« トップページ »

2017年10月18日

今日のピラカワ

午前中は何度かピラカンサの枝に飛来したようですが、午後は私がフィールドに着いた15時前も後も1度も飛来しませんでした。ということで今日の「ピラカワ」はなしです。いつものトラベの枝からの飛び込も1度だけ、後は柳から1度・・・水路で1時間近く池の主のメスと川から時々侵入してくるメスが睨めっこしていました・・・1度空中戦を見ましたが、縄張り争いはまだ続いているようです。

トベラの枝に戻ってくれれば、もっと楽に追尾ができたのに・・・最近こういうケースも多くなりました。
1018_1.jpg
1018_3.jpg
1018_4.jpg
1018_5.jpg
1018_6.jpg
1018_7.jpg
1018_8.jpg
1018_9.jpg
飛び込の時間が遅くすでにかなり暗い・・・上の写真はISO6400、下の写真はISO16000です。大トリミングすると、ノイズも気になるし・・・もっと低感度で撮れる条件下で撮影したいですよ。ちなみにISO6400とISO16000の元画像を見ると、解像度の差ほどノイズの差はないですね。
1018_10.jpg
1018_11.jpg
1018_12.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年10月17日

雫がイマイチ

今日は雨がやんだ12時過ぎにリベンジを果たすべく気合いを入れて出撃しました。が、雫がたっぷり残っていた時間帯には飛来してくれず、結局14時48分まで待たされました。雫は少なくてイマイチでしたが、とにかく1分以上止まっていてくれたので、構図、ピント合わせ等もしっかりできてやっと、やっと撮れた!って感じでしたね。その後30分以内に2度も飛来、反対側からもしっかり撮影チャンスがあってとても嬉しい一日になりました。(^o^)

ノートリだとカワセミが小さいのでトリミングしてます。ノートリ、リサイズの大きな画像は掲示板で紹介しています。
1017_1.jpg
ほぼピクセル等倍!
1017_2.jpg
カワセミは美しい!
1017_3.jpg
1017_4.jpg
1017_5.jpg

投稿者eisvogel : 23:17 | コメント (0)

2017年10月15日

雫ピラカワ

ピラカンサに雨の雫がつくタイミングに・・・そう期待して昨日は昼過ぎから、今日は朝から昼までと夕方、雨の降る中その瞬間を待ち続けました。で、結果は・・・16時57分に1度だけ飛来、しかもたったの10秒程度いただけでした。雨ということもあり、すでに目視で確認するのが難しいくらい暗くなってから・・・もう諦めて撤収しようと思っていた時でした。「来た!」と慌てて反応して、D850の電子シャッターを使うためにライブビューに切り替え、レリーズのボタンを1度押して・・・あっという間に終わりでした。露出がアンダーだと気づきましたが、設定し直すわずかな時間もなし、幸いレリーズをイチ押しで6コマ撮っていたので、その中2コマは残すことができました。ISO64でSS1/8秒・・・適正露出はSS1/2秒でしたね。今日は雨の中10名以上のカワセミ病カメラマンが・・・この瞬間まで私も含め4名が待っていましたが、暗いこともあってまともなデータを残せたのは私だけだったかも・・・しかし1日に1度だけ、しかも10秒・・・これではもう雨の中行く気にはなれませんね。(^o^) 

RAWで撮っていたので、現像時にプラス補正して・・・流石に画質のよいD850です、プラス補正しても全く問題はないです。ノートリ・・・
1015_1.jpg
以下、お好みに合わせてトリミング・・・
1015_2.jpg
1015_3.jpg
1015_4.jpg
トベラの枝では相変わらず、飛来すると何もせず10分、20分・・・色々設定を変えて撮りました。SS1/1600秒・・・雨が点、点、点・・・
1015_5.jpg
SS1/200秒・・・雨が線・・・
1015_6.jpg
SS1/30秒・・・雨が糸・・・
1015_7.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年10月14日

SS1/6秒

シャッタースピードが1/6秒って、暗い時にデジスコでトマリモノを撮っている感覚ですね。以前海外遠征した時には、軽量システムのデジスコを何度も持参したものです。特にジャングル系のカワセミの仲間は、暗い所に生息しているので、一眼レフ特有のミラーショックがない無振動のデジスコはとても重宝しました。1/2秒とか、1秒で撮ったこともあります。実は今日は雨模様だったので、出かけるつもりはなかったのですが、暗くても電子シャッターが使えるD850で雫付きの「ピラカワ」が撮れるかも、と期待して昼過ぎに出撃しました。が、17時まで待ってもピラカンサの枝には1度も飛来してくれませんでした。トラベの枝からの飛び込も少なく、本当にひどい1日でした。

