« トップページ »

2018年11月14日

結局同じ

トビモノを低感度で撮りたくて、13時半にはフィールド着でしたが、オスがピラカンサのメインステージから飛び込んだのは、結局16時33分で、早く出かけても結果は同じでした。明日はどうしようか?(^o^)

駐車場下の池で逆光・・・
_1114_1.jpg

_1114_2.jpg

_1114_3.jpg

_1114_4.jpg

ピラカンサの池の柳からの飛び込は背中向き・・・
_1114_5.jpg

ピラカンサのメインステージからの飛び込は水出に間に合わず・・・
_1114_6.jpg

駐車場下の池ではこんなのばかり・・・
_1114_7.jpg

_1114_8.jpg

定番のイシカワ・・・
_1114_9.jpg

_1114_10.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年11月13日

今日も変わらず

今日も状況はあまり変わりませんでした。明るい時にトビモノを撮りたいです。

別の石の上の「イシカワ」・・・
_1113_1.jpg

飛びつきはいつも羽の開きが悪い・・・
_1113_2.jpg

_1113_3.jpg

_1113_4.jpg

_1113_5.jpg

メスのトビモノはお魚なし・・・
_1113_6.jpg

ピラカンサの池のオスはトベラで1度飛び込んだだけ、しかもお魚なし・・・15コマ追えましたが・・・
_1113_13.jpg

この後羽の開きがいいカットだけ・・・
_1113_7.jpg

>_1113_8.jpg

_1113_9.jpg

_1113_10.jpg

_1113_11.jpg

_1113_12.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年11月12日

最後の5分

明るいうちにトビモノを撮りたいので、ここ数日15時前後に出撃していますが、15時台に撮らせてもらったことがありません。今日も結局ピラカンサのメインステージに飛来したのは16時26分、1分後に飛び込んで失敗してトベラの枝へ移動、29分に飛び込んで見事に大物ゲットして消えてしまったので、すぐに駐車場下の池へ行ってみると、石の上でメスがお出迎え、31分に30秒くらいイシカワを撮らせてもらいました。が、約1時間半いて、シャッターを切ったのは最後の5分間だけ、何のために15時に出撃しているのか???(^o^) ちなみにピラカンサの池ではヨンニッパ単体でF値開放、それでもISO12800という暗さでした。

ISO12800だと、トリミングはD5のノートリサイズまで・・・ヨンニッパ単体ではトリミングできないと、カワセミが小さすぎて厳しい!
_1112_1.jpg

トベラからはさらに距離があるのでヨンニッパ単体では本当に厳しい・・・
_1112_2.jpg

_1112_3.jpg

_1112_4.jpg

_1112_5.jpg

ちなみに最初のカットを1/3までトリミングしてカワセミを大きく見せようとすると・・・ノイズが許容できないレベルに・・・
_1112_8.jpg

トマリモノならどんなに暗くてもD850なら低感度で撮影可能・・・
_1112_6.jpg

_1112_7.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年11月11日

またイシカワ

ピラカンサの池を縄張りにしているオスは、今日も16時前には飛来しないので、トビモノは諦めて、また懲りずに駐車場下の池を縄張りにしているメスを撮りました。石には何度も止まってくれたので、また1000枚以上撮ってしまいました。(^o^) 削除するだけで大変、残したイシカワは30枚程度でした。

石のすぐ後ろに飛び込まれましたが、上手くピントがカワセミに・・・
_1111_1.jpg

_1111_2.jpg

_1111_3.jpg

_1111_4.jpg

_1111_5.jpg

_1111_6.jpg

最後の飛来時はSS1秒で・・・
_1111_7.jpg

その前の飛来時に、F8とF5.6まで絞って、SS1秒で撮ってみました。
_1111_8.jpg

_1111_9.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年11月10日

ピラカワ

すでにご案内しているように、今年のピラカンサは赤い実の付きが悪く、特にメインステージになる枝にほとんど実が付いていないという悲惨な状況です。勿論いくら実が付いていても肝心のカワセミが飛来してくれなければ、「ピラカワ」は撮影できないのですが・・・ようやく春に生まれたカワセミが池の新しい主になって、メインステージにも飛来するようになったので、ピラカンサの実がないのが本当に残念です。結局目下、現実にカワセミが止まる枝で、最大限赤い実を取り込んだ「ピラカワ」はこれって感じですね。

_1110_1.jpg

その前は枝被れ、葉被れの暗い場所でお休み中・・・
_1110_2.jpg

その後ピラカンサのメインステージから飛び込んで・・・水出の瞬間、すぐ横にいたカモにピントを持っていかれて3コマ目でピンが・・・でも甘い!
_1110_3.jpg

その後数コマ数コマ、ピントが合わず・・・結局しっかりピントが来たのは2コマだけ・・・ワンチャンスだったので痛恨!
_1110_4.jpg

_1110_5.jpg

オスがどこかへ行ってしまったのでしばらく散歩しましたが、姿を見せないので駐車場下の池へ移動・・・メスがお出迎え・・・飛び込みかけて石へ・・・
_1110_6.jpg

_1110_7.jpg

_1110_8.jpg

_1110_9.jpg

_1110_15.jpg

_1110_16.jpg

いつもの「イシカワ」・・・
_1110_17.jpg

石までの距離は25m前後なので、奥の方で飛び込まれると遠すぎてカワセミが小さい・・・石へ戻ってくれればよかったんですが・・・
_1110_10.jpg

_1110_11.jpg

_1110_12.jpg

_1110_13.jpg

_1110_14.jpg

その後奥でさらに採餌して飛び去ったので、再びピラカンサの池へ様子を見に行って池を1周、暗くなったのでヨンニッパ単体でしばらく待ちましたが飛来する気配がないので再び駐車場下へ・・・何とまたもお出迎え、しかも石の上で・・・急ぎトマリモノ設定に変更、ヨンニッパ単体だとやっぱり小さい・・・
_1110_18.jpg

奥の方へ飛んで行って10分くらい待ちましたが、もう16時50分過ぎ、ISO200、SS1/2秒でアンダーなので、流石にもう真っ暗で石の上には来ないと思っていらた来ました。(^o^)
_1110_19.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年11月 9日

天敵モズに注意!

カワセミの天敵の憎きモズが、メインステージの上の枝に飛来するようになりました、要注意です! 昨年12月、「ホバ元帥」と命名したカワセミがモズに襲われて犠牲になりました。
思い出したくもない悲しい出来事でしたが、その時の記事はこちら!

_1109_1.jpg

投稿者eisvogel : 00:20 | コメント (0)

2018年11月 8日

ピラカワもどき

ここ数日、成果に乏しいので、池着は16時前、トベラの枝で出迎えてくれたので、急ぎ機材をセットして間に合いましたが、一瞬反応するタイミングが遅れて水出に間に合わず、逃げていくカワセミを3コマ目から捉えましたが・・・その後ピラカンサのメインステージの下枝に飛来、背景が結構いい感じの色合いだったのでISO64でトマリモノを激写・・・と、飛び込んで大物を捕ったようで、ピラカンサの池は終了。駐車場下へ移動すると、16時20分にメスが飛来、残念ながら石には止まらず奥へ・・・すっかり暗くなった10分後に石の横の土手に戻ってきて、5、6回飛び込みましたが、結局1度も石にとまらずさようなら、でした。オスとメスが別の池に飛来するのに、なかなか撮らせてくれませんね。

ほんの気持ちだけピラカンサの実が・・・
_1108_1.jpg

_1108_2.jpg

_1108_3.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年11月 7日

イシカワだけ

昨日は雨だったのでお休み、今日こそはトビモノを・・・と、期待して出かけました。ピラカンサの池で散歩しながら30分くらいオスを待ちましたが飛来せず、駐車場下へ移動してメスを待ちました。何とオスがまたメスの縄張りに侵入していました。16時20分にメスが石の上に飛来して、どうなるかと思ったら、普通にメスがオスを追い払って再び石の上へ。採餌や水浴びもありましたが、すでにヨンニッパ単体でISO6400~12800という暗さだったのでトビモノ撮影は断念・・・ただひたすらISO64でイシカワに専念しました。おかげさまで水面写り込みのよいカットが数コマ残せました。トビモノ、撮りたい・・・(^o^)

_1107_1.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年11月 5日

撮影チャンスなし

フィールドには1時間程度しかいないので、トビモノの撮影チャンスがなくても不思議ではないのですが・・・カワセミがいるのに撮影チャンスがないって、結構ストレスになりますね。(^o^) トベラに飛来してから羽繕いを始めたので、とりあえずISO64でトマリモノを・・・それからトビモノに備えましたが、飛び込まずに東側の柳へ移動、やっぱり飛び込まずにピラカンサのメインステージへ移動・・・この一連の流れから飛び込むまで40分くらい経過、そして飛び込みましたが死角ギリギリの場所だったので撮影できずでした。魚は捕らなかったので、また戻ってくると思って待ちましたが、再びトベラに飛来後は何もせずに川の方へ消えていきました。時計を見ると、16時45分、すでに日没後で暗かったですが、ダメ元で帰りがけに駐車場下の池で待っていると、16時50分に石に飛来、すぐに水浴び1回して飛び去りました。石の上の滞在時間は、わずか数秒・・・撮れただけでも嬉しい!

SS1/25秒で連写・・・
_1105_1.jpg

_1105_2.jpg

_1105_3.jpg

こちらはSS1/2秒で連写・・・
_1105_4.jpg

幽霊みたいですが、飛び出した直後と水飛沫が同時に写って・・・
_1105_5.jpg

石に戻って・・・
_1105_6.jpg

一瞬カワセミにブレが発生せず、次のコマは石のみ・・・
_1105_7.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年11月 4日

今日もお出迎え

さらに日が短くなって日没は16時41分、15時半過ぎに池に着きましたが、ピラカンサのメインステージにオスの姿が、出迎えてくれるとはありがたい、嬉しい・・・でも厚い雲に覆われ今にも雨が降りそうですでに暗い・・・機材のセットが済んで数分後に飛び込みましたがお魚なしのままどこかへ飛び去ってしまいました。池の周りを3周散歩しても戻ってこないので、駐車場下の池へ移動、するとメスがまた石の上でお出迎え・・・しかも背景色は昨日よりいいじゃない! 早速ISO64で連写開始・・・しか~し風の影響で波が消えない、写り込まない・・・残念。その後土手に上がってから飛び込んで、お魚付きで石に戻ってくれました。問題はそれから・・・また土手に戻ったのですぐにまた飛び込むかと期待しながら待ちましたが、20分経っても飛び込まない、ようやく飛び込んだらお魚なし・・・結果ですが貴重な時間をムダにしてしまいました。その間、ピラカンサの池では2度もメインステージからお魚付きの飛び込を披露してくれたそうです。ツキがあったのか、なかったのか???(^o^)

今日もイシカワ、400枚くらい撮りましたが、写り込みはほとんどダメ・・・10枚くらい残してすべて没に・・・
_1104_1.jpg

_1104_2.jpg

_1104_3.jpg

_1104_4.jpg

_1104_5.jpg

_1104_6.jpg

_1104_7.jpg

_1104_8.jpg

_1104_9.jpg

ピラカンサのメインステージからのワンチャンス・・・飛び出し後、途中で一瞬止まったため、タイミングを逸して水出に間に合わず・・・
_1104_10.jpg

_1104_11.jpg

_1104_12.jpg

_1104_13.jpg

_1104_14.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年11月 3日

カワセミは美しい!

カワセミはやっぱり美しい・・・ですね。美しい鳥は美しく撮ってあげたい・・・いつもそう思いつつカワセミを撮っています。イシカワも随分いっぱい撮りましたが、今日は何故か10分以上も石の上に・・・背景を意識して位置を変えて撮影、気がつけば800枚以上撮っていたのですが、写り込みだけチェックして750枚以上も即、削除しました。今日は15時40分頃ピラカンサの池に着いたのですが、結局オスが姿を見せないので、久しぶりに池の周りを30分も散歩しました。ようやくトベラの裏の高い枝に飛来、5分くらいで飛び込みましたが、またも目の前まで飛んできてそのまま背中を向けて島の奥へ消えていきました。大物を捕ったのでしばらくは出てこないと思ったので、駐車場下の池へ移動・・・何と石の上でメスがお出迎えしてくれました。それだけじゃなくその後背中向きで動かず・・・立ち位置によって背景色が微妙に違うので、左右位置を変えならがいっぱい撮らせてもらいました。結局その後一度も飛び込まずに消えてしまったので、再びピラカンサの池へ・・・何と今度はオスがピラカンサのメインステージでお出迎え・・・しか~しすでに暗い、テレコンを外してヨンニッパ単体、F値開放にしてもISO6400だと、SSは1/640秒まで落とさないと・・・で、設定変更直後に飛び込んでまたも大物ゲット! 水出に間に合いましたが、ISO6400でアンダー気味だったので、ノイズは凄い、カワセミが小さい・・・

いつまでこの石に来てくれるか・・・後で掲示板の方にもアップしておきます。
_1103_0.jpg

_1103_1.jpg

_1103_2.jpg

トベラの裏の高い枝から・・・目の前まで飛んできて、完璧な背中向き・・・コバルトブルーが美しし!
_1103_3.jpg

お~ちゃんと大物ゲットしてるんじゃん・・・
_1103_4.jpg

ほぼ半分にトリミング・・・ヨンニッパ単体では小さい・・・
_1103_5.jpg

_1103_6.jpg

_1103_7.jpg

_1103_8.jpg

_1103_9.jpg

_1103_10.jpg

豆粒大になってきたので1/3までトリミング・・・流石にノイズが・・・
_1103_11.jpg

_1103_12.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年11月 2日

イマイチ・・・

撮影チャンスも少なくイマイチ、チャンスをモノにできずにイマイチ・・・

水出3コマ羽閉じ・・・
_1102_1.jpg

_1102_2.jpg

水面の写り込みがいい感じに・・・
_1102_3.jpg

_1102_4.jpg

_1102_5.jpg

待ち疲れでダメダメ・・・
_1102_6.jpg

_1102_7.jpg

_1102_8.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年11月 1日

晴天続き

晴天続きで、夕方のゴールデンタイム狙いで出かけているのですが、なかなかこちらの思い通りにはなりませんね。でも今日も1時間足らずでそこそこデータを残すことができました。

まずは駐車場下の池のメス・・・土手から飛び込んで失敗・・・石へ・・・
_1101_11.jpg

_1101_12.jpg

_1101_13.jpg

ピラカンサの池では今日もオスが転々と場所を変えるので、機材を担いでの移動が大変・・・東側の柳から飛び込んでお魚なし・・・
_1101_17.jpg

_1101_18.jpg

ピラカンサのメインステージから・・・テレコンを付けようとした瞬間に飛び込まれましたが、何とか間に合って・・・でも最初のコマは手前のカモにジャスピン・・・
_1101_14.jpg

3コマ目の水出のタイミングでカワセミにピンが・・・流石にヨンニッパ単体だとAFの反応がいい・・・
_1101_15.jpg

この後の2コマは、逆光側から撮っているカメラマンの写り込みの中へ・・・没! 抜けた後は羽閉じ、ピン甘・・・
_1101_16.jpg

16時45分、日没のタイミングにいつものようにメスが飛来・・・1度だけ「イシカワ」を撮らせてくれました。
_1101_19.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年10月31日

待ち疲れ

もう日没は16時45分、益々日が短くなってきました。散歩がてら出かけ、長時間いる訳ではないので、待ち疲れはないはずなのですが、今日は15時45分頃着、池の周りを歩き出したら、トベラの裏の高い枝にカワセミが・・・急ぎ機材を取りに戻ったら、もうどこかへ飛び去った後、元の場所に戻る途中、トベラとピラカンサの間の枝にいるのは発見、10分くらい何もしないでピラカンサのメインステージへ・・・それからです、延々30分以上、何もせず・・・流石に疲れました。昨年のようにピラカンサの赤い実がいっぱい付いていれば、A面、B面、C面・・・と色々なアングルで撮影を楽しめるのですが、実のないピラカンサでは、トマリモノを撮る気もしません、飛び込をただ待つだけです。で、飛び込んだのは16時25分、散々待たされて、お魚も撮らせてくれない。その後10分くらい姿を見せず、トベラに飛来、機材を取りに戻りましたが、まだ機材を担いでいるときに飛び込、また失敗してそのままピラカンサの枝へ、こちらもまた重い機材を担いで移動すると、今後は機材を置いた直後に飛び込んで見事にお魚ゲット! こちらはただ呆然と見つめるだけでした。(^o^) 時計を見ると16時45分、駐車場下のメスが夕食に飛来する時間なので移動・・・すでに土手で待っていました。石の上に来ないと思いつつ、SS1/2秒で待っていると、来た~! すぐにレリーズを押したんですが、あっという間に飛び去ってしまいました。データをチェックすると、8コマ残ってましたが、半分は石だけしか写っていませんでした。(^o^) SS1/2秒だったので、石の上の滞在時間はわずか3秒弱・・・カワセミ撮影は厳しいですね。

結局トビモノの撮影チャンスは1度だけ・・・
_1031_1.jpg

_1031_2.jpg

_1031_3.jpg

_1031_4.jpg

_1031_5.jpg

_1031_6.jpg

_1031_7.jpg

せめて1分くらいいて欲しかった・・・
_1031_8.jpg

SS1/2秒、カワセミが少しでも動いたら、こんな感じになります。
_1031_9.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年10月30日

イシカワは・・・

「イシカワ」はもう十分撮ったはずなのですが、時間帯によって背景色も違うし、撮影チャンスがあればまだ撮ります。(^o^) 今日は15時20分過ぎにフィールド着、ピラカンサの池へ直行するつもりだったのですが、駐車場下の池にカワセミがいたので、自転車を降りて急ぎ機材をセットして待ちました。石の横の土手ですぐにペリットは吐き出したので、飛び込むかな~と期待しても飛び込まない・・・10分経って動きがない、するとピラカンサの池にいたカワセミ友が土手の上の道から声をかけてきて・・・「今、池のオスが飛び込んで大物を捕りました!」と報告・・・うむ、やっぱり直行すべきだったかな、と少し後悔、でも今、捕食したばかりなら、しばらくは飛び込はないと思ったので、そのまま待つことに・・・と、目の前のメスが飛び込んだ・・・何とか間に合って、イシカワ絡みのトビモノが撮れました。(^o^) メスは川へ飛び去ったので、ピラカンサの池へ移動、あれ、誰もいない。そうか、少し前にオスが大物を捕ったので、カメラマンは皆、撤収したのでしょう。オスがトベラの枝に飛来したのは16時前、10分何もせず、裏の髙井枝へ移動、5分何もせず、トベラとピラカンサの間へ移動、5分何もせず、ようやくピラカンサのメインステージへ・・・遅い! すでにゴールデンタイムは終了、で、5分後に飛び込んで、水出が完璧だったのにお魚なし! トベラへ移動、5分後に飛び込んでまた失敗、しばらくしてメインステージに、すぐに飛び込んでようやくお魚ゲット、でも小物・・・数分後にまたメインステージに・・・また失敗、懲りずにまた・・・で、また失敗して諦めて川の方へ。時計を見ると16時45分、そろそろメスの夕食の時間なので、駐車場下へ移動・・・定刻通り17時前に飛来しましたが、やっぱり夕方は石に止まる気配なし、手前の土手に飛んできたので、暇潰しにヨンニッパ単体、F値開放、ISO25600、SSは1/400秒でもアンダーなのに撮って終了・・・撤収時もまだメスは土手にいました。

「イシカワ」は飽きることないですね。
_1030_1.jpg

ペリットを吐き出したら、すぐに飛び込んでよ~
_1030_2.jpg

やっぱり石の回りには魚がいっぱいいるようです・・・
_1030_3.jpg

_1030_4.jpg

_1030_5.jpg

_1030_6.jpg

_1030_7.jpg

この後2コマ、完璧な羽閉じ・・・
_1030_8.jpg

_1030_9.jpg

「イシカワ」はお魚付きの方がいい・・・
_1030_10.jpg

一応ピントはきていますが、ISO25600ではホント、小さな被写体は解像しない!
_1030_11.jpg

ピラカンサのメインステージから・・・4度の撮影チャンスでかなり追尾ができたので、データは残せましたが、相変わらず羽閉じが多くて残念、しかもヨンニッパ単体でISO6400は、やっぱり厳しいですね。とてもすべて現像する時間も気力もないので、数コマだけ・・・
_1030_12.jpg

_1030_13.jpg

トベラの方向へ飛んで行くと、少しゴールデンタイムが・・・
_1030_18.jpg

_1030_14.jpg

_1030_15.jpg

_1030_16.jpg

_1030_17.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年10月29日

ヨンニッパは・・・

ヨンニッパ(400mmF2.8)はやっぱり反応がいい、勿論画像解像力も抜群・・・16時47分、最後の食事のためにピラカンサのメインステージに登場・・・順光側に立つと、遠くの方へ飛び込むことが圧倒的に多いので、遠めにピントを置いていたら、何と手前側へ飛び込んで大物ゲット! 全くの想定外の場所だったので、AFが追いつけるはずがないと思いながらレンズを振ったら間に合いました。(^o^) それにしてもヨンニッパ単体でISO6400という暗さにでのトビモノ系撮影は、本当に過酷ですね。実はゴールデンタイムの16時前にメインステージからの飛び込があったのですが、長い間待たされた上に、遠くへ飛び込まれたので、レンズも身体も反応できず落ち込んでいました。最後の最後に撮れたので、また明日につながります。

水出はピンぼけでしたが、2コマ目で・・・
_1029_1.jpg

至近で正面に向かって来たので、流石にピントはここまで・・・
_1029_2.jpg

お魚があればよかったですが・・・水出と次のコマは羽閉じで3コマ目から4コマ続けていい感じ・・・
_1029_3.jpg

_1029_4.jpg

_1029_5.jpg

_1029_6.jpg

ここから夕陽の残るゴールデン・・・しか~しこの後完全に背を向けられさようなら・・・
_1029_7.jpg

トベラから・・・飛来後、待ち時間ほぼなし、撮れたけどお魚なし・・・
_1029_8.jpg

_1029_9.jpg

_1029_10.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年10月28日

いつもと違う時間に

今日は夕方に所用で出かけることになっていたので、12時過ぎに出撃しました。カメラマンが10人以上・・・それでも早朝から来ていた人はもう5、6人は撤収したようでした。これほどの賑わいをみせたのも、まだ2つの池で縄張り争いが続いているようですが、とりあえずオスとメスがそれぞれの池をメインに飛来する頻度が増えているからでしょう。で、いつもと違う時間に成果はあったのかというと・・・残念ながらイマイチでした。オスは相変わらず、何度か姿を見せてくれましたが、移動を繰り返すばかり・・・ドーナツ池で30分ほど採餌を試みていたカワセミがオスかと思って撮っていたら、駐車場下のメスでした。14時過ぎて、そろそろ帰ろうと思ったら、オスがトベラの枝に飛来、すぐにその裏の高い枝へ移動、しばらくして今度はピラカンサのメインステージへ・・・トマリモノ設定のまま急ぎ機材を担いで移動して、慌ててトビモノ設定に変更、まだ設定し終える前に飛び出したので、そのまま水出にレンズを振りました。何とか間に合ってファインダー内にとらえましたが、露出オーバー・・・でもそこはRAWで撮っているので、現像時に補正して、結果OKでした。トビモノはワンチャンスでしたが、撮れただけで嬉しい・・・(^o^)

何か水出の瞬間2コマは動きが激しくてしっかり止めることができず残念・・・
_1028_1.jpg

_1028_2.jpg

3コマ目はまた羽閉じ・・・
_1028_3.jpg

_1028_4.jpg

_1028_5.jpg

ドーナツ池は、枝被り、葉被りでトマリモノ撮影も大変・・・ノートリだとこんな感じ・・・
_1028_6.jpg

大トリして・・・
_1028_7.jpg

_1028_8.jpg

_1028_9.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年10月27日

高感度じゃ・・・

どうしてゴールデンタイムに飛び込んでお魚を捕ってくれないのだろう??? この謎が解けると、短時間で効率的に撮影を楽しむことができるのに・・・いくら優れ物のD850でも、高感度じゃよいデータにはならない! 散々待たされて、結局メインステージから飛び込んでお魚を捕ったのは、16時48分、ヨンニッパ単体でもISO6400という暗さでした、悲しい! しかも遠くへ飛び込まれたので、カワセミが小さい・・・高感度では大きくトリミングもできないし。それにしてもオスのおかげで今日もよい運動ができました。移動ばかり繰り返して、飛び込まない、飛び込んでもお魚なし・・・疲れました。でも久しぶりにイシカワが撮れたので、少しは癒やされました。(^o^) 明日は天気が良さそうですが、午後から所用で出かけなくてはいけないので、カワセミはお休みかも・・・

今日もツキがなく、羽閉じを量産しましたが、幸いお魚付きのこの瞬間だけはいい感じ・・・ISO6400なのでトリミングは半分が限界・・・
_1027_1.jpg

_1027_2.jpg

5コマも見事に羽閉じが続いてようやくいい感じに・・・
_1027_3.jpg

その前にオスがピラカンサの池でなかなか撮らせてくれないので、駐車場下のメスの様子を見に行くと、5分くらいで飛来・・・
_1027_4.jpg

石の回りに魚がかなりいたようで、水面が絶えず微妙に揺れていて残念・・・
_1027_5.jpg

_1027_6.jpg

_1027_7.jpg

_1027_8.jpg

_1027_9.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年10月25日

また追いかけっこ

どうも縄張り争いはまだ続いているようです。ただ状況が以前と異なるのは、ピラカンサの池では、オスが侵入したメスを追い払う行動に・・・逆に駐車場下の池では、メスが侵入したオスを追い払う行動にでていました。とりあえずメスは確保、維持している縄張り(駐車場下)を死守し、願わくば奪われた縄張り(ピラ池)を奪い返そうとしているのかもしれません。ということで今日は特にオスが落ち着かず、期待したゴールデンタイムにメインステージからの飛び込どことか、撮影チャンスすらない状況でした。ISO6400の暗さになってようやく、水路横の葦から飛び込んで失敗、トベラから飛び込んで成功、トベラとピラカンサの間から飛び込んで成功・・・時計を見ると16時50分過ぎ・・・急ぎ駐車場下へ移動すると、メスが土手の上で出迎えてくれました、が、10分経っても飛び込まない、石にも乗らない・・・と、オスが侵入して追いかけっこ、その後奥の土手で連続5回も飛び込んで飛び去りました。遠い、暗いで捕ったのか、捕らなかったのかも分からない状態、今日もSS1秒で待ち続けましたが、徒労に終わりました。

オスの最後のお食事・・・ヨンニッパ単体、F3.2でISO6400・・・明日はもっと明るいゴールデンタイムに頼むぜ~
_1025_1.jpg

_1025_2.jpg

_1025_3.jpg

_1025_4.jpg

トベラのメインステージからの飛び込も、成功を繰り返せばもっと飛来の頻度が高まるのですが・・・飛び込後、枝に戻らず、どこへ行くのか分からない状況も、追尾が難しくて困ったもの・・・ISO6400で遠いと、流石に解像もしない、ピントもイマイチ・・・
_1025_5.jpg

_1025_6.jpg

_1025_7.jpg

方向が変わって一度抜けた後にピンが復活・・・
_1025_8.jpg

_1025_9.jpg

葦から飛び込み失敗・・・
_1025_10.jpg

_1025_11.jpg

ピラカンサの池に侵入したメスが、モクゲンジの枝から飛び込んで失敗・・・今日はこの最悪の背景のトビモノ1コマだけかと・・・
_1025_12.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年10月24日

トビモノに期待

期待していた「ピラカワ(=ピラカンサ+カワセミ)」が絶望的、「イシカワ」(石の上のカワセミ+水面の写り込み)もそろそろ飽きてきたので、ピラカンサとトベラのメインステージからの飛び込=トビモノを期待するしかない状況ですね。それはそれで楽しみ、やっぱりカワセミ撮影の醍醐味はトビモノですから・・・(^o^) 何故か午後遅い時間帯にならなければステージに上がろうとしないオス、早朝からコンスタントに飛来してくれるとよいのですが、相変わらずカワセミ界は複雑怪奇、意味不明で解明不可能なことが多すぎます。しかし夕方の散歩を日課としている私にとっては、池の主のオスが16時以降に数回ステージに姿を見せてくれるので、実に効率よく撮影を楽しむことができてよい状況ではあります。

トベラの裏側の高い位置からの飛び込は、手前に向かって飛び込むことが多いので、とにかく近い・・・難易度が高い分、上手く撮れたときの喜びは大きいです!
_1024_1.jpg

1コマ前・・・
_1024_2.jpg

2コマ後・・・
_1024_3.jpg

晴天時の15時40分~16時10分は順光でゴールデンタイム・・・今日もその時間に合わせて出撃し、16時前にメインステージに登場・・・お魚なしだったのが残念!
_1024_4.jpg

_1024_5.jpg

ほぼピクセル等倍・・・ピンはしっかりきているんですが、羽の開きがこれじゃ・・・次のコマも全く同じ、何とかならんのか???
_1024_6.jpg

_1024_7.jpg

_1024_8.jpg

背景色がいい感じ・・・
_1024_9.jpg

_1024_10.jpg

トベラの裏から飛び込んで魚を捕った後、すぐにピラカンサのメインステージに・・・食後だったせいもあるけど、20分以上飛び込まないって、ちょっと勘弁してもらいたい。(^o^) 飛来時はISO1600だったのに、飛び込んだ16時47分はもうISO6400でもアンダー気味の暗さ、しかも想定よりはるか遠くへ飛び込んだのでAFが追いつかず、1コマ残すのが精一杯でした。
_1024_11.jpg

気がつけばもう駐車場下の池にメスが飛来する時間・・・移動して、機材をセットしたら飛来・・・またも石の上を通過して奥へ・・・戻ってこない、ヨンニッパ単体、F値開放でもSSは1秒という暗さ、諦めて帰ろうと思った瞬間に石の後方で水飛沫・・・モニターを見ると石の上にいる・・・慌ててレリーズを手にして数秒押し続けましたが・・・3コマしか写っていませんでした。恐らく石の上には10秒もいなかったでしょう。ということでSS1秒・・・あっという間に飛び去ってしまったので、見事に3コマとも被写体ブレでした・・・17時10分、撤収!
_1024_12.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年10月23日

この違い・・・

ここ数日、ピラカンサの池を縄張りにしたオスが、ピラカンサのメインステージに飛来するようになりました。ところがそのステージ、今年は肝心の赤い実が付かず、前後左右にも実がない状態で、本当に絵にならない・・・「ピラカワ」とは無縁、ただの枝に止まっているカワセミです。ま、この違いを見てください。

昨年の今頃はこんな感じ・・・
_1023_2.jpg

今日撮影すると・・・とても同じ枝とは思えない・・・
_1023_1.jpg

ピラカンサのメインステージには16時以降2度飛来しましたが、飛び込まずに1度はトベラの枝へ移動、そしていつものよくないパターンで10分以上待たされて集中力が切れた、その瞬間に飛び込まれました。当然水出には間に合わず、何とか1コマだけゲット・・・
_1023_3.jpg

その後枝には戻らず・・・
_1023_4.jpg

17時5分前になったので駐車場の下へ移動・・・定刻通り17時に飛来しましたが、またも石の上を通過して奥へ、5分くらいして戻ってきましたが、やはり石には止まる気配もないので、イシカワは諦めて高感度の証拠写真設定に切り替えました。
_1023_5.jpg

_1023_6.jpg

ISO25600ではなく、せめてISO3200くらいで撮りたかった・・・
_1023_7.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年10月22日

ツキなし

やっぱりトビモノ撮影は楽しいですね。でもツキのないときはどうしようもない! 久しぶりに水出の瞬間から12コマ、追尾できたのですが、その半分以上が羽閉じ・・・羽が開いている瞬間を狙うことなど不可能なので、こればかりは運任せです。今日もピラカンサの池を縄張りにしたオスが夕方にかけてピラカンサのメインステージから数回飛び込んでくれました。何故か夕方以外は、あまり姿を見せないようですが、どういうことなのか??? 勿論駐車場下の池の主にもご挨拶しましたが、定刻の17時の飛来時にも、結局「イシカワ」は1枚も撮らせてくれませんでした。

この後、ファインダー内ではいい感じで追えていたんですが・・・
_1022_1.jpg

_1022_3.jpg

_1022_2.jpg

結局羽が開いてくれたのは、上の3コマ後、5コマ目から・・・
_1022_4.jpg

_1022_5.jpg

_1022_6.jpg

完全に葉被れになった後も追尾・・・
_1022_7.jpg

この時も羽が開いたのは最初だけ・・・
_1022_8.jpg

_1022_9.jpg

これくらいの開きでもいい方・・・
_1022_10.jpg

オスの最後のお食事・・・
_1022_11.jpg

メスも結構大きな魚を捕るようにはなりましたが・・・
_1022_12.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 22:59 | コメント (0)

2018年10月21日

黄金のイシカワ

ピラカンサの池は、もう完全にオスの縄張りになったようです。一番目立つピラカンサの枝から堂々と飛び込むようになったので、今後が楽しみです。久しぶりに高い位置からの飛び込の撮影チャンスでしたが、飛び込む場所が分からず、なかなかファインダー内で追うことができずに苦戦しました。修行を重ねなければ・・・縄張りから追い出されたメスは、今日も駐車場下の池と川を行ったり来たり・・・逆光気味ゴールデンタイムの丁度いいタイミングで石に飛来してくれたのは嬉しかったのですが、丁度悪いタイミングでカモが近づいてきて水面の写り込みがダメでした。

