トップページ

2020年7月 4日

今後は・・・

今後は幼鳥に期待ですね。5月から池の主になったオスは、もう期待できないでしょう。今日は池に着いたのが16時過ぎでしたが、3羽いるはずの幼鳥の姿もなく、撮影チャンスはあるのかな、と気にしながら散歩を始めました。16時15分に幼鳥が欄干に飛来、その後東側の小池で数回採餌して川の方へさようなら。40分にオスがピラカンサの枝に飛来、20分間くらい何もせず、ようやく飛び出したら真下の背景に近すぎて写真にならない場所へ飛び込んで小魚ゲット、即、欄干で食べてさようなら。その間にオスの幼鳥が東側の小池にいたようで、機材を担いで移動したときには飛び去るときでした。17時33分にメスの幼鳥が、何とピラカンサのメインステージに飛来・・・ほぼ真下に飛び込んで採餌失敗・・・東側の小池へ・・・超ショートホバをしたり、何度か飛び込んで小物をゲットして川の方へさようなら。57分に別の幼鳥がピラカンサのメインステージに飛来・・・急ぎ順光側へ移動してISO64、SS1/25秒で激写・・・と、突然ライブビューから姿を消したので、前方を見ると、何と目の前でホバってる~・・・慌ててライブビューのままレンズを振りましたが、照準器を使わない私には液晶画面に入れることなど不可能・・・元に戻してファインダーを覗いたときにはホバは終わってました。ホバ後飛び込まずに欄干へ移動・・・何度か撮れない場所に飛び込んだ後、飛び出してホバ~・・・ショートホバでしたが、確実に数コマ撮れたと思って確認すると、2コマ残っていました、が、2コマとも羽が開いていない・・・完全にホバに見放された! その後ピラカンサの下の石へ移動・・・また最低感度ISO64で「イシカワ」を激写、SSは1/20秒・・・数コマしか撮らないうちに石の上から直接飛び込んだので、またライブビューのまま無意識に身体が反応しましたが、悲しいかなSSが1/20秒では結果は明らか、幻想の世界でした。(^o^) どこかへ飛んでいったので、幼鳥たちの夕食は終了だと思ったら、撤収準備を始めた18時半過ぎにカワセミが飛来・・・オス? いや、メスの幼鳥でした。欄干から何度か採餌した後、東側の小池の杭の上へ・・・「ホバれ~」とカワセミ語で懇願したら、18時56分、目の前、10m以内の至近でホバってくれました。(^o^) 短かったですが、8コマ残せました! ヨンニッパ単体、F値開放、ISO6400という暗さでしたが、嬉しい~! 何よりもカワセミ語が通じたことが嬉しい~! ということで、今後は幼鳥のパフォーマンスに期待しましょう!

最後の最後に羽が全開のホバ~・・・至近で深度が浅かったので、頭部以外のボケ具合、そして日没時の特有の発色もお気に入りです!
_00704_01.jpg

水出後のショートホバ・・・これも完璧・・・ホバの羽の開きは運ですね。
_00704_02.jpg

残せた2コマが羽閉じ・・・残念!
_00704_04.jpg

ショートホバ終了後の3カット・・・
_00704_03.jpg

_00704_12.jpg

_00704_13.jpg

今日も獲物は小物ばかり・・・
_00704_08.jpg

_00704_09.jpg

_00704_10.jpg

_00704_11.jpg

ホバの後は3回採餌・・・ISO12800、ほぼ半分にトリミング・・・一応、何か捕ってます。
_00704_05.jpg

_00704_06.jpg

最後の採餌は19時1分でした。
_00704_07.jpg

他のカットは後ほど・・・

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年7月 3日

最悪・・・

今日はいつものカワセミ散歩の時間帯から雨になる予報だったので、14時前に出撃しました。何とオスがピラカンサの枝でお出迎え、ラッキー! 急ぎ機材をセットしましたが、いつまで待っても動きなし、結局30分待たされて、飛び込まずにさようなら・・・すると数分後、どこで捕ったのか、大物をくわえてお休み処にいるではないですか・・・しっかり料理して営巣場所の方へ運んで行きました。メスに運んだ? 分かりません。昨日まで姿を見せていた2羽の幼鳥もどこにもいない・・・15時前にようやくオスの幼鳥が東側の小池に飛来して、少しパフォーマンスを披露してくれましたが、捕る獲物は相変わらず超ミニサイズばかり・・・雨は15時を過ぎるとパラパラ・・・結局15時45分までいましたが、オスはその後も2度飛来して、1度も飛び込まずさようならでした。ホント、最悪です。(^o^)

もっと特訓して早く大物が捕れるようになって欲しい・・・
_00703_01.jpg

_00703_02.jpg

_00703_03.jpg

_00703_04.jpg

_00703_05.jpg

_00703_06.jpg

_00703_07.jpg

_00703_08.jpg

_00703_09.jpg

オスを撮ったのは、この証拠写真だけでした。
_00703_10.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年7月 2日

快晴・・・

久しぶりに朝から快晴・・・でも暑い上に陽差しが強いと、撮影条件は良いとは言えないですね。16時半過ぎに出かけましたが、陽差しはまだ強く、幼鳥2羽が出迎えてくれましたが、よい撮影チャンスには全く恵まれませんでした。オスも18時半を過ぎても飛来せず、結局姿すら見かけませんでした。

_00702_11.jpg

_00702_12.jpg

_00702_13.jpg

_00702_10.jpg

ここはいつでも陽が当たらない・・・
_00702_14.jpg

_00702_15.jpg

昨日のホバ・・・暗くても強い陽差しよりはいいですね。
_00702_08.jpg

_00702_09.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年7月 1日

幼鳥ホバ

雨模様で強風・・・今日のカワセミ散歩はどうしようか迷いましたが、昨日雨でお休みしたので16時過ぎに出かけました。幼鳥は2羽、出迎えてくれたのですが、相変わらず撮影のできない場所へ飛び込むことが多い、1度、遙か遠くでホバっているのに気づき、何とか数コマ残せましたが、成果はイマイチでした。17時前には2羽とも姿を消してしまい、雨雲レーダーを頻繁にチェックしながら散歩を続けていると、17時20分過ぎに南側の暗い場所で幼鳥を発見・・・数分後に飛び出して水面近くでホバ~、飛び込まずに戻って、再び数分後にホバ~・・・またどこかへ飛び去ってしまったので、後はオスの飛来を待つだけ・・・で、オスは暗かったせいか、定刻より早い18時25分にいつもの枝に飛来・・・10分くらいしても飛び込まず、結局強風で枝が大揺れした際に飛び去ってしまいました。おかげさまでISO25600で撮らずに済みました。(^o^)

ホバ3回・・・
_00702_04.jpg

_00702_05.jpg

_00702_06.jpg

_00702_07.jpg

_00702_01.jpg

_00702_02.jpg

_00702_03.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月30日

雨、雨、雨・・・

今日のカワセミ散歩は雨のためお休み、明日以降、月が変わっても、雨模様の日々が続きそうですね。

幼鳥が一度だけピラカンサの高枝から飛び込んだところを撮らせてもらいましたが、豪快な水飛沫だけで・・・
_00701_01.jpg

・・・顔を出したらお魚なしでした、残念・・・
_00701_02.jpg

以下は、1m以内の高さからの飛び込なので、レンズを振って水出にピントを持っていくのは、至難の業です。獲物が小さくても絵になりませんが、何もなしでは・・・・
_00701_03.jpg

_00701_04.jpg

_00701_05.jpg

_00701_06.jpg

_00701_07.jpg

_00701_08.jpg

_00701_09.jpg

_00701_10.jpg

_00701_11.jpg

_00701_12.jpg

_00701_13.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月29日

2羽だけ

今日のカワセミ散歩は16時過ぎに開始、オスは相変わらず、18時前には姿を見せず、幼鳥2羽が、少しだけ楽しませてくれました。で、オスは今日もほぼ定刻、18時45分にいつもの枝に飛来、感度はまだISO6400・・・48分に飛び込んで一発で大物ゲット、お休み処で食べた後しばらくお休み・・・再び同じ枝に戻った時にはまだISO12800だったのですが、日没は19時1分・・・暗くなる速度が上がりますが、なかなか飛び込まず、結局またISO25600の世界へ突入・・・SSは1/640秒ではかなりアンダー、1/500秒へ・・・飛び込んだのは19時8分、勿論暗すぎてカワセミは全く見えず、水飛沫に反応してレンズを振りましたが、想定よりかなり手前に飛び込まれたので、AFが追いつかずにすべてピンボケ、大物をゲットしていたので残念でした。それでつくづく思ったのですが、ISO25600の世界って、カワセミを撮っているのではなく、水飛沫を撮っているということなのです。(^o^) しっかりカワセミを撮りたいので、もうISO25600になるまで待つのはやめますよ。

幼鳥が捕る獲物はまだ小さい・・・大トリしても獲物が何なのかよく分かりませんね。
_00629_01.jpg

_00629_02.jpg

_00629_03.jpg

_00629_04.jpg

_00629_05.jpg

_00629_06.jpg

_00629_07.jpg

_00629_08.jpg

_00629_09.jpg

_00629_10.jpg

飛び込む前には葉や枝を噛んで獲物を捕らえる練習・・・
_00629_11.jpg

_00629_12.jpg

今日も2羽が何度か並ぶシーンが・・・
_00629_13.jpg

_00629_14.jpg

_00629_15.jpg

18時48分、ISO6400・・・残念ながら背中向きでした。
_00629_20.jpg

_00629_21.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月28日

幼鳥が3羽!

カワセミ観察・撮影歴は20年以上になりますが、一昨日と昨日、独り立ちした幼鳥が2羽、仲良く並ぶという珍しい光景を続けて見ました。今日はどこから飛来したのか、もう1羽が加わって3羽仲良く、狭い場所で採餌するという、さらに珍しい光景を初めて見ました。新しい個体は、下嘴がすでに赤く、胸にはまだ黒さが残っていますが、お腹はすでにかなり綺麗になっているので、巣立ち後1ヶ月にはなると思います。巣立った時期が違う3羽の幼鳥が、20分間という短い時間でしたが、同じ場所で採餌するって、一体どういうことなのか? この3羽の関係は? 兄弟姉妹? また不可解な謎が一つ増えてしまいました。で、親かもしれない池の主のオスは、カワセミ散歩を始めてすぐ、16時頃に飛来して、ピラカンサとトベラの中間の枝から飛び込んで、小魚をゲット、自分で食べた後さようなら・・・ちなみに久しぶりに明るい時に飛び込んだので、D850のAFが上手く機能してくれませんでした・・・連写した9コマ、すべてピンボケかピン甘でした。(^o^) 今日もISO25600で撮れることを信じて、オスの飛来を待ちましたが、やっぱり定刻、18時52に飛来、一旦飛び去りましたが、19時に再飛来、19時3分に飛び込んで、見事に大物ゲットしました。勿論撮影感度はISO25600でした。実は捕った魚はお休み処で食べて、数分後にまた同じ枝に戻ったのですが、なかなか飛び込まず、ISO25600でも、適正露出がSS1/80秒だったので撮影を断念、撤収しました。何かカワセミとの我慢比べをしているようで、思わず笑ってしまいました。

残念ながら3羽が並ぶことはなかったですが、ヨンニッパ単体のファインダー内に3羽、収めることができました。証拠写真です。3羽が同時に獲物を狙っていたので、三兎を追おうとした結果、一兎も得られませんでした。(^o^)
_00628_01.jpg

下の個体が3羽目の幼鳥です。
_00628_02.jpg

奥の一番暗い場所・・・ザリガニ、小エビ、水棲昆虫が豊富なのか、ここがまだ採餌特訓中の幼鳥には、よい餌場になっています。勿論暗すぎること、ほとんど右側の死角へ飛び込むことなど、撮影には最悪です。
_00628_03.jpg

一昨日から仲良しの2羽・・・
_00628_04.jpg

縄張り争い? 喧嘩? 単なる戯れ?
_00628_06.jpg

_00628_05.jpg

_00628_07.jpg

ホバ~・・・16連写中2コマ・・・
_00628_08.jpg

_00628_09.jpg

同じISO25600でも、オーバー気味に撮って現像時にアンダー補正すると、ノイズは明らかに目立たなくなります。ピンは来ていましたが、SS1/640秒では水出の瞬間を止めることはできないですね。
_00628_20.jpg

_00628_21.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2020年6月27日

誰の子?

今日も池には幼鳥が2羽、飛来しました。池の主のオス親は、5日前まで営巣場所方向へ餌を運んでいたので、雛が巣立ったのは3、4日前でしょう。巣立ち雛が親からの給餌を一切受けなくなり、独り立ちするには7日~10日はかかります。数日前から池で採餌するようになった幼鳥は、嘴から判断すると、一方が巣立ち後2~3週間、もう一方が4~5週間でしょう。ということで、親は池のオスでないことだけは確かです。目下、オスが池にいる時間が短いので、このまま2羽が仲良く居座ってくれるといいのですが・・・オスは今日も夕方の飛来は遅く、18時50分前・・・暗さは十分、ISO12800でホバ、ISO25600でお魚なしの飛び込を1回づつ披露してくれました。もっと早く来てくれなければ、ISO25600という望まない感度に慣れてしまいますね。(^o^)

親が同じ? 巣立ち後の雛が並ぶことはよくありますが、独り立ちした幼鳥が並ぶことは珍しいです。左の個体の嘴の方が短く、先端がまだ白いことが分かりますね。
_00627_01.jpg

こちらが右の個体・・・巣立ち後1ヶ月前後、すでに嘴の先端は白くなく、下嘴がかなり赤い・・・獲物はザリガニとかやや大きめの魚・・・
_00627_02.jpg

こちらが左の個体・・・嘴の先端がまだ白い・・・嘴も短いこともあり、獲物は小エビか極小の魚・・・
_00627_03.jpg

ISO12800なら半分までのトリミングで、ノイズ処理しなくてもよさそう・・・
_00627_20.jpg

_00627_21.jpg

ISO25600ならD6のノートリサイズまでのトリミングでノイズ処理しなくてもよさそう・・・
_00627_22.jpg

幼鳥のトビモノ系の撮影は難しいですね。低い位置から、どこへ飛び込むか全く想定できないので、飛び出してからレンズを振っても間に合いません。かといって飛び込みそうな場所にヤマをはってピンを置いていても、スバリその場所に飛び込んでくれない限りは、AFは追いついてくれません・・・
_00627_04.jpg

_00627_05.jpg

_00627_06.jpg

_00627_07.jpg

_00627_08.jpg

_00627_09.jpg

_00627_10.jpg

_00627_11.jpg

_00627_12.jpg

_00627_13.jpg

_00627_14.jpg

_00627_15.jpg

採餌に失敗したカットは後ほど・・・

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月26日

19時5分・・・

ついにISO25600の世界も19時を過ぎるようになりました。(大笑) オスがいつもの場所に飛来したのは18時50分頃、ISO12800で飛び込んでお魚ゲット、自分で食べた後は巣立ち雛のためにもう一匹、昨日よりは明るいといっても、流石に19時を過ぎたら枝にいるカワセミは全く見えない・・・勿論ISO25600へ突入・・・飛び出したように見えたけど、水飛沫が上がらない・・・ワォ~、ホバ~ってる! レンズを振ってファインダーを見たら間に合って12連写・・・感激? ホバをISO25600で撮ったのは初めて・・・勿論嬉しくない。(^o^) 19時5分に飛び込んで大物ゲット・・・水出に間に合いましたがピンボケ、でもその後ファインダー内で追いかけると、D850のAFは暗闇に強い?のか、途中から4コマがジャスピンでした。今日は見る側に立場になって、ノイズ処理をしっかり済ませて紹介します。

いつものようにヨンニッパ単体、F値開放、ISO25600、SSは1/640秒・・・3400ピクセルまでトリミング・・・
_00626_01.jpg

2800ピクセルまでトリミング・・・
_00626_02.jpg

ISO12800・・・この後も見事にすべて羽閉じで没、没、没・・・
_00626_03.jpg

今日、幼鳥が2羽、池に飛来しました。互いに追い出したりとかしないので、兄弟姉妹かも・・・巣立ち後1ヶ月前後なのでオスの子ではないと思います。一度だけ2羽が同じ枝に・・・
_00626_04.jpg

昨日見かけた個体とは違い幼鳥・・・トンボが飛んできましたが、何事も起こりませんでした。
_00626_05.jpg

採餌の練習中・・・
_00626_06.jpg

採餌開始・・・小物ばかり・・・
_00626_07.jpg

_00626_08.jpg

_00626_09.jpg

_00626_10.jpg

_00626_11.jpg

_00626_12.jpg

_00626_13.jpg

_00626_14.jpg

ショート・ホバ・・・4コマしか残せず、しかも羽の開きはみな、同じ・・・
_00626_15.jpg

_00626_16.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月25日

今日もまた・・・

どんよりした暗い日々が続きますね、今日もまたISO25600でした。(^o^) 17時過ぎに池に着くと、幼鳥が東側の小池に・・・昨日の午前中に出没したという幼鳥と同じ個体かは分かりませんが、嘴の先端が白くないこと、下嘴の中央あたりがすでに赤くなっていること(メス)から、恐らく巣立ち後3~4週間でしょう。すでに数回小物を捕って食事を済ませた後で、トマリモノしか撮ることができませんでした。池の主のオスが、池に常駐しているわけではないので、時々飛来してくれるといいのですが。で、そのオスもすぐに飛来して、いつものピラカンサの枝へ・・・17時11分、またも想定外の場所へ飛び込んで・・・完全な背中向き、ゲットした魚は川の方へ運んで行ったので、昨日か今日か、雛が巣立ったようです。巣立ち雛が何羽なのか全く確認できませんが、巣立ち後数日は雛への給餌のために大忙しのはず、ところがオス、その後1時間以上飛来しませんでした。一度飛び込んで採餌に失敗したらさようなら・・・昨日はすぐに戻って来たのですが、今日は30分も待たされて、時計を見たら18時50分でした。勿論真っ暗・・・ISO25600でSSは1/640秒・・・数分後に飛び込んで失敗、2分後に飛び込んで大物ゲット・・・トベラの裏側の方へ消えて行き、雛のためにしっかり料理して川の方へ持っていきました。未だにお相手のメスの姿は確認できず、巣立ちまでの過程には謎がいっぱいです。(^o^)

数ヶ月後には美鳥になるかな?
_00625_01.jpg

ピラカンサの枝へ・・・
_00625_02.jpg

ISO3200・・・
_00625_03.jpg

ISO6400・・・
_00625_04.jpg

またISO25600・・・半分にトリミング・・・
_00625_05.jpg

参考までに・・・大トリしてPhotoshopのノイズ軽減処理して同程度のノイズに・・・そもそもISO25600では解像しないので意味ないですが・・・
_00625_00.jpg

_00625_06.jpg

_00625_07.jpg

_00625_08.jpg

_00625_09.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月24日

ISO25600

今日のカワセミ散歩は16時45分から池で始めました。居残りカメラマンの話では、午前中はすでに採餌ができる幼鳥が、東側の小池で頻繁に採餌していたとのこと、そして主のオスは昼過ぎから何度か飛来するも、ほとんど撮影チャンスを与えてくれなかったとのことでした。幼鳥の採餌シーンが見られるかもと、少し期待しつつ、東側の小池を意識しながら歩き始めましたが、30分が過ぎ、1時間が過ぎてもカワセミの鳴き声も、気配も全くなし・・・18時を過ぎた時点で、今日は18時半までと時間を切って我慢して待つことにしました。オスがいつものピラカンサの枝に飛来したのは、18時20分過ぎでした。暗い、ヨンニッパ単体、F値開放で感度はISO3200・・・数分後に飛び込んで採餌に失敗、元に戻りましたが、残念ながら数分後に飛び去ってしまいました。これで今日は終了かなと思いつつ、東側の小池へ様子を見に行ったりして、18時半になったので撤収の準備を始めたら、ポチャン! 暗すぎて再飛来していたことに全く気づきませんでした。採餌に失敗して元に戻っていたので、こちらもまた元の場所へ・・・でもさらに暗くなってISO6400・・・数分後に遠くへ飛び出してホバ~・・・400mmではカワセミが小さい、5、6秒のホバでしたが、2度も背景にピンを持っていかれました。その2分後に飛び込んで見事に大物ゲット! お休み処で呑み込んでしばらくお休み・・・5分後に再び元の枝に戻ったので、雛に運ぶためでしょう・・・すぐに飛び込んで失敗、また飛び込んで失敗・・・それから5分ほど動かず・・・こちらも動けず・・・でもどんどん暗くなる・・・ISO12800、まだ飛び込まない・・・ISO25600、まだ飛び込まない・・・D850はこれ以上感度を上げられないので、SSを1/800秒から1/640秒へ・・・もう限界だ~! 18時53分、真っ暗、飛び出しは目視できず、水飛沫が上がった場所へレンズを振ってファインダー内でカワセミ発見! そのまま追い続けましたが・・・

ヨンニッパ単体、F値開放、SS1/640秒、ISO25600・・・水出に間に合いませんでしたが14連写、7コマは何とか証拠写真として残せました。D850はこんなに暗くてもAFが機能するので、やはりD6は買わず、あくまでも画質優先でD850の後継機を待った方がよさそうです。(^o^) このカットだけは魚がしっかり解像していたので、流石にノイズは凄いですが、少し大きめにトリミングして紹介します・・・8256ピクセル→3400ピクセル・・・
_00624_01.jpg

参考までに・・・D6のノートリのサイズ、5600ピクセルまでのトリミングなら、ISO25600でもノイズはそれほど気にならないレベル、でもこの感度では2度と撮りたくないですね。
_00624_00.jpg

