« トップページ »

2007年1月 1日

今年も・・・

新しいカワセミ年が明けました。今年もよろしくお願いします。

0101-001.jpg

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (6)

2006年12月21日

カワセミの絵皿

私の写真をモチーフにカワセミを皿に美しく描かれた方がいます。「蓮と翡翠」という作品ですが、この度上野で開催される「チャイナペインティングの美 展」に出品されるそうです。興味のある方が実物を見にお出かけ下さい。私も時間があれば是非行きたいと思っています。

2007年1月16日(火)~21日(日)
10:00~17:00
東京芸術大学陳列館(東京・上野 芸大美術学部内)  

1221-001.jpg

投稿者eisvogel : 22:46 | コメント (2)

2006年12月19日

キレイな鳥

雑誌「バーダー」1月号の恒例になったBEST10、一昨年の好きな鳥で第1位に選ばれたカワセミ・・・当然ですが・・・今年はキレイな鳥で第1位に輝きました、当然ですね。(^o^) 昨年は会いたい鳥で第12位という屈辱な結果にショックを受けましたが・・・冷静に考えれば、いつでも会える鳥なので、当然でしたね・・また1位に返り咲いたのでホッとしています。(^o^) ヤマセミはモノクロだから今回はちょと不利でしたね、でも第7位、意外だったのがアカショウビンの第10位・・・あの強烈な赤は、本当にキレイなんですが・・・。カワヤマアカがBEST10の常連に名を連ねてくれるので、何か写真掲載も恒例になってしまいました。(^o^) 今回はカワ5枚、ヤマアカ各2枚、掲載されています。

1219-001.jpg

投稿者eisvogel : 23:02 | コメント (3)

2006年11月15日

朝靄

寒くなってくると早朝の川は靄に包まれることが結構あります。撮影にはちょっと厳しい条件になりますが、雰囲気のある絵作りには効果的です。実はこの後ホバってくれたのですが、靄とカワセミが小さいことで、カメラのAFが見事に誤作動してしまい・・・残念でした。朝靄のカワセミは、MFで撮りましょう。

1115-001.jpg

投稿者eisvogel : 21:31 | コメント (0)

2006年10月28日

ヤマセミはどこ・・・

参りました、本当にヤマセミがいつものフィールドから消えました。今朝はまず9月にほぼ毎回会えたポイントで2時間待ちましたが、全くダメ、その後上流へ1km、下流へ2km・・・考えてみたら、その間釣り人にも会わなかったので、魚が消えたのかも。(^_-) カワセミも出会ったのはたった1個体・・・またも成果に乏しく、疲れだけが残ってしまいました。明日はどうしようか、家で寝ていた方がいいかもね。

やっぱり遠い・・・大トリミングでこのサイズ。
1028-001.jpg

投稿者eisvogel : 20:12 | コメント (0)

2006年10月14日

通過のみ

ランカウイへ行っている時に、関東地方はもの凄い大雨だったとのことで、先週末は旅の疲れもあって自宅でのんびりしていました。もう川の水位も下がっているだろうと思っていたら、いつも降りている川原がまだ水没状態、川の流れも変わっていたし、何かいや~な予感がしたら、やっぱりヤマカワさん、全くダメでした。カワセミがたった一度通過しただけ、勿論1枚も撮れませんでした。釣り人には一人も会わなかったし・・・ということは、ヤマセミの餌がいなくなってしまったのかも。明日はどうしますかね。

「お気に入りの部屋」に在庫のホバを3枚、追加しました。
1014-001.jpg

投稿者eisvogel : 23:41 | コメント (0)

2006年9月30日

ホバは嬉しい

今日は午後からのんびりヤマセミ探し・・・といっても久しぶりにブラインドに入って1ヶ所で待ちました。ヤマセミは1度通過しただけ、その後すぐに釣り人が川を渡ってきたので、恐らく釣り人がヤマセミを飛ばしたんでしょう。17時まで待って今日も撮影枚数ゼロか・・・と思いながら帰り支度を始めるとカワセミの鳴き声・・・慌ててブラインドの中へ戻ってみたものの、カワセミまでの距離は相変わらず遠い、しかも暗くてISO200で1/40秒が適正露出、これじゃ写真にならない・・・その瞬間何とカワセミが手前に飛んできてホバ~、20コマくらい撮りました。低速SSで面白いブレ写真になったし、ホバはやっぱり嬉しい~ですね。これだけで往復3時間かけたことが報われました。

クロップ・ノートリでこの大きさ・・・
0930-002.jpg

半分くらいにトリミング、ノートリはデジ一眼の板に・・・
0930-001.jpg

投稿者eisvogel : 23:57 | コメント (0)

2006年9月17日

カワセミとの再会

何かこのブログ、「翡翠との出会い」という名にしては、カワセミの出が悪くて申し訳ないですね。せめて掲示板でカワセミを沢山紹介してくれるといいのですが・・・スミマセン。昨日は6時間、ヤマセミ・フィールドを彷徨いましたが、結局残ったのは太ももの筋肉痛と肩こりだけでした。カワセミは何度も見かけましたが、遠くて写真を撮る気力もなし。今日はポイントを1ヶ所に絞り、ひたすらヤマセミの登場を待ちましたが・・・その間にカワセミが2度撮影範囲に来てくれました。久しぶりに興奮しながらトマリモノを数カット、勿論トビモノなんか撮れませんでしたね、ホバのチャンスがあったんですが、ニコン様のAFが見事に背景にピントを持っていってしまいました。

テレコン付けて、クロップにして半分にトリミングしてこの大きさです。
0917-001.jpg

敢えてノートリ・・・小さい~
0917-002.jpg

投稿者eisvogel : 23:32 | コメント (0)

2006年6月24日

小さい~

今日はのんびり出かけましたが、川にはやっぱり釣り人は多かった・・・です。土日はもうヤマセミは難しいですね。この春に巣立ったカワセミはかなりの数になるかもしれません。幼鳥に少なくとも4羽は出会いました。いずれも遠く、写真を撮る気になったのは1度だけでした。やっぱりカワセミは小さい~

クロップノートリでこの大きさ・・・
0624-01.jpg

ノートリだとこの大きさ・・・デジ一眼の板でもう少し大きく見られます。
0624-02.jpg

投稿者eisvogel : 23:52 | コメント (0)

2006年5月23日

懐かしい青い鳥

こんなタイトルにすると皆さんに怒られそうですね。(^o^) 「翡翠との出会い」なのにカワセミの話題に乏しいブログになってしまいました。もっとも画像掲示板では毎日新鮮なカワセミが見られますが・・・
ヤマセミ・フィールドでは必ずといっていいほど、カワセミに会うことができるのですが、とにかく距離があるのでシャッターを押すことがほとんどなくなりました。この写真のようにブラインドの目の前に来てくれることも滅多にないし・・・だから懐かしいんですよね、この大きさが。

0522-01.jpg

投稿者eisvogel : 22:21 | コメント (0)