm F2.8E FL ED VR + TC14E 3 F4/ISO3200/SS1/1000
0510_32.jpg
0510_31.jpg
0510_33.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年5月12日

好みの問題

抱卵が始まって、本当に出が悪くなりました。今日も4時半頃に様子を見に行きましたが、メスは姿を見せてくれませんでした。ピラカンサの花が咲き始めたので、トマリモノをしっかり撮るつもりで2倍テレコンを付けて待ったのですが、飛来したオスは結局期待した場所には止まってくれませんでした。

オスが止まっていた枝にも花が咲いています。4箇所から撮ってみました。ノートリなのでカワセミが豆粒大ですが、どこから撮るのがよいですかね?
0512_31.jpg
0512_32.jpg
0512_33.jpg
0512_34.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年5月11日

いよいよ抱卵?

「あり得ない光景」と「不可解な光景」の翌日から、オスとメスの行動パターンが変わったように思いましたが、今日の様子からいよいよ抱卵が始まったと推測できますね。朝から来ていた方の話しでもオスとメスが同時に姿を見せることがなくなりました。今日も4時半頃にフィールドに着きましたが、メスが飛来したのは5時過ぎ、水浴びと羽づくろいを繰り返していたのは、巣穴にいた証でしょう。そして採餌・・・このメスはオスと違って採餌は上手で100発100中、完璧です・・・欄干からザリガニ、エビを10匹くらい連続して捕っていました。ここ数日、メスが主に魚以外のものを食するのは、多分卵の殻のためにカルシウムを多く補給するためでしょう。メスが食事を済ませて飛び去った後も、結局オスは飛来しませんでした。卵は1日1個づつ産むので、4、5個産み終わった数日後には、オスとメスの交互の抱卵時間が長くなるはずです。折角ピラカンサの花が咲く撮影には絶好のタイミングなのに、肝心のカワセミの出が悪くなるのが残念!

飛来してすぐに水浴びを始めました。
0511_31.jpg
0511_32.jpg
0511_33.jpg
0511_34.jpg
0511_35.jpg
0511_36.jpg
0511_37.jpg
0511_38.jpg
欄干からエビ、ザリガニばかり捕ってました。
0511_39.jpg
こういうところに飛び込まれると、ピントがあるのは背景の石ばかり・・・データはほとんど残せませんね。
0511_40.jpg
0511_41.jpg
またザリガニ捕った・・・
0511_42.jpg
ペリットはザリガニ色・・・でも産む卵は白いですよ。(^o^)
0511_43.jpg
0511_44.jpg
0511_45.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年5月10日

給餌なし!

4時半から6時までいましたが、メスは欄干から自分でエビを数回採餌、オスは5時半頃飛来しましたが、採餌するところは一度も見ませんでした。給餌はなかったと思います。オスが飛来してから、すぐにメスが飛び去ったので抱卵が始まったのかも・・・

今日はこの1枚だけ・・・カワセミは美しい!
0510_31.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2017年5月 9日

あり得ない光景

「あり得ない光景」と「不可解な光景」を写真で紹介します。(^o^)

5月7日のブログ記事の続きです。「あり得ない光景」とは、3度の求愛給餌後に私が見た光景です。オスとメスが魚をくわえて並ぶ瞬間は、実は昨年も見ていて(6月1日のブログ記事で紹介)、雛に給餌するためなら「あり得る光景」なのですが、メスが給餌された魚をくわえているときに、オスが給餌のために魚をくわえてきて並ぶという瞬間は、恐らく今後見ることはない「あり得ない光景」でしょうね。
0509_31.jpg
メスは恐らく満腹状態だったので、食べたくても食べられなかったのでしょう。でもオスがまた魚を持ってきたので、食べようとします。
0509_32.jpg
0509_33.jpg
オスの前で見事な嘴さばき・・・
0509_34.jpg
0509_35.jpg
メス「もう一度・・・」、オス「早く食べなよ!」
0509_36.jpg
メス「おっと、いけない、嘴が滑ったわ」、オス「しょうもないな、折角苦労して捕ってあげたのに・・・」
0509_37.jpg
0509_38.jpg
メス「あ~もったいない、食べたかった・・・」、オス「ほら、こっちにもっと美味しそうな魚があるよ!」
0509_39.jpg
0509_40.jpg
メス「そうね、逃した魚のことは忘れて、そちらをいただくわ」、オス「もしかしてお腹いっぱいなんじゃない?」
0509_41.jpg
メス「いや、お腹が空いてきたからちょうだい!」、オス「それじゃ受け取って・・・、(心の中で)でもオレもお腹が空いてきたな」
0509_42.jpg
メス「ちゃんと渡してよ・・・」、オス「・・・(心の中で)渡すのやめようかな・・・」
0509_43.jpg
0509_44.jpg
0509_45.jpg
メス「私にくれるんじゃないのね?」、オス「・・・」
0509_46.jpg
メス「ふん・・・」、オス「そんなことないよ、あげるよ・・」
0509_47.jpg
メス「・・・」、オス「ほら・・・」・・・メスの脚の動きに注目! 横歩きしてます。
0509_48.jpg
メス「・・・」、オス「ほら、受け取って!」
0509_49.jpg
メス「もう、じれったい!」、オス「???」
0509_50.jpg
メス「・・・」、オス「何、怒ってるの?」
0509_51.jpg
メス「もう知らない!」、オス「???」
0509_52.jpg
メス「いらないわ」、オス「本当にいらない?」
0509_53.jpg
メス「・・・」、オス「美味しいと思うけど・・・」
0509_54.jpg
メス「いらないわ」、オス「本当に?」・・・オスの脚の動きに注目!
0509_55.jpg
0509_56.jpg
0509_57.jpg
0509_58.jpg
特にこの次からの動きは本当に不可解です・・・会話が全く見えません!
0509_59.jpg
2分間もこの状態・・・何を見ている?
0509_60.jpg
と、同時に一緒に向きを変え・・・
0509_61.jpg
さらに同時に一緒に向きを変える・・・何故?
0509_62.jpg
オスが意を決してメスに気づかれないように動き出しました。
0509_63.jpg
オス「そう、折角苦労して捕ってきたのにいらないんだ・・・、ならば食べちゃおう!」
0509_64.jpg
0509_65.jpg
0509_66.jpg
メス「ひどい、あんた、女の気持ち、全然分かってない・・・わぉ~」
0509_67.jpg
メス「もう私、怒ったわよ!」、オス「魚が大きすぎて苦しい~!」
0509_68.jpg
オス「喰った喰った・・・満腹だ~!」、メス「よくそんな満足そうな顔ができるわね」
0509_69.jpg
メス「さっさと消えてよ、もうあんたの顔なんか見たくない・・・」←相当怒っているみたいでした、明日以降が心配・・・
0509_70.jpg
その後満腹で動けないオスを本当に追い払ってしまいました。
0509_71.jpg
翌日の8日、すでに報告した通り、私の懸念が的中したのか、このペアの動き、関係が微妙に変わってしまいました・・・カワセミ界はまだまだ分からないことだらけですね。(^o^)


投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年5月 8日

いよいよ・・・

今日も夕方、様子を見に行きましたが、状況が昨日と明らかに変わっていました。5時半頃にようやくメスが飛来、10分くらいしてオスも飛来したのですが、相変わらずなかなか飛び込まず・・・交尾しようとしましたが拒まれてました。メスが自分で採餌したのは見ましたが、結局給仕があったのかどうかは確認できませんでした。6時過ぎにはメスが移動したところで7時前まで待ちましたが、流石に真っ暗になったので撤収しました。いよいよ産卵が近いのではないかと・・・思いますが、もしかしたら昨日の最後の給餌がおかしかったので、異変が・・・破局なんてことはないと信じたいです。

キョロキョロ、オスの動きを気にしているメス・・・
0508_31.jpg
0508_32.jpg
オスはその上で今日もただ頭をピクピク動かすだけで飛び込まず・・・
0508_33.jpg
トマリモノをISO100で撮っていたらいきなり飛び去ったので思わず反応・・・・SS1/60秒で流しましたが無理でしたね。(^o^)
0508_34.jpg
メスは諦めて自分で採餌・・・でも小物だから空腹は満たされなかったはず・・・
0508_35.jpg
0508_36.jpg
交尾を拒否されたところ・・・
0508_37.jpg
ISO25600、SS1/40秒・・・左側にオスが魚をくわえて飛来するのを待ちましたが、結局きませんでした。
0508_38.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年5月 7日

久しぶりに満腹

今日は短時間にいっぱい撮ることができて、久しぶりに満腹状態でした。4時過ぎにフィールド着、相変わらずオスはいるんですが、飛び込まない・・・30分くらいで飛び込み、水絡みは封印して、求愛給餌に専念するためにメスを探すと、一昨日、求愛給餌を撮った場所にいたので待つことにしました。約50分間、求愛給餌3回+α・・・またストーリー性のあるカワセミとの出会いを楽しむことができました。あまりにもデータが多すぎて、とても1度に整理して紹介することは不可能です。とりあえず給餌3回まで34枚・・・枚数が多いのですべて横位置でトリミングしました。

まずは今日の1番のお気に入り・・・オス「お待たせ!」、メス「待ったわよ!」
0507_31.jpg
始まりは4時57分・・・どこからか突然オスが飛来していきなり・・・
0507_32.jpg
この後当然すぐに魚を持って戻ってくると思って期待して待ちましたが、来ない、来ない・・・20分経っても来ない・・・今日はダメかと諦めかけたら、魚ではなく小エビをくわえて戻って来ました。しかし小エビを捕るのにどうしてこんなに待たせるの? 最初の求愛給餌は全カットお見せします、といってもあっという間、1秒もない出来事です。5時19分でした。
0507_33.jpg
0507_34.jpg
0507_35.jpg
0507_36.jpg
0507_37.jpg
0507_38.jpg
0507_39.jpg
0507_40.jpg
0507_41.jpg
0507_42.jpg
オスメス、幸せそう・・・多分、メスは栄養バランスも考えてエビが欲しかったんでしょうね。
0507_43.jpg
嬉しそう食べました。
0507_44.jpg
飛び去ったオスに「まさかこのエビだけで終わりじゃないよね」って、メスの代わりに私が訊いたのですが・・・30秒後にいきなり・・・またです。
0507_45.jpg
この後絶対にまた戻ってくると思いましたね。で、5時31分に・・・「1番のお気に入り」が撮れました。(^o^) その後の給餌シーンも約1秒間・・・似たような数カット以外の9コマ・・・
0507_50.jpg
0507_51.jpg
0507_52.jpg
0507_46.jpg
0507_54.jpg
0507_55.jpg
0507_56.jpg
0507_57.jpg
0507_58.jpg
大物を給餌したので、時間的に今日の給餌はもう終わりかなと思いつつも、いつもの撤収時間の6時半までにはまだ時間があるし、もしかしたらまたチャンスがあるかも、と期待もしていたら、何と1分後にひと回り小さいけど大きめの魚をくわえて戻って来ました。とにかく1分後です、メスが動く間もない、全く同じ位置で再び給餌、やぱり約1秒間・・・似たような数カット以外の8コマ・・・
0507_59.jpg
0507_60.jpg
0507_61.jpg
0507_62.jpg
0507_47.jpg
0507_64.jpg
0507_65.jpg
0507_66.jpg
オスが持ってきてくれたものは喜んで、と大物を続けて受け取ったメス・・・ところが何かおかしい? 何故か食べないのです。流石に1分後では満腹で食べられなかったのでしょう、メスは結局10分以上も魚をくわえたまま動きませんでした。
0507_48.jpg
このままメスが魚をくわえている時に、またオスが魚を持って戻って来たらかなり面白そう・・・と、期待して待っていたら、本当に戻って来ました、しかもまた大物をくわえて・・・5時45分・・・
0507_49.jpg
この後「あり得ない光景」、カワセミの世界の「不可解な光景」を動画のようにしっかり撮ったので、続きは明日以降・・・カワセミの生態は本当に奥が深い・・・興味が尽きることはないですね。(^o^)

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年5月 6日

まだ給餌・・・

そろそろ産卵、というタイミングなんですが、まだ求愛給餌は続いています。卵は1日1個づつ、4~6個産みます。いづれにせよ抱卵が始まると、外での給餌はなくなるので、今のウチにカワセミ撮影の醍醐味といえる求愛給餌を撮れるだけ撮っておきたいです。今日も夕方勝負で、5時前にフィールド着でしたが、珍しいお客さんが来ていました。デジスコのパイオニアで、巨大なカワセミを撮るためにデジスコを開発した大御所です。(^o^) そこでデジスコの達人を電話で呼び出して紹介しました。デジスコ談義に花が咲いたようですが、多分、お互いによい刺激をもらったことでしょう。デジスコ・カメラマンは激減しましたが・・・私自身、デジスコはもうやりませんが、撮影の道具として、この二人を見ているとまだ可能性があると信じています。

さて、今日の結果は如何に? 給餌の撮影チャンスは以下の3度でした。これは文句なし!
0506_31.jpg
これは縦並びでアングルが悪い、背景がゴチャゴチャ・・・
0506_32.jpg
これはもう言うことなし! ちゃんとカワセミにピントを合わせたのに・・・お手上げでした。
0506_33.jpg
この給餌のための採餌・・・カワセミは美しいですね、夕陽を浴びて背中のコパルトブルーが輝いてます。
0506_34.jpg
水出に間に合いました・・・
0506_35.jpg
まだ羽の開きが悪いという悪循環が続いてます。
0506_36.jpg
0506_37.jpg
一番羽の開き具合がよかったカットに限ってピン甘・・・何故?
0506_38.jpg
すぐにピントが戻りましたが、羽の開きが・・・
0506_39.jpg
久しぶりにファインダー内で追えました・・・
0506_40.jpg
0506_41.jpg
0506_42.jpg
0506_43.jpg
0506_44.jpg
その前にかなり遠かったですが、見えない場所から飛び込まれたので、水出には全く間に合わず、でも数コマ、追えました。
0506_45.jpg
0506_46.jpg
0506_47.jpg
0506_48.jpg
相変わらずオスはなかなか飛び込まないので、トマリモノも撮りました・・・縦位置、ノートリ・・・カワセミが小さい!
0506_49.jpg
これはかなりトリミングしてます。
0506_50.jpg
実はこの給餌のシーンは、5時50分、オスが昨日と同じように給餌すると思ったら、メスに渡さずに自分で食べてしまいました。また「許せない!」と思いましたが、今日は少なくとも私は冷静でした。(^o^) オスは満腹で重くなったお腹が軽くなったら、必ず魚を持って戻ってくる! と確信してました。
0506_51.jpg
6時25分、メスが鳴き始めて、何と撮影によい場所に移動しました・・・「ここよ、早く来て!」と鳴いていました。
0506_52.jpg
メスの鳴き声を聞いてオスがすぐに来てくれたら嬉しい! でも来ない・・・3分経過・・・「早く来てくれ~」と念じていたら・・・・来た!
0506_53.jpg
昨日以上に動きが速い・・・ピントが合ってシャッターを切ったら・・・
0506_54.jpg
・・・この1コマしか残っていませんでした・・・もう終わりです、何という速さ! やっぱりメスは怒っていたのかも・・・あっという間に奪い取ってしまいました。
0506_55.jpg
メスも冷静になって、オスの愛を確かめながらもっとゆっくり時間をかけて魚を受け取ればいいのに。しかし1コマだけでも撮れてよかった、嬉しい! 勿論私の言うことを信じて最後まで残って隣にいたデジスコのパイオニアもしっかり撮ってました、流石です。(^o^) その後メスがすぐに川の方へ飛び去ったので撤収! 明日も給餌はあるかな?

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年5月 5日

許せない・・・

例のカワセミのオス・・・本当に許せない、昨日はお腹を空かしたメスが鳴きながら懇願していたのに、30分以上も待たせて手ぶらで飛来、それでもその後すぐに給餌したので許してあげたのですが、今日はオスの信じがたい行動に怒り心頭でした。

5時57分にオスが大きめの魚を持って飛来、すぐに給餌・・・ほぼピクセル等倍、昨日よりもアングルが悪かったのが残念。
0505_31.jpg
・・・30コマくらい連写したのですが、何故か魚がメスに渡らない・・・こんな感じ、飛び飛びで連続8コマ。
0505_32.jpg
0505_33.jpg
0505_34.jpg
0505_35.jpg
0505_36.jpg
0505_37.jpg
0505_38.jpg
0505_39.jpg
0505_40.jpg
「あんた、採餌が下手だけど、給餌も下手ね、ちゃんと渡してよ!」とメスは言っていたのですが・・・
0505_41.jpg
0505_42.jpg
オスは気分を害したのか?渡そうとしません。
0505_43.jpg
気を取り直して振り向いて渡すのか・・・
0505_44.jpg
渡してくれたらメスも喜ぶ、私も2度目の給餌シーンがいいアングルで撮れるので嬉しい・・・
0505_45.jpg
「早くちょうだい!」とメスが・・・
0505_46.jpg
しかしオスは渡そうとしない・・・カワセミ界は不可解、意味不明! というかこのオスがおかしい?
0505_47.jpg
「ウソでしょう?」と思ったのは、メスだけではありません、私もそう思いました。給餌のために捕った魚を渡さずに持ち逃げするとは・・・メスは私の方を見て何か言いたそう・・・いや、何も言わなくたってメスの気持ちはよく理解できました。「許せない!」
0505_48.jpg
マジな話し、オスは自分で食べて満腹、メスの前で15分くらい動けませんでした。このオスとメスの間には、何とも言い難い空気が・・・
0505_49.jpg
この後オスが飛び去ったので、もしかしたら再度魚を持ってくるかもと、今日は私だけでなく、まだまともな給餌シーンを撮ったことのないという若いカメラマン3名も一緒に期待して待ちました。しかしメスが我慢しきれずに飛び込んで、何と葉被りの枝に移ってしまいました。給餌しても写真にならない・・・と嘆いていたらオスが魚をくわえて戻ってきました。お決まりの通り、そのままメスのいる葉被りの枝へ行ったら万事休す! 
0505_50.jpg
ところがメスはよほどお腹が空いていたのか、怒っていたのか・・・あるいはその両方だったのか、すぐにもの凄い勢いでオスのいるところへ突進してきました。一瞬だったので、こっちが少し慌てましたが何とかシャッターを切ることができました。
0505_51.jpg
0505_52.jpg
0505_53.jpg
本当に給餌は一瞬、メスが奪い取ったというくらい速い給餌の瞬間でした、3コマ目には終わってましたから。
0505_54.jpg
0505_55.jpg
0505_56.jpg
0505_57.jpg
0505_58.jpg
6時28分、無事メスも最後の食事ができて、ハッピーエンド、一時はこのペア、どうなるのかと懸念しましたが、明日以降も関係は続きそうです。将来のある若きカワセミ・カメラマンもしっかり撮ることができたようなので、今後の活躍が楽しみです。
0505_59.jpg
実は5時48分にこういうことがありました。だから当然給餌すると思ったのです。参考までに・・・今まで何度も撮りましたが、これほど美しく撮った記憶はありません。あくまでも生態写真、折角なのでほぼピクセル等倍で・・・
0505_60.jpg
今の時期限定、求愛給餌の撮影機会、2度あることは本当に3度ありました、嬉しい!(^o^)

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年5月 4日

粘り勝ち!