以下、8256ピクセル→4800ピクセル・・・
_00624_02.jpg

_00624_03.jpg

_00624_04.jpg

_00624_05.jpg

_00624_06.jpg

_00624_07.jpg

ISO6400だと、半分以上トリミングしても何とか・・・
_00624_08.jpg

_00624_09.jpg

_00624_10.jpg

_00624_11.jpg

_00624_12.jpg

_00624_13.jpg

_00624_14.jpg

_00624_15.jpg

ISO3200だと、さらに大きくトリミング可能・・・18時24分、最初の飛び込・・・
_00624_16.jpg

_00624_17.jpg

遠くてカワセミが小さい・・・でもISO6400では、3400ピクセルくらいまでしかトリミングできないですね。
_00624_18.jpg

_00624_19.jpg

_00624_20.jpg

また途中でISO2000に変更、2200ピクセルまでトリミング・・・
_00624_21.jpg

その他2度の飛び込、お魚なし・・・
_00624_22.jpg

_00624_23.jpg

投稿者eisvogel : 23:35 | コメント (0)

2020年6月23日

久しぶりに・・・

今日は18時前は飛来しても何もせずでしたが、18時過ぎに久しぶりに3回、飛び込んでくれました。でも想定外の場所へ飛び込まれたりで、成果は乏しかった・・・カワセミ散歩が、ただの散歩になりそうで辛いですね。

またヨンニッパ単体でしたが、この後逃げていくように飛び去ってAFが動かず・・・
_00623_01.jpg

この後手前に迫ってきてAFが動かず・・・
_00623_02.jpg

この前の水出に全く間に合わず、かろうじて1コマだけジャスピンで残せました。
_00623_03.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月21日

今日もホバ~・・・

・・・1回だけ撮らせてもらいました。16時半前に家を出たら雨になったので、雨雲レーダーで確認、雨雲はすぐに消えるようなのでそのまま出かけましたが、途中から激しい雨に・・・また雨雲レーダーを見ると、5分前にはなかった雨雲が・・・相変わらずいい加減な予報に呆れつつ、しっかり雨具を用意していたので池へ向かいました。雨にもかかわらず、カメラマンが5人も・・・話しを聞くと、出が悪くてほとんど撮れていないとのことでした。何となく今日もダメかなと思いつつ、暗い中、カワセミの飛来を待ちました。17時過ぎに飛来、何もせずにさようなら・・・50分後に再び飛来、4、5秒のホバを1回披露してさようなら・・・さらに20分後に再飛来、やっぱり飛び込まずにさようなら・・・でした。今日もどこかで雛のために採餌しているはずなのですが・・・何故池で採餌しないのか? 謎が深まるばかりです。

昨日より早い時間帯でしたが、厚い雲に覆われていたため、ヨンニッパ単体、F値開放で感度はISO3200・・・悲しすぎる悪い条件下でも、背景よし、向きもよしで撮れたので、雨の中、出かけた甲斐はあった? データを確認すると高感度の割にノイズが少なかったので、8256ピクセル→2400ピクセルまで大トリ、1120ピクセルにリサイズしました。いつものように羽閉じを没にして18コマ残せましたが、羽の開き具合が同じようなカットが複数あったので、8コマだけ紹介します。やっぱりノイズが気になりますが、今更言うまでもなく、ヨンニッパは開放でも切れ味最高、ISO3200でも十分な解像感ですね。(^o^)
_00621_01.jpg

_00621_02.jpg

_00621_03.jpg

_00621_04.jpg

_00621_05.jpg

_00621_06.jpg

_00621_07.jpg

_00621_08.jpg

バッファフルのタイミングで感度をISO1600に変えましたが、残念ながら4コマしか撮れず、羽閉じばかり・・・やはり大トリするとノイズは気になるレベル、ノイズに関しては、ISO800までが私の許容範囲ですね。
_00621_10.jpg

ISO3200でも半分までのトリミングなら、ノイズは全く気にならないレベルなのですが、ヨンニッパ単体で400mmでは、20m以内の距離でもカワセミは小さいですね。
_00621_09.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2020年6月20日

ホバ~・・・

・・・って、ホント、このホバ以外は1度もシャッターを切ることができませんでした。やっぱり行動パターンが変わりましたね。18時以降、池では採餌しなくなりました。今日のカワセミ散歩も16時半過ぎに開始、池に着く前まではパフォーマンスはよかったとのことでしたが、初めて飛来したのは1時間たっぷり散歩した後の17時40分、飛び込まずにさようなら・・・30分後に飛来しましたが、長いホバを1度披露してくれただけで、飛び込まずにそのままさようなら・・・19時まで待ちましたが、再飛来はありませんでした。珍しく5、6秒の長いホバでしたが、18時過ぎ、すでに暗くて感度はISO3200・・・途中からバッファフルになったタイミングでISO1600に変更しましたが、もっと低感度で撮りたかったですね。2度もバッファフルになるようなホバは久しぶり、60コマ以上撮れたので、スカッとしました・・・でも1度くらい水絡みを撮りたかったです。

いつものように半分くらい羽閉じ、ピン甘も削除して・・・それでも20コマ以上残せました。他に紹介できるカットもないので大放出・・・
_00620_01.jpg

_00620_03.jpg

_00620_04.jpg

_00620_05.jpg

_00620_06.jpg

_00620_07.jpg

_00620_08.jpg

_00620_09.jpg

_00620_10.jpg

_00620_11.jpg

_00620_12.jpg

_00620_13.jpg

_00620_14.jpg

_00620_15.jpg

_00620_16.jpg

_00620_17.jpg

_00620_18.jpg

_00620_19.jpg

_00620_20.jpg

_00620_21.jpg

_00620_22.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月19日

不可解な行動

川のペアが実に不可解な行動を見せてくれました、まさかこのオス、すでに何度も交尾していたのに忘れた?(^o^)

SSが1/250秒だったのでブレブレですが・・・オスが交尾の体勢に・・・
_00619_01.jpg

・・・ところが何故か着地したのはメスの頭部・・・
_00619_02.jpg

その後も向きを変えずに10秒くらいメスの上に・・・
_00619_03.jpg

_00619_04.jpg

_00619_05.jpg

_00619_06.jpg

_00619_07.jpg

_00619_08.jpg

結局何のために飛来したのか? 何をしたのか? そのままさようなら・・・
_00619_09.jpg

_00619_10.jpg

5分後、再び飛来して、普通に交尾・・・
_00619_11.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月18日

ロマンチック?

今日は雨のためカワセミ散歩はお休みでした。5月に撮影チャンスのあった川のペア、求愛給餌はもっとロマンチックを連想させる場所で見せてもらいたいですね。池へカワセミ散歩に向かうときは川経由で様子を見ていますが、6月に入って一度も出会っていません。今頃どうしているのか? 

護岸で数回求愛給餌を見せてくれましたが、背景が近くてぼかすこともできず・・・
_00618_01.jpg

とてもロマンチックな光景には見えないですね。(^o^)
_00618_02.jpg

_00618_03.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月17日

行動パターンが・・・

・・・変わった? 今日も池に着いたのは16時45分頃、しばらくしてピラカンサの枝に飛来、いきなりホバを披露、その後飛び込んで、見事にお魚ゲット、自分で食べて水浴び、羽繕い・・・再びピラカンサの枝に戻ったので大いに期待したら、10分くらい何もせずにトベラの裏側へ移動、10分くらいしてペリットを吐き出して再びピラカンサの枝へ移動、それから10分くらい何もせずにさようなら・・・17時30分、ここまではいつものパターン、でもその後戻って来ませんでした。今まで18時以降、必ず複数回採餌していたのに・・・行動パターンが変わってしまったとしたら、明日からどうしよう?

ホバ14連写中5コマ・・・2段ホバは強い陽差しを受けた空抜けで、全く解像していなかったのですべて没・・・
_00617_01.jpg

_00617_02.jpg

_00617_03.jpg

_00617_04.jpg

_00617_05.jpg

一応二兎を追って二兎を得ましたが、羽の開きがすべて悪くて残念!
_00617_06.jpg

_00617_07.jpg

_00617_08.jpg

_00617_09.jpg

普通ペリットを吐き出したらすぐに採餌するはずなのに・・・
_00617_10.jpg

今日最後のトビモノがこのペリットとは・・・
_00617_11.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月16日

いいのか悪いのか?

今日のカワセミ散歩も16時半過ぎに出かけました。池に着いて2周歩いたところで北側の柳の枝に飛来、それからトベラの裏側、ピラカンサの枝など、移動するだけで飛び込む気配なし・・・陽がさして明るい時間帯に、飛び込などのパフォーマンスを披露してくれると嬉しいのですが・・・結局今日も17時前後の30分くらい、池にいたのにほとんど撮影チャンスなし、そしてその後50分くらい待たされて、再飛来して動き出したのは18時10分過ぎでした。陽は落ちてもう暗い、テレコンを外してヨンニッパ単体にしても、感度はISO1600・・・2度続けて飛び出し後すぐにショートホバ! やっぱりホバが目に入るとレンズを振ってしまいますね、でも短すぎて間に合わず、その後飛び込んだ水出にも間に合わず・・・二兎を追うものは一兎をも得ず・・・でした。数分後にまたホバ~勿論、二兎を追うつもりで再びレンズを振ると、今度は2、3秒しっかりホバって元に戻ってくれました。(^o^) その2分後の飛び込み時は、集中力が残っていたこともあって、完璧にファインダー内にとらえることができました。捕った魚は自分で食べて、水浴び、羽繕い・・・あら、今日はこれでお終い? 再びピラカンサの枝に戻ったので、これから餌運びが始まると期待しましたが、すでに18時半過ぎ・・・ヨンニッパ単体、F値開放でもISO3200・・・厳しい! 数分後に飛び込んで採餌失敗・・・水出に間に合わず、枝に戻ったので一息ついていると、何と間髪おかずにすぐに飛び込んだので、水出に間に合わず・・・ファインダー内で追うと魚が暴れてる・・・しかしピンが抜けていることも分かりました。残念! 大魚を料理して雛の元へ・・・ということは数分後にまた戻ってくると確信・・・6分後に戻って来ました。(^o^) でも感度はISO6400・・・5分経っても飛び込まずに移動・・・ようやく飛び込んで失敗・・・その後釣り堀方向へ消えて行きました。18時45分、撤収・・・今日のパフォーマンスはいい? 悪い? それ以前の問題・・・18時以降は暗い!(^o^)

陽が当たっている時間帯は移動だけ・・・
_00616_01.jpg

_00616_02.jpg

ショートホバに惑わされ、水出に全く間に合わず・・・
_00616_03.jpg

ホバ~12コマ中3コマ・・・
_00616_04.jpg

_00616_05.jpg

_00616_06.jpg

水飛沫から19コマ連写・・・水出後17コマ中、完全な羽閉じ4コマ、ピン甘3コマ没・・・
_00616_07.jpg

_00616_08.jpg

_00616_09.jpg

_00616_10.jpg

_00616_11.jpg

_00616_12.jpg

_00616_13.jpg

_00616_14.jpg

_00616_15.jpg

_00616_16.jpg

水浴び・・・
_00616_21.jpg

感度はISO3200に・・・
_00616_20.jpg

残念ながら水出に間に合わず・・・
_00616_17.jpg

_00616_18.jpg

感度はISO6400・・・何か捕ったみたいですが・・・
_00616_19.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月15日

そろそろ・・・

・・・巣立ち? 巣立ち前のダイエットのために餌運びの回数が減ったのかも。今日は16時半頃池に到着、昨日と違って明るいので、18時くらいまでなら問題ないと思って散歩を始めましたが、なかなか飛来しない・・・結局18時までに飛来したのは1度だけ、移動を繰り返して、3度飛び込んで1度成功・・・すぐに雛の元へ運んで行きました。1時間くらい待たされて、飛来したのは18時半過ぎ・・・やっぱり移動を繰り返すだけでなかなか飛び込まない、やっと飛び込んで捕った魚は自分で食べてしまいました。雛への給餌は魚1匹だけ? まさかね、恐らく近くの釣り堀で採餌していたのだと思います。巣立ち後、雛たちが池周辺に飛来してくれるといいのですが・・・

今日はカワセミが想定外の場所に飛び込んでばかりで、残せたデータも少なかったです。これは近すぎ・・・
_00615_01.jpg

背中向き・・・
_00615_02.jpg

正面向き・・・
_00615_03.jpg

想定よりはるか遠く40mくらいの場所に飛び込んで・・・何とか数コマ、ピントがきました。
_00615_04.jpg

急に向きを変えて逆方向に飛び込まれて、水出に全く間に合わず・・・
_00615_05.jpg

完璧にピンがきたのですが・・・
_00615_06.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月14日

夕靄

今日も雨模様でしたが、17時半過ぎにカワセミ散歩に出かけました。暗い上に池には夕靄がかかっていて、撮影には最悪・・・とりあえず機材をセットしていると、ポチャン・・・カワセミが出迎えてくれていたことに気づきませんでした。2度飛び込んで、2度とも失敗・・・この靄ではカワセミも魚が見えない? 3度目でようやく採餌に成功、すぐに雛?の元へ運んで行きました。それから再飛来したのは50分後の18時半過ぎ・・・靄は少し残っている程度で、見やすくなりましたが、暗さが限界に達していました。勿論ヨンニッパ単体、F値開放・・・それでも感度はアンダー気味にしてもISO6400・・・本当に最悪の条件下でしたが、飛び込んだら、やっぱり身体が反応して撮ります。見事に超大物ゲットして、また運んで行きました。5分後に戻って来ましたが、ISO12800にしても暗い! どうもカワセミにも暗すぎたようで、2度飛び出しましたが途中でホバしたようですが・・・暗くて全く見えない!・・・飛び込みませんでした。ISOが25600になってもまだカワセミは残っていましたが、こちらの方が諦めて撤収しました。夕方18時以降のパフォーマンスは悪くはありませんが、相変わらず暗くてまともなデータは残せませんね。

ファインダーにはしっかり入れたのですが、暗さと靄のせいでAFが機能しない・・・こんな条件下でトビモノ系を撮っても意味ないですね。低感度、低SSでカモ親子でも撮ればよかったかな?(^o^)
_00614_16.jpg

_00614_15.jpg

ヨンニッパ単体だとカワセミは小さい・・・高感度だと大きくトリミングもできない・・・靄が濃く、水出後の飛び出し方向が見えず、レンズを動かせませんでした。
_00614_12.jpg

_00614_13.jpg

_00614_14.jpg

ISO6400でアンダー気味に撮ったので、ノイズが凄い・・・これ以上のトリミングは不可ですね。
_00614_01.jpg

_00614_02.jpg

_00614_03.jpg

_00614_04.jpg

_00614_05.jpg

_00614_06.jpg

_00614_11.jpg

_00614_07.jpg

_00614_08.jpg

_00614_09.jpg

_00614_10.jpg

この魚の大きさが雛用なら、巣立ちは近そうです。
_00614_17.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月13日

独り立ち前

今回観察していた甘えん坊の雛が、独り立ちしたのは巣立ち後10日目でした。10日間も両親の縄張り内にいるような巣立ち雛は珍しいかも。4日目からは自分で採餌しようという試みを始めていましたが、失敗ばかり繰り返していました。結局お腹を満たすことができずに、親に甘えるしかなく、給餌は続きました。勿論親は頻繁に独り立ちを促し、給餌回数も減らしてはいましたが・・・

6月5日の様子・・・オス親が飛来すると、餌があってもなくてもすぐに飛んできて・・・何か雛の方が親より大きく見えますね。(^o^)
_00613_01.jpg

親は追い出そうとしますが・・・
_00613_02.jpg

雛は餌の催促・・・
_00613_03.jpg

場所を変えても・・・
_00613_04.jpg

親が餌をくわえて飛来すると・・・雛は猛ダッシュ、危ない!
_00613_05.jpg

親はすぐには渡さず・・・
_00613_06.jpg

10秒くらいしてようやく給餌・・・
_00613_07.jpg

20分後・・・奪い取るように親に突進・・・
_00613_08.jpg

親が渡そうとしないので・・・
_00613_09.jpg

襲いかかるように・・・
_00613_10.jpg

別の場所でも給餌・・・
_00613_11.jpg

結局この日は2時間半の間に5回も給餌がありました。雛は朝からほとんど採餌や給餌がなく、余程空腹だったようです。
_00613_12.jpg

6日は集中豪雨前、16時半には撤収したので、給餌は1度だけ・・・
_00613_13.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月12日

梅雨入り

ついに梅雨入りしましたね、雨でなくても暗い日々が続き、撮影には厳しい日が1ヶ月は続きますか? 先週まで10日間ほど通ったフィールドは、カワセミ営巣ブロックが設置されていて、ここ数年、繁殖に成功しています。都市部の河川は護岸工事が進み、カワセミが川の土手など、自然に営巣できる場所がなくなっています。それでも厳しい環境にカワセミの方が適応して、川から離れた場所などで営巣し、幸いにも都市部でもその個体数が減ることはありません。カワセミ営巣ブロックによる繁殖の人的サポートは、すでに1980年代から始まっています。都内でも数ヶ所に設置されているようですが、どこでも外敵、天敵=ヘビ、カラス、猫、人など・・・からしっかり守れる場所にあるので、上手く機能していると言えるのではないでしょうか。

国土交通省北海道開発局札幌開発建設部」のサイトに掲載されているカワセミ営巣ブロックの解説図を紹介します。
_00612_00.jpg

6月5日に2度続けてメスが交尾を拒んだので、すでに産卵が始まり、抱卵が近いことが分かりました。給餌のための餌なしでオスがメスのところへ・・・勿論交尾が目的でしたが・・・何か言いたげなオスに向かって、メスが「あなた、何しに来たの?」と言っているような・・・
_00612_01.jpg

実はその30分前にすでに交尾を拒まれていました・・・
_00612_02.jpg

オスが再びトライして・・・
_00612_03.jpg

・・・今度は大丈夫と思った瞬間・・・
_00612_04.jpg

メスがオスの嘴を挟んで・・・SS1/320秒だったのでブレブレですが・・・
_00612_05.jpg

投げ飛ばしました!
_00612_06.jpg

オスは何とか水没の逃れましたが・・・息苦しそう・・・(^o^)
_00612_07.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月10日

とにかく暗い・・・

今日もカワセミ散歩は池へ・・・どうせカワセミのパフォーマンス開始は18時以降だと思って、その前に散歩を済ませるために17時前に池に到着、何と常連カメラマンが4人も居残りしていました。(^o^) 朝方も日中もパフォーマンスはよくなかったようです。いつものように池の回りを10周・・・と同時にオスが飛来しました、が、10分以上何もせずに飛び去ってしまいました。風が強く、水面は波立っていたために魚が見えなかったのかも。この時点で4人のカメラマンは全員撤収しました。再びピラカンサの高枝に戻って来たのは18時15分過ぎ、飛び出してホバ~・・・そのまま東側の池へ移動・・・飛び込んで小エビをゲット、再びピラカンサへ・・・飛び込んで失敗してまた東側の小池へ・・・ここは高さ1mくらいの枝から飛び込むので、採餌は本当に一瞬・・・2回飛び込んで1回成功・・・再びピラカンサへ、飛び込んで失敗、その後2回飛び込んで2回ともお魚ゲットでしたが、18時45分過ぎでは暗くて飛び出しを目視できないので水出にはとても間に合わないですね。結局30分間によいパフォーマンスを披露してくれましたが、撮影は暗さとの闘いでしたね。(^o^) ちなみに昨日は、4回餌運びをしていましたが、今日はすべて自分で食べてしまいました。雛たちはどうした?