_1021_2.jpg

カモが近づく前・・・
_1021_3.jpg

こちらは順光のゴールデンタイム・・・オスは高い位置から大きな魚もしっかり捕れるようになりました!
_1021_4.jpg

_1021_5.jpg

_1021_6.jpg

_1021_7.jpg

_1021_8.jpg

_1021_9.jpg

_1021_10.jpg

こちらはもっと高い位置から・・・お見事!
_1021_11.jpg

_1021_12.jpg

駐車場下の池では相変わらずよい場所から飛び込まず、しかも暗い・・・
_1021_13.jpg

_1021_14.jpg

_1021_15.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年10月20日

1年前は・・・

今年は、昨年のような美しい「ピラカワ」が撮れないことは、ピラカンサの実の少なさからも明らか・・・しかも肝心のカワセミが、ピラカンサの実のある枝に止まってくれないので絶望的です。数日前から縄張り争いで追い出されたはずの幼鳥オスが頻繁に飛来するようになって、縄張りを主張している幼鳥メスと追いかけっこを繰り返していましたが、どうもピラカンサの池の方は、オスが奪い取ったようです。オスの方が枝に飛来する確率が高いので、今後少しは期待できるかも。で、追い出されたメスには、まだ魚が豊富な駐車場下の池が縄張りとして確保されているようです。夕方にかけて雨になるという予報だったので、15時半過ぎには池に到着、カメラマンから情報収集すると、オスはピラカンサの池+川、メスは駐車場下の池+川を往来しているようです。ということでまずはピラカンサの池で20分ほど散歩しながら様子見・・・全く姿を見せないので駐車場下へ、するとガマ側の土手に飛来して、すぐに飛び込んでお魚ゲット。その後15分くらい飛び込みそうで飛び込まない・・・で、集中力が切れたタイミングで飛び込まれてしまい、反応できず没。2匹捕ったこともあって川の方へ飛び去ったので、再びピラカンサの池へ・・・散歩しているうちに雲行きが怪しくなってきたので、雨雲レーダーで確認すると、30分後には間違いなく土砂降り、後10分くらいは大丈夫そうなので、駐車場下で待つことにして移動・・・すると嬉しいことにまたガマ側の土手に飛来、すぐに飛び込んで失敗、何故かそのまま川の方へ飛び去ったので撤収することに・・・無事土砂降り前に帰宅、とりあえず数枚撮れてよかった。(^o^)

昨年は高画質のD850の発売後だったので、美しい「ピラカワ」をいっぱい撮りました・・・2017年10月20日撮影。
_1020_1.jpg

メスが1日中、駐車場下に居座ってくれると撮影チャンスも増えるんですが・・・
_1020_2.jpg

_1020_3.jpg

_1020_4.jpg

_1020_5.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 22:59 | コメント (0)

2018年10月19日

雨の中・・・

小雨だったので、16時半過ぎにワンチャンス狙いで出かけました。16時58分、定刻通り飛来、またも石の上を通過して奥へ・・・その後、手前側のガマの土手へ移動、石に止まる可能性が低いと思ったので、設定をトビモノに変更、ISO12800、SS1/500秒・・・飛び込んで小魚ゲット・・・その後、また奥の方へ移動、2度飛び込みましたが、暗くて魚を捕ったかどうか分からず。そしてそのまま石には止まらず塒へ・・・やっぱり夕方は飛来したときに石に止まらないと、終わりですね。

D5のノートリサイズまでトリミング・・・証拠写真ですね。
_1019_1.jpg

_1019_2.jpg

_1019_3.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年10月18日

縄張り争い再び

昨日、ピラカンサの枝やトベラの枝に10回くらい止まったというので、今日は「ピラカワ」を期待して16時前に池に到着・・・しかしもう2時間も前からオスとメスが追いかけっこをしているとのこと・・・結局16時半過ぎても追いかけっこは続き、採餌もせずに飛び回っているという、ちょっと不可解な状況でした。いずれはお腹をすかして駐車場下の池に飛来すると思って移動して待つこと数分、メスが飛来してきました、が、石には止まらず通過して奥の土手へ、まだトビモノが撮れる明るさなので、感度をISO6400まで上げた瞬間に飛び込んでお魚ゲット・・・そのまま石に戻って来た! 咄嗟に反応して石への飛びつきにシャッタを切ってそのまま数コマ連写・・・ゲゲゲ、ISO64からISO6400に変えた後、SSを1/30秒から変更するのを忘れていた=超露出オーバーで真っ白!(^o^) すぐに魚を呑み込んでしまったので、とりあえず感度を下げて数コマ連写・・・その後ライブビューに切り替えて(数秒待つ)、適正露出のISO64、SS1/10秒に設定して、レリースを手にしたら飛ばれてしまいました。ピラカンサの池へオスの様子を見に行ったのでしょう。そのままSS1秒での撮影を期待して待っていると、17時15分に再度飛来・・・SS1秒で待ちましたが、残念ながら石には止ってくれませんでした。

追いかけっこしているところを狙ってみましたが・・・
_1018_1.jpg

_1018_2.jpg

_1018_3.jpg

トベラの枝には止まって休むだけ・・・
_1018_4.jpg

_1018_5.jpg

イシカワはワンチャンスでした。
_1018_6.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年10月17日

定刻通り

雨が降りそうで暗かったですが、どうせワンチャンス、SS1秒だから・・・と思い、出かけました。石の前で16時45分にスタンバイ、10分後に飛来するも、そのまま石の上を通過して奥の死角へ・・・この時点で撮れていればSS1/2秒・・・17時1分に定刻通り石に飛来、SSは予定通り1秒、滞在時間がわすが数秒だったので、7コマしか撮れず、カワセミがブレていなかったのは2コマだけでした。(^o^) その後オスが飛来したらしく、追いかけっこを2度繰り返してどこかへ・・・17時15分まで待ちましたが戻ってこなかったので撤収しました。マジでたった2コマ? 撮れただけでもいいか・・・

_1017_1.jpg

ほぼピクセル等倍・・・
_1017_2.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年10月16日

SS1秒でほぼ・・・

今夕もSS1秒で待って、飛来は定刻通り17時、3日目でようやくSS1秒でほぼ完璧なデータを残すことができました。写り込みさえ決まれば完璧ですね、明日の課題にします。(^o^) 「ピラカワ」が期待できそうという情報があったので、少し早めの16時過ぎに出撃・・・石の前には6、7人が陣取っていて場所がない・・・ホント、「イシカワ」は相変わらずの人気ですね、というか、それはつまり「ピラカワ」がダメってことですが。(^o^)

SS1秒・・・
_1016_1.jpg

SS1秒でほぼ完璧! 
_1016_2.jpg

16時台の飛来・・・
_1016_3.jpg

_1016_4.jpg

ドマリモノ設定のISO64に変更した瞬間に飛び出してしまいました・・・SS1/30秒での結果・・・
_1016_9.jpg

_1016_5.jpg

いつもこれくらいの大きさの魚を捕ってくれると絵になるんですが・・・
_1016_6.jpg

後ろ向き採餌失敗・・・
_1016_7.jpg

後ろ向き採餌成功・・・しか~し、お魚は写らず・・・(^o^)
_1016_8.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年10月15日

今日も1秒

今日午後は時折雨がパラついていたので、出撃を躊躇っていましたが、16時過ぎに雨は降っていなかったので出かけました。例の石の前着は16時45分、17時前後の飛来、ワンチャンスのために準備・・・雨模様で暗く、テレコン付けるとすでにSSが1秒だったので、ヨンニッパ単体、F値開放で待つことに。予定通り16時58分に飛来、しかし石を通過して奥の死角になる枝の方へ・・・暗闇の中から戻ってきたのは17時丁度でした。SSは1/2秒、10秒くらいで飛び去って、3分後に戻ってきたときにはSSは1秒でした。また奥の暗闇へ消えていったので、採餌ができたのかどうかも未確認・・・雨が降っていたので17時10分に撤収しました。

SS1秒、ほぼピクセル等倍・・・
_1015_1.jpg

SS1/2秒・・・
_1015_2.jpg

1週間前のカット、遅いSSならではのカットですね。
_1015_3.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年10月14日

ついに1秒

今日は「ピラカワ」狙いで15時半にはピラカンサの池に到着、でもカワセミの姿は確認できず、久しぶりに池の周りを散歩・・・駐車場下の池の方を見ると、カメラマンがカメラの前に立っていたので移動すると、石の上には止まらず、枝から数回飛び込んですべて採餌に失敗、そしてピラカンサの池へ飛んで行きました。勿論重い機材を担いで移動・・・・するとピラカンサの枝に止まっているじゃないですか! 夢中で撮っていると、肝心のピラカンサの赤い実がないことに気づき、ガッカリ・・・別の角度からも撮ってみましたが、やっぱり赤い実がほとんどない、本当にガッカリ。諦めて石の前で待つことに・・・で、石に飛来したのは17時17分、日没後でした。ISO64でSSが1秒の暗さです。カワセミがほんのわずかでも動いたらブレ写真になってしまうシャッタースピードですね。

ISO64でSSは1秒・・・約10秒間レリーズを押し続けて10コマ撮りましたが、残せたデータは3コマだけ、その3コマも頭部にブレはなくても、鼓動で絶えず微妙に動いている胸あたりはブレが発生してました。
_1014_1.jpg

その後ISO400まで上げてSSは1/5秒・・・このSSなら連写すれば確実に数コマは残せますね。
_1014_2.jpg

「ピラカワ」もどき・・・
_1014_3.jpg

このアングルからも赤い実はほとんど入らず・・・
_1014_4.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年10月13日

SS1/2秒でも・・・

今日も早朝に出撃、5時過ぎにフィールド着でしたが、すれでにカメラマンは5人も陣取っていて場所がない! 「イシカワ」の人気は変わりませんね。(^o^) 最初の飛来は、まだ暗い5時34分、ISO1600でSSは1/2秒、6時にはオスが飛来して採餌・・・成功確率は20%以下、オスも狩はあまり上手くない・・オスメスが互いに縄張りを主張するのではなく、仲良くやってもらいたいですね。

写り込みが一番良かったカット・・・ISO64でSSは1/8秒・・・
_1013_1.jpg

さかさまにして写り込みをほぼピクセル等倍までトリミング・・・
_1013_0.jpg

早朝1番、暗い! ISO1600でSSは1/2秒・・・
_1013_2.jpg

4分後、少し明るくなってISO800でSSは1/2・・・カワセミが動くと被写体ブレ・・・まさに幻想の世界!(^o^)
_1013_3.jpg

_1013_4.jpg

16時59分、トビモノ設定でISO5000、すぐにトマリモノ設定に変えましたが、すでにカワセミの姿はなし、写り込みがよいタイミングだったので残念・・・
_1013_5.jpg

再飛来は17時15分・・・必ず戻ってくると思ったのでISO25600でのトビモノ撮影は放棄して、可能な限り低感度で待ってISO200、SSは1/8秒・・・
_1013_6.jpg

6時過ぎにオスが飛来、まだ暗くて撮りたくもないISO25600の世界・・・SSは1/640秒・・・
_1013_7.jpg

少し明るくなったのでISO12800にしてSSは1/500秒・・・この後5コマ追従しましたが、やっぱりSS1/500秒ではトビモノは厳しい・・・しか~し、適正露出だったので解像感もノイズも良好、D850のISO12800は十分使える!
_1013_8.jpg

ISO12800でSSは1/640秒・・・
_1013_9.jpg

超ショート・ホバ・・・土手から飛び出して急ブレーキ、1、2秒のホバで3コマ残せましたが、すべて羽閉じ・・・
_1013_10.jpg

_1013_11.jpg

_1013_12.jpg

_1013_13.jpg

7時38分、ようやくトビモノが撮れる明るさ・・・ISO1600でSSは1/800秒・・・
_1013_14.jpg

16時57分、ヨンニッパ単体にしてISO3200・・・魚を捕って石に戻ってくれたらよかったんですが・・・
_1013_15.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年10月12日

ISO25600の・・・

ISO25600の世界はもういやです、撮りたくない! 今夕の飛来は17時過ぎ、すでに暗くてISO25600でSSは1/500秒にしてもアンダー気味・・・そんな条件下でいくらパフォーマンスを披露してもらっても撮る気にはなれない、嬉しくもないです。夕食目的で飛来するのに、どうしてもっと明るいうちに飛来しないのか??? 明日から散歩の時間帯を変えようか?(^o^)

_1012_1.jpg

_1012_2.jpg

_1012_3.jpg

_1012_4.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:29 | コメント (0)

2018年10月11日

予報当たらず

今朝も天気予報は当たらず、雨雨雨・・・雨中で待ちましたが、「イシカワ」は9時半までにたった3度でした。いつも寝る時間が遅いので、5時起きはかなりキツイ、毎朝通うと完全に体がおかしくなってしまうので、撮影チャンスが少ないと、出かける気がしなくなってしまいますね。「イシカワ」はそろそろ卒業したい・・・この1ヶ月、十分?楽しませてくれました。ピラカンサの実が、もうかなり赤くなってきたので、早く「ピラカワ」にシフトしたいです。夕方の散歩は16時40分ころ池着・・・駐車場下には2度飛来しましたが、一度も石には止まらず、土手から真っ暗になるまで飛び込の修行をしていました。(^o^)

今日も「イシカワ」の写り込みはよくなかった・・・
_1011_1.jpg

_1011_2.jpg

_1011_3.jpg

SSを1/800秒にしていたので、飛びつきは何とか・・・でもISO3200では厳しい!
_1011_4.jpg

_1011_5.jpg

やっぱり大トリすると、ノイズが気になるレベル・・・
_1011_6.jpg

トビモノ系も写り込みを意識して縦横にトリミング・・・珍しくピラカンサの池、島の北側の初めての場所から・・・小さなザリガニを捕ったようです。
_1011_7.jpg

ISO3200は解像度も許容範囲・・・
_1011_8.jpg

_1011_9.jpg

_1011_10.jpg

_1011_11.jpg

_1011_16.jpg

ISO12800・・・
_1011_12.jpg

_1011_13.jpg

夕方のISO25600・・・
_1011_14.jpg

_1011_15.jpg

早朝のISO12800・・・
_1011_18.jpg

早朝のISO25600・・・
_1011_17.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年10月10日

魚がいっぱい

今朝は5時48分に飛来後、7時17分までに6回も石に止まりました。しかも最初の飛来時は8分も止まって、ほとんど動きなし・・・結局このチャンスに500枚以上撮りましたが、写り込みのいいカットだけ残して480枚くらい削除しました。(^o^) で、写り込みがよくないのは当然波のせいなのですが、それは風によるものではないのです、そう、魚がいっぱいいるので、常に微妙に波打ってしまうのです。それにしても駐車場下の池にはカワセミ用の魚が豊富なのに、何故採餌しないのか? 6回飛来して目に見える範囲では一度も魚を捕りませんでした。ま、ピラカンサの池や水路、川にも魚はいっぱいいるので、どこででも採餌ができるということなのでしょうが。今日も午後から仕事で外出したので、夕方の散歩はお休みでした。

トビモノ系は、飛来数が多かった割には撮影チャンスが少なかった・・・石への飛びつきは、チャンスがありながらすべてが羽閉じという不運! 久しぶりにSS1/800秒ではほぼ完璧な飛び出しが撮れたのが唯一の収穫でした。
_1010_1.jpg

折角採餌のために飛び込んだのに失敗・・・
_1010_2.jpg

石絡み・・・
_1010_3.jpg

_1010_4.jpg

_1010_6.jpg

これが面白い・・・飛び出し直前で羽が開いていないのに、写り込みはすでに開いている・・・???
_1010_7.jpg

お馴染みの石どまり・・・
_1010_8.jpg

_1010_9.jpg

_1010_10.jpg

ほんの気持ちだけのピラカワ・・・
_1010_11.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年10月 9日

日が短く・・・

日没が17時15分・・・日が短くなりました。夕方の散歩を日課として17時過ぎに出かけていましたが、もうそれでは流石に撮影時間が確保できないので、今日は16時半に家を出ました。いつもの石の前にはまだカメラマンが5人も残っていて賑やかでした。が、30分間に2度も石に止まった後、ということだったので、3人は撤収しました。ピラカンサの池の方へ様子を見に行くと、東側の小池で魚を狙っている風だったので・・・トビモノを撮りたかったので・・・急ぎ機材を取りに戻りました。まだ同じ枝に止まっているのを確認して三脚を置いた瞬間・・・ポチャン! 採餌に失敗してそのまま駐車場下の池へ・・・ホント、このカワセミは相変わらず意地悪ですね。石の前に戻って、三脚を置いた瞬間にまたです、飛び込んで、今度はしっかりお魚ゲット! なかなか撮らせてくれません。その後ジーッとファインダーを覗いて飛び込を10分くらい待ちました・・・構えている時には飛び込まないというのは、カワセミの撮影では常識です。(^o^) ちらっと時計を見るともう17時じゃない、すでにISOは6400でもアンダー気味の暗さ・・・「早く飛び込んでくれ~」と、カワセミ語で声をかけたら、本当に飛び込んでくれました。(^o^) すぐに「魚をくわえて石に戻ってくれ~」と声をかけたら、今度はあっさり無視されて土手へ・・・結構大物だったのに夕食時は食欲旺盛・・・すぐにまた飛び込んで見事にゲット! さらに意表を突いて真下に飛び込んでゲット! 満腹になってしばらく土手でまったり。が、その後水浴びなのか採餌なのか、もう1度飛び込んだ後に石に戻ってくれました・・・暗い! 17時20分に撤収です。

石の奥への飛び込なので遠い・・・大トリすると、ISO6400では厳しい!
_1009_1.jpg

_1009_2.jpg

_1009_3.jpg

_1009_4.jpg

_1009_5.jpg

_1009_6.jpg

_1009_7.jpg

_1009_8.jpg

ISO6400でかなりアンダー・・・現像時にプラス補正した上、半分以上トリミングしているのでノイズが・・・
_1009_9.jpg

とりあえず設定を変えずに連写・・・トマリモノでこのノイズはNGですね。
_1009_10.jpg

_1009_11.jpg

水浴びはしないと思って、ISO64のトマリモノ設定に変えているときに水浴び・・・石の左側には波紋が空しく残ってました。(^o^) このカワセミ、最後まで意地悪でした。
_1009_12.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年10月 8日

様子見?

やっぱり昨日は縄張り争いのバトルがあったようで、恐らく負けたオスの方が全く姿を見せなくなりました。しかもメスの方は、縄張りへの侵入を阻止、監視するかのように駐車場下の池、ピラカンサの池、川を頻繁に行き来していました。ということで今日も早朝から石の前で待ちましたが、5時44分~8時15分に8回も石に飛来しました。そしてただ様子見に飛来するだけという感じで、採餌の飛び込はほとんどなし・・・石の上でのパフォーマンスはほとんど同じ、水面が波で微妙に揺れていたため写り込みはイマイチ・・・いっぱい撮った割には充実感、満足感に欠ける結果で、当然大量に削除しました。そろそろこの「石どまり」は撮り尽くした感があり、もう「ただの石どまり」になりそうです。(^o^) 明日はガマの穂が撤去されるとのことで、「ガマカワ」も終了・・・駐車場下の池での撮影も終了でしょうかね。じゃ~今後はどこで撮影? 勿論ピラカンサの池に期待です。

各飛来時の水面の写り込みが一番よいカット・・・
_1008_1.jpg

_1008_2.jpg

_1008_3.jpg

_1008_4.jpg

_1008_5.jpg

_1008_6.jpg

_1008_7.jpg

遅いSSでしたが、片足と頭部だけブレませんでした・・・
_1008_8.jpg

久しぶりに1.7倍テレコンを付けて撮影・・・D850+400mmF2.8の解像感は半端じゃないです。
_1008_9.jpg

そろそろトビモノをいっぱい撮りたくなりました・・・
_1008_10.jpg

_1008_11.jpg

_1008_12.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年10月 7日

縄張り争い?

昨日は朝方、幼鳥オスが駐車場池に張り付いていたので、縄張りを主張している幼鳥メスも4、5回飛来して最高のパフォーマンスを見せてくれました。今朝も期待して出かけたのですが、オスは早々メスに縄張りから追い出され、駐車場下に飛来しなくなってしまいました、残念! 結局石にはメスが3度止まりましたが、波が立って水面の写り込みはダメでした。陽差しが強く、暑くなったので9時前に撤収、夕方17時前に再度出かけました。5分も待たずにメスが石に飛来、写り込みが撮れました、ラッキー!

夕方の写り込み・・・
_1007_1.jpg

_1007_2.jpg

_1007_3.jpg

朝方はこんな感じ・・・
_1007_4.jpg

陽差しが強くなってカワセミに露出を合わせると背景が暗くなってしまって・・・
_1007_5.jpg

_1007_6.jpg

ガマの穂に乗ってくれましたが・・・
_1007_7.jpg

この枝とまりも陽差しが強くてよい絵にはならないですね。
_1007_8.jpg

縄張り争いのバトル寸前? かなりヤバイ雰囲気・・・SSは1/400秒だったので、メスのトビモノは流れてしまいました。
_1007_9.jpg

_1007_10.jpg

_1007_11.jpg

_1007_12.jpg

やっぱりメスの方が強うそう!(^o^) 
_1007_13.jpg

暗い時の飛び込でISO12800・・・
_1007_14.jpg

_1007_15.jpg

ようやくお魚つきが撮れたと思ったら葉被れ・・・しかもこの前後4コマ、すべて羽閉じという不運・・・
_1007_16.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年10月 6日

完璧!

今日は午後から仕事があったので、早朝に出かけました。ついに、ついに完璧な写り込みを撮る幸運に恵まれました。しかも被写体は綺麗な方のオス! ほんの気持ちだけではありますが、一応、今年初の「ピラカワ」も・・・さらにおまけで数ヶ月ぶりにトベラの枝のトマリモノまで撮れてしまいました、ラッキー!(^o^)

いつものようにクリックすると大きく見られます。ISO64、SSは1/15秒・・・
_1006_1.jpg

トビモノ設定(ISO3200、SSは1/800秒)の時に石に飛来、とりあえずそのまま連写・・・やっぱりSSが速い方が水面の写り込みはクリアですね。でもこの画質を見ると、この時も電子シャッターで最低感度で撮りべきだったと後悔・・・D5のノートリサイズまでトリミング・・・
_1006_6.jpg

ほぼピクセル等倍・・・
_1006_2.jpg

_1006_3.jpg

_1006_5.jpg

池の主になった幼鳥メスが初めてトベラの枝へ・・・この後反対側の真下に飛び込んで失敗・・・勿論死角になったので撮れませんでしたが・・・
_1006_4.jpg

さらにちょっと葉被れですが、一応、ガマの穂に乗っかったカワセミも撮れました!
_1006_7.jpg
勿論トビモノもいっぱい撮りましたが、現像している時間がないので後ほど・・・

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年10月 4日

ガマカワ再び

「ピラカワ」を期待して、いつもより早く出撃したのですが、結果は惨敗・・・「ピラカワ」の「ピ」もなしでした。じゃ、「イシカワ」は? 期待して待ちましたが、結局石の上には一度も来ませんでした。夕方の採餌パターンが復活して、今日も17時半前に飛来・・・17時から雨が降り出していたのでいつもより暗い! ISO400でSSは1/2秒・・・どうしてもっと早い時間帯に来ないのか??? ガマの方の土手に移動したときには、ISO25600でSSを1/400秒まで落としてもかなり露出アンダー・・・撮ってどうする?と思いつつ無意識にレンズを振ってファインダーを覗くと・・・何か大物捕ってるみたい・・・と、その瞬間、落としたみたい・・・とにかく暗すぎてよく分からない、後でチェックしてみるとうやっぱり巨大魚をゲットして落としてました。(^o^) ということで今日の収穫はワンチャンスの「ガマカワ」だけでした。

ガマカワも撮れると嬉しい! ノートリ・・・
1004_1.jpg

1004_2.jpg

1004_3.jpg

ただの枝じゃなく、ピラカンサの枝に止まって欲しい・・・
1004_4.jpg

証拠写真・・・ノイズが凄くて、大きくしてお見せできません!
1004_5.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年10月 3日

そろそろ・・・

そろそろ「石どまり」が終わり、「ピラカワ」=「ピラカンサ+カワセミ」が始まるかも・・・秋といえば紅葉、でもマイフィールドではピラカンサの赤い実が楽しみな時期になります。目下、池を縄張りにしているカワセミが、一向にそのピラカンサの実がなる枝に止まらないので、今秋はダメかと諦めていたのですが、今日は数回「ピラカワ」の撮影チャンスがあったようです。今朝は7時前に出かけたのですが、石の前にはすでにカメラマンが8人も陣取っている人気ぶり・・・その割には飛来回数が少ないので、誰もがピラカンサの池の方へ移動したいと思っていたはずです。明日以降、「石どまり」より「ピラカワ」狙いのカメラマンが増えそうです。(^o^)
今日は朝2回、夕方2回石の上に止まってくれました。そして2日続けて異なった行動パターンだったので、期待していなかった夕方、元のパターンに戻ってよい「石どまり」が撮れました。

ISO400でSSは1/8秒・・・残っていた陽明かりでイメージ通りの絵が描けました。(^o^)
1003_0.jpg

縦位置に大きくトリミング・・・
1003_1.jpg

朝の「石どまり」・・・
1003_2.jpg

1003_3.jpg

1003_4.jpg

夕方の「石どまり」・・・
1003_5.jpg

ガマカワ・・・片足だけガマの穂に・・・
1003_6.jpg

オスが飛来・・・
1003_7.jpg

1003_8.jpg

下嘴の基部が赤いので、メスの可能性はあります。
1003_9.jpg

オスが土手から1度だけ飛び込みんで失敗・・・羽の開きが最悪で撮影も失敗・・・
1003_10.jpg

また暗い中でトビモノを撮ってしまいました・・・ヨンニッパ単体、F値開放、ISO25600、SSは1/500秒・・・
1003_11.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年10月 2日

行動パターン

数日前から行動パターンが少しづつ変わっている感じがしていたのですが、今夕は全く異なった動きを見せました。17時過ぎに駐車場下の池に飛来したのですが、飛び込む場所が今までとは違うのです。この池では低い位置の土手、またはガマの茎(穂)からしか飛び込まなかったのですが、今日は石に向かって左側の木々、しかも死角になる場所から20回以上飛び込んでいました。で、40m以上あるし、暗いしで撮る気にもならなかったのですが、ISO12800レベルになっても1度もシャッターを切っていなかったので、とりあえず2、3度撮りました。やっぱり高い位置からだと失敗の連続だったようで、何か捕れるまで意地になって飛び込を繰り返しているって感じでしたね。勿論いつもの石へは止まることはなく、石どまりももう終わりなのかも・・・早起きしても報われそうもないですね。

ISO12800・・・カワセミが小さいので半分以上トリミング=ノイズいっぱい!
1001_1.jpg

今日のカワセミ Twitterで毎日1コマ発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年9月30日

台風接近

台風接近の影響で終日雨の予報でしたが、昼間はくもり、一時青空も・・・ということで、13時頃に散歩も兼ねて出撃しました。ピラカンサの池と駐車場下の池を何度往復したことか・・・おかげさまで散歩にはなりましたが・・・14時を過ぎると雨が降り出し、厚い雨雲で暗くなったので撤収しました。石には飛来しませんでしたが、とりあえずカワセミは撮れました。(^o^)

東側の小池の枝に止まっているときに、その上の枝にあの天敵のモズが飛来・・・一瞬悪夢のような光景が蘇りましたが、幸い何事も起こらず、モズが飛び去ってホッとしました。
_0930_2.jpg

駐車場下の池に1度飛来しましたが、石にはとまらず40m以上先の土手から数回飛び込んで飛び去りました。
_0930_3.jpg

_0930_4.jpg

ピラカンサの池には綺麗なオスが飛来・・・でも飛び込む場所が最悪・・・ほぼピクセル等倍・・・
_0930_5.jpg

_0930_6.jpg

_0930_7.jpg

_0930_8.jpg

今日のカワセミ Twitterで毎日1コマ発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年9月29日

ガマとカワセミ

台風接近で今日は9時頃から雨の予報、その後明日は終日雨ということで、寝不足が辛かったですが、早起きして5時には例の石の前でスタンバイしました。5時半前に1度飛来したんですが、石にも止まらず、飛び込もせず飛び去ってしまいました。それから待つこと1時間半・・・しびれを切らして様子を見にピラカンサの池へ歩き出しあたら、前方からカワセミが飛んできました。猛ダッシュで元に戻ると、カワセミが石に止まっている・・・すぐに連写・・・しか~しすぐ土手に移動していなくなってしまいました。撮影チャンスはわずか1秒でしたが、何とかデータは残せて、ヤレヤレ・・・その後土手の奥の方へ移動して、4、5回飛び込んで、恐らく小魚、エビを捕ったと思います、とにかく遠いし、背景の土手が近いので1度もシャッターを切らず、ひたすら飛び込後石に戻るのを待ちました、が、結局戻らず、ガマの近くの土手へ移動しました。ここからの距離は撮影可能範囲なのでトビモノ狙い・・・カワセミはお魚ゲット、私はこのワンチャンスをゲット、嬉しい!(^o^) その後はガマの茎へ移動・・・しっかりガマとカワセミも撮ることができました。予報は今日も当たらず、雨が降ってきたので、8時前には撤収、石どまりは結局1度、1秒だけでしたが、撮れたのでよしとしましょう。

水出から4コマ・・・水面の写り込みを入れて・・・
_0929_1.jpg

_0929_2.jpg

_0929_3.jpg

_0929_4.jpg

石どまり・・・
_0929_5.jpg

_0929_6.jpg

ガマとカワセミ・・・
_0929_7.jpg

_0929_8.jpg

_0929_9.jpg

大きくトリミング・・・
_0929_10.jpg

ほぼピクセル等倍まで・・・穂にクモが・・・
_0929_11.jpg

今日のカワセミ Twitterで毎日1コマ発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年9月28日

晴れの日は・・・

早朝から出撃し、石の前で待ちましたが、9時まで1度も石には飛来しませんでした。晴れの日の早朝は、石に来ない!ですね。8時半頃、しびれを切らしてピラカンサの池へ移動・・・柳の枝からの飛び込をゲットしましたが、カワセミは魚をゲットせず。その後どこかへ飛んで行ったので、駐車場下へ戻ってみると、ガマの穂へ飛来して2度飛び込んだとのこと、でも石には飛来せず・・・諦めて撤収しました。あ~疲れた! で、夕方の散歩は17時15分着、ほとんど待つことなく石に飛来、飛び込んで魚を捕った後も石に戻り、いつもより早めに塒へ・・・

よいタイミングでしたがお魚なし・・・
_0928_1.jpg

ピラカンサの池の石どまり・・・
_0928_2.jpg

その後いいところに止まったので枝どまり・・・
_0928_3.jpg

_0928_4.jpg

感度を下げるためにSSを1/800秒から1/500秒に変えた瞬間に飛び出しました・・・流石に飛び出しを1/500秒では厳しかった・・・
_0928_5.jpg

_0928_6.jpg

晴れの日でも夕方は17時を過ぎると、撮影には暗い・・・17時24分、ISO64だとSSは1/10秒・・・
_0928_7.jpg

_0928_8.jpg

4分後、さらに暗くなってSSは1/6秒・・・このSSだと被写体ブレが多いですが、連写することで必ず何枚かは残せます。
_0928_9.jpg

これが被写体ブレ・・・動きのない石や足はブレていないのに、他はブレブレ・・・参考までに・・・
_0928_10.jpg

今日のカワセミ Twitterで毎日1コマ発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年9月26日

雨中のカワセミ

スマホの3つの天気予報アプリでチェックしているのですが、本当に予報は当たりませんね。雨は6時にはやんで、午後から再び雨模様・・・2日続けて夕方の散歩ができないと思ったので、早起きしました。5時過ぎても雨は降っていましたが、3つのアプリはすべて6時以降くもり、降水量は0、雨雲レーダーでも6時以降はフィールド上空に雨雲はない状態だったので5時20分に出撃、フィールド着後、三脚を立てているとカワセミが石の上に飛来しました。急ぎカメラをセットしましたが間に合わず・・・でも、飛び込後石に戻ってくれたので、とりあえずワンチャンスはものにできました。5時50分過ぎに再び飛来、石には止まりませんでしたが、ガマの茎に2、3分止まってくれました、嬉しい! 次に飛来したのは6時50分頃、1度だけ石の上に止まってくれました。ということで7時になっても雨がやまなかったので撤収しましたが、雨中での3度の撮影チャンスに恵まれ、早起きした甲斐がありました。石への飛来が不規則で、待ち時間が長いのは辛いですが、撮りたければ今後も我慢して待つしかないですね。(^o^)

トマリモノ・・・雨は小降りでしたが、水面の写り込みはこの程度・・・
_0926_1.jpg

_0926_2.jpg

ガマの穂を可能な限り取り入れました・・・
_0926_3.jpg

_0926_5.jpg

_0926_6.jpg

_0926_7.jpg

トビモノ・・・朝食はザリガニ2匹、魚2尾・・・
_0926_8.jpg

_0926_9.jpg

_0926_10.jpg

_0926_11.jpg

_0926_12.jpg

_0926_13.jpg

_0926_14.jpg

_0926_15.jpg

_0926_16.jpg

_0926_17.jpg

_0926_18.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年9月24日

石どまり終了?