今日も5時前にカワセミの様子を見に行きました、求愛給餌はダメだろうな~と思いつつ・・・オスが飛来してきていつものように飛び込み姿勢を見せますが、なかなか飛び込まない、飛び込んだと思ったら魚なし・・・メスが飛来して転々と移動しながらオスを待っている様子・・・撮影にいい場所であったり、最悪な場所であったり・・・いずれにせよ自分で捕ろうとはしません。しかしオスが一向に魚を持ってくる気配なし。6時前からいい場所で待ってるのを見つけ、私も一緒にオスを待つことに・・・来ない、暗くなってきた・・・他のカメラマンは撤収して残っていたのは私だけ・・・待つこと40分! こういうのを粘り勝ちというのでしょうか?(^o^)

解像度を考慮するとISO6400以上の感度では撮りたくなかったので、求愛給餌では最低限必要なSS1/250秒まで落として撮りました。ピクセル等倍近くまでトリミングしてます。
0504_30.jpg
ということで2度目のチャンスも撮影にはよい場所で撮ることができました、ちょっとアングルが悪かったですが・・・この羽のブレ具合は、私のお気に入り、1/250秒ならではの結果ですね。
オスは高い位置からなかなか上手く獲物をゲットできません。朝方と違って陽の関係で獲物が見難いのかもしれませんね。今日も数回飛び込みを見せてくれましたが失敗ばかりでした。真下の小物を捕っては自分で食べてましたね。メスが近くで鳴いているのに・・・
0504_31.jpg
0504_32.jpg
これを撮ったのは5時51分、いい加減にオスが捕って持ってくるのではないかと期待して待つことに・・・
0504_33.jpg
いくら待っていてもオスが来ないので、ついにメスが我慢できず・・・そりゃ、お腹も空きますよね・・・真下に飛び込んで捕りました。
0504_34.jpg
0504_35.jpg
0504_36.jpg
0504_37.jpg
0504_38.jpg
こりゃダメかと思いましたが、メスがまだ待っているみたいだったので、私も待つことに・・・ついに来た! 6時29分でした、しかし・・・しかし手ぶらで飛んできました。メスが怒るのも当然、私も怒りましたよ、男として許せない!(^o^)
0504_39.jpg
「あんた、何考えてるのよ! 私をこんなに待たせておいて・・・さっさと魚、捕ってきなさいよ!」・・・メスの言っていることはとてもよく理解できましたね。
0504_40.jpg
実はこの後、オスが採餌するだろうかと、オスが飛んで行った方へ様子を見に行きましたが、どこにいるのか分からず戻りました・・・と同時に・・・わぉ~オスが戻って来た! 慌ててファインダーを覗き込むと給餌が始まっていたのですが間に合いました。何という速さ、給餌は本当に一瞬で終わりですよ。
0504_41.jpg
0504_42.jpg
0504_43.jpg
0504_44.jpg
0504_45.jpg
12コマ/秒でたったの5コマで終わりとは・・・どうもメスは強引に奪い取ったっていう勢いでしたね、1/250秒だったのでこういうカットはブレブレ・・・
0504_46.jpg
メスはもっと大物を期待していたようです、もらった魚のサイズに不満の様子でしたね、小物なのにすぐには食べなかった・・・
0504_47.jpg
0504_48.jpg
0504_49.jpg
メスはもろ不満顔・・・(^o^)
0504_50.jpg
オスはこの後交尾をしようとしたようですが、メスの機嫌が悪いので諦めて飛び去りました・・・
0504_51.jpg
0504_52.jpg
メスはこの後すぐに食べて飛び去ったので、私も撤収しました。本当に粘り勝ちって感じでしたが、給餌に間に合ってよかった!(^o^) 2度あることは3度ある・・・明日も期待しよう!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年5月 3日

変わらぬ状況

今日も求愛給餌はダメでした。オスが魚を上手く捕れない状況は変わらない、撮影にいい場所で給餌をしない状況も変わらない・・・そろそろ産卵、そして抱卵・・・益々給餌を撮るのが難しくなりそうです。今期、1度でもよいチャンスに恵まれただけでもヨシとすべきでしょうね。後は雛が無事に巣立って、雛への給餌が撮れることを祈り、期待しましょう。

今日もカワセミは新緑に映えて綺麗だった・・・と、思うと同時に、さっさと飛び込め~と念じていました。(^o^)
0503_31.jpg
メスが反対側の枝に飛来して鳴いていたので、給餌を期待して待ちましたが・・・来ません、オスが飛び込まないんです。メスは飛んで行ってしまいました。
0503_32.jpg
やっと飛び込んで魚を捕った! 一瞬タイミングが遅れてしまいましたが、何とか数コマ、ファインダー内・・・
0503_33.jpg
0503_34.jpg
0503_35.jpg
0503_36.jpg
でもメスはどこだ? オスが回り込んで裏の方へ飛んで行ったのが見えたので、そちらの方へ行ってみたら、またも時すでに遅し、給餌後の交尾中でした。私、交尾には興味がないのですが、枝被りだったので証拠写真を数枚とりました。(^o^)
0503_37.jpg
その後、オスがすぐに飛び込んでドジョウをゲット・・・偉いぞ、またメスのために捕るとは・・・
0503_38.jpg
0503_39.jpg
0503_40.jpg
0503_41.jpg
・・・流石のD5のAFも加速して真っ正面に向かってくる被写体はついていきません、この後のカットはピンぼけ・・・偉いと感心したのも束の間、全く反対方向へ飛んで行ってしまいました。自分もお腹が空いたんでしょう。ということで、池でのパフォーマンスは終了、ちょっと様子を見に川の方へ・・・いました! でも暗い・・・ISO25600!
0503_49.jpg
このメス、内股なんですよ、かわいい・・・(^o^)  何事も起こらず約5分後、水浴びでもしないかと期待してISO25600でかなりアンダー気味、SS1/400秒で構えていると、鳴き声が・・・オスがメスの前を通過・・・思わずシャッターを切ったら、意外に上手く撮れてました・・・残念ながら魚はくわえていませんでした。
0503_42.jpg
0503_43.jpg
ということで、最後は塒の下へ戻って来たオスを撮って撤収! ISO51200でした。
0503_44.jpg
参考までに・・カメラマンが反対方向から撮っているとこういう風になります。水面に映らないところに飛び込んでくれると嬉しいのですが・・・逆に私が水面に映っていたらゴメンナサイ!
0503_45.jpg
0503_46.jpg
0503_47.jpg
0503_48.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年5月 2日

よいことは2度・・・

よいことは2度はないですね。(^o^) 今日は2時間足らずで3度も求愛給餌がありました・・・その直前にも大魚の給餌があったとのこと。メスのお腹は見た目に大きくなっているような気がします。産卵を目前にメスは自分で採餌する気はないのかも・・・ということでオスが奮起しているようですが、相変わらず採餌は下手・・・・なかなか飛び込まない、飛び込んでも失敗するというパターンは変わりませんでしたね。

こういういいところに止まってくれるんですが、飛び込まない・・・
0502_39.jpg
飛び込むと、水面色が美しいのでこういう感じになるんですが・・・久しぶりに完璧なタイミング、完璧な羽の開き・・・でも肝心の魚がない!
0502_31.jpg
0502_32.jpg
この後いつものように羽閉じ連発・・・着地点は背景色も変わって素晴らしい! でも魚なしは悲しい!
0502_33.jpg
別の場所からの飛び込みも背景色が素晴らしい・・・でも魚なし・・・羽の開きもイマイチ続き・・・
0502_34.jpg
0502_35.jpg
0502_36.jpg
0502_37.jpg
逆光位置でも1枚だけ羽の開きがいいのが残りましたが、やっぱりお魚なし・・・
0502_38.jpg
6時半頃、メスが給餌にいい枝に止まって鳴きながらオスを呼んでいるところを発見!
0502_43.jpg
するとオスが、何と昨日と同じ枝に飛来!
0502_45.jpg
ところがメスが奥へ消えてしまい、オスも奥へ・・・暗いし、全く見えません、撮れません!でした。その後オスが川の方へ、そしてメスも後を追うように飛んで行ってしまいました。もう6時半過ぎだから何も起こらないと思って撤収・・・でもちょっと気になって川の方へ行ってみました。土手を下りると、何と目の前をオスが魚をくわえて通過・・・後を追ってみると、時すでに遅し! 給餌が終わって幸せそうに仲良く並んでいました。(^o^) メスのお腹が大きくないですか? 6時40分過ぎ、ISO12800 です。
0502_40.jpg
数分後オスが塒へ・・・メスは水浴び、ISO25600/SS1/500 です。
0502_44.jpg
メスも塒へ・・・やけくそでISO25600/SS1/500 でトビモノ・・・
0502_41.jpg
6時50分、オスの塒を発見・・・といっても動いているところに気づいただけで、暗すぎて目視で確認できずファインダーを覗いて確認、そして撮影・・・
ISO51200! F2.8/SS1/50
0502_46.jpg
さらに数分後・・・また極限に挑戦してみました。あたりは真っ暗です。(^o^) 勿論解像はしていませんが、本当に真っ暗、カワセミは見えません、それでもAFでピントが合う、写ってしまう・・・やっぱりD5は異次元のカメラなのかも・・・
ISO102400! F2.8/SS1/50
0502_47.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年5月 1日

求愛給餌

ようやく求愛給餌の撮影チャンスに恵まれました。(^o^) やっぱり年に1度はカワセミ撮影のハイライト、求愛給餌を撮らないとって思いながら、毎夕方出撃していましたが、本当にチャンスがなかった、見ることすらできなかったので、正直、諦めかけていました。それも肝心のオスが、採餌が下手で魚をいっぱい捕ることができないからです。今日は天気予報では午後から雨だったのでお休みするつもりでしたが、4時過ぎから青空が・・・5時前に出撃したらいつの間にか快晴に。オスは相変わらず、メスが近くにいるのに魚を捕る構えだけでなかなか飛び込まず、飛び込んでも失敗・・・欄干から飛び込んで小エビを捕って茂みの中へ・・・もしかして給餌?と思って探してみると・・・どうも給餌したようで、交尾してました。その後です、いつもとは違う枝に移って待つこと5分、このオスの得意技、「串刺し」で見事に大魚をゲットしました。昨日は大魚を料理した後、自分で食べてしまいましたが、今日は交尾の直後だからもしかしてと期待してメスの待つ場所へカメラ機材を担いで移動・・・料理に時間がかかると思ったので、反対側でしたが、ホント、余裕で移動してメスの居場所を確認・・・うむ、立っていては枝被りになるので座り込んで待ちました。5時50分、幸いにも晴れだったのでまだ明るさはありました。絞りは深度を考慮して1段絞り、SSは1/500秒に、感度を適正露出になるISO1600に・・・準備OK! 後ろの方で鳴き声・・・振り向くといつもの止まり枝に魚をくわえたオスが飛来・・・と、メスが飛び出したのでオスのところへ飛んで行くかと思ったら、何と近くの枝被りのない枝へ移動・・・わぉ~、そこにオスが飛んできた! 嬉しい! 以下、3秒間の出来事です。似たようなカットを10枚ほど除きました。給餌の瞬間は数コマ、0.5秒、あっという間です・・・感動の瞬間とは、そういうものです。
0501_32.jpg
0501_33.jpg
0501_34.jpg
0501_35.jpg
0501_36.jpg
0501_38.jpg
0501_39.jpg
0501_40.jpg
0501_41.jpg
0501_42.jpg
0501_43.jpg
0501_44.jpg
0501_45.jpg
0501_46.jpg
0501_47.jpg
0501_48.jpg
0501_49.jpg
0501_50.jpg
0501_51.jpg
0501_52.jpg
0501_53.jpg
0501_54.jpg
0501_55.jpg
この後オスは自分の最後の食事へ飛び去り、メスは5分以上料理するために格闘しました。
以下が「串刺し」のカット・・・お魚、苦しそう・・・しかし12コマ/秒だと羽の開きが悪いので、10コマ/秒にしてみたんですが、あまり効果はなかったですね。(^o^)
0501_56.jpg
0501_57.jpg
0501_58.jpg
0501_59.jpg
0501_60.jpg
この後もファインダーのほぼ中央でカワセミをとらえていたんですが、何故か突然背景にピントを持っていかれました、残念! しかし「本格始動」宣言して、本当によいスタートが切れました。(^o^)
ちなみに「串刺し」とは・・・ピクセル等倍で大きくすると、よく分かります。
0501_61.jpg


投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

いよいよ本格・・・

5月に入って、花粉の季節も終わり、カワセミシーズン到来! いよいよ本格始動します。まずはバッファフルになるまでホバを撮りたい・・・それは無理かな、D5+XQDカードは無限連写ですからね。(^o^)

0501_31.jpg

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (0)

2017年4月30日

相変わらず・・・

お馴染みの採餌が下手なカワセミのオスは相変わらずでした。飛び込む姿勢は見せるのですが、なかなか飛び込まず、飛び込んでも失敗して魚なし・・・午前中は求愛給餌、交尾があったようですが、夕方はメスは飛来しませんでした。ということで何もなしです。

いいところには止まってくれたのですが・・・
0430_31.jpg
0430_32.jpg
0430_33.jpg
魚がないと、羽の開きが悪いカットはみんな没ですね・・・今日はこれくらいしか残せませんでした。
0430_34.jpg
0430_35.jpg
0430_36.jpg
0430_37.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年4月28日

12コマ/秒

D5は12コマ/秒で撮れますが、どうもカワセミの場合、羽ばたき具合と合致してしまうみたいで、同じことの繰り返しに閉口しています。ま、羽が綺麗に開いているタイミングで最初のシャッターを切れば、全コマがいい感じになるのでしょうが、今日なんか最悪でした。3/4は羽閉じでした。今日も5時から撮影開始、陽の関係で水面の背景がよい時間帯だったし、結構チャンスがあったので、本当に残念・・・でした。

カワセミは美しい!
0428_31.jpg
0429_32.jpg
美しい背景で飛び出し・・・
0428_33.jpg
・・・飛びつき・・・
0428_34.jpg
ようやく魚をゲット! 
0428_35.jpg
しかしこの後5コマが見事に羽閉じで、これが一番よかったとは・・・
0428_36.jpg
本当に背景が良かったので魚なしが残念・・・
0428_37.jpg
この後やっぱり4コマ羽閉じ・・・
0428_38.jpg
これでもいい方・・・
0428_39.jpg
0428_40.jpg
0428_41.jpg
こういう感じで前の水滴にピンがもっていかれることが多いですね。
0428_42.jpg
0428_43.jpg
またも羽閉じ・・・本当にこれでもいい方ですよ。
0428_44.jpg
0428_45.jpg
方向を変えてもそこそこピントが追ってくれていたんですが・・・
0428_46.jpg
0428_47.jpg
ようやくいい感じの開き方に・・・
0428_48.jpg
超トリミング・・・こういう感じで12コマ/秒を楽しみたい!
0428_49.jpg
背景がいいとカワセミのすべてが美しい!
0428_50.jpg
で、メスが飛来したんですが、相変わらずオスは給餌する気なし、メスは自分で餌探ししてました。
0428_51.jpg
「早く大きな魚、捕ってきてよ~!」とメスは叫んでいたんですが・・・
0428_52.jpg
ちなみにオスとメスがお腹を向けて並んでいるところを比較して見ると、メスのお腹がかなり白っぽくなっていますね。もう抱卵を始めたのでしょうか?
0428_53.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年4月27日

採餌が下手・・・

今、状況がよくないので撮影時間は1時間で十分、5時に出撃しました。オスは本当に採餌が下手ですね。いつもの枝、2箇所から数回飛び込みましたが、すべて採餌に失敗。結局欄干からすぐ下にいるエビなどを捕食、全くカワセミらしくない! 求愛給餌をしないのは、自分が食べる分だけで精一杯だからでしょう、とてもメスにプレゼントする余裕なんかないのです、本当に情けないオスですね。このままペアリングが順調に進むのか、進んでいるのか???

0427_31.jpg
0427_32.jpg
まだ羽の開きが悪い・・・ツキなし状況が変わらず・・・
0427_33.jpg
0427_34.jpg
またお魚なし・・・
0427_35.jpg
ピン甘のカットも含め、この後6コマすべて同じ羽の開き具合・・・
0427_36.jpg
0427_37.jpg
一度完全にピントを外してしましたが、着地3コマ前から再びピントが戻って・・・
0427_38.jpg
6時過ぎ、感度もあがってISO6400、背景が暗いのでノイズが気になるレベル・・・ほぼピクセル等倍でカワセミの大きさがこの程度・・・距離があって被写体が小さすぎてあまり解像もしていませんが・・・
0427_49.jpg
半分の大きさにトリミング・・・小さいですが、22コマ、ピントがきてました・・・幸いにもその半分は羽の開きが許容でした、勿論お魚なし、下手クソ!(^o^)
0427_39.jpg
0427_40.jpg
0427_41.jpg
0427_42.jpg
0427_43.jpg
0427_44.jpg
0427_45.jpg
0427_47.jpg
0427_46.jpg
0427_48.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年4月25日

ホバはなし!

昨日、お仲間のブログで川の方で早朝のホバが復活したかのような大量のホバ写真を見たので、引っ越してから初めて5時に出撃しました。上手くいきませんね、いきなり大きな魚を捕ってしまい、ホバはなしで終了してしまいました。2時間ほど待ってみましたが姿を見せなかったので池の方へ移動・・・本当に久しぶりに順光で撮影を楽しむことができましたが、チャンスが少なくて残念、もっといっぱい撮りたかったですが、9時前には一旦、撤収しました。

晴れの時は順光なら背景は青空、春らしさの中で青を入れるのが私の好みです。
0425_31.jpg
いつもの止まり枝も順光だとトマリモノを撮る気にさせてくれますね。(^o^)
0425_32.jpg
その後飛び込んで大物ゲット! 水出から7連写・・・
0425_33.jpg
0425_34.jpg
0425_35.jpg
0425_36.jpg
0425_37.jpg
0425_38.jpg
0425_39.jpg
多分この後レンズの振り方が悪かったせいでしょうね、この大物を落としてしまった瞬間から5コマ、背景にピントを持っていかれてピンぼけ・・・それでもファインダー内にとらえていたので、大物を逃して失意の表情?のカワセミにピントが復活・・・でも昨日から羽の開きが悪いのは修正されませんでした。しかし順光だと背景の水面の色がいいですね・・・
0425_40.jpg
0425_41.jpg
0425_42.jpg
お魚がないときには羽の開きがいい・・・
0425_43.jpg
0425_44.jpg
17時過ぎに再度出撃してみました。18時前にメスとオスが飛来しましたが、何事も起こらず、メスはすぐに姿を消し、オスは最後の採餌を始めましたが、本当にこのオス、下手です。3度飛び込みましたがすべて失敗してました。
日没時間でしたが、それでも順光側から撮ると背景はまだこんなに綺麗なのです。唯一羽の開きがよかった1コマ・・・
0425_45.jpg
逆方向のいつもの位置では、晴天時で強風、波があると水面反射で色はなくて写真になりませんね、そう分かっていても撮りますが・・・(^o^)
0425_46.jpg
0425_47.jpg


投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年4月24日

ツキなし!

今日も出が悪いと思ったので、いつもより遅くに出撃・・・予想通りオスもメスも姿を見せず、6時前になってようやくオスが飛来・・・撮りたかった場所に止まってくれたのは嬉しかったのですが・・・

今の時期限定の背景色です、素晴らしい! 大きい画像を掲示板に!
0424_31.jpg
久しぶりに水出から25コマもファインダー内で追いかけることができたのですが、腕が悪くてピン甘連発・・・
0424_32.jpg
6コマ続けて超ピン甘・・・何故?
0424_33.jpg
ようやくピンが戻って来た・・・でも羽が閉じたまま!
0424_34.jpg
魚が重くて下降・・・これも羽が開いていない!
0424_35.jpg
完璧にとらえた上に水面がいい色になったのに、まだ羽が開かない・・・
0424_36.jpg
背景色が変わってしまってもまだ羽が開かない!!!
0424_37.jpg
少し開いてきたけど・・・
0424_38.jpg
・・・スピードにもついていけずにファインダー内ギリギリ・・
0424_39.jpg
それでも追い続けるもピン甘に・・・この後5コマ、超ピン甘!
0424_40.jpg
またピントが戻って来た・・・でも羽が閉じたままだ!
0424_41.jpg
・・・と思ったらカワセミの方が見えなくなってしまいました。
0424_42.jpg
裏を回って止まり枝に戻って数分間格闘・・・最後はやっぱりメスには運ばず自分でゴックンでした。(^o^)
0424_43.jpg
またも求愛給餌は撮れず・・・ツキも全くなし!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年4月23日

ISO25600

今日も4時から男で出撃しましたが、最悪・・・どこにいるのか、どこへ行ってしまったのか、オスもメスも姿を見せませんでした。6時前にようやくオスが飛来、でもはるか遠くの欄干からエビとかザリガニを捕るだけでいつもの止まり枝には来てくれません。粘っていた数名のカメラマンは諦めて撤収、私は昨日もワンチャンスで不完全燃焼だったのでもう少し粘ってみました。かなり暗くなってきて6時15分過ぎにようやくいつもの止まり枝に飛来・・・D5で1.7倍テレコンを付けていたので開放のF4.8で、感度をISO12800に上げてもSSは1/800秒・・・すでに条件は相当悪いのになかなか飛び込みません。どんどん暗くなってついに感度をISO25600に、SSも1/640秒・・・勿論それでもかなりアンダー気味の設定です、超厳しい状況でした、6時半ですからね。何よりも暗くてカワセミが目視できない・・・でもカワセミがいる以上、このまま飛び込まずに塒へ消えるはずがない、という確信の元にただひたすら飛び込みを待ちました・・・D500だったら絶対にこんなに暗くなるまで残りませんでしたね。結果は・・・(^o^)

この暗さではカワセミが飛び出す瞬間は分からないのです、飛び込んで水飛沫が上がらないと飛び込み位置は分かりません。ということで水出の瞬間は無理でした。流石にノイズは凄いですが、ここまでリサイズすれば普通です、流石D5!(^o^)
0423_31.jpg
縦位置にトリミングして大きくするとやっぱりノイズが・・・でもそこそこ解像しているところが、やっぱりD5の凄さですかね。
0423_32.jpg
0423_33.jpg
魚をくわえているはずだと思ってトマリモノを5、6コマ連写しましたが、暗すぎてピントが合わず半分ピンぼけでした。これは本当にこんなに暗くても魚を捕ることができます・・・という証拠写真ですが、この暗さはその場に居合わせないと誰にも分からないでしょうね。(^o^)
0423_35.jpg
3分くらい前に飛び込んだときには失敗・・・
0423_34.jpg
最後の食事を終え塒へ・・・無意識にレンズを振っただけでしたが、何と写ってました。(^o^) この感度で背景がダークだと、余計にノイズが目立ちますね。
0423_36.jpg
0423_37.jpg
本当に誰も真似はしないと思うので、参考までに紹介しました。
Nikon D5 + AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR + x1.7
F4.8 ISO25600 SS1/640

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年4月22日

着いたら雨・・・

今日は夕方から雨の予報だったので、いつもより少し早めに出撃・・・といっても15時過ぎでしたが、着いたら早々、「今、オスが飛び込んで大きい魚を捕った」と言われ、いつもの止まり枝を見ると、料理するために格闘中でした。で、メスに持っていくかと思ったら、やっぱり自分で食べてしまいました。本当にしょうもないオスだ・・・と、嘆いていると、雨、雨、雨・・・しかも本降りになってしまいました。自転車で来てるし、しばらく待つことに。30分くらいで小降りになったので、帰ろうと思ったらメスが飛来・・・水出には間に合わなかったですが、何とかワンチャンスで2コマだけ残せました。また雨が降り出したので撤収。今日も求愛給餌は撮れませんでした。いつになったらチャンスに恵まれるか・・・

0422_31.jpg
0422_32.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年4月21日

変わらず・・・

オスとメスの距離は変わらず・・・メスは明らかに給餌を求めて鳴いています・・・私、カワセミ語が分かるので・・・しかしオスは応じることはありませんでした。

0420_31.jpg
こういうところで求愛給餌を撮りたいですね。
0420_32.jpg
実はその前に採餌していたのです。
0420_33.jpg
0420_34.jpg
0420_35.jpg
18時過ぎの最後の採餌・・・オスは大魚を捕っても自分で食べてしまいました、男なら顔くらい見せろ!(^o^) この後も後ろ向きで顔見えずでした・・・
0420_36.jpg
メスはすでに諦めて自分で採餌して早々どこかへ消えてしまいました。明日は戻って来てくれるかな?
0420_37.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (3)

2017年4月19日

動きなし・・・

今日も4時過ぎからカワセミとの出会いに出かけましたが、動きなしでした。でもいつもの止まり枝で求愛給餌があったそうです。でも1度くらいではメスの心は動きませんよ、もっと頻繁に給餌しないとどこかへ消えてしまうかも・・・
機材が飛ばされてしまうほどの強風になったので、早々撤収しました。成果に乏しい40分でしたね。

背景のよいところを選ぶといい感じになりますね、やっぱり春はいい・・・
0419_31.jpg
採餌の成功確率が低すぎてなかなかお魚付きのチャンスに恵まれません。折角のチャンスも陽差しが強すぎて・・・
0419_32.jpg
羽の開きも中途半端でツキもなかったです。
0419_33.jpg
飛び出しに間に合ったんですが、また魚なし・・・
0419_34.jpg
0419_35.jpg
逆光気味でいい感じですが、イマイチ・・・
0419_36.jpg
また魚なし・・・飛び出しできずに水没・・・
0419_37.jpg
再び顔を出したけど、やっぱり魚なし・・・
0419_38.jpg
0419_39.jpg
0419_40.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年4月18日

いつまで我慢?