短いホバでしたが何とか・・・
_00610_01.jpg

_00610_02.jpg

_00610_03.jpg

_00610_04.jpg

東側の小池で小エビをゲット!
_00610_05.jpg

ピラカンサの高枝から・・・
_00610_06.jpg

再び東側の小池で・・・1度は採餌に成功・・・
_00610_07.jpg

_00610_08.jpg

またピラカンサに戻って・・・
_00610_09.jpg

_00610_10.jpg

_00610_11.jpg

_00610_12.jpg

やっと採餌に成功・・・水出に全く間に合わず、撮影には失敗!
_00610_13.jpg

_00610_14.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月 9日

久しぶりに・・・

今日のカワセミ散歩は久しぶりに池へ・・・今月に入ってからオスのパフォーマンスが大幅に低下してしまったようですが、とりあえずいつもの時間帯の16時半頃到着、カメラマンがゼロだったので、やっぱりカワセミの出は悪いのかもと思いつつ、池の回りの散歩開始・・・3周後に鳴き声がしたので双眼鏡で探していると、ピラカンサの高枝にいるのを発見・・・急ぎ機材に戻ろうとしたらポチャン・・・しっかりお魚ゲットでさようならでした。結局10周以上歩きましたが、18時以降再飛来して6回飛び込んで、4回お魚ゲットでした。パフォーマンスは意外にも悪くなかったですが、トビモノ撮影にはやっぱり暗い、SS1/800秒を確保したら、感度はISO1600~3200・・・この感度では大きくトリミングができないので厳しいですね。最後の飛び込は機材を片付けているときで、19時過ぎ・・・魚を捕って、同じ方向へ飛んでいくのは確認しました。18時以降捕った魚は4匹、すべて運んで行ったので、雛は4羽はいると思います。

久しぶりに上手く追えました・・・飛び込んだ場所が水面反射で真っ白、露出が厳しく、カワセミの色も出ないの残念・・・この後の完全な羽閉じ数コマは没・・・
_00609_01.jpg

_00609_02.jpg

_00609_03.jpg

_00609_04.jpg

_00609_05.jpg

_00609_06.jpg

_00609_07.jpg

_00609_08.jpg

_00609_14.jpg

_00609_15.jpg

水出に全く間に合わず・・・
_00609_09.jpg

_00609_10.jpg

いい感じの水出でしたが、お魚なし・・・
_00609_11.jpg

_00609_12.jpg

至近の横っ飛び・・・
_00609_13.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月 8日

雛の独り立ち

今日も16時過ぎに様子を見に行きました。甘えん坊の雛がついに独り立ちできたようです。雛の観察が終了したので、5月30日からカワセミ散歩の場所として通っていたフィールドともお別れですね。結局夕方限定だったので、常連カメラマンに挨拶することもなかったですが、お世話になりました。今回巣立ち後の親子の様子をしっかり観察、撮影できたことは収穫でした。親の抱卵は、恐らく昨夕から始まったと思います。その根拠は、昨夕短時間に3度もオスがメスに給餌しましたが、今夕は日中から交代で抱卵していたため、給餌はなく、メスは自分で2度採餌していたからです。交尾も4日の夕方が最後、5日の夕方は、2度オスが交尾しようとしてメスに拒まれていました。何個産卵したかは分かりませんが、昨日の早朝まで数日間1個ずつ産卵していたと思います。2番子の巣立ちは7月中旬になりそうです。カワセミの繁殖行動について興味のある方は、「カワセミの魅力」を参照してください。

17時28分まで雛は採餌を試み、失敗を繰り返しながらようやく食べられる小ザリガニとか小エビを捕っていました。残念ながら撮影できる場所には飛び込んでくれず、撮れたのはこれぐらい・・・
_00608_01.jpg

16時20分、小エビをゲット・・・
_00608_02.jpg

17時24分、ザリガニをゲット・・・
_00608_03.jpg

17時28分、オス親飛来、雛は飛びつくもすぐに追い払われる・・・
_00608_04.jpg

17時43分、オス親が魚をくわえて飛来すると、雛はすぐに追いかけて・・・
_00608_05.jpg

ようやく給餌・・・
_00608_06.jpg

「これが本当に最後だよ!」と追い払う・・・
_00608_07.jpg

17時44分、メス親が巣穴から出てきて水浴び・・・
_00608_08.jpg

17時53分、オス親が巣穴へ・・・
_00608_09.jpg

18時6分、もう自分で採餌するしかないと、気合いを入れて飛び込んで、見事に金魚をゲット・・・どうして川に金魚? やっぱり意味不明・・・(^o^)
_00608_10.jpg

18時11分、ついに魚の背びれ部分を刺して見事に大物ゲット! 
_00608_11.jpg

ホント、立派な大魚を捕ることができました! 自信を持ったのか、その後下流へ消えて行きました、独り立ちです!
_00608_12.jpg

18時38分、メス親がそろそろ再び巣穴に入る準備・・・
_00608_13.jpg

18時52分、メス親がザリガニを捕って最後のお食事・・・
_00608_14.jpg

19時2分、オスと交代で中へ・・・
_00608_15.jpg

19時4分、巣穴から出てきて水浴び後、この枝へ移動・・・暗すぎて目視できず、双眼鏡で確認後撮影・・・F値開放、ISO800、SS1/15秒・・・数秒後に暗闇の中へ飛び去りました。この10日間、給餌などで大忙しだったオスに感謝・・・お疲れ様でした!
_00608_16.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月 7日

え? 金魚?

今日で巣立ちから9日目、流石にもう親から雛への給餌はないだろうと思いつつ、16時過ぎに様子を見に行きました。陽がまだ高く、撮影には最悪の条件下・・撮ってもよい撮影結果は得られないことは分かっていても、とりあえず機材をセットして待ちました。動きがあったのは16時半、オス親が餌をくわえて飛来、と同時に別枝でじっと待っていた甘えん坊の雛が飛んできて餌を要求・・・オス親は何度も押し込もうとしますが、餌を離すことはなく、結局与えずに飛び去っていきました。まさに自立を促す親として当然の行為ですね。ちなみに後で気づきましたが、餌は金魚でした。え? 何で金魚? と驚いている私に、すぐ近くに「金魚の池」のある釣り堀があり、川でも時折金魚が泳いでいるのを見ると、お散歩カメラマンが説明してくれました。それから一昨日、原因不明ですが、大量のアメリカザリガニと川エビが死んでいたとのことで、川から除去されたとも聞きました。それまで餌として圧倒的に多かったザリガニや川エビが激減したので、金魚に変わった?のかも。(^o^) 17時5分に再びオス親が飛来、くわえていたのはまたも金魚でした。で、やはり雛が飛んできたのですが、場所を2度移動・・・雛が追いかけてくるので、流石に可哀想に思ったのか、給餌しました。17時半頃、下流からカワセミが飛んできたので、オス親かと思ったら、別の雛でした。下流に潜んでいた雛も、給餌してもらえなくなったので、飛んできたようです。飛び込場所が死角になり撮影はできませんでしたが、何度か小さな獲物を上手く捕っていました。15分くらいで再び下流へ飛んでいきましたが、この雛はもう大丈夫そうです。問題は親の近くから離れようとしない甘えん坊の雛です。17時49分にオス親が餌なしで飛来して雛のいる枝へ・・・10分後には同じ場所にメス親が飛来して諭していました。メスは雛を追い出して、そのままオスからの給餌を待っていて、18時32分にようやく餌をくわえて飛来したオスに突進、奪い取るような求愛給餌・・・さらに怒りを露わにして次の餌を催促して追い出しました。39分に再び飛来してすぐに求愛給餌・・・何と2分後に大きな金魚をくわえて再飛来・・・大きすぎて料理に時間がかかり、3分以上経ってもまだ枝に叩き付けたりしていたため、別枝で待っていたメスがしびれを切らして突進・・・オスは給餌をしないで逃げていきました。その1分後です、何と夕食を与えられずにお休み処で泣いていたであろう甘えん坊の雛に給餌しました。優しいお父さんですね、結局未だに餌が捕れずにお腹をすかしている子に最後に餌を与えました、しかもすぐに呑み込めるようにと、金魚の大きな頭部が切り落されていました。この雛が数日前から採餌の努力は一生懸命していることは知っているのでしょう。で、その3分後の18時48分に、これから抱卵で大変なメスを思うことも忘れずに餌を運んできました。今日最後の求愛給餌です・・・暗すぎて SS1/100秒、撮影には本当に厳しかったですね。でも2時間に凝縮されたカワセミ親子の営みをしっかり観察できて、とても充実した時間を過ごすことができました。勿論お散歩カメラマンは17時前には撤収、生態観察のために暗くなるまでフィールドに残るカメラマンは私以外にはいないでしょうね。(^o^) 前々から言っていますが、私は生態カメラマンを自認、自負しています。撮影の原点も観察だと思っています。いくらカメラが進化しても、観察による生態や行動パターンの把握なしに一瞬を切り取ったよい撮影データを得ることはできません。ま、撮影についての思いは、人それぞれですが・・・

金魚は目立つので、泳いでいたらカワセミなら簡単に捕れるでしょうね。(^o^)
_00607_01.jpg

「お父ちゃん、ちょうだい・・・」と雛が叫んでも、オス親は給餌しませんでした。
_00607_02.jpg

雛は待っている間も何度か採餌を試みていましたが、全く成果なしで腹ぺこ状態だったと思います。
_00607_03.jpg

下流にいた雛はアメンボとか水棲昆虫を捕っていたようです。
_00607_04.jpg

「もう餌は自分で捕りなさい」と、両親に諭されていましたが・・・
_00607_05.jpg

「お母ちゃん、お腹すいたよ~」「お父ちゃんはもうお母ちゃんにしか給餌しないのよ、分かったわね、いい子だからもう自分で捕りなさい・・・」
_00607_06.jpg

「あんた、いつまで待たせるのよ~」
_00607_07.jpg

_00607_08.jpg

「こんな小物じゃ、足りないわよ、早く次を持ってきて・・・」
_00607_09.jpg

「あら、早かったわね、ありがとう!」
_00607_10.jpg

また金魚、しかも大きい・・・(^o^)
_00607_11.jpg

「いつまで料理しているのよ、後は私が自分で料理するから早く渡しなさいよ・・・」「これはあげないよ~」
_00607_12.jpg

「お腹空いただろう、早くお食べ・・・」「お父ちゃん、ありがとう!」
_00607_13.jpg

「ほら、これで十分だろう、もう遅い、これが最後・・・」・・・本当に遅いよ、真っ暗だ!(^o^)
_00607_14.jpg

ちなみに3度のメスへの給餌は金魚ではなく、すべて普通の魚でした。それから交尾は一度もなかったので、もう抱卵中なのかも・・・

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月 6日

まだ給餌・・・

今日は夕方に大雨の予報だったので、16時前に30分ほど様子を見に行きましたが、親の縄張り内に陣取っている甘えん坊の雛はまだ給餌が必要のようでした。この雛、5月30日に最後に巣立った3羽目なのかもしれませんね。メスの姿を確認できませんでしたが、いよいよ抱卵が始まったのかも・・・

6月4日、16時30分以降の様子・・・オス親が餌をくわえて飛来しますが、この雛には給餌せずに下流へ・・・
_00606_01.jpg

雛がオス親に餌を求めますが・・・
_00606_02.jpg

もう自分で捕るしかないかと覚悟を決めて、6月4日以降は何度も採餌を試みていましたが・・・
_00606_03.jpg

_00606_04.jpg

_00606_05.jpg

_00606_06.jpg

_00606_07.jpg

_00606_08.jpg

_00606_09.jpg

5日、6日の様子は後ほど・・・

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月 5日

給餌終了?

今日も16時過ぎに様子を見に行きましたが、何とカメラマンはゼロ! 2番子の抱卵が始まって行動パターンが変わってしまったせいか?と思いつつ、折角来たんだから少し様子を見てみようと機材をセット・・・しばらくしてオス親が餌をくわえて飛来すると、どこかに潜んでいた雛がすぐに出てきて、あっという間に餌を奪い取りました。余程お腹がすいていたのでしょうね。給餌後オス親はもう自分で捕りなさいと、雛を諭すように追い払おうとしますが、雛は逃げるどころか、まだ無理だよ~と餌の催促・・・結局優しいオス親は甘えん坊の雛に、18時までの間に4度も給餌しました。メス親は2度飛来しましたが、自分で採餌するだけ、一度オスが大魚をくわえてどこかへ飛んで行きましたが、あのサイズはメス用でしょう・・・でも結局求愛給餌を目撃することはありませんでした。やはり抱卵が始まったのかもしれません。ということでメスや雛に給餌するために忙しく餌運びをしていたオスも、一息つけるのではないでしょうか。本当にお疲れ様でした。2番子の巣立ちまで少しは休んでね。(^o^)

6月3日、16時以降の雛の様子・・・下流で潜んでいた雛・・・本当に暗い目立たない場所でオス親が来るのをじっと待っている?
_00605_01.jpg

背中は綺麗・・・F値開放、ISO100、SS1/25秒・・・
_00605_02.jpg

親の近くで甘えている雛・・・
_00605_03.jpg

メスが飛来・・・「お母ちゃん、餌、ちょうだい・・・」「・・・」
_00605_04.jpg

メス親は完全無視・・・雛は諦めて移動・・・
_00605_05.jpg

雛はここで待って・・・「お父ちゃんは必ず餌を持ってきてくれる・・・」
_00605_06.jpg

しばらくしてオス親が餌をくわえて飛来・・・「お父ちゃん、早くちょうだいよ~」
_00605_07.jpg

オス親はザリガニを押し込もうとしますが、なかなか上手くいかず、この給餌が終わるまで10秒以上・・・
_00605_08.jpg

その後いつまで待ってもオス親が飛来しないので、雛が採餌を試みる・・・
_00605_09.jpg

場所を変えて再び試みるも・・・
_00605_10.jpg

失敗を繰り返して成果なし・・・
_00605_11.jpg

やっと捕れた・・・
_00605_12.jpg

・・・と思ったら、木っ端・・・
_00605_13.jpg

オス親が再び給餌したのは18時32分・・・撮影には遅い、暗い!(^o^)
_00605_14.jpg

4日、5日の様子は後ほど・・・

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月 4日

雛への給餌

5月29日の早朝、某所で雛が巣立ちました。30日と31日、夕方にかけて様子を見に行って、31日付けのブログ記事「巣立ち雛に悲劇」で紹介しました。両親が一度も雛に餌を運んでいなかったので、巣立った雛3羽が、天敵にやられてしまったと思ってしまいました。その後6月2日に再度様子を見に行くと、下流と上流に1羽づつ雛がいるとのこと、自分の目で確かめるべく、下流へ行ってみると、目立たないところに雛1羽が潜んでいました。飛び去って見えなくなったので、その後を追っていると、オス親が飛来・・・すぐに飛び込んで採餌し、全く見えない場所へ運んで行くのを確認しました。思えば、30日も31日も、夕方は数回、上下流へ餌なしで飛んでいきました。それは雛に給餌するためで、餌運びをするのではなく、近くまで行って採餌していたということでしょう。すっかり親の行動に騙されました。(^o^) 再び両親が陣取っている場所へ戻ると、しばらくしてオスがザリガニをくわえて飛来、移動してすぐに給餌したので、慌ててレンズを向けて連写・・・あれ、おかしい・・・バッファフルになっても給餌が終わらない・・・求愛給餌ならあっという間に終わるのに・・・給餌の相手はメスではなく雛でした。いつの間にか上流にいた雛が来ていたのです。ザリガミを給餌されても、嘴の短い雛には処理すのが難しそうですが、これも修行の一つなのでしょう、オス親は結局夕方の2時間に3度給餌しましたが、すべてザリガニでした。

下流で出会った巣立ち雛・・・腹部と足部が黒く、嘴が短くて先端が白い・・・
_00604_01.jpg

上流にいた雛が飛来してザリガニを給餌されましたが、受け取るまでに10秒もかかりました。強い陽差しが残念な結果に・・・
_00604_02.jpg

その後行ったり来たり・・・
_00604_03.jpg

背中のコバルトブルーはすでに綺麗ですが、尾は短い・・・
_00604_04.jpg

_00604_10.jpg

_00604_06.jpg

果敢に採餌に挑戦・・・
_00604_07.jpg

何か捕った!
_00604_08.jpg

メス親は雛を追い出して給餌せず・・・
_00604_09.jpg

オス親はまたザリガニを給餌・・・
_00604_05.jpg

さらに18時39分にメスが拒んだザリガニをくわえて雛が潜んでいる所へ・・・
_00604_11.jpg

これで6月2日は終了・・・3日と4日分は後ほど・・・

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月 3日

大物ゲット

池には魚がいないと思っていたら、カワセミには大きめの魚はかなりいることが分かりました。実際2度捕った魚は大物でした。今朝は出は悪くなかったのですが、ホバは3回、飛び込はお魚なしの連発でした。

トマリモノを撮っていて、設定がISO64、SSは1/320秒・・・移動したので後を追って、三脚を下ろした瞬間に飛び込・・・すぐに反応して、水出から完璧にとらえることができたのですが、すぐにトマリモノ設定のままだったことに気づいてショック、この瞬間以外はすべてSS不足で流れてしまいました。
でもこの頭部だけ止まって他はブレている一瞬を切り取れただけでラッキーでした。_00603_01.jpg

_00603_02.jpg

_00603_03.jpg

_00603_04.jpg

よりによってこんな大物ゲットしたときに限って想定より大幅に近くに飛び込まれ、ファインダー内にとらえることができたのにAFが追いついてくれませんでした。ボケ写真を見ると、水出は背中向きで顔見えず、しっかり撮れていたとしても...
_00603_05.jpg

枝からの飛び出し・・・
_00603_06.jpg

_00603_07.jpg

_00603_08.jpg

ピラカンサの赤い実がつく頃に、この場所に飛来してくれたらいいのですが・・・
_00603_09.jpg

ホバ~
_00603_10.jpg

晴ていましたが、陽はすでに高く、順光位置でなかったので、背景に色がつかず残念!
_00603_11.jpg

_00603_12.jpg

横っ飛び・・・
_00603_15.jpg

_00603_14.jpg

_00603_13.jpg

_00603_16.jpg

_00603_17.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月 2日

魚がいない?

先週末はホバや飛び込を何度も繰り返し、自粛明けのカメラマンを歓喜させた池のカワセミ・・・残念ながら昨日に続き、今日も出が悪く、日々パフォーマンスが低下気味です。私の池の自粛明けは昨日だったに~。今朝はとにかく飛び込まない、飛び込んだと思ったら、誰も撮ることができない場所・・・ザリガニとかエビしか捕らないので、恐らく魚がいないか、極めて少ないかですね。今日も待ち時間が長かったのでしっかり池の回りを10周以上歩きましたが、池を見ると魚が一匹も泳いでいないのです。今の時期はむしろ魚が多いはずなのですが??? ということで魚を捕らないのでホバも1回だけ、飛び込時はシャッターチャンスなし・・・で、また釣り堀方向へ消えて行く最悪のパターンになってしまいました。

ホバが1回だけだったので、複数枚紹介します・・・16コマ切ったのに、羽閉じばかりでした。
_00602_01.jpg

_00602_02.jpg

_00602_04.jpg

_00602_05.jpg

このザリガニも死角に飛び込んで・・・
_00602_06.jpg

カワセミは美しい!
_00602_07.jpg

_00602_08.jpg

_00602_09.jpg

_00602_10.jpg

ちなみにこのオスは、10日くらい前に池の主になったようです。4月の自粛前まで主だったオスは、ごくたまにしかホバをすることはなかったので、おかしいなと思っていました。嘴の先端に特徴があることを思い出して検証してみました。間違いありません。5月に入って何度か池の様子を見に来たときに、カワセミを見かけることはなかったのですが、しばらくの間池にはカワセミがいなかったのでしょう。それで今のオスが縄張り争いをすることもなく、侵入て主になった・・・嬉しいことに丁度カメラマンの自粛明けに合わせて何度もホバを披露してくれるようになったのは、まさにオスが入れ替わってくれたおかげです。(^o^)

ほぼピクセル等倍・・・4月14日撮影・・・その後17日までの撮影データがありますが、このオスで、得意技は魚の串刺し、鋭利な嘴の先端で見事に魚を刺してとらえていました。
_00602_03.jpg

今日はもう一つ明らかになったことがあります。夕方、再度雛が巣立ったフィールドへ行ってみました。親が雛に餌を運ぶことがなかったので、巣立った雛3羽が天敵にやられてしまったと思っていましたが、上下流にそれぞれ1羽づつ、確認することができました。親は雛が潜んでいる場所近くで採餌して、しっかり給餌しているようです。よかった、とても嬉しいです。巣立ち雛の写真は、巣立ちが5月29日だったので、1週間後の6月4日に紹介します。

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年6月 1日

久しぶりに・・・

・・・池でカワセミを撮りました。1ヶ月半ぶりです。何故かいつも出かける夕方の出が悪く、パフォーマンスがよいのは早朝から昼過ぎまでのようなので、早朝に出かけてみました。天気が悪かったので、予想通りカメラマンは少なかったのですが、カワセミの出も少なかったです。(^o^) しかも天気予報では午後から雨だったのに、結局早朝から霧雨、小雨が続きました。7時にスタンバイしたのに飛来したのは8時半過ぎ・・・その後10時頃までそこそこのパフォーマンスを披露してくれました。よいトマリ絵が撮れたのが嬉しかった・・・

雨中、そして雫カワセミ・・・
_00601_01.jpg

_00601_02.jpg

_00601_03.jpg

_00601_04.jpg

_00601_05.jpg

_00601_06.jpg

_00601_07.jpg

久しぶりのトビモノ・・・
_00601_08.jpg

_00601_09.jpg

_00601_10.jpg

何度か飛び込みましたが失敗ばかりで、捕っても小エビ・・・
_00601_11.jpg

_00601_12.jpg

完璧な水出だったのですが、お魚なしでは・・・
_00601_13.jpg

_00601_14.jpg

_00601_15.jpg

ホバは2段が見事な空抜けで背景が真っ白・・・
_00601_17.jpg

_00601_18.jpg

その後のホバは、背景がいい感じ・・・雨中ホバ!
_00601_19.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 21:59 | コメント (0)

2020年5月31日

巣立ち雛に悲劇

昨日の昼間、土日はいつものフィールドに人が集まりそうなので、どうしようかと思っていると、写友のBさんから電話・・・毎年繁殖に成功している自転車で15分くらいのフィールドで、今年も無事に雛が巣立ったと連絡が・・・私のいつもの出撃時間帯ならカメラマンもいないはずだから行ってみたらと、背中を押されました。(^o^) 実はそのフィールドの某常連カメラマンのブログで、画像が公開されていたので巣立ちのことは知っていました。ま、今年はまだ雛を見ていないし、確かに午後遅くの時間帯なら3密の心配もないだろうと、勝手に納得して出かけてみました。15時半過ぎに到着、三脚カメラマン一人+手持ちのお散歩カメラマン数人だけでした。たまたま様子を見に来ていた写友のIさんから情報収集・・・午前中まで巣立った雛3羽がこのあたりにいたんだけどね~、下流へ行ったまま戻って来ないのよ~・・・遠くへは行っていないはずだから、一度くらい姿を見せてくれるのではと期待して待ちました。結局17時前まで雛を待っていたカメラマンが皆、諦めていなくなったので、少し時間オーバーでしたが18時半まで待ってみました。しかし残念ながら雛は戻って来ませんでした、というか、親は採餌しても雛に運ぶことは1度もありませんでした。昼から雛に給餌していないということは、雛が戻って来ないのではなく、天敵の餌食になってしまった可能性が高いでしょう。悲しすぎて考えたくもないですが、雛は巣立ち後、最低でも4、5日は親からの給餌が必要なので、親が3羽の雛に6時間以上も一切餌運びをしないということは、その必要がなくなったということでしょうね。今日も何よりも雛のことが気になったので、16時過ぎに行ってみました。流石に天気が悪かったこともあり、カメラマンは一人もいませんでした。昨日目にしたカメラマン向けのコロナ対策の張り紙がなくなっていたので、朝方来ている常連カメラマンが来なくなったのだと察しました。18時過ぎにようやく求愛給餌が撮れたので、撤収しましたが、雛を見ることもなく、また親の餌運びを見ることもありませんでした。求愛給餌や交尾など、すでに2番子の準備だけはしっかり始めているので、1ヶ月半後にはまた巣立ちが期待できるかもしれないですね。