トベラの枝に止まっている時に、ISO64固定、1/4秒、1/6秒、1/8秒、1/10秒で撮ってみました。勿論レリーズ(リモートコードMC-36A)使用、流石にこのSSだと、カワセミが微妙に動いているので、被写体ブレが発生しますが、4、5コマ連写することで1コマ、2コマはデータを残せますね。それからやっぱり絞り開放で撮ると、解像面でかなり不利になります。1段か2段は絞った方が間違いなくいいですね。
1/6秒、ほぼピクセル等倍・・・
1014_1.jpg
飛び込は2度失敗、1度は手前すぎてAFが水出に全く間に合いませんでした。
1014_2.jpg
1014_3.jpg
1014_4.jpg
1014_5.jpg
1014_6.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2017年10月13日

秋雨

今年の梅雨は雨が少なかったですが、10月になって秋雨で1週間以上雨模様とは・・・フィールドは「ピラカワ」でよい時期なんですが、とても残念ですね。勿論今日の撮影はお休みでした。

昨日のトビモノ系・・・飛び込は15時以降4回ありました。
1013_1.jpg
1013_2.jpg
1013_3.jpg
1013_4.jpg
1013_5.jpg
1013_6.jpg
1013_7.jpg
1013_8.jpg
1013_9.jpg
1013_10.jpg
1013_11.jpg
1013_12.jpg
1013_13.jpg
1013_14.jpg
1013_15.jpg
1013_16.jpg
1013_17.jpg
1013_18.jpg
1013_19.jpg
1013_20.jpg
1013_21.jpg
1013_22.jpg
1013_23.jpg
1013_24.jpg
1013_25.jpg
1013_26.jpg
1013_27.jpg
1013_28.jpg
1013_29.jpg
1013_30.jpg
1013_31.jpg
1013_32.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2017年10月12日

電子シャッター

D850は、無音、無振動の電子シャッターが使えます。無振動なので、超低速でシャッターを切っても、ミラーショックなどによるブレが発生しないというメリットは大きいですね。ということで今日は、残念ながらピラカンサの枝には飛来してくれませんでしたが、その下の枝に10分くらい止まっていたので、しっかり電子シャッターを試してみました。

以下SS1/20秒・・・
1012_1.jpg
1012_2.jpg
SS1/15秒・・・
1012_4.jpg
ノートリだとカワセミがあまりにも小さいので、ほぼピクセル等倍にトリミングした画像を紹介します。SS1/15秒でも素晴らしい撮影結果が得られますね。
1012_5.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年10月10日

早起きは・・・

・・・三文の得、とは言えませんね。何か2日続けて早起きしたのに、時間の無駄になって「大損」したって感じです。とにかくお目当ての場所に来てくれない・・・6時53分に来た後は、11時1分まで待たされました。それからすぐに撤収、16時前に再度出撃しましたが、飛来してくれたのはもう陽が完全に落ちた17時6分、15分・・・トマリモノをしっかり撮りたいと思っていましたが、ただ疲れただけでしたね。

6時53分撮影、早朝の順光時が最も映えますね、ノートリ、いや~美しい!・・・
1010_1.jpg
すでに陽が高くなって陽差しも強くなりましたが、11時1分撮影・・・
1010_2.jpg
・・・流石D850です、ダイナミックレンジの広さがこの表現になるのでしょう・・・ほぼピクセル等倍!
1010_3.jpg
トラベの枝からの飛び込み設定のままとりあえず1枚撮影・・・17時6分、ISO8000・・
1010_4.jpg
再びトラベへ戻ったので飛び込設定、しかし陽が落ちた後なのでどんどん暗くなってテレコン外してもISO25600の世界・・・再度ピラカンへ、17時15分撮影・・・
1010_5.jpg
感度をISO800まで下げて撮影・・・
1010_6.jpg
ピラカンサの枝の下枝・・・カワセミに陽が当たらないので撮影条件は最悪・・・
1010_7.jpg
無音、無振動の電子シャッターを初めて試してみました、ISO64、SS1/30秒・・・ほぼピクセル等倍!
1010_8.jpg
トビモノ系は4度チャンスがありましたが、水出はすべてこんな感じ・・・しかもお魚なしでした。
1010_9.jpg
1010_10.jpg
1010_11.jpg
1010_12.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (6)