給餌をしないオスにメスがいつまで我慢できるか?って心配になりました。今日も近くにいるオスに鳴いていました・・・「早く捕ってきて!」と、私には聞こえましたが、オスは羽づくろいをするだけ、全く給餌する気配すら感じられなかったですね。

よいところに止まってくれたので・・・桜カワセミは撮る機会に恵まれませんでしたが、新緑カワセミも綺麗ですよ。(^o^)
0418_31.jpg
可愛い子なんですが・・・
0418_32.jpg
オスはメスがいたにもかかわらず自分で食べてしまいました。
0418_33.jpg
0418_34.jpg
メスは諦めて採餌を始めました、大魚を捕ったかな?
0418_35.jpg
0418_36.jpg
0418_37.jpg
あれ、捕ってない・・・この後も数コマ追えましたが、魚がないのはやっぱり悲しい・・・
0418_38.jpg
0418_39.jpg
0418_40.jpg
0418_41.jpg
0418_42.jpg
失敗を繰り返してました・・・可哀想。
0418_43.jpg
0418_44.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年4月14日

いつの間にか・・・

いつの間にかいつものとまり枝の手前に花が咲きました。このオス、いい加減に求愛して欲しい!(^o^)

0414_31.jpg
カワセミは美しい! ノートリの大きな写真は掲示板へ・・・
0414_32.jpg
0414_33.jpg
トビモノも少々・・・
0414_34.jpg
0414_35.jpg
0414_36.jpg
0414_37.jpg
0414_38.jpg
0414_39.jpg
18時過ぎ、最後の採餌も失敗・・・成功確率が低いというのも求愛給餌に影響しているのかも?
0414_40.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年4月13日

求愛給餌

ようやく求愛給餌が見られたそうです。ところがどこからか別のオスが進入してきて、長時間不可解な行動・・・メスをめぐる激しいバトルが見られるかと思ったら、ただ近くで牽制し合うだけ、しかも数時間、魚も捕らずに・・・

求愛給餌???
0413_31.jpg
違います、オスとオスが並んでいただけ、バトルもなしでした。
0413_32.jpg
2羽のオスが何もしてくれないので、メスは自分で採餌してました。
0413_33.jpg
0413_34.jpg
0413_35.jpg
0413_36.jpg
0413_37.jpg
0413_38.jpg
オスが給餌してくれたら、葉っぱを捕ることもないのに・・・
0413_39.jpg
オスが長時間牽制し合っている間に、メスは頻繁に鳴いていたんですが・・・
0413_40.jpg
0413_41.jpg
前からいたオス、給餌をしたのはこのオスの方です。2倍テレコンを付けて1200mm相当で大きく撮ってみました。
0413_42.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年4月 8日

今日も何もなし

メスはまだ求愛給餌を期待しているようですが、不甲斐ないオスは今日も黙り、カメラマンが期待したシーンは何もなしでした。雨が降りそうな暗い、暗い一日、久しぶりに感度をISO12800にして撮りましたが、とにかく撮影チャンスが少なくて、成果にも乏しい一日でした。ま、16時過ぎから出かけて1時間半程度なので仕方ないですかね。

トマリモノは、シャッタースピードを落として低感度で撮影・・・ISO800、SS1/50秒。
0408_31.jpg
10m以内の至近でした・・・ISO400、SS1/20秒!
0408_32.jpg
ISO12800、SS1/800秒・・・大トリしているので、流石にノイズが・・・
0408_33.jpg
この後飛び込んでエビをゲット! これが最後のお食事だったでしょう、17時50分でした。
0408_35.jpg
その前に遠い欄干から飛び込んで、やはりエビを捕ってました。
0408_36.jpg
何故かこの子、夕方はいつもの枝から飛び込むことはなく、魚ではなく、エビを食べたがっていたようです、こんな感じの獲物です。
0408_37.jpg
今日の一番のトビモノの成果ですかね。(^o^) これも感度はISO12800、SSは1/1000秒、4コマ連写・・・カワセミの糞の放出スピードも半端な速さではないですよ。
0408_38.jpg
0408_39.jpg
0408_40.jpg
0408_41.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年4月 7日

まだ先?

今日も16時過ぎに様子を見に行ってきました。オスとメスが同じ枝に止まるようになって結構日が経っているのですが、求愛給餌はまだ先のようです。とにかくオスの動きが鈍い、このままでは本当にメスはどこかへ行ってしまいそう・・・

メスは水浴び、羽づくろいを繰り返して、美しさに磨きをかけていますが・・・
0407_31.jpg
0407_32.jpg
羽づくろいの姿が美しい・・・
0407_33.jpg
と、突然オスが・・・魚もなしで飛来・・・
0407_34.jpg
メス・・・「あんた、また魚なしできたの? いい加減にしなさい!」
0407_35.jpg
メス・・・「早く魚、捕ってきてよ!」
オス・・・「そんなに怒るなよ~」
0407_36.jpg
オス・・・「分かった、捕ってくるよ・・・」
0407_37.jpg
と、言って飛んで行きましたが、魚を持ってこないのでメスはどこかへ飛び去りました。その後オスが戻って来て採餌をするのですが・・・
0407_38.jpg
0407_39.jpg
0407_40.jpg
0407_41.jpg
0407_42.jpg
0407_43.jpg
のんびり湯につかっている場合じゃないだろ~! と、私が喝を入れました。
0407_45.jpg
0407_46.jpg
0407_47.jpg
多分明日は待望のカワセミの給餌シーンが見られると思います???(^o^)

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年4月 5日

今頃恋の季節?

何か今年はカワセミの繁殖時期は遅れているようですね、もう桜が満開だというのにまだ求愛給餌も見られないとは・・・メスの縄張りにオスが入ってきたのは1ヶ月以上も前、今まで何をしていたんだ!とオスに言いたいです。(^o^)

メスが止まる枝にオスが飛んできました・・・
0405_31.jpg
すぐにオスが飛び去ったので、どこかで魚を捕って戻ってくるのではと、期待が膨らみました・・・うわぁオ、本当に戻って来た、しかも大きな魚をくわて・・・メスは思わずニンマリ。
0405_32.jpg
メス・・・「嬉しい、やっと大きな魚でプロポーズしてくれるのね。」
0405_33.jpg
メス・・・「料理も済んでもうすぐかしら。」
0405_34.jpg
メス・・・「私のために魚の向きを変えて・・・」
0405_35.jpg
メス・・・「あら、ウソ、あなた、私にくれないの? そんな・・・」
0405_36.jpg
メス・・・「信じられない、自分で食べちゃう・・・」
0405_37.jpg
メス・・・「あなたのことなんかもう知らない、好きにして、もう2度とゴメンよ!」
0405_38.jpg
・・・と言って、メスは怒って飛び去ってしまいました。さて、明日以降はどうなりますか? メスはもう戻ってこないかも・・・
大きな魚を捕る前に飛び込んだときには失敗、この時捕ってくれていれば・・・
04025_39.jpg
0405_40.jpg
0405_41.jpg
0405_43.jpg
0405_44.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年4月 2日

引っ越しました!

先月末、20年ぶりに引っ越ししました。その前も含め30年住み慣れた杉並を離れるのは、ちょっと淋しい思いですが、引っ越し先はいつものカワセミフィールドの近く、自転車で10分の距離です。今日はまだ新居が片付いていない上に、花粉も気になるので、1時間限定で16時過ぎに出かけました。成果はイマイチでしたが、カワセミとの出会いは1ヶ月ぶりでした。3月は2度の海外出張もあったので、本当にフィールドが遠かったですね。

これからもよろしく!
0402_31.jpg
桜の時期ですが、カワセミのバックが新芽、新緑でも春を感じさせてくれますね。
0402_32.jpg
トビモノはやっぱり1ヶ月もブランクがあると、目もカメラもカワセミのスピードについていけませんわ、これがベストショットでした、何か捕ったようです。
0402_33.jpg
水出には全く追いつけず・・・
0402_35.jpg
0402_36.jpg
0402_34.jpg
超トリミング・・・この後やっぱり追いつけず・・・
0402_37.jpg
0402_38.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年3月 1日

追従しない・・・

ま、修行不足、腕のせいだと思いますが、数ヶ月ぶりにD5で撮るようになってから、上手く追従しなくなりました。8コマくらいが限界・・・水出から枝に戻るまで1、2秒はあるので、12コマ以上撮れていないとおかしいのです。

お魚がないですがいい感じ、でも9コマ目からピンが・・・
0301_31.jpg
0301_32.jpg
0301_33.jpg
0301_34.jpg
0301_35.jpg
0301_36.jpg
0301_37.jpg
0301_38.jpg
お魚はありですが、羽の開きが全くよくない・・・
0301_39.jpg
0301_40.jpg
0301_41.jpg
0301_42.jpg
0301_43.jpg
0301_44.jpg
0301_45.jpg

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (0)

2017年2月26日

ホバ終了!

今日もホバ期待で早朝から3日連続で出撃しましたが、見事にその期待は裏切られました。ホバはゼロでした。流石に早起きすることのリスクが大きすぎますね、仮にまたホバをやっているという報告を受けても、私は行きません・・・花粉もかなり気になる時期になってきたので、とても1日中フィールドにいることもできなくなりますから。
ホバの気配を全く感じなくなったので、8時前には早々池の方へ移動しました。午前中順光になる場所からの飛び込みを期待しましたが、魚がいないみたいで全く飛び込ます・・・でもその指定席に何と綺麗なオス個体が・・・メスの縄張りについにオスが侵入してくるという嬉しい状況になりました。これからは花粉状況も考慮しながら、午後からの短時間勝負で撮影が楽しめたらと思っています。

このオスはスターになるか?(^o^)
0226_31.jpg
数ヶ月D500を使用し、久しぶりにD5を使用してみると、何故か上手く追従しなくなって苦戦しています。ちょっと設定の見直しをしなくてはいけませんが、カワセミ撮影はD500と割り切って使用すればいいのかもしれませんね。順光でとてもいい感じで撮れたお魚付き・・・水出はピン甘、2コマ目・・・この後5コマ目から再びピン甘に・・・
0226_32.jpg
0226_33.jpg
0226_34.jpg
0226_35.jpg
午前中は横、斜め上から強い陽差しがさすのでここに飛び込まれるとちょっと条件が厳しいです、この時も4コマ目からピン甘になって、10コマファインダー内で追い続けましたが、ピンは戻ってきませんでした。
0226_36.jpg
0226_37.jpg
0226_38.jpg
一番遠いところ、しかも背景には池の工事用のホースが・・・魚やエビ、ザリガニいるのでしょう、結構頻繁に飛び込んでいました。大トリして1/5のサイズに・・・
0226_39.jpg
0226_40.jpg
0226_41.jpg
0226_42.jpg
これは明らかに修行不足の結果です。水出に間に合わず・・・
0226_43.jpg
お~大きい! 慌ててレンズを振りすぎました・・・(^o^)
0226_44.jpg
すぐにファインダー内で修正して中央で捕らえたのですが、カメラのAFの方が修正できずに徐々にピントが甘に・・・
0226_45.jpg
0226_46.jpg
0226_47.jpg
背景色も良くなってきたのに・・・もうピンぼけ状態です・・・もっと修行しないと、ですね。
0226_48.jpg
早朝の飛び込み・・・ホバをやってから飛び込んで大きな魚をゲットするのは仕方ない、ツキがない・・・ということになるのですが、本当に期待外れ、全くホバをやる気配もなかったので、感度をISO12800まで上げて、SSを1/640秒まで確保して撮りました。水出には追いつけず、最初の2コマはピン甘、その後も対岸へ飛んでいくまで16コマ連写しましたが、その半分くらいはピントがきていました、が、被写体が小さい上にこの感度では流石に解像はしていませんでした。設定は高感度ノイズ「標準」ですが、やっぱりD5の高感度はちょっと他のカメラとは比較にならないほどいいですね。掲示板に1枚、大きな画像で投稿しておきます、参考までに・・・
0226_49.jpg
0226_50.jpg
0226_51.jpg
0226_52.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年2月25日

6時半前に終了

今日も懲りずに行ってきました。6時10着、12分からホバ開始、13分、15分2回、16分、17分、26分、29分・・・私が撮ったのは8回でしたが、6時半前にホバは終了でした。まだ薄暗い中から始まるとは思いませんでした。ホバ期待で6時半以降に来た方々、お疲れ様でした。勿論私も2日続けての早朝出撃、疲れました。(^o^)
ホバだけで100コマ以上、データを残せたので、後日紹介します・・・今日は1枚づつ紹介します。

ホバは楽しい!!
ISO6400 SS1/125秒
0225_31.jpg
ISO6400 SS1/125秒
0225_32.jpg
ISO5000 SS1/125秒
0225_33.jpg
ISO5000 SS1/160秒
0225_34.jpg
ISO3200 SS1/125秒
0225_35.jpg
ISO3200 SS1/200秒
0225_36.jpg
ISO1600 SS1/200秒
0225_37.jpg
ISO1600 SS1/200秒
0225_38.jpg

投稿者eisvogel : 22:50 | コメント (2)

2017年2月24日

早起きは三文の・・・

今日も夜明け前から出撃しました。今まで早起きは三文の「損」ばかりでしたが、今日は初めて「得」でした。(^o^) とはいっても期待したホバは7回・・・護岸に近いところでのホバは、このカワセミの行動パターンを知らなかったこともあって慌てる、焦るが重なって見事に背景にピントを持っていかれてしまいました。修行不足です。今日の収穫は、どうせなら大きくということで、2倍テレコンを付けてハチゴロー(800mmF5.6)で撮ってデータを残せたことです。

とりあえず羽の開きが具合がよいカットを1枚づつ・・・
0224_31.jpg
0224_32.jpg
0224_33.jpg
0224_34.jpg
0224_35.jpg
カイツブリを撮るつもりは全くなかったんですが、10コマも撮ってしまいました。(^o^)
0224_36.jpg

投稿者eisvogel : 22:45 | コメント (2)

2017年2月22日

最悪続き

海外出張から戻り、久しぶりにフィールドへ行きましたが、これほど悪いことはなと思って「最悪」と表現しなければいけない日が続いています。いや、今日は本当に最悪でした。池の方は魚が少ないため、とにかく飛来しても飛び込まない、集中力は切れる、久しぶりで反応が鈍いで、連写で全く追えませんでした。川へ移動後、これがまたひどい・・・一度だけいつもの枝に飛来しただけ、しかも散々待たせておいてホバなし・・・当分の間行く気がしなくなりました。

0222_31.jpg
0222_32.jpg
0222_33.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年2月13日

最良のレンズ

ここ数日ホバリングを撮っていても感じること、勿論よいデータを残すためには腕を磨く必要はありますが、それなりの道具も必要だということですね。「AF-S AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR」が最良のレンズであることを改めて実感しました。これほど解像度の高さを示すレンズはないのではないでしょうか・・・C社のレンズは知りませんが、ニコンはやっぱりいいものを作ってくれるカメラメーカーだと思いますね。
それから最近はもっぱらD500を使用していますが、その理由はこのレンズを単体で使用できるからです。やっぱり600mmF2.8というのはかなり大きなメリットになります。ISO800が許容というのは厳しいですが、AF精度など全く問題ないカメラです。カワセミとの距離がもう少し近くなるような環境になったら、D5を使ってみたいですね。

これは2/11日、池で撮った写真です。残念ながらお魚なしですが、完璧にとらえた1コマです。ピクセル等倍、画像処理なし、そのままの画像です。
F3.5 1/1000秒 ISO200
0212_31.jpg
通常はこういう風にトリミングして紹介します。水出後、3コマ目・・・ここは本当に背景が綺麗です。
0212_39.jpg
その後4コマ目・・・羽の開き具合がベストの瞬間でした。
5568x3712 → 771x514 にトリミングして 520x347 にリサイズのみ。
0212_32.jpg
背景色がいいと、水面の映りもいいですね。
0212_40.jpg
暗いときのホバ狙いの設定だと、採餌後のカワセミを追うことは難しいですが、上手く流しのタイミングの合ったこのコマだけ、F値開放の2.8にもかかわらずとてもよい結果になりました、嬉しい! 
F2.8 1/200秒 ISO400
5568x3712 → 1068x712 にトリミングして 520x347 にリサイズのみ。
0212_33.jpg
偶然ですが、この時の川の水面色はいい感じでした。
0212_41.jpg
F2.8 1/200秒 ISO500
5568x3712 → 1019x680 にトリミングして 520x347 にリサイズのみ。
0212_34.jpg
F2.8 1/200秒 ISO400
5568x3712 → 1080x720 にトリミングして 520x347 にリサイズのみ。
0212_35.jpg
F2.8 1/80秒 ISO800
5568x3712 → 1306x871 にトリミングして 520x347 にリサイズのみ。
0212_36.jpg
F3.2 1/320秒 ISO200
5568x3712 → 1074x717 にトリミングして 520x347 にリサイズのみ。
0212_37.jpg
F3.2 1/500秒 ISO640
5568x3712 → 1246x831 にトリミングして 520x347 にリサイズのみ。
0212_38.jpg


投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (0)

2017年2月11日

もっと最悪

昨日が最悪だったので、リベンジで今日も夜明け前から出撃しました。6時20分に着いたときには、何とカメラマンが10人以上・・・すでに場所取りに失敗、何となくよくない予感がしましたが、その予感が的中してしまいました。後で「かんばんやさん」のブログを見て気づいたのですが、トイレから戻ってすぐにホバが撮れたので喜んでいたのですが、その数分前に1度ホバがあったのです。待ち時間はうんざりするくらいあったのに、何ともツキがないというべきか、カワセミが私に意地悪だというべきか・・・とにかく2日間寝不足、疲れました。今日と昨日のそれぞれベストの1枚だけ紹介して寝ます。1度くらいは10秒間100コマのホバを撮りたかったです。

この羽のブレ具合が好み、お気に入りです・・・さきほど掲示板に大きな画像で投稿しました。
F2.8 ISO500 SS1/200秒
0211_31.jpg
F3.2 ISO200 SS1/320秒
0211_32.jpg
羽を開いたカットは1枚も残っていませんでした。
F3.5 ISO200 SS1/800秒
0211_33.jpg
昨日の午後・・・
F3.2 ISO200 SS1/200秒
0211_34.jpg
F3.2 ISO400 SS1/200秒
0211_35.jpg
F2.8 ISO400 SS1/200秒
0211_36.jpg
池で超ショートホバ・・・
F3.5 ISO400 SS1/1000秒
0211_37.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年2月10日

最悪の日

昨日は8時までに20回以上ホバがあったということだったので、今日は久しぶりに夜明け前から出撃、6時半にはスタンバイしました。流石に暗い・・・D500だとISO800以上の感度では撮りたくないので、必然的にSSを落とさなくてはいけません。ということでついに2桁の1/80秒にセット・・・と、6時38分に飛来して・・・ホバ!! ところが巨大魚を射止めてホバ終了・・・その後全く飛来せず、9時過ぎに対岸に飛来しましたが、何もせずに下流へ、上流へ・・・全く行動パターンが意味不明、理解不能状態でした。20回どころか、11時半まで待っても結局、1回で終わりという最悪の日でした。やっぱり私にはホバは無縁なのか???

SS1/80秒・・・これを見ると悪くはないですね。
0210_31.jpg
羽がほぼ見えない・・・
0210_32.jpg
頭が少しでも動くとブレになるって感じですね。
0210_33.jpg
徹底してツキがない最悪の日の象徴は・・・こういう羽閉じが残せた画像の半分以上の5コマ・・・
0210_34.jpg
ホバが終わって流したつもりでも、やっぱり1/80秒ではこのカットが限界・・・
0210_35.jpg
飛び込んだ後、懸命にファインダー内で追いましたが、1/80秒ではどうにもなりませんね、参考までに・・・魚が暴れていたこともあって、ブレブレ写真です。
0210_36.jpg
0210_37.jpg
0210_38.jpg
午後からは16時以降に3度ホバがあって救われました。

投稿者eisvogel : 23:10 | コメント (2)

2017年2月 7日

強風だから・・・

強風だから期待して出かけましたが、やっぱりホバ炸裂とはいきませんでした。陽も沈んで暗くなった17時前にようやく1度だけ・・・でも2段ホバだったので、少しは得をした気分ですが、うむ、もっといっぱい撮りたい!