今日は1度だけでしたが、暗い中、18時過ぎに一度だけ撮影チャンスがありました。ISO1600、SS1/200秒・・・
_00531_01.jpg

昨日は2時間くらいの間に5度も求愛給餌がありました。雛を失って悲しむメス親への思いやりでしょうか? 上の枝でメスが待っていたので低感度・低速でトマリモノを撮っていたら、突然鳴きだしてオスの待つこの枝へ・・・SSは何と1/50秒!
_00531_02.jpg

この時も低感度・低速でトマリモノを撮っていたら、突然オスが飛んできて・・・SSは何と1/30秒!
_00531_03.jpg

以下2回は立ち位置が悪すぎました・・・
_00531_04.jpg

_00531_05.jpg
1回は完全に葉被れでダメ・・・5回もチャンスがありながら結果はイマイチでした。
そそ、いつものフィールドのカワセミは、自粛明けのカメラマンが戻ってきたせいか、自らも自粛をやめ、飛び込やホバのパフォーマンスが本当によくなったようですよ、私は求愛給餌が撮れる場所があるなら、可能性は低くてもそちらへ・・・ですね。背中を押してくれたBさん、ありがとう!(^o^)

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2020年5月30日

求愛給餌

今年も何とか撮影機会に恵まれました。やっぱりこの瞬間に出会えるときは、カワセミカメラマンとして最高の喜びですね。(^o^)

昨日18時30分・・・水浴後オスを待つメス・・・ISO64、SS1/10秒
_00530_01.jpg

メスが鳴き始め、羽を震わしてオスを呼んでいるので、急ぎISO800、SS1/200秒に設定・・・この仕草は本当に可愛い!
_00530_02.jpg

魚をくわえて近くにいたオスがすぐに飛来・・・
_00530_03.jpg

これから動きはあっという間・・・感動の瞬間です。
_00530_04.jpg

_00530_05.jpg

_00530_06.jpg

_00530_07.jpg

_00530_08.jpg

_00530_09.jpg

_00530_10.jpg

_00530_11.jpg

オスはひたすら得意の背伸びポーズ
_00530_12.jpg

_00530_13.jpg

ありがとう・・・またね~
_00530_14.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年5月29日

在庫生活終了

1ヶ月以上、海外のカワセミと1月25日~2月21日撮影分の水絡みだけで約450コマ紹介した在庫生活を終了します。毎日、お付き合いいただき、ありがとうございました。マイ・フィールドの情報発信も再開します。ということで今日は、16時半頃に池へカワセミ散歩に出かけました。カメラマンは一人、話しを聞くと朝方は常連カメラマン数人、カワセミは何度か飛来して、飛び込あり、ホバありで、上々のパフォーマンスだったとのことでした。ところが夕方はさっぱり、18時まで全く姿を見せませんでした。その後帰りがけに川へ移動、3ヶ所でそれぞれ10分くらい待ちました。実は川の上流側のペア(1月25日~2月21日、水絡みを撮影)、大雨後2度巣穴がダメになったようで、どこかで3度目の巣穴掘りを始めたようなのです。縄張りが1km以上もあるので、出会いはかなり難しいのですが、またゼロからスタートになれば、求愛行動も見られるかもと期待はしていました。で、早速18時半前に嘴に土を付けたメスが飛来、水浴びをした後にオスも飛来して求愛給餌を撮るチャンスに恵まれました。池では1度もシャッターを切れなかったので、超ラッキーでした。私が常日頃最も撮りたいと思っている瞬間は、カワセミとの出会いの魅力が凝縮され一瞬、求愛給餌だからです。

在庫生活の最後に1月25日~2月21日撮影分の水絡み、一番のお気に入り・・・
_00529_01.jpg

カワセミも「ソーシャルディスタンス」・・・上流側のペア
_00529_02.jpg

池のペア・・・メスが突然飛来しなくなってペア解消?
_00529_03.jpg

下流側のペア・・・3月初旬以降確認できず消息不明
_00529_04.jpg

明日から週末、天気も良さそうなので、自粛明けのカメラマンが朝からいっぱい集まりそうですね。いいんじゃないですか、皆、1ヶ月以上も自粛していたのですから、たっぷり楽しんでください・・・勿論私は人が集まると想定される時間帯、場所には行きませんが。
コロナの第2波は来るでしょうが、再び緊急事態宣言が発出されることはないと思います。何故なら東京都の再発出の基準となる感染者数が、10万人に5人、つまり100人/日だからです。ただ今日になって東京都が独自に決めた「東京アラート」の3つの基準が超えてしまいました。大丈夫?という懸念はありますが、今後はコロナとの共生が必要です、自粛や休業が続けば、失業者=自殺者が増えるなど、コロナとは別の問題が深刻化するからです。まだ数ヶ月は、個々のコロナ防止を意識した行動が求められるますね。ま、私は他人がどうあれ、今後も自分の判断で、自分に合った感染防止策を徹底するだけです。3密を避ける、長時間の撮影は厳に慎む、カワセミ待ちのときはひたすら散歩に励む、マスク着用、社会的距離堅持など・・・アカショウビン遠征? 勿論、今年は論外ですね、昨年は石垣島まで行きましたが。(^o^)

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年5月28日

そろそろ・・・

・・・在庫生活も終わりにしますか? 

1月25日~2月21日撮影分の水絡みはこれで終わり・・・
_00528_01.jpg

_00528_02.jpg

_00528_03.jpg

_00528_04.jpg

_00528_05.jpg

_00528_06.jpg

_00528_07.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年5月27日

在庫生活・・・

緊急事態宣言解除で、在庫生活を強いられることもなくなったので、ホバの在庫大放出はやめることにしました・・・というか、現像に時間がかかりすぎるので断念しました。(^o^) 1月25日~2月21日撮影分の水絡みはすでに現像済みなので、もう少し紹介しますね、一応何か捕ってます。

_00527_01.jpg

_00527_02.jpg

_00527_03.jpg

_00527_04.jpg

_00527_05.jpg

_00527_06.jpg

_00527_07.jpg

_00527_08.jpg

_00527_09.jpg

_00527_10.jpg

_00527_11.jpg

_00527_12.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 21:59 | コメント (0)

2020年5月26日

ホバの在庫

昨12月中旬~3月中旬、ホバ娘が披露してくれたホバ回数は、何と800回以上! 在庫の整理が追いつきません。今までほとんど1回1コマしか紹介していなかったからです。この先1年自粛が続いても、ブログの更新は続けられそうです。(^o^) 

小魚付き水出後・・・1月25日~2月21日撮影分
_00526_01.jpg

_00526_02.jpg

_00526_03.jpg

_00526_04.jpg

_00526_05.jpg

_00526_06.jpg

_00526_07.jpg

_00526_08.jpg

_00526_09.jpg

_00526_10.jpg

_00526_11.jpg

_00526_12.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 22:59 | コメント (0)

2020年5月25日

ついに解除

1ヶ月半は長かったですね。国民は本当によく耐えて頑張ったと思います。緊急事態宣言が解除されたからといって、求められる個々の感染防止を考慮した行動には変わりありません。コロナが終息するまでの道のりはまだ長く、険しいですから、自分ができることとして、外出時は常に社会的距離を保ち、3密を避け、マスクを着用、手洗いや消毒を実行するなどの基本動作は徹底していきたいですね。カワセミ撮影? 遠くへ移動する必要もないので、個々が感染防止の基本行動を守れば、散歩と同じで今までも今後も問題はないですよ。(^o^)

小魚付き水出後・・・1月25日~2月21日撮影分
_00525_01.jpg

_00525_02.jpg

_00525_03.jpg

_00525_04.jpg

_00525_05.jpg

_00525_06.jpg

_00525_07.jpg

_00525_08.jpg

_00525_09.jpg

_00525_10.jpg

_00525_11.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2020年5月24日

解除される?

明日、首都圏も緊急事態宣言が解除されますかね? 在庫生活を続けることはできますが・・・

お魚なしの水出後・・・1月25日~2月21日撮影分
_00524_01.jpg

_00524_02.jpg

_00524_03.jpg

_00524_04.jpg

_00524_05.jpg

_00524_06.jpg

_00524_07.jpg

_00524_08.jpg

_00524_09.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年5月23日

水出はブルー

やっぱり水出はブルーがいいですかね。

お魚なしの水出後・・・1月25日~2月21日撮影分
_00523_01.jpg

_00523_02.jpg

_00523_03.jpg

_00523_04.jpg

_00523_05.jpg

_00523_06.jpg

_00523_07.jpg

_00523_08.jpg

_00523_09.jpg

_00523_10.jpg

_00523_11.jpg

_00523_12.jpg

_00523_13.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年5月22日

SS1/1250秒・・・

・・・なのに羽の開き具合など切り取った瞬間はほぼ同じ・・・

_00522_01.jpg

_00522_02.jpg

_00522_03.jpg

_00522_04.jpg

_00522_05.jpg

_00522_06.jpg

_00522_07.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年5月21日

まだまだ続く・・・

・・・在庫生活、首都圏の緊急事態宣言は一体いつ解除されるのか?

お魚なしの水出後・・・1月25日~2月21日撮影分
_00521_01.jpg

_00521_02.jpg

_00521_03.jpg

_00521_04.jpg

_00521_05.jpg

_00521_06.jpg

_00521_07.jpg

_00521_08.jpg

_00521_09.jpg

_00521_10.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年5月20日

超懐かしい!

3年前に引っ越した際に、銀塩時代のポジフィルムを大量に処分しました。一眼レフカメラをデジタルにしたのは、D1xからですが、その当時の画像を整理していたら、今のフィールドの超懐かしい画像が出てきました。何と2001年7月21日に「カワセミ倶楽部」のオフ会を催していたのです。当時は仕事も忙しく、週末くらいしか撮影には行けなかったこともあって、近場では石神井公園、遠くでは高麗川や秋川が主で、今のフィールドでの撮影はまだ数ヶ月に1度程度でした。春にピラカンサの花が咲くことも知らなかったので、「花+カワセミ」のデータは残っていませんでした。とにかくいつ訪れてもカワセミに出会うことのできる場所として認識していたので、定年後は移り住むつもりでいました。

「カワセミ倶楽部」のオフ会には遠く岐阜から参加された方もいました。19年前も今も変わらないフィールド・・・変わったのは常連カメラマンですね。この時のオフ会には地元の方も数名参加されていましたが、今は一人もフィールドにいません。カワセミのいる風景も少し変わった? カワセミが止まるピラカンサの枝がちょっと違いますね。(^o^)
_00520_01.jpg

雨の中、20人以上集まりましたが、肝心のカワセミの出はイマイチだったようです。残されていたデータは、このワンシーンだけでした。
_00520_02.jpg

オフ会の1ヶ月前・・・恐らく下見に訪れたのだと思いますが、メス個体も姿を見せていたようです。
_00520_03.jpg

10月下旬には19年前も赤い実がいっぱい・・・今あるピラカンサのメインステージがあったのか、なかったのか?
_00520_04.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 22:59 | コメント (2)

2020年5月19日

続く在庫生活

お魚なしの続き・・・水面の映りこみがないので大きくトリミング・・・1月25日~2月21日撮影分の水絡みの在庫が絶えないのは、同時期にホバ娘が大活躍してくれていたため、紹介する機会を逸していたからです。

_00519_01.jpg

_00519_02.jpg

_00519_03.jpg

_00519_04.jpg

_00519_05.jpg

_00519_06.jpg

_00519_07.jpg

これは水浴び・・・
_00519_08.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年5月18日

お魚なし

お魚なしの続きです。

1月25日~2月21日撮影
_00518_01.jpg

_00518_02.jpg

_00518_03.jpg

_00518_04.jpg

_00518_05.jpg

_00518_06.jpg

_00518_07.jpg

_00518_08.jpg

_00518_09.jpg

_00518_10.jpg

_00518_11.jpg

_00518_14.jpg

_00518_13.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 22:16 | コメント (0)

2020年5月17日

水鏡

水絡みの撮影では水鏡も意識はします。風があって波が立つときは勿論、水面の映りこみはありません。総じて獲物を捕らなかった時の方が、水飛沫も小さいので、映り込みが期待できますね。但し、一瞬を切り取ることになるので、水出のタイミングや角度、羽の開き具合や魚の有無によって撮影結果が異なります。折角ジャスピンでとらえることができても、あ~あ、羽が閉じてる~と、溜息が出てしまったことは数え切れないほどありますね、1/1000秒の違いで全く違った瞬間を切り取ることになってしまうので、仕方ないですが・・・お魚なしの場合は、羽閉じは即削除しています。確率的に羽閉じの方が多いので、残せる撮影データは意外に少ないですね。1月25日~2月21日撮影分の在庫からお魚なし・・・

_00517_01.jpg

_00517_02.jpg

_00517_03.jpg

_00517_04.jpg

_00517_05.jpg

_00517_06.jpg

_00517_07.jpg

_00517_08.jpg

_00517_09.jpg

_00517_10.jpg

_00517_11.jpg

_00517_12.jpg

_00517_13.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年5月16日

在庫大放出

東京都の自粛要請は永遠に続きそうですが、カワセミ画像は在庫から永遠に放出できそうです。(^o^)

1月25日~2月21日撮影
_00514_11.jpg

_00514_12.jpg

_00514_13.jpg

_00514_14.jpg

_00514_15.jpg

_00514_16.jpg

_00514_17.jpg

_00514_18.jpg

_00514_19.jpg

_00514_20.jpg

_00514_21.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年5月15日

今日も在庫・・・

1月25日~2月21日撮影分の在庫・・・やっぱり羽の開きが悪い・・・

_00514_01.jpg

_00514_02.jpg

_00514_03.jpg

_00514_04.jpg

_00514_05.jpg

_00514_06.jpg

_00514_07.jpg

_00514_08.jpg

_00514_09.jpg

_00514_10.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年5月14日

3年前

丁度3年前の今日は、ピラカンサの花が満開、本当に毎年同じタイミングで花が咲きます。17時過ぎに様子を見に行きましたが、ピラカンサの花は満開でした。期待できるのは奇数年、2021年はコロナも終息し、よい撮影チャンスに恵まれるのではないでしょうか。今は、カワセミも自粛中のようでした。(^o^)

2017年5月14日撮影
_00514_00.jpg

今日、 iPhoneで撮影・・・満開でしたが、メインステージ(右端)に花はなし。
_00514_0.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年5月13日

在庫・・・

1月25日~2月21日撮影分の在庫の続き・・・羽の開きが悪い・・・

_00513_01.jpg

_00513_02.jpg

_00513_03.jpg

_00513_04.jpg

_00513_05.jpg

_00513_06.jpg

_00513_07.jpg

_00513_08.jpg

_00513_09.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年5月12日

1年前・・・

丁度1年前の今日は、ピラカンサの花が七部咲き、残念ながら13日~19日に仕事で海外へ出かけ、14日の満開時には撮影できませんでした。そもそも5月中旬は毎年、決まって仕事で海外、ピラカンサの花とカワセミとの組み合わせは、満開時を挟んで前後3日が撮影チャンスになるので、ほとんど縁はなかったのです。今年はコロナの影響でその海外出張もなくなったので、楽しみにしていたのですが・・・4月17日を最後に撮影はしていなかったのですが、実はその時の様子を見ただけで、今年はダメだと分かっていました。いや、カワセミが自粛して飛来しない・・・ということではないですよ。(^o^) ピラカンサのメインステージとその近くの枝には蕾がほとんどなかったからです。今日、様子を見に行くと、昨年とほぼ同じタイミングで七部咲きでしたが、全体の半分以上も蕾がない=花が咲かない状態でした。花が咲いているのは上の部分だけ、カワセミが止まったことのない場所です。池の主のオスはまだ姿を見せているようですが、今年の「ピラカンサの花+カワセミ」は無理でしょう。毎年遠くからも含め多くのカメラマンが集まってしまうので、密集・密接が懸念されましたが、この状態なら大丈夫そうです。当ブログは情報発信にもなっているので、4月18日以降池のカワセミの写真掲載を控えていましたが、顔の知らないカメラマンが2人来ていました。何も知らずに遠くから来ていたとしたらお気の毒・・・まだ遠くへの移動自粛が求められていますので、「ピラカンサの花+カワセミ」撮影は来年の楽しみにということで、控えた方が賢明かと思います。特に遠くから来る方が無駄足にならないように、密集・密接にならないように敢えて情報発信することにしました。

2019年5月12日撮影
_00512_01.jpg

2019年4月25日撮影・・・すでに蕾がいっぱいあることが確認できます。
_00512_02.jpg

2020年4月17日撮影・・・昨年に比べると淋しい・・・蕾はほぼゼロです。
_00512_03.jpg

今日、 iPhoneで撮影・・・白◯の所がメインステージですが、花が咲いているのは上の部分だけです。
_00512_04.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 16:00 | コメント (2)

2020年5月11日

在庫の続き・・・

1月25日~2月21日撮影分の在庫の続き・・・

_00511_01.jpg

_00511_02.jpg

_00511_03.jpg

_00511_04.jpg

_00511_05.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年5月10日

水出後・・・

やっぱり魚は小さいですが・・・1月25日~2月21日撮影分の在庫・・・

_00510_1.jpg

_00510_2.jpg

_00510_3.jpg

_00510_4.jpg

_00510_5.jpg

_00510_6.jpg

_00510_7.jpg

_00510_8.jpg

_00510_9.jpg

_00510_10.jpg

_00510_11.jpg

_00510_12.jpg

_00510_13.jpg

_00510_14.jpg

_00510_15.jpg

_00510_16.jpg

_00510_17.jpg

_00510_18.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年5月 9日

水絡み

魚は小さい方が、撮影チャンスが多いという利点はありますね。1月25日~2月21日撮影分の在庫・・・

_00509_1.jpg

_00509_4.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!17442.jpg" width="530" height="355" alt="_00509_3.jpg" class="mt-image-none" style="" />

_00509_6.jpg

_00509_5.jpg

_00509_8.jpg

_00509_7.jpg

_00509_12.jpg

_00509_11.jpg

_00509_13.jpg

_00509_14.jpg

_00509_15.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年4月23日

悲観的に・・・

仕事上の関係で、海外のニュースサイトも毎日チェックしていますが、悲観的になるばかりです。海外で収束が見えてきた国が増えてきてはいますが、足元の日本がどうなるのか、全く先が見えないのが心配です。確かに今後も爆発的な感染拡大はないかもしれませんが、感染者数が減少傾向になるまでには相当の月日がかかるかもしれませんね。感染経路不明の感染者が急増しているので、どこまで市中感染が拡がっているのか把握することも不可能です。その点、今日、有名人の死亡より気になったニュースは、慶応大学病院でコロナ以外の患者67人に対して検査をしたら、6%にあたる4人が陽性だったという衝撃的な結果です。都内の市中感染が相当拡がっているという証にもなるからです。実際今、多発している院内感染は、無症状の患者が病院内に持ち込んでいる可能性が高いので、コロナを治療していない身近にある病院の院内感染が増え続けるだけで、必然的に医療崩壊を招いてしまいます。それからもう一つ気になるニュースは、埼玉県(フィールドは県境)で自宅待機していた軽症者が死亡したこと・・・埼玉県は病床不足が深刻で、無症状や軽症患者を受け入れる施設の確保も追いついていないので、自宅待機患者が300人以上いるとのことですが、今日の死者は7人、今後増えそうですね。アビガンを投与していた患者が死亡したというニュースもありました。アビガンはウイルスの増殖を防ぐ薬なので、十分な備蓄があるというなら、何故早期の段階で投与できるようにしないのでしょうか。症状のある感染者の検査が遅れて投与も遅れる・・・例えば岡江さんの命も、すぐに検査して投与していれば、救えたかもしれない、症状のある人もすぐに検査しない、できないでは、いくらアビガンを増産しても、救える命も救えないでしょう。政府や都はいつも「命を守るために」と前置きして要請ばかりしているけど、その前にやるべきことはいっぱいあった、今でもまだいっぱいあると思うけど・・・あ~あ、暗いニュースばかりでやっぱり悲観的に・・・ワクチンや治療薬の開発が速やかに進むことを願うばかりです。

毎年今の時期、求愛給餌を撮っていたのですが、今年はまだ撮影チャンスどことか、見てもいません・・・コロナが収束するまでは、長時間フィールドにいることもできないので、今年は無理かな~
_00423_01.jpg