流石に3日続けて早朝の出撃は身体に悪いので、今朝はお休み、夕方の散歩にだけ出かけました。17時半過ぎに着いたときには、まだカメラマンが3人残っていました。報告によると、9時過ぎに1度飛来しただけだとのことでした。もしかして何らかの理由で行動パターン変えてしまって、日没後も飛来しないのでは?と思いつつ、機材をセットして待ちました。残っていた3人も17時45分前には全員撤収・・・と、17時46分に飛来して、石の上に5秒ほど止まってくれました。ということで塒に入る前に必ず採餌する場所は変えていませんでした。相変わらず暗い中、3度の飛び込み、魚を捕ったようで、17時52分には飛び去ってしまいました。明日以降も日没後以外でも、待てばいつか飛来するかもしれませんが、「石どまり」の状況はかなり厳しいですね。

夕靄のカワセミ・・・ISO200、SSは1/4秒・・・
_0924_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年9月23日

カワセミの習性

今日も早朝から出撃しましたが、最初の飛来は6時半過ぎ・・・でもちょうど朝靄が消えた後だったので、背景色がとてもよいタイミングでした。水面の写り込みもよく、よいトマリ絵が描けて嬉しい! その後は昨日のほぼ同じ時間の8時50分・・・このタイミングも陽が差していなかったので、背景色がとても綺麗でした。SSも稼げたので、少し感度を上げて完全なトビモノ設定で、石への飛びつきや飛び出しを狙えばよかったと後悔・・・ま、今、石への飛来を待っているのは、とにかくよいトマリ絵を得るためなので、その点ではたった2度の撮影チャンスでも、早起きの甲斐はありました。(^o^) それでいつものように日課の夕方の散歩・・・もう飛来は17時50分前後と決まっているので、17時半過ぎに石の前にスタンバイでした。で、少なくとも夕方に限っては、これがこのカワセミの習性なんでしょう、定刻!の17時51分に飛来しました。石の上には10秒くらいしか止まってくれませんでしたが、ワンチャンスはモノにできました。その後暗い中、いつものように4、5回は飛び込み、何度か魚を捕ったと思います。もっと明るいうちに飛来すればいいのに・・・とは、毎度思うことなのですが、習性だとしたら、今後も変わらないでしょう。
カワセミの習性ということで思い出しました。2015年2月~3月、当時杉並に住んでいましたが、自宅から徒歩5分の小さな公園にカワセミがいました。塒にしていたたのです。日没直後の17時20分~30分にどこからか飛来して、公園の池の中央にある噴水の出口に止まり、1、2分後に塒であるブッシュの中へ消えていきます。その直前に必ず、2、3秒、恐らく中の止まり枝の確認をするためだと思いますが、ホバリングするのです。偶然、散歩をしていたときに気づいたのですが、翌日、同じ時間帯に同じ行動を見せたので、そのブッシュから4、5mくらいのところでカメラを構えて待つことにしました。本当にワンチャンス、しかも2、3秒・・・結構緊張して撮影を楽しんだのを思い出します。本格的な繁殖時期に入った後は、姿を見せなくなりましたが、約1ヶ月間、会社が休みの週末だけでしたが、行動パターンを変えないというカワセミの習性を知ることができたこと、「わずか数秒の楽しみ」を味わえたこと・・・とてもよい思い出ですね。(^o^)

トマリモノ設定でSSは1/160秒・・・飛びつきを撮るには厳しいSSでした、残念! D5のノートリサイズまでトリミング・・・
_0923_1.jpg

飛びつき後バランスを崩して片足立ち・・・
_0923_2.jpg

最初の飛来時は写り込みが素晴らしかった、嬉しい! ISO64、SS1/40秒・・・
_0923_3.jpg

2度目の飛来時も背景色が素晴らしかった、嬉しい! 飛び出しを狙ってISO400、SS1/800秒に設定変更・・・しかし飛び出さないで向きを変えたので、すぐにまたトマリモノ設定に・・・
_0923_5.jpg

向きを変えた後はISO64、SS1/160秒・・・
_0923_4.jpg

夕方の飛来・・・相変わらず暗い! ヨンニッパ単体、F値開放、ISO100でSSは1/2秒・・・
_0923_6.jpg

2015年3月撮影・・・D4sの高感度はかなり厳しかったですが、日没後の暗さでは画質優先の選択肢はなかったですね。共に塒へ入る瞬間、共にほぼノートリ・・・ヨンニッパ単体、F値開放、ISO5000でSSは1/250秒・・・
_0923_8.jpg

ISO6400でSSは1/500秒・・・
_0923_7.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年9月22日

夕靄のカワセミ

今日は2日ぶりだったので、早朝から出撃しました。5時台は朝靄がかかることが多いので、水面が最も綺麗に映える時間帯は7時前後・・・でもその時間帯に飛来してくれたことは1度もありません。今朝も最初の飛来は5時半前、そして2度目は6時過ぎだったんですが、1度も石の上には止まらずさようなら、そろそろ諦めて撤収しようと思った9時前にやっと再飛来してくれました。日課の夕方の散歩は17時過ぎから・・・17時半くらいから夕靄がかかってきて、今までなかったよい雰囲気・・・で、飛来したのは17時49分でした。夕方は暗いので、飛来したときに石に止まってくれないと、ほぼ撮影チャンスはないです。15秒くらいで採餌のために土手へ、5、6回飛び込みましたが、やっぱり1度も石には戻りませんでした。トビモノを撮ろうとも思いましたが、ヨンニッパ単体、F値開放ですでにISO25600、SS1/500秒でも相当アンダーという暗さだったので断念しました。でも朝はワンチャンスでしたが、久しぶりに水出のよい瞬間をしっかり切り取ることができました、嬉しい!(^o^)

ホント、ワンチャンス・・・残念ならが魚が極小!
_0922_1.jpg

5時27分、最初の飛来・・・ISO200、SS1/4秒・・・
_0922_2.jpg

8時53分・・・ISO64、SS1/60秒・・・
_0922_3.jpg

雨がパラパラ・・・
_0922_4.jpg

SSが遅いと、当然ですがカワセミは止まりません・・・
_0922_6.jpg

ピラカンサの池で手持ち撮影・・・
_0922_5.jpg

17時49分、夕靄のカワセミ・・・
_0922_7.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年9月19日

やっぱり疑問

今日の飛来は17時58分、本当に暗い・・・やっぱり疑問に思うのは、毎日、日課のように最後の食事を取るために飛来しているのに、何故こんなに暗くなるまで飛来しないのか? あと10分、20分早く飛来すれば、獲物もよく見えて楽に採餌できるのに・・・それでなくてもこの幼鳥メスは狩が下手で、未だに飛び込んで失敗することの方が多いのに・・・何故? それで飛来時に石の上に止まらなかったので、結局4、5回飛び込んでも石には戻らず終了・・・撮影枚数はゼロでした。

羽繕いは頻繁に行うようになり、徐々に綺麗になってます。(^o^)
_0919_1.jpg

水面の写り込みがよかったので、ちょっと遊んでみました。
_0919_2.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年9月18日

逆光も・・・

今日も昨日のリベンジのつもりで、早朝5時前の暗いうちに出撃・・・しかし飛来まで1時間も待たされました。水面の朝靄が消えない時間帯は、撮影条件としてはよくないですが、データとしてはしっかり残しておきたいので連写でいっぱい撮りました。幸い石に飛来した後飛び去って、すぐに戻ってきてくれたので、幾つかのパターンで撮ることができました。但し、SSが1/20秒以下だったので、動きモノはすべて被写体ブレで全滅でした。朝方の撮影ならではの最適な陽が差してきて・・・6時45分~7時30分が水面の背景色がもっともいい時間帯・・・再来を期待して待ちましたが、昨日同様8時を過ぎても姿を見せてくれませんでした。昨日は9時まで頑張りましたが、今日は8時過ぎには諦めて撤収しました。2日間4時半起きで・・・ということはほとんど寝ていない・・・疲れました。これ以上繰り返すと身体が壊れそうなので、もう早朝の撮影はお終いにします。やっぱり夕方、散歩がてらに撮影に出かける・・・この日課を維持することが健康上もいいでしょう。で、その日課なので、17時前に再度出かけました・・・遠方はどす黒い雨雲で覆われていましたが、池に着いた時には陽が差していました・・・今、飛来したら逆光か・・・と、機材をセットしていながら思っていたら飛んできました!(^o^) 飛来時の最初の撮影チャンスは逃しましたが、嬉しい! 今日は飛び込んだ後に2度も石に戻ってくれました。(^o^)

ここ数日、画質優先のトマリモノばかり撮っていて、トビモノを封印していましたが、SSを上げられる状況だったので、トビモノ解禁・・・しかし幸か不幸か撮影には厳しい逆光・・・一瞬、露出設定に悩みましたが・・・
_0918_1.jpg

かなり遠くへ、しかも死角ギリギリの場所へ飛び込まれましたが、何とか出てきたところでキャッチ・・・ピラカンサの池で逆光下で何度も撮っていますが、そもそも水面の背景色が綺麗な場所なので、逆光も悪くない!
_0918_2.jpg

_0918_3.jpg

_0918_4.jpg

早朝不調だったので、後光が差したって思いになりました。(^o^)
_0918_5.jpg

魚をくわえてショートホバ・・・
_0918_6.jpg

その後石へ・・・
_0918_7.jpg

_0918_8.jpg

_0918_9.jpg

_0918_10.jpg

早朝の石どまり・・・感度を上げてSS1/80秒で撮影、やっぱりSSが速い方が写り込みはクリアに! ※スクロールしなくてはいけませんが、クリックすると縦位置750x1120ピクセルの画像がホップアップします。
_0918_11.jpg

_0918_12.jpg

日没後の石どまり・・・
_0918_13.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年9月17日

またワンチャンス

今日は石どまりを期待して早朝から出撃したのですが、6時前に1度止まっただけでした、悲しい!

少し水面に靄が・・・
_0917_1.jpg

久しぶりにガマの穂付きが撮れました。
_0917_2.jpg

_0917_3.jpg

_0917_4.jpg

帰りがけにピラカンサの池で・・・このピラカンサの下枝からは今後も飛び込みそうです。
_0917_5.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年9月16日

ワンチャンス

ワンチャンスって、トマリモノを狙っているときにはあまり使わない言葉ですよね。ここ数日ピンポイントで石の上に飛来するカワセミを待っているのですが、昨日は1度も止まらず、今日は飛来した際に1度だけ止まって・・・15秒くらい・・・その後はやっぱり5、6回飛び込んだのに、1度も石には戻りませんでした。今日は17時過ぎに着いたときにはカメラマンが8人も陣取っていたので驚きました。(^o^) で、結局17時半には私も含め3人に・・・飛来したのは17時34分でした。ワンチャンスも得られずに撤収された方々、懲りずにまたお越しください!

残せたデータは15コマありましたが、すべて同じ・・・水面の写り込みが一番よかったカット!
_0916_1.jpg

4日前のトビモノ・・・東側の小池では相変わらず17時過ぎ採餌を試みていますが、失敗して駐車場下へ移るケースがほとんどですね。
_0916_2.jpg


_0916_3.jpg


_0916_4.jpg


_0916_5.jpg


_0916_6.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年9月15日

石に止まらず

今日は雨模様で暗かったので、17時半でも撮影には厳しい状況でした。で、待っていた駐車場下の池に飛来したのは18時直前・・・ISO200でもSSは1/2秒という暗さ、それでも期待して待っていましたが、5回も飛び込ながら、一度も石には止まらず、何度か魚を捕ったようで・・・暗くて目視できなかった・・・結局そのまま川の方へ飛び去りました。飛来しなければ撮れない、飛来しても撮れない・・・カワセミ撮影ではそういう時もあります。(^o^)

一昨日撮影・・・
_0915_1.jpg

_0915_2.jpg

_0915_3.jpg

_0915_4.jpg

_0915_5.jpg
※縦位置画像なので、ホップアップで大きな画像は見られません。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年9月14日

もっと早く来て!

今日は日没後の18時過ぎにようやく駐車場下の池に飛来・・・もっと早く来て! と声高に言いたいです。ISO64の設定だと、SS1秒・・・これではすべてブレ写真になるので、感度をISO200まで上げました。ホント、この時間にトビモノを撮っても意味ないですね、ノイズが凄くて証拠写真にしかならないです。

ISO200、SSは1/2秒・・・
_0914_1.jpg

ISO6400、SSは1/800秒でかなりアンダー・・・
_0914_2.jpg

ISO12800、SSは1/800秒でかなりアンダー・・・
_0914_3.jpg

_0914_4.jpg

_0914_5.jpg

_0914_6.jpg

ISO25600、SSは1/500秒でもかなりアンダー・・・
_0914_7.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年9月13日

イメージ通り

イメージ通りの瞬間を切り取ることができました、嬉しい! (^o^) こういうチャンスは、トマリモノ撮影でも滅多にないですね。今日は暗かったので、いつもより少し早めの17時過ぎに出撃・・・ピラカンサの池と駐車場下の池を数回往復しても姿を見せないので、17時半過ぎに駐車場下で待つことに・・・石の上に飛来することを想定してISO64に設定・・・テレコンを付けるとSS1/10秒・・・うむ、暗いな~、早く来ないかな~と思っていると、飛んできました、石の上に! 背中向きに止まってくれましたが、なかなか振り向かない・・・そしてようやく振り向いてくれた瞬間から連写開始・・・まさにイメージ通りの瞬間、美しい! 後は水面の写り込みが実際にどうなったか・・・結果をPCで確認すると・・・本当にイメージ通りでした!

_0913_1.jpg

縦位置画像は、ポップアップで大きくできないので、D5のノートリサイズまでトリミングした画像をご覧ください。他の画像と同じく、ホップアップで1120x750ピクセル画像が見られます。
_0913_2.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2018年9月12日

石どまり

石どまりの撮影は、早朝の方が確立が高いので、再度挑戦してみました。おかげさまで今日は早起きの甲斐がありました。(^o^)

背景色が素晴らしい駐車場下の池・・・7時半頃に飛来したのですが、何とその時ピラカンサの池の様子を見に行っていて不在だったのです。ショック! それでいつものように夕方も出撃したが、待ち時間なしで・・・ISO64なので大きくトリミング・・・
_0912_1.jpg

その前に採餌しそうだったので、ISO2500に設定、すぐに飛び込んで魚と何か不明な物をくわえて石の上へ・・・
_0912_2.jpg

とりあえず感度を変えずに数コマ連写・・・ISO2500なのでトリミングは半分まで・・・
_0912_3.jpg

朝の不在時にOBさんが数コマ、シャッターを切ってくれていました!(^o^)
_0912_4.jpg

何故頻繁に池の様子を見に行っていたか・・・それは池の石どまりを撮りたかったから・・・
_0912_5.jpg

_0912_6.jpg

_0912_7.jpg

_0912_8.jpg

枝のトマリモノも・・・
_0912_9.jpg

_0912_10.jpg

_0912_11.jpg

_0912_12.jpg

_0912_13.jpg

_0912_14.jpg
今日のトビモノは後ほど・・・

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年9月11日

少ないチャンス

今日も撮影チャンスはわずか、ま、30分くらいしかいないので少ないチャンスを確実にものにしなくてはいけないのですが・・・出迎えてくれた欄干では何もせずに東側の小池へ移動、そこで珍しく1度の飛び込で大きめの魚をゲット、その後川の方へ飛び去ったので、駐車場下で待っていると、18時すぐに飛来、石には止まらずにコンクリの土手から1度飛び込んで、またお魚ゲット・・・昨日はお休みしてましたが、その間に狩が上達した???(^o^)

普通のトマリモノ・・・
_0911_1.jpg

全くツキなしで羽閉じが続けて4コマ・・・これがベストの1コマとは・・・
_0911_2.jpg

当然ISO25600、あまりにもアンダーだったので現像時に補正すると、耐え難いノイズ・・・
_0911_3.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年9月10日

ファインダー内に・・・

今日は雨で夕方の散歩はお休み・・・昨日の撮影分、といっても東側の小池で少し撮れただけでしたが・・・トビモノの撮影では、当たり前ですがカワセミをファインダー内に捉えることが求められます。そして合焦すること・・・ここまでは自らの修行で克服できます。上手くいけばデータとして残せますが、水から飛び出す瞬間のタイミング、羽が開くタイミングは、残念ながら自分でコントロールできないですね。長年カワセミ撮影を楽しんでいますが、本当にイメージした通りの撮影結果が得られることって少ないです。昨日は久しぶりにそのイメージ通りの瞬間を切り取ることができました、魚が小さかったのは残念でしたが・・・

写り込みを入れた元の画像・・・
_0910_1.jpg

その次のカットは羽の開きが中途半端・・・
_0910_2.jpg

その前の飛び込時は水出のタイミングは悪くなかったですが、羽の開きが残念な結果に・・・
_0910_3.jpg

_0910_4.jpg

ホント、被写体は常に可愛く、美しく撮ってあげたい・・・
_0910_5.jpg

D850のISO3200、条件がよければ解像感は十分・・・
_0910_6.jpg

背中向きだったのISO64で・・・
_0910_7.jpg

いきなり消えたと思ったら、エビをくわえて下の枝に戻ってきました、が、ISO64だったのでブレブレ・・・
_0910_8.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年9月 9日

この瞬間だけで・・・

今日はいつもより少し早めに出かけたのですが、池の欄干に飛来したのは17時過ぎ、10分以上何もする気配なく過ぎ、一度だけ中州のピラカン島側に飛び込んで失敗後、東側の小池へ移動・・・そこでも10分くらい何もする気配なし・・・ようやく2mくらいの高さの枝へ移動し、数分後に飛び込んで失敗、すぐに同じ場所に戻って再挑戦・・・見事に超小物をゲット!(^o^) その後奥の低い位置の枝へ移動・・・背中を向けていたのでISO64でトマリモノを撮っていたら、突然飛び込んでザリガニをゲット・・・その後川の方へ飛び去りました。17時半に採餌したので、18時前に駐車場下へ戻ってくるかな?と思いつつ、18時10分まで待ちましたが、飛来しませんでした。が、今日はこの瞬間だけで・・・

・・・出かけた甲斐がありました。東側の小池の2mの高さからの飛び込は、ヨンニッパ単体でも近すぎて・・・被写界深度が浅い(手前側に飛び込まれると6mくらいなので、ピントが合う範囲は、2cmくらい)・・・しかも飛び込み場所の範囲が広いので、ファインダー内に捉えるのは本当に難しいです。ここでこれほど完璧に撮れたことって今までなかったかも・・・お魚付きは嬉しいですが、ちょっと小さすぎましたね。(^o^)
_0909_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年9月 8日

厳しい日々

今日は厚い雲に覆われ、17時半ですでにヨンニッパ単体でSSを1/800秒に設定するとISO12800の暗さ・・・参りました。で、駐車場下に飛来したのは17時58分、いきなり石の上に止まりましたが、本当に暗かった、距離があることもあり、厳しすぎる条件でした。こんな厳しい日々がいつまで続くのか・・・

ヨンニッパ単体、F値開放、ISO64・・・SS1/2秒では明らかにアンダーだったので、さらに1段落として0.63秒・・・これじゃ被写体ブレ確実! 10コマ連写して、何とか2コマ残せました。
_0908_1.jpg

ISO64を断念して、ISO200まで感度を上げましたが、SSは1/4秒・・・信じられない暗さに閉口しました。(^o^)
_0908_2.jpg

上の土手に上がったので、トビモノ設定に切り替えたら、ISO25600でSSを1/640秒まで落としてもまだアンダー・・・しかも距離があるし、これじゃ撮っても意味ない、と思いつつモタモタしてると水飛沫が目に入り、石の上に戻ったように見えたので、ファンダーを覗いてみると魚をくわえていました。とにかく暗くてよく見えない!(^o^) とりあえずそのまま数コマ連写した画像・・・とても現像時に補正もトリミングできません、参考までに!
_0908_3.jpg

その後もっと暗いガマの方へ移動・・・ISO25600のままでSSを1/500秒まで落としてもかなりアンダー・・・流石にもうお手上げ! それでも一応撮りましたが・・・(^o^) この後ガマの茎へは行かずに川の方へ・・・おやすみ!
0908_4.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (3)

2018年9月 7日

不可解・・・

17時半頃に池に着いた時には、幼鳥メスが欄干で出迎えてくれたのですが、それから約30分、欄干上で動かず・・・一体、何を考えているのやら? 結局7mくらいまで近づいても全く気にせず・・・本当に不可解! 白式部の枝へ移動したので飛び込むかと期待してトビモノ設定にしようとファインダーを見たら、ISO6400でもかなりアンダーな暗さ、SS1/800秒を確保しようと思ったらISO12800・・・悲しい。ただ待たされた30分間は何だったのか? すぐに飛び出して欄干の下、見えない場所へ・・・失敗して、どこかへ飛び去りました。恐らく夕食は駐車場下の池・・・自転車で移動して待っていると、18時5分に飛来・・・勿論いつものようにヨンニッパ単体、F値開放、SSは1/800秒で感度はISO25600! 飛び込んで小物をゲット・・・どんどん暗くなる・・・ISO25600でもかなりアンダーになってきたので、もう撮っても意味ないかと思っている間に再び飛び込んで・・・失敗したらしい、と、すぐにガマの茎へ・・・暗すぎて目視できないのでファインダーで確認すると、茎被れで位置が悪い・・・急ぎ回り込んで、トマリモノ設定に・・・ISO64にしたら、SSは1/2秒! 風で茎は揺れているし、ブレ写真覚悟で数秒間連写・・・結果やっぱりブレなしは3コマだけでした。

飛び出す直前・・・ガマの茎もブレて、頭だけブレなかった貴重な1コマ・・・
0907_1.jpg

SS1/2秒でも連写したから残せた完璧な1コマ・・・ラッキー!(^o^)
0907_2.jpg

ガマへ移る前の飛び込・・・トマリモノISO64に比べると、悲しすぎるトビモノISO25600の解像感!
0907_3.jpg

0907_4.jpg

白式部の枝からの飛び込・・・
0907_5.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2018年9月 6日

空振り

池の石に止まるのは朝方だけのようなので、数ヶ月ぶりに早朝に出撃してみました・・・が、空振りでした。カワセミ撮影は、思い通りにはいかないですね。(^o^)

0906_1.jpg

0906_2.jpg

0906_3.jpg

0906_4.jpg

0906_5.jpg

0906_6.jpg

0906_7.jpg

0906_8.jpg

0906_9.jpg

0906_10.jpg

0906_11.jpg

駐車場下の池に飛来したオス・・・7月まで池の主だったオス?
0906_12.jpg

0906_13.jpg

0906_14.jpg

夕方も行ってみました・・・18時過ぎに駐車場下の石に飛来、ようやく石止まりが撮れました!(^o^)
0906_15.jpg

その後夕食開始・・・いつものようにISO25600・・・アンダー気味になりましたが、ノイズが凄いので現像時に補正していません。暗いのでクリックして大きくして見てください。
0906_16.jpg

場所を変えてさらに暗い場所へ・・・ヨンニッパ単体、F値開放、SSは1/500秒まで落としましたが、それでも相当アンダーという暗さでした。ホント、撮っても意味なしですね。(^o^)
0906_17.jpg

  

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年9月 5日

ようやく大物・・・

いつもの幼鳥メスが、今まで大物をゲットしたところを目撃したことすらなかったですが、今日ようやくカメラ内にゲットしました。とにかくこの幼鳥、未だに狩が下手で、高い位置からはほとんど飛び込まない、そして低い位置から小物を狙って飛び込んでも失敗ばかりの繰り返しの日々でした。夕方の夕食の時間帯しか付き合ってはいませんが、恐らく1日中どこかで何度も飛び込んでは小物でお腹を満たしているのだと思います。早く一人前になって、大物をガンガン捕ってもらいたいですね。

ISO12800で適正露出で撮りました。ノイズ、半分のサイズまでトリミングしても解像感も許容範囲です。もっと大きな画像を掲示板にもアップしておきます。Exifで撮影データが表示されます。ちなみにこの大物は、18時8分、東側の小池、柳の枝2mほどの高さからの飛び込でした。
0905_0.jpg

以下は前後のカットでD5のノートリサイズまでトリミング・・・
0905_1.jpg

0905_2.jpg

0905_3.jpg

いつもお魚付きだといいのですが・・・
0905_4.jpg

0905_5.jpg

ヨンニッパ単体ではちょっと厳しい距離・・・1/3までトリミング・・・
0905_6.jpg

普通のトビモノ・・・
0905_7.jpg

0905_8.jpg

遠いですがようやく石止まり・・・
0905_9.jpg

  

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年9月 3日

撮影断念!

今日、駐車場下に飛来したのは、18時15分過ぎ・・・少しは明るい側ですぐに飛び込んだ時は、ヨンニッパ単体、F値開放、ISO25600でSSを1/640秒まで落としたらややアンダー気味の暗さだったので、とりあえず撮りました。が、その後カワセミが暗い側のガマの方へ移ったときには、マイナス2のアンダーになる暗さだったので、撮影を断念・・・ISO25600は適正露出かオーバー気味に撮らないと、ノイズが凄くて証拠写真以下の画質・・・ホント、撮っても意味なしですからね。

現像時に補正しなければ何とか・・・トビモノ系のSSは1/640秒が限界・・・
_0903_2.jpg

  

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年9月 2日

今日も暗い・・・

昨日は17時過ぎに雨が降っていたのでお休みしましたが、今日は降りそうで降っていなかったので、17時半頃に出かけました。結構雨が降ったようで、池の水位が上がっていましたが、濁ってはいませんでした。曇天で17時45分だと、かなり暗かったので、カメラマンは皆、すでに撤収後かと思ったら、まだ一人、ニコンD5で頑張っている・・・報告を聞いたら、状況は変わらず、出は悪いとのことでした。ま、30分勝負で、散歩も兼ねて出てきたので、出が悪くて撮れなくても構わなかったのですが・・・池と駐車場下を自転車で3往復して、ようやく18時5分過ぎに駐車場下でレンズを向けることができました。当然感度はISO25600・・・2度飛び込んで、2度とも採餌失敗・・・その後穂付きガマの枝へ移動してくれたので、急ぎトマリモノ・モードに切り替えてISO64に・・・ハハハ、SSは1/2秒でした。細いガマの枝では揺れるので、被写体ブレは当然想定して、無音の電子シャッターでひたすら連写しました・・・結果は98%は被写体ブレでした。(^o^) 結局ガマの枝からは飛び込まずに北西側へ・・・遠い、暗い・・・カワセミが見えない! それでも数回、水飛沫を撮ったら、一応カワセミは写ってました。(大笑)

上手い具合にガマの穂が3本交差する位置に止まってくれました。ヨンニッパF値開放、ISO64、SS1/2秒、D5のノートリサイズまでトリミング・・・
_0902_1.jpg

折角低感度で撮ったので、大きくトリミング・・・
_0902_2.jpg

やっぱりISO25600では解像しませんね、D5のノートリサイズ・・・
_0902_3.jpg

遠かったので半分にトリミング・・・証拠写真以下でした。(^o^)
_0902_4.jpg

  

投稿者eisvogel : 23:50 | コメント (2)

2018年8月31日

わずか30分

今日も夕方から雨の予報で、17時過ぎには暗かったですが出かけました。17時半過ぎに池に着いた時には、欄干ではなく、東側の小池にいました。トマリモノを撮るなら、欄干上より枝の方がいいですが、結局20分くらい何もせず、飛び込んで失敗後、すぐに駐車場下の方へ飛んで行きました。ホント、毎日同じパターンですね。移動してカメラをセットしたときには、18時前でしたがすでにISO25600の世界、しかもトビモノのためにSS1/800秒を確保すると、マイナス2以上の露出アンダー・・・これじゃ、撮っても証拠写真にもならないと、撮影を諦めました。一応2度の撮影チャンスはあったんですが、ファインダー内でカワセミが見えない明るさ・・・当然AFでピントを追えるはずもなかったですね。雨がパラパラ・・・雷がゴロゴロ・・・わずか30分で撤収しました。

東側の小池での飛び込時もISO25600・・・適正露出だったので、D5のノートリサイズでもノイズは許容範囲? 参考までに半分にトリミングして大きくした画像を掲示板で紹介しました。
_0831_1.jpg

お馴染みのISO64、ほぼピクセル等倍・・・
_0831_2.jpg

  

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年8月30日

何してるの?

今日も17時半過ぎに池着、幼鳥メスはピラカンサの前の欄干でお出迎え・・・でも昨日以上に長く居座ってパフォーマンスは皆無・・・どんどん暗くなっていくので苛立ちは頂点に。「何してるの?」と、何度か声をかけましたが、完全に無視されて、結局18時過ぎにようやく駐車場下の池へ飛んで行きました。自転車で急いで移動・・・撮影準備前に早々飛び込んでお魚ゲット! 準備が整ったので「いつでもOKだよ」、と声をかけると、2度続けて飛び込んでくれましたが、2度ともお魚なし・・・私が話すカワセミ語が通じたのか・・・まだ確信が得られませんでした。(^o^) その後嬉しいことにガマの穂の枝へ移動してくれたので、ISO64で激写! SSは1/6秒でしたが、電子シャッターで100枚以上連写したので、1/5くらい残せました。

少ないチャンスは確実にものにしないと・・・毎日必死ですよ。(^o^) でも暗いこともあって、ファインダー内で追うことはほとんどできないですね。とにかく高感度ISO12800で少しでもよいデータを残すために色々試してはいますが・・・もっと撮影チャンスが欲しい! 何とかD5のノートリサイズなら、許容範囲、レベルまで撮れるようになりました。半分までトリミングしたデータは掲示板でさらに大きくして紹介します。
_0830_1.jpg

_0830_2.jpg

ガマの穂がしっかりファインダー内に収まりました、嬉しい! 願わくは1コマくらい背中向きで撮りたかった・・・以下3コマすべてISO64、SSは1/6秒・・・
_0830_3.jpg

0830_4.jpg

ほぼピクセル等倍・・・
0830_5.jpg

欄干のカワセミに1分間くらい夕陽が差して少し色づきました・・・7、8mの至近から・・・ほぼピクセル等倍・・・
0830_6.jpg

  

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年8月29日

同じ感度でも・・・

今日は17時ですでにかなり暗かったですが、雨は大丈夫そうだったので出かけました。17時半過ぎに池に着いた時には欄干で幼鳥メスが出迎えてくれました、が、結局15分くらい一度も飛び込むこともなく、何を考えているのか、何のためにいるのか??? その後駐車場下方向へ飛んで行ったので、自転車で移動・・・下を見ているので、夕食の場所はここのようです。で、最初の飛び込で見事に、この幼鳥にしては大物をゲット・・・元に戻るかとレンズを振ったら、反対方向へ・・・当然ファインダー内から消えてしまいました。しかし暗い、18時だというのにISO12800・・・

同じ感度ISO12800でもノイズの発生率がこんなに違う・・・D5のノートリサイズまでトリミング・・・
_0829_1.jpg

_0829_2.jpg

トマリモノなら常時ISO64・・・ほぼピクセル等倍・・・飛び込むとか、飛び出すとか、何かパフォーマンスを見せてよ~、と声をかけると・・・
_0829_3.jpg

いきなりこっちを向いて、何か文句あるの? と・・・
_0829_4.jpg

で、片足立ちのパフォーマンスを披露してくれました・・・ISO6400・・・
_0829_5.jpg

  

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年8月28日

一週間ぶり

帰国後、一週間ぶりにフィールドへ行ってみましたが、状況は何も変わっていなかったですね、いや、悪化したかも。何故なら幼鳥メスは18時過ぎに駐車場下の池と東側の小池にそれぞれ5分くらいいましたが、結局飛び込むことは1度もありませんでした。どうなっているんだか???

いつものようにトビモノの設定にしたらISO25600・・・トマリモノはISO64で撮影!
0828_1.jpg

0828_2.jpg

  

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年8月21日

また猛暑?