SS1/320秒・・・これくらいが羽が見られる限界かな? ホバ終了直前のカットにこういうのがありましたが、夕陽を浴びていれば綺麗だったかも・・・
0207_43.jpg
ここから始まり・・・
0207_31.jpg
0207_32.jpg
0207_33.jpg
0207_34.jpg
0207_35.jpg
0207_36.jpg
0207_37.jpg
0207_38.jpg
0207_39.jpg
このあたりから全くタイミングが悪く、連続して羽閉じが5コマも・・・
0207_40.jpg
0207_41.jpg
0207_42.jpg
0207_44.jpg
ホバ終了後、流石に1/320秒では止めることは難しいですね。
0207_45.jpg
一旦ファインダーから見失いましたが、2段ホバに追いつくことができました、でもちょっと角度が悪い・・・
0207_46.jpg
0207_47.jpg
0207_48.jpg
0207_49.jpg
0207_50.jpg
こっち向け!って囁いたら、カワセミに聞こえたようで、こっちを向いてくれました・・・ははは(^o^)
0207_51.jpg
0207_52.jpg
0207_53.jpg
強風の中、寒い中、2時間待ってたった1度のホバ・・・それでもやっぱりホバは楽しい、嬉しいですね。

投稿者eisvogel : 22:45 | コメント (2)

2017年2月 6日

一度だけ・・・

昨日はホバ、炸裂だったそうです。今日はやっぱり炸裂の「さ」の字もありませんでした。ショートホバは撮り損ね、5秒程度のホバが1度あってしっかり撮りましたが、やっぱり物足りない・・・カワセミのホバは128GBくらい撮らないと、撮った気はしないですね。(^o^)

幸い角度も良かったのでとてもよいホバ写真になりました。
0206_31.jpg
0206_32.jpg
0206_33.jpg
0206_34.jpg
0206_35.jpg
0206_36.jpg
0206_37.jpg
0206_38.jpg
0206_39.jpg
0206_40.jpg
0206_41.jpg
0206_42.jpg
0206_43.jpg
0206_44.jpg
ホバ終了・・・羽閉じが7カットもあったのは残念でしたが、これだけデータが残せればいいでしょう。SS1/500秒だったのでトビモノになるとちょっと厳しかったですね。
0206_45.jpg
0206_46.jpg
0206_47.jpg
0206_48.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年2月 4日

ホバとは無縁

昨日は14時半過ぎから凄いホバがあったようです、が、今日はその時間帯からのホバは皆無、ただ飛来しただけで何もせずに消えてしまいました。とても同じカワセミとは思えない・・・やっぱり私はホバとは無縁のようです。ということで今日もいつも普通のトビモノをそこそこ楽しませてもらいました。

今日の一番のお気に入り・・・
0204_31.jpg
一番コマ数が残せた瞬間・・・
0204_32.jpg
0204_33.jpg
0204_34.jpg
0204_35.jpg
0204_36.jpg
0204_37.jpg
一番遠くでの採餌・・・
0204_38.jpg
0204_39.jpg
0204_40.jpg
日陰に入ってしまって・・・この後3コマ、ピンぼけ・・・
0204_41.jpg
再びピンが戻りましたが、追いきれずこれで終了・・・
0204_42.jpg
一番大きな魚をゲット・・・
0204_43.jpg
0204_44.jpg
0204_45.jpg
0204_46.jpg
久しぶりにトラベからの採餌・・・日陰に飛び込んだの完全に露出アンダー
0204_47.jpg
0204_48.jpg
0204_49.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年2月 1日

やっとホバ!

今日も午後から出かけましたが、池の方はイマイチ・・・16時過ぎに諦めて帰るつもりで川の方を見たら、まだカメラマンがホバ狙いで3名・・・ちょっと立ち寄ってみました。と、1分、2分・・・飛来してきました。ホバやるか・・・当然のように期待してしまいました。ついに、ついにホバってくれました! 1年ぶり、嬉しい! 暗かったので画質を優先するか、SSを上げて確実性を優先するか、悩みましたが、後者を選択してISO800、SS1/640秒に露出決定して待ちました。背景が暗いとノイズが目立つのが、D500の弱点、欠点、ISO800でもやっぱりノイズが相当気になるレベルでした。

200コマくらい連写したかったですが、短かったです。10秒くらいやって欲しかった・・・残念ながら羽が閉じているカットが5枚ありました。
0201_35.jpg
0201_36.jpg
0201_37.jpg
0201_38.jpg
0201_39.jpg
0201_40.jpg
0201_41.jpg
0201_42.jpg
0201_43.jpg
0201_44.jpg
0201_45.jpg
0201_46.jpg
ホバ終了後、SS1/640秒でしたが、数コマ追えました。
0201_47.jpg
0201_48.jpg
0201_49.jpg
0201_50.jpg


投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年1月31日

奇妙な光景

一体この瞬間を、どう理解したらいいのでしょう? カワセミが飛び込んだので、驚いた魚が飛び跳ねた? カワセミが2匹捕まえて、1匹が逃げた? 実に不可解な、奇妙な光景、瞬間ですね。

0201_31.jpg
この次の3カットは、カメラの方がビックリしたのか(^o^)、いずれもピントが定まらずピンぼけ・・・ここからピントが合いましたが・・・
0201_32.jpg
何か調子が狂ってしまって追従できませんでした。
0201_33.jpg
0201_34.jpg
別の場所での採餌・・・
0131_31.jpg
0131_32.jpg
0131_33.jpg
0131_34.jpg
ここでもこの後突然背景にピントが持っていかれて3コマ、ピンぼけでした。再びピントが戻って来たときの背景はこんな感じでした。
0131_36.jpg
カワセミ撮影は難しい!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年1月30日

腕かカメラか?

今日は天気予報通り、暖かい一日でしたね。週末行けなかったので、午後からフィールドへ・・・まず川の様子を見に行くと、ホバの気配がないので池の方へ移動、でもイマイチ・・・飛び込みが少ないので再び川へ・・・ホバしないで飛び込んでお魚ゲットで終了! 成果に乏しい一日でしたが、ちょっと面白い瞬間も撮れたので、笑顔で撤収しました。(^o^)
で、腕かカメラか? やっぱり腕のせいでしょうね、ファインダー内にしっかりとらえていたのに、何故かピンが外れてしまう・・・
0130_31.jpg
0130_32.jpg
0130_33.jpg
0130_34.jpg
ここまで完璧だったのに、次のカットは突然こんな風に・・・
0130_35.jpg
もう1コマがピンぼけの後、少しピンが戻って・・・
0130_36.jpg
またピンぼけに・・・
0130_37.jpg
ところが追い続けているとまた突然ジャスピンに!
0130_38.jpg
0130_39.jpg
もう追いきれずに・・・
0130_40.jpg
結論は修行が足りないということですね。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年1月27日

ツキがなかった・・・

短時間でこのカワセミ、3度飛び込んでくれたのですが、3度とも採餌に失敗・・・3度水出をしっかりとらえたのに、まさにツキがなかった、ということですね。

夕陽を浴びていたのですが、風があって波立っていたため背景は綺麗ではないです。魚を捕ったようですが・・・
0127_31.jpg
0127_32.jpg
0127_33.jpg
よいタイミングでしたが、何か欠けている・・・おさかな!
0127_34.jpg
0127_35.jpg
この後ピンを外してしまいました。これは背景が最悪・・・
0127_36.jpg
工事用の巨大ホースが背景では、いくら水面が綺麗でも論外ですね。(^o^)
0127_37.jpg
0127_38.jpg
0127_39.jpg
0127_40.jpg
0127_41.jpg
追従できず、これでお終い・・・

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年1月25日

ホバは撮れなくても・・・

昨日、川の方でホバ全開だったというので、再度午後から出撃しました。朝方はホバ全開だったそうです。午後は結局ホバなし、15時半過ぎにようやく飛来してホバ待ちしていたら、反対方向へ飛び込んで大魚をゲットしたまま消えてしまったので、池の方へ移動しました。16時半にまた懲りもせず川に戻り、最後は17時10分に飛来してきたので期待して待ちましたが何もせず塒へ消えて行きました。もうホバ目的では行きません・・・というか、行く必要もないくらい素晴らしいお気に入りのカットが撮れたからです。カワセミは美しい! しかし肝心のお魚がない! 何でこういう時に限って採餌に失敗するんだろう!(^_-)

近くへ飛び込まれて・・・10mくらい・・・ここまで完璧にファインダー内に連続してとらえられたのは初めてかも・・・しかも夕陽を浴びてカワセミも背景も美しい! このワンチャンスだけで、今日の一日が報われました。(^o^)
0125_31.jpg
0125_32.jpg
0125_33.jpg
0125_34.jpg
0125_35.jpg
ここから背景色が最高!
0125_36.jpg
0125_37.jpg
ここから日陰になって背景色も変わりました。
0125_38.jpg
完全に日陰に入って露出アンダー・・・と同時にピン甘・・・追いきれず終了。近いこともあってコマ数は少ないですが、一度も抜けませんでした・・・被写体を大きくとらえていたからかもしれません。
0125_39.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年1月23日

まだ把握できて・・・

D500というカメラ、どうもまだ把握できていないようです。AFが追従せず、途中でピンを外してしまうケースが多かったので、もっとこのカメラを使い込まないとダメかなと痛感しました。

この時は水出の瞬間に間に合わず、完全なピンボケから追従が始まったのですが、3コマ目にようやくピンがきて・・・
0123_31.jpg
この後すぐに4コマ続けてピン外しでボケ写真に・・・その後再びジャスピン!
0123_32.jpg
0123_33.jpg
0123_34.jpg
ここからカワセミが遠くへ逃げるように飛んで行ったので、ファインダー内にとらえていましたがAFは全く追従せずにボケボケでした。
0123_35.jpg
背景が近かったので、4コマ目からAFが背景に持っていかれました。
0123_36.jpg
0123_37.jpg
0123_38.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年1月22日

ホバ撮りのつもりが・・・

ホバ、全開? という情報を得て、久しぶりに暗いうちから出撃・・・しかし11時まで耐えながら待ちましたが、ホバは1度もなしでした・・・そもそも出も悪かったです。いつもの公園へ移動、日曜日で池の工事はお休みでしたが、カワセミの止まる枝の下を人が通ることが多く、なかなか撮らせてくれませんでした。15時前に再度、ホバを期待して川の方へ行ってみましたが、カワセミが来ないのでついにホバ撮りは全くの期待外れに終わってしまいました。早起きは三文の損でしたね。

これが一番まともなカットでした。
0122_31.jpg
0122_32.jpg
0122_33.jpg
0122_34.jpg
0122_35.jpg
このカットから少しづつ甘くなって・・・
0122_36.jpg
0122_37.jpg
0122_38.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年1月21日

逃した大魚は・・・

逃した大魚は・・・逃さず食べる! カワセミは死んだ魚は食べません。呑み込む前に逃してしまうことはよくありますが、生きていれば再び捕ろうとします、が、水中ならそのまま逃げられてしまうことが多いでしょう。以下はラッキー!にも欄干から木道にポロリ、落としてしまい、飛び跳ねる魚をしばらく眺めていましたが・・・

お~これは大きい!
0121_31.jpg
魚が暴れてカワセミの頭もブレてしまいました。この後左側に持っていくと思ってレンズを左へ振ってしまったため追えませんでした。
0121_32.jpg
魚が生きていることを確認して木道へ・・・
0121_33.jpg
お~まだイキがいい、美味しそう・・・
0121_34.jpg
0121_35.jpg
あら、死んじゃった???
0121_36.jpg
ウワォ~ビックリした!
0121_37.jpg
ではいただくことに・・・
0121_38.jpg
こら、暴れるな!
0121_39.jpg
こりゃ、手強いぞ・・・
0121_40.jpg
静かに静かに・・・
0121_41.jpg
よしよし・・・
0121_42.jpg
0121_43.jpg
0121_44.jpg
0121_45.jpg
よしよし、もうすぐだから・・・
0121_46.jpg
では、料理に時間がかかりそうなので、奥へ行こう・・・
0121_47.jpg
0121_48.jpg
0121_49.jpg
やっぱりカワセミにまっすぐ逃げられてしまうと、カメラのAFでは追えないですね、これが限界かな?
0121_50.jpg
カワセミの短足がが可愛い・・・(^o^)


投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年1月18日

トマリモノも・・・

・・・久しぶりに撮ってみました。カワセミは絵になりますね。

0118_31.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年1月 9日

飛び込まない・・・

そこそこ飛来するんですが、飛び込まない・・・工事の影響で、魚が少ないんでしょうね。こちらの集中力が維持できずに、飛び込まれても全く上手く反応できずでした。

これが今日のベストとは・・・淋しい!
0109_31.jpg
お魚なしの方が多かった・・・
0109_32.jpg
0109_33.jpg
魚が少ないせいかエビとかはよく捕るようになりました。
0109_34.jpg
0109_35.jpg
0109_36.jpg
0109_37.jpg
背景もよかったんですが、ピン甘続き・・・
0109_38.jpg
羽の開きもこういうの多かったですね。
0109_39.jpg
久しぶりに突き刺さりモノ・・・
0109_40.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年1月 7日

今日はお魚付き

昨日はお魚なしばかりでしたが、今日はお魚付きばかりでした。(^o^) とは言っても午後から出撃、浚渫工事の人が2時半過ぎまで池の中で作業をしていたので、チャンスは多くはなかったです。10mくらい距離の枝から飛び込まれたときには、流石に速すぎてファインダー内に入れることはほぼ不可能と感じましたね。しかしカワセミ撮影は上手くいってもいかなくても楽しい!

一番遠くの枝から飛び込んだとき・・・超トリミング、D500もISO100ならピクセル等倍でもノイズなし・・・お魚ではなく、ザリガニかエビ・・・
0107_31.jpg
0107_32.jpg
一番手前の枝から飛び込んだとき・・・縦位置に切り取っただけ、この大きさ、近いと流石に大きい・・・当然水出の瞬間には間に合わず、しかも2コマまでピン甘・・・
0107_33.jpg
0107_34.jpg
0107_35.jpg
0107_36.jpg
10コマまで追えましたが、背景が工事用のホース・・・背景色もいい感じだったんですが・・・
0107_37.jpg
0107_38.jpg
0107_39.jpg
0107_40.jpg
お魚なしかと思ったら、ちゃんと捕ってました!(^o^)
0107_41.jpg
0107_42.jpg
0107_43.jpg
0107_44.jpg
0107_45.jpg
0107_46.jpg
背景色がいい感じでした・・・ファインダーに8コマまでとらえていましたがAFが追従せず・・・
0107_47.jpg
0107_48.jpg
0107_49.jpg
0107_50.jpg
迫り来るもAF追従は難しい・・・ピンが来て残せたのは2コマだけ・・・
0107_51.jpg
0107_52.jpg
羽の開き具合は最後まで悪かった・・・
0107_53.jpg
0107_54.jpg
0107_55.jpg
0107_56.jpg
0107_57.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年1月 6日

カワセミ初撮り

1月6日にようやくカワセミの初撮りができました、が、期待した大きなお魚付きシーンは不発、それどころか速いカワセミに追いついた時に限ってお魚なし・・・ツキのない初撮りがこの先に悪影響にならないことを祈るばかりです。

何かくわえているようにも見えますが・・・完璧にとらえたんですがね・・・
0106_31.jpg
これも水出の瞬間に完璧に追いついて、ファインダー内で数コマしっかり追えたんですが・・・
0106_32.jpg
0106_33.jpg
こういうカットを見ると、本当にお魚が欲しかった・・・ですね。掲示板で大きく紹介します。
0106_34.jpg
0106_35.jpg
0106_36.jpg
0106_37.jpg
0106_38.jpg
これもお魚なし・・・
0106_39.jpg
0106_40.jpg
0106_41.jpg
勿論これもお魚なし・・・
0106_42.jpg
これもだ・・・近くて背中のコバルトブルーが映えていたんですが・・・
0106_43.jpg
0106_44.jpg
0106_45.jpg
0106_46.jpg
これも遠かったですが、お魚はやっぱりなし・・・
0106_47.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年1月 1日

今年も大きな・・・

今年も大きな魚を捕ったカワセミをいっぱい撮りたいです。2017年も皆さんにとってよい「カワセミ年」になりますように!

0101_31.jpg

投稿者eisvogel : 00:00 | コメント (3)

2016年12月31日

今年一番の・・・

今年一番の衝撃は、何といってもD5の高感度、目視できないような暗さでも撮影できる凄さですかね。生態を知る上でも貴重なデータが得られるのは嬉しい限りです。

一日最後の採餌、飛び込んで水飛沫が上がるまで分からないような暗さでもしっかり魚をゲット・・・ISO51200
1231_21.jpg
完全なお休みモード・・・カワセミはこうして眠る!
1231_22.jpg
皆様、この1年、ご訪問、ありがとうございました!

投稿者eisvogel : 00:00 | コメント (2)

2016年12月28日

やっぱり慣れは・・・

やっぱり慣れは、連写で追い続けるときには必要ですね。今更言うまでもなく、カワセミの採餌時の飛び込みは速いので、水出の瞬間に追いついても止まり木に戻るまでの1秒+αをしっかりファインダー内で追い続けるのは本当に難しいです。

これは7コマまで追えましたが、8コマ目は嘴切れでした。
1228_21.jpg
1228_22.jpg
1228_23.jpg
1228_24.jpg
1228_25.jpg
1224_26.jpg
1228_27.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年12月25日

久しぶりに・・・

カワセミとの出会いを楽しんできました。池の工事が始まったというので、しばらくの間ダメかと思っていたのですが、完全に池の水を抜くという工事ではなかったようで、いつもの♀個体が姿を見せてくれました。昼過ぎにフィールドに着きましたが、採餌場所は丁度順光で撮影には最高、ただ止まり枝からの飛び込みが速い! 流石に1ヶ月以上も間を空けてしまうと、すぐにはファインダー内にとらえることができず大苦戦しました。幸いにも以前のように大きな魚を捕ってお終いというのではなく、数回続けて飛び込んでくれたので、少しづつ目も慣れてきました。天気がよかったのでカメラも久しぶりにD500を使用、ヨンニッパ単体で、ロクニッパになるメリットは享受できました。

何よりも背景色がいい感じでしたね。水出の瞬間にやっと間に合って・・・
1225_21.jpg
次のこのカットは掲示板に貼りました。
1225_22.jpg
残念ながら3コマで終了、追従してくれず、ピン甘、ピンぼけでした。
1225_23.jpg
去りゆく気味でしたが、結局水出から10コマまで追えたのは、この1回だけでした。修行不足ですね。
1225_24.jpg
1225_25.jpg
1225_26.jpg
1225_27.jpg
1225_28.jpg
1225_29.jpg
1225_30.jpg
1225_31.jpg
1225_32.jpg
1225_33.jpg
カワセミが狙っている下でサギも頑張ってましたが、どう見てもカワセミに比べるとサギの採餌は非効率ですね。やっとゲットして満面の笑顔・・・かな(^o^)
1225_34.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年12月24日

懐かしく・・・

そろそろカワセミが、フィールドが懐かしくなってきました。明日は久しぶりに出撃しようか・・・起きられたらですが。(^o^)

やっぱり逆光は厳しいですね・・・
1224_21.jpg
1224_22.jpg
1224_23.jpg
1224_24.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年12月 5日

羽の開きが・・・

羽の開きがイマイチでも、やっぱりカワセミにはお魚が似合う、お魚をくわえていると嬉しいですね。

1205_21.jpg
1205_22.jpg
1205_23.jpg
1205_24.jpg
1205_25.jpg

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (0)

2016年12月 1日

小さくても・・・

小さくてもいいからカワセミにはお魚はあった方がいい・・・といつも思いながら撮っていますが、思い通りにいかないのが世の常ですね。月が変わってもう師走・・・いっぱい撮って1年を締めくくりたいです。

1129_21.jpg
1129_22.jpg
1129_23.jpg
1129_24.jpg
1129_25.jpg

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (0)

2016年11月26日

近くの公園で・・・

黄葉か紅葉バックでカワセミが撮れるかも・・・という淡い期待を抱いて自転車で近くの公園へ行ってきました。1年ぶりかな~黄葉と紅葉が綺麗でしたが、肝心のカワセミがいない! 下池で1時間待っても出会いがなかったので、上池へ移動・・・1年前に見かけた場所で30分くらい待たされましたが飛んできました、が、杭の上、絵にならない! ただ飛び込んでくれたら、色づいた水面が綺麗なので、マジで期待しましたが飛び込ますに暗い場所へ飛んで行ってしまいました。それからしばらくして明るい場所に出て飛び込んでくれたんですが、水面は普通色の場所でした。遠かったし、期待外れ・・・でも慣れないフィールドで撮れただけでも嬉しかった!(^o^)

1126_21.jpg
1126_22.jpg
1126_23.jpg
1126_24.jpg
1126_25.jpg
1126_26.jpg
結局トマリモノで撮ったのはこの1枚だけ・・・
1126_27.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年11月22日

お魚なし・・・

お魚なしの在庫はいっぱいあります。成功確率100%なんていうカワセミは見たこともないし、存在もしないでしょうから、撮影者としては残念ですが、仕方ないですね。

これも4時からです。(^o^) 12コマ/秒だと羽の開きが同じになることがよくあります。これはそのよい例ですかね。
1122_21.jpg
1122_22.jpg
1122_23.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年11月16日

4時前は・・・

4時前は上手く撮れたときにはお魚なし、チャンスを逃したときにはしっかり大きな魚をゲット・・・ツキがなかったというより、腕がなかったってことでしょう。修行したいけど、修行できる場所を見つけなければ・・・

いいタイミングの水出だったのに・・・残念無念!
1116_20.jpg
早朝、最初の飛び込み・・・靄の中でちょっといい感じだったんですが、いきなりお魚なしでガッカリ・・・
1116_21.jpg
最初のカットのつづき・・・大トリしてます。
1116_22.jpg
1116_23.jpg
1116_24.jpg
1116_25.jpg
1116_26.jpg
1116_27.jpg
1116_28.jpg
この時も一瞬のタイミングを逃してしまったので、ピント甘でした。
1116_29.jpg
1116_30.jpg
1116_31.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年11月15日

4時から男・・・

一昨日は早朝から出撃したのに、結局トマリモノ以外は収穫に乏しく、私の本来の出撃時間の4時過ぎになってようやくお魚付きのトビモノを、何度か撮るチャンスに恵まれました。それでも完璧にピントが来て撮れていたのはやっぱりお魚なしでした。10時間も頑張ったわりには消化不良でしたね。

すべてがよかった1枚ですが・・・魚なしというのが悔やまれますね。(^o^)
1115_20.jpg
水面映りが一番悪いところへ飛び込まれてしまいました、折角お魚付きだったのに・・・
1115_21.jpg
1115_22.jpg
1115_23.jpg
ファンだ-内で追い続けていたのですが、ピン甘ばかり・・・ここでようやく1コマだけしっかりピンがきてました。
1115_24.jpg
言い訳ですが、真下に飛び込まれると、速すぎて慣れない目ではとても追いつけません、水出から5コマもピン甘続きでした、修行が足りないってことですね。
1115_25.jpg
1115_26.jpg
いよいよD5の本領発揮の時間帯・・・4時半過ぎです。ISO12800でSSは1/800秒・・・手前に飛び込まれてかなり近かったです。ヨンニッパ単体でしたが大きく撮れました。
1115_27.jpg
1115_28.jpg
さらに10分後・・・かなり暗かったです。この後手前に飛んできたので、流石に暗いこともあってAFが全く追従してくれませんでした。半分以上トリミングすると流石にノイズが・・・
1115_29.jpg
さらに20分後、もうこの時間帯になると急に暗くなってきてほぼ見えない状況下で、何といつもの止まり枝へ飛来して最後のお食事トライ・・・全く目視できない暗さで、飛び込んだときの水飛沫に反応してシャッターを切りました。ISO51200・・・この感度で、しかも大トリしなければカワセミの見分けもつかないのに撮ってどうするの? って後で思いました。(^o^) あの暗さでお魚付きで出てきたらかなりの驚きでしたが・・・ま、生態写真の1コマだと思えばいいかな。
1115_30.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年11月13日

やっとトマリモノ

この時期、カワセミのトマリモノでよい絵がつくれるはずなのに、この1ヶ月全くその機会に恵まれませんでした。それは何故か私がフィールドにいる間、カワセミが来てくれなかったからです。明日から調整池の工事が始まり、2月中旬までは撮影ができなくなるようなので、今日は最終日ということもあって、気合いを入れて早朝から出撃しました。あ~眠い!(^o^)
トビモノにはツキがなかったですが・・・というより、私にしては珍しくトマリモノに集中していたことが災いして、飛び出しの一瞬のタイミングを逃してしまったことが2度、3度あったのです・・・本当に久しぶりによいトマリ絵が撮れました。

背中向きに振り返るポーズだともっと良かったですが・・・カワセミはやっぱり美しいですね。
1113_21.jpg
背景を意識してちょっとカワセミが小さくなりましたが、綺麗に撮れました。
1113_22.jpg
晴れの日で順光で青空を入れない選択肢はありません・・・
1113_23.jpg
背景が最も遠くなる位置でも撮ってみました。
1113_24.jpg
青空バックはもう少し早い時間帯で順光だったら、もっと綺麗に撮れたのですが・・・
1113_25.jpg
やっぱり赤い実はもっとボカしたかったですが、よいポジションはなかったですね。
1113_26.jpg
池の中州にあるもう一つの止まり枝・・・頻繁に飛来する場所ですが、ここのトマリモノを撮ることはほとんどないです。
1113_27.jpg
10mくらいの至近でも撮ることができました。
1113_28.jpg
年に1度あるかないかの、トマリモノ充実の1日でした。(^o^)

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年11月 6日

最悪!!