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年4月18日

清流かわせみ橋

今日は散歩がてら、情報を得ていた「清流かわせみ橋」まで自転車で行って、周辺を散歩しました。ネットで検索すると、市長などが出席して盛大な?式典もあったようです。川は雨のため増水していて、カワセミの姿は見かけませんでしたが、一帯は通年カワセミが見られるよい環境です。

iPhone で撮影
_00418_01.jpg

_00418_02.jpg

ここ数日、某ブログと画像掲示板で、外出自粛要請と野鳥撮影の是非についてのやりとりがありました。
一般にアナウンスされている「不要不急の外出」や「外出自粛」に関して様々な解釈、意見はあるでしょう。そこには明確な線引き、基準が示されていないからです。外出自体が問題なら、罰則を科す外出禁止や都市封鎖をするしかありません。当然感染リスクが高い公共交通機関を利用しての通勤も禁止しなければ、今最も懸念されている市中感染を封じ込めることは不可能でしょう。日本は法律上、禁止や封鎖はできないので、あくまでも要請止まりです。感染リスクの高い施設には休業要請、国民に対しては外出自粛要請で、不要不急の外出を控え、人と接触する機会を7~8割減らし、3密を避けるように呼びかけられています。では不要不急の外出扱いになっていないからといって、生活必需品を買うために混雑する商店街やスーパーへ出向いても大丈夫なのでしょうか? 例えば先日実態が明らかになった中野の某病院のような、看護職員の陽性が判明し、保健所から外来診療停止を求められていたにもかかわらず、事実を隠蔽して外来診療を数日間続け、100人以上の感染者を出したような病院に、不要不急の外出扱いになっていないからといって何も知らされていない患者が通院しても大丈夫なのでしょうか? この病院は極端な事例ですが、現状は厳しく、同様に無防備な病院では院内感染が多発しています。では外出自粛要請に従って、一日中家にこもっていれば大丈夫なのでしょうか? すでに家にいることで感染した実例は多数あります。通勤等で外出中に感染して家に持ち込まれるケースです。今はどこにいても少なからず感染リスクはあります。100%安全な場所は無菌室くらいでしょう。外出している家族がいれば、家の中でも一定の距離を保って会話するなどの対応は、最低限求められます。勿論どんな外出でも、自分が感染するリスク同様、他人に感染させるリスクが発生することは言うまでもないので、一般的な「自宅にいて!」という呼びかけは正しいですが、結局は家の中でも外でも個々が常に感染リスクのより低い行動を取るしかないということですね。外出時はマスク着用、咳エチケット厳守、3密の回避、帰宅時は手洗の徹底などは必須です。
余談ですが、国民に外出自粛要請している総理大臣が、国会でファーストレディが花見をしながら3密のレストランで会食したことを指摘されて、「知人とレストランで会合を持った際、桜を背景に記念撮影をしただけで問題ない」と答弁、さらに自粛要請した翌日に大分へ旅行していたことを数日前に指摘されると、「3密にならないように気をつけて・・・と伝えていたから問題ない」と答えていました。この認識で大丈夫ですかね?(^o^) 3密はとても感染リスクが高いですが、1つの密でもリスクは十分高いということを理解しているのでしょうか・・・
マスクはそろそろ届けられると思いますが、普段マスクをする習慣のない欧米でさえ、公共交通機関の利用者にマスクの着用を義務付けている国があります。例えば感染拡大防止対策が成功し、収束が見えてきたオーストリアでは、そもそも覆面禁止法という法律があって、公共の場でマスクを着用すると罰せられるのですが、今週になって一部の制限が緩和されると同時に、開店している全ての商店と公共交通機関でマスクの着用が義務付けられました。日本ではマスク不足が解消されないので、460億円も出してマスクを全国民に配布したのです、義務化はできなくても、せめて感染リスクの高い公共交通機関やスーパーを利用する際はマスクを着用しましょう、くらいは呼びかけて欲しいですね。ちなみに私は、小さすぎて鼻から下が覆えない、ウィルスを簡単に通してしまうような感染リスクの高い布マスクは使わず、1日使い切りのサージカルマスクを使い続けます。少し前にニュースで観ましたが、妊婦用に優先して14日からマスクを50万枚発送し、17日までに1901件の不良品報告があったとのことです。衛生製品なのに、髪の毛や汚れのあるマスクを配布するとは・・・これがまさに国民の命を守るための政府の対応です。各社の世論調査では、7割~8割が評価しないとなっていますが、本当に国民の思いが反映された数値ですね。(^o^)

昨日もアナウンスしましたが、当ブログは情報発信の場ともなっているので、今年も花が咲く頃に大勢の人が集まることが予想されるため、しばらくの間フィールドに関する情報発信は休止します。ブログネタは他にもあるので、引き続きご訪問ください。
コロナネタはこれくらいにしておきますが、とにかく皆さん、コロナに感染しない、感染させないためにリスクの低い行動に心がけてくださいね。私もコロナの収束を祈りつつ、自分ができる範囲で自粛要請に従って、引き続き人との接触を8割減らす、3密は避けた行動に努めます。

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年4月17日

春はまだ先?

ついに全国を対象に緊急事態宣言が出されましたね、1ヶ月は遅かったと思います。感染者が急増したのはオリンピックの延期が決まった後ですが、それまでオリンピック最優先で検査件数が極端に少なかったから、表向き感染者数も少なかった、感染者数が少なかったから、病床の確保など医療体制の拡充も怠っていたということでしょう。感染者が急増してから慌てて動き出しても遅すぎますよ、コロナは待ってくれませんから。私が仕事上長年関わっているドイツやオーストリアは、徹底的に検査を実施して、実態を的確に把握した上で、先手先手でしっかり対応していたので、爆発的な感染拡大が起きても医療崩壊を招く事態にはなっていません。ドイツでは14万人以上の感染者が確認されていますが、2月には病床の確保に動いていたためまだ余裕があるとのことです。勿論致死率も低く、回復率は日本がわずか11%に対して、ドイツは48%、オーストリアは何と67%です。検査よって判明した大多数に無症状者や軽傷者を、病院以外の施設に隔離して対応し、早期に回復させているという成功例です。徹底的な検査や隔離をしていなかった日本では、すでに無症状の感染者が蔓延してしまって感染を拡げています。早急に検査件数を何倍にも増やして陽性者を隔離するような対策を講じないと、無防備な病院での院内感染も急増し、間違いなく医療崩壊を招くでしょう。外出禁止、都市封鎖を1ヶ月行っても感染が収まらず、死者を増やしているアメリカやイタリア、スペインのようにならないことを祈るだけです。ちなみに10万円の現金給付も決まりましたが、受け取れるのは早くても6月以降のようです。ドイツでは例えばフリーランスや個人事業者にも、補償も含めた救済のための支援金を給付していて、ネットで申請後、わずか2日で口座に振り込まれています。こういうスペードある対応が、多くの国民を救うことになるのでしょうね。ホント、この違いって何なんですかね。
今日も時間を制限してカワセミ散歩に出かけました。カメラマンは3人いましたが、全員マスク着用、飛沫感染を防ぐために交わした言葉は一言、二言だけ、撮影時も十分すぎるくらいの距離を保ちました。私はいつものように池の回りを10周したので、撮影時間も含め1時間15分で撤収しましたが、長時間撮影していた方はいなかったようです。とにかく政府の対応、対策が後手後手で遅い現状では、外出自粛要請は最低でもこの先1ヶ月、2ヶ月は続くでしょう。私の場合、2月末から海外も含め外での仕事はすべてキャンセル、公共交通機関の利用もゼロ、人との接触9割以上減は継続中です。仕事は自宅でしているので、今更外出自粛要請と言われても困惑するばかりです。(^o^) フィールドでも色々な意見を耳にしますが、立場も異なるので、「感染しない、感染させない」を大前提、大原則として、行動は個々の判断で・・・

外はもう春の雰囲気ですが、コロナのせいで春はまだ先?
_00417_01.jpg

_00417_02.jpg

_00417_03.jpg

動きのあるものも少々・・・
_00417_04.jpg

_00417_05.jpg

_00417_06.jpg

_00417_07.jpg

・・・ということで、この先フィールドでは、ピラカンサやトベラの花が咲き、撮影目的で人が集まってくることが予想されるので、当ブログでの日々のフィールド情報発信はお休みにします。5月6日までの緊急事態宣言は延長されると思いますが、花が散った後に再び情報発信ができるかな???

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年4月16日

至近ホバ

今日のカワセミ散歩はちょっと早めの15時前から開始、池の回り8周した後にオスが飛来してピラカンサのお気に入りの枝に・・・その後メインステージへ、さらにすぐ横の高枝へ移動、さらに南側の高枝へ、コンクリの壁へ・・・写真にならない場所へ飛び込んで何か小物をゲット、駐車場下の池の方へ飛び去って、数分後に再び元のお気に入りの枝へ・・・ISO64、SS/30秒でトマリモノを撮っていると、いきなり飛び込んで失敗、その後2回飛び込んでまた失敗、再び飛び出して一時停止後に死角になる欄干の下へ飛び込んでまた失敗、懲りずに今度こそと飛び込んでようやく普通サイズの魚をゲット、すぐに料理してメスの所へデリバリー・・・5分も経たないうちに同じ枝へ再飛来、と、突然レンズを向けているこちらに向かって飛び出して、目の前でホバ~、想定外のショートホバでしたがすぐに反応して8コマをゲット! 真下の欄干の下に飛び込んでヤゴをゲット・・・その後は釣り堀方向へ飛んで行ったので16時10分、今日の散歩終了・・・やっぱりホバが撮れると嬉しい・・・(^o^)

至近ホバだったのノートリでもかなり大きく撮れましたが、敢えてほぼピクセル等倍までトリミング・・・ISO800だったので、すると少し粗いですがお許しを・・・
_00416_01.jpg

ノートリだと・・・
_00416_02.jpg

ピラカンサのお気に入りの枝に飛来・・・
_00416_03.jpg

ピラカンサの高枝へ・・・
_00416_04.jpg

南側の枝から飛び出し・・・
_00416_05.jpg

再びお気に入りの枝へ・・・
_00416_06.jpg

いきなり飛び込まれて身体が反応しましたが、流石にSS1/30秒では・・・
_00416_07.jpg

その後2度続けて飛び込むも、2度とも採餌に失敗・・・
_00416_08.jpg

_00416_09.jpg

_00416_10.jpg

超ショートホバは間に合わずに終了・・・
_00416_11.jpg

_00416_12.jpg

欄干の下に飛び込むも、また失敗・・・
_00416_13.jpg

ようやく普通サイズのお魚ゲット・・・
_00416_14.jpg

ピントが水飛沫で固定されて背中向の水出はピンボケ・・・
_00416_15.jpg

その後向きを変えてくれたので、ピントが復活・・・
_00416_16.jpg

_00416_17.jpg

再びお気に入りの枝に戻って来てホバ~・・・・
_00416_18.jpg

7コマでホバ終了・・・
_00416_19.jpg

捕った獲物はヤゴでした。
_00416_20.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年4月15日

外出自粛要請

目下、首都圏は緊急事態宣言の対象になっていて、外出自粛要請が出されています。この要請に関して色々解釈はあると思いますが、とにかく外出自粛の目的は、人との接触を減らすこと、3密を避けることで、外出自体が禁止されているわけではありません。野鳥撮影は、確かに不要不急の外出になりますが、カワセミ散歩のように時間を1時間、2時間に限定して一人で出かけ、密集地ではないカワセミフィールドの池の回りを散歩しながら、撮影をすることに問題はないと信じます。仕事で公共交通機関を利用して外出したり、海外へ出かけたりすることのない今は、健康維持のための散歩は不可欠、必要なので、自分が他に人に感染させるかもしれないということを自覚し、マスク着用、咳エチケット厳守、ソーシャル・ディスタンシング堅持を常に意識し、実行しつつカワセミ散歩を日課として継続します。ということで今日も16時前に池に到着、その前に飛び込あり、ホバありでパフォーマンスがとてもよかったようです。いつものように池の回りの散歩を開始、オスは2度飛来してくれましたが、トマリモノ以外の撮影チャンスはありませんでした。今日も散歩だけはしっかりできましたね。(^o^)

ピラカンサ絡み・・・
_00415_01.jpg

_00415_02.jpg

_00415_03.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2020年4月14日

コバルトブルー

今日は風が強かったので、16時過ぎに出撃・・・オスの飛来は少なくて、結局池では飛び込ゼロでした。ピラカンサの花が咲くまで我慢して待つしかないかも・・・

カワセミは陽の当たり具合によって見える、写る色が違いますが、やはり美しいという意味ではこの色でしょうかね、カワセミ・ブルー・・・
_00414_01.jpg

陽を背にして少し位置を変えただけですが、これが本来のカワセミ色・・・
_00414_02.jpg

夕陽を浴びて・・・残念ながら背中は向けてくれませんでした。
_00414_03.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2020年4月12日

コブシ・カワセミ

先日、桜カワセミを撮りに行ったフィールドでは、コブシの花もまだ残っていました。桜には1度しか飛来してくれませんでしたが、コブシの木には何度か飛来してくれました。やはり春は時期は、花とカワセミが絵になりますね。カワセミ撮影の基本は、トマリモノです。美しい鳥、カワセミをいかに美しく撮るか・・・いつも考えていることですが、コブシの花は白くて大きいので難しい・・・

_00412_01.jpg

_00412_02.jpg

_00412_03.jpg

_00412_04.jpg

_00412_05.jpg

_00412_06.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2020年4月11日

桃カワ

昨日は全く予期せず、「桃カワ」を撮る機会に恵まれました。今日は早めの14時過ぎから池で散歩を始めましたが、飛来しても移動を繰り返すだけで、ほとんど飛び込まずに釣り堀へ・・・結局採餌のために4度釣り堀へ。でも「桃カワ」をいっぱい撮ることができました。すでに花がかなり散ってしまったのが残念・・・

トマリモノは原則、最低感度のISO64で撮影・・・トリミングには十分すぎるくらい余裕があります。
_00411_01.jpg

_00411_02.jpg

_00411_00.jpg

この後はSS1/400秒だったので・・・
_00411_13.jpg

_00411_03.jpg

_00411_04.jpg

_00411_05.jpg

_00411_06.jpg

_00411_07.jpg

_00411_08.jpg

_00411_09.jpg

_00411_10.jpg

_00411_11.jpg

_00411_12.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2020年4月10日

予期せぬ・・・

今日は強風だったので、16時過ぎに様子見のつもりで散歩に出かけました。池を3周したところでオスが飛来、でも水面が風で波打っていたため何もせずに数分後、釣り堀方向へ飛んで行ってしまいました。しばらく待っても戻って来ないので、機材を担いで釣り堀に行ってみると、やっぱりいました。釣り堀を囲っているフェンスの高さが1.6mくらいあるので、フェンス越しに水絡みを撮ることは不可能・・・また切れ目のところからレンズを向けて証拠写真を撮っていると、予期せぬことが・・・上の枝へ移動してくれたのです。ようやくまともな写真が撮れました。池に戻って再び散歩、17時過ぎに南側の小池の枝、奥でまったりしているところを発見、結局30分以上も動きがなかったのですが、襲ってきたモズから間一髪で逃れて欄干へ移動・・・しばらくじっとしていてくれたので、かなり至近で撮らせてもらいました。

とりあえず証拠写真・・・
_00410_02.jpg

すぐ上の赤桃の枝へ・・・
_00410_03.jpg

赤桃の花は桜と同じタイミングで咲いていたようで、ちょっと花が淋しくなっていましたが一応、「桃カワ」・・・
_00410_01.jpg

_00410_04.jpg

池にいない魚をゲット・・・実は、この後魚を地面に落としてしまい、拾い上げてメスの所へ・・・
_00410_05.jpg

枝被れにならないところをピンポイントで探して何とか撮りました。
_00410_06.jpg

暗くてSSは1/25秒でした。
_00410_07.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年4月 9日

春ですね・・・

桜は終わってしまいましたが、新緑が映える時期になりました、春ですね。カワセミ散歩している池は、周辺に桜はあるのですが、中州の島には桜の木はなく、ピラカンサ、トベラ、モクゲンジ、白式部の木があり、時期は違いますが花を咲かせます。今日、久しぶりにトベラのメインステージにもカワセミが飛来してくれました。このトベラの木は、遅くとも今月末には花が咲きます。5月に入ると、ピラカンサの木が白い花で満たされます。今日も何度か複数の枝に止まってくれましたが、花が咲くのが本当に楽しみです。

ピラカンサの花が咲くと、ここに止まるカワセミは間違いなく美しい絵になります。嘴の先には土が付いていました。
_00409_00.jpg

トベラのメインステージ・・・
_00409_10.jpg

トベラの高い枝にも飛来・・・
_00409_11.jpg

別の場所でも新緑・・・
_00409_12.jpg

ヤゴですかね? 池の中央に飛び込んで、何故魚ではなくヤゴを採餌?
_00409_01.jpg

_00409_02.jpg

この後2コマ羽閉じ没・・・
_00409_03.jpg

_00409_04.jpg

_00409_05.jpg

この後連続して4コマ羽閉じ没・・・
_00409_06.jpg

_00409_07.jpg

_00409_08.jpg

_00409_09.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2020年4月 8日

イマイチ・・・

今日も16時前に池に到着、オスが出迎えてくれました。数分後に飛び込んでお魚なし、その後数ヶ所移動して、柳の高枝へ・・・そこから飛び込んだのに気づかず、と、水出後にホバ・・・ファインダーを覗いたら背中向き! その後もう一度飛び込みましたが、またもお魚なし・・・釣り堀方向へ飛び去った後、結局戻って来ませんでした。池の回りを15周も歩いたので、川へ様子見に・・・メスを発見! オスが魚を届けるのを待ちましたが・・・残念、撮影成果はイマイチでした。

ここから陽の当たる所へ飛び込んでくれるとよかったのですが・・・
_00408_01.jpg

日陰に飛び込んでお魚なし・・・8コマ追尾できましたが半分が羽閉じで没!
_00408_02.jpg

_00408_03.jpg

_00408_04.jpg

_00408_05.jpg

後ろ向きホバ・・・よく見ると何か捕ったみたい???
_00408_06.jpg

_00408_07.jpg

捕ったものを落とした?
_00408_08.jpg

_00408_09.jpg

_00408_10.jpg

また飛び込みましたがお魚なし・・・しかも羽閉じの連続でこれがベスト・・・全くツキなし!
_00408_11.jpg

川のメスに会えたのでラッキーと思いましたが、結局求愛給餌はなし・・・お腹が白くなっているので、すでに抱卵中かも?
_00408_12.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年4月 7日

好きなカワセミ・・・

好きなカワセミだから綺麗に、可愛く撮ってあげたいですね。今日のカワセミ散歩では、そんな瞬間を切り取ることができました。いつものように16時前に池に到着、2周散歩したところでオスが飛来、30分後にも飛来して2度飛び込んで、2度とも大物ゲット、ところが採餌シーンは久しぶりだったこともあり、タイミングが全く合わずに没、没、没・・2度目は水出に完璧にタイミングが合ったのですが、羽の開きが中途半端、その後も数コマ追尾したのですが背中向きで羽閉じで没、没、没・・・50分後に飛来してそのまま駐車場下の池へ飛んで行ったので、様子を見に行くと、夕陽を浴びていいところに止まっている・・・急ぎ機材を取りに行って間に合いました、嬉しい! その後池で18時までメスを待ちましたが飛来せず、これで4日連続飛来なしなので、もう夕方メスは来ないでしょう。帰りがけに川の様子を見に行くと、大きな石の上に別のオスが・・・ホバするかもと期待しましたが、そのまま上流へ消えて行きました。

夕陽を浴びて新緑に映えるカワセミ・・・
_00407_01.jpg

_00407_02.jpg

_00407_03.jpg

ピラカンサも緑が綺麗になってきました。白い花が咲く1ヶ月後が楽しみ・・・
_00407_04.jpg

川のオス・・・数日前からメスに給餌しています。
_00407_05.jpg

折角大物を釣り上げてくれたのに・・・
_00407_06.jpg

2度失敗は許されないと気合いを入れて完璧だったのに・・・
_00407_07.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年4月 6日

痛恨!

カワセミ散歩は日課なので、自粛中でも3つの密を回避しつつ続けますが、肝心のカワセミのパフォーマンス、撮影チャンスが日増しに少なくなっている現状は、ちょっと悲しいですね。今日も散歩は16時前から始めましたが、オスが飛来しない・・・それで近くの釣り堀に様子を見に行くと、やっぱりいました。釣り堀で採餌していたら、池に飛来するわけないですよね。その後池の方へ飛んでいったので、池に戻ると、高い木の枝から獲物を狙っている様子・・・近づいて池への飛び込を待っていると、飛び出したのは真下の水路・・・で、突然止まってホバ~、すぐにファインダーを覗くと、何と杭とロープの後ろでホバってる・・・ショートホバだと分かっているので移動もできず、とりあえずシャッターを切りましたが・・・痛恨!

ここからは池に飛び込むはずだったのに・・・
_00406_01.jpg

こういうときに限って被写体にジャスピン、完璧! しかも9コマ/秒しっかり・・・
_00406_02.jpg

_00406_03.jpg

_00406_04.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年4月 5日

カワセミの冠羽・・・

カワセミの冠羽は立つ? 先日、桜カワセミを撮りに行ったフィールドのカワセミの冠羽が綺麗で印象的でした。現像していて、アフリカに生息するカンムリカワセミを思い出しました。(^o^)

_00405_01.jpg

_00405_02.jpg

アフリカのカワセミの代名詞的な存在、カンムリカワセミ・・・
_00405_03.jpg

_00405_04.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2020年4月 4日

久しぶりのホバ

今日も池でのカワセミ散歩は16時前に開始、風が強くて常時水面に波が立つ状況だったので、オスが飛来しても移動を繰り返すだけで、結局採餌シーンは一度も見ることができませんでした、が、飛び出し後、急停止してのショートホバを撮るチャンスには恵まれました。オスの嘴に巣穴掘りの証となる土が付いているのを確認したので、18時10分までメスの飛来を期待して待ちましたが、結局メスの姿は確認できませんでした。

強い陽差しの中、半逆光という厳しい撮影条件でしたが・・・
_00404_01.jpg

_00404_02.jpg

_00404_03.jpg

_00404_04.jpg

_00404_05.jpg

_00404_06.jpg

巣穴掘りの後、水浴びはしたと思いますが、明らかに嘴にはその痕跡が・・・
_00404_07.jpg

_00404_08.jpg

_00404_09.jpg

メインステージにも飛来・・・
_00404_10.jpg

一応背景は桜!(^o^)
_00404_11.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (4)

2020年4月 3日

叫んでも・・・

オスが叫んでも、メスは来ませんでした。今日の散歩は18時まで・・・メスの姿は確認できませんでした。ついに池から消えた?