ここ数日、少しは涼しさを感じられる日々でしたが、今日は気温も上がり、湿度も高く、夕方の撮影は辛かったですね。例のメスのカワセミ、17時半過ぎから約1時間、東側の小池か駐車場下の池にいたのですが、相変わらずなかなか飛び込まない、飛び込んでも捕れない・・・のないないづくしで参りました。残せたデータもほんのわずか・・・

久しぶりに低感度で・・・といってもISO6400ですが(^o^)・・・撮れたので、半分までトリミング・・・流石にカワセミが大きい・・・
0821_1.jpg

0821_2.jpg

18時半過ぎの飛び込み、暗くて見えない! 勿論ISO25600・・・
0821_3.jpg

トビモノは諦めてトマリモノ・・・ISO64にセットしたら、SSは1/2秒でした。(大笑) 被写体ブレ・・・
0821_4.jpg

10コマくらい連写して残せた1コマ・・・
0821_5.jpg

0821_6.jpg

  

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年8月20日

行動パターンは・・・

行動パターンは変わらずです。17時半過ぎに池に着いたら雨・・・雨雲レーダーををチェックすると、15分後にはやみそう、でも結構強くなったので機材は出さずに待ちました。18時過ぎに小降りになったので、機材をセット、18時10分には完全にやんだので、池と駐車場下の往復で散歩開始、と、いつもより5分ほど早く駐車場下に飛来・・・雨はやんだとはいえ、とにかく暗い、またISO25600の世界でした。4度飛び込んで3度失敗・・・低い位置からの採餌で成功確率は確実にアップしているように思います。あと半月、1ヶ月修行を続ければ、ま、いずれは高い位置から大物をゲットすることもできるようになるでしょう。

0820_1.jpg

0820_2.jpg

0820_3.jpg

0820_4.jpg

0820_5.jpg

  

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2018年8月19日

今日のカワセミ

Twitterを始める際、その日に撮ったカワセミを「今日のカワセミ」としてツイートするつもりでしたが、毎日「1日1回ツイート」を優先することにして・・・実際毎日撮れるわけではないので、過去のお気に入り写真を紹介していくことにしました。ということでTwitterでは、毎日私のお気に入りの中から1枚をツイートします。暑い間・・・9月末日までは「涼」を伝えるために、水絡みの中から・・・フォロー、よろしくお願いします。
今日のカワセミ Today's Kingfisher

日々撮影のカワセミは、引き続き当ブログで紹介していきます。ということで今日もやっぱり状況は同じでした。駐車場下の池に飛来したのは18時27分、またISO25600の世界です。暗すぎてファインダー内でカワセミを追えない、AFも動きが鈍い・・・連写しても合焦するのは1コマ・・・
0819_1.jpg

0819_2.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年8月18日

状況変わらず

毎日同じような報告で恐縮です。今日の飛来は17時40分頃・・・15分くらい池にいましたが、結局何もせずに川へ・・・そして再飛来は18時25分頃に駐車場下の池・・・暗い、ISO25600ではもう撮りたくない!(^o^)

暗いとAFの反応もイマイチですね、水出に合焦しても後が続きません・・・
0818_1.jpg

0818_2.jpg

0818_3.jpg

0818_4.jpg

  

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年8月17日

快適な陽気

今日は晴天で気温が上がらず、湿度が低く、快適な陽気でしたね。夕方の散歩も快適でした。いつものように17時半過ぎに池に到着、駐車場下との間を何度も往復しましたが、汗をかくこともなく、本当に久しぶりによい散歩になりました。(^o^) で、カワセミの飛来は18時15分過ぎ・・・まずは欄干へ、じっくり狙いを定めて飛び込んだように見えましたが、2度とも失敗、その後初めての場所・・・これがいい感じのトマリ絵になりそうなのでISO64で撮影・・・設定をトビモノに戻した瞬間に飛び出して・・・上手く反応できて水出を捉えた・・・何で魚ないの??? ガッカリ、ガックリ! 本当に採餌が下手・・・その後東側の小池へ・・・1度飛び込んでまた失敗、すぐに駐車場下方向へ飛び去ったので、自転車で移動・・・いい加減お腹がすいて焦っていたようで、機材を下ろす前に飛び込んで小物をゲット、すぐにまた飛び込んで小物をゲット。ここで幼鳥オスらしき個体が侵入してきたので追い出して川の方へ・・・戻って来たのは18時40分過ぎ・・・もう暗いよ~と声をかけましたが、まだ空腹が満たされていないせいかじっと水面を見ているので、ISO25600の世界でしたが、お付き合いで待ちました。飛び込んで失敗・・・暗くてカワセミを追えません・・・まだ諦めずに水面を見ている・・・飛び込んだ! おめでとう、よかったね、最後の食事ができて! 18時46分終了・・・空を見上げると綺麗な月と金星・・・こんな時間までカワセミ撮影している人って、まずいないでしょうね。(大笑)

当然ですが欄干や看板のような人工物よりも絵になりますね。(^o^)
0817_1.jpg

お~大物ゲットか・・・?
0817_2.jpg

久しぶりに完璧なタイミングだったのにお魚なし・・・
0817_3.jpg

0817_4.jpg

最後の飛び込で普通サイズのお魚ゲット・・・ファインダー内で暗くて合焦したのか分かりませんでしたが、上手くいきました。ヨンニッパ単体、F3.2、ISO25600でマイナス1程度アンダー・・・現像時に補正するとノイズに耐えられないので補正なし・・・カワセミが小さすぎるので、D5のノートリサイズの半分までトリミング・・・
0817_5.jpg

D5のノートリサイズ・・・ノイズは許容範囲・・・
0817_6.jpg

0817_7.jpg

D5のノートリサイズの半分までトリミング・・・
0817_8.jpg

東側の小池での飛び込・・・
0817_9.jpg

0817_10.jpg

  

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年8月16日

いつもと同じ

夕方に飛来するしますが、結果はいつもと同じですね。高い枝から飛び込むことはないです。

珍しく北西の裏側の看板からの飛び込でしたが・・・背中向き、お魚なし・・・
0816_1.jpg

一応、入水直前に嘴を開いているので、獲物を狙っているのだと思いますが、この時も失敗・・・
0816_2.jpg

今日のトマリモノは大きな石の上・・・ISO64、ほぼピクセル等倍・・・
0816_3.jpg

0816_4.jpg

  

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年8月15日

もっと光を!

もっと光を!(Mehr Licht!)という言葉を思い出しました。(^o^) ゲーテの最後の言葉です。勿論全く意味合いは違いますが、こう毎日毎日暗い時にしか撮影チャンスがないと、本当に「もっと光を! もっと明かりを!」と言いたいです。というか、カワセミがもっと光のあるとき、明るい時に飛来してくれればいいのですが・・・今日はもうほとんど期待していないので、18時頃フィールド着で、カワセミに出会えたのは18時27分でした。東側の小池に飛来して3度飛び込んで1度だけ成功、その後北西側の欄干で2度飛び込んで2度とも失敗、最後は東側の欄干から2度飛び込んで1度成功・・・飛び去ったのは18時42分でした。とにかく暗い・・・いつものようにヨンニッパ単体でISO12800~ISO25600です。最後はD850の最高感度ISO25600でもかなりアンダーで撮るしかないほど暗かったです。そそ、昨日に続き、今日も駐車場下の池では採餌しなかったです。もうザリガニに飽きたのかも・・・(^o^)

これ、SSは1/4秒で最低感度のISO64です。ほぼピクセル等倍・・・この感度でトビモノを撮りたい!
0815_1.jpg

最初の飛び込時だけISO12800・・・
0815_2.jpg

0815_3.jpg

これ以降はすべてISO25600・・・
0815_4.jpg

0815_5.jpg

0815_6.jpg

0815_7.jpg

日没時なので水面が反射するところはブルーに写りますね、本当に暗かった! ISO25600以上感度を上げることができないので、露出アンダーで撮るしかなかったです。現像時にプラス1/2補正・・・流石にノイズが凄いですね。
0815_8.jpg

0815_9.jpg

  

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年8月14日

もう失望・・・

幼鳥メスにはもう失望・・・期待するのは無理でしょう。17時半には池に到着、それで飛来したのは18時20分頃でした。欄干から何もせずに東側の小池へ、そこで数回飛び込みましたが、1度だけ超小物をゲットしただけ、その後再び欄干を転々と飛び移り、やはり数回飛び込ましたがすべて失敗・・・欄干のような低い場所から飛び込んでも失敗を繰り返すようでは、本当に撮影によい高い位置からの飛び込は期待できませんね。とにかくどこで何をしているのか知りませんが、飛来するのが18時過ぎでは、暗すぎてよいデータを得ることは不可能です。散歩するならストレスにならない他の場所の方がよさそうですね。明日以降考えます。

顔つきは一人前ですが、狩りは半人前以下ですね。(^o^)
0814_1.jpg

本当に低い位置から飛び込まれると、ファインダー内に入れるだけでも大変・・・ジャスピンなんて望めないです。
0814_2.jpg

捕った魚はメダカ? 相変わらず小さすぎて絵にならない・・・
0814_3.jpg

水面反射で露出アンダー・・・ダメだ、こりゃ・・・
0814_4.jpg

  

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年8月13日

好物なのか・・・?

午後の雷雨、凄かったですね。17時には雨もやんだんですが、流石に出かけても、池は濁ってカワセミの飛来は期待できないので、お休みしました。雷雨前に池にいた方の報告では、珍しくピラカンサやモクゲンジの枝から飛び込んだそうです・・・が、やはり採餌には失敗・・・当然高い位置から大きめの魚を狙っていたと思いますが、結局捕れない、だから欄干などの低い位置から動きの鈍いザリガニや水棲昆虫を捕食しているのでしょう。ザリガニが好物? いや、決してそうではないと思いますよ。(^o^)

低い位置から、しかも角度のない場所へ飛び込まれると、飛び出して戻るまでが1秒前後・・・水出のカワセミをファインダーに入れ、合焦させるのは至難の業です。魚の方は美味しいと思いますが・・・
0813_1.jpg

0813_2.jpg

0813_3.jpg

  

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年8月12日

こんな感度で・・・

結局雨は降りませんでしたが、いつ降り出すか分からないような天気・・・少し早めの17時前に出撃しましたが、一向に姿を見せず・・・駐車場下と池を10回以上往復しました。で、飛来したのは18時半過ぎでした。まさに撤収しようと思った時でした、池の欄干に飛来し、何もせずに東側の小池へ・・・最初の撮影チャンスは18時36分、すでにISO12800・・・次のチャンスはISO25600・・・こんな感度で撮ってどうするの? と自問自答しならが撮りました。このカワセミにしては大物をゲット、次も大物かと思った葉っぱでした。そして3度目はお魚ないの失敗・・・本当にまだ狩りが下手・・・もっともっと修行が必要ですね。

2mくらいの高さから・・・ISO12800・・・D5のノートリサイズ・・・
0812_1.jpg

0812_2.jpg

0812_3.jpg

0812_4.jpg

ここからISO25600・・・適正露出なら、ノイズは許容範囲・・・D5のノートリサイズ・・・
0812_5.jpg

葉っぱを突き刺しているので、一応狩りの練習ということでしょう。(^o^)
0812_6.jpg

0812_7.jpg

0812_8.jpg

0812_9.jpg

0812_10.jpg

  

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年8月11日

霧中のカワセミ

午後から雷雨に見舞われましたが、16時には雨もやみ、青空も見えてきたので、17時半頃出かけました。川は増水、濁流・・・池はというと、増水はしていなかったですが、予想通りかなり濁っていました。カワセミは当然のように採餌に相当苦労していました。湿度が高く、18時過ぎには水面から1mくらいまで濃霧状態に・・・飛び込んでも失敗ばかりでしたね。

流石に暗い時間帯で濃霧、AFが上手く機能しないし、何かイマイチな写真しか撮れませんでしたが、「霧中のカワセミ」も滅多に撮れるわけではないので・・・(^o^)
0811_1.jpg

0811_2.jpg

0811_3.jpg

0811_4.jpg

0811_5.jpg

0811_6.jpg

超ミニサイズの魚しか捕れなかったようです。
0811_7.jpg

0811_8.jpg

0811_9.jpg

0811_10.jpg

  

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年8月 9日

期待薄

いつものように17時半過ぎに駐車場下池をチェックしてから池へ・・・残っていたカメラマンの話では、朝からほとんど飛来していないとのことでした。やっぱり採餌は、駐車場下か川か、どちらかのようです。ホント、池を餌場にしないなら、縄張りを主張するのはやめてもらいたいですね。夕食には飛来するだろうと期待して、駐車場下で待つことに・・・でも来ない、ようやく18時20分に飛来して夕食開始・・・2度飛び込んで、1度超ミニサイズの魚をゲット、その後池の方へ・・・自転車で移動すると、欄干に、そして何とピラカンサの枝に移ったので、緊張が走りました。(^o^) 絶対に水出を撮るぞ~と、集中力を高めて待ちましたが・・・結局飛び込まずに東側の小池へ・・・そこでも飛び込まずにまた駐車場下へ・・・戻って撮影チャンスがなければ、自転車でそのまま撤収するつもりでした。18時41分、すでに暗くてISO12800・・・この感度で撮ってもね~と思いつつ、飛び込んだので反応してしまいました。やっとまともな夕食・・・ザリガニをゲット! それにしても暗い中、ザリガニを見つけるとは・・・この幼鳥メスは目は良さそうです。ただ動きの速い魚のような獲物はまだ上手く捕れない・・・駐車場下の池にも普通サイズ以上の魚はいっぱいいるんですが・・・飛来回数も少ない、暗くて高感度でしか撮影チャンスがない、低い位置からしか飛び込まないので、ファインダー内に捉えるのが難しい、魚が小さすぎて絵にならない・・・すべてが期待薄ですね。

ISO12800で適正露出で撮影、F値は少し絞ってF3.5、SS1/800秒・・・画質が思ったより良かったので、8256ピクセルをD5のノートリに相当する5568ピクセルまでトリミングしてみました。このままこちら側に飛んで来たら、この1コマだけしか残せなかったでしょう。
0809_1.jpg

次のコマはピントが動かず、超ピン甘・・・
0809_2.jpg

次のコマで向きを変えてくれたので、ピンが動いてくれました!
0809_3.jpg

0809_4.jpg

このコマでジャスピン、そこそこ解像もしてます。もっと大きな画像を掲示板で紹介します。
0809_5.jpg

残念ながらこの後また方向転換して飛び去ったので、追えたのはここまででした。
0809_6.jpg

これはISO1600ですが、比較してみてください。現像時に1/2プラス補正、比較のため5568ピクセルまでトリミング・・・
0809_7.jpg

これではカワセミが小さいので、大きく見せるためにノイズなど画質面の許容範囲までトリミングしてみると・・・
0809_8.jpg

参考までにISO12800の1コマ目を、カワセミを同じくらいの大きさになるように1割程度トリミングしてみると・・・明らかに解像力は不足していますが、ノイズは気にならないレベルです。やっぱり適正露出で撮ることは重要ですね。
0809_9.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2018年8月 8日

D850のおかげ

ニコンの業績は、D850の大ヒットにより、映像事業部門の収益が大幅に改善され、業績が好調のようです。事実、発売から1年近く経つのに、まだ品薄状態が続き、値崩れもしていない状況はデジタルカメラとしては異例です。まさにD850のおかげ、今日の株価が急騰したのも、決算発表で業績予想を上方修正したからとのこと、このまま好業績を維持して、今後も素晴らしいカメラを開発してもらいたいですね。今、話題のフルサイズ・ミラーレスカメラの詳細発表が23日、年内には発売開始になるようですが、ニコンなら期待を裏切らない良品を用意しているでしょう。ま、カワセミ・カメラマンとしては、フルサイズのミラーレスより、D850・・・いや、オリンピック・イヤーの2020年前にはD850より魅力的な「D6」が出てくると思うので、そちらに期待したいですね。しかしD850は本当に優れ物、売れて当然、疑う余地なしで、現状では最高の鳥撮りカメラです。D850のおかげで撮影も楽しい。(^o^)

一昨日の撮影分・・・まだ狩りは未熟ですね。
0808_1.jpg

0808_2.jpg

0808_3.jpg

捕っても小物ばかり・・・
0808_4.jpg

水出後ですが、お魚なし・・・
0808_5.jpg

0808_6.jpg

0808_7.jpg

このトビモノは飛び出す瞬間・・・・(^o^)
0808_8.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年8月 7日

D850の高感度

今日も雨の予報が外れたので、夕方出かけました、が、パフォーマンスはイマイチでした。もう縄張り争いも見ませんでしたね。夕方の撮影も、ヨンニッパ単体で撮っていると、18時前ならISO800~1600ですが、18時15分だとISO3200~6400、18時30分以降はISO12800~25600です。D850の最高感度はISO25600、流石に解像しませんが、証拠写真なら撮れます。ま、ISO12800も厳しいですが、D5のノートリのサイズまでのトリミングなら、ノイズも何とか許容範囲ですね、但し、適正露出で撮ることが条件になりますが・・・後で現像時にプラス補正すると、ノイズが耐えられない状態になります。

ISO6400なら解像もします。
0807_1.jpg

ISO12800なら・・・
0807_2.jpg

0807_3.jpg

0807_4.jpg

0807_5.jpg

0807_6.jpg

ISO25600・・・昨日の18時48分撮影、暗くてカワセミの動きが見えませんでした。現像時にプラス1補正しています。流石にノイズも凄いし、解像もしてません。
0807_7.jpg

D850での許容範囲のISO3200・・・
0807_8.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年8月 6日

再度バトル

再度バトルといっても、先月まで池(調整池)の主だった成鳥オスが戻ってきたのではなく、一昨日池に飛来した幼鳥オスとの縄張り争いです。しかも幼鳥メスが勢力を拡大して縄張りにしていた駐車場下の池も死守するための戦いだったようです。今日は15時以降雨の予報だったので、出かけるつもりはなかったのですが、15時過ぎても晴れ、予報では雨は20時以降に変わったので、17時半頃に出かけました。池に向かう途中、駐車場下の池をチェックしたら幼鳥メスがいなかったので、自転車を走らせると、なんと左側の水路を猛スピードで追い越していくカワセミの姿が・・・その先を見ると別の個体が! すぐに自転車を降りて、カメラをセット・・・・2羽並んで威嚇し合っている・・・しばらくして幼鳥メスが襲いかかる・・・幼鳥オスが逃げる・・・幼鳥メス追いかける・・・その後15分くらい、駐車場下の池と川の方向を2羽が行ったり来たり・・・結局幼鳥メスの勝利に終わったようで、18時過ぎから無事に死守できた駐車場下の池で堂々と採餌を始めました。相変わらず獲物は小物ばかりでしたが、日没後までパフォーマンスが続きました。ヨンニッパ単体でF値開放、それでもD850の最高感度ISO25600でも超アンダーになる暗さ・・・こっちは飛び込むカワセミが見えないほどの暗さなのに、カワセミには魚が見えていたようです。

まずは今日のお気に入り・・・残念ながら捕った魚は小さかったですが、撮ったカワセミは大きかった!(^o^) 勿論大きくトリミングしてます。
0806_0.jpg

幼鳥メス・・・
0806_1.jpg

幼鳥オス・・・
0806_2.jpg

0806_3.jpg

すでに幼鳥オスは逃げ腰・・・
0806_4.jpg

0806_5.jpg

すでに勝負あった! 逃げ出す幼鳥オス・・・
0806_6.jpg

幼鳥メスが追いかける・・・
0806_7.jpg

暑いので機材担いでの猛ダッシュはせず、自転車に乗って2羽の後を・・・駐車場下の池を通過して飛んで行ったと思ったら、池を1周して戻ってきました。そのタイミングで何とか1コマだけ残せました・・・2羽はそのまま川の方へ・・・
0806_8.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年8月 4日

湿度が高いと・・・

湿度が高いと汗が乾きにくく、放熱が妨げられるために体温が上がる・・・つまり今、問題になっている「熱中症」発症の危険性が高まるようです。ここ数日、とくに湿度が高いことが気になるので、本当に夕方、1時間くらいの散歩が妥当でしょうね。今日も自宅を出たのが17時半過ぎ、またいつもの池の手前にある駐車場下の池で幼鳥メスが出迎えてくれました。カメラをセットしている時に飛び込んでザリガニをゲットしました。しばらくして池の方へ飛んで行ったので、そのまま池へ移動、欄干にいましたが、飛び込まずに東側の小池へ移動・・・そこでも飛び込まず、結局また駐車場下の池へ・・・そこで小魚をゲット、その後ショートホバを披露してくれましたが、パフォーマンスはやっぱり物足りないですね。そそ、東側の小池に幼鳥オスが飛来しました。残念ならが飛び込まずに川の方へ飛び去ってしまいましたが、一応、トマリモノは撮っておきました。池の主になったはずのメスが、池で採餌しないので、このオスに来てもらいたい・・・

なるほどこんなものばかり捕食しているから、ペリットがあんな色なんだ、と納得ですね。(^o^) 
0804_1.jpg

採餌失敗・・・
0804_2.jpg

また失敗・・・
0804_3.jpg

今度は小魚を捕ってました!
0804_4.jpg

短かったですが、久しぶりにホバ~!
0804_5.jpg

0804_6.jpg

0804_7.jpg

欄干のトマリモノは、もう撮っても意味ない?
0804_8.jpg

お客さんです。明らかに幼鳥ですが、1ヶ月後、2ヶ月後には綺麗なオス個体になりそうです。
0804_9.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年8月 3日

蒸し暑い!

この蒸し暑さには耐えられませんね。ということで今日は自宅を出たのが17時半、池に向かう途中で、駐車場下の池と結ぶ水路で幼鳥メスがお出迎え。急ぎ自転車を降りて、カメラをセット、少しづつ近づいて至近で撮影、飛び込を期待して待ちましたが、そのまま池の方へ・・・池の欄干にいないので、東側の小池まで行ってみると、狙ってました。3度飛び込んだのに、3度とも失敗・・・ここの枝は低いので・・・1m未満・・・水出に間に合う確率は極めて低いですね。その後ピラカンサ前の欄干へ、飛び込みそうで飛び込まない・・・東側の小池の前の欄干へ移動・・・レンズを向ける前に飛び込んで、水棲昆虫を捕食・・・人が近づいたために飛び出して、また駐車場下の方へ飛んで行ったので、ゆっくり戻ってみると、やっぱり低い位置からザリガニでも狙っている様子・・・飛び込んだ! 捕ったのは珍しく魚でした。すぐに道路の反対側の池の方へ飛び去ったので、18時半前でしたが撤収しました。池の主になったといっても、結局池ではあまり採餌しない・・・高い位置からまだ大物をゲットできないので無理もないですが、成果もあまり期待できないし、この蒸し暑さでは、本当に1時間もいたら十分ですね。(^o^)

この子は近くで撮れるので、結局今日はすべてヨンニッパ単体で撮りました。なかなか撮らせてくれない困った子ですが、久しぶりにクリアな水出が撮れました。
0803_1.jpg

水路でお出迎え・・・
0803_2.jpg

東側の小池の低い枝・・・
0803_3.jpg

ここから手前側に飛び込まれても、近いこともあって本当に追いつけない・・・
0803_4.jpg

こういうカットばかり・・・
0803_5.jpg

奥の方へ飛び込むと何とか追いつくことが・・・
0803_6.jpg

0803_7.jpg

0803_8.jpg

飛び込みそうで、飛び込まない・・・
0803_9.jpg

こちらのトビモノは、飛距離十分!(^o^)
0803_10.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年8月 2日

結局魚は・・・

池の主になった幼鳥メス、結局魚はほとんど捕食していないのです。動きが鈍くて簡単に捕まえられるザリガニ、エビ、水棲昆虫の採餌確率は、9割以上でしょう。だから撮影によい高い枝からの飛び込はなく、欄干などの低い所から狙う・・・もっと狩りのテクニックを磨かないと・・・ま、やっぱりまだ1ヶ月はかかるんじゃないでしょうか?

ペリットを吐き出す前・・・
0802_1.jpg

吐き出したペリットを見ると、魚の骨らしき物はほとんど確認できず・・・しかもこの色ですからね、魚を捕食していないことがよく分かりますよ。(^o^)
0802_2.jpg

で、この後場所を変えて・・・駐車場下の池の奥で見つけましたが、すでに捕った後・・・
0802_3.jpg

その後近づいても逃げないので至近で・・・
0802_4.jpg

魚がいそうな場所ではないので、やっぱりザリガニでも狙ったのでは?
0802_5.jpg

その後も転々と移動して・・・撮影にならないので撤収しました。
0802_6.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年8月 1日

修行不足

縄張り争いに勝って、池の主になった幼鳥メスでしたが、明らかに狩りのテクニックはまだ未熟、高い位置からの成功確率は1割以下って感じですね。だから高さが1m以下の欄干、看板、東側と北側の低い枝から飛び込む・・・それでも失敗することが多いので、恐らく川のどこか、もっと捕りやすい場所で採餌しているのでしょう。昨日も今日も夕方は1度飛来しただけで、飛び込はなしでした。朝方は何度か飛来して、採餌の試みもあったようです。半月、1ヶ月しっかり修行して、池のメインステージから狙えるようになるまで、我慢して待つしかなさそうです。

いつもの至近でのトマリモノ・・・
0801_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月31日

さらばじゃ~

半年間、池でもそこそこのパフォーマンスを披露し、頑張ってくれたオス、とりあえず子孫も残すことができ、育雛のためボロボロになってしまいましたが、どこかで新しい生活を始めていることでしょう。もう池に姿を見せることはないと思います。

ありがとう、元気で! さらばじゃ~
0731_1.jpg

0731_2.jpg

0731_3.jpg

0731_4.jpg

0731_5.jpg

0731_6.jpg

0731_7.jpg

0731_8.jpg

0731_9.jpg

0731_10.jpg

0731_11.jpg

0731_12.jpg

0731_13.jpg

0731_14.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月30日

オスはどこへ?

オスのメインの餌場が川だったとしても、夕方にはよく飛来していたのに・・・オスは一体どこへ? 今日も夕方は1度も飛来しませんでした。すでに池の主として飛来するようになった幼鳥メスは、そこそこのパフォーマンスを披露してくれました。狩りに関してはまだ修行不足・・・失敗を恐れず、何度でも飛び込んでもらいたいですね。(^o^)

とにかく警戒心の薄い個体です。5mくらいまで近づいても逃げないので、ヨンニッパ単体でトマリモノを撮ってみました。勿論テレコンなしの方が解像度もアップします。ほぼピクセル等倍・・・瞳に映っているのは私?
0730_1.jpg

18時49分、流石に暗くて、ISO64にしたら、SSは1/8秒でした。後で1600x1067ピクセルのほぼピクセル等倍画像を掲示板で紹介します。
0730_3.jpg

背中はもう十分綺麗ですね。
0730_2.jpg

まだ採餌に失敗する確率の方がかなり高いですね。折角捕っても小さなサイズばかり・・・
0730_4.jpg

お休み前なんだからもっと大きな魚を狙えばいいのに・・・18時55分、ヨンニッパ単体、絞り開放でもISO12800・・・解像はしてないです。
0730_5.jpg

今日も欄干からの飛び込が多かったですが、ちゃんとステージに上がって・・・(^o^)
0730_6.jpg

直下に飛び込むことが多いので、全く撮れません!
0730_7.jpg

お魚なし・・・
0730_8.jpg

0730_9.jpg

0730_10.jpg

これもトビモノ・・・ペリットの色を見る限り、欄干からの飛び込でザリガニやエビを捕食していることが分かりますね。大きな嘴の奥まで見える瞬間って、なかなか撮れないですよ。(^o^)
0730_11.jpg

0730_12.jpg

0730_13.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月29日

新しい主

どうも昨日のうちに縄張り争いの最終戦が行われ、その結果幼鳥メスが池の新しい主になったようです。オスは池に飛来しなくなりました。今日は17時~18時半、池にいましたが幼鳥メスが堂々と採餌していました。とはいっても撮影にいい場所ではなく、9割方欄干からの飛び込でした。ま、1ヶ月も待たずに、ピラカンサやトベラのメインステージから飛び込んでくれるようになるでしょう。ただただ新しい主様に期待するだけですね。(^o^)

近くのいいところに止まってくれました。いつものように電子シャッターでISO64です。解像感はやっぱり半端じゃないですね。
0729_1.jpg

ピクセル等倍・・・絞り開放、至近撮影ならではのボケ具合・・・
0729_2.jpg

欄干から飛び出す直前・・・
0729_3.jpg

その前に後ろへトビモノ・・・
0729_4.jpg

結局2度、水出を撮りましたが、いずれもお魚なし・・・
0729_5.jpg

ゴールデンタイムにピラカンサの横枝から飛び込んだのですが・・・背景に近すぎて、この後のコマは背景にピントを奪われ全滅でした。
0729_6.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月27日

やはり始まった・・・

・・・縄張り争い・・・激しいバトルの前兆ですね。今日も17時以降、2度欄干でオスと幼鳥メスが並んで威嚇姿勢・・・18時半過ぎにトベラの裏側から飛び込んで普通サイズをゲット、その後トベラの枝、ピラカンサの枝、モクゲンジの枝、トベラの枝を10分くらいの間に何もせずに移動、やはり飛び込まずに正面の欄干へ飛んで行くと、そこには幼鳥メスが・・・1m以内に並んだので、これはバトルを始めるかな、と思い回り込んで近づくと、2羽とも北側の欄干へ移動・・・その後幼鳥メスが飛び出したのをオスが追いかけて川の方へ。どこかでバトルをやっているかもしれないと思いつつ、撤収の準備・・・すると東側の欄干にカワセミが・・・時計を見ると18時53分、暗かったですが、機材を担いで近づくと、幼鳥メスが威嚇姿勢・・・その先を見ると、トベラの枝にオスが・・・すぐにトベラの枝へ移動して2羽で威嚇姿勢! おいおい、バトルをやるならもっと明るい時間帯にやってくれ!!!と言葉をかけてみたものの、2羽とも聞く耳持たず。とりあえずトベラに並んでいるところを証拠写真・・・暗い、ヨンニッパ単体でF4まで絞ってISO1600でSS1/60秒、と、突然幼鳥の方がオスに突進・・・軽く身をかわすオス・・・結局幼鳥はオスの回りを飛び回っただけで元の場所へ。また同じことを繰り返すと思ったので、一気にISO12800まで感度を上げて、SS/320秒を確保・・・するとやっぱり幼鳥が飛び出して・・・またオスに軽く身をかわされて、そのまま諦めて消えていきました。18時59分終了・・・続きは明後日ですね、明日は雨だから・・・(^o^)
オスは縄張りを必死で守ろうとしているので、池の島に居座る時間が長くなりました。お腹がすけば採餌のためにどこかの枝に飛来する、幼鳥が来れば威嚇するために登場する・・・とりあえず撮影チャンスは増えそうですね。

高感度撮影なので、トリミングはほどほどに・・・
0727_1.jpg

0727_2.jpg

0727_3.jpg

0727_4.jpg

SS1/60秒のまま・・・流石にブレブレ!(^o^)
0727_5.jpg

0727_6.jpg

0727_7.jpg

0727_8.jpg

0727_9.jpg

0727_10.jpg

0727_11.jpg

ISO12800・・・19時というともう暗くて、本来なら感度はISO25600が適正でした、かなりアンダーで撮影、現像時に+1補正してもこの明るさです。
0727_12.jpg

0727_13.jpg

0727_14.jpg

0727_15.jpg

カモ相手に威嚇姿勢・・・カモには効果なし!
0727_21.jpg

カモがダメなら・・・実は決戦を前に幼鳥は18時20分から5分間も木の枝を相手に特訓をしていたのです。
0727_16.jpg

0727_17.jpg

0727_19.jpg

やった、「毛」をむしり取った!
0727_18.jpg

最後は水で清めて・・・戦闘準備は万全でオスに挑んだはずなんですが・・・(^o^)
0727_20.jpg

オスの飛び込の撮影チャンスは1度だけ、しかも後ろ姿ですが、羽はかなりボロボロですね。
0727_22.jpg

0727_23.jpg

0727_24.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年7月26日

例のオスが・・・

池の主だったオスが戻ってきているようです、が、よ~く見ると、急にボロボロになった様子、本当に同じ個体? って感じですが、少なくとも頭頂部分は変わらないので、同じ個体だと思います。それから恐らく1ヶ月前に池に現れた雛(恐らく当時は巣立ち後、1週間か10日くらい)だと想定できますが、メスの幼鳥が池に飛来する回数が増えたようです。昨日の夕方撮影した幼鳥と同じ個体ですが、今日も欄干から頻繁に飛び込んでいました。生憎飛び込む場所が撮影には最悪で、結局データは残せませんでしたが。そして気になったのは、オスがこの幼鳥を追い払わずに、同じ欄干にしばらく止まっていたことです。餌運びをしていたときに頻繁に追い払う行動をとっていた個体のはずですが・・・もしかしたら幼鳥も立派な身体になったので、縄張り争いをする前兆なのかもしれませんね。

頭頂、胸、腹、羽・・・かなり傷んでいますね。
0726_1.jpg

こちらは目下、絶好調の元気な幼鳥・・・今後、池のスターになるのかも?
0726_2.jpg

0726_3.jpg

18時40分過ぎ、オスがトベラに飛来して飛び込むも、採餌失敗・・・ノイズが許容範囲までトリミング・・・
0726_4.jpg

一旦、どこかへ飛び去ったので、撤収しようと準備中に欄干へ飛来・・・超高感度でトリミングするともの凄いノイズ・・・証拠写真以下のレベルですが、羽も結構ボロボロな様子がうかがえます。
0726_5.jpg

2度目の飛び込で最後の大切な獲物をゲット、ところが格闘中に振り回した勢いで木道へ・・・まだ生きていたのですぐに拾って呑み込みました。
0726_6.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月25日

期待の新鳥?

結局今日も出会いは期待薄ですが、日課の散歩に出かけました。オスはやっぱり飛来せず、期待の「新人」・・・いや、「新鳥」が挨拶に来てくれました。昨日撮影したオスの雛とは違い、幼鳥です。東側の枝に飛来、その後欄干へ移動して、真下に飛び込んでヤゴのような水棲昆虫を2度捕食しました後、ピラカンサの横枝へ・・・10分くらい待たされて飛び込まれた場所が欄干の陰・・・採餌に失敗してそのまま川の方へ消えてしまいましたが、オスが来なくなったので、幼鳥が数羽、飛来してくれるようになると、少しは楽しめるかも。

もっと狩りが上手くなったら、メインステージからの飛び込を披露してくれるでしょう。
0725_1.jpg

0725_2.jpg

すでに懐かしいオスの雄姿・・・
0725_3.jpg

0725_4.jpg

0725_5.jpg

0725_6.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月24日

さらば!