3週間前は「ほぼ最悪」でしたが、今日はまさに最悪でした。どうせ16時過ぎにならないと飛び込みも見られないと思って、15時頃フィールド着、カワセミはすぐに欄干に姿を見せてくれましたが、何もせず飛び去ってしまいました。その後16時15分頃、再び池に戻って来ましたがいつもの止まり枝ではなく、撮影には最悪の場所・・・まさかこんなところから飛び込んで・・・と思ったら、飛び込んで大魚をゲットしてしまいました。時間を考えたらもう1度来るかもとわずかな期待を持って17時まで待ちましたが、今日のお食事はあの大魚で終わってしまったようです。流石にここまで状況が悪いと、もう当分の間お休みってことになりますね、在庫整理に励みます。

1106_21.jpg
今思えば、ここの飛んできたときにすぐにもっと近くにポジションを取っていればよかったですね。背景が近すぎて、狙って連写したんですが、ピントが来たり来なかったり・・・大トリしてこの大きさです。
1106_22.jpg
1106_23.jpg
1106_24.jpg
1106_25.jpg
1106_26.jpg
1106_27.jpg
1106_28.jpg
1106_29.jpg
1106_30.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年11月 5日

3週間ぶり

カワセミの出が悪いようなのでしばらくお休みしていましたが、天気もいいので久しぶりに出かけました。やっぱり出は悪かったですね。姿は見せても飛び込まない・・・16時過ぎになってようやく数回飛び込んでくれたんですが、何かタイミングが合わなくてピン甘の連発でした。やっぱり3週間ぶりでは結果は残せませんね。

ピラカンサとカワセミ・・・今日こそ撮ろうと思ってトマリモノの準備をしていたら、全く別の場所に止まっていたカワセミが突然飛び込みました。運良く水出に間に合ったのですが、慌てていたこともあって出た後を追うことはできませんでした。
1105_20.jpg
1105_21.jpg
1105_22.jpg
1105_23.jpg
この時も1コマ以外はピン甘の連続・・・
1105_24.jpg
真下の死角になる場所に飛び込んだ後、数コマだけ追えました。16時半というともうかなり暗くなりました、ISO6400・・・D500では厳しい・・・
1105_25.jpg
1105_26.jpg
1105_27.jpg
1105_28.jpg
1105_29.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年11月 1日

月が変わりましたが

月が変わりましたが、ちょっと忙しい日々が続いているので、しばらく在庫でお許しを! 巣立ち雛の奮闘ぶりもまだいっぱい在庫が・・・狙って捕ったのか、練習のつもりで意識的に狙ったのかはわかりませんが、とにかく口の中に入らない物を結構いっぱい捕ってましたね。

1101_21.jpg
1101_22.jpg
1101_23.jpg
1101_24.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年10月22日

成鳥は・・・

カワセミの成鳥はアメンボは捕食しないでしょうね。どう見ても美味しそうには見えませんが、巣立ち雛にとってはご馳走でしょう。(^o^)

1022_11.jpg
1022_12.jpg
1022_13.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年10月20日

巣立ち雛に・・・

巣立ち雛にとっては、メダカのような小さな獲物でも口の中に入るものなら、捕ると嬉しいんでしょうね。水中から出た瞬間の表情がいいです。カワセミの生きていくための修行はまだまだ続きますが・・・

1020_11.jpg
1020_12.jpg
1020_13.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年10月15日

ほぼ最悪・・・

結局私一人になった後も何度か飛び込みがあったのですが、ピンがきたのは、魚なし、背中向き、羽閉じ、葉被れ・・・徹底してツキがない日でした。しばらく休むことにしました。(^o^)

この1枚は例外かな・・・
1015_11.jpg
水路に飛び込むとは・・・水面がいい感じだったんですが、近かった上に、低い位置からの飛び込みで速すぎて追いつけず、葉被れになるタイミングでピントがくるとは・・・
1015_12.jpg
1015_13.jpg
魚くわえて出てこいよ~(^o^)
1015_14.jpg
意表を突かれて全然想定とは違う所へ飛び込まれて・・・ピンぼけカットばかりでこの1枚だけにピントが・・・
1015_15.jpg
この時は数枚残りましたが、羽が開いていたのはこの1枚だけ・・・
1015_16.jpg
17時15分、ラストチャンスでしたが魚なし、ツキがない日の象徴でしたね。
1015_17.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年10月14日

悔しい思い

今日も出は悪かった・・・15時過ぎにフィールド着、天気も良くて明るかったこともあり、飛来したのは17時前・・・その1回だけ、また1枚も撮れずに終了かと思っていた矢先でした。明るいといってもISO3200でSS1/800秒、1.4倍テレコンを付けていたのでF値は4でした。もっと明るいときに来てくれ~!(^o^)
3度飛び込んでくれましたが1度目は失敗、2度目は小魚ゲット、そして3度目は大魚をゲットして終了でした。それで悔しい思いというのは、3度目の時にしっかり水出の瞬間をとらえたのですが、運悪く先にいた人の動きに惑わされ、ファインダー内でとらえていたカワセミが逆方向へ進路を変えたと思って瞬時に右側にレンズを振ってしまいました。結局後の祭りで、惑わされずにそのままファインダー内で追い続ければ20コマ以上撮れました、今日もD5だったので・・・すべて大トリしてます。
1014_11.jpg
1014_12.jpg
1014_13.jpg
1014_14.jpg
この後です、レンズを逆方向に振ってしまったのは、ピンぼけではなくブレが発生していました。
1014_15.jpg
2度目の飛び込み時は枝から近い場所、手前に飛び込んだため、全くタイミングが合いませんでした。背景が近かったこともあって、ピンぼけ6コマの後です・・・
1014_16.jpg
1014_17.jpg
1度目の飛び込みも枝から近い場所へ一直線に飛び込んだので速い、速い・・・水飛沫も豪快なので、このカットが今日のベスとかな・・・お魚がなかったのが残念!
1014_18.jpg
1014_19.jpg
1014_20.jpg
1014_21.jpg
1014_22.jpg
1014_23.jpg
1014_24.jpg
1014_25.jpg
1014_26.jpg
1014_27.jpg
1014_28.jpg
やっぱりAF精度はD5の方がD500よりかなり高いですね。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年10月10日

何とか・・・

この3連休、いくら状況が悪そうだからといって、1度もフィールドへ行かない訳にはいかないですよね。ということで一日中曇りの予報で暗いし、気乗りしなかったのですが、出かけました、しかもフィールドに着いたのは14時過ぎ・・・常連さんに出はどうですか、と訊いたら「勿論悪いですよ」との即答に、「これから良くなりますよ」と答えてみたものの、結果として最悪でした。(^o^) 15時前に欄干に姿を見せたカワセミ、その後いつもの枝には飛来せず、死角になる裏側へ、そして1分もしないうちに巨大な魚をくわえて戻って来ました、ため息! 次に姿を見せたのは16時半頃、いつもの枝に飛来しましたが、5分くらいで何もせずに飛び去ってしまいました。この時点で残ったのは私だけ・・・15分くらいしてからまた戻ってきました、頼む、飛び込んでくれ!という必死の願い、祈りも全く通じることはなく、飛び込まずに手前の暗いところへ飛んできましたが 、ホント、暗くてどこにいるのか見つけることもできません。今日はこんな暗くなるまでいるつもりはなかったのですが、1枚も撮らずに帰るのは悲しすぎる思って、また極限に挑戦するつもりで飛び込みを待ちました。そそ、カメラはD500ではなく、D5だったのです。テレコンを外して400mm単体でも、距離的に近いので問題なし・・・開放のF2.8でISO12800なら、SSは1/500秒なので何とかなりそう・・・それにしてもトビモノには暗すぎますよ。カワセミの居場所が分からないので、ただ飛び込みの瞬間を待つだけでしたが、流石に枝から水面までの距離が1mもないのであっという間、飛び込んだ後、すぐに反応したつもりでもシャッターを押すことすらできませんでした。魚をくわえてさらに奥へ消えていきましたが、幸いにもすぐに手前側の少しは明るい場所に移動してくれました。ISOそのままで、SSは1/800秒でいけそう・・・で、すぐに飛び込みました。今度は飛び出しの瞬間が確認できたので、何とか水出に間に合いました。

何とか執念でこの1枚! 何とか今日の1日が救われました。(^o^) D500だったら撮れなかった、というか撮る気にもなれず撤収していたでしょうね。ISO12800で大トリしても、D500のISO1600よりノイズがないって、やっぱり凄いカメラですね。ほぼ半分にトリミングした大きな画像を掲示板で紹介しましょう。2コマ目です。
1010_12.jpg
水出はちょっと甘かった・・・
1010_11.jpg
3コマ目・・・
1010_13.jpg
1010_14.jpg
暗いこともあって追いきれませんでした、距離も近かったし・・・でもギリギリでここまでセーフ、この次は嘴切れでした。
1010_15.jpg
その後は暗い奥へ逃げていく・・・途中でファインダー内に入れましたがピンが来たのはこの1枚だけ・・・
1010_16.jpg
最後は暗い暗いところでの飛び付き・・・完全に露出アンダー!
1010_17.jpg
さらに奥の暗いところで飛び込み・・・失敗・・・目視できないほど暗いのにピントが合うこと自体が不思議、D5の驚異の性能ですかね、ISO25600でSSは1/500秒。
1010_18.jpg
もう一度挑戦して最後のお食事でした。
1010_19.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年10月 8日

今頃どこに・・・

この巣立ち雛、今頃どこに? 時々♀親の目を盗んでやって来る幼鳥? いずれにせよ元気よく成長して一人前になっているおとを祈ります。採餌に失敗することが多く、残せたデータの中、お魚付きは1割くらい、雛の写真もやっぱりお魚付きの方がいいですね。
3連休、お天気がイマイチ・・・お邪魔しているフィールドのカワセミ、出が悪すぎることもあって、ちょっと出かける気になりません・・・しばらく在庫整理かな・・・

D5の画質は素晴らしい、いくら大トリしても問題なし!
1008_11.jpg
1008_12.jpg
1008_13.jpg
1008_14.jpg
1008_15.jpg
1008_16.jpg
1008_17.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年10月 4日

完璧と言える瞬間

完璧と言える瞬間を切り取る・・・それがカワセミカメラマンが追い続けるテーマです、多分。D4sまでは追従性に不満のあるレベルだったので、水中から飛び出す瞬間ばかり狙っていました。そして今まで完璧と言える瞬間を何度か切り取ってきましたが、追従性が大幅に向上したD5、そしてD500では水出の後でも完璧な瞬間を狙えるようになりました。すでに何度か「完璧」とコメントしたカットを紹介していますが、これなんかも諸々の点で私なりに完璧と言える瞬間ですね。

1004_13.jpg
D500 + 400mm f/2.8E FL ED VR F4 ISO400 SS1/800秒
この時は水出の瞬間がダメダメ・・・数コマ目からピンが来始めて・・・
1004_10.jpg
1004_11.jpg
ここからジャスピン! 羽の開き具合や水面の映りもわるくないですが、魚のはね具合がちょっと・・・
1004_12.jpg
ここまでピントはしっかりきていて、羽の開き具合もとてもいい感じ・・・
1004_14.jpg
この後何故か3コマ抜けてしまって・・・
1004_15.jpg
1004_16.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年10月 3日

飛ぶフィッシュ!

飛ぶフィッシュって、トビウオじゃないですよ。(^o^) 昨日撮った写真を現像して初めて飛んでいる魚を発見しました。採餌に失敗したと思ってましたが、一応捕っていたんです、でも尻尾を嘴で挟んでいたら、魚が暴れて尻尾を残して逃げたってことみたいです。飛ぶフィッシュに尻尾がないし、嘴には尻尾らしきものが残ってます。

この時は陽の当たる場所へ飛び込むと想定して、露出をISO200、SS1/1000秒にしていたのですが、このカワセミ、かなり意地悪で枝の下の日陰に飛び込みました。それで水出に間に合わなかったばかりか、完全な露出アンダー・・・現像ソフトで明るくしたらISO200なのにノイズが目立つ・・・やっぱりD500は画質はダメですね。とにかく低感度で適正露出・・・これがD500で満足できる結果を得るための条件でしょう。
1003_11.jpg
魚が見事に飛んでますね。それで驚いたことに、本当に驚きました! さっきお馴染みのかんばんやさんのブログを覗いてみたが、昨日隣で撮っていた彼と2枚もほぼ同じタイミングでシャッタを切っていたことが判明しました。私が左側にいたことを考えると、羽の開き具合、水飛沫など同じ、勿論お魚の哀れな姿も全く同じ・・・
ブログ「かんばんやの四季彩翡翠」
写真に直接リンク
※かんばんやさんはご存じのようにデジスコの達人、大砲レンズが並ぶ中、いつも一人でデジスコで奮闘、大砲レンズより凄い写真を連発しているカワセミ重病患者です。ちなみにデジスコ用に使用しているミラーレスのV2は20コマ/秒くらいで撮れているみたいですよ。
1003_12.jpg
1003_13.jpg
1003_14.jpg
1003_15.jpg
この後ピン甘・・・ピンぼけ4コマでした。
昨日掲示板でも紹介した大魚ゲット、以下のカットも全く同じタイミングでした。
偶然ですが、それにしても1/1000秒の違いでしょう・・・
ついでにもう1枚・・・「飛ぶフィッシュ」の後の採餌失敗の飛び込み時もチェックしてみましたが、丁度かんばんやさんの1コマ目と2コマ目の間のタイミングでしたね、ま、これが普通なんですが・・・これも露出アンダーでくらい画像になってしまいました。
1003_16.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年10月 2日

一発勝負!

今日は久しぶりに天気も良かったので、いつもより少し早めにフィールドへ出撃・・・朝から頑張っていた先輩カメラマンたちは皆さん、暑さとカワセミの出の悪さでお疲れ気味、私が来たらカワセミはすぐに来ますよ、と本気のつもりで言ったものの、本当に今日はどうかしてしまったのか全然来ない! 50分くらいしてからようやく飛来、と、2、3分後に飛び込んでくれたので、これは期待できるぞ~と喜んだのですが・・・この時採餌に失敗したと思ったら、写真判定の結果、取った魚を水出後に落としてました・・・後日写真で紹介します・・・陽がカンカン照り状態で暑いというのに一向に飛び込む気配なし、結局30分くらい何事もなくただ待たされて、2度続けて飛び込みましたが、また失敗。お魚なしカットを量産してもね、と嘆きながらさらに15分くらい待たされて、流石に集中力も切れてしまったときに豪快にダイビング・・・やられましたね。(^o^)
とはいっても水出にしっかり間に合ったのですが、焦ってしまったため、肝心の水出後の2コマ、ピンぼけにしてしまいました。その後はきっちり、しっかりとらえたんですが、悲しいかな羽の開き具合が最悪・・・ツキに完全に見放されました。

ベストのカットはこれですかね・・・今日もとりあえずノートリで大きく紹介できるカットが残せたことは救いでしたが、お魚付きの撮影チャンスはこの1回だけ、週末まで真面目に仕事をして出直します。(^o^) 後で掲示板に投稿します。
1002_18.jpg

水出は背中向きになっていた上に、水飛沫が凄くて、どこにピントが合ったのか???
1002_11.jpg
1002_12.jpg
この後2コマ、ピンを外してしまいましたが、ここからは幸い抜けることはなく、ファインダー内でしっかり目で追えた結果になりました。
1002_13.jpg
1002_14.jpg
1002_15.jpg
1002_16.jpg
1002_17.jpg
1002_19.jpg
この時が一番羽の開き具合がよかった・・・
1002_20.jpg
まだ16時前だったので、もう一度飛来すると信じて待ちました。そして再飛来は17時、でも5分くらい待たされて、真下の死角になる場所へ飛び込み、そのまま川の方へ飛び去りました。咄嗟にレンズで後を追ってみましたが残念ながらピン甘・・・証拠写真。
1002_26.jpg
捕ったのは小魚だったので、また来るかもと思ってさらに懲りずに10分くらい待つと来ました。(^o^) でも結局何もせずに飛び去ったので、今度はかなり真剣にレンズを振り回したら10数コマの中、5コマ、しっかりピントが来ました。やってみるものですね。(大笑)
17時15分、ISO1600、SS1/640秒、F2.8です。
1002_21.jpg
1002_22.jpg
1002_23.jpg
1002_24.jpg
1002_25.jpg
最後は執念で撮りましたが、羽の開き具合は最後までツキがなかったですね。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年10月 1日

やはり暗いと・・・

やはり暗いと、D500は厳しいですね。いつものカワセミの最後のお食事は16時半過ぎ、曇りでそもそも暗かったので、ISO1600を維持しようとすると、ちょっと無理が生じてしまいます。今日は出は普通だったのでしょうが、飛び込み回数が少ない上に採餌の成功確率が低く、7回の中、成功はたったの2回・・・つまりお魚付きのチャンスが2回しかありませんでした。2回とも大きな魚を捕ってしまったからですが。(^o^)
D500は、ファインダーが明るくとても見やすいのはD5と同じですが、暗い状況下では画質面で厳しいだけではなく、AFの精度が低下するような気がします。

チャンスは少なくてもよい写真が数枚残せるのは嬉しいです。今日一番のお気に入りは6コマ目・・・これも1/640秒ならではの羽のブレ具合がいい感じです。
1001_16.jpg

水出の瞬間をとらえることができたのですが・・・
1001_10.jpg
完全な被写体ブレ・・・
1001_12.jpg
残念ながらこの後2コマはピン甘・・・暗いせいだとは思いたくないですが、どうなんでしょう?
1001_13.jpg
1001_14.jpg
ここからピンが食い付きました。
1001_15.jpg
そして6コマ目からジャスピン、この7コマ目もいい感じでした・・・掲示板に大きくしてアップします。
1001_17.jpg
この後完璧に背景に持っていかれました。
ちなみにこの最後のお食事前に飛び込んだときには失敗したのですが、私のカメラも大失敗を演じてしまいました。私は決してカルガモやカイツブリを撮るつもりなどなかったのですが、とても綺麗に撮れてしまいました。(大笑) ファインダー内でしっかりカワセミの水出の瞬間を捉えたと思ったのですが、カメラの判断はかなり後方でお休み中だったカルガモにジャスピン! カワセミは大ボケ!
1001_18.jpg
その後の2コマ目はカルガモより手前にいたカイツブリにジャスピン!
1001_19.jpg
ま、この結果はカメラのせいではなく、私の腕のせいでしょう。でも数分後に飛び込んだ際には、すぐに修正してよい結果にしました。掲示板で紹介のノートリ写真でカルガモとの位置関係が分かります。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年9月30日

イマニ

今日も出撃しましたが、フィールドに着いたのが15時半では、ちょっと遅すぎました。10分くらい前に5回飛び込みましたみたいな報告を受けて、ちょっとショック、そのまま尾を引いてしまった感じ、イマイチどころか、イマニ、イマサン・・・2度来てくれましたが、2度とも1発で大魚をゲットしてお終いでした。1度目は、すぐ真下に飛び込んだため、速いし、角度も悪い・・・2度目の時はとにかく暗かった、D500では厳しい明るさで、許容のISO1600は確保したかったので、SSを1/640秒まで落としたりと諸々準備している時、構える前に飛び込まれたので慌ててレンズを振りましたが・・・結果は何とか水出後から8コマピンを維持できました。しかし2度のチャンスしかないとは・・・フラストレーションがたまりますね。(^o^)