_00403_01.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2020年4月 2日

給餌は絶望的

今日もカメラマンがいないであろう16時過ぎにカワセミ散歩で池の様子を見に行きました。オスが南東側の水路の枝で出迎えてくれましたが、10以上待っても何もせず川の方へ飛び去ってしまいました。その後散歩を始め、メスの鳴き声を耳にしたのは17時45分頃でした・・・ほぼ定刻の飛来ですね。北側の小池あたりで、ザリガニを2匹捕って、18時10分頃に消えました。実はその間にオスが近くに飛来したのです。このオス求愛給餌を期待してもムダでしょう、全くその気なし・・・池での給餌は絶望的ですね。しかしメスは日中どこで何をしているのか? 本当に不可解です。

暗い上に、なかなかいいところに止まってくれません。ようやく枝被りのないところから撮ることができました。
_00402_01.jpg

18時過ぎ・・・ヨンニッパ単体、F値開放、ISO200、SS1/40秒・・・
_00402_02.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (2)

2020年4月 1日

もう一度・・・

もう一度、撮影チャンスが欲しかった・・・

飛来して10秒くらいしかいてくれなかったので、実際にシャッタが切れたのは1秒か2秒・・・

_00401_01.jpg

この後すぐに飛び出して・・・SS1/250秒では・・・
_00401_02.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (0)

2020年3月31日

桜カワセミ

一応自粛中ですが、ちょっと遠くへカワセミ散歩してきました。勿論換気の悪い密閉空間、人が密集する場所、密接した近距離での会話という「3つの密」は避けて、3時間ほど桜に飛来するカワセミを待ちました。ワンチャンス、10秒!でした。

何年ぶりかで訪れたフィールド・・・ここにカワセミが飛んでくる? と思いながら待ちました。
_00331_03.jpg

「来た~!」(^o^)
_00331_01.jpg

この枝には5分くらい止まっていたので、何とか背景に桜を入れようと・・・F値も16まで絞ってみましたが・・・背景が桜に見える?(^o^)
_00331_02.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年3月29日

雪カワ

自粛中でしたが、2日間散歩に出ないのも健康上よくないので、人に会うこともないだろう16時半過ぎに池の様子を見に行きました。ピラカンサのメインステージにはまだ雪が残っていたのですが、カワセミの飛来はありませんでした。結局1時間ほどいましたが、オスの姿は確認することができず、メスが北側の小池周辺を行ったり来たりして、小エビやザリガニを捕っていました。

少し「雪カワ」が撮れました・・・
_00329_01.jpg

_00329_02.jpg

_00329_03.jpg

_00329_04.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年3月28日

自粛要請・・・

カワセミ散歩は不要不急の外出と批判されそうなので、都知事の要請に従って自粛することにしました。皆さんも是非、換気の悪い密閉空間、人が密集する場所、密接した近距離での会話という「3つの密」は避けてカワセミ撮影を楽しんでください・・・密閉はないので、密集と密接ですね。外では手で顔は触らない、帰宅後はすぐに手洗い!ですよ。

桜カワセミは来年も撮影チャンスがあるでしょう・・・今年は自粛して諦めます。
_00328_01.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年3月26日

メスがいた~!

今日は15時45分頃に池に着きましたが、大きな動きがありました。22日以降突然姿を消していたメスが、池に戻ってきたのです。17時40分頃、北側の小池の枝に飛来、すでに暗かったのでオスかと思っていたのですが、枝から飛び込んで小魚を捕った画像をチェックしたらメスでした。その後一旦どこかへ飛び去りましたが、50分過ぎに再び同じ小池の看板の上へ飛来、飛び込んでザリガニをゲット、トベラの裏側へ移動して料理、その後21日までよくドジョウを捕っていた小池へ移動、さらにピラカンサのメインステージの枝へ移動、さらに北側の柳の枝へ、その間オスが鳴きながら近くを飛び回っていたようですが・・・暗すぎてその姿を確認できず・・・メスも飛び去っていきました。短時間でしたが、メスが移動を繰り返した場所は、すべて消えたメスが好んで止まっていた枝なので、間違いなく同じ個体でしょう。実は昨日も撤収後の18時頃に同じ場所にメスが飛来したと聞いていたので、期待して待っていたのです。本当にメスが戻って来てくれるとは・・・嬉しいですね。しかし何故日中に飛来しないのか? 大きな謎です。オスは、17時過ぎに池に飛来して、何もせずに駐車場下の池へ移動、10分くらい枝に止まっていましたが、結局何もせずに池に戻り、記念樹から飛び込んで、何とオタマジャクシをゲット、その後ピラカンサとトベラの間の枝から飛び込んで失敗、どこかへ飛び去っていきました。メスの飛来と前後して、どこで捕ったのか大魚をくわえてピラカンサのお休み処へ戻って来ました。メスが飛来しても、給餌をする気のないオスには本当に失望しましたね。

メスがトベラの裏側の枝・・・
_00326_01.jpg

小魚ゲット・・・ISO3200では解像しない・・・
_00326_02.jpg

_00326_03.jpg

ザリガニ・・・
_00326_04.jpg

オスが駐車場下の池で・・・
_00326_05.jpg

記念樹の枝に・・・
_00326_06.jpg

どう見てもオタマジャクシ・・・
_00326_07.jpg

お魚なし・・・
_00326_08.jpg

_00326_09.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年3月24日

オスだけでは・・・

今日も池でメスを見ることはありませんでした。オスだけでは本当に淋しいですね。風が強かったので、採餌場所を探して移動を繰り返していましたが、カワセミ散歩での撮影チャンスは日増しに減ってしまいそう・・・

目の前では小物しか捕らない・・・
_00324_01.jpg

_00324_02.jpg

_00324_03.jpg

_00324_04.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年3月23日

メスが消えた!

今日も15時過ぎに池にカワセミ散歩に出かけましたが、メスはやっぱり消えてしまったようです。朝からいたカメラマンの報告では、メスの姿は確認できず、17時まで散歩をしながら待ちましたが一度も飛来しませんでした。そもそも池を縄張りにしているメスが、池に丸2日間、姿を見せないということは、メスに何か異変が起きたと考えるのが自然でしょう。川のホバ娘も桜開花前に消えてしまったし、残念続きです。オスは定期的に姿を見せて採餌しているようで、池の回りを丁度10周歩いたタイミングで、大きな魚をくわえて飛来しました。どこで捕ったのか? その後水浴び、羽繕い・・お休み処でまったり。

今日は水浴びだけ・・・
_00323_01.jpg

_00323_02.jpg

_00323_03.jpg

_00323_04.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年3月22日

メスが消えた?

懸念していたことが現実に? オスがいつまで経っても給餌しないので、メスがどこかへ消えてしまったのかも・・・今日も15時過ぎに池に行きましたが、その前もメスは姿を見せたなかったとのこと。17時過ぎまで待ちましたが、結局メスは飛来せず、池にはオスだけが・・・

昨日撮ったメス・・・
_00322_01.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年3月21日

いつになったら・・・

いつになったら求愛給餌が見られるのか? 今日は15時半頃に池に到着、オスとメスが場所を変えて何度も至近で並んでいましたが、オスは相変わらず給餌する気配すらなし・・・メスはいつまで我慢するのか???

オスの採餌・・・ザリガニをゲットしても即、呑み込んでしまいました。
_00321_01.jpg

_00321_02.jpg

_00321_03.jpg

オスがメスの目の前で飛び込んで採餌失敗・・・
_00321_04.jpg

メスはオスの目の前で食事を済ませて水浴び・・・
_00321_05.jpg

_00321_06.jpg

オスはメスが近くにいたにもかかわらず、何もせずにさようなら・・・
_00321_07.jpg

こんな感じで並ぶのですが・・・
_00321_08.jpg

ここでも30分以上並んでいましたが・・・
_00321_09.jpg

オスはメスの目の前でペリットを吐き出すだけ・・・
_00321_10.jpg

別の場所でこんなことも・・・暗い場所だったのでSSは1/100秒でトマリモノを撮っていたらいきなり・・・
_00321_11.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年3月19日

強風で・・・

今日も15時過ぎに池へ直行したのですが、強風で池の水面は絶えず高波が・・・これでは上から獲物を狙うことはできないでしょうね。撮影チャンスも少ない、花粉だけいっぱい持ち帰りました。オスがとこかで魚を捕って、今日もじっと待っていたメスに届けてくれたら、強風は関係なかったのですが・・・川のホバ娘はもう3日連続でホバしていないとのこと、今度こそ「ホバ終焉」ですね、桜の開花前の終焉は本当に残念!

_00319_01.jpg

_00319_02.jpg

_00319_03.jpg

_00319_04.jpg

_00319_05.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年3月18日

桜ホバ前に・・・

来週にも桜が開花するとのことで、桜バックに「桜ホバ」を期待していたのですが、その前にホバ娘が繁殖行動に専念するようで、ホバは終了みたいです。ここ数日、朝方のホバ回数が減り、今朝はついにゼロだったとのことです。実は昨夕、川が工事で濁っていなかったので、1時間ほど待ってみましたが、1度も姿を見せませんでした。朝方も夕方もダメではないですかね。今日は15時過ぎに池へ直行、結局1度も川へは行きませんでした。池では相変わらずオスとメスが至近で並ぶのですが、オスが魚を持ってくるのをじっと待ち続けるメスが不憫に感じましたね。このオス、一体何を考えているのか??? もう半月以上もメスの傍にいて、給餌をしようともしません。メスは待ち時間が長く、オスがあちらこちらで飛び込んでいたので、当然撮影チャンスはオスばかりでした。

豪快な水飛沫・・・
_00318_01.jpg

大物を捕らない? それとも捕れない?
_00318_02.jpg

これも小エビ?
_00318_03.jpg

小魚・・・
_00318_04.jpg

これは何?
_00318_05.jpg

メスまで小物・・・
_00318_06.jpg

新緑の季節はもうすぐですね。
_00318_07.jpg

_00318_08.jpg

_00318_09.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年3月15日

まだ先?

やはり花粉が気になって、長時間外にいることはできません。今日は15時半過ぎに出撃、まずはピラカンサの池へ。オスとメスが出迎えてくれましたが、求愛給餌はまだ先のようです。相変わらず至近で並ぶのですが、オスはメスのために採餌する気配なしだったので、30分くらいで下流へ移動・・・こちらも1時間、オスとメスが至近で何度か並びましたが、求愛給餌はなし、ホバもなしでした。帰りがけに再び池へ・・かなり暗くなった17時半過ぎに、メスが高い枝に飛来・・・飛び込んで大物ゲット・・・やはりオスはメスに給餌していなかったということですね。

獲物が小さすぎる・・・
_00315_01.jpg

_00315_02.jpg

オスの横にいたメスが飛び込んで・・
_00315_03.jpg

オスのいる場所にメスが飛来しましたが・・・
_00315_04.jpg

オスが飛び込んで採餌失敗!
_00315_05.jpg

ショートホバ・・・撮れたと思ったのですが、ホバは終了してました。
_00315_06.jpg

メスは大物しか狙わない?
_00315_07.jpg

_00315_08.jpg

_00315_09.jpg

_00315_10.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年3月13日

行動パターン

目下、川の2kmの範囲、上流域に1ペア、下流域に1ペア、その間に1ペア、そして池に1ペア、計4ペアが繁殖行動に入っているので、個々の行動パターンが変わりつつあります。川が一帯、コンクリの護岸でカワセミが営巣できる場所がほとんど残されていません。従って今後、餌場となる川から離れた場所で巣穴掘りを始めるでしょう。ま、営巣場所にはカワセミに余計なストレスを与えないために関わらない方がいいので、今まで通り餌場でペアの様子を観察しながら進捗を見守るのがいいですね。上手く繁殖に成功すれば、5月には多くの巣立ち雛で賑わうでしょう。今年はコロナウィルスの影響で、海外出張は5月いっぱいは無理でしょう。この春はカワセミとの出会いをしっかり楽します。(^o^)
今日は早朝、池に立ち寄り30分ほどいましたが、オスメスが並んで同じ枝に止まっていましたが、結局何もせずにオスが飛び去り、すぐにメスがその後を追ってしまったので、8時頃に下流へ移動・・・報告ではオスとメスが飛来してもホバはい1度もなかったとのこと。そしてホバが始まったのは8時半頃で、結局、5、6回ホバりましたが、遠かったり、背中向きだったり、逆光が強すぎたりで、よいホバ写真は撮れませんでした。川が濁り始めた9時過ぎには諦めて再び池へ・・・15分くらい待ちましたが、オスメスのどちらも戻って来なかったので撤収しました。

何とか紹介できるレベルのホバ・・・
_00313_01.jpg

_00313_02.jpg

_00313_03.jpg

_00313_04.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年3月12日

大物ゲット!

昨夕は泥水の川で成果に乏しかったので、今日は川が澄んでいる7時過ぎに出撃しました。ところが泥水になる前の9時半まで待ちましたが、遠くて短いホバを1度やっただけでした。1度もシャッターを切らなかったので、帰りがけにピラカンサの池へ立ち寄りました。オスとメスが仲良く並ぶことが多いですが、未だに求愛給餌はなし、メスは一生懸命自分で採餌していました。わざわざオスのいる枝に魚をくわえて持っていき、オスの目の前で呑み込む・・・それを見ていたオスが飛び込んで魚を捕って枝に戻り、メスの目の前で呑み込む・・・求愛給餌はいつになるのか? で、池に到着早々、メスが飛び込んで超大物をゲット! 嬉しそうな表情が可愛い・・・(^o^) 早起きしてホバは惨敗でしたが、このワンチャンスをゲットしただけで報われ、癒やされました。

とりあえず1コマ、残りは後で現像して紹介します。
_00312_01.jpg

2度目の大物ゲットの際は、残念ならが後ろ向き、数コマ撮りましたが、羽閉じ3コマは没で1コマしか残せませんでした。お魚が主役になってしまいましたね。
_00312_02.jpg

3度目も羽閉じ続き・・・
_00312_03.jpg

_00312_04.jpg

_00312_05.jpg

最初の大物ゲットの続きです。
_00312_06.jpg

_00312_07.jpg

_00312_08.jpg

_00312_09.jpg

_00312_10.jpg

_00312_11.jpg

_00312_12.jpg

_00312_13.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年3月11日

いつまで続く・・・

川を泥水化する工事はいつまで続くのか? 今日は16時前にカワセミ散歩に出ました、川が濁っていないことを期待して・・・やっぱり濁ってました。17時過まで重機が川の中で作業していたようで、泥水状態は解消しませんでした。オスもメスも夕食のために飛来してくれたのですが、飛び込んでも採餌に失敗を続け、ホバも1回づつ披露してくれましたが、結局泥水で獲物が見えなかったのでしょう、諦めて飛び去ってしまいました。少しでも水が澄んでいれば、数回ホバってくれたと思うし、しっかり夕食も済ますこともできたでしょう。

_00311_01.jpg

_00311_02.jpg

日曜日のホバですが、1分以内に3度ホバして、見事にお魚ゲット!
_00310_01.jpg

_00310_02.jpg

_00310_03.jpg

_00310_04.jpg

_00310_05.jpg

_00310_06.jpg

_00310_07.jpg

_00310_08.jpg

水面から3mくらいの高さで・・・
_00310_09.jpg

_00310_10.jpg

_00310_11.jpg

_00310_12.jpg

腹びれだけくわえて見事に釣り上げました!
_00310_13.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 22:59 | コメント (0)

2020年3月 9日

雨中ホバ~

今日は花粉が非常に多いということなので、カワセミ散歩はお休みです。昨日の雨中ホバをようやく現像したので、一気に27回分紹介します。いつものように1回、1コマ厳選・・・雨中で暗かったのでSSは1/50秒~/200秒でした。

_00308_5.jpg

_00308_6.jpg

_00308_7.jpg

_00308_8.jpg

_00308_9.jpg

_00308_10.jpg

_00308_11.jpg

_00308_12.jpg

_00308_13.jpg

_00308_14.jpg

_00308_15.jpg

梅の花バック・・・
_00308_16.jpg

_00308_17.jpg

_00308_18.jpg

_00308_19.jpg

_00308_20.jpg

_00308_21.jpg

_00308_22.jpg

_00308_23.jpg

_00308_24.jpg

_00308_25.jpg

40~50m先・・・
_00308_26.jpg

_00308_27.jpg

_00308_28.jpg

_00308_29.jpg

_00308_30.jpg

_00308_31.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年3月 8日

雨なのに・・・

雨なのによく出かけるね~といわれそうですが、雨の日は花粉の飛散も少ないので、敢えて早朝から出撃したのです。(^o^) 7時過ぎに川に着くと、あらあら雨にも負けず、風にも負けずの「変態カメラマン」が8人も・・・そのレンズの先にはすでにオスとメスが仲良く並んでました。すぐにホバ合戦が始まるか、と期待して待ちましたが、8時を過ぎても何事も起こらず、ただ場所を変えて2羽が並ぶだけ・・・ようやくメスがホバったのは8時半過ぎでした。折角3回ホバってくれたのに、1回は移動中で間に合わず、もう1回はAFでピントが外れてMFで戻したときにはホバ終了、まさかこれで終わりじゃないだろうな~と、思いつつも、9時を過ぎてもホバなしなので諦めかけた9時15分過ぎ、メスが雨中ホバ再開・・・「ありがとう!」雨の中出かけた甲斐がありました。結局9時15分~10時50分に30回以上元気よくホバってくれました。背景が私の美的感覚からどうしても許せない人工物だったり、遠すぎて全く解像していないカットを削除しても27、28回分はデータが残りました。(^o^)

仲は良さそうですが・・・
_00308_1.jpg

こんな所で求愛給餌はしないでね・・・
_00308_2.jpg

「ね~、一体いつになったらマグロを届けてくれるのよ~!」
_00308_3.jpg

_00308_4.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年3月 7日

2日続けて・・・

今朝も7時半に川に着いて、9時半までいましたが、2日続けて1度もシャッターを切りませんでした。昨日と違って、オスかメスが、ずっと目の前にいたのですが、ホバは1度も披露してくれませんでした。で、夕方、泥水を覚悟で再出撃・・・16時~17時、川は泥水で濁ったままでしたが、メスが4度ホバしました。早朝から夕方までいれば、いつかはホバを撮ることはできそうです。

短いホバで残ったデータは3コマ、すべてほぼ同じ・・・
_00307_1.jpg

背中向きが2度・・・
_00307_2.jpg

_00307_3.jpg

最後は暗すぎて・・・
_00307_4.jpg

泥水の水面に浮いてきた大きなエビを捕ってました。
_00307_5.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年3月 6日

異変!

花粉を気にしながら、今朝も出撃しました。7時10分頃着・・・その前はオスメスが飛来して、しばらくいた後に何もせずに一緒に下流へ飛び去ったとのこと。その後全く飛来せず、8時半頃にオスが通過して上流へ消えて行っただけ・・・撮影ができれば花粉も気にならないのですが、ただ待つだけでは限界、8時40分に撤収しました。朝食の時間帯に1時間半も餌場に一度も姿を見せない・・・早朝の時間帯は、一時期ホバをしなかったことはありますが、一度も飛来しないということはなかったですね。間違いなくおかしいです、何か異変が? もしかしたらオスメス一緒に下流で営巣場所を探しているのかも・・・下流でも採餌はできるので、営巣場所が決まれば、戻ってこない可能性もありますね。

今日は1度もシャッターを切らなかったので、在庫から・・・葉っぱや小枝・・・
_00306_0.jpg

_00306_1.jpg

_00306_2.jpg

_00306_3.jpg

_00306_4.jpg

_00306_5.jpg

_00306_6.jpg

_00306_7.jpg

_00306_8.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年3月 5日

今日もホバホバ

今日も7時過ぎに川に到着・・・何と10人以上のカメラマンが・・・すでに数回ホバはあったとのことですが、7時28分からメスが9回連続してホバを披露してくれました。オスは飛来しても、あまりホバしてくれず、9時38分にメスが再び6回続けてホバしてくれた以外は、結構暇でした。それでも終わってみれば、やはり今日もオスメス合わせて20回以上・・・撮影しているときには花粉のことは忘れているのですが、帰宅後は地獄の苦しみ・・・明日はどうしようか???