数ヶ月間、池の主として君臨し続けた?オスのカワセミ、まずは片親で育雛、本当にお疲れ様でした、と言いたいですね。とりあえず我が子=雛への餌運び=給餌は終了し、雛はまだ完全な独り立ち=一人前とは言えないにしろ、親としての最低限の務めは果たし、餌場の一つとしていた池から姿を消したようです。さらば! 今まで度重なる不可解な行動に翻弄されならがも、色々なパフォーマンスで楽しませてくれて、本当にありがとう! おかげさまで在庫はいっぱい! 今日も来ないだろうと思いつつ17時~18時40分、待ちました、が、やっぱり飛来しませんでした。他の時間帯も飛来しなかったようです。ということで育雛も終わり、新しい相手を探しに何処へ旅立った・・・と、勝手に理解しています。(^o^) で、今日、ついにそのオスと入れ替わりに子=雛に出会いました! ドーナツ池の裏側の看板の上・・・そして撤収直前に池の欄干・・・撮影場所としては最悪でしたが。(^o^) 明日以降、堂々と池のメインステージに頻繁に飛来してくれるようになるといいのですが・・・

とりあえずオスの在庫から少し・・・
0724_1.jpg

0724_2.jpg

0724_3.jpg

嘴の先がまだ少し白い、胸と足がまだ真っ黒、尻尾が短い・・・
0724_4.jpg

メス?
0724_5.jpg

18時40分、撤収準備中に欄干に飛んできました・・・リュックからカメラを出してセットしている間に2度も飛び込みましたが失敗・・・ISO6400!
0724_6.jpg

かなり慎重に獲物を狙って3度目の挑戦・・・やっぱり失敗して川の方へ飛び去ってしまいました。まだ修行が足りないようです。頑張れ!
0724_7.jpg

0724_8.jpg

0724_9.jpg

0724_10.jpg

0724_11.jpg


投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月23日

餌運び終了!

今日も暑さが残る17時過ぎに出撃しましたが、18時半まで待ってもオス親は1度も飛来しませんでした。昨日は1度だけで、今日はゼロ・・・今まで雛に夕食を運ぶために確実に数回採餌していた池にはもう姿を見せなくなりました。少なくとも餌運びは終了ですね。雛も分散し、自分で採餌ができるようになったのでしょう。ちなみにここ数日、早朝に飛来している幼鳥は、オス親が餌運びしていた雛ではなく、高枝から狙えるほど、狩りも上達した、以前から時々姿を見せていた個体でしょう。残念ながらその幼鳥は夕方には飛来してくれないので、しばらくフィールド通いはお休みですね。

今日はカワセミとの出会いはなし、7月16日、RAW/14bitだとバッファフルの20コマ撮った時の画像を紹介しましょう。完全な羽閉じとピン甘は7コマ没にしてます。D5のならノートリというサイズまでトリミング・・・
0001_1.jpg

0001_2.jpg

0001_3.jpg

0001_4.jpg

これがすでに紹介したお気に入りの瞬間・・・
0001_5.jpg

0001_6.jpg

0001_7.jpg

0001_8.jpg

0001_9.jpg

0001_10.jpg

0001_11.jpg

17コマ目と最後は大きくトリミングして・・・
0001_12.jpg

この20コマ目が一番完璧でした。(^o^)
0001_13.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月22日

また異変?

また異変・・・というか不可解なことが・・・今日も暑かったですが、日課なので17時に出撃・・・19時前まで待ちましたが、飛来したのはたったの1度だけ、どうしちゃったの? 久しぶりにしっかり池の周りの散歩はできましたが、明日はどうしようか?って思ってます。17時40分くらいに川の方から飛んできて、モクゲンジの枝へ、ピラカンサの横枝へ、回り込んでトベラの枝へ、結局1度も飛び込まずにトベラの裏側へ移動、ようやく飛び込んで大物ゲット。トベラの枝に戻るかと思ったら、反対側のモクゲンジの下枝へ移動して数分大魚と格闘、その後何と北西側(ドーナツ池)を通過して、巣穴方向へ消えていきました、思えば昨日も3度、ドーナツ池方向へ持っていきましたが、そのまま通過して巣穴へ運んでいたのかも??? 片親だから雛の成育が遅い? まさかね・・・また状況が分からなくなってしまいました。昨日まで2時間足らずで10回くらいパフォーマンスを披露してくれていたのに・・・今日は本当にワンチャンスだけでした。明日は最高気温が38度予想・・・熱中症には要注意ですね。

何とか水出後1コマ残せました・・・左向きに水から飛び出たのでトベラの枝に戻ると思って左側にレンズを振ったらファインダーから消えてしまいました・・・何故向きを変えて右側へ持っていくの???(^o^)
0722_1.jpg

久しぶりにISO64で撮ったので、ほぼピクセル等倍・・・
0722_2.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月21日

いつまで続く?

猛暑日、一体いつまで続くのでしょうか? 連日17時でもまだ30度超え、今日もカワセミの枝から枝への移動は頻繁・・・流石に走ることはないですが、キツイですね。カワセミも間違いなく暑さのせいで集中力を欠いてますよ、今日も採餌の成功確率は40%以下・・・オス親は狩りは上手いはずなんですが、勿論こちらも5分以上待たされると、もうダメですね、集中力を維持できません。結局雛への魚運びは3度、昨日はすべて川の方でしたが、今日はすべて北西側(通称「ドーナツ池」)へ持っていきました。未だに何羽いるのか分かりませんが、安全確保のために雛を移動させているのでしょう。早朝も日中も運んでいたとのことです。

暑いので「涼」をお届けするために水絡みを・・・ピラカンサの枝から・・かろうじて目が!(^o^)
0721_1.jpg

モクゲンジの枝から・・・
0721_3.jpg

これもモクゲンジの枝から・・・もっと背景から遠くへ飛び込んでくれないと・・・
0721_2.jpg

まさかモクゲンジの枝からこんな所へ飛び込むとは・・・全く想定外で遠すぎ!(^o^)
0721_4.jpg

採餌失敗ばかり・・・
0721_5.jpg

0721_6.jpg

0721_7.jpg

0721_8.jpg

この後を追ってみたんですが、どこで給餌しているのか?
0721_9.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月20日

オス親頑張れ!

今日は川の様子を見るために少し早めに出撃しました・・・暑い! 川のオス親が採餌しているだろう場所では、釣り人たちや水遊びする子供たちがいました。15分くらい、日陰で待ってみましたが、全く動きなし、オス親も巣立ち雛も来ないので、川沿いに500m歩いてみましたが、やはり見つけることはできませんでした。諦めて17時前に池へ移動・・・するとすぐにオス親が飛来して採餌、自分で食した後、そのまま川の方へ飛び去りました。再び飛来したのは17時半頃、それから20分の間にピラカンサの枝、その横の枝(2度)、モクゲンジの枝、トベラの裏側から計5度も続けて飛び込んで採餌失敗・・・信じられない! 暑さのせいで、カワセミの狩りにも影響? 池で魚が捕れないので川の方へ飛び去ってしまいました。もう来ないかな?と思いながら待っていると、18時15分過ぎに戻ってきて、ピラカンサの枝から飛び込んでまた失敗・・・一体どうした、どうなっちゃったの? って、思わず心配になって声をかけました。ようやくモクゲンジの枝から飛び込んでゲットしたのは18時22分、すぐに川の方で待つ雛の元へ。その後5分もしないうちにどこで採餌したのか、目の前を魚をくわえたオス親が川の方へ・・・またすぐにモクゲンジの枝に戻ってきて、18時35分に飛び込失敗、その後ピラカンサの横枝、ピラカンサの枝、さらにトベラとの間の枝へ移動、18時46分、見事に大物をゲットして、回り込んで欄干へ、即、料理して川の方へ・・・今日も頑張ったオス親、お疲れ様でした! ちなみに毎早朝も雛へ餌運びをしているとのことです。まだ4、5日は頑張ってくれるでしょう。

残念ながらお魚はありませんが、これほど躍動感が伝えられる瞬間・・・羽のブレ具合・・・を切り取ることができて嬉しいです。皆さんにも「涼」をお届けします。(^o^)
0720_1.jpg

これはお魚付きですが・・・
0720_2.jpg

またお魚なし・・・
0720_3.jpg

またまたお魚なし・・・残念!
0720_4.jpg

偶然にもほぼ同じ飛型、またまたまたお魚なし・・・何故? どうして? 頑張れ!
0720_5.jpg

まだ魚、捕れない・・・
0720_9.jpg

魚が捕れず、もがいている・・・
0720_10.jpg

正面向き水出問題は未だに解決できず・・・また1コマで終了!
0720_6.jpg

18時46分、雛のために必死のダイブ・・・大物ゲットできてよかった! ヨンニッパ単体でもISO6400・・・
0720_7.jpg

遅い夕食を届けるオス親・・・お疲れ様!
0720_8.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年7月19日

状況変わらず

猛暑も変わらず、カワセミ・フィールドの状況も変わらずです。敢えて言うと、夕方の4度の餌運びはすべて池の東側のブッシュの中へ・・・ということで北西側にいた雛はもう移動したということでしょう。今日もメス親の姿はなし、オス親だけは魚を運んでいるので、片親の育雛は間違いないですね。

よい陽を浴びて・・・
0719_1.jpg

モクゲンジの枝から・・・想定外の場所に飛び込むので水出に間に合わずの連続・・・
0719_3.jpg

0719_4.jpg

別の魚・・・
0719_2.jpg

やっぱりトベラからの飛び込が撮りやすい・・・でもここでも想定外の場所へ・・・
0719_5.jpg

0719_6.jpg

>0719_7.jpg

0719_8.jpg

0719_9.jpg

0719_10.jpg

0719_11.jpg

トベラの枝に戻ると思ったら反対方向へ・・・
0719_12.jpg

問題は未だ解決せず・・・今日も残せたデータは水出の1コマだけ・・・
0719_13.jpg

餌運びは4度・・・雛は4羽???
0719_14.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月18日

やっぱり片親

某所では2番子が巣立って両親が頻繁に給餌しているとのことです。これが普通の状況なんですが、池周辺に潜んでいる雛は、片親から十分給餌を受けているのか、ちょっと心配です。夕方、4度魚を運ぶのを確認しましたが、東側へ3度、北西側・・・といっても池に隣接したブッシュの中・・・へ1度でした。雛はまだ自分で採餌ができる状態ではないので、仮にオス親が川でメインで採餌しているとしても、最低3羽いる雛にお腹を満たすほど給餌しているのか? いずれにせよ雛はまだ池に隣接したブッシュの中にいるので、今日もメス親の姿がない以上、片親で育雛していると判断すべきでしょう。

18時47分、最後の飛び込は自分のためでした。本当にお疲れ様・・・と、声をかけました。
0718_1.jpg

0718_2.jpg

0718_3.jpg

0718_4.jpg

0718_5.jpg

未だ未解決・・・ピントは水飛沫に固定、3コマ目からはピンぼけ!
0718_6.jpg

0718_7.jpg

モクゲンジの枝からは2度失敗・・・
0718_8.jpg

0718_9.jpg

0718_10.jpg

0718_11.jpg

0718_12.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月17日

究極の子育て?

長年カワセミを観察し、生態にはかなり精通しているつもりですが、今、観察・撮影の対象になっているオスは、本当に不可解な行動が続き、未だに理解不能が多々・・・帰宅後、少し整理してみました。3月末に1度だけメスへの求愛給餌を確認、その後巣穴を掘って、抱卵まで進行したことは確認していました(後で川の土手に巣穴を掘っていたことを確認)。が、4月末には突然抱卵中のメスへの餌運びがなくなり、縄張りにしていた池にも姿を見せなくなりました。5月下旬になって再び飛来回数が増え、何とまた川で待つメス?へ魚を運ぶようになりました、が、それも数日で終了し、6月に入るとまた飛来しなくなってしまいました。そして6月7日に完全にお休み宣言、レンズも除湿庫入りしました。6月21日に久しぶりに出撃、どこで巣立ったのか幼鳥3羽が交代で飛来・・・24日には例のオスが飛来して、何と北西方向へ魚を運ぶようになりました。が、飛来回数は少なかったので、今思えば、その10日くらい前に北西方向にある営巣場所で雛が孵化し、川で採餌して運んでいたのでしょう。29日にはその北西方向から飛んできて、ピラカンサの枝に30秒くらいとまったメスを初めて確認、お腹が白かったので、間違いなく長期間抱卵していていた個体です。ちなみにメスの存在を確認したのはこの時、1度だけです。7月に入ってからは少なくとも夕方は毎日数回飛来するようになり、大きな魚を北西方向へ。池の飛来回数が少ないのは、やはり単に川の方が魚を簡単に捕れるからだったに違いありません。昨日から少し行動パターンが変わったので、雛は巣立ったようです。そして今日、さらに行動パターンが変わったことを確認しました。巣立ち雛は少なくとも3羽は確実に池周辺にいます。2羽を池の東側で確認、その後北側にいた1羽を給餌のために運んだ魚を与えず、移動を促して川の方へ連れて行きましたが、東側のブッシュのどこかに潜んでいる可能性が高そうです。それで池周辺に3羽も巣立ち雛がいるのに、メス親が相変わらず姿を見せないのはあまりにも不自然、九分九厘メス親はいませんね。7月に入ってからオス親だけで育雛していたと判断せざるを得ません。まさに片親による究極の子育てですね。色々不可解な行動に翻弄され続けましたが、とても立派な親ですよ。6月下旬から8割方川で採餌して、頻繁に雛に魚を運んでいたはずです。片親なのかの確証を得るためにはもう数日、しっかり観察する必要があります。この先1週間は猛暑日が続き辛いですが、撮影できるできないは関係なく、毎日観察を続けて行動パターンは把握しないと、結果、よい写真は撮れません。ま、引き続き日課の散歩のつもりで頑張ります。

今日も移動中に限って大物を2度もゲットされるという不運に見舞われましたが、嬉しい一瞬を切り取ることができました。被写体のブレ具合が、水出の躍動感を伝えてくれる瞬間・・・
0717_1.jpg

モクゲンジの枝からでしたがトベラ方向へ・・・追尾できたのは3コマまで・・・
0717_2.jpg

0717_3.jpg

0717_4.jpg

これも水出が完全に背中向きで、魚以外はブレてますがいい感じの一瞬・・・かな?
0717_5.jpg

0717_6.jpg

0717_7.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月16日

この一瞬だけで・・・

この一瞬を切り取ることができただけで、猛暑の中出撃したことが報われました。今日も17時に池に着きましたが、本当に暑かったです。熱中症対策として、首に氷を入れたバンダナを巻いていますが、かなり効果があります。特に重い機材を担いで移動した後は、いつも体温が上がっていると感じますが、この冷却グッズのおかげて大丈夫なんです。勿論水分はこまめに・・・18時頃になると、陽も傾き、気温も下がるので、熱中症の心配がなくなり、撮影にも集中できます。が、今日も結構翻弄されました。飛び込むのを待っているとなかなか飛び込まない、今日は移動中にトベラの裏側から2度も大物を捕りました。で、オス親の行動パターンに少し変化が・・・何度か餌運びをしましたが、方向が東西南北??? どうも巣立ったことは間違いなさそうですが、巣立ち雛は分散しているようです。日中はほとんど池に飛来しないようなので、やっぱり巣立ち雛は川のどこかに潜んでいるのではないでしょうか・・・そしてオス親は(メス親も?)川で採餌して給餌している・・・とにかく1羽でもいいから雛の存在を確認したいのですが・・・

いつもカメラマンには意地悪な子ですが、大物を捕って嬉しいそうな笑顔・・・親は雛に魚と一緒にこの笑顔を届けているんですね。ホント、この一瞬を切り取れただけで、こちらも笑顔に・・・大きくトリミングしています、画像をクリックして表情を見てください。(^o^)
0716_1.jpg

笑顔の前は水没しないように必死・・・
0716_2.jpg

モクゲンジの枝から・・・この後背景にピントを持っていかれトベラ方向へさようなら・・・
0716_3.jpg

トベラの裏側から2度も水出を完璧に・・・しかしお魚なし、何と移動中に2度も大魚をゲット! やっぱりこの子は相当な意地悪ですね。(^o^)
0716_4.jpg

0716_5.jpg

D850では未だに修正できないシーン・・・水出の際、カワセミの前に巨大な水飛沫の壁が! ピントが合わない! カワセミが手前に飛んでくると、ピントはそのまま水飛沫に残ったままで、最悪1コマもカワセミにピントが合わない・・・何とかこの難題を解決、克服しなければ・・・
0716_6.jpg

モクゲンジの枝から・・・この時は想定より遙かに遠い場所、背景より20cmくらい?だったので水出に間に合わず、しかし幸いにもその後近かった背景にピントを奪われずに5コマも追尾、こういうこともあるんですよ、嬉しい!
0716_7.jpg

その後の水浴び・・・
0716_8.jpg

18時45分、最後の飛び込はピラカンサとトベラの間の枝から手前側へ・・・何とかファインダー内に1コマだけ残せました、これ、ヨンニッパ単体でノートリの大きさです。
0716_9.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年7月15日

雛を連れてきた?

今日も猛暑だったので、出撃は17時・・・日曜日ということもあってカメラマンが数名・・・「巣立った」「雛を連れてきた」「すでに自分で餌を捕ってる」等々報告を受けました・・・18時8分~42分に4度の餌運びがありましたが、その方向は池周辺ではなく、すべて昨日までと同じでした。雛を池の近く、周辺に連れてきているなら、もっと早くから頻繁に餌運びをしていでしょうし、メス親が相変わらず池に姿を見せない・・・実際池周辺を何度か歩き回りましたが、結局見かけることはなかったです。ということで本当に巣立って連れてきたのかどうかは確認できませんでした。今日はトベラからの飛び込は1度だけ、しかも失敗、モクゲンジの枝からは4度も成功でした。この暑さ、とても機材を担いで猛ダッシュはできません。普通に移動したこともありますが、機材を下ろす前に飛び込まれることの繰り返しでした。こちらのツキがなかったのではなく、カワセミがこちらを見て故意にそうしているのだと強く感じました。ホント、意地の悪さは相当なものです。思わずカワセミ語で「バカヤロウ~!」を叫んだのですが、残念ながら通じなかったようで、その後も待っているときには飛び込まず、移動中に飛び込みましたね。(^o^)

すべて単発・・・
0715_1.jpg

0715_5.jpg

0715_3.jpg

0715_4.jpg

0715_2.jpg

0715_6.jpg

0715_7.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月14日

暑さのせいで・・・

17時でも30度超えでしたが、出撃しました。カワセミにとってもこの暑さは耐えがたいのかも・・・池にはカメラマンはゼロでしたが、カワセミも暑さのせいで飛来する気配なしでした。で、ようやく飛んできたのは17時45分、まだ暑いんだからすぐに飛び込めばいいのに・・・と思いながら15分以上待たされました。その間毎度お馴染みの運動会強要・・・トベラ、モクゲンジの枝、ピラカンサの横枝から飛び込んで失敗、ピラカンサとトベラの間の枝から飛び込んで失敗、モクゲンジの枝、柳の高枝、トベラ・・・18時10分、ようやく大物ゲット! 雛の元へ・・・5分でトベラに戻ってきて、18時18分、再び大物ゲット! 雛の元へ・・・10分くらいでモクゲンジの枝に戻ってきて18時26分、普通サイズをゲットして欄干で自分の胃袋へ・・・水浴び後、白式部の枝で羽繕い、ピラカンサの枝へ移動して飛び込んで失敗、トベラの方から回り込んで再びモクゲンジの枝へ、なかなか飛び込まないので、どんどん暗くなっていく・・・ヨンニッパ単体、F値開放でISO3200を維持したかったので、アンダー気味でSSを1/640秒に・・・最後に飛び込んだのは18時43分でした。自分で食するかと思ったら、最後の雛に夕食を運んで行きました。今日も暑い中、しかも重い機材を担いで移動を余儀なくされました。明日はもっと暑くなる予報・・・ま、飛来してくれればいいですが、流石に出撃を躊躇いますね。(^o^)

今日も薄日逆光・・・その後羽閉じなど6コマ没・・・
0714_1.jpg

0714_2.jpg

0714_3.jpg

0714_4.jpg

0714_5.jpg

0714_6.jpg

0714_7.jpg

水出に間に合わず、ピントがしっかりきたのは3コマだけ・・・
0714_8.jpg

0714_9.jpg

0714_10.jpg

モクゲンジの枝から・・・水出の後4コマピンぼけ、その後同じ羽型・・・
0714_11.jpg

0714_12.jpg

0714_13.jpg

0714_14.jpg

0714_15.jpg

0714_16.jpg

0714_17.jpg

最後の飛び込・・・SS1/640秒では厳しかった・・・
0714_18.jpg

0714_19.jpg

0714_20.jpg

0714_21.jpg

最後の餌運び・・・オツカレサン!
0714_22.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年7月13日

とにかく暑い!

16時半頃に池に着きましたが、まだ30度超えの暑さ・・・池の回りを1周しただけで汗が・・・散歩する気にもなれず、ふとモクゲンジの枝を見るとカワセミがいるじゃない・・・でも10分くらい待たされて、侵入してきた幼鳥を追い払うために飛び去ってしまいました。戻ってきても、いつもの運動会強要コース・・・トベラ、トベラの裏側、柳の高枝、モクゲンジの枝、ピラカンサの横枝、ピラカンサの枝・・・幼鳥ばかり気にして集中力不足?なのか、3度飛び込んですべて失敗・・・こちらも当然集中力不足で失敗・・・17時半過ぎになってようやくトベラの枝から大物ゲット、すぐに戻ってきてまたゲット! 結局4回雛へ夕食を運んで行きました。そして最後は18時52分、ピラカンサとトベラの間の枝から自分用に飛び込んでゲット、川の方へ消え去りました。とにかく暑い2時間半でした。明日は酷暑の予報・・・出撃する元気はあるかな?

今日も薄日逆光・・・水飛沫が豪雨のよう・・・
0713_0.jpg

0713_1.jpg

その後の羽閉じ、ピン甘数コマは没・・・ISO1600の割にはノイズが少ないので1/3まで大トリ・・・この感度までなら解像感も申し分なしです。
0713_2.jpg

0713_3.jpg

0713_4.jpg

0713_5.jpg

0713_6.jpg

0713_7.jpg

0713_8.jpg

ちなみに没にしている「羽閉じ」とはこういうカットです。ジャスピンでこの瞬間ばかりだと、ガッカリ!(^o^)
0713_18.jpg

この水出のタイミングはよかったです・・羽閉じ数コマ没・・・
0713_9.jpg

0713_10.jpg

ここから同じ羽型が続く・・・
0713_11.jpg

0713_12.jpg

0713_13.jpg

0713_14.jpg

0713_15.jpg

羽閉じの後ようやくいい感じに・・・
0713_16.jpg

0713_17.jpg

ピラカンサの枝からは3度飛び込みましたが、順光側からだったので、2度は背景が欄干になるはるか遠くへ・・・手前側に戻ってくるので、小さなカワセミにAFはほぼ無反応、空しくジャスピンの水飛沫だけが残ったまま・・・幸いにもこの時は一旦真上へ飛び出したので1コマだけピントが合いましたが、次のカットからはピンぼけ・・・
0713_19.jpg

もう1度の飛び込は枝のすぐ下へ・・・水出後にこちら側に戻ってくれたらよかったのですが、トベラ方向へ逃げていきました・・・
0713_20.jpg

最後の飛び込はピラカンサとトベラの間から・・・手前に飛び込まれて近い! 水出から数コマ後にようやくピントが・・・
0713_21.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年7月12日

幼鳥が・・・

どうも1ヶ月くらい前に巣立った幼鳥が、池に頻繁に出没しているようです。主であるオスが、相当気にするようになり、すぐに追い払います。実は昨日も撤収準備をしている時に背後でポチャンという音・・・暗い中ピラカンサの枝から飛び込んだようです。暗くてよく見えませんでしたが、欄干で頭を振っているようだったので、魚を捕ったようでした。で、今日も同じように撤収準備中、カメラをレンズから外している時にピラカンサの枝に飛来するところが見えたので、再びカメラを付けてファンだー内を覗くと・・・暗い! ヨンニッパ単体、F値開放でもISO6400だと相当露出アンダーになる暗さでしたが、とりあえず飛び込時にシャッターを数回切りました。採餌は成功、この幼鳥には今後期待できるかも。通常の時間帯にピラカンサの枝に飛来してくれるといいのですが・・・

お馴染みになったトベラからの飛び込・・・今日も薄日逆光・・・
0712_1.jpg

0712_2.jpg

この後羽閉じ、ピン甘続きでようやくいい感じに・・・
0712_3.jpg

0712_4.jpg

今日は午前中から柳の枝からの飛び込が多かったようです。飛び込場所が遠すぎで、カワセミは米粒サイズ・・・
0712_5.jpg

0712_6.jpg  

0712_7.jpg

モクゲンジの枝から・・・
0712_8.jpg

0712_9.jpg

0712_10.jpg

0712_11.jpg

0712_12.jpg

0712_13.jpg

モクゲンジの枝からお魚なし・・・
0712_14.jpg

0712_15.jpg

今夕の餌運びは3回・・・
0712_16.jpg

19時前・・・暗すぎましたが、数コマ残せました、が、ISO6400で現像時にプラス補正したので、凄いノイズ・・・
0712_17.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月11日

猛暑の中・・・

猛暑の中の撮影も大変ですが、餌運びも大変でしょうね。今日は池に到着した16時半過ぎから18時20分までに4回、大魚を雛に運んで行きました。池の周りの散歩も辛いですが、大きな魚しか狙わないので、10以上待たされるのも辛い、さらに運動会のようにトベラの枝、その裏の高枝、モクゲンジの枝、ピラカンサの枝、その横枝・・・を重い機材を担いで行ったり来たりはもっと辛いです。(^o^) が、こういうスカッとするデータが残せると嬉しいですね、一瞬、暑さを忘れます。

これほど完璧に横っ飛びを撮るためのレンズを振るタイミングは意外に難しい・・・これ、ほぼピクセル等倍! 恐るべしD850!
0711_0.jpg

今日もトベラは逆光側から・・・背景に色が付かないのが残念ですが、水飛沫の表現はやっぱり魅力的・・・涼を感じさせてくれます。
0711_1.jpg

0711_2.jpg

0711_3.jpg

0711_4.jpg

0711_6.jpg

0711_5.jpg

トベラの裏の高枝から・・・
0711_7.jpg

ピラカンサの枝から・・・
0711_8.jpg

モクゲンジの枝から想定外の場所に飛び込まれて水出に全く間に合わず・・・
0711_9.jpg

18時24分、トベラの2度目は水出外しだったので、後半の6コマ・・・
0711_10.jpg

0711_11.jpg

0711_12.jpg

0711_13.jpg

0711_14.jpg

0711_15.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月10日

やっぱりおかしい・・・

暑かったですが、ちょっと早めに出撃、報告によると、早朝も日中も飛来数が少なかったとのこと。あまり期待できないかなかな~思ったら、すぐに順光で撮影チャンスに恵まれました。でも16時半だというのにまだ陽差しが強すぎて、ピンがきているのに締まりのない画像になってしまいました。捕った魚はすぐに食べて、15分くらいお休み処でまったりした後、雛に餌を運んでいた方向へ飛び去ってしまいました。1時間後に戻ってきて、トベラから2度飛び込んで失敗、今度は川の方へ飛んで行きました。あれ、餌運びは終わった? やっぱりおかしい、もしかしたら1週間前には巣立っていて、もう雛への給餌も不要になったのかも・・・などと想像していると、15分くらいでトベラの裏へ飛来、その後モクゲンジの枝へ、飛び込んで大物ゲット! 想定外の所へ飛び込まれて、水出に全く間に合わず、残せたデータは1枚だけ。で、欄干で料理して、いつもの方向へ持っていきました。雛への餌運びは継続中でした。ということは朝から飛来しなかった理由は、単に川で捕って運んでいたということ? 10分後に再びトベラの裏側へ・・・飛び出してからホバ!!! ピンが抜けてレンズをマニュアルで戻した瞬間、すでに背中向き・・・一瞬トベラの方へ向いたときに1枚だけ横向きで残せました。トベラへ移動したので、機材を担いで急ぎ逆光側へ・・・すぐに飛び込んで大物ゲット! またいつもの方向へ運んで行きました。今度は5分後に戻ってきて、トベラ→トベラとピラカンサの間→ピラカンサへ移動、すぐに飛び込んで失敗、再挑戦して飛び込んで成功・・・完全な背中向きで追尾できず。最後の食事を済ませ2度水浴び、川の方へ消えていきました。ま、昨日よりは撮影チャンスが多かったですが、相変わらずオスの行動パターンは不可解、謎が残りますね。明日はどうなりますか? 暑くて池の周りの散歩は辛くなりました。

久しぶりでカワセミに陽の当たる順光側で撮りましたが、しかもD850のバッファフル20コマ、ツキがなく羽の開きなどよい瞬間には恵まれませんでした。これが一番綺麗に撮れたカット、1/3までトリミング・・・
0710_1.jpg

水出はほぼ背中向き、しかも陽差しが強すぎたせいか、締まりがない・・・
0710_12.jpg

他に残せたデータは3コマ、半分以上が団子のような見事な羽閉じの連続で没とは、ツキがなさすぎ・・・
0710_13.jpg

0710_14.jpg

0710_15.jpg

ショートホバでしたが、何とか1コマだけ横向きで残せました。
0710_2.jpg

その前の4コマはすべて羽閉じ、しかも目隠れ、全くツキなしでした。
0710_11.jpg

トベラから合計4回採餌失敗、ようやく大物ゲットして雛の元へ・・・薄日が差す逆光・・・ツキが向いてきて12コマしっかり追尾!
0710_3.jpg

逆光撮影の魅力はこの水飛沫の表現でしょうか・・・
0710_4.jpg

残念ながら背中向きの水出は、どうしても豪快な水飛沫にピンが・・・
0710_5.jpg

勿論水飛沫が控えめだと、背中にピンが・・・
0710_6.jpg

これも逆光時ならではの背景・・・
0710_7.jpg

勿論背景が水面でない方がいい色になります。
0710_8.jpg

薄日の逆光なら羽の透け方もこの程度・・・
0710_9.jpg

最後は水浴びで・・・
0710_10.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月 9日

結局何なの?

いつものオス、昨日は15時頃から、短時間に5、6回続けて、17時過ぎにも3回続けて雛に大魚を運んで行ったのに、今日は報告では朝方1回、日中も1回、そして夕方も1回だけでした。ホント、あんた、結局何なの? 何考えてるの? ってカワセミ語で問いかけてみましたよ、無視されましたが・・・(^o^) トベラから飛び込んで、普通サイズの魚を捕って食べ、その後トベラの裏へ移ってしばらくまったり・・・不可解なことに大魚を捕ることなく巣穴方向へ飛び去りました。30分くらいで同じ場所へ戻ってきて、15分くらい何もせず、モクゲンジの枝へ、10分くらい何もせず再びトベラ方向へ・・・機材を担いで移動すると、何とトベラの枝で大魚を料理していました。このオスの意地の悪さは「半端ないっす!」。すぐに雛の元へ持っていったので、10分以内に戻ってくると思ったら、1時間以上戻らず、撤収寸前の18時50分に再びトベラの裏に・・・昨日より暗くて、ヨンニッパ単体、F値開放でもISO6400・・・厳しい! ワンチャンスだけだったので、この最後の飛び込は絶対に撮らなくてはと集中していたのですが、なかなか飛び込まない・・・また蚊の餌食になってしまいました。それでも耐えた甲斐があって何とかデータを残せました。ちなみに即、自分で食べて川の方へ消えていきました。

トベラからの飛び込・・・波が立っている所へ飛び込んだため、一面真っ白・・・水出に間に合ったのにすぐにピントをどこかへ持っていかれました。
0709_1.jpg

数コマ目にピントが復活・・・その後のピン甘、羽閉じは没にして・・・
0709_2.jpg

0709_3.jpg

0709_4.jpg

0709_5.jpg

0709_6.jpg

最後の飛び込は背景近くで遠かったので、ヨンニッパ単体ではカワセミは小さい、ピントは当然豪快な水飛沫に取られました。ISO6400なのでトリミングは半分が限界です。
0709_7.jpg

トベラの枝への戻り角度はいい感じ・・・暗かったのに、ピン甘、羽閉じは没にしてもこれだけ残せました。
0709_8.jpg

0709_9.jpg

0709_10.jpg

0709_11.jpg

0709_12.jpg

0709_13.jpg

幼鳥が少し遊んでくれました・・・超ミニ魚を見事にゲット!
0709_14.jpg
撮影チャンスはこの幼鳥も含めたったの3回・・・明日は大丈夫?

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月 8日

巣立った?