久しぶりにSS1/640秒までスピードを落としてみましたが、5コマ目でようやくいい感じ、このSSならではの羽のブレ具合がいいですね。掲示板に大きくして紹介しましょう。
1/4のサイズにトリミングしてますが、さすがにここまでトリミングすると、ISO1/1600でもかなり厳しいと感じますね。
0930_15.jpg
最初の1コマ目から羽の開き具合が良くない・・・
0930_11.jpg
0930_12.jpg
0930_13.jpg
0930_14.jpg
0930_16.jpg
0930_17.jpg
この後はピン甘、そして完全に背景にピンを持っていかれました。
0930_18.jpg
1度目の飛び込み・・・水出の場所に全く間に合わず、何とかファインダー内に入れられた数コマの中、2コマだけピンが来てました。
0930_19.jpg
前の障害物にピントがいかないところが不思議?ですね。(^o^)
0930_20.jpg
これには驚きました、カワセミ以外は撮らないのですが、ちょっと貴重な瞬間かも・・・カルガモが魚を捕るとは???
0930_21.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年9月29日

後ろ向きは・・・

手前に飛び込まれて後ろ向きになると、ピントが合う場所が微妙だし、カワセミの目が入らないし・・・あまり良い結果はえられないですね。これは、ま~いい方でしょうね。

1001_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年9月26日

イマイチ

久しぶりに平日に、しかもいつもよりは少し早めの3時前に出撃しましたが、結果はイマイチでした。何故かAFが抜けることが多く、連続したデータを残せませんでした。D500、まだまだ使い込まないとダメですね。

水出から3コマ、いい感じだったんですが、その後ピン甘、ピンぼけ・・・何故?(^o^)
0926_11.jpg
0926_12.jpg
0926_13.jpg
ISO200でほぼピクセル等倍・・・低感度の画質は全く問題ないですね。
0926_14.jpg
17時30分まで粘りましたが、結局飛び込まず・・・暗くなったので1/30秒で撮ってみました。ISO400です。
0926_15.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年9月25日

ロクニッパで・・・

ロクニッパで初めて撮ってみました。レンズは開放より、少しは絞った方が解像度が上がります。勿論絞ることで深度も深くなるのでピントも合いやすい、ということで開放で撮ることも少ないのですが、今日は16時半に普通サイズの魚を捕った後、なかなか飛び込んでくれず、結局最後のお食事は17時過ぎでした。SSを1/800秒まで落とし、感度を許容のISO1600にすると、F2.8の開放にしなければ適正露出にならない明るさでした。今日もフィールドに着いたのが16時前だったので、撮影チャンスも少なかったので画質にこだわる低感度撮影は断念・・・しかしD500は、ISO1600でもノイズが気になるようでは、本当に晴天時でないと使えないカメラだなと感じました。とはいってもロクニッパで撮れる喜び、メリットは間違いなくありますね。(^o^)

30分以上待たされて、集中力不足でした・・・枝から飛び出した瞬間に気づかずに完全に遅れてしまいました。水出に間に合わず、また途中から追いかける格好に・・・このカットが一番よかったです、掲示板にノートリ、リサイズの大きな画像をアップします。水面の映り込みもいい感じ・・・
0925_10.jpg
その1コマ前のカット・・・
0925_11.jpg
0925_12.jpg
0925_13.jpg
上、ギリギリでしたが、ピントは食い付いていました。この後、嘴切れでしたがまだピントが合ってました。
0925_14.jpg
また上手くファインダーに入れられました・・・ピンがちゃんと残っているところが凄い、D5より優秀?
0925_15.jpg
0925_16.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年9月23日

ISO6400では・・・

D500でISO6400ではかなり厳しいですね。もっともトリミングしなければ許容かもしれませんが・・・以下、1/3サイズにトリミング後リサイズしてますが、カワセミ自体はそれなりに解像していますが、このノイズではちょっと撮る気はしなくなりますね。

♀親の目を盗んで♂子が縄張りに侵入・・・
0923_11.jpg
0923_12.jpg
0923_13.jpg
超ショートホバだったので、1コマだけ・・・
0923_14.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年9月22日

水出から・・・

やっぱり片手撮影だと、ちょっと反応が鈍くてレンズを振っても水出に追いつけませんでした。水出から連写していれば、20コマ以上撮れたかも・・・

0922_11.jpg
0922_12.jpg
0922_13.jpg
D5で12コマ/秒で撮っていたら、全コマ羽閉じカットだったかも・・・私好みのカットです。
0922_14.jpg
ここで羽の開き具合も完璧!(^o^)
0922_15.jpg
0922_16.jpg
0922_17.jpg
0922_18.jpg
0922_19.jpg
0922_20.jpg
この後ピン甘2コマで追従終了でした。カワセミ撮影は楽しい!(^o^)

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年9月21日

AFの特性が・・・

雨ばかり続きますね。今日は日中、雨は降りませんでしたが、仕事でフィールド通いはお休み、明日また休みですが雨・・・やっぱり雨の日の撮影は避けたいですね、週末に期待しましょう。ということで在庫のカワセミの紹介、D500はできるだけ低感度で撮りたい・・・

まだAFの特性が把握できません。いつもの場所から手前に飛び込まれると、水出の後は去りゆく状態、まして背景が近いとAFはなかなか追従してくれません。やはり飛び出しの瞬間が勝負でしょうか・・・この時は上手くいきました。ISO200です。
0921_11.jpg
このカットは掲示板に大きな画像で紹介します、とてもいい感じでした。
0921_12.jpg
0921_13.jpg
ここから完全な去りゆくです。
0921_14.jpg
0921_15.jpg
0921_16.jpg
突然背景にピンを持って行かれました。その後4コマ同じ状態・・・
0921_17.jpg
ここからまた食いつききました。
0921_18.jpg
0921_19.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年9月20日

D500は名機?

まだ試したと言えるほど撮ってませんが、画質面では予想通り、D5と比較にもならないことが分かりました。正直、私の基準ではISO1600が限界ですね。ちなみにD5の限界はISO12800です。解像感もD5に比べると相当落ちます。で、AF精度はというと、遜色ないレベルと言えそうです。カワセミのような小さくて動きの速い鳥でも、食いつきはかなりいいですね。モータードライブなしで10コマ/秒も素晴らし、バッテリーの持ちもかなり改善されている、そして画角が1.5倍になるAPS-Cサイズのメリットは大きいし、名機と言えるのではないでしょうか。思えば最も寿命の長かったD1桁シリーズの名機「D2x」に比べると・・・仕様をチェックしてみましたが、本当に驚くべき進歩ですね。

昨日の続き・・・完璧なカットの前後です。雨の中での片手撮影で万全ではなかったですが、ピンを外してしまったのは、多分このカメラの特性でしょう・・・理解できませんが。(^o^)
奥の遠い方に飛び込まれて、慌ててレンズを振ったら、何とか水出ギリギリに間に合いましたが、この後3コマも見事に外されてしまいました。以下、すべて1/3のサイズにトリミング。
0920_11.jpg
嬉しいことに一旦外れても、ファインダー内にとらえていれば、また食い付いてくれる・・・これはD5と同じですね。
0920_12.jpg
0920_13.jpg
このカットの後が昨日紹介した完璧な1カットです。
0920_14.jpg
この2コマもピントは完璧でした。そしてその後またピンを外されてしまいました。
0920_15.jpg
0920_16.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年9月19日

雨中のカワセミ

何年ぶりかな~雨の中の撮影、家を出たときには雨は降っていなかったのですが、15時前にフィールドに着いたときには雨、雨、雨・・・流石にいつものカメラマンは一人もいませんでした。しばらくしてカワセミが飛来、魚が見えないのか、なかなか飛び込みません。飛び込んでも失敗、こっちも傘を持って片手だけでカメラ・レンズを振っていると、反応が鈍い・・・水出に追いつけず失敗、とはいっても、ファインダー内に被写体をとらえると何枚かは結果を残してくれる優れものカメラのおかげで1時間ほど楽しめました。

雨中でも完璧・・・こういう完璧な1カットでも残せるなら、大雨であろうが、大雪であろうが・・・台風であろうが・・・いや、明日は台風が来るので出かけません!(^o^) 残念ながら今日もこの大物ゲットの後、終了でした。1/4サイズに大トリしてます。
0919_10.jpg
D500 + 400mm f/2.8E FL ED VR F4 ISO1600 SS1/1000秒

トマリモノも面白い・・・当然ですが、SSが違うと写る雨も様子も違いますね。ISO100、SS1/100秒・・・
0919_11.jpg
トビモノ撮影時の設定・・・ISO1600、SS1/1000秒・・・雨粒が止まって点、点、点・・・何か雪みたい!
0919_12.jpg
1/4サイズにトリミング、流石にISO1600でもノイズが気になるところが、D500の限界ですかね。ISO6400は、D5のISO51200よりは当然解像しますが、使えそうもないというのは同じですね。天気のよいときにISO100でトビモノを撮ってみます。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年9月18日

試行錯誤

昨日フィールドに10時間近くいたのですが、「ヌカカ」という1mmほどの点のような虫に大量に血を吸われました。蚊と違って吸われたときには痛みも感じないし、血を吸う虫には見えないので気にもしていなかったのですが、帰宅してから痒みが出てきて・・・ケアンズで酷い目にあった「サンドフライ」を思い出しました。まさかあの血を吸う砂粒のような吸血鬼が日本にいるとは思っていなかったのも、油断した理由です。というかもう何年も前からこのフィールドに通っていますが、「ヌカカ」なる存在を見たことも聞いたこともなかったのも事実です。今後要注意ですね、肌の露出を避けるのが一番の予防策です。通常の蚊除け、虫除けスプレーなどは効果はありません。そして刺されてしまったら、皮膚科で処方してもらって薬局でステロイド系の薬を使うしかないようです。3連休で皮膚科へも行けず、今は痒みを我慢するしかないです、トホホ。
ということで今日は出かけるつもりもなかったのですが、明日は終日雨の予報・・・16時以降のチャンスを期待して出かけました。16時10分、ワンチャンス、もの凄い大きな魚を捕ってしまって終了でした。17時半まで待ってみましたが、1度いつもの枝に戻って何もせず塒へ・・・その間いつの間にか縄張りに入ると追い出されてしまう♂若カワセミが反対側の奥の枝から数回飛び込んで小魚を捕っていました。暗い上に距離があったので試し撮りができる状況ではなかったですね、一応撮りましたが・・・今日は153点のフォーカスポイントで何度か試してみたかったのですが。

毎度のことですが、予期せぬ、想定外の場所へ飛び込まれ・・・一番遠いところで戻ってくる時は迫り来る状態・・・水出に間に合わずにピンぼけ、3コマ目にピンがきましたが、その後4コマ目はピン甘、そしてピンぼけ・・・さらに4コマ目で再び食い付いてくれましたが、153点では追従してくれないってこと? 最初の1枚はまた掲示板にノートリで大きく紹介します。
0918_11.jpg
0918_12.jpg
0918_13.jpg
ここからピン甘・・・次のカットは完全に背景に持って行かれました。
0918_14.jpg
ファインダー内で追っていると何故かピントが戻ってくる・・・
0918_15.jpg
ピンが残っているのは面白いですね。
0918_16.jpg
こんな大きな魚を呑み込んでは、もう今日の最後の食事は終わりですよ。
0918_17.jpg
試行錯誤中なので、とにかくもっといっぱい撮りたいですね。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年9月11日

久しぶりだったので・・・

一応いい訳です。水出はみんなピンぼけ、レンズの振りが遅れたことが理由です、情けない・・・そしてファインダー内で追いきれなかった、情けない・・・、嘴切れ、尻尾切れも数コマ・・・カワセミ撮影には修行が必要です。(^o^)

0911_11.jpg
0911_12.jpg
0911_13.jpg
0911_14.jpg
0911_15.jpg
一旦、嘴切れで外して3コマ後に再びファインダー内に入れたときには、タイミングが少しズレてしまいました。
0911_16.jpg
0911_17.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年9月10日

1ヶ月半ぶり・・・

まだ残暑が厳しいですね、ということでフィールド復帰は9月中旬以降にするつもりでしたが、天気予報が明日から雨、雨、雨・・・何となくカワセミとの出会いが期待できそうな予感がしたので、15時過ぎについに重い腰を上げました。フィールドに着いたのは16時過ぎ、早速カワセミには会えたのですが、なかなか飛び込んでくれませんでした。結局チャンスは1時間半で5度・・・予感は的中しましたね。(^o^) 採餌に成功が3度、最初のチャンスはタイミングが合わず、くちばし切れでした。後の2度は本当に面白い・・・1度は全カット、羽開き、1度は全カット、羽閉じ・・・秒間12コマって、そういう結果を招くことが多いですね。♀親がしっかり縄張りを守っていて、子?の♂が進入すると追い払ってました。1ヶ月半前、子育てでボロボロになっていた♀親、かなり元のように綺麗になっていました。

大きな画像は久しぶりに掲示板に投稿しました。
0910_11.jpg
D5 + 400mm f/2.8E FL ED VR + TC-17E F5.6 ISO3200 SS1/1000秒

1ヶ月半前は、こんな感じでしたからね・・・
0910_12.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年9月 2日

日本は暑い!

暑いばかりじゃなく、この夏の日本は台風被害で大変でしたね。それにしても暑い、これでは撮影どころじゃないですね、残暑が厳しければ、フィールドに戻る日も先になりそう。カワセミも暑さのせいで頻繁に水浴びしているのではないでしょうか・・・

0902_11.jpg
0902_12.jpg
不在中、画像掲示板に不都合が発生したことに気づかず放置していたこと、深くお詫びします。引き続き掲示板への投稿を楽しみにしています。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年8月 1日

ボロボロ・・・

子育てでボロボロ状態の♀親です。以前はカワセミの繁殖は年に1度でしたが、今では2度、3度繰り返し子育てをする個体が増えています。必然的に全体の個体数は増えることになり、本当にどこにいてもカワセミとの出会いが楽しめるようになりました。嬉しく思う反面、こういう♀親の姿を目にすると心が痛むのも事実です。

頑張って欲しい・・・
0801_11.jpg
1ヶ月ほど海外出張です。毎夏を過ごしているザルツブルクですが、カワセミとの出会いは期待できませんね。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年7月25日

2ヶ月ぶりに・・・

ほぼ2ヶ月ぶりにカワセミに会ってきました。ブログ情報では出はあまりよくないとのことでしたが、たまに取った休みの日くらいカワセミとの出会いを楽しまないと・・・ですね。いつもの通り昼過ぎからのんびり出かけて、フィールドに着いたのが15時、常連さんの数も少なかったですね。結局17時半までは、欄干にオスとメスが姿を見せてくれただけで、期待していた採餌シーンはゼロ・・・カメラの中には128GBのメモリーが2枚入っているのに・・・(大笑) カメラマンは二人だけになってからようやく動き出してくれたのですが、撮影できる場所では水浴び数回だけ、肝心の採餌は枝や葉で見えない場所で・・・1度だけ手前に飛び込んでザリガニを捕ったんですが完全に後ろ向き・・・その後私一人になって待つこと45分くらい、奥でまたザリガニを捕って飛んできました。5分くらい格闘して呑み込んだので、これで今日のお食事も終わりかと、諦めて帰ろうとしたら、まだ下を見て狙っている様子だったのでラストチャンスに賭けて・・・それでもさらに10分くらい待たされましたが・・・よかったです。(^o^) 撮影データを見ると18時37分でした。天気も悪かったので暗かったですが、そこはD5の真骨頂、高感度ISO1280でも実用レベルなので何の躊躇いもなくしっかり撮りました。しかしあの暗さでよくAFが追従するものだと、久しぶりに感心、と同時に「1秒」間の喜びを味わいました。

飛び込まれたところが葉被れで、飛び出しから4コマまでピントが葉に取られてしまいましたが、その後もしっかりファンダー内にとらえることができたので、枝に戻るまでの10コマ、きっちり撮れました・・・最後の最後に来た甲斐があったと思えました。しかしこのメス、繁殖期の負担が大きすぎてもうボロボロ・・・その姿を見て涙しました。
1コマ目はこんな感じで葉にピントが・・・
0725_11.jpg
連写の5コマ目・・・6コマ目まで水面の映しを残してトリミングしてます。羽の開きのタイミングは12コマ/秒で最良の結果でした。
0725_12.jpg
0725_13.jpg
0725_14.jpg
0725_15.jpg
ここでちょっと葉っぱが被りましたがお構いなし・・・
0725_16.jpg
0725_17.jpg
0725_18.jpg
0725_19.jpg
0725_20.jpg
0725_21.jpg
流石にこの後手前の太めの枝にピントをもっていかれました。1コマ、後で掲示板で大きく紹介します。ホント、ISO12800、実用レベルです。
D5 + 400mm f/2.8E FL ED VR F3.2 ISO12800 SS1/800秒

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年7月23日

夕陽を浴びて・・・

夕陽を浴びて、いい感じのカットですが、やっぱりこういう瞬間にはお魚が欲しかったですね。ちなみにもう1ヶ月以上経つので、狩りは相当上達しているはずです。

0723_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年7月20日

雛は当然・・・

カワセミの雛は当然、魚なしがほとんどです。巣立ち後1週間までは、成功確率は1割以下ですから。

0720_11.jpg
0720_12.jpg
0720_13.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年7月18日

在庫は豊富!

お魚付きでない水絡みの写真は、当然ですがいっぱいあります。どんなに狩りの上手いカワセミでも、その成功確率は7割程度でしょう。つまり最低でも3割は失敗・・・勿論すべての瞬間をカメラでとらえている訳ではないですが、残せた撮影データの相当数はお魚なしですね。

0718_11.jpg
0718_12.jpg
0718_13.jpg

投稿者eisvogel : 00:03 | コメント (0)

2016年7月14日

お魚が欲しい・・・

やっぱりお魚が欲しい・・・と、より強く思っているのは、カメラマンの私よりカワセミでしょうね。

0714_11.jpg
0714_12.jpg
0714_13.jpg
0714_14.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年7月10日

魚はないですが・・・

残念ながらカワセミはいつも魚をくわえて水中から出てくるとは限りません。狩りの名手であれば、成功確率は70%以上になると思いますが、それでも3割は失敗ですからね。ま、しかし暑いときには、やっぱり魚はなくても水出は「涼」が伝わります。

0710_11.jpg
0710_12.jpg
0710_13.jpg
0710_14.jpg
0710_15.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年7月 7日

雛には翻弄・・・

カワセミの雛には動きが読めなくて、よく翻弄させられました。この時は獲物を狙って下を見ていたので、当然飛び込み、飛び出しモードのSS1/1000秒で構えていたのですが、なかなか飛び込まないので、ISO100にしてトマリモノを撮りました。適正露出はSSは1/80秒・・・すると突然飛び込まれてしまって・・・勿論SSを元に戻すこともできずに反射的に被写体について流し気味にシャッターを切りました・・・が、結果は想定通り・・・(^o^)

D5のISO100はピクセル等倍でも全く問題なしです。
0707_11.jpg
ここからカワセミの幻想の世界・・・(^o^)
0707_12.jpg
0707_13.jpg
0707_14.jpg
0707_15.jpg
0707_16.jpg
0707_17.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年7月 5日

親は子に甘い?