_00305_1.jpg

_00305_2.jpg

_00305_3.jpg

_00305_4.jpg

_00305_5.jpg

_00305_6.jpg

_00305_7.jpg

_00305_8.jpg

_00305_9.jpg

_00305_10.jpg

_00305_11.jpg

_00305_12.jpg

_00305_13.jpg

_00305_14.jpg

_00305_15.jpg

_00305_16.jpg

_00305_17.jpg

_00305_18.jpg

オスの撮影チャンスは2度だけでした。
_00305_19.jpg

_00305_20.jpg

背景色が不自然? これでもまだいい方です。今日も他に3回、即没にした背景がありました。
_00305_21.jpg

こんなに近くにいてもまだ何も起こりませんでした。
_00305_22.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年3月 4日

ホバ合戦

ここ数日、花粉地獄を回避するため、カワセミ散歩を控えている上に、外での時間制限も余儀なくされています。そのせいもあってあまり撮影チャンスにも恵まれていませんでした。池ではまだ求愛給餌は期待できず、川も夕方は工事で泥水状態なのでカワセミの飛来は期待できない、ということで久しぶりに早朝出撃しました。といっても夜明けのタイミングからだと長時間になってしまうので、のんびり7時前に家を出て、川の到着は7時過ぎ・・・もう数回ホバしたよ~とか、昨日はホバ祭りだったよ~とか報告を受けましたが、それは納得済み、この後ホバをしなければ仕方ない・・と自分に言い聞かせ、飛来を待ちました・・・来ない、いや~な予感・・・まだ来ない・・・今日はダメか・・・と思っていたらメスが飛来して7時50分からホバ開始・・・ところが1回だけでオスを追いかけてさようなら、残念。でもその後オスとメスが仲良く一緒に飛来したので期待を膨らませましたが、至近で背伸び合い・・・場所の移動を繰り返して背伸び合い・・・互いの思いを確かめ合う儀式なので、終わるまでは採餌なし、ホバなし、残念。待つこと30分、何とオスが遠くでホバ~、予想外だったので反応が遅れて数コマしか残せず・・・次のホバは合焦する前に終了・・・遠すぎるよ〜という嘆きの声に応えてくれたのか・・・こちらに飛んできて近くで2回ホバ・・・採餌できず、一旦メスのところへ・・・何のために? すぐにまた4回続けてホバ~・・・採餌できず、ついにメスが参戦してホバ合戦開始・・・9時36分に終わってみれば、20回以上ホバってました。(^o^) オスのホバは想定外だったので、超嬉しかったですね。オスメス合わせて18回データを残せました。ホバ娘にも春が訪れそうなのも嬉しい! 川でも池でも本格的な恋の季節到来ですね。

もっと絵になる場所で並んでくれるといいのですが・・・
_00304_1.jpg

_00304_2.jpg

_00304_3.jpg

_00304_4.jpg

_00304_5.jpg

こういう自然な枝の上で並んでくれるといいのですが・・・勿論求愛給餌は人工物の上はご遠慮願いたい。(^o^)
_00304_6.jpg

ホバ合戦!
_00304_7.jpg

_00304_8.jpg

_00304_9.jpg

_00304_10.jpg

_00304_11.jpg

_00304_12.jpg

_00304_13.jpg

_00304_14.jpg

_00304_15.jpg

_00304_17.jpg

_00304_18.jpg

_00304_19.jpg

_00304_20.jpg

_00304_21.jpg

_00304_16.jpg

_00304_22.jpg

_00304_23.jpg

_00304_24.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年3月 3日

まだ先か・・・

今日は16時前にピラカンサの池へ様子を見に行きました。オスとメスは何度も近くの枝に止まるのですが、求愛給餌はまだ先ですね。17時半までいましたが、オスがメスのために魚を捕る気配さえ感じませんでした。

並んでいる場所がよくなかったので、並びモノは撮りませんでした・・・
_00303_1.jpg

_00303_2.jpg

ワンチャンスを上手くとらえたのですが、残念ながらお魚なしでした・・・
_00303_3.jpg

_00303_4.jpg

_00303_5.jpg

_00303_6.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年3月 2日

夕陽を浴びて・・・

夕陽の時間帯に強い陽差しを浴びているカワセミに露出を合わせると、完璧な黒バックになりました・・・お気に入りの1コマです。

_00302_1.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年3月 1日

今度こそ・・・

今度こそホバの終焉かも・・・朝方は今でも数回、確実にホバをしているようですが、重機がホバをする場所の川の中で作業するようになったこと、背景が重機などの人工物で埋め尽くされしまったこと、上流の工事で日曜日以外は夕方まで川が濁ることなどで、少なくともホバを撮影できる状況ではなくなりましたね。今日は花粉が「とても多い」中、15時半~17時半、我慢してホバを待ちましたが、結局撮影チャンスは1度だけでした。そろそろ池で給餌が始まりそうなので、次回のカワセミ散歩から池になりそうです。

ワンチャンスだけだったので3コマ紹介します。
_00301_1.jpg

_00301_2.jpg

_00301_3.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年2月29日

何匹捕っても・・・

大魚を2、3匹1度に捕ってくれたら絵になるのですが、小魚ではね・・・カワセミもいくら器用でも1匹しか呑み込めないので嬉しくはないと思いますよ。

_00229_1.jpg

_00229_2.jpg

_00229_3.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年2月27日

2回だけ・・・

今日のカワセミ散歩も川へ出かけましたが、川が濁っていたこともあり、ホバ娘が飛来したのは16時40分過ぎでした。強風なのでホバを期待したのですが、3段ホバを1度披露してくれただけで終了でした。3段目は遙か遠くまで飛んでいってしまって米粒大だったので、全くピンがこなくて残せたデータは2回だけでした。

_00227_1.jpg

_00227_2.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年2月26日

低速ホバ

昨日はカワセミ散歩を休んだので、今日は15時半過ぎに出かけました。川が工事で濁っていたら、ピラカンサの池でオスとメスの動きを観察するつもりでした、が、川が濁っていなかったのでホバ娘に会いに行きました。16時を過ぎても姿を見せず、一人いたカメラマンは撤収・・・すると飛来しました。(^o^) 2度直接飛び込んで普通サイズの魚をゲット、結局ホバが始まったのは16時32分でしたが、すでにかなり暗く、ISO200だと適正露出はSS1/60秒でした。最初のホバは、背景が完璧な人工物、結果的に長いホバだったので数メートル移動すればよかった・・・2度目からの背景はOKでした。最後のホバは16時47分、暗すぎたので、SS1/20秒で試してみましたが、残念ながら背中向きでした。

背景は川です。
_00226_1.jpg

_00226_2.jpg

_00226_3.jpg

_00226_4.jpg

_00226_5.jpg

_00226_6.jpg

最後はSS1/20秒・・・
_00226_7.jpg

これでも一応ホバ・・・(^o^)
_00226_8.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年2月25日

7段ホバ

7段ホバとは、一度飛び出した後、階段を上り下りするかのように上下して移動、着地せずに7回別位置でホバすることです。3段くらいまでは結構撮影チャンスはありですが、7段は過去に経験したことがないような? 15時59分47秒から始まって、終わったのは16時0分32秒でした、何と45秒間! D850はRAWだと20コマでバッファフル・・・3度バッファフルになりましたが、結局この7段ホバで198コマも撮っていました、凄い・・・(^o^)

風が強かったので、その風を切るように水平向きで羽ばたいていました。
_00225_1.jpg

_00225_2.jpg

_00225_3.jpg

_00225_4.jpg

_00225_5.jpg

_00225_6.jpg

_00225_7.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年2月24日

梅ホバ

今日は早朝から出撃しました。ところが7時前のホバ8回の撮影チャンスの中、背景が重機2回、物置が1階、仮設トイレが1回・・・もう1回物置だったので、シャッターを切らずに数メートル移動したらホバ終了・・・ここまでツキがないと、ただ笑ってしまいました。陽差しが強くなってきた7時半頃に10回くらいホバってくれたのですが、やはり逆光は厳しい、遠いと全く解像せず、完全にアウトです。一応、梅ホバ・・・遠かったですが、逆光位置ではなかったので何とか梅の花バックに撮れました。嬉しい・・・

梅ホバ~・・・この梅の木の背後に桜の木が・・・3月末までホバ娘が健在なら、背景がピンクの桜ホバが撮れるかも・・・
_00224_1.jpg

早朝の逆光ホバなど・・・背景人工物や目隠れの背中向きホバは没です。
_00224_2.jpg

_00224_12.jpg

_00224_3.jpg

_00224_4.jpg

_00224_5.jpg

_00224_6.jpg

_00224_7.jpg

_00224_8.jpg

_00224_9.jpg

_00224_10.jpg

例えばこの背景の色・・・あり得ない!(^o^)
_00224_11.jpg

ピラカンサの池では・・・見つめ合うオスとメス・・・仲良くしてね!
_00224_0.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年2月23日

夕焼けホバ

花粉地獄の中、出撃するつもりはなかったのですが、15時半過ぎにベランダから外を見て、かなり風が強かったのでホバの予感が・・・気がつけば出撃の準備をしていました。ということでフィールド着は16時前、カメラマンがファインダーを覗いているので、カワセミは対岸に・・・急ぎ機材をセットしてファインダーを覗くと、いきなりホバ開始、何と、何と7段ホバ・・・魚も捕らずにそのまま下流へ消えて行きました。予感的中! カメラマンは撤収開始。何故? これからまだ夕陽の時間帯にホバるのにと、引き留めて残った重度のカワセミ病カメラマンは3名、待つこと50分、双眼鏡でカワセミを探していたら、何と、何と双眼鏡の中でホバってる! それから夕陽を浴びてホバ10回以上・・・特に17時前後のホバは夕焼けホバでイメージ通りの発色になりました。嬉しい! 花粉地獄の中、出撃した甲斐がありました。重度のカワセミ病患者3名は、お気の毒にさらに病が重くなって撤収しました。(^o^)

強い夕陽を浴びていましたが、露出はほぼ完璧でした。
_00223_1.jpg

_00223_2.jpg

_00223_3.jpg

_00223_4.jpg

_00223_5.jpg

_00223_6.jpg

_00223_7.jpg

_00223_8.jpg

_00223_9.jpg

_00223_10.jpg

_00223_11.jpg
7段ホバは後ほど・・・

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年2月22日

花粉が・・・

花粉の飛散が本格化してきたので、しばらく長時間カワセミを待つのはやめることにしました。下流の工事が始まって以降、6時半から2時間待ってもホバ回数は多くて4、5回・・・以前のような短時間に爆発的にホバを披露してくるような好機はもう期待できないでしょう。しかし今年は異常な暖冬で、花粉の飛散時期が早いですね。ということでいっぱい貯め込んだ在庫を放出します。(^o^)

上流のオスの餌場は魚が少ない上に小さいので、あまりいい絵にはなりませんが、とにかく撮影チャンスだけは多いのが嬉しい・・・たまに大物のドジョウを見つけて捕ることもあります。
_00222_1.jpg

_00222_2.jpg

ゴールデンタイムになる16時頃でしたが、陽が当たるのが小川の右側半分で、陽の当たる方に露出を合わせ、陽の当たらない所に飛び込まれると超露出アンダー・・・現像時にプラス2補正・・・
_00222_3.jpg

_00222_4.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年2月21日

逆光ホバ

逆光ホバは撮りたくないのですが、結局今日もホバの撮影チャンスは8時過ぎの3回だけでした。やはり今までと反対側にカメラマンが並ぶと、ホバをする場所、ホバ回数に変化が生じたように思います。本格的な花粉時期に入ったので、長時間待つのは本当に辛いです。8時半過ぎには撤収し、上流経由で帰宅しましたが、その上流も状況は良くないですね。とにかく餌場としている場所に魚がいないのです。雨が降って増水すれば、本流の脇を流れる小川に魚が戻ってくるようなのですが・・・9時~10時に10回くらい飛び込みましたが、メダカのような小魚か小エビを数回捕っただけでした。夕方は工事で川が濁っていなければ下流で夕陽ホバを撮るつもりで出撃しましたが、重機が川の中で作業していたのでミルクコーヒー色・・・諦めて久しぶりにピラカンサの池へ様子を見に行きました。カメラマンは一人だけ、話しを聞くと、主のメスはピラカンサやトベラの枝には飛来しないとのことでした。池に魚がいないせいでしょう。どこもダメか、と思いつつ、駐車場下の池へ行ってみると、すっかり綺麗になったオスが出迎えてくれました。どうやらこのオスとピラ池のメスがペアリングしそうです。

逆光ホバ・・・
_00221_1.jpg

_00221_2.jpg

_00221_3.jpg

上流のオス・・・何か捕ったカットだけ紹介します。
_00221_5.jpg

_00221_7.jpg

_00221_8.jpg

_00221_10.jpg

_00221_11.jpg

_00221_12.jpg

綺麗になったオス・・・
_00221_13.jpg

駐車場下の池も魚は少ないようで、エビばかり捕っているようです。
_00221_14.jpg

_00221_15.jpg

_00221_16.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年2月20日

ダイヤモンド・ホバ

いつもことですが、天気予報が外れ、早朝は晴れ、7時過ぎから団地の建物の上から陽が差し始めましたが、ホバ娘は全くホバらない・・・6時半に着く前に数回ホバったとのことですが、今日はシャッターを押せないかと、諦め始めた8時43分、ホバ開始、ようやく強い陽差しの逆光でデータを残すことができました。やはり立つ位置にもよりますが、逆光撮影は難しい、特に露出・・・・超久しぶりでしたが、5回ともすべて適正露出で撮ることができました。すべて最低感度のISO64で撮ったので、大きくトリミングはできますが、流石に陽差しの強い逆光では、シャープさ、クリアーさはイマイチですね。

嘴の先端に小さなダイヤモンドが・・・名付けてダイヤモンド・ホバ! 朝イチのホバは逃しましたが、とても得をした思いになりました。(^o^)
_00220_1.jpg

_00220_3.jpg

11コマ撮ったのに、この羽の開きがベストとは・・・
_00220_2.jpg

50mくらい先で遠かった・・・
_00220_4.jpg

_00220_5.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 21:59 | コメント (0)

2020年2月19日

ホバの終焉近い?

工事が始まったため、対岸からの撮影を余儀なくなれて2日目、やはりホバ娘の終焉が近いと感じました。7時半以降、逆光で撮影条件が厳しくなる時間帯で1度もホバはなく、7時前に撮影終了という状況です。しかも今日はわずか4回で終了でした。また上流で重機が川の中での作業をはじめたようで、8時半過ぎには川が濁りだしたので撤収、帰宅前に上流の様子を見に立ち寄ると、カワセミが出迎えてくれたので、10時くらいまで付き合いました。やはり魚がいないのか、なかなか飛び込まず、数回の飛び込みましたが、お魚なしばかりでしたね。花粉が多くなって、帰宅後目の痒み、鼻づまりに悩まされるようになったし、今後はフィールドが遠くなりそうです。

_00219_1.jpg

_00219_2.jpg

_00219_3.jpg

背景が工事現場って分かりますね。(^o^)
_00219_4.jpg

魚をくわえていれば絶妙のタイミングだったのですが・・・
_00219_5.jpg

捕れる魚はこのサイズです。(^o^)
_00219_6.jpg

今日はイマイチの成果だったので、昨日の16時前の順光ホバを紹介します。
_00218_12.jpg

_00218_13.jpg

_00218_14.jpg

_00218_15.jpg

_00218_16.jpg

_00218_17.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年2月18日

極限に挑戦!

工事が始まって、フェンスが設けられ、ホバを撮っていた場所へは行けなくなってしまいました。それで午前中まで逆光になる反対側からの撮影が可能かどうか確かめるために、早朝に出撃しました。逆光という厳しい条件の上、カワセミが土手より上でホバると、背景は団地の建物で最悪・・・結果は何とか撮影は続けられそうです。7時過ぎには朝陽が建物上から差してきますが、完全に建物の上から川全体に陽が差す8時くらいまでは、大丈夫でしょう。流石に8時を過ぎると陽差しが強い逆光になり、絵にはならいですね。勿論くもりや雨の日は、背景の白色系の建物や土手にある黄色系の重機以外は、撮影に妨げにはならないでしょう。今日は6時30分着、33分~53分に10回以上ホバを披露してくれました。その後ホバがなかったので、8時半には撤収しました。暗かったのでまた極限に挑戦、記録更新になるSS1/25秒で撮ってみました。もうこのSSではすべてこんな感じです。(^o^) 

_00218_2.jpg

_00218_1.jpg

SS1/40秒~1/100秒・・・
_00218_3.jpg

_00218_4.jpg

_00218_5.jpg

_00218_6.jpg

_00218_7.jpg

_00218_8.jpg

_00218_9.jpg

_00218_10.jpg

_00218_11.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年2月17日

ついに1/30秒!

工事の作業員が来る前に出撃しました。6時40分~8時40分に30回以上ホバを披露してくれました。で、途中から思い切って極限のSSで挑戦してみました。昨日の1/60秒を更新し、1/30秒、1/40秒、1/50秒・・・

とりあえず極限の1/30秒4コマ、このSSでも頭部はしっかり止まっている・・・本当に空中のトマリモノですね。(^o^)
_00217_1.jpg

_00217_2.jpg

_00217_3.jpg

_00217_4.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年2月16日

雨中ホバ

予報通り8時前に雨が降り出しましたが、折角だから雨中ホバも撮ろうと、本降りになる9時半まで頑張りました。結局30回以上、ホバを披露してくれたので、早起きして良かったです。(^o^)

とりあえず・・・
_00216_1.jpg

_00216_2.jpg

_00216_3.jpg

_00216_4.jpg

_00216_5.jpg

_00216_6.jpg
残り26回のホバは後ほど・・・

朝方撮った画像ので現像すらしていないのに、最後となるとつい欲が出てしまい、夕方も出撃しました、が、カワセミが飛来しない、待つこと1時間、16時40分に飛来していきなりホバ・・・気づいてカメラに戻った時には終了・・・それから数分待たされましたが、しっかりホバってくれました。合計39回もデータを残せました。ホバ娘にはただただ感謝あるのみですね。(^o^) 朝方も暗かったですが、夕方はもっと暗かった、でも感度は上げたくない・・・ということで選択肢はSSを下げること。経験上、今まで機構ブレ(ミラーショック)のある一眼レフの限界は1/80秒と思っていたので、本当に暗い時だけ試していました。で、初めてSSをさらに下げて1/60秒で挑戦してみました。D850は本当に優れたカメラですね、カワセミ撮影にはD6は不要かと、マジで思います。D一桁シリーズはD1xから発売日に買っていましたが、今回は見送りになりそうです。D850の後継機が欲しい・・・

このSSでも頭部は完璧に止まっています。勿論大トリしてますが、この解像感が何よりもD850の魅力・・・私のこだわりの白色部分の表現もしっかりできています。2000万画素のD6では、トリミングしてこれほど大きなカワセミにはできませんよね。(^o^)
_00216_7.jpg

_00216_8.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年2月15日

霧中ホバ

今日も早朝から出撃、6時35分着、機材をセットするとすぐにホバ開始、まだ暗い上に霧でよく見えなかったですが、飛び出しから追ったので上手くファインダー内に入れることができました。でもSSは1/80秒~100秒・・・一眼レフでは限界・・・厳しい! 7時39分までに20回以上ホバを披露してしてくれましたが、その後9時半まで待ってもホバなしだったので撤収しました。

とりあえず・・・
_00215_1.jpg

_00215_2.jpg

_00215_3.jpg
残り17回のホバは後ほど・・・

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年2月14日

後ろ向きばかり

来週からホバが撮れなくなるので、久しぶりに早朝出撃しました。結構ホバを披露してくれたのですが、全くツキがなく、後ろ向きばかりで残念でした。

いつものように1コマずつ・・・
_00214_1.jpg

_00214_2.jpg

_00214_0.jpg

_00214_3.jpg

_00214_4.jpg

_00214_5.jpg

_00214_6.jpg

_00214_7.jpg

_00214_8.jpg

_00214_9.jpg

_00214_10.jpg

_00214_11.jpg

_00214_12.jpg

_00214_13.jpg

SS1/80秒・・・
_00214_14.jpg

_00214_15.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年2月13日

オスが・・・

今日も夕陽ホバを期待して16時過ぎにスタンバイ・・・メスはホバ圏内に居続けたのですが、またホバせず・・・すると上流のオスが飛来して、メスがよく止まる高い枝へ・・・その後本来のメスと同じパターンで2段ホバも含め、7回も披露してくれました。ただ残念なことに3度は逆光の光が強すぎて、よい絵にはできませんでした。で、メスは17時20分過ぎにようやくホバ・・・全く目視できない暗さだったので断念。オスがメスの縄張りに入り込んで堂々とホバをするようになりました、が、来週から工事が始まるとすべてのホバは終わりですね。

_00213_1.jpg

_00213_2.jpg

_00213_3.jpg

_00213_4.jpg

_00213_5.jpg

_00213_6.jpg

_00213_7.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年2月12日

日没後・・・

何故? 今日も16時にはスタンバイしていたのですが、昨日と違って飛来はしていたのに17時を過ぎてもホバなし、何故? 完全に陽が沈んで暗くなったので、カメラマンは撤収開始、結局残ったのは絶対にホバすると信じていた私一人。ホバが始まったのは、17時17分、3度までは見えましたが、4度目は暗すぎて見えず断念・・・その後カワセミを見失ったので撤収しました。ISO400でSSは1/60秒・・・これは一眼レフでは限界を超えるSSです。(^o^) さらに感度をISO800まで上げてSSは1/80秒に・・・

ホバリングって、この瞬間を見ると、本当にトマリモノだと分かりますね。羽が見えなくても、頭部だけは完璧に止まっています。
_00212_1.jpg

_00212_2.jpg

_00212_3.jpg

_00212_4.jpg

_00212_5.jpg

_00212_6.jpg

待ちに待ったD6がいよいよ3月に発売されます、が、仕様を見てやや期待外れ、D850のこの画質、解像感を見たら、本当に必要?と自問自答しています。確かにAF精度は大幅に向上しているようですが、秒間14コマなら、最低でも3000万画素は欲しかった・・・

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年2月11日

10分早ければ・・・

今日も夕陽を浴びたホバ狙いで16時過ぎにフィール到着、何とカメラマンが20名! ホバ娘が恥ずかしがって飛来しないのかも、などと冗談で話していましたが、流石に17時を過ぎて陽が沈んでもホバどころか、飛来もしないので、一人、また一人、撤収の準備を始めました。ホバが始まったのは17時9分、終了は17時20分でした。何と14回のデータが残っていたので、11分間で15回以上ホバしたことに! もう10分早ければ、夕陽の中にカワセミを入れるチャンスもあったかも・・・残念。暗すぎてSSは1/60秒~1/200秒、感度もISO400~800という厳しさでしたが、スローシャッタースピードならではの絵作りができたので結果OKでした。

少し夕陽の光が残っていたので、色も付きました・・・
_00211_1.jpg

_00211_3.jpg

_00211_4.jpg

_00211_5.jpg

_00211_6.jpg

_00211_2.jpg

_00211_7.jpg

_00211_8.jpg

_00211_14.jpg

_00211_9.jpg

_00211_10.jpg

_00211_11.jpg

_00211_12.jpg

_00211_13.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年2月10日

夕陽に染まる

今日の夕方のホバは16時30分過ぎから陽が沈む10分前までの約30分間でした。赤い夕陽の中にカワセミを入れる・・・いつもイメージは描いているのですが、肝心のカワセミが夕陽の中に入ってくれません。でも今日は最後のホバが17時3分で、夕陽を浴びて赤く染まったホバを撮ることができました。2月17日から撮影している一帯が護岸工事の対象になります。折角復活してくれたホバ娘は、来週からどこでホバする??? 工事が始まっても川ではどこでも採餌することは可能なので、ホバ娘が餌場に困ることはないと思いますが・・・

_00210_2.jpg

_00210_1.jpg

_00210_3.jpg

_00210_4.jpg

_00210_5.jpg

_00210_6.jpg

_00210_7.jpg

_00210_8.jpg

_00210_9.jpg

_00210_10.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年2月 9日

完全復活!