また暑くなりましたね。15頃に出撃しようと思いましたが、相当暑かったのでやめました。結局少し気温が下がった17時前に出撃・・・報告では15時頃から、短時間に5、6回続けて巣穴にいるであろう雛へ餌を運んだそうです。ならばこれから夕食を運ぶために何度か飛来してくれるだろうと期待して待ちました、が、昨日とはちょっと違う・・・いつもの方向へ餌を運んだのは3度だけで、3度は自分で食べてしまいました。18時38分に大物を捕ったので、当然運ぶと思ったら食べてしまう、その後満腹でしばらく動けなかったのでしょう、最後の飛び込まで30分も待たされました。19時10分過ぎというと、流石に暗くて私の目では、もう止まっているカワセミは見えない明るさ・・・勿論テレコンを外して、ISO6400が限界なので、ヨンニッパF値開放で、SSを1/640秒まで落として撮りましたが、水出後カワセミが見えないので、連写しても1コマしか残せませんでした。で、その最後の魚を何と反対側の川の方へ運んで行きました。1羽巣立って川へ連れて行ったか? よく分かりません。

この1週間、最もとく飛び込む場所は、トベラの裏側の高い枝・・・正面から撮ると、飛び込んだ後はトベラに戻ることが多いので、水出の後は背中向きがほとんどです。水出の数コマが勝負ですが、この時は右側のいい所に飛び込んでくれました。但し、手前側に飛び込まれると、本当に近くてファインダーに入れるのが大変・・・水出から3コマ目でようやくしっかりピントが来てくれました。
0708_1.jpg

モクゲンジの枝からの飛び込は水出に間に合わなかったですが、その後数コマは完璧でした・・・
0708_2.jpg

またトベラの裏側から・・・
0708_3.jpg

トベラとピラカンサの間から・・・採餌失敗・・・
0708_4.jpg

ISO400で撮れる明るさでしたが、ISO800まで感度を上げ、SSを1/1600秒に、さらにF5.6まで絞って試して、ようやく餌運びの瞬間を完璧に撮ることができました。
0708_5.jpg

暗くなってきてISO2000・・・トリミングはこれくらいが限界・・・
0708_6.jpg

トベラの裏側でまったり・・・蚊に刺されながら19時10分まで待たされた成果がこの1枚だけ・・・SSを落とすとちょっと厳しい・・・
0708_7.jpg

・・・ISO6400で大トリするとノイズが凄いですが、カワセミの目と魚の目が共に言葉を発しているようで面白いので拡大しました・・・しかしこれを落とさずに見事に料理するとは、凄い能力! この後川の方へ持って行ったのが不可解・・・1羽だけ巣立っているのかも??? やっぱりメス親が姿を見せてくれないと、確かな状況把握はできないですね。
0708_8.jpg

痛恨! 近かったですが、上手くファインダー内に収めることができたのに、羽が開いてくれませんでした。近いと被写体深度が浅いし、通常のSS(私は9割り方、SS1/800秒です)で被写体ブレを吸収するのは難しいですね。
0708_9.jpg

0708_10.jpg

0708_11.jpg

0708_12.jpg

逆に上手くいったパターンが、1枚目掲載画像の時、正面やや右側に飛び込んでくれたのも幸いしました。水出はほぼ真横、左側のトベラの枝までの角度も追尾にはよかったです。1枚目掲載画像の前のコマ・・・残念ながらピン甘だったので、ノートリでそのままリサイズ、結構締まって見られる画像になりました。(^o^) ちなみにその前のコマは身体半分が水出でピンボケでした。
0708_14.jpg

1枚目掲載画像の後、やっぱり近かったのでファインダー内に入れられたのは3コマまで・・・ほぼ中央でとらえていたのでピントが残ってくれました。
0708_15.jpg

0708_16.jpg

0708_17.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月 7日

雛は何羽?

今日は夕方1時間の間に、4度餌運びをしていたので、巣穴に4羽いるのかも? 雛のために大きな魚ばかり狙っているので、10分以上飛び込まないことも・・・風がないと蚊に刺されるので、すぐに飛び込んで欲しい・・・(^o^) 相変わらずメス親は姿を見せないので、川で採餌しているのでしょう。オス親も川で過ごす時間の方が圧倒的に多いので、池での撮影チャンスは少ないですが・・・カメラマンも少ない(^o^)・・・数日後には親子一緒に池に飛来してたら嬉しい・・・

10連写中2枚・・・
0707_2.jpg

0707_8.jpg

6連車中2枚・・・
0707_3.jpg

0707_9.jpg

0707_4.jpg

久しぶりに最低感度のISO64で、SS1/4~6秒で撮りましたが、この解像感は本当に感動ものですね。綺麗な鳥は綺麗に撮ってあげたい・・・
0707_5.jpg

0707_6.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月 6日

今日も・・・

雨に中、出撃したのに、今日もワンチャンスでした。まだ雛への餌運びは続いているはずですが、やっぱり川で採餌しているんでしょうね。17時半頃から本降りなったので撤収しましたが、1時間に飛来は1度だけ、飛び込も1度だけで大物をゲットしてすぐに落下、その後ピラカンサへ移動しましたが、何もせずに川の方へ消えていきました。1度でも撮れてよかった・・・

上手く追尾できたので、魚を落とさないで欲しかった・・・残念! ISO3200なので、半分にトリミングが限界・・・嘴に残っているのは背びれ?
0706_1.jpg

0706_2.jpg

0706_3.jpg

0706_4.jpg

0706_5.jpg

0706_6.jpg

0706_7.jpg

0706_8.jpg

0706_9.jpg

0706_10.jpg

0706_11.jpg

0706_12.jpg

0706_13.jpg

0706_14.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月 5日

またも異変?

昨日は天気が悪かったので、飛来回数が多かった・・・と思って、今日は少し早めの17時前には池に到着しました。ところがカメラマンはゼロ、そして1時間も飛来がゼロだったので、、また何か異変?と、思いながら池の周りを散歩していました。17時50分にようやくトベラの枝に飛来してくれたので、ホッとしました。ところが10分経っても飛び込まない、何故? 早く捕って雛に魚を届けないとダメじゃない、と声をかけてみましたが、結局飛び込むまで15分も待たされました。大物をゲットして、すぐに雛の元へ・・・異変じゃなかった! すぐに戻ってくるものと期待して18時30分まで待ちましたが、戻ってきませんでした。やっぱり異変?

一瞬反応が遅れて水出は痛恨のピン甘・・・すべてISO3200・・・
0705_1.jpg

羽の開き具合も悪い・・・
0705_2.jpg

ようやくいい感じ・・・
0705_3.jpg

0705_4.jpg

0705_5.jpg

0705_6.jpg

数コマ、ピン甘が続いて・・・
0705_7.jpg

0705_8.jpg

雛の元へ・・・
0705_9.jpg

0705_10.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月 4日

天気が悪いと・・・

天気が悪いと、池に来る? 今日の夕方は、恐らく採餌のために1度も川へ行かず、池に飛来したのではないでしょうか。小さめの魚は2度自分で食し、大きな魚ばかり4、5回雛の元へ運んで行きました。戻ってきても水浴びをしないのは、巣穴の入り口で雛に渡しているからでしょう。巣穴に何羽雛がいるかわかりませんが、これだけ大きな魚を食している雛たちが、狭い巣穴で頻繁に糞を排出しているので、中は本当に汚く、悪臭が漂っているはずです。雛も早く巣穴から出たがっているでしょうね。

昨日も目の前へ飛び込まれましたが、今日はもっと近くへ飛び込まれました。一瞬ファインダー内いっぱいに水飛沫が見えたのですが、上手くAFが反応してくれていました。絞り開放、近いので被写界深度が浅く、何とか残せたのは2コマだけ、3コマ以降は完全な背中向きで頭、嘴はピンぼけ状態でした。ちなみにこれ、ノートリです、流石にカワセミが大きく見えました。(^o^)
0704_1.jpg

0704_2.jpg

捕った魚が小さいと、自分で食べてしまいます。
0704_3.jpg

厚い雲に覆われていると、トベラの逆光側から撮っても背景に色が付きます。よいタイミングで撮れました、勿論この後も10コマほどしっかりデータが残りました。
0704_4.jpg

お魚なし、近めと遠め・・・
0704_5.jpg

0704_6.jpg

波が立つと背景が白っぽくなり、AFではピントが迷って定まらず、苦戦しますね。
0704_7.jpg

18時15分、かなり暗くてISO3200・・・トベラの裏側の高い枝からかなり遠くへ飛び込み、いつもの枝へ戻るところ・・・魚が大きすぎてカワセミの目が隠れてしまいました。流石に大トリすると、ノイズが凄いですね。
0704_8.jpg

18時30分、最後の飛び込はISO6400・・・1/2程度までのトリミングなら、ノイズは何とか許容範囲? 暗くなるまで雛のために頑張る親の姿を見ました。お疲れ様でした!
0704_9.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月 3日

そろそろ・・・

そろそろ巣立ちを迎えそうですね。夕方、3度雛に運んで行きましたが、とにかく魚が大きい、そして戻ってくるまで20~30分間隔、もしかしたら間に川で採餌しているかもしれないですが、巣立ちを促すためにしばらく巣穴の前で待っていて、戻るまでに時間がかかっているのかもしれません。いずれにせよ餌運びはそろそろ終わりそうです。

トベラの横の高い位置から手前に飛び込まれて・・・10mくらい、被写体が大きかったのでファインダー内に入れただけでピントがきてくれたって感じですね。でも流石に近すぎてファインダー内で追い続けることはできませんでした。
0703_1.jpg

0703_2.jpg

こちらは逆に距離があって、しっかりピントが来たのはこの1枚だけでした。
0703_3.jpg

トベラの逆光側からは背景色が・・・
0703_4.jpg

3度の餌運び・・・
0703_5.jpg

0703_6.jpg

0703_7.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月 2日

猛暑

この暑さでは、カワセミの出が悪いのは当然かもしれません。日陰の多い川で採餌して雛に魚を運んでいたのだと思います。今日も17時半過ぎに池に到着、飛来したのは18時20分頃でした。欄干→柳→ピラカンサの横の枝・・・10分後に飛び込んで魚なし→モクゲンジの枝→柳・・・飛び込んで魚あり・・・遠いこともあってデータはゼロ→雛の元へ。その後戻ってこなかったですが、幼鳥が少し遊んでくれました。

水出が完璧な背中向きでこの1コマだけ・・・
0702_1.jpg

採餌失敗・・・
0702_2.jpg

0702_3.jpg

何とか捕りましたが、ミニサイズの魚・・・これでお腹が満たされたはずはないのですが、すぐに飛び去ってしまいました。
0702_4.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年7月 1日

巣立ち間近?

今日も暑かった、陽差しも強かったですね、17時半過ぎでもまだ暑かったです。雛に運ぶ魚が本当に大きくなりました。オスは食欲旺盛の巣立ち前に雛に一生懸命運んでいます。すぐに戻ってこないときには、川で採餌して運んでいることは間違いないですね。池に巣立ち雛を連れてくる可能性は低いとは思いますが、とにかく今は無事に巣立つことを祈るだけです。餌運びをやめるか、別方向へ運ぶようになったら、巣立ったということでしょう。

想定外の場所が背景に近いと、レンズを振った瞬間に背景にピントを持っていかれます。3コマ目でようやくピントが戻ってくれましたが、またすぐに背景に・・・
0701_1.jpg

0701_2.jpg

トベラからはまた順光側から撮りましたが、やっぱり背中向きに・・・
0701_3.jpg

次は水出に間に合わず、その後はピン甘連続、残せたのは1コマだけ・・・
0701_4.jpg

1分くらい格闘してようやく料理完了・・・
0701_5.jpg

0701_6.jpg

0701_7.jpg

0701_8.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年6月30日

餌場は・・・

餌場はやっぱり川ですね。池に飛来しても上手く捕れず、川へ行ってしまいます。雛への給餌用の魚は大きくなっているので、あと1週間くらいで巣立ちなのかも。ま、無事巣立ってくれればいいのですが・・・今日も暑かったので、17時半過ぎに池に到着、その前には何度か飛び込もあったようですが、結局トベラから1度飛び込んで失敗しただけでした。日中の暑さ、陽差しの強さには耐えられないので、まだ当分の間は、撮影チャンスは少なくても夕方の散歩に出かける日々ですね。

0630_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年6月29日

梅雨明け

6月中に梅雨明けとは・・・今日は陽差しが強く暑かったですね。ということで池の到着は17時半過ぎ、早々、オスがトベラの枝に飛来しましたが、風が強かったこともあり、飛び込むのか、飛び込まないのか??? 順光側で待っていたのですが、想定よりも手前側に飛び込んだため、水出後は完全に背中向きになってAFが追従してくれませんでした。すぐに雛の元へ、数分後に戻ってきて、ピラカンサの枝へ・・・順光で陽も当たっていたので、低感度にして久しぶりにトマリモノを・・・数コマ撮ってからトビモノ設定に変えたら、何もせずに川の方へ飛び去ってしまいました。で、画像をチェックしてみると、何とメスの成鳥でした。抱卵の後でお腹が白くなっている上、結構ボロボロ・・・恐らく川で魚を捕って雛に運んでいるのだと思います。オスの方は戻ることはなく、その間幼鳥が少し遊んでくれました。まだまだ採餌のために修行が必要で、失敗を繰り返してました。そして18時半を過ぎてもオスは戻らず、結局再度トベラの枝に戻ったのは18時50分でした。テレコンを外してヨンニッパ単体で・・・F2.8開放、アンダー気味の設定でもISOは2000が限界・・・暗かったですね。カワセミにとっても暗かったのかもしれません、採餌に失敗、その後ピラカンサの枝へ移動・・・数分後だというのに感度はISO3200まで上げなくてはいけない状況に。飛び込んでまた失敗、今度はモクゲンジの枝へ移動・・・流石に暗くて諦めたようで、川の方へ消えていきました。ま、池では採餌が上手くいかなくても、ギリギリの時間まで雛への餌運びはしているのでしょうね。

18時53分の最後の飛び込・・・お魚なしは残念でした。D850は何故かISO3200が画質面の許容範囲で使えるレベルです。3/4カットの大トリ・・・
0629_1.jpg

前のコマで1/2カット・・・これくらいのトリミングなら全く問題ないレベル?
0629_2.jpg

幼鳥の飛び込・・・1m前後の高さからどこへ飛び込むかも想定できないので、水出の瞬間には間に合いませんね。ISO2000で3/4カットの大トリ・・・
0629_3.jpg

次のコマで1/2カット・・・ISO2000は勿論許容範囲・・・
0629_4.jpg

18時51分、トベラからの飛び込、暗かったので一瞬飛び出しに気づかず、チャンスを逸してしまいましたが、何とか数コマ残せました。
0629_5.jpg

17時34分、トベラからの飛び込・・・
0629_6.jpg

遊んでくれた幼鳥、ISO64、SS1/30秒、ほぼピクセル等倍・・・
0629_7.jpg

ようやくメスを撮ることができました、しかもピラカンサの枝の上・・・もっと飛来して華麗な飛び込を披露して欲しい!
0629_8.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年6月28日

雛は何羽?

オスが巣穴にいる雛に魚を運んでいることに疑いの余地はないのですが、何羽いるのかは全く分かりません。今日も17時過ぎに池に着きましたが、魚を捕ったのは1度だけ、かなり大物をゲットして飛び去ったので、食欲旺盛な雛のために、すぐに戻ってくると予想、期待したのですが、18時40分まで待っても戻ってきませんでした。1羽だけということはないと思うので、やっぱり川で採餌して運んでいるということなんでしょうね。

また水出1コマだけ、手前に飛び出したカワセミを追従せず、ピントは水飛沫に残ったままで2コマ目からピン甘、ピンぼけ・・・ここ数日暑いので、少し「涼」をお届けします。
0628_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年6月27日

同じことの・・・

20年以上カワセミを観察、撮影していますが、こんなおかしなカワセミに出会ったことはないです。まだ飛来回数が少なくて、結局同じことの繰り返し、昨日は18時前後にも5、6回撮影チャンスがあったのですが、今日は採餌が1回だけ、しかも捕った後にそのまま川の方へ飛び去ってしまいました。何故いつものように欄干とかで料理しないのか? その後18時半頃にピラカンサの横の枝に飛来・・・欄干の下へ飛び込んで失敗、すぐにトベラへ移動、数分後に飛び込んで失敗、そのまま川の方へ飛び去りました。やっぱり池で捕れないから川へ行くんでしょうね。

トベラの枝からモクゲンジの枝の方へ・・・機材を担いで移動、どこにいるかとレンズを向けて探していると、いきなり飛び出してドボン・・・上手く水出に間に合ってジャスピンだったのですが、慌ててレンズを振ってしまったせいで瞬時にピントが抜けてしまって、その後のカットは全滅、もったいないことをしてしまいました。
0627_1.jpg

昨日は逆に水出に間に合わず・・・
0627_2.jpg

その後もピン甘続き・・・
0627_3.jpg

0627_4.jpg

0627_5.jpg

ファインダー内で追い続けた甲斐があってようやくしっかりピントが・・・
0627_6.jpg

0627_7.jpg

0627_8.jpg

0627_9.jpg

0627_10.jpg

0627_11.jpg

0627_12.jpg

今日も最後はトベラから採餌に失敗・・・
0627_13.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年6月26日

結論は・・・

昨日は池の主の座を主張し続けるオス、朝からほとんど飛来していたかったようで、16時半~18時半も雛への餌運びを期待して待ちましたが、幼鳥のトマリモノを撮っている最中に1度飛来し、ドボンという飛び込の音だけ残して何処へ。一昨日の夕方、雛への餌運びのために何度も続けて飛来したのは、一体どういうことだったの??? またしてもオスの行動が不可解、謎になり、振り回され状態に陥ってしまいました。今日も朝から出が悪く、16時半頃にようやく飛来して数回飛び込があったようです、自分で食べた後、雛のための魚を捕ろうとして失敗を繰り返し、川の方へ飛び去ったとのこと。巣穴にいる雛に異変? いや、違うでしょう、池よりも簡単に魚が捕れる川へ向かっただけで、恐らく雛への餌運びはしているのでしょう。私が17時15分頃池に着いたときには、すでに30分ほどのパフォーマンスが終わった後で、カメラマンは全員撤収の準備、ま、話を聞いていると、「こりゃダメだ」と思いましたね。でも折角来たんだから散歩はしなくては・・・まだ暑い中、40分も池の周りを歩き続けました。やっぱりダメかと諦めムードが漂い始めた18時頃、トベラの枝にオスが飛来・・・急ぎ機材を担いで移動してファインダーを覗くと、何もせずに回り込んでモクゲンジの枝(記念樹)へ、また機材を担いでダッシュ、飛び込には間に合いましたがお魚なし、欄干からピラカンサの横へ、飛び込んでまた失敗、欄干から回り込んでトベラへ、飛び込まずにまたまたモクゲンジの枝へ・・・もうヘロヘロ、それでも今度は水出には間に合わなかったですが、その後お魚付きで10コマ以上ファインダー内でとらえて・・・7コマはデータ残り、ホッ! すぐに欄干から雛の元へ! お~ちゃんと雛へ餌を運んでるじゃん、ならばすぐに戻ってくるな・・・と、期待しながら18時半まで待つも来ない、何故? 雛は1羽? まさか・・・恐らく川で数回魚を捕って運んでいたのでしょう。撤収の準備を始めると、トベラの枝に戻るところを目撃したので、急ぎ近い順光側へダッシュ・・・いつもの場所に着く手前で飛び込まれたので、距離はあったけどとりあえずお魚付きを数コマ連写・・・またすぐに雛の元へ、もしかしたら再度戻ってくるかもと、逆光側で待機、数分後に戻ってきて2度続けて飛び込んで失敗、そのまま川の方へ・・・恐らく川で採餌して運んだと思います。時計を見ると18時40分過ぎ、流石に暗くなったので撤収しました。で、結論は・・・やっぱり池より簡単に採餌できる場所が川にある・・・ですね。オスの子、雛は数個体健在、恐らく終日、主に川のどこかで採餌して繰り返し運んでいるのでしょう、前々から言っているように、メインの餌場は池ではなく、川のどこか、ということですね。あ~今後も気まぐれなオスに翻弄され続けるのか?

モクゲンジの枝から・・・
0626_1.jpg

捕った魚を雛の元へ・・・
0626_2.jpg

トベラの枝から・・・結構距離がありましたが何とかお魚付きをゲット・・・これでも相当トリミングしてます。
0626_3.jpg

モクゲンジの枝からお魚なし・・・
0626_10.jpg

ピラカンサの横の枝からお魚なし・・・
0626_4.jpg

トベラの枝から最後の飛び込2度お魚なし・・・当たり前ですがもっと明るい時に低感度で撮りたい!
0626_5.jpg

2度とも水出に間に合ったのにお魚なしとは・・・残念!
0626_6.jpg

2度の飛び込で14コマ残せましたが、残りはいずれまた・・・大トリしているのでノイズが気になりますがご容赦!
0626_7.jpg

0626_8.jpg

実は今日の一番のお気に入りはこれ・・・(^o^)
0626_9.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年6月24日

久しぶりに・・・

久しぶりにトビモノの撮影チャンスに恵まれましたが、やっぱりあまり間隔が開いてしまうと、爆速のカワセミをファインダー内でしっかりとらえるのは難しいですね。でもトビモノ撮影は楽しい・・・そそ、池の主のオス、今飛来している幼鳥の親かどうかは未だに判明しませんが、間違いなく今魚を運んでいる雛の親でしょう。

一度餌運びのために飛来すると、5、6回続けて撮影チャンスがありました。
0624_1.jpg

記念樹からの飛び込・・・水出には間に合ったのですが、5コマ目からようやくピントがきてくれました。
0624_2.jpg

0624_3.jpg

0624_4.jpg

ピラカンサの枝からの飛び込は、こちらに向かってくる場所だったので最初の1コマ以外はピン甘、ピンぼけでした。
0624_5.jpg

0624_6.jpg

久しぶりのトベラからの飛び込・・・残念ながらお魚なし!
0624_7.jpg

0624_8.jpg

0624_9.jpg

0624_10.jpg

0624_11.jpg

0624_12.jpg

0624_14.jpg

0624_15.jpg

0624_16.jpg

0624_17.jpg

ピラカンサの枝の横から・・・お魚なし!
0624_19.jpg

0624_20.jpg

0624_21.jpg

0624_22.jpg

0624_23.jpg

飛び込んだ場所が悪くて痛恨の撮影チャンス逃し・・・白い看板の映り込みにAFが迷ってしまったようで、ピン甘連発でした。
0624_18.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年6月23日

親子?

今日は15時過ぎから本降りになるという予報だったので、その前に少し様子を見に行きました。池に飛来するようになった幼鳥3個体は、今まで縄張りを主張していたオスの子ではないかと言う方もいますが、それはちょっと疑問ですね。確かに巣穴掘り、メスへの餌運びという行動は確認していましたが、とても抱卵、雛への餌運びなど、この幼鳥3個体の親だという確証を得られるような行動は確認していません。さらに不可解なことに、数日前から雛への給餌サイズの魚を運ぶようになったとのことです。結局今日は、1時間半ほど間に、幼鳥2個体を同時に確認、オスも飛来しましたが、1度も採餌シーンを見ることはできませんでした。

魚を狙っていたのですが・・・
0623_1.jpg

幼鳥は可愛い・・・
0623_2.jpg

0623_3.jpg

0623_4.jpg

久しぶりに会ったオスの成鳥、親ではないと思いますが・・・
0623_5.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年6月22日

改善の兆し

今日は昼過ぎにパフォーマンスが全開だったようで、改善の兆しが・・・私は16時過ぎに行きましたが、残念ながらメスの幼鳥が少し遊んでくれた程度でした。2、3度飛び込みましたが、すべて採餌に失敗・・・どこかで採餌していると思いますが、結局今日も夕食のためには飛来しませんでした。

昨日にらめっこした個体はオスだったので、このメスは別個体・・・
0622_1.jpg

0622_2.jpg

背景色がいいときに飛び込んで欲しい・・・
0622_3.jpg

トビモノも少々・・・
0622_4.jpg

0622_5.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年6月21日

幼鳥とにらめっこ

久しぶりの出会いは、幼鳥とのにらめっこでした。雨が降りそうな暗い空模様でしたが、16時過ぎに出かけました。報告では幼鳥が3個体飛来しているとのこと。ただまだ縄張りを主張する段階でもないので、池に居座っていません。川のどこかに潜んで、採餌もしているようです。18時半まで散歩をしながら池にいましたが、結局1個体が、3度飛来、飛び込は3度見ましたが、シャッターを切ることはできませんでした。多分その個体だと思いますが、6、7mの至近まで近づいてにらめっこができたのが救いでした。今後も飛来が続けば、縄張り争いを始めて、縄張りを主張する個体が居座ってくれると思います。期待したいですね。

ほぼピクセル等倍・・・巣立ち後3週間くらいでしょう。
0621_1.jpg

可愛いですね。(^o^)
0621_2.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年6月18日

マイセン

今回はマイセンのお店に沢山カワセミがいました。勿論高すぎて見るだけでしたが、十分出会いを楽しみました。

この壁掛け、何と40万円です。
IMG_0371.jpg
こちらは一脚6万円・・・
IMG_0369.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年6月13日

カワセミ動画

私は動画は撮りませんが、撮ってみたいとは思っています。ま、こういう動画を見ると、その気にはなるのですが・・・私には無理でしょう。

お馴染みのデジスコの達人「かんばんや」さんの5年間の成果を紹介しましょう。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (3)

2018年6月 9日

除湿庫入り

梅雨入りして、池は完全に終了・・・結局今まで縄張りを主張して「主」面していたオスは、もう来ません・・・また失恋して、失意のうちに落命したかもしれませんね。4日以降、少なくとも私はその姿を見ていません。今日も夕方、散歩がてら行ってみましたが、全く気配なしでした。川を行き来している個体は間違いなく別個体です。メスがたまに飛来するようになったと聞いています。そのメスが近い将来、「主」になって居座ってくれることを祈りつつ、機材は今日、無事除湿庫入りとなりました。いつ出せるかな? 来週からちょっと仕事も忙しくなるし、プラス思考でこの状況、「よかった」としておきます。(^o^)
ブログの更新、未公開在庫はいっぱいあるので、ちょっと考えます。

3月29日17時2分の出来事・・・「求愛給餌」・・・結局今年の撮影チャンスはこの1回だけ・・・オスの相手のメスを見たのもこれが最初で最後でしたね。撮影条件が悪かったのが残念・・・
0609_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年6月 2日

今日もワンチャンス

16時40分、池に到着・・・カワセミ日和なのに、カメラマンの姿なし・・・よっぽど出が悪かった、良かったかのどちらでしょうね。早速池の周りを散歩・・・5周目、10周目・・・カワセミが来る気配は全くなし! 17時50分ようやく記念樹に飛来、2、3分後に飛び込んで失敗、そのままピラカンサの方へ、止まらずに回り込んだので急ぎトベラへ・・・いない! どこへ行ってしまったのか??? いつの間にか陽の当たらない柳の枝へ、とりあえず遠くから証拠写真、近づこうとするとドーナツ池の方へ飛び去ってしまいました。5分くらいしてどこで捕ったのか、魚をくわえてピラカンサ下の欄干に飛来、すぐに料理して川の方へさようなら・・・(^o^)

ピン甘、ジャスミンが交互・・・どうも追尾が上手くいかない・・・ピン甘はすべて没・・・
0602_1.jpg

0602_2.jpg

0602_3.jpg

こんな暗いところにいなくてもいいのに・・・
0602_4.jpg

0602_5.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年6月 1日

結局状況は・・・

2日続けて午後が雨模様だったのでお休み、今日は少し早めの16時過ぎに出かけましたが、朝から14時まで一度も採餌シーンはなかったとのこと。結局状況は変わってないじゃん! 16時半過ぎにトベラに飛来、何もせず後記念樹へ移動して飛び込んで失敗、そのままピラカンサ横枝へ、ピラカンサの枝へ、その後再び記念樹へ、またピラカンサ横枝へ、またまた記念樹へと行ったり来たり。ようやく飛び込んで大物ゲット、そのまま裏側へを持っていき、素早く料理、川で待つ?メスへ運んでいきました。相変わらず池では捕っても自分で食べずに運ぶ・・・ということは自分の分は川で捕って、メスの分だけ気が向いたら池に飛来して捕る・・・ホント、行動パターンが全く意味不明ですね。18時まで待ちましたが飛来せず・・・明日はどうしようか?

水出に間に合わず・・・
0601_1.jpg

0601_2.jpg

向きが変わってピン甘・・・
0601_3.jpg

何とかピンが復活・・・
0601_4.jpg

尻尾にピンが残ってさようなら・・・
0601_5.jpg

素早く料理してメスの待つ川へ・・・本当かな??? 未だに誰もメスを見ていない!(^o^)
0601_6.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年5月29日

再会

ドイツから帰国後、フィールドへ直行! 元気だね~(^o^) 早々カワセミとの再会を果たしたのですが、1度もシャッターを切ることなく飛び去ってしまいました。報告によると、朝から定期的に飛来して、採餌、但し、自分で食べずに、川に潜んでいるらしいメスに運んでいるとのこと・・・新しい相手が見つかったことは喜ばしいですが、またそのメスが姿を見せないので、詳細は不明のようです。結局再飛来したのは17時30分前、トベラで羽繕いして、回り込んでピラカンサの横枝へ、何もせずにまたトベラへ、また何もせずに記念樹へ・・・疲れているのに良い散歩ができましたよ。(^o^) 記念樹のどこにいるのか確認できないまま、飛び出しを待っていたら、数分で飛び込みました。お魚ゲットして、いつものように真横の欄干へ飛んでくれていたら、10コマくらい追従してくれたと思うのですが、意地悪にもそのままトベラへ行ってしまいました。すぐに料理して川で待つメスへ・・・

1週間ぶりの再会・・・
0529_1.jpg

蒸し暑かったのでこういう水飛沫は「涼」を感じますね。
0529_2.jpg

まだ水飛沫の中・・・
0529_3.jpg

水出は羽の開きも悪い、頭部はぶれてる・・・
0529_4.jpg

次も羽の開きが悪い・・・
0529_5.jpg

そっちへ行くな!と叫んでも無視されました。
0529_7.jpg

この先からは全くピンが追えずにさようなら・・・
0529_8.jpg
もっと撮りたかったな~

投稿者eisvogel : 23:00 | コメント (4)

2018年5月22日

日課なので・・・

体力、体調維持のために日課なので、今日も17時過ぎに出かけました。池の散歩4周目でカワセミの鳴き声が・・・いつものトベラの裏側へ飛来・・・10分くらい何もせず、飛来した別個体の後を追って北の方へ飛び去ってしまいました。仕方なく散歩を再開、3周後にまた鳴き声・・・元の場所に戻ってました。それから飛び込みそうで飛び込まない、水浴びを数回、でも直下の飛び込ですべて後ろ向き、そして延々と羽繕い・・・で、結局採餌のためにトベラの枝に移ったのは18時35分でした。残念ながら待ち疲れて集中力不足・・・案の定、水出に間に合ったものの、水飛沫の手前にピントを持って行かれてピンボケになってしまいました。連写して4コマ目で何とかジャスピンで・・・でもその前後は数コマはピン甘・・・ワンチャンスをものにできずに痛恨極みでした。流石に18時半を過ぎると撮影には暗すぎる・・・毎日もっといい時間帯に飛来して、頻繁に飛び込んでくれるようになることを、祈るばかりです。

ヨンニッパ単体、F値開放2.8、露出をアンダー目の設定にしてISO1600を維持、1/4までトリミングしても画質面で許容範囲・・・
0522_1.jpg

トベラの裏側で水浴び数回、結果はすべて同じ・・・
0522_2.jpg

いつもお馴染みのほぼピクセル等倍・・・
0522_3.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2018年5月19日

たまには・・・

散歩目的でも毎日通えば、たまにはいいこともあるようです。(^o^) 今日もフィールド着は17時過ぎ、カワセミが丁度いいタイミングで飛来してくれたようです。が、残念ながらカメラマン2名がレンズを向けている場所は、撮影には最悪な場所、すぐにも飛び込みそうだったので移動せずに逆光位置のまま準備・・・ファインダーを覗くと、ISO感度が昨日のままだったので、慌てて変更していると飛び込まれてしまいました、が、採餌に失敗して再び同じ場所へ戻ったので再挑戦、またすぐに飛び込んでお魚ゲット、水出から完全な背中向き、しかも2コマ目から背景が欄干・・・写真にならずに意気消沈! その後カワセミはすぐに川へ飛び去ってしまったので溜息、時計を見ると17時20分、晴れていて明るかったので、18時頃にまた来てくれることを信じ、気を取り戻して散歩開始・・・池を10周したところで・・・信じる者は救われました。(^o^) トベラの枝へ飛来・・・カメラは裏側に置いてあったので、そのまま順光側から構えるすぐに飛び込んでお魚ゲット! トベラの枝へは戻りかけて急に向きを変えたので追尾不可能に・・・戻った場所はいつものお休み処でした。その後もうお馴染みの「飛び込みそうで飛び込まない」を10分ほど続けて、結局何もせずまた川の方へ・・・

本当に久しぶりにお魚付き水出をいいタイミングで切り取ることができました。しかも18時過ぎにもかかわらず順光側からだったのでISO800で撮影、大きくトリミングもできる、解像感のある画質が得られました。ほぼ完璧、嬉しい!(^o^)/
0519_1.jpg

逆光で背中向きのお魚付き水出・・・カワセミではなく、水飛沫を撮ったって感じですね。
0519_2.jpg

2度目の採餌の続き・・・
0519_3.jpg

0519_4.jpg

0519_5.jpg

0519_6.jpg

0519_7.jpg

この後急に向きを変えたのでピントが外れ、4コマ目に完全に背景に取られましたが、1瞬、この1コマだけにピントが戻りました・・・
0519_8.jpg

お馴染みのほぼピクセル等倍・・・強風でちょっと乱れ髪・・・
0519_9.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年5月18日

今日もちょっぴり

雨が降りそうな天気でしたが、定刻の7時に出撃、フィールド着後、報告を聞くと、何度か飛来して採餌をしているとのことで、改善の兆しが・・・散歩開始後15分、トベラへ飛来・・・なかなか飛び込まない、すぐに飛び込んでくれないと、一瞬目を離したり、息をついたり・・・それだけでもうシャッターチャンスは逃してしまいます。何とか水出に間に合ったものの、ピントが定まっていなくて、結果ピン甘連発でした。その後はいつもの裏側の枝で飛び込みそうで飛び込まないを繰り返して川へ飛び去りました。結局30分近く滞在して、飛び込は1度だけ・・・やっぱり改善の兆しは???ですかね。

久しぶりに10コマ連写したのに悲惨な結果に・・・撮影チャンス、もっと欲しい~!
0518_1.jpg

0518_2.jpg

0518_3.jpg

いつものようにほぼピクセル等倍・・・
0518_4.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年5月17日

少し遊ばせて・・・

日々失望しているので、出撃時刻は17時以降に定着、池に着いて早速散歩開始、2周もしないうちにカワセミの鳴き声・・・どこだどこだ???・・・ピラカンサとトベラの間の枝にいました。飛び込みそうだったので、移動せずにレンズを構えたんですが、遠いな~とつぶやいていると、本当に遠いところへ飛び込まれてしまいました。しかも日陰で暗い場所、露出アンダー・・・データを確認するとカワセミは豆粒大でしたが、捕った魚をくわえて手前側の陽の当たる場所へ、石の上で食べた後水浴び、その後はいつものトベラの裏側で羽繕い、トベラの枝へ・・・そしてまたピラカンサとの間へ。今度は少し近い位置から構えたので、カワセミは普通サイズで撮れました。その後またトベラの裏側へ、飛び込みそうで飛び込まずに川の方へ飛び去って終了。滞在時間約40分、夕食の魚は普通サイズ2匹でした。久しぶりに少し遊ばせてもらいました。(^o^)

久しぶりだったのでタイミングが遅れて水出に間に合わず・・・
0517_1.jpg

最初の飛び込時はホント、遠くて豆粒大、しかも露出アンダーだったので、補正するとノイズが、1/5にトリミングしてリサイズ、証拠写真なのでクリックしても大きくなりません!
0517_2.jpg

0517_3.jpg

その後適正露出の明るい場所へ・・・
0517_4.jpg

水浴び・・・
0517_5.jpg

0517_6.jpg

0517_7.jpg

0517_8.jpg

0517_9.jpg

毎度お馴染みのトマリモノ・・・
0517_10.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年5月16日

また巣穴掘り?