結局親は子に甘い・・・というのはカワセミの世界でも同じようです。自分で採餌することを促しつつも、必要と思えば給餌はします。

0705_11.jpg
0705_12.jpg
0705_13.jpg
0705_14.jpg
0705_15.jpg
0705_16.jpg
0705_17.jpg
0705_18.jpg
0705_19.jpg
0705_20.jpg
0705_21.jpg
0705_22.jpg
0705_23.jpg
0705_24.jpg
0705_25.jpg
0705_26.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年7月 1日

親子の対話2

今度はカワセミの子が親へ逆襲・・・「母ちゃん、お腹すいたよ~、魚捕ってきて~」と言いながら、子が親を執拗に追いかける・・・

0701_12.jpg
0701_12.jpg
0701_12.jpg
0701_12.jpg
0701_15.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年6月30日

親子の対話1

カワセミの巣立ち後1週間まではこういう光景を頻繁に見ます。親は子に求められても簡単に給餌しなくなります。親は「いつまでも甘えていないで、自分で餌を捕りなさい・・・」と諭している一方で、子は「母ちゃん、そんなこと言わないで・・・」と甘える。親は威嚇して追い出す・・・この繰り返しですね。

0630_11.jpg
0630_12.jpg
0630_13.jpg
0630_14.jpg
0630_15.jpg
0630_16.jpg
0630_17.jpg
0630_18.jpg
0630_19.jpg
0630_20.jpg
0630_21.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年6月24日

親子って・・・

カワセミの世界でも親子って色々あるようです、観察していると、本当にまだまだ驚かされることが多い・・・

間違いなくカワセミ語でのやりとりもあるはず・・・この時は「いつまでも甘えていないで食べるものは自分で捕りなさい・・・」とでも言われていたのだと思います。
0624_11.jpg
0624_12.jpg
0624_13.jpg
0624_14.jpg
0624_15.jpg
0624_16.jpg
0624_17.jpg
0624_18.jpg
0624_19.jpg
0624_20.jpg
0624_21.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年6月23日

左向け左・・・

子は親を見て育つと言いますが、まさにそんな一コマですね、カワセミの世界も同じです。(^o^)

0623_11.jpg
0623_12.jpg
0623_13.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年6月21日

日陰でしたが・・・

日陰に飛び込まれて、完璧に露出アンダーになってしまいましたが、背景が綺麗に撮れていました。カワセミには、この背景色はいいですね。

0621_11.jpg
0621_12.jpg
0621_13.jpg
0621_14.jpg
0621_15.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年6月15日

見事に同じ・・・

どうも12コマ/秒というのは、カワセミの羽ばたきの周期に合致するのかもしれません。本当に一瞬の違いなんでしょうが、全く同じ瞬間を切り取ったって感じですね。

3コマ同じ・・・カワセミの美しい飛翔なので、何コマ撮れても嬉しいですが・・・(^o^) 1コマ目は水面の映りも美しいので、縦に切り取ってリサイズ・・・
0615_11.jpg
大きくトリミング
0615_12.jpg
0615_13.jpg
この後から少し変化が・・・
0615_14.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年6月13日

去りゆく・・・

手前に飛び込んでから水出、そして元の枝に戻る去りゆくカワセミをカメラのAFが追従し続けるのを期待するのは無理でしょうか・・・やっぱりカワセミのような小さな被写体、しかもスピードのある被写体は難しいですね。

間に3コマがピンを外してますが、ファインダー内でとらえている間は、再度上手くくいついてくれました。それにしても羽の開き具合が見事に一緒・・・
0613_11.jpg
0613_12.jpg
0613_13.jpg
0613_14.jpg
0613_15.jpg
0613_16.jpg
0613_17.jpg
障害物の後ろを通過・・・再び出てきたときに1コマだけピンが来てました。
0613_18.jpg
ま、D5は優秀なカメラってことなんでしょうね。(^o^)

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (0)

2016年6月11日

順光だと・・・

順光だと、当然背景色が綺麗なので、カワセミ色も映えます。分かっているんですが、このフィールドは朝方がその順光・・・いつも午後遅くから出撃すると、順光側にポジショニングはできますが、狙える範囲が狭まってしまうので・・・つまり撮影チャンスが減ってしまうこともあるので、滅多に順光側に立ちません。

この時は想定外に手前10mくらい先に飛び込んで近すぎ・・・水出の瞬間にAFが間に合わずピンぼけ・・・3コマ目にようやくピンがきましたが、去りゆく被写体にAFが追従せず・・・残念!
0611_11.jpg
0611_12.jpg
この後も連写で4コマ分データが残っていましたが、ピン甘、そしてピンぼけ・・・去りゆく、迫り来る被写体にはD5といえども完全な追従性は期待できないですね。
0611_13.jpg
偶然にもファインダー内に花が入っていました、背景も綺麗だし、ちょっと絵になりますかね。ノートリ、リサイズのみです。(^o^)
0611_14.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年6月10日

逆光はだと・・・

カワセミ撮影の場合、逆光だと肝心のカワセミ色が出ないため、撮影条件としては厳しく、撮ってもね~って感じですね。もっとも最初から逆光の効果をイメージして撮れば、それなりに楽しむことはできるはずです。

色は出ないですが、水飛沫など結構面白い・・・思いっきりアンダーで撮れば、これとは全く違う結果になります。ピントは一応きているのですが、解像度は低いですね。
0610_11.jpg
0610_12.jpg
0610_13.jpg
お魚がないですが、参考までに・・・多少飛び込みも位置が違うと、背景の色の付き方も変わってきます。
0610_14.jpg
0610_15.jpg
本当に微妙な違いなのですが、やはり背景も色が付いた方がいいですね。
0610_16.jpg
0610_17.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年6月 9日

タイミングの問題

いままで何度もカワセミやヤマセミのホバを撮っていますが、全コマすべてが同じような羽の開き具合になったことがあります。後で思えば、シャッタを押すタイミングを一度、一瞬変えるだけで、間違いなく違った結果になったはずです。が、数秒しかないチャンスの間に、その一瞬、間を取る余裕ってなかなか持てませんね。この時も水出からファインダーの中でとらえること以外に考えている余裕すらなかったです。結果は見事に全コマ同じ羽の開き具合・・・でした。(^o^)

残念ながら水出の瞬間から2コマはピンぼけで没でした。
0609_11.jpg
0609_12.jpg
0609_13.jpg
0609_14.jpg
0609_15.jpg
0609_16.jpg
0609_17.jpg
0609_18.jpg
0609_19.jpg
0609_20.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年6月 8日

陽差しが強いと・・・

陽差しが強いと、綺麗なカワセミでもよい写真にはならないですね、何か写真全体に締まりがないし、光りもの系の魚は光ってしまうし・・・
半逆光で最も陽差しの強い時間帯です。
0608_11.jpg
0608_12.jpg
0608_13.jpg
0608_14.jpg
0608_15.jpg
0608_16.jpg
0608_17.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年6月 7日

お腹空いた・・・

子は十分な採餌ができないときには、とにかくお腹が空いた~と、親に繰り返し魚を要求します。実際小魚とかアメンボーとか、いくら捕ってもお腹は満たされることはないでしょう、身体の大きさは親と変わらないのですから・・・

こういう光景は何度も目にしますね。
0607_11.jpg
0607_12.jpg
0607_13.jpg
0607_14.jpg
0607_15.jpg
0607_16.jpg
0607_17.jpg
0607_18.jpg
0607_19.jpg
0607_20.jpg
0607_21.jpg
この時は親は全く無視ってかんじでしたね、この後すぐに飛んで行きました。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年6月 6日

子はまだ魚を・・・

巣立ち後4、5日経つと、もう親は何度も給餌はしてくれません。自分で捕るしかない・・・でも子はまだ魚を捕ることが、枝とか葉っぱとか、お腹の中に入れられない物ばかり・・・

0606_21.jpg
0606_22.jpg
背中はもう綺麗ですね・・・
0606_23.jpg
0606_24.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年6月 4日

魚があれば・・・

いつもカワセミの水出を撮った後に思うことですが・・・魚があればよかったのに・・・そもそも川のこの場所には小魚はあまりいないようなので、このメス親もエビを捕っていました・・・エビでもよかったのに。(^o^) ここは背景が近いので、AFが背景に持っていかれることが多く、7コマもしっかりピントがくることって滅多にないのです。

0604_11.jpg
大きな魚があれば最高だった・・・
0604_12.jpg
0604_13.jpg
0604_14.jpg
0604_15.jpg
0604_16.jpg
0604_17.jpg
これも魚があれば・・・
0604_18.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年6月 3日

物語はつづく・・・

カワセミの繁殖時期は、観察にも撮影にも最もいいですね。今回本当に数年ぶりで継続して観察ができて、今更ですがカワセミの生態についても色々興味深い発見ができました。カワセミに限らず野鳥の生態は、まだまだ人には知られていないことがいっぱい・・・撮影は楽しいですが、私は生態カメラマン、やっぱり生態の探求はモチベーションにはなりますね。(^o^) 
恐らく巣立ち後2週間が経つので、もう巣立ち雛は独り立ちし、親の縄張りから追い出されて、今まで観察できた場所にはいないはずです。元気に成長してくれることを祈るばかりです。

メス親が魚を与えるつもりで持ってきましたが・・・
0603_11.jpg
0603_12.jpg
・・・与えずに飛び去りました・・・子が追いかけますが・・・
0603_13.jpg
・・・もらえたかな?

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年6月 2日

解像度

D5の高画質と「400mm f/2.8E FL ED VR」の組み合わせは、本当に素晴らしいですね。何かネット上で公開するだけなら、すべてピクセル等倍にしてもOKって感じです。(^o^)
カワセミ撮影に400mmは、厳しいですが、しっかりピントがくれば解像するので、トリミング前提で撮影は楽しめます。

「400mm f/2.8E FL ED VR」単体で撮影・・・ほぼピクセル等倍にトリミングしただけです。
0602_11.jpg
0602_13.jpg
0602_12.jpg
この1ヶ月、足を運んでいたカワセミ・フィールドが突然おかしなことに・・・カワセミが全く来なくなったようです。早く戻って来て欲しい・・・

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年6月 1日

親子の物語5

カワセミの雛が巣立って3日後の5月21日に見た「親子の物語」、いよいよ最後のオチがちゃんと待っていました。3日目ではまだ親から子への給餌はしますが、すでに自分で捕ることを促す行為が親に見られます。オス親からメス親への給餌後、その魚をメス親が子に給餌する・・・その後は何度か魚をくわえて飛来しても、結局魚は与えませんでした。物語4の後、5分後のことです・・・

何とオスとメスがほぼ同時に魚をくわえて飛んできました。流石に寝る前でお腹をすかしている子に給餌する気になったのか?
0601_11.jpg
するとメスが子の待つ枝へ・・・残念ながら見えない場所へ飛んで行きました。こちらも急ぎその場所の方へ移動・・・うむ、葉被れで見えない・・・オスも飛んできたので見える場所はないかと、さらに急いで移動・・・すると親子が確認できました。ファインダーを覗いてみると、メス親から子への給餌は終わっていてオスからメスへの給餌が・・・うむ、三角関係のいい感じの構図・・・3羽にピントが来るように絞りを調整・・・
0601_12.jpg
この子はメスなのかオスなのか分かりませんが、「求愛給餌」をじっと見ています。いや、まだ空腹で自分への給餌を期待しているのかも?
0601_13.jpg
0601_14.jpg
「こりゃダメだ、お父ちゃんがお母ちゃんに魚を渡してしまう・・・」
0601_15.jpg
あああ、もう魚を呑み込んでしまう・・・
0601_16.jpg
0601_17.jpg
一応これで5月21日の親子の物語はお終いです。求愛給餌とか交尾を目の前で見せられ、親からしっかり学ぶことはできたでしょう、後は自分で採餌できるように修行するだけですかね。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年5月31日

親子の物語4

物語はまだ続きます。カワセミのメス親はこの前で交尾を許したことを悔いている様子で、オス親に魚でも捕ってくるように督促していたようです。6分後に魚をくわえて戻って来ました。

0531_11.jpg
0531_12.jpg
オス親は子の待つ別の枝に飛来しました。美味しそうなお魚です。(^o^) 怒っていたメスにではなく、子に魚を持ってきたのです。
0531_13.jpg
子は当然もらえると思ってオス親に近づきます。
0531_14.jpg
0531_15.jpg
0531_16.jpg
0531_17.jpg
0531_18.jpg
0531_19.jpg
0531_20.jpg
「お父ちゃん、どうしてくれないの?」
0531_21.jpg
0531_22.jpg
0531_23.jpg
「どうして・・・?」
0531_24.jpg
0531_25.jpg
ははは、オス親は結局子に給餌せず、食べてしまいました。(^o^) 大胆にもこの子の前で交尾したことも全く悔いていない、ちょっとひどい親・・・なのかも。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年5月30日

親子の物語3

メス親が2度続けて子への給餌を拒み、子の目の前でエビを食べてしまった後、優しいオス親が魚をくわえて飛来しました。この時被写体までの距離は近くてよかったのですが、残念ながらカメラを構えたアングルが悪かった・・・

0530_11.jpg
「お父ちゃん、早くちょうだい・・・!」
0530_12.jpg
0530_13.jpg
あっという間に給餌が終わったと思ったら、あれオス親がまだ何かくわえている・・・
0530_14.jpg
この次のカットを大きく拡大してみると、ちゃんと給餌して子が魚を呑み込んでました。
0530_15.jpg
で、物語はこれからです。しばらくすると日が陰ってきて少し暗くなってきました・・・するとメス親が同じ枝に飛来して・・・あれ? オス親が子の頭上を越えて・・・
0530_16.jpg
「そんな・・・お父ちゃん、何するの??? お母ちゃん・・・!」
0530_17.jpg
「・・・」
0530_18.jpg
実は10秒くらい間がありました・・・「お父ちゃん、お母ちゃん、とてもこれ以上見ていられない、耐えられない・・・」・・・当然でしょう、この子の思いは・・・
0530_19.jpg
メス親は流石に子の思いを察したようで、すぐに態度を一変・・・オス親は瞬膜が出るほどビックリ!
0530_20.jpg
「あんた、子供の教育によくないでしょ!」とでも言って怒鳴っていたのか、かなり怒ってましたね。(^o^)
0530_21.jpg
うむ、やっぱりカワセミ界はまだ謎が多い、分からないことが多すぎますね。物語はさらに続きます・・・

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (3)

2016年5月29日

小魚付き・・・

カワセミの雛が巣立ったのは19日、4日目には一応自分で捕る試みはしていましたが、当然失敗ばかりで成果は乏しく、5日目でも何を捕っているのか分からないような超小物ばかり・・・そしてついに今日、ようやく小さいですが、魚を捕った瞬間を撮ることができました。それにしてもこの子、まだまだ修行が必要、成功率は1割程度ですね。高い位置から狙えないこともあって、そして獲物も小さいこともあって枝から飛び出して戻るまで1秒・・・かな? とにかく速いです、ファインダー内でとらえてそのまま追い続けるのは、ほぼ不可能・・・ということで後日紹介しますが、10コマ以上なんて絶対に無理って感じました。

順光で綺麗に撮れて嬉しい~!(^o^)
0529_11.jpg
0529_12.jpg
羽の開きが残念でしたが、これも完璧な1枚でした・・・ほぼピクセル等倍。
0529_13.jpg
17時以降また川で待ちましたが、やはり親は飛来せず、給餌は終わったようで、自分で捕るしかない・・・結構頑張ってましたが、やっぱり食べれるものはあまり捕れていなかったようです。
0529_14.jpg
もう1チャンス、魚付きがあったのですが、タイミングが悪い、アングルが悪いで残念な結果に・・・魚は見えるんですが、カワセミの顔が見えない・・・
0529_15.jpg
次のカットは魚が嘴の後ろで見えない・・・そして次のカットはピンぼけで没でした。
0529_16.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年5月28日

再度極限に挑戦

今日はフィールドに着いたのが15時半過ぎ、出が悪いということで、多くのカメラマンが早々撤収、16時過ぎには私一人に・・・確かに出が悪い、17時になってもいつものメス親も子も池には飛来しない、ならば川の方へと行ってみると、雛を見つけました。17時半くらいから採餌の試みを始めましたが、相変わらず失敗ばかり。でもこれは好都合、親が必ず寝る前に1度は大きな魚を運んでくると期待して待っていましたが、真っ暗になってしまいました。結局親は飛来せず、時計を見たら19時12分でした。(^o^) で、雛が1時間前から同じ場所にいたのですが、どうもそこが塒のようです。

再度極限に挑戦・・・全く飛び込んでくれないので、トマリモノで挑戦してみました。D5の高感度と「AF-S AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR」の解像度・・・いや、本当に驚きました、まさに異次元ですね。最後はマジで真っ暗でカワセミを肉眼で確認できないばかりか、ファインダーを覗いても何も見えないくらい暗かったですが、撮れてしまう、そしてここまで発色し、解像してしまう・・・特に耳と喉の白いところも解像してるって驚異的・・・前ヨンニッパ「AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR」では、単体でテストしていなかったこともあり、単体レンズとしての解像度がどうだったのか分かりませんが、今回解像度もアップしたと言われている新レンズで初めて単体でテストしてみて、その解像レベルの高さには感嘆しました。 以下、縦位置にトリミング、リサイズのみです。カメラのは高感度ノイズ設定は、「低」にしています。
ISO51200
0528_11.jpg
ほぼピクセル等倍にトリミング
0528_12.jpg
ISO25600
0528_13.jpg
ほぼピクセル等倍にトリミング
0528_14.jpg
まぶたも閉じてお休み前・・・19時10分
0528_15.jpg
19時12分・・・完全にお休み体勢・・・本当に真っ暗でした!
0528_16.jpg
参考までに掲示板に大きな画像をアップしておきます。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年5月27日

親子の物語2

続きです。オス親からメス親へ給餌、それをそのまま子へ給餌・・・幸せで仲睦まじい親子の物語、と思いきや・・・です。またメス親がすぐにエビを捕ってきて給餌するかと期待してファインダーを覗いていると・・・

0527_11.jpg
子もすっかりその気でおねだり・・・
0527_12.jpg
・・・あら、親が食べちゃった!(^o^)
0527_13.jpg
「お母ちゃん、そりゃないよ、捕ってきて・・・」「分かったよ、すぐに捕ってくるから・・・」という会話があってメス親は飛び出していきました。
0527_14.jpg
2分後、またエビを捕って戻って来ました。
0527_15.jpg
「ねぇ、今度こそちょうだいよ~」「・・・」
0527_16.jpg
「そうか、食べやすいように料理してくれているんだ・・・」「・・・」
0527_17.jpg
「ウソ、また食べちゃった!」
0527_18.jpg
「母ちゃん、そりゃないよ・・・」「いつまでも甘えてちゃ、ダメでしょ」
0527_19.jpg
カワセミの母親は厳しい・・・(^o^)

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年5月26日

親子の物語1

実は5月21日に紹介した求愛給餌の後に、カワセミ親子の物語がありました。メス親がオスからプレゼントされた魚を、何と子にプレゼントしたのです。求愛給餌のあった枝に子が飛んできてくれたら、良い瞬間が撮れたのですが、残念ながらメス親の方が葉被れになる枝にいた子へ持って行きました。しかしオスからメスへ、メス親から子へという給餌・・・そんな出会いは今後2度とないかもしれませんね。感動しました!

オスはメスにプレゼントして得意げなポーズをとってますが・・・
0526_12.jpg
0526_13.jpg
0526_14.jpg
0526_15.jpg
子が食べやすいようにとちゃんと料理してあげるところも感心しました。
0526_16.jpg
0526_17.jpg
0526_18.jpg
0526_19.jpg
0526_20.jpg
0526_21.jpg
まだ魚は活きがよくて美味しそうですね。(^o^)

投稿者eisvogel : 23:10 | コメント (2)

2016年5月25日

成長してる?

雛の様子が気になって、またカワセミ休暇を取ってフィールドへ・・・この子、巣立ちが後だったのか、まだまだ親に甘えてなかなか自分で採餌しようとしません。朝も夕も大きな魚を親から給餌してもらっていました。で、何をしているかと言えば、飛び込みはしているのです。練習なのか、狙っても捕れないのか・・・枝だったり、葉っぱだったり・・・呑み込む物も結局まだよく分かりません。勿論何も捕れずに戻ることの方が多かったですね。

0525_11.jpg
0525_12.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年5月24日

雛の採餌・・・

カワセミの雛の採餌は真剣そのもの・・・巣立ちから4日目で自分で捕るようになったといっても、水中の動き回る魚を捕まえることは容易ではありません。5目になっても状況はあまり変わらず、獲物を見る目は鋭くなってもあまり良い結果にはつながっていませんでしたね。
0524_10.jpg
この後飛び込みましたが、捕ったのは魚ではなく、アメンボーのようなものでした。相変わらず獲物が小さすぎてよく分かりません。昨日最後に紹介した飛び出しのカットから12コマ連写して残せた7コマです。何を捕まえているかわかりますか?
0524_11.jpg
0524_12.jpg
0524_13.jpg
一度ピンを少し外して4コマもピン甘になってしまいましたが、この後は完璧に追ってくれました。
0524_14.jpg
0524_15.jpg
0524_16.jpg
0524_17.jpg

4日目は川で採餌を試みていましたが、小魚は捕ることができず、どうも小エビとかアメンボー、水棲昆虫のようなものだと思います。ほぼピクセル等倍にしてみましたが、何をくわえているかよく分かりません。
0524_18.jpg
0524_19.jpg
0524_20.jpg
この子にはメス親がついていますが、給餌は恐らく早朝と夕方だけ、「お母ちゃん、お腹空いたよ~」と何度も噛みついている光景を見かけましたが、もう親は雛の目の前で採餌して、すぐに目の前で呑み込んでしまう・・・この繰り返しです。10日後には独り立ちさせ、自分の縄張りから追い出してしまうでしょう。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年5月23日

カワセミの巣立ち

19日に無事に巣立ちました、よかった。\(^o^)/ すでに5日経ち、自分で採餌するようになったので雛の写真を公開します。
19日はそろそろ巣立つころだと思い、カワセミ休暇を取ってフィールドへ・・・とはいってもいつものように午後からのんびりと出かけました。巣立ちは通常は早朝、この日も早朝から順次巣立って、4羽まで確認できたようです。本当に久しぶりに巣立ち雛に出会えるかな~と期待しました。流石に巣立ち雛は遠くへ飛べないので上下流の近くに潜んでいるはずです。天敵に襲われる危険性も高いので、まず目立つところには姿を見せることはありません・・・が、あら、あんなところに1羽・・・
0523_11.jpg
対岸にいるのを見つけて慌ててシャッターを切ると、すぐにフラフラっと手前の茂みに飛び込みました。しばらくすると別の個体でしょう・・・すぐ目の前の木陰の枝にとまってじっとしていました・・・
0523_12.jpg
が、やっぱり落ち着きがないですね。すぐに枝被れ、葉被れの奥へ飛んでいきました。よ~く見ると、奥に3羽、確認できました。待つこと15分くらい、3羽が急に動き出しました。どうやら親が魚を運んできたようです・・・残念ながら、私のいる場所からではよく見えませんでした。その後どの個体か、全く区別がつきませんが、3羽が時々場所を変えてくれたので、何とかよい写真が撮れました。巣立ち雛の特徴がよくわかりますね、嘴が短くてその先端が白い、お腹が汚れた色になっている、尾羽が短い、脚が黒い・・・
0523_13.jpg
0523_14.jpg
この個体のいた場所は、結構近かったですが、撮影は針の穴を通すような感じでした・・・
0523_15.jpg
雛も綺麗に撮ってあげたいですね・・・カワセミは本当に美しい・・・(^o^)
0523_16.jpg
19日、21日、22日、23日・・・久しぶりに4日間もフィールド通いして、巣立ち後の観察ができましたが、カワセミの生態は、まだまだ知らないこと、分からないことがいっぱいあります。雛絡みで幾つかの物語もしっかり記録できたのが嬉しかった、収穫は多かったです。いつまでもカワセミ休暇とはいかないので、しばらく撮影はお休み・・・明日以降その物語を順次紹介しましょう。
以下は予告・・・雛が捕る餌、小さすぎて何だか分かりません。(^o^) 今日は少しは大きな魚を捕ってくれるものと期待していたのに・・・でも巣立ち雛らしくていい・・・貴重な写真を結構撮りました。そもそもフラフラ、ヨチヨチだから返って動きの予測ができないので難しいです。これは最もいい感じだったのですが、結構近くて深度が浅い上に、正面に向かって飛び出した3コマ目で残念ながらピンが追えていない・・・、水出は羽閉じだし、いまいちツキがなかったですね。
0523_17.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年5月22日

求愛給餌?