2017年10月 9日

たったの15秒

今日は朝から晴れの予報だったので、順光の「ピラカワ」期待で6時前に出撃・・・祭日ということもあり、いつの間にかカメラマンが30人以上・・・何か異様な熱気も漂う中で主役の登場を待ちました。が、1時間経ち、2時間経っても飛来しません。で、ピラカンサの枝に飛来したのは8時28分・・・「来た!」と一斉にシャッター音が鳴り響いたと思ったら・・・たったの15秒で飛び出してしまいました。恐らく1枚も撮れなかったカメラマンもいたでしょうね、お気の毒です。というのも結局1度だけ、この15秒間しかピラカンサの枝にいなかったのです。トビモノのワンチャンスは何度も経験しましたが、トマリモノのワンチャンスなんて初めてです。実はトビモノも7時11分のワンチャンスだけでした、しかもお魚なし・・・カワセミ撮影は確かに「忍耐」です、来るのを待つしかないですからね。でも本当に人には限界というものがありますよ。私のカワセミ撮影史上、最悪の1日だったかも・・・

1009_1.jpg
1009_2.jpg
1009_3.jpg
朝陽を浴びていい感じ・・・どうしてお魚がないのか理解できません。(^o^)
1009_4.jpg
1009_5.jpg
1009_6.jpg
1009_7.jpg
1009_8.jpg
1009_9.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2017年10月 8日

D850で完璧

今日は早朝から出撃・・・恐ろしく出が悪く、イライラが募るばかり・・・でも10時前にようやく順光で完璧なトマリモノ・・・そして完璧なトビモノをしっかりD850に納めて撤収しました。

コメントは不要ですね、完璧でした。(^o^)
1008_0.jpg
ノートリ、リサイズのみ・・・
1008_1.jpg
カワセミは小さいのでほぼピクセル等倍にトリミング・・・
1008_2.jpg
陽が差す前の7時に飛来・・・
1008_3.jpg
8時40分・・・ノートリ、リサイズのみ・・・
1008_4.jpg
ピラカンサの下の枝・・・・ノートリ、リサイズのみ・・・
1008_5.jpg
完璧なトビモノの前の9コマ・・・
1008_6.jpg
1008_7.jpg
1008_8.jpg
1008_9.jpg
1008_10.jpg
1008_11.jpg
1008_12.jpg
1008_13.jpg
1008_14.jpg
うむ、D500は永久に出番なし、D5も当分出番なし・・・かな?

投稿者eisvogel : 12:00 | コメント (4)

2017年10月 7日

待ち疲れ

今日は4時間待って、たった1度、しかも1分くらいしかピラカンサの枝に来てくれませんでした。飛び込んで採餌に失敗・・・トベラの枝では、2、3度飛来して多分合計で1時間半以上は止まっていたでしょう、3度飛び込んで1度は誰も撮れない場所でエビをゲット、1度は普通サイズ・・・すでに17時過ぎでISO12800・・・1度は採餌に失敗・・・17時23分でISO25600の世界でした。最悪に近い状況でしたね。

トベラの枝で30分くらい何もせず、ピラカンサへ移動したので、トビモノ設定のまま機材を担いで移動・・・ISO800、SS/1250秒ままとりあえず10コマくらい連写・・・
1007_1.jpg
感度をトマリモノ設定のISO64、SS1/125秒に変更したと、ほぼ同時に飛び込み・・・瞬時に縦位置から横位置にカメラを動かして水出を狙いましたが・・・SS1/125秒だったことを思い出して、撮影データを確認・・・結果は以下の通り!(^o^)
1007_2.jpg
1007_3.jpg
1007_4.jpg
1007_5.jpg
1007_6.jpg
トベラでまた30分以上何もせず・・・ようやく飛び込んだ時には17時過ぎで、ISO12800・・・
1007_7.jpg
1007_8.jpg
1007_9.jpg
さらに20分くらい待たされて、目視できないくらい暗くなったので、感度をISO25600にしただけじゃなく、テレコンも外してヨンニッパ単体で撮影・・・
1007_10.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)