今日も17時過ぎに散歩・・・どうせ来ないだろうと思いながら池の周りを散歩していたら、17時45分に飛来しました、が、羽繕いをしただけで、採餌も水浴びも何もせず、10分後に飛び去ってしまいました。証拠写真のつもりで撮ったトマリモノを見ると、嘴に土が付いていました。上手く相手を見つけて、繁殖活動を再び始めたのでしょうか???

いつものようにほぼピクセル等倍・・・
0516_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (3)

2018年5月14日

不規則・・・

今日は完璧に夕方の散歩モードで17時過ぎに出撃しました。快晴でカワセミ撮影日和だというのに、カメラマンの姿はなく、カワセミがピラカンサの枝でお出迎えでした。急ぎカメラをセットして、いざ撮影開始、と思ったのですが、その直前に飛び込むという、何度も経験させられた最悪パターン。で、そういうときに限って魚は忘れずにお持ち帰り・・・川へ飛び去ったので、今日はこれで終了かと思いつつも、散歩開始。何と10分ほどで戻ってきて、陽の当たる所へ飛び込んで採餌失敗、記念樹へ移動・・・・飛び込まず、回り込んでトベラへ移動、飛び込んでまた失敗、そのまま欄干へ移動したので、後を追うと、もう飛び込んで大物をゲットしてました。その後また川の方へ・・・時計を見ると18時、その後30分ほど散歩をして撤収しました。当分の間、不規則なパターンが続きそうなので、散歩目的で通って、ワンチャンスに恵まれればラッキーという感じですね。

トベラからの飛び込・・・久しぶりに順光側から狙ってみました・・・羽のブレ等、お気に入りなんですが、どうして魚がないのか???
0514_1.jpg

この時もお魚なし、撮影チャンスが少ないんだから、しっかり魚を捕れよな~と言いたい!
0514_2.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年5月11日

夕食は・・・

いつものオス、朝食も昼食も間食もどこかで取っていますが、夕食だけは池で取るようです。何故? 相変わらず不可解、謎の多い個体ですね。今日もフィールドに着いたのは16時半頃、報告を聞くと、やっぱり飛来していないとのこと、また期待もせず散歩を始めて40分、鳴きながらピラカンサの枝に飛んできました。カメラは? 反対側のトベラの裏側だ・・・ほぼ1周走ってピラカンサの枝に戻ったらいない! まさかと思ってまた急ぎ元へ戻ったら、涼しい顔をしていつもの枝にいました。1周半も走らされて、これでもう1日分の体力は使い果たした感じでしたね。(^o^) で、結局1時間ほどいて、採餌のための飛び込3回、水浴び2回、羽繕い10分、ペリット吐き出し1回、糞輩出20回以上(恐らく・・)でした。飛び込は枝直下でピントは合わない、合っても背景がグチャグチャ・・・

背景が汚いのでまたここまでトリミングしてみました・・・
0511_1.jpg

0511_2.jpg

逃がした魚は大きかった・・・
0511_3.jpg

0511_4.jpg

0511_5.jpg

お馴染みのトマリモノ・・・表情が可愛い・・・
0511_6.jpg

0511_7.jpg

羽繕い・・・
0511_8.jpg

0511_9.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年5月10日

トベラの花も・・・

トベラの花も満開のタイミングも過ぎて、そろそろよい絵になる「トベラとカワセミ」も終わりでしょうか・・・今日も散歩目的で16時過ぎにフィールドへ行きました。到着すると、同じ報告しか聞けなくなりましたね。飛来はない、その気配もない・・・しばらくすると上空を鳴きながら通過するカワセミを目撃しましたが、結局戻ってくることもなく、17時過ぎには皆さん撤収・・・時折陽が差して明るかったので、私は散歩をしながら18時まで待ってみることにしました。そして飛来したのは17時40分頃、欄干からピラカンサ中央の枝へ・・・何と4、5mくらいの所へ飛び込んで採餌失敗・・・勿論ヨンニッパ単体でしたが、近すぎてピントが合う距離ではなかったので撮影も失敗・・・そのままトベラの裏側へ、急ぎ移動するとトベラの枝へ移っていたので、トベラの花バックに電子シャッターに切り替えてISO64でトマリモノ撮影、といきなり手前側へ飛び込んでお魚ゲット! 勿論撮れる訳がありません、残念無念! 気を取り直して反対側へ移動、羽繕いを始めたのでしばらく飛び込まないと思って、再度ISO64でトマリモノ撮影・・・表と裏でよい「トベラとカワセミ」が撮れて満足したところで、再び飛び込んでくれたのですが、想定以上に遠くへ・・・ヨンニッパ単体では流石に厳しい場所でした。その後また裏側へ移動して15分くらいまったり、飛び去ったときに時計を見たら18時30分でした。今日は雨の影響で川は増水して濁っていたにもかかわらず、採餌のために池に飛来したのは1度だけ・・・一体どこで採餌しているのか???

5月限定「トベラとカワセミ」・・・
0510_1.jpg

0510_2.jpg

やっぱりヨンニッパの解像力は高いですね、ほぼピクセル等倍・・・・・・
0510_3.jpg


1/4にトリミングしてもこの大きさ・・・
0510_4.jpg

0510_5.jpg

0510_6.jpg

0510_7.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年5月 9日

今日もワンチャンス

今日も散歩のつもりで16時過ぎに出かけました。雨がやんだ昼頃から来ていたカメラマンの報告では、鳴き声すら聞こえない、来る気配すらないとのことでした。即、散歩開始です。1時間歩き続けても鳴き声すら聞こえない・・・本当に来る気配が全くないので17時半には撤収すると決めて、さらに散歩を続けて1万歩を超えました。おかげさまで良い運動になりました。(^o^) 17時半を過ぎたので、機材を片付けようとしたその時、懐かしい鳴き声が・・・どこだどこだと見渡すと、ピラカンサ近くの欄干へ・・・2、3分で何もせずに回り込んでいつものトベラの裏側へ移動しました。ダッシュしてスタンバイ、ファインダーから様子を見ると、丁度ペリットを吐き出してました。ということは今まで川で採餌していたのです。いずれにせよすぐに飛び込むと期待して待つこと数分、また想定よりはるかに手前へ飛び込まれてしまいました。ピン置きから距離がありすぎてAFが追いつかず、水出は完全にピンぼけ5コマ目からようやくピントが来て、そのタイミングで水面近くでショートホバ、角度が悪かったですが7コマ、ピントがしっかり来てくれました。でもまたお魚を忘れて出てきたのにはガッカリ・・・さらにガッカリしたのはそのままピラカンサの方へ回り込んで川へ飛び去ってしまいました。結局今日もワンチャンス、しかも魚は捕ることもなく、さようならでした。結論・・・このオスは、魚がいっぱいいるこの池では採餌しない・・・ですね。もう他の個体がやってきて縄張りにしない限り、状況は良くはならないでしょう。ま、散歩するには良い場所ですが・・・

今日の1枚・・・近かったのでピクセル等倍にできません。
0509_1.jpg
Nikon D850 + AF-S 400mm f/2.8E FL ED VR + TC-14E F4 ISO1250 SS1/800秒

もう少し前からピントが来てくれたらよかったのですが・・・
0509_2.jpg

ホバ開始・・・4コマ続けて羽の開き具合が見事に同じ・・・
0509_8.jpg

0509_3.jpg

0509_4.jpg

0509_5.jpg

数コマ羽閉じがあってホバ終了・・・
0509_6.jpg

お馴染みのISO64のトマリモノ、ほぼピクセル等倍・・・
0509_7.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年5月 8日

またワンチャンス

今日は雨の予報だったのに、15時になっても雨が降らないので、川の上流域の様子を見に出かけました。餌場となっている場所で20分ほど待ちましたが、鳴き声も姿もなし・・・そのまま川沿いをゆっくり進んで池へ。結局カワセミには出会うことができず、16時過ぎに池に到着、最近お気に入りの場所になっているトベラの裏側に機材をセットし、散歩開始・・・すると半周もしないうちにピラカンサの枝に飛来するカワセミが目に入り、急ぎ機材を取りに逆戻り、機材を担いでさらに半周・・・ふと枝を見るとすぐにも飛び込みそうだったので、とりあえず機材を下ろしてカメラに手を触れた瞬間・・・まだ準備できていない!のに飛び出してしまいました。慌ててレンズを振ってシャッターを数回切りましたが、ピントが来ているはずはない・・・と思ったら、奇跡的に水出の瞬間だけピントが来てました。(^o^) 欄干ですぐに呑み込んで、白式部の枝へ移動・・・私一人だったので、10mくらいまで近づいて、ヨンニッパ単体でトマリモノ撮影・・・10分くらいまったり後、反対側のトベラの裏側へ移動・・・20分くらい羽繕い、まったりしてそのまま飛び去ってしまいました。その5分くらい前から雨がポツポツ降り始め、強くなってきたので撤収しました。またワンチャンス、1コマだけでしたが、データが残せただけでもラッキーでしたね。報告によると早朝から13時過ぎまで1度も飛来せず、14時過ぎまでに数回飛び込があったとのこと。早朝から夕方まで粘れば、撮影チャンスが1度はあるようです。

0507_1.jpg

いつものようにほぼピクセル等倍、ISO64、SS1/30秒、ヨンニッパ単体だと当然ですが、解像感はアップします・・・
0507_2.jpg

テレコン付き、SS1/10秒・・・
0507_3.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年5月 6日

1時間待ちが限界

今日は日曜日、ゴールデンウィーク最終日、川原はバーベキューを楽しむ人たちでいっぱい・・・カワセミにとっては迷惑な状態のはずなので、池への飛来が多いのでは?という甘い期待を抱いて、15時半過ぎに出かけてみました。が、フィールドの池に着いてみると、その雰囲気は異常に重苦しい・・・早速報告を受けると、早朝から一度も飛来していないとのこと。5時頃から来ている人、花の咲く時期だからということで1年ぶりに来ている人、初めて来ている人、勿論常連の方々・・・本当にお疲れ様です。で、期待を見事に裏切られたので、早速散歩開始・・・30分ほど歩いた16時10分頃にようやくお気に入りの場所になっているトベラの裏側へ飛来しました。10時間以上待っていた人には申し訳ないと思いつつ、急ぎ機材を担いでスタンバイ・・・どうせ枝から直下の背景が悪いところへ飛び込むだろうと、ピントを置いていたのですが、10分くらいして飛び込んだ場所が、想定とは全く違う手前、とんでもなく近く・・・15mくらい! 慌ててレンズを振ってファインダーを覗いてシャッターは切りましたが・・・魚を捕った後は枝に戻ったため、背中向きで直進・・・ピントが合うタイミングは皆無でした。それほど大きな魚ではなかったので、すぐにまた飛び込んでくれると信じて、気を取り戻して待つこと35分・・・枝から飛び出したので思わず水面にレンズを振ったらいない・・・お~、ホバってる! 慌ててレンズを向けて連写・・・ところがファインダー内でピントが抜けていることに気づいて・・・幸い4、5秒やってくれたので何度かシャッターを押し直して何とか8コマ残せました。その後ピラカンサの下の枝へ移動・・・まさに民族の大移動のように全員が反対側へ・・・カワセミを確認、ピラカンサの花が少し入れられるのでトマリモノを撮ろうと思った瞬間、川の方へ飛び去ってしまいました。オープンしていたアリス・カフェで美味しいコーヒーをいただき、17時過ぎには私も含め全員撤収しました。アリスさん、ありがとうございました。現状は何時間待っても結果は同じ、状況は最悪中の最悪なので1時間待ちが限界ですね、次回も散歩目的で出かけることにします。

ほぼピクセル等倍・・・
0506_1.jpg

結局飛び込はこの1度だけ・・・
0506_2.jpg

ま、これが撮れただけでも・・・ノートリ→リサイズでこんな感じでしたが・・・
0506_3.jpg

1/3程度のトリミングならISO800でもノイズは許容範囲・・・
0506_7.jpg

羽の開き具合、ブレ具合がお気に入りの次の2コマ、流石にノイズが気になりますが、ピクセル等倍までトリミング・・
0506_4.jpg

0506_5.jpg

その後5コマ、連写中にもかかわらず見事にピントが抜けてしまいました・・・
0506_6.jpg
Nikon D850 + AF-S 400mm f/2.8E FL ED VR + TC-14E F4 ISO 800 SS1/800秒

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2018年5月 5日

改善なし!

フィールドの最悪状態に改善なし・・・16時前にフィールド着、朝からの状況報告を聞くとよくないとのこと。姿は見せるも、飛び込場所が死角、枝の直下・・・ピラカンサやトベラの花のある場所には飛来しないのでトマリモノ狙いも期待できない。いい加減お手上げ状態・・・ま、カワセミ撮影は「忍耐」が不可欠、ただ耐えるしかないないですかね。

お馴染みのほぼピクセル等倍トマリモノ・・・もう飽きましたね。(^o^)
0505_1.jpg

ポーズは違ってもつまらない・・・
0505_2.jpg

これもお馴染みの枝からの直下飛び込、魚なし、背景最悪・・・もう飽きました!
0505_3.jpg

0505_4.jpg

0505_5.jpg

0505_6.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (3)

2018年5月 4日

昨年との違い

カワセミの出が悪いのは変わらずでしたが、15時半頃に池に着いたときには、カワセミは昨日同様、トベラの裏側で出迎えてくれました、が、羽繕いなど20分くらいして、飛び込まずに川の方へ飛んで行ってしまいました。1時間後に待っていたピラカンサの枝に飛来・・・ところが花がない、昨年との違いは、その枝回りに花が咲いていないこと、何故? そもそも蕾みがないじゃない・・・折角花の咲く時期にピラカンサの枝に来てくれたのに、肝心の花がないって、カワセミの出が悪い以上に最悪! 結局飛び込んでも魚なしでまた川の方へ・・・これで私以外のカメラマンは全員撤収。私は今日も池の周りを歩きました。で、18時にピラカンサの裏側へ再飛来・・・昨日よりは明るくて条件はよかったですが、それでもやっぱり暗い・・・飛び込んで失敗してトベラへ、また失敗してそのまま川へ・・・

いつものように最低感度でほぼピクセル等倍・・・蕾がなく、葉も食い荒らされているって感じですね。
0504_1.jpg

ピラカンサの花が入れようと構図を取ると・・・枝から離れた所はすでに花が満開状態!
0504_2.jpg

昨年の5月2日撮影・・・枝回りには蕾がいっぱい!
0504_3.jpg

昨年の5月16日撮影・・・満開でとても美しい!
0504_4.jpg

今年はピラカンサの花がない、カワセミが来ない・・・本当に残念です。トベラの方は逆に昨年より花が多いです。今日はISO800、SS1/60秒で撮れたので大きくトリミング・・・
0504_5.jpg

トベラの花をいっぱい入れると・・・
0504_6.jpg

トベラの裏側での飛び込は今日もこんな感じ・・・背景が近すぎて絵にならない!
0504_7.jpg

0504_8.jpg

0504_9.jpg

0504_10.jpg

0504_11.jpg

トベラからの飛び込は想定より遠くだったので、水出に間に合わず、その後の数コマは何とか・・・でも高感度で撮るとやっぱり解像しない・・・
0504_12.jpg

0504_13.jpg

0504_14.jpg

0504_15.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年5月 3日

トベラに花が・・・

春になるといつもお世話になっているトベラとピラカンサの花が咲きます。肝心のカワセミの飛来が激減して、今年は撮影チャンスがあるのか?と心配していますが、とりあえずトベラの花とカワセミは撮れました。それにしても出が悪い・・・もう期待もしていないので、今日も出かけたのは16時半頃、フィールド到着時にカワセミはいましたが、30分くらい待たされて、写真にならない場所に飛び込まれて終わりでした。カメラマンは皆、撤収、私は散歩のつもりで出てきたので、1時間しっかり池の周りを歩きました。戻ってこないだろうと思ったら、18時20分頃トベラの裏側に飛来、その後トベラへ、また裏側へ・・・2度飛び込んで1度成功、自分で食べて暗闇へ消えていきました。昨日川でメスを確認できなかったし、今日は餌運びもしていないので、少なくとも繁殖は失敗して終了ということだと思います。オスの池への飛来数が増えてくれるといいのですが・・・

いつものようにトマリモノをISO64でほぼピクセル等倍・・・
0503_1.jpg

18時25分・・・もっと明るい時に撮りたかったですね。
0503_2.jpg

ヨンニッパ単体、F値開放でも感度はISO3200の明るさ・・・1/3までトリミングすると厳しい・・・しかしそれでなくても撮影チャンスが少ないのに、こんな所ばかりに飛び込まれては・・・
0503_3.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年5月 2日

確かに・・・

昨日は17時前に行きましたが、池の周りを散歩して終わりでした。朝からいた仲間たちからの報告では、13時半頃に一度来ただけとのこと・・・これはやっぱり繁殖絡みで何か起こっているとしか思えないですね。ということで今日は17時過ぎに直接川の方へ様子を見に行きました。確かに池のオスはいました・・・が、特に何もせず下流へと消えていきました。その後1度水面すれすれを、下流から上流へと通過していきました。オスでしょうか? 結局1時間ほどいましたが、メスは確認できず・・・オスが餌を運んでいる様子もなく・・・何らかの原因でもう繁殖行動は終わってしまったのではないでしょうかね。

0502_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年4月30日

ワンチャンス!

今日はどうせダメだろうと思い、散歩するつもりで16時過ぎに出かけました。フィールドでは7、8人のカメラマンが全員撤収の準備・・・今日も「最悪」との言葉を残して誰もいなくなってしまいました。(^o^)  ま、折角来たんだから予定通り池の周りを散歩、50分間くらい歩いた17時過ぎに鳴き声・・・どこだどこだと見渡せど、姿は確認できず、トベラの裏側に回ったところで、トベラの枝にいるのを見つけました。それから反対側に置いてあった機材を取りに猛ダッシュ・・・息を切らしてトベラに戻ったときには、非常無情にもカワセミの姿がない~! 裏側に回ってみると、回り込んでピラカンサ方面へ飛んでいく姿が・・・またも重い機材を背負って反対側へ猛ダッシュ! 久しぶりにピラカンサの枝に止まるカワセミを見ることができました、が、もう息切れしてヘロヘロ状態、日々の池の散歩で鍛えてはいるものの、流石に体力的に限界でした・・・歳はやっぱり取りたくないですね。幸い落ち着くまでの数分間、飛び込みを待ってくれました、嬉しい、ありがとう! ここは集中して、気合いを入れて狙ったので、結果はOKでした。猛ダッシュが報われました。(大笑) 結局一発でゲットした後すぐに食べてしまい、トベラの裏側で羽繕いして川の方へ飛んで行きました。結局ワンチャンスでしたが、一応採餌を確認、明日以降も恐らく何度かは飛来してくれるでしょう。

0430_1.jpg

0430_2.jpg

0430_3.jpg

残念ながらこの後4コマ続けて没・・・
0430_4.jpg

0430_5.jpg

0430_6.jpg

この後もファインダー内で追ってはいたのですが、AFは追従してくれませんでした・・・
0430_7.jpg

お馴染みのピクセル等倍・・・
0430_8.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年4月28日

やれやれ・・・

昨日は一度も飛来しなかったので、もう終焉!だと思い込んでしまいましたが、13時過ぎに池に常駐の仲間から良い知らせが届きました。オスが戻ってきた~!!! しかもメスに魚を運んでいる~!!! やれやれです。メスに不幸があったとか、ホント、不可解すぎる状況を心配していたことが何だったのか? ということで15時頃出撃・・・16時前には懐かしのオスに再会できました。(^o^)

心配したぜ~!!! いつものオスです。トマリモノはISO64で撮影なので、ほぼピクセル等倍でご挨拶・・・
0428_1.jpg

アングルを変えて・・・美しい!
0428_2.jpg

15時55分、記念樹からの飛び込・・・水出に間に合わず・・・
0428_3.jpg

トベラの裏側で20分以上飛び込まず・・・ようやく飛び込んだ場所が・・・背景に近すぎ・・・
0428_4.jpg

また15分くらい飛び込まず・・・飛び込んだ場所がまた良くない、でも順光気味に陽が当たっていい感じ・・・今度はしっかり魚をくわえて出てきて・・・
0428_5.jpg

おいおい、魚を忘れてるよ~
0428_6.jpg

ホント、いい感じで追尾できたのに・・・
0428_7.jpg

0428_8.jpg

そのまま欄干手前の石の上へ移動・・・すると突然向きを変えて欄干の下へ・・・ほぼピクセル等倍・・・
0428_9.jpg

大物をゲットして出てきた瞬間に間に合わず、トホホ・・・この大物はメスへ、偉いぞ!
0428_10.jpg

17時過ぎにトベラに戻ってきて・・・採餌失敗! 逆光気味で水出の水飛沫に目を奪われてカワセミを見失うも、その後の数コマは追尾していた・・・
0428_11.jpg

またトベラの裏へ移動して、待つこと30分、ようやく飛び込んでお魚ゲット・・・すでに暗くなっていたため高感度で撮影、しかも後ろ向き、ピントはかろうじて魚に・・・この魚もメスの所へ・・・「明日はもっと頻繁に捕って運んでね」と、カワセミ語で声はかけておいたけど・・・
0428_12.jpg

0428_13.jpg

0428_14.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年4月27日

ついに終焉?

今日は結局、早朝から夕方まで1度も姿を見せなかったようです。私は17時頃に様子を見に行きましたが、全く気配なし、お魚だけが空しく?飛び跳ねていました。餌場としてこれほどよい場所はないはずなのに、縄張りを放棄するとは、本当に信じられないです。今はまだ繁殖時期なので、今まで守ってきた縄張りを放棄してまで、新しい相手となるメスを探しに旅立った可能性はあります。主のいなくなった池・・・いつ新しい主が出現するのか??? ただ待つしかないですね。当分の間は在庫整理になりそうです。

ISO200だと、1/3くらいまでトリミングしても全く問題ないですね。この時は水出から18コマ連写したのですが、残せたデータはこれだけでした。
0427_1.jpg

0427_2.jpg

0427_3.jpg

0427_4.jpg

0427_5.jpg

0427_6.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年4月26日

明らかな異変

昨日の様子、オスの行動パターンの変化から、何か異変が?と感じていましたが、今日の状況から営巣場所に明らかな異変があったことは間違いないでしょう。早朝組(6時~11時)、日中組(10時~16時)仲間の報告では、飛来はわずか数回、採餌はゼロ・・・つまり飛来しても何もせずに飛び去るというパターンです。私は16時45分頃出撃して、いつも魚を運んでいく川の様子を見てから池へ向かいました。17時10分頃池に着いたら、トベラの裏側の枝にオスがいました。日中組で残業していた仲間の話では、少し前に直下に飛び込んで普通サイズをゲットしたとのことでした。何とそれが今日の最初で最後の池での採餌でした。その後川の方へ飛び去って、18時半まで待ちましたが戻って来なかったのです。この異変というか、急変ぶりには、ただただ驚きました。結局トマリモノだけ撮りましたが、直前に飛び込んでいたにもかかわらず、嘴は土でかなり汚れていました。恐らく巣穴を掘っていたのでしょう。今まで抱卵していたことは、疑う余地はないので、その巣穴に何か問題が発生したのではないかと、想像しています。抱卵中の巣穴に蛇が侵入したとか、昨日の大雨(朝方は猛烈な雨だった)で巣穴が崩落したとか・・・気になるのはメスへの餌運びがなくなったことです。メスに何かあった可能性も否定できないですね。

昨年はこの枝でメスが待っていて、オスが魚を運び求愛給餌を数回披露してくれました。そもそも何故今まで止まったこともなかったこの枝にいたのか? それも不可解です。
すでに暗かったですが、D850の電子シャッターで最低感度ISO64で撮影、SS1/40秒です。ほぼピクセル等倍・・・この解像感はやっぱり凄い!
0426_1.jpg

伸びをする直前にISO1600、SS1/800秒に設定変更・・・嘴は相当汚れているのがわかりますね。
0426_2.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年4月25日

さらに悪く

朝方大雨・・・川は間違いなく増水、濁り水・・・ということで、カワセミは採餌が難しいので、池に頻繁に飛来するのでは、と期待して16時過ぎに出撃しました。あまり待つことなく、16時20分すぐに飛来してくれたので、今日はよさそうと期待したのですが・・・相変わらず飛び込場所は想定外ばかり、特に魚を捕ったときに限って最悪。4、5回の飛び込は確認できましたが、メスへ魚を運ぶ様子はなく、どこかへ消えてしまいました。聞くところによると、2時間以上姿を見せていなかったそうです。そしてその後待っても来る気配なし、といいながら18時15分まで粘り、帰り支度を済ませたらピラカンサへ飛んできました。急いで再度セッティング・・・が、準備完了前に飛び込んで普通サイズをゲット、すぐに呑み込んでトベラへ移動・・・5分くらいじ~っと下を見て、直下に飛び込みましたが失敗して、そのまま北の方へ飛び去りました。時計を見ると18時25分、撮影データを確認すると、数コマ残っていましたが、ISO12800・・・ヨンニッパ単体、F値開放でこの感度です、つまりカワセミを目視できない暗さだったってことです。生態カメラマンとしての務めですね、こんな時間まで撮影を試みたのは・・・(^o^)

今日はこの2コマだけにしておきます。
0425_1.jpg

18時24分・・・感度がISO12800ではね・・・半分にトリミングしてリサイズしてこの画質です。
0425_2.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年4月24日

出が悪く・・・

推測するところ、オスとメスの抱卵時間に変化があったのでしょう、つまりオスが担当する抱卵時間が長くなったのではないでしょうか。オスの飛来間隔が大きくなりました。数日前まではメスに魚を運んだ後、1時間ほどで戻ってきたのに、2時間半~4時間の間隔に! ということで出が悪く、必然的に撮影チャンスが大幅に減りました。今日も15時過ぎにフィールド着でしたが、飛来して魚を持っていったのは14時過ぎて、その後飛来したのは17時でした。それで1発でゲットしてすぐにメスの所へ・・・10分後に戻ってきて、2度採餌、1度目は自分で食べて、2度目は持っていきました。

0424_1.jpg

0424_2.jpg

0424_3.jpg

0424_4.jpg

0424_5.jpg

0424_6.jpg

0424_7.jpg

最後の飛び込は18時過ぎ、ヨンニッパ単体で開放にしてもISO6400、1/3までトリミングすると、流石に画質面でも解像面でも相当厳しいですね。
0424_8.jpg

0424_9.jpg

0424_10.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年4月23日

不可解・・・

昨日の草刈り、張り切りすぎました。腕、背中、肩・・・ひどい筋肉痛で参りました。といいながら懲りずに今日も15時過ぎにフィールド着、何故か昼間以外は、早朝午前、午後は出が悪いとのことで、何となくいや~な予感・・・いつものように待ち時間を利用して池の周りを散歩、10周してもまだ飛来しません。疲れたので談笑していると、突然上空をカワセミが通過・・・数分後今度は2羽が上空を通過・・・そして数分後また通過・・・川の方から池の上空を通って釣り堀方面へ、でも旋回しているようでした。ペアリングの解消?侵入してきたカワセミを追い払った? 不可解です。思えば昨日、嘴に土を付けていたことも不可解、そして昨日まで頻繁にメスへ魚を運んでいたのに今日はあまり運んでいない・・・上空を何度か通過したであろういつものオスがピラカンサの枝に飛来したのは16時過ぎで、すぐに飛び込んで失敗、その後トベラの枝経由ですぐに川の方へ飛んで行ってしまいました。その時点で私以外のカメラマンは全員撤収・・・それから待つこと1時間、諦めて帰ろうとしたらピラカンサへ戻ってきました。10分くらい飛び込みそうで飛び込まない、と、何故か欄干へ移動して2度水浴び・・・何故? その後記念樹へ移動、すぐに飛び込んで普通サイズをゲットしてトベラへ移動。私も移動すると、飛び込まずに裏側の高い枝へ・・・そこで15分何もせず、もう目視できないくらい暗い・・・ようやく真下に飛び込んで普通サイズをゲットしてトベラへ・・・すぐに呑み込んで飛び込み体勢・・・飛び込んで失敗、そのまま反対側の石から2度水浴びして羽づくろい、17時45分、何故か北の方へ飛び去りました。昨日まで夕方数回、メスへ魚を運んでいたのに・・・餌運びはどうなった? 超不可解・・・というか、明日以降ちょっと心配ですね。

厚い雲に覆われて17時というとかなり暗かったので、高感度で撮るしかなかったですが、それでも大きくトリミング・・・
0423_0.jpg
この次の瞬間・・・
0423_1.jpg
こんな所に飛び込まなくても・・・次のコマから見事に背景にピントが取られてしまいました。
0423_2.jpg
ヨンニッパ単体にしてもISO6400、流石にこれ以上トリミングはできません・・・
0423_3.jpg
0423_4.jpg
0423_5.jpg
0423_6.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年4月22日

恒例の草刈り

今日は早朝からいつもお世話になっているカワセミ・フィールドの草刈りをしました。年に2度、カメラマン仲間が30人ほど集まって行う恒例の行事です。その後カワセミ撮影したのですが、長時間いたわりには成果が乏しかったですね。相変わらず飛び込場所がよくない・・・欄干絡みばかりでした。

欄干の下へ飛び込むか、手前の背景がうるさい場所か・・・ノートリだとカワセミって小さいですね(^o^)・・・背景がこんなにうるさくても・・・
0422_0.jpg
ここまでトリミングすれば・・・
0422_1.jpg
0422_2.jpg
0422_3.jpg
背景が絵にならない欄干でも・・・D850の最低感度ISO64で撮影してノートリだといくらトリミングしても画質面で問題なし・・・
0422_4.jpg
ここまで大きくトリミングしてしまえば・・・
0422_5.jpg
さらに次のコマもジャスミンをほぼピクセル等倍までトリミングして・・・
0422_6.jpg
0422_7.jpg
0422_8.jpg
これも同じように・・・
0422_9.jpg
0422_10.jpg
なかなかいい場所へは飛び込んでくれません・・・
0422_11.jpg
0422_12.jpg
0422_13.jpg
0422_14.jpg
0422_15.jpg
0422_16.jpg
0422_17.jpg
0422_18.jpg
0422_19.jpg
0422_20.jpg
0422_21.jpg
0422_22.jpg
陽差しが強かったので、適正露出で撮ると背景は暗い感じに・・・
0422_23.jpg
0422_24.jpg
メスへ餌運びは相変わらず・・・抱卵中かと思いますが、何故か1度嘴に土を付けて戻ってきました、その後水浴び、羽づくろい・・・意味不明!
0422_25.jpg
0422_26.jpg
0422_27.jpg
中州の両端にピラカンサとトベラの枝が・・・iPhoneで撮影。
0422_30.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2018年4月21日

Oh! Nein!