21日、18:23、雲に覆われいつもより暗くなっていましたが、オスがメスの待つ枝に魚を持ってきました。また1秒間の喜びで、あっという間に求愛給餌が終わってしまうと思ったら、何かおかしい・・・奪い合いのような、バトルのような激しい応酬が4、5秒・・・50コマ以上データが残りました・・・結局最後はメスが受け取り、求愛給餌ということになりましたが・・・カワセミの世界はまだよく分かりません。(^o^)

ISO12800で、縦位置にトリミング、リサイズのみ。
0522_11.jpg
0522_12.jpg
0522_13.jpg
0522_14.jpg
0522_15.jpg
0522_16.jpg
0522_17.jpg
0522_18.jpg
0522_19.jpg
0522_20.jpg
0522_21.jpg
0522_22.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年5月21日

1秒間の喜び

ようやく求愛給餌が撮れました。しかも完璧・・・場所、並び方、露出、SS、感度、ピント、解像度・・・まさにこれが1秒間の喜びですね。(^o^) 水出ばかり撮ってますが、同じ1秒間でも、これほどの喜びは味わえません。やはり長年カワセミを撮影していますが、求愛給餌ほど美しく、感動的な瞬間はないでしょう。カメラの魅力は、最高の瞬間を切り取れること・・・1秒間にこんなにいっぱい切り取れるようになったカメラの進歩には感謝したいです。
実は今日は他にサプライズでさらに大きな喜びも味わいました・・・数日後に一挙に紹介しましょう。

ピクセル等倍で紹介しようと思いましたが、2羽並びは無理でした。(^o^) 勿論トリミング、リサイズのみです。
0521_11.jpg
0521_12.jpg
0521_13.jpg
0521_14.jpg
0521_15.jpg
0521_16.jpg
0521_17.jpg
0521_18.jpg
0521_19.jpg
0521_20.jpg
0521_21.jpg
0521_22.jpg
0521_23.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年5月20日

遠かったけど・・・

遠かったけど、カワセミのホバは嬉しい・・・相変わらず短いホバでしたが、2秒弱、シャッターを切れました。正面向きだったので、羽を閉じていた半分以上のカットはすべて没、以下、残ったデータです。

0520_11.jpg
0520_12.jpg
0520_13.jpg
0520_14.jpg
0520_15.jpg
0520_16.jpg
0520_17.jpg
0520_18.jpg
0520_19.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年5月19日

ISO51200再び

18時53分・・・数分魚を探したようですが暗くて見つけられず、場所を変えて手前に移って最後の採餌を試みたようですが、やっぱり暗すぎて失敗でした。今度は適正露出にするためISO51200に設定、しかしこの感度では流石に解像はしませんが・・・といってもこのレンズ、それなりに解像してますが・・・私のこだわりのカワセミ・ニコン色は発色しています。D5って異次元かも・・・

縦位置にトリミング、リサイズのみ・・・
0519_11.jpg
0519_12.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年5月18日

新型ヨンニッパ

やっぱりD5には新しいレンズが相応しいでしょう・・・メインのレンズをロクヨンからヨンニッパに変えたのは3年前、その1年後に新型ヨンニッパが出たので、もうこのGタイプVRヨンニッパでいい・・・というか、十分すぎるくらい軽量で、解像する優れものレンズなので、もう撮影をやめる歳まで使うつもりでいました。(^o^) でもこの歳になるまで仕事しすぎていたので、今後はマジでカワセミ休暇もしっかり取るようにするし、より軽量で(820g軽量化して3800g)、より優れものレンズを常用することにしました。何かいいタイミングでヨドバシで少し値も下がったので・・・まずは100GBくらい撮ってみないとね、頑張って会社休みます。(^o^)

18時49分・・・暗くてカワセミ、見えません。(^o^) 追える限界・・・13コマまででした。ISO51200にすべきところでしたが、多分許容範囲と思えるISO16000に設定して撮りました。水飛沫が上がっている時には、月の明かりの反射でしょうかね、何故かとても明るい・・・露出はその明るさには合っていますが、撮影データはちょっと暗すぎましたね。ノイズが気になるので、暗いまま貼ります、縦位置にトリミング。大きくした写真はまた1枚、掲示板に貼ります。
0518_11.jpg
0518_12.jpg
0518_13.jpg
0518_14.jpg
0518_15.jpg
0518_16.jpg
0518_17.jpg
0518_18.jpg
0518_19.jpg
0518_20.jpg
0518_21.jpg
0518_22.jpg
0518_23.jpg
この暗さでもしっかり追ってくれるカメラとレンズ・・・明るいときに期待ですね。あ、今日はショート・ホバも撮れたので、ま、17時からの出撃だったから、よしとしましょう。(^o^)

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年5月17日

こういう楽しみも・・・

画質がいいととにかくいくらでもトリミングできてしまう、ピントさえしっかり来ていればOKですね。

0517_11.jpg
0517_12.jpg
0517_13.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年5月16日

逃した魚は・・・

逃した魚は本当に大きかった! (^o^) 大魚が最後の力を振り絞って暴れたんでしょうか・・・カワセミが一度捕まえて空中まで持ち上げていながら、何故突然落としてしまったのか・・・12コマ/秒の間にその謎を証明できる瞬間が残されていませんでした。

残念ながら水出の瞬間は違うところにピンがいってしまってピンぼけ、次の瞬間から4コマしかデータを残せませんでした。
0516_11.jpg
0516_12.jpg
突然のことでD5がビックリしてしまったのか、カワセミがビックリしてしまったのか・・・一瞬ピントを外してしまいました・・・ピン甘で残念。しかしこの♀、毎日何度も巣穴に出入りしていることもあって、お腹が色あせてしまって可哀想・・・
0516_13.jpg
大魚を逃したわりには、あまり悲しそうな表情もしていないですね。(^o^)
0516_14.jpg
これ以降は3コマピン甘、ピンぼけで没でした。手前に向かってくる被写体には、ちょっと弱いですかね。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年5月15日

ホバ、たったの19連写

うむ、カワセミのホバはいつも20秒くらい期待しているんですが・・・2、3秒だったかな・・・でも久しぶりに撮れたのは嬉しいです。しかしもっと明るいときに披露してくれないかな~、流石にISO25600は厳しい・・・ホバを全く想定していなかったので、水出に合わせて感度やSSを設定していました。羽が閉じているカットは削除、戻りも含め12コマ残りました。

0515_11.jpg
0515_12.jpg
0515_13.jpg
0515_14.jpg
0515_15.jpg
0515_16.jpg
0515_17.jpg
0515_18.jpg
0515_19.jpg
0515_20.jpg
0515_21.jpg
0515_22.jpg
1コマだけ大きいまま掲示板に貼りました。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年5月14日

20連写

水出の瞬間、身体半分が出ているところはピン甘で、その次から19連写、続けてピンがきてましたが、やっぱり最後まで追い続けるのは難しいですね。最後の4コマは嘴切れ、頭切れ、胴体切れ・・・20連写といっても、わずか2秒弱・・・カワセミはその間30mくらい飛んでいる訳で、そのスピードについていくには、本当に修行が必要ですね。1週間くらい集中して毎日通えば、目も慣れて可能になるかも・・・今日帰国したので、まずは明日フィールドへ出撃します、時差ボケでピンぼけ写真を連発してしまうかも・・・(^o^)

ISO6400、5倍くらいの大きさなるようにトリミングしてます。
0514_11.jpg
0514_12.jpg
0514_13.jpg
0514_14.jpg
0514_15.jpg
0514_16.jpg
0514_17.jpg
0514_18.jpg
0514_19.jpg
0514_20.jpg
0514_21.jpg
0514_22.jpg
0514_23.jpg
0514_24.jpg
0514_25.jpg
しかしD5は楽しませてくれる素晴らしいカメラですね。後は修行して腕を磨くだけです。(^o^)

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年5月10日

カワセミは美しい!

今更私が言うまでもないですが・・・「カワセミは美しい」ですね。(^o^) 新緑に映えて・・・トマリモノはほとんど撮らない私でも、思わず撮ってしまいました。

今海外にいますが、私自身が癒やされます。(^o^)
0510_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年5月 7日

やっぱり陽が・・・

やっぱり陽があたったほうがいいですね、しかも順光・・・カワセミ色が映えます。

開いて閉じて・・・こういうパターンが理想ですが・・・
0507_11.jpg
0507_12.jpg

想定外でした。まだ餌運びしている雛が巣立っていないのに・・・ちょっと気が早いような?(^o^)
0507_13.jpg

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (0)

2016年5月 5日

一応これでも・・・

一応これでも証拠写真にはなります。さらに極限に挑戦してみました。(^o^) 
ISO81200、18時45分・・・流石に暗く5度飛び込んで2度成功、最初の魚は自分で食べて、2匹目は雛に最後のお食事として持っていきました。どれくらい暗かったかというと、勿論枝に止まっているカワセミが見えない、飛び出して水飛沫が上がる瞬間まで分からない・・・本当にこんなに暗くてもカワセミには魚が見えるってことが分かりました。恐らく雛に餌を運ぶ間だけでしょうね、こんなに暗くなっても採餌するのは。

0505_11.jpg
0505_12.jpg
0505_13.jpg
0505_14.jpg
やっぱりこの暗さの中でもAFが機能するって、ちょっと驚きですね。大きな写真は掲示板に貼りました。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年5月 4日

極限に挑戦・・・

極限に挑戦・・・といってもISO51200ですが、18時41分、ほぼ真っ暗、流石に暗すぎてカワセミの動きがよく見えませんでしたが、何とか水出後、数コマのタイミングでファインダー内に入れることができました。あの暗さでよく撮るな~と、後で思いました。(^o^)

0504_11.jpg
0504_12.jpg
大きなデータは掲示板に貼りましたが、流石に厳しい画質ですね、ま、証拠写真には十分なり得ますが・・・このフィールドで証拠写真を撮る必要はないですね。(^o^)

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年5月 3日

カワセミは速い!

魚をくわえて水から飛び出して、止まり枝に戻るまで1秒強、勿論止まり枝から魚を見つけて飛び込むスピードはもっと速いです。D5だとレンズを上手く振れさえすれば、小さなカワセミでも追ってくれますね。

2、3コマ、羽を広げている瞬間が欲しかったですね。(^o^)
0503_11.jpg
0503_12.jpg
0503_13.jpg
0503_14.jpg
0503_15.jpg
0503_16.jpg
0503_17.jpg
0503_18.jpg
0503_19.jpg
0503_20.jpg
0503_21.jpg
0503_22.jpg
0503_23.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (3)

2016年5月 1日

ピクセル等倍

D5はネットで見せる画像ならピクセル等倍でも十分な画質です。テレコンを付けて大きく撮らなくても、トリミングで大きく見せることができるので、とにかくジャスピンでしっかり撮ることが一番ですね。

ほぼピクセル等倍・・・ISO3200
0501_11.jpg
0501_12.jpg
0501_13.jpg
0501_14.jpg
0501_15.jpg

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (0)

2016年4月26日

ISO12800

今日も結局カワセミ・フィールドへ足を運びました。そしてまた18時過ぎまで粘って、ISO12800を試してみました。流石にISO25600とはかなり違いますね。オリジナル画像を見ても、全く常用レベルと感じました。

最初のカットを掲示板で大きく紹介します。
0425_11.jpg
0425_12.jpg
0425_13.jpg
0425_14.jpg
0425_15.jpg
0425_16.jpg

投稿者eisvogel : 02:09 | コメント (0)

2016年4月24日

ISO25600

今日も午後からのんびり出かけました。出は悪くはなかったのですが、何か飛び込み回数が少なくて・・・抱卵中ということもあって、羽づくろいばかりしてました。もう薄暗くなって帰る時間の17時半過ぎにまた来てくれたのはいいのですが、やっぱりなかなか飛び込まない、流石に暗くて魚も見えないのかなと思って、ちょっと目を離すと突然飛び込む・・・こりゃダメだ、18時過ぎたしいい加減帰ろうと思ったら、まだお休み前にお腹が満たされていなかったようで、場所を変えていつもの枝へ・・・お付き合いでこっちも移動してファインダーを覗き込むと・・・D5はファンダー内が明るくてより見やすくなりました・・・何かまだ飛び込む雰囲気、でも本当に暗い、カワセミ自体もよく見えないくらい暗い、これでAFが効くのかと思ったくらいです。感度は露出をやや暗めにしてもISO25600! こんな感度でカワセミを撮ったこともないし、撮っても解像なんかしないだろうから意味がないと思いつつ撮りました。何と3度も続けて飛び込んで、3度とも見事に魚をゲットしました。で、私も・・・というより驚異のD5もその瞬間を3度ゲットしてくれました。本当に暗かったんです、いや、本当によいテストができました。
許容限界までトリミングした画像です。真ん中の1枚は、リサイズした大きな画像を掲示板に貼ります。撮影データはそちらを見てください。ま、この感度で撮ることってないと思いますが・・・
0424_11.jpg
0424_12.jpg
0424_13.jpg
高感度撮影が可能といっても、実際あの暗さでファインダーを覗いて動きの速い、しかも小さなカワセミを追えるカメラ・・・AFもしっかり追従するカメラ・・・D5はかなり凄いカメラだと実感しました。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年4月23日

2倍テレコン

今日はカワセミ撮影で初めて2倍テレコンを使ってみました。動きの速いカワセミには、AF速度が遅くなるので使ったことがなかったのです。D5では改善されているのか? とにかくD5では色々試さなくてはいけないことがあります。フォーカスポイント153点も試してみました。

確かに速くなった感じはしましたが、やっぱりカワセミのトビモノ系の撮影には2倍テレコンはまだ厳しいですね。今まで通り1.7倍か1.4倍を使うことにしました。参考までに・・・2倍テレコンで最もよく撮れたカットです。これは153点撮影ですが、153点は近い距離の背景がないところでは、カワセミのような小さな被写体でも追従性が高いと感じましたが、例えば水出では水飛沫に、すぐ後ろにカワセミより大きなものがあるとピンが引っ張られる傾向にありますね。25点だと追従性が低くなるし、中間の72点がいいように感じました。
0423_11.jpg
0423_12.jpg
0423_13.jpg
0423_14.jpg
今日はイマイチ、ツキがなかったです。ばしっと決まった時に限って、魚をくわえていない・・・魚をくわえていても羽が閉じている・・・

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年4月22日

凄い水飛沫

小さなカワセミでも水出は水飛沫を見ると結構豪快ですね、AF精度はかなり良さそうです、ピントはしっかりカワセミをとらえてくれました。画質もISO6400ですが、全く問題のないレベルです。

0422_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年4月21日

ラストチャンスに・・・

ラストチャンスにようやく水出の瞬間に追いつきました。17時30分、D5ならまだISO6400で、SS1/1250秒で撮影可能、恐らく18時過ぎでも問題なくカワセミ撮影が楽しめるでしょうね。

0421_11.jpg
0421_12.jpg
0421_13.jpg
0421_14.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年4月20日

1度の試し撮りでは・・・

1度の試し撮りでは、勿論D5の真価は分かりませんが、水出の瞬間にレンズが追いつけば、そこから相当数のデータが残せそうな印象は持ちました。いくらよい撮影機材、特にカメラを所有しても、カワセミのような動きが速くて小さな被写体をファインダー内でしっかりとらえる腕がなければ、よい写真は撮れません・・・当たり前の話しですね。週末、集中的に修行します。(^o^)

この時も全く水出に追いつけず、恐らく水出から0.5~1秒後にとらえたカットから、一旦フォーカスポイント枠から外れて3コマがピン甘で、その後6コマ続けてしっかり撮れていました。
0420_11.jpg
0420_12.jpg
このカットを掲示板で大きく紹介します。
0420_13.jpg
0420_14.jpg
0420_15.jpg
0420_16.jpg
0420_17.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年4月19日

D5で初撮り

今日はカワセミ休暇・・・何と3ヶ月ぶりにカワセミ撮影に出かけました。そしてD5で初撮りでした。XQDメモリーカード、128GBを2枚、しっかり撮るつもりだったのですが・・・ははは、やっぱり無理でした。(大笑) いつものように出かける前に参考にしているカワセミ友のかんばんやさんのブログを見て、のんびり午後から出撃・・・2時半過ぎにフィールドに着いたら、準備する前から飛び込んだ・・・ちょっと慌ててしまったこともあり、3度目の飛び込みにようやく間に合ったのはいいのですが、カワセミは速い・・・今更言うまでもなく、全く追いつけず、4度目のチャンスも水出の瞬間には間に合わなかったのですが、いきなりD5ってちょっと凄いかもと感じたのは、フォーカスポイント枠内にとらえさえすれば確実にピントがくるのです。前機種D4sまでとは明らかに違いますね。残念ながらお魚は捕ってもらえませんでしたが、出遅れたにもかかわらず3コマしっかり撮れていました。たった3コマって・・・3ヶ月ぶりの私の目と腕ではレンズを振って追い続けることなど無理でしたが、1コマだけおまけでピンがきてました。その後は少しは慣れてお魚付きも結構撮れましたが、水出の瞬間に追いつけたのはラストチャンスの時でした。カメラがよくなっても修行をしないと、よい写真は撮れませんね。数ヶ月に1度ではとても修行もできないので、出かける頻度を高めるしかないですかね、1週間に2、3度は行きたい・・・

0419_11.jpg
これが一番羽の開き具合がいいので、掲示板に大きいサイズで貼ります。
0419_12.jpg
0419_13.jpg
この後追えずに一旦、ピンぼけ・・・その後何とか1コマだけピンがきてくれました。
0419_15.jpg

ISO100でトマリモノも撮ってみましたが、これがピクセル等倍の画質です。
0419_14.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年4月18日

水鏡シリーズ14

在庫がまだいっぱいあるからって、D5でまだ撮る機会がないのは悲しいですね。花粉も大分少なくなってきたし、そろそろフィールドへ出ないと・・・いくらD5が凄いカメラだって、カワセミのスピードに目が慣れないと撮れないですからね。

0418_11.jpg

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (0)

2016年4月 1日

D5で・・・

今月は少しは時間が取れそうなので、D5でカワセミを128GBくらいガンガン撮りたいですね。

0401_11.jpg

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (0)

2016年3月23日

水鏡シリーズ13

やっぱりカワセミ・ブルーがいいですかね・・・

0323_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年3月20日

水鏡シリーズ12

横向きですがオレンジ色一色って印象・・・少しコバルトブルーが見えていますが、そろそろカワセミ・ブルーが見たくなってきましたかね。

0320_15.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年3月12日

水鏡シリーズ11

カワセミのお腹だけっていうのも、綺麗じゃないからイマイチですが、水面の映りはいい感じですね。

0312_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年3月10日

これが運命か・・・

自然界の現実・・・喰われるか、喰われないか・・・これが運命というか、宿命というか、カワセミの世界、魚の世界の一面をとらえた瞬間ですかね。

2匹捕った魚を同時に呑み込むことは、恐らくいくらカワセミがいくら頑張っても無理でしょう。ということは1匹は、九死に一生を得るってことに・・・2匹の魚の目も運命を語っているような・・・
0310_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年3月 8日

恐らくこれが・・・

恐らくこれが私が求めていた瞬間かも・・・水面の映りはないですが、飛び出しの角度、羽の開き具合などは満点に近いできだと思っています、勿論、魚が極小なのは認めますが・・・(^o^)

魚が小さすぎるので、久しぶりに大きくした画像を掲示板に貼ります。
0308_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2016年3月 7日

水鏡シリーズ10

水出から2コマ目、カワセミが綺麗に映りました。

0307_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年3月 6日

水鏡シリーズ9

カワセミはやっぱり背中向きの方がいい、というか綺麗ですね。横向きの場合は、羽は全開していない方が、私は好きですが、背中向きは全開がいいですね、もっともこのタイミングを切り取るのは難しいですが・・・

0306_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年3月 4日

水鏡シリーズ8

お腹に捕った魚が影になって面白い・・・水鏡+腹鏡ですかね。(^o^)

0304_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年3月 3日

水鏡シリーズ7

飛び出しの瞬間って、尻尾も含め少しは水中に残っている方がいいのか、この瞬間のように全身が完全に見えている方がいいのか・・・どちらでしょうね。とはいってもその瞬間を撮影者が決めることはできないのですが・・・
撮影者の思い通りにいかないというところも、カワセミのトビモノ系撮影の楽しさといえるでしょう、全く同じ瞬間を撮ることは不可能で、撮影結果はまさに様々・・・

0303_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年3月 1日

水鏡シリーズ6

やっぱりカワセミには背景に色があった方がいいですね。今月から花粉が大いに気になる時期・・・昨年のように1日1000コマも撮らせてもらえるような状況なら、花粉なんか関係ないですが・・・ちょっとフィールドへは行けそうもないです。D5で撮影を楽しむのは4月以降になりそうです。

0301_11.jpg

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (0)

2016年2月29日

水鏡シリーズ5

背景に色がなく、カワセミのブルーが全く見えないカットって、正直、あまり綺麗だとは思いませんが・・・

0229_11.jpg
この日に敢えてバンザイのカットを掲載したのには理由があります。本日、めでたく退院しました。3月いっぱいフィールドには行けませんが、在庫はまだ山ほどあります。\(^o^)/

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年2月28日

水鏡シリーズ4

3コマ目あたりが、映りがいいのかもしれません。

0228_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年2月27日

水鏡シリーズ3

私好みの羽のブレ・・・毎度のことですが、お魚はもっと大きい方がいいですね。

0227_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年2月25日

水鏡シリーズ2

飛び出しの瞬間は様々なので、ま、見ていても飽きることはないかな・・・

0225_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年2月23日

水鏡シリーズ1

年末に少し紹介した水鏡シリーズ・・・まだいっぱいあります。カワセミには背景はやっぱり色が合った方がいいですが、真っ白っていうのも本当、鏡に映っているみたいで悪くはないかも、とは思ってます。

0223_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年2月21日

後ろ向きもあれば・・・

後ろ向きもあれば、正面向きもある・・・勿論カワセミの水絡みには横向きが望ましいですが、これはこれで面白い・・・

0221_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年2月19日

かなり至近で・・・

かなり至近に飛び込んで完璧に撮れたんですが、捕った魚も見えない、カワセミの目も見えない・・・やっぱり後ろ向きに飛ばれると、撮影結果を見るのもちょっと辛いですね。

0219_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年2月16日

正面顔

背中向きよりは正面向きの方がいいですかね、カワセミは速いので、この後逃げていくように飛ばれるより、手前側に向かってくる方が、撮影は難しいですが・・・D5なら向かってこられても数コマしっかり撮れるかも・・・ところでD5は一体いつ発売? 3月発売とアナウンスしてからもう1ヶ月半も過ぎてる、まさかD500のように4月延期ってことにならなければいいのですが??? ニコンには過去に何度も裏切られているので・・・

0216_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2016年2月14日