ここ数日、15時以降はこのパターンばかり。欄干の下へ2度、欄干の手前3度・・・撮れるわけがないじゃない・・・もう夕方狙いはやめました。

0421_1.jpg
0421_2.jpg
0421_3.jpg
0421_4.jpg
0421_5.jpg
0421_6.jpg
ギリギリセーフ!
0421_7.jpg
0421_8.jpg
羽閉じだったので、ピクセル等倍に・・・(^o^)
0421_9.jpg
0421_10.jpg
0421_11.jpg
こんな所に飛び込まれたら、1コマにピントが合えばいいかなって感じですね。
0421_12.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年4月20日

今日もイマイチ

オスがメスに魚を持っていくと、抱卵の交代なのが、戻ってくる時間が長くなりました。昼間は4時間も戻ってこなかったとか・・・フィールド着後の15時過ぎにタイミング良く戻ってきて、50分くらいの間に数回、飛び込んで・・・勿論飛び込場所は相変わらず撮影にはよくなかったですが・・・16時前にまたメスに持っていきました。それから再び戻ってきたのは18時前でした。そしてすぐに採餌、自分で食べずにまたメスに持っていき、5分後に戻ってきてまた自分で食べずにメスに・・・このオス、一体いつどこで夕食を済ませているのかな?(^o^)

飛び込む場所が背景に近すぎて、ピントが来ないことが多い・・・
0420_1.jpg
お魚に目が入っているけど、カワセミの目は・・・
0420_2.jpg
背景に民を撮られることもなく、水出のタイミングも良かったのに・・・お魚がない!
0420_3.jpg
0420_4.jpg
0420_5.jpg
0420_6.jpg
少し離れた所から・・・8コマ連写したけど、ピントが来て残せたのは2コマだけ・・・
0420_7.jpg
0420_8.jpg
お魚なしの時の方が、何故かデータが残る・・・
0420_18.jpg
0420_19.jpg
18時過ぎの最後の飛び込はトベラから、想定より遠くへ飛び込んだので、枝には戻らず・・・水出から14コマ連写したけど、最初の5コマはピン甘、羽閉じ、間の数コマもピン甘・・・そもそもISO6400なので条件はかなり厳しかったですね。大きくトリミングすると、流石にノイズが・・・
0420_9.jpg
0420_10.jpg
0420_11.jpg
0420_12.jpg
最後は自分で食べると思ったら、メスに持っていきました・・・
0420_13.jpg
こんなシーンも・・・欄干の下へ飛び込んで水出後の2コマは真っ黒・・・陽の当たる所に出てきて・・・
0420_14.jpg
0420_15.jpg
0420_16.jpg
0420_17.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年4月19日

久しぶりの・・・

久しぶりのホバは嬉しかったのですが、今日も枝に飛来後、長時間待たされ、集中力が完全に削がれてしまいました。飛び込場所もイレギュラーばかりで、苛立ちは募るばかりです。

3秒くらいホバってくれたので、しっかり撮れました。もっと背景が青ければ良かったのですが・・・
0419_1.jpg
0419_2.jpg
ピラカンサの枝の下、日陰になっていましたが、何とかデータを残せました。
0419_3.jpg
低感度で撮ったので凄い解像感・・・
0419_4.jpg
0419_5.jpg
0419_6.jpg
0419_7.jpg
トベラからの飛び込はまた直下で逆光・・・
0419_8.jpg
ヨンニッパ単体で撮影・・・気に入ってます・・・ほぼピクセル等倍・・・
0419_9.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年4月18日

抱卵中?

今日は天気が回復した15時半頃にフィールドに着きましたが、どうも抱卵中ではないかと・・・とにかくメスが姿を見せないので、状況が全く読めないのですが、メスに魚を運んで1時間半ほど戻ってこなかったこと、その後1時間以内に3度続けてメスに魚を運んだことからの読みです。抱卵は交代でメスが7割以上、しかも夜はメスが担当するので、オスは抱卵していたメスに給餌した後、1時間半ほど抱卵し、その後夜に備えてメスのために短時間に3度魚を運んだ・・・

想定外の夕陽の当たる場所に飛び込んだため超露出オーバー・・・現像時にマイナス2補正しました。水出は水面反射でピンが来ませんでした。
0418_1.jpg
マイナス1補正・・・
0418_2.jpg
ここから陽の当たらない場所に入って補正なしの適正露出・・・
0418_3.jpg
0418_4.jpg
0418_5.jpg
今日もトベラの枝直下に飛び込んで・・・逆光だったし、水出から葦被れ・・・
0418_6.jpg
0418_7.jpg
0418_8.jpg
0418_9.jpg
0418_10.jpg
この後すぐに料理してメスの元へ・・・
0418_11.jpg
久しぶりに複数コマ追えましたが、やっぱり速すぎてピンは来ていても流れてしまってます・・・
0418_12.jpg
0418_13.jpg
0418_14.jpg
0418_15.jpg
少ない撮影チャンスだったので、飛び込んだら魚はしっかり捕ってもらいたい・・・
0418_16.jpg
0418_17.jpg
0418_18.jpg
0418_19.jpg
0418_20.jpg
0418_21.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2018年4月17日

また良くない元の・・・

今日は夕方から雨の予報だったので、いつもより少し早い14時過ぎに出撃・・・また良くない元の悪パターンでした。結局16時過ぎに雨がポツポツ・・・成果が乏しい中、撤収しました。

飛び込はわずか3回だけでした。
0417_1.jpg
0417_2.jpg
0417_3.jpg
0417_4.jpg
0417_5.jpg
0417_6.jpg
0417_7.jpg
0417_8.jpg
0417_9.jpg
0417_10.jpg
0417_11.jpg
0417_12.jpg
0417_13.jpg
0417_14.jpg
0417_15.jpg
0417_16.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2018年4月16日

最良のパターン

今日は15時過ぎに出かけたのですが、すでに大パフォーマンスが終わった後でした。が、聞くところによると、どうも朝から、最良のパターンだったようです。オスのメスへの給餌回数が増えたため、飛び込回数が大幅に増え、勿論撮影チャンスも大幅に増える結果に。15時以降も2時間ほどで飛び込が10回程度あったので、久しぶりに楽しめました。相変わらず撮影には好ましくない場所への飛び込もありましたが。それからお相手のメスが姿を見せてくれないので、求愛給餌は見ることすらできないのですが残念。でもこのまま飛び込回数が維持されれば、撮影自体は十分楽しめそうです。

ザリガニかと思ったら、どうもトンボの幼虫(水生昆虫)のようです。
0416_1.jpg
0416_2.jpg
この直前に超ショート・ホバがあったのですが、水出から全コマ背中向き、羽閉じでした。
0416_3.jpg
0416_4.jpg
久しぶりにトベラから飛び込で追尾できました。5コマ目から7コマ目まで連続して完璧な羽閉じだったのが残念・・・
0416_5.jpg
0416_6.jpg
0416_7.jpg
0416_8.jpg
0416_9.jpg
0416_10.jpg
0416_11.jpg
0416_12.jpg
トベラに戻って料理するかと思ったら、何故か対岸の石の方へ・・・
0416_13.jpg
0416_14.jpg
ピラカンサの枝からの飛び込は相変わらず角度があってAF追尾が難しい・・・
0416_15.jpg
0416_16.jpg
この後すでにピン甘・・・
0416_17.jpg
0416_18.jpg
0416_19.jpg
0416_20.jpg
お魚があればよかったのに・・・
0416_21.jpg
0416_22.jpg
0416_23.jpg
0416_24.jpg
0416_25.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2018年4月14日

最悪パターン

今日は午後から強風の予報通り、かなり強い風が吹いていましたが、結局出かけました。が、最悪のパターンでした。

例のオスはピラカンサの枝で出迎えてくれたので、急ぎ機材をセット・・・強風で波が立って魚が見えないようで10分くらいでトベラへ移動・・・ここもダメのようで10分くらいで裏側へ。10分くらいしてようやく飛び込んで大物ゲット! しかし飛び出しは背中向き・・・
0414_2.jpg
連写するも、背景が近すぎてピントを持っていかれ、7コマ目でようやくピンが戻った瞬間は羽閉じ・・・
0414_3.jpg
葉被れの場所でメスのために料理して飛び出したときも羽閉じ、しかもピン甘・・・
0414_6.jpg
意外と早く戻ってきて、自分のために採餌開始・・・しかしピラカンサの枝から30分以上の飛び込まない・・・何故?どうして???と一瞬目を離した隙に飛び込んだ!!! 慌ててレンズを振ったら・・・流石AF精度の高いD850、見事にジャスピンでカモをとらえてくれました!(大笑)
0414_1.jpg
お腹がすいていたらしく、すぐにピラカンサの横の枝に・・・そして飛び込んで小さめのザリガニをゲット! 連写して唯一のジャスピンがまたも羽閉じ・・・
0414_4.jpg
次はメスのための採餌で再び同じ枝へ・・・飛び込んで大物ゲット! しかし誰一人撮ることができない欄干の下・・・欄干に戻ってメスのために料理かと思ったら自分で食べてしまいました。(^o^) 15分くらい動けずにまったり、ようやく身軽になって水浴び・・・すでに待ち疲れてヘロヘロ状態で集中力はマイナス状態・・・結果はジャスピンのカットはこれだけ・・・
0414_5.jpg
その後は何事も起こらず撤収・・・しかしカワセミがいたのに、撮影チャンスがあまりにも少ない・・・ストレスを貯めたくないのでしばらくフィールド通いはお休みします。

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年4月13日

少しリベンジ

昨日の惨敗のリベンジが少しできました。お魚付き水出が何度か撮れたのですが、相変わらず望むところへはなかなか飛び込んでくれず、しかも水出の後はどこへ飛んでいくか分からない・・・本当にカメラマン泣かせのカワセミです。メスへの餌運びの回数がさらに増えているので、順調に求愛給餌、交尾、巣穴掘りなど進んでいるようです。メスが池に飛来しないことだけが、残念ですね。

まだこの子の追尾が思うようにできません。行動パターンを理解するまでにはもう少し時間がかかりますね。
0413_1.jpg
0413_2.jpg
0413_3.jpg
0413_4.jpg
0413_5.jpg
0413_6.jpg
0413_7.jpg
0413_8.jpg
0413_9.jpg
0413_10.jpg
0413_11.jpg
0413_12.jpg
0413_13.jpg
0413_14.jpg
0413_15.jpg
0413_16.jpg
0413_17.jpg
このタイミングだけは悔やまれます。ゴールデンタイムだったのに水出に間に合わず、迫ってくる被写体には追従せず・・・
0413_18.jpg
お魚なし水絡みは後ほど・・・

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年4月12日

水絡み全滅

今日はもう言葉がありません。集中力の欠如もあって爆速のカワセミを追えず、お魚付き水絡みは全滅・・・

0412_1.jpg
0412_2.jpg
0412_3.jpg
0412_4.jpg
0412_5.jpg
0412_6.jpg
0412_7.jpg
0412_8.jpg
0412_9.jpg
0412_10.jpg
0412_11.jpg
0412_12.jpg
0412_13.jpg
0412_14.jpg
0412_15.jpg
0412_16.jpg
0412_17.jpg
0412_18.jpg
0412_19.jpg
0412_20.jpg
0412_21.jpg
0412_22.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (3)

2018年4月10日

痛恨!

今日は15時半くらいに着いて、あまり待ち時間なく飛来してくれたんですが、本当に飛び込む場所が悪くて参りました。しかも飛び込スピードが速すぎる、飛び出した後どこへ行くか分からないので、レンズを振るタイミングを上手く合わせることができずにAFが迷って追従しません。17時過ぎにトベラの枝で最後の飛び込みチャンスがあったんですが、逆光気味で水出を追えず、一瞬ファインダー内で確認できた後にレンズを振りましたが、ファインダ内でピントが来ていないことが分かりました。痛恨!

新緑バックはいいですね、嘴がまだ土で汚れてます、一体いつまで巣穴掘りは続くのだろう・・・
0410_1.jpg
久しぶりに低感度で撮影できたので思いっきりトリミング・・・
0410_2.jpg
0410_3.jpg
これもピラカンサの枝から直下の飛び込・・・迫り来るカワセミはAFが追えません。
0410_4.jpg
0410_5.jpg
0410_6.jpg
これが痛恨のシーン、水出後のこの1コマだけピンがきましたが、その後ピンが外れてさよなら・・・
0410_7.jpg
大きな魚を運ぶようになったので、「愛」は実っていると信じたいですが、メスを池に連れて来ないと給餌が撮れない・・・
0410_8.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年4月 9日

今日も・・・

今日は16時過ぎに出かけましたが、やっぱり撮影チャンスは少なかったです。最後に魚をメスに運んでいきましたが、求愛給餌シーンは見ることもできませんでした。

0409_1.jpg
0409_2.jpg
0409_3.jpg
迫ってくる被写体には全く反応せず・・・
0409_4.jpg
0409_5.jpg
その前にトベラから飛び込んでお魚なし・・・
0409_6.jpg
0409_7.jpg
0409_8.jpg
0409_9.jpg
0409_10.jpg
0409_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年4月 8日

不調・・・

まだ花粉の時期が過ぎていないので、長時間フィールドで「待つ」のは辛いです。今日も15時頃出かけましたが、待ち時間が長すぎ・・・飛来しても撮影チャンスが少ないので1発勝負。3月ほぼ全休したので、もっと撮影チャンスがないと、カワセミの速さについていけません。求愛給餌も全く見ることすらできていません。ということで体調も撮影も不調・・・

水出に間に合ったのに、その後はすべてピン甘・・・
0408_1.jpg
折角背景色がよいタイミングだったのに・・・大きくトリミングできずに残念。
0408_2.jpg
この時大物をゲットしてくれていたら・・・
0408_3.jpg
0408_4.jpg
0408_5.jpg
0408_6.jpg
水浴び・・・
0408_7.jpg
0408_8.jpg
0408_9.jpg
0408_10.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年4月 7日

待った甲斐が・・・

今日は15時頃出撃しましたが、オスが10分前に大物をゲットしたと言われガッカリ。メスは姿を見せていないとのことだったので、散歩がてら川の方へ様子を見に行ったり時間潰し・・・メスの姿はなく、池でオスの再来を待ちましたが、1度トベラに15分くらい何もせずいただけで再び姿を消してしまいました。17時過ぎには厚い雲に覆われ、風も強くなり、何となくダメっぽい気がしましたが、1枚も撮ってなかったので、もう少し待つことに・・・で、17時半にピラカンサの枝に戻ってきました。風で波があったので飛び込まないと思って一瞬目を離した時に飛び込まれ、お魚ゲット・・・でも幸い小物だったので、再びピラカンサへ・・・やっぱり波がある上に暗いので、魚が見えないらしく、波の立っていないトベラの枝へ移動・・・本当に暗かったのでテレコン外して待つこと数分・・・お見事! 大物ゲット! 私も久しぶりに20コマをゲット! 待った甲斐がありました。(^o^)

20コマ連写しましたが、暗いせいなのか、魚が暴れるせいなのか、追尾していたのにジャスピンとピン甘の繰り返し、数コマ完全な羽閉じなどで、残せたのは9コマだけでした。飛型の一番いいカットを大きくしてみましたが(横8256ピクセル→1350ピクセルにトリミング、→520ピクセルにリサイズ)、適正露出だったのでノイズは許容範囲ですかね。
0407_1.jpg
以下、横8256ピクセル→1850ピクセル・・・
0407_2.jpg
0407_3.jpg
0407_4.jpg
0407_5.jpg
0407_6.jpg
0407_7.jpg
0407_8.jpg
0407_9.jpg
この大物を料理して呑み込むまでに7、8分かかってました。
0407_10.jpg
0407_11.jpg
0407_12.jpg
春らしい背景を選んでISO64、SS1/8秒で撮りました、満腹になって嬉しそう・・・
0407_13.jpg
こちらも新芽が出てきて春らしくなりました。
0407_14.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年4月 5日

リベンジ・・・

昨日、2時間待ちで1度も水絡みの撮影チャンスがなかったので、今日は少し早い16時前に出撃・・・到着時には出迎えてくれました、が、急ぎ機材をセットしたのになかなか飛び込まない、結局15分くらい待たされましたが、5回連続して飛び込んで、中2回お魚ゲットでした。その後トベラへ飛んで行ったので、移動してみると、しばらく様子を見ていると何となく飛び込む気配がない、すると再びピラカンサの枝へ・・・猛ダッシュで戻りましたが、機材を下ろすタイミングで飛び込んで見事に大物をゲット! 何と意地の悪いカワセミ!(^o^) このパフォーマンスの後、5、6人いたカメラマンは全員撤収・・・「もう飛び込はないですよ」と言われましたが、何となく再び戻ってくる予感が・・・その予感が当たってピラカンサへ戻ったのは、17時30分過ぎでした。マジで暗かったので、テレコンを外して、F2.8の開放で撮りました。それでもISO6400・・・適正露出で撮ったので、何とか許容範囲のデータは残せました。

0405_1.jpg
0405_2.jpg
0405_3.jpg
0405_4.jpg
0405_5.jpg
0405_6.jpg
ホント、今にも雨になりそう空模様で暗かったです、意地で待っていましたが、やっぱり明るい時に撮りたいですね。(^o^)
0405_7.jpg
0405_8.jpg
0405_9.jpg
最後はピラカンサの真下、暗かったので余計に追いつけない・・・
0405_10.jpg
0405_11.jpg
このタイミングでジャスピンでしたが、大きくトリミングすると流石にノイズが凄いですね。
0405_12.jpg
ショートホバもあったんですが、背中向き、しかも5コマすべて同じような羽閉じでした。
0405_13.jpg

投稿者eisvogel : 23:30 | コメント (4)

2018年4月 4日

汚い嘴

帰国したばかりで時差ボケの中、しかも花粉が「非常に多い」中、カワセミに挨拶に行ったのですが、時すでに遅し、だったようです。18時過ぎまで2時間待ちましたが、結局オスもメスも1度も飛来せずでした。1度川へ様子を見に行くと、オスがまったりしていました。その嘴を見ると鱗で汚い・・・何度も採餌していたようです。

0404_1.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年4月 3日

桜満開

昨12月にホバを楽しんだ場所は、3月29日はまだ桜が満開でした。

似たような瞬間ばかり・・・
0403_1.jpg
0403_2.jpg
0403_3.jpg
0403_4.jpg
0403_5.jpg
0403_6.jpg
0403_7.jpg
0403_8.jpg
0403_9.jpg
0403_10.jpg
0403_11.jpg
0403_12.jpg
0403_13.jpg
0403_14.jpg
0403_15.jpg
0403_16.jpg
0403_17.jpg
0403_18.jpg
0403_19.jpg
0403_20.jpg
iPhoneで撮影・・・
0403_21.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年4月 1日

順光は・・・

順光は背景色が綺麗だからいいですね。1ヶ月ぶりのトビモノ系撮影、しかもまだ行動パターンの全く分からない出会いの浅い個体・・・本当に追いつくのは難しいです。カメラの反応も、久しぶりの撮影だと鈍い感じで、ファインダー内で追えていたのに、結果はピン甘連発でした。やっぱり1ヶ月のブランクは大きいですかね。

3月29日の撮影分・・・
0401_1.jpg
0401_2.jpg
0401_3.jpg
0401_4.jpg
0401_5.jpg
0401_6.jpg
0401_7.jpg
0401_8.jpg
0401_9.jpg
0401_10.jpg

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (2)

2018年3月29日

いよいよ求愛給餌

仲間のブログを見たら求愛給餌が始まったようなので、花粉地獄は覚悟の上で14時頃出撃しました。途中の川沿いは桜が満開・・・良い眺めですね・・・池に着いたら、待ち時間なしてお魚付き水絡みをゲット、本当に久しぶり、1ヶ月ぶりです。折角出てきたのだからいっぱい撮りたいと期待しましたが、1時間後の採餌は死角へ飛び込まれてガッカリ、それから待つこと1時間50分・・・失敗も含めて4回続けて飛び込んでくれたので、そこそこデータが残せました。嬉しい! そしてメスが来ないので諦めていた求愛給餌・・・17時前にメスが飛来、オスが飛び込んでお魚ゲット、そして給餌しました! 昨年より1ヶ月も早く求愛給餌を撮ることができました、が、メスが想定外の場所に飛んできて・・・明暗差が大きい、逆光気味、あっという間の出来事なので露出設定を変更する時間、余裕もなく20コマ、撮りきってしまいました。結果は露出アンダー・・・でもRAWで撮っているので、何とかなりました、ノイズは目立ちますが・・・

今、現像している時間がないのでとりあえず6コマ・・・
0329_1.jpg
0329_2.jpg
0329_3.jpg
0329_4.jpg
0329_5.jpg
0329_6.jpg
残念ながらD850の連続撮影は、RAW、14bitで20コマまで、この後1、2秒してシャッターを切ったときには給餌は終わってました。

投稿者eisvogel : 23:00 | コメント (2)

2018年3月26日

お魚付きが・・・

花粉飛散中はお休みしていますが、お魚付きが懐かしいですね。そそ、12月にホバリング撮影を楽しんでいたところは、地元の桜の名所なんですよ。今が丁度満開の時期で、カワセミ撮影が楽しめる状況なら出かけたいのですが・・・

0326_1.jpg
0326_2.jpg
トンボも一緒に・・・
0326_3.jpg
0326_4.jpg
0326_5.jpg
0326_6.jpg
0326_7.jpg
0326_8.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年3月23日

お魚なしの方が・・・

残念ながら採餌の成功確率が100%というカワセミは存在しません。狩りの上手い個体でも50%超えは珍しいかも。ということで折角の水絡みのチャンスでも、お魚なしの方が多いですね。

D850で追尾できても羽閉じがあったり、一瞬ピンが抜けたり、全コマしっかり撮れることも少ないです。昨10月撮影分・・・大きくトリミングしています。
0323_1.jpg
0323_2.jpg
0323_3.jpg
0323_4.jpg
0323_5.jpg
0323_6.jpg
0323_7.jpg
0323_8.jpg
0323_9.jpg
0323_10.jpg
0323_11.jpg
0323_12.jpg
0323_13.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年3月22日

ファイルサイズが・・・

D850は本当に素晴らしいカメラですが、唯一のデメリットはファイルサイズが巨大なこと。ま、有効画素数4575万画素だから当然なんですが、RAWで撮っていると現像も含めた処理が大変、在庫の整理が一向に進みません。ホバリングのようにワンチャンスで、10コマ、20コマって撮ってしまうと、500コマ、1000コマなんてあっという間です。羽閉じカットは即削除するようにしていますが、それでも昨12月のオスと2月のメスが懸命にホバってくれたので、未公開カットはまだ1000コマ以上あるかも・・・(^o^)

この時は18コマ、羽閉じは削除して11コマを残しました。
0322_1.jpg
0322_2.jpg
0322_3.jpg
0322_4.jpg
0322_5.jpg
0322_6.jpg
0322_7.jpg
0322_8.jpg
0322_9.jpg
0322_10.jpg
0322_11.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2018年3月20日

2時間半

今日は雨の予報で花粉が少ないということでしたが、雨が大丈夫そうだったので、15時過ぎに久しぶりにフィールドへ行きました。カメラマンは一人もいなくて、ちょっと淋しかったですが、10分ほどで新しい池の主になったというオスが飛来してくれました。ところが30分、枝でまったり、結局何もせず飛び去ってしまいました。30分くらいで戻ってきたのですが、今度は枝を転々と移動・・・飛び込みそうで飛び込まない、魚がいないことはないと思うのですが・・・17時を過ぎて雨がポツポツ・・・暗い、1回くらい飛び込を撮らせてくれよ~とカワセミ語でお願いしても無視されました。やっぱり頻繁に足を運んで仲良しにならないとダメですかね。とはいっても花粉時期は行けません。

2時間半もいたのに、本当に飛び込は、私の見える範囲では1度もなかったです。背景が良くないので、大きくトリミングしました。
0320_1.jpg
0320_2.jpg
0320_3.jpg
0320_4.jpg
0320_5.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年3月17日

まだ花粉ピーク

まだまだ花粉のピークは続きますね、フィールドに出る気にはなれない、かといってブログを更新せずに放置もできない、ということで在庫を整理しようと思ったら、いっぱいありすぎる上に、D850のファイルサイズが大きすぎて整理が大変・・・やっぱり気が進まない・・・

ホバリング撮影を楽しんでいた日々が懐かしい・・・
0317_1.jpg
0317_2.jpg
0317_3.jpg
0317_4.jpg
0317_5.jpg
0317_6.jpg
0317_7.jpg
0317_8.jpg
0317_9.jpg
0317_10.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2018年3月 7日

当分の間・・・

当分の間お休みになりそうです。フィールドの仲間のブログなど、毎日覗いていますが、川も池も本当に状況はよくないようです。どうしてしまったのか? 特に先月まで早朝に限りあれほど活発にホバを披露してくれていた若いメス個体が姿を見せなくなってしまったとのこと。以前も触れましたが、同じ木の枝に頻繁にモズが飛来していたのを見ていたので、12月にモズにやられてしまったオス個体のことを思い出してしまいます。悪夢は2度あって欲しくないですね。繁殖期なのでどこかのオスと一緒になってくれたと、思いたいです。花粉がピークになってきたこともあり、無理をせずに在庫整理に励むことにします。

12月にホバを繰り返し披露してくれたオス個体、その雄姿から「大将」の上の「元帥」に昇格させて「ホバ元帥」と呼んでいましたが、毎日30回、40回と撮影チャンスを与えてくれたので、写真整理が追いつかず、1回のホバに1カットづつしか紹介していませんでした。お休みしている間、10コマ程度づつ、羽閉じ以外の様々なホバを紹介しましょう。

0307_1.jpg
0307_2.jpg
0307_3.jpg
0307_4.jpg
0307_5.jpg
0307_6.jpg
0307_7.jpg
0307_8.jpg
0307_9.jpg
0307_10.jpg
0307_11.jpg

投稿者eisvogel : 22:30 | コメント (2)

2018年3月 3日

花粉地獄

2月まではほとんど気にならなかった花粉・・・本当に一気に大量の花粉が飛散するようになってしまいました。まさかカワセミが花粉症ということはないでしょうが、このタイミングに合わせるかのようにカワセミの出は極端に悪くなってしまいました。今日もフィールドには行きませんでしたが、川も池も最悪、撮影チャンスがゼロ状態だったようです。明日は最高気温が20度とのことで、ポカポカ陽気=花粉地獄なので、一歩も外へは出られませんね、家で大人しくしています。(^o^)
この1ヶ月、ホバばかり撮っていましたが、早朝の暗い時間帯から始まるので、高画質を求めると、当然シャッタースピードが遅くなる・・・ま、それでもホバは空中で止まっている状態なので撮ることはできます。が、ホバ終了後に反応してレンズを振っても、結果はブレブレ写真しかのこせません。川での撮影は、陽が当たり出すと逆光気になってしまうので、結局SSを稼ぐことはできない事情があります。ということで私の場合、ホバ狙いの設定では、晴れて明るい時でISO100~400で、大体SSは1/500秒くらいが上限です。
珍しく1/800秒で撮ったときのホバ後・・・嬉しいことに羽の開きが理想的な瞬間を切り取れました。
0303_1.jpg
0303_2.jpg
0303_3.jpg
D850の魅力を引き出すためには、やっぱりできるだけ低感度で撮りたいですね、6時33分、まだ薄暗いときのホバ、感度はISO2500~3200が適正な設定ですが、敢えてISO1000にするとSSは1/125秒でした。このSSでは羽はブレブレ、見えるギリギリでしょうか・・・当然ホバ終了後の数コマは頭部もブレブレで写真になっていなかったですね。(^o^)
0303_4.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2018年3月 1日

花粉が・・・

ついに花粉が飛び始めました。撮影チャンスがいっぱいある状況なら、喜んで花粉地獄の中でも頑張るのですが、もう川のホバは楽しめる状況ではなくなったし、池の方はペアリングまでまだ時間がかかりそうだし・・・当分の間は大人しくしていた方がよさそうです。

改めて万能カメラD850の魅力を・・・とにかくD5がニコンの最上位機種のはずなのに、もう完全にサブに降格、というか、もう使うことはないかも・・・(^o^)
やっぱりこの解像感、D5では無理ですから・・・絞り開放、下がピクセル等倍。
D850/AF-S 400mm f/2.8E FL ED VR/TC-14EⅢ F/4/ISO64/SS1/60
0301_1.jpg
0301_2.jpg
D850/AF-S 400mm f/2.8E FL ED VR/TC-20EⅢ F/5.6/ISO400/SS1/640
0301_3.jpg
0301_4.jpg

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (2)

2018年2月24日

3日続けて・・・

3日続けてホバの状況は悪く、残念ながらホバ終了って印象ですね。4日前までは対岸の枝、土手に飛来すると100%、最低でも1度はホバを見せてくれたのですが、この3日間、その確率は1%までになってしまいました。今朝も何度も土手に来たのですが、数秒のホバは1度だけ、後は超ショートホバ=1秒程度を数回・・・ホバをして採餌という狩りのパターンはなくなり、直接飛び込んで採餌するようになりました。残せるデータも激減、折角早寝早起きが習慣になりつつあったのですが、もう早起きはやめます。早寝といっても12時前に寝ることはなく、睡眠不足状態を続けてまで出かける気力がなくなりました。

久しぶりに2匹同時ゲットが撮れました・・・
0224_1.jpg
0224_2.jpg
0224_3.jpg
0224_4.jpg
0224_5.jpg
0224_6.jpg
0224_7.jpg
数秒のホバ・・・・余裕を持って数コマ撮影・・・
0224_8.jpg
ショートホバ・・・
0224_9.jpg
0224_10.jpg
0224_11.jpg
ショートホバは、ファインダー内で合焦が確認できた瞬間に終了って感じです・・・
0224_12.jpg
0224_13.jpg
0224_14.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年2月23日

2日続けて・・・

2日続けてホバなし! 厳密に言うと、何度かあったあのですが、ホバというより、ちょっと立ち止まったって感じで、ピントが合って1コマ、2コマ、シャッターを切るのが精一杯、当然タイムラグがあるので、まともなホバ写真は残せません。直接飛び込んで、簡単に採餌できてしまうようになったので、狩りのスタイルが変わってしまったようです。対岸の木や土手に飛来しても、とにかくホバはしない、しなくなってしまいました。とても残念です。

残せたデータはホバ終了後の瞬間だけ・・・
0223_1.jpg
0223_2.jpg
0223_3.jpg
ホバしないと楽しくないです、ホバの設定にしていると、トビモノ系はSSが遅すぎてデータはほとんど残せないので・・・
0223_4.jpg
0223_5.jpg
0223_6.jpg
0223_7.jpg
0223_8.jpg

投稿者eisvogel : 23:20 | コメント (2)

2018年2月21日

お疲れ様!

今朝は7時前からホバが始まったんですが、くもりで暗かったし、すぐにホバの位置を変えたり、ほんの一瞬のホバ後に飛び込んだりで、数回シャッターを切ることすらできませんでした。それから1時間、撮影チャンスがなく、やっとホバをするエリアに戻ってきたと思ったら、直接飛び込んで超大物をゲット・・・ところが25分間も格闘した末に呑み込むことができずに落としてしまいました。長時間、お疲れ様!(^o^)

ホバ狙いだったので、SSは1/500秒・・・ホバせずに直接飛び込んだので、水出に間に合いませんでした。12コマ連写しましたが、やっぱり1/500秒では流れてしまってデータはのこせないですね。
0221_1.jpg
0221_2.jpg
0221_3.jpg
0221_4.jpg
0221_5.jpg
0221_6.jpg
0221_7.jpg
格闘開始・・・
0221_8.jpg
0221_9.jpg
0221_10.jpg
0221_11.jpg
実はこの状態で10分くらい身動きもできなかったので、呑み込めないと思いました。
0221_12.jpg
0221_13.jpg
逃した魚は本当に大きかった!
0221_14.jpg
7時前後に撮ったホバは、皆、SSが遅かったので、羽が見えない・・・
0221_15.jpg
0221_16.jpg
0221_17.jpg
0221_18.jpg
0221_19.jpg
大物を落とした後のホバ・・・
0221_20.jpg
0221_21.jpg
0221_22.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2018年2月20日

また最悪かと・・・

今朝は8時までに散発で2度しかホバをしてくれなかったので、また最悪の日になるか・・・と、早々撤収しようかと思っていたところ、8時10分頃から30分間で20回以上ホバってくれました。今日も晴れで陽差しが強くなっていたので、カワセミに露出を合わせると、黒バックが多くなってしまいましたが、水面バックでホバしたときにとてもいい角度、いい羽の開きのタイミングで撮ることができて、いや、この1枚だけで十分すぎるくらいの満足感を味わいました。ホバ撮影は奥が深く、楽しみも多い・・・だから毎日出かけてしまうんですね。(^o^)

今日のお気に入り・・・よいところでホバってくれました。
0220_0.jpg
0220_1.jpg
最初のホバは7時31分・・・
0220_21.jpg
7時45分・・・
0220_22.jpg
以下、8時9分~38分・・・
0220_23.jpg
0220_25.jpg
0220_24.jpg
0220_26.jpg
0220_27.jpg
0220_2.jpg
0220_3.jpg
0220_4.jpg
0220_5.jpg
0220_6.jpg