今日は15時20分~16時20分の1時間に、3段、4段ホバを含めると、20回以上ホバを披露してくれました。やっぱり風があった方が、ホバをするような気がします。久しぶりにホバで満腹になりました。(^o^)

風が強かったので、風に向かって水平気味のホバが多かった・・・1時間で20回以上、強風の中頑張ってくれました。ありがとう! ISO200、SS/160秒~320秒で撮影、低感度なので大きくトリミングできるのも嬉しい・・・
_00209_1.jpg

_00209_2.jpg

_00209_4.jpg

_00209_3.jpg

_00209_5.jpg

_00209_6.jpg

_00209_7.jpg

_00209_8.jpg

_00209_9.jpg

_00209_10.jpg

_00209_11.jpg

_00209_12.jpg

_00209_13.jpg

_00209_14.jpg

_00209_15.jpg

_00209_16.jpg

_00209_17.jpg

_00209_20.jpg

_00209_18.jpg

_00209_21.jpg

_00209_22.jpg

_00209_23.jpg

80mくらい先の超逆光ホバ・・・証拠写真以下です。
_00209_24.jpg

_00209_25.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年2月 8日

やはりホバ復活!

今日はのんびり昼頃から出撃・・・まずは上流へ、昨日ほどではないですが、飛び込回数はかなりありました、が、魚が小さい上に、どうも数が少ないらしく、なかなか飛び込まない、飛び込んでも半分以上お魚なしでした。嬉しかったのは、オスがホバを披露してくれたこと。遠かったでが、低い位置、高い位置で・・・でも飛型が同じ、カワセミが小さすぎて2度もピントが背景に持っていかれて・・・残せるデータがわずかでした。その後15時半に夕陽ホバ期待で下流へ移動・・・夕陽で染まる前のタイミングにホバを4回披露してくれました。確かに以前よりは回数は減りましたが、間違いなくホバはしてくれますね。ホバ復活宣言です!

_00208_1.jpg

_00208_2.jpg

_00208_3.jpg

_00208_4.jpg

_00208_5.jpg

_00208_6.jpg

オスの低空ホバ・・・
_00208_7.jpg

_00208_8.jpg

_00208_9.jpg

高い位置のホバは2度マニュアルでピントを戻した後に3コマ残せましたが、みんな同じ・・・
_00208_10.jpg

ホバ終了・・・
_00208_11.jpg

今日もいっぱい撮ったので現像する気なし・・・とりあえず数コマ・・・
_00208_13.jpg

_00208_14.jpg

_00208_15.jpg

_00208_17.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年2月 7日

ホバ娘復活・・・

終焉宣言したホバ娘のホバが復活したようです。ということで2週間ぶりに会いに行ってきました、が、8時半にフィールドに着いたときにはすでにホバは終了、10時まで待ちましたが、飛来してもホバせずに採餌するという、ホバ終焉宣言の時と同じ状況でした。でも常連カメラマンの話では1週間前から早朝(8時前)には必ず複数回ホバをするようになったとのことです。午後から夕方にかけてもホバはしているようなので、恐らく朝から頑張れば10回くらいは撮影チャンスがあるのではないでしょうか・・・やはりホバを撮りたければ、最も確率の高いフィールドかもしれません。結局1枚も撮れなかったので、帰り道にもなる上流へ行ってみました。40分くらい待たされましたが、オスが飛来し、ペリットを吐き出してから採餌開始、小魚狙いなので、飛び込回数は多く=撮影チャンスも多く、久しぶりに満腹になりました・・・撮りすぎて現像する気力を失ってしまいました。(^o^)

下流側から綺麗なメスが飛来して、4回もホバを披露してくれました・・・ちょっと遠かったですが、このホバは想定外、期待外だったので嬉しい・・・
_00207_1.jpg

_00207_3.jpg

_00207_2.jpg

_00207_4.jpg

50mくらい先・・・
_00207_5.jpg

このオスメス、繁殖行動を始める可能性が高そうです。
_00207_6.jpg

同じ場所で仲良く採餌・・・
_00207_7.jpg

_00207_8.jpg

_00207_9.jpg

_00207_10.jpg

_00207_11.jpg

_00207_14.jpg

_00207_13.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年1月29日

減感

曇り空で17時過ぎ、暗すぎたので減感を試してみました。流石に高画質が売りのD850、素晴らしい!

ISO64の1/3減感、ヨンニッパ単体、F値解放、SS1/13秒、ほぼピクセル等倍にトリミング・・・
_00126_12.jpg

その前の最後の食事・・・にしては小物でした。(^o^)
_00126_10.jpg

_00126_11.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年1月26日

水絡み

ホバ娘のホバ回数が増えたという情報もありますが、やはり寒い中長時間待たされるのは辛いので、15時前にオスの縄張りに行ってきました。寒くて暗いせいか、ファインダーを覗いているカメラマンは一人だけ、オスが出迎えてくれたので、急ぎ機材をセットしてすぐに撮影開始・・・16時以降にスーツケースの集荷があるので、わずか1時間足らずで撤収しましたが、結構楽しませてもらいました。

_00126_1.jpg

_00126_3.jpg

_00126_4.jpg

_00126_5.jpg

_00126_8.jpg

_00126_9.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年1月25日

池に魚が・・・

毎年今の時期、川にはいっぱい魚がいるのにピラカンサの池には魚がいなくなります。水路でつながっている駐車場下の池には、小魚がいっぱいいるのですが・・・ということで、15時半頃に池の様子を見に行くと、カメラマンが暇そうにしていたので訊いてみると、池の主のメスは魚がいないので近くの釣り堀へ行って採餌しているとのことでした。川のホバ娘は、ここ数日朝方だけ数回ホバをするようになったようですが、長時間待たされるは流石にもう辛い、困った、本当に困りました。どこへ撮影に行く? とりあえず今日は機材も出さずにそのまま池から撤収しましたが、帰宅路なので川の上流の様子を見に寄ってみました。するとカメラマン7、8人がファインダーを覗いている・・・オスのカワセミが飛来していました。機材をセットしている間に何度か飛び込んでお魚ゲット・・・セット完了時には採餌は終わってしまいました、残念。でもその後本流へ移動して飛び込んでくれたので、とりあえず数コマ撮れました。カメラマンは全員撤収、しばらく待っていると再飛来して、数回飛び込んでくれました。30分くらいで、何度か撮影チャンスがあったので、立ち寄ってよかった・・・(^o^)

綺麗なオス・・・
_00125_1.jpg

ここから本流に・・・
_00125_2.jpg

背中向きでお魚なしとは、ツキがない・・・
_00125_3.jpg

_00125_4.jpg

また背中向き・・・
_00125_5.jpg

_00125_6.jpg

ちゃんと魚も一緒に捕っていました・・・
_00125_7.jpg

_00125_8.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年1月22日

ホバ終焉!

ホバ終焉宣言です。約1ヶ月間楽しませてくれた川の若メスはもうホバはほとんどしません・・・いや、今後もするかもしれませんが、3時間、4時間待って1回、2回程度でしょう。昨日の朝もホバなしだったので、今朝はお休みしました。そして15時半頃に出撃、工事で川が濁っていたら池へ行くつもりでしたが、濁っていなかったのでホバ会場へ直行・・・若メスが出迎えてくれましたが、ホバする気配は全くなし、1度下流へ飛んで行く際に遠くで背中向きホバを1回披露してくれましたが、合焦した時点で終了してしまったので、証拠データも残せませんでした。結局採餌することもなくそのまま下流へ、その後16時35分に再飛来しましたが、ホバせずにいきなり飛び込んで大物ゲット、水浴び数回して下流へ消えて行きました。ということで、期待していた夕方もホバをしなくなったので、完全に若メスのホバは終焉を迎えましたね。午前中は11時半までに撮れたホバは1回だけだったそうです。4時間半で1回ではね、とても付き合えません。(^o^)

単なるトビモノ系なら池でも撮れる、いや、池の方が撮れるでしょう・・・
_00122_1.jpg

_00122_2.jpg

_00122_3.jpg

_00122_4.jpg

_00122_18.jpg

_00122_5.jpg

_00122_6.jpg

_00122_7.jpg

_00122_8.jpg

_00122_9.jpg

_00121_1.jpg

_00121_2.jpg

_00121_3.jpg

_00121_4.jpg

_00122_10.jpg

_00122_11.jpg

_00121_5.jpg

_00121_7.jpg

_00121_8.jpg

_00122_14.jpg

_00122_12.jpg

_00122_13.jpg

_00122_16.jpg

_00122_17.jpg

_00122_15.jpg

_00122_19.jpg

_00122_20.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年1月20日

やはりホバ終焉!

今朝も川へ出撃しましたが、9時前間までに4度飛来してホバは1度もなし! 9時頃から上流の工事のため水が濁り始め、9時20分には一面ミルクコーヒー色になったので、早々撤収しました。夕方も様子見に行きましたが、ミルクコーヒー色のままで、朝からの居残りカメラマンの話では、一度も飛来していないとのことでした。16時前にピラカンサの池へ行きましたが、メスのパフォーマンスは最低、メインステージからの飛び込は、真っ暗になった17時7分でした。

ホバなしなので、少し普通のトビモノを・・・
_00120_1.jpg

_00120_2.jpg

_00120_3.jpg

_00120_4.jpg

_00120_5.jpg

_00120_6.jpg

_00120_7.jpg

_00120_8.jpg

石の上からも簡単に採餌に成功・・・
_00120_9.jpg

_00120_10.jpg

_00120_11.jpg

_00120_12.jpg

ヨンニッパ単体、F値開放でISO12800・・・暗すぎて水出の瞬間が見えない、AFが追わない・・・
_00120_15.jpg

夕陽を浴びた池のメス・・・
_00120_16.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年1月19日

ホバ終焉?

昨日の雪ホバが惨敗で消化不良に終わったので、快晴の予報だった今日はホバの爆発を期待して早朝から出撃しました。ところが期待に反してホバなし、10時半までに7回も飛来したにもかかわらず、1度もホバすることなく採餌を済ませ下流へと消えていきました。エネルギーを大量に消費するホバをしなくても簡単に魚が捕れてしまう・・・余程魚がいっぱいカワセミの目の前で泳いでいるのでしょうね。ということで一旦撤収し、夕方もホバなしなら、「ホバ終焉」の宣言をするつもりでいました。15時半に川に到着、何と朝からの居残りカメラマンが10人以上、川原にレンズを向けているので急いで機材をセットしていると、目の前でホバ~・・・5秒くらい長いホバを披露してくれました、トホホ。報告ではこれが2度目のホバだったそうです。朝からお疲れ様です・・・と、声をかけましたが、目の前で呆然と見るだけだったホバが、今日の最後かも、と思いつつ待っていると、15時50分頃からホバのスウィッチが入って、13、14回ホバしてくれました。残念ながらホバが始まったときには陽が陰ってしまって暗くなってしまいましたが、撮れるだけで嬉しいのがホバ、何度撮っても撮りたいと思うのがホバ、その終焉宣言をせずに済んだことはよかったですね。(^o^)

完全な後ろ向きホバ2回含め、計11回データを残せました。
_00119_1.jpg

_00119_2.jpg

_00119_3.jpg

_00119_4.jpg

_00119_5.jpg

_00119_7.jpg

_00119_6.jpg

_00119_8.jpg

_00119_9.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年1月18日

雪ホバ惨敗!

今日は雪の予報だったので、雪ホバ狙いで早朝から出撃しました。8時過ぎから雪がパラパラ・・・雪が写るほど降ってはいないときに数回ホバを披露してくれましたが、とても雪ホバとは言える状態ではなかったです。雪が激しく降っているときに、3度か4度飛来しても全くホバせずで、惨敗でした。ちなみに雪ホバ狙いで一緒に寒さに耐えたカメラマンは6人・・・美味しいコーヒーが飲めたことだけが唯一の救いでした。(^o^) Kさん、コーヒー、ご馳走様でした。

よ~く見ると、一応雪は写っているのですが・・・暗くてSSは何と1/100秒~125秒・・・
_00118_1.jpg

_00118_2.jpg

_00118_3.jpg

7時過ぎのホバ・・・暗くてISO800でSSは1/80秒・・・
_00118_4.jpg

1/100秒でしたが、ホント、羽が見えない・・・
_00118_5.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 21:59 | コメント (0)

2020年1月17日

大物をゲット・・・

今日は早起きする気もなく、8時半頃に川に到着、先着組のカメラマンの報告では、7時前に1度来て、1度もホバなし、採餌なしで下流へ飛んでいって戻ってこないとのこと。ではそろそろ来るかもと、期待しながら待つも、9時を過ぎても来ない・・・え、こんなに早く泥水? 9時半にはすでに川はミルクコーヒー色に・・・諦めて撤収の準備を始めたら飛来しましたが、結局ホバも採餌もなく下流へ・・・撤収です。15時半過ぎに再出撃しましたが、まだ重機が川の中に入っているのを確認して、久しぶりにピラカンサの池に行ってみました。機材をセットして散歩を始めたら、何とすぐに懐かしいピラカンサの枝に飛来してくれました。でも15分くらい何もせずにトベラの枝へ移動・・・その後再びピラカンサへ・・・10分くらいしてようやく飛び込んでお魚ゲット! その後、小魚が常時いっぱい泳いでいる「お知らせ」の看板の上へ・・・ここが今、お気に入りの採餌場のようです、勿論撮影には最悪の場所ですが・・・(^o^)

昨日はホバをいっぱい撮らせてもらいましたが、こんな大物をゲットした瞬間も・・・ここから簡単に捕られてしまうと、ホバせずに下流へ行ってしまうので、採餌には失敗してもらいたいのですが・・・ちなみにこの魚、大きすぎて枝に戻った瞬間に落としてしまいました。おかげさまでその後、2度、ホバを撮らせてもらいました。(^o^)
_00116_27.jpg

対岸なので遠い・・・
_00116_22.jpg

一度ピンが抜けた後3コマ目で復活・・・
_00116_23.jpg

_00116_24.jpg

_00116_25.jpg

_00116_26.jpg

大魚を逃して落ち込むこともなく、しっかりホバして・・・
_00116_29.jpg

また大物ゲット・・・SS1/250秒で流し撮りしましたが・・・
_00116_28.jpg

池の主のメスはしばらく見ないうちに綺麗になりました・・・
_00117_1.jpg

約2ヶ月間赤い実で楽しませてくれたピラカンサの枝が・・・
_00117_2.jpg

トベラの枝にも止まってくれましたが、飛び込はなし・・・
_00117_3.jpg

ピラカンサの枝からの飛び込・・・久しぶりでしたが何とか1コマ、証拠写真を残せました。暗かったのでヨンニッパ単体で撮影・・・大きくトリミングしてもカワセミは小さい・・・
_00117_4.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 20:59 | コメント (0)

2020年1月16日

最良の日

昨日は雨ホバのワンチャンスだけだったので、今日は気合いを入れて目覚ましを6時にセットしたのですが、起きたのは7時・・・急ぎフィールドへ出撃しましたが、7時前にすでにホバ数回終了してました。次の飛来は早くても8時頃だと思っていたら、機材をセットして間のなく飛来・・・嬉しい! しかも飛来しただけでなく、ホバの連発・・・結局10時前までに18回データが残っていたので、恐らく20回以上ホバしたでしょう。流石に満腹になって撤収しました。夕方のカワセミ散歩はお休みするつもりでしたが、陽が差していたので15時半過ぎに再出撃・・・少し待たされましたが、6回データを残せました。ということで現像が大変・・・1回1コマづつ紹介します。

土手から飛び込んで途中でショートホバ・・・背景に水面のブルーが入って一番のお気に入り・・・
_00116_3.jpg

これもいい感じ・・・
_00116_2.jpg

背景がいいところでのホバが多かった・・・
_00116_1.jpg

_00116_5.jpg

_00116_7.jpg

_00116_8.jpg

_00116_4.jpg

_00116_6.jpg

_00116_10.jpg

_00116_9.jpg

_00116_11.jpg

_00116_12.jpg

この羽の開きも美しい・・・
_00116_13.jpg

_00116_14.jpg

背中向きは何度もありましたが、相変わらず振り向いてくれませんね。
_00116_15.jpg

夕方・・・夕陽で染まる時間よりも早かったので、色づきはイマイチ・・・
_00116_16.jpg

_00116_17.jpg

_00116_18.jpg

_00116_19.jpg

_00116_20.jpg

_00116_21.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年1月15日

雨ホバ・・・

天気予報では、9時には雨が止み、11時頃から晴れ間も覗くはずだったのに・・・小雨が続き、11時前には本降りでした。8時過ぎに川に着いたときにカワセミが出迎えてくれたのですが、ホバなしで魚を捕って下流へ・・・1時間、2時間待っても飛来しない、そしてついに11時前に雨が強くなったので諦めて撤収しようと思ったら飛んできました、が、またホバなしでお魚ゲット・・・ようやくホバを披露してくれましたが後ろ向き、そして2度目のホバでようやくいい感じで撮ることができました、雨付きの雨ホバが嬉しい!(^o^)

_00115_1.jpg

_00115_2.jpg

_00115_3.jpg

_00115_4.jpg

お客様の綺麗なオス、メスがよく止まる枝に止まりました・・・ホバしてくれると嬉しいのですが・・・
_00115_5.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年1月14日

泥水

今日も夕日狙いで15時半過ぎに川に着きましたが、河川工事の影響で泥水・・・採餌ができるような状態ではなかったです。勿論16時半まで待ちましたが、カワセミは飛来せず・・・夕方のカワセミ散歩は当分の間お休みですね。

_00114_1.jpg

_00114_2.jpg

_00114_3.jpg

_00114_4.jpg

_00114_5.jpg

_00114_6.jpg

_00114_7.jpg

_00114_8.jpg

_00114_9.jpg

_00114_10.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年1月13日

綺麗になりました

昨日は曇りで寒かったのでカワセミ散歩はお休みしました。今日は晴れだったので、朝から出かけたのですが、10時までにホバは背中向きがわずか1度だけ、一旦撤収して、夕陽を浴びたホバを期待して15時半に再出撃・・・ところが上流の河川工事の影響で泥水・・・魚が見える状態ではなく、川が濁り始めた11時過ぎから1度も飛来していないとのことでした。3月まで工事が続くので、採餌ができないカワセミが可哀想・・・いや、ホバが撮れないカメラマンが可哀想・・・かな?(^o^)

12月にこの子に出会ったときには、特に下腹部が異常に汚いので気になっていました、病気とか怪我でなければいいな、と。河川工事はこの子の縄張り内の下流でもやっていて、重機を使ってが川原や川中で作業しています。その油漏れとかで、飛び込んだ際に油を浴びてしまった可能性がありますね。
_00113_1.jpg

_00113_2.jpg

折角ホバを撮っても、特に正面向きは全く「美しく」ない!
_00113_3.jpg

女の子のお尻を見せるのは問題!と言われそうですが・・・(^o^)
_00113_4.jpg

_00113_5.jpg

毎日何度も水浴びをして羽繕いしていたので、徐々に綺麗になって、ここ数日の写真を見ると、普通の女の子になりました。(^o^)
_00113_6.jpg

下腹部も毛が1本、1本表現できるようになり、フワフワ感が戻りました。
_00113_7.jpg

ホバも美しくなりました!
_00113_8.jpg

_00111_14.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年1月11日

したりしなかったり

何か日替わりでホバをしたりしなかったり・・・今日は午前中はよくなかったですね、寒かった。

_00111_10.jpg

_00111_11.jpg

_00111_12.jpg

_00111_13.jpg

夕方のホバは、始まるのが少し遅くて暗かった・・・
_00111_2.jpg

_00111_3.jpg

_00111_1.jpg

_00111_4.jpg

_00111_5.jpg

_00111_6.jpg

_00111_7.jpg

_00111_8.jpg

_00111_9.jpg

寒いときには・・・撮影の合間にしっかり指先を暖めてます。万一の時にiPhoneの充電もできるし、重宝しています。
充電式カイロ モバイルバッテリー

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年1月10日

RAWで撮るメリット

RAWで撮ると現像に時間がかかるので、JPEGで撮っているカメラマンの方が多いようです。RAWで撮るメリットは、例えば露出に失敗した場合、余程ひどくない限り、現像時に救われることでしょう。私は露出をマニュアルで撮っていますが、露出の失敗はほとんど経験したことがありません、が、今日は1度大失敗してしまいました。8時前、カワセミがまだ陽が当たらない川原の石の上に飛来して、ホバはせずに直接採餌すると思って露出を決めたのですが、何と突然上へ飛び出してホバ~! 勿論ホバしている場所は陽が当たっていて完全な露出オーバーになってしまいました。

現像時にマイナス1.5補正で救われました。
_00110_1.jpg

元のデータ・・・
_00110_2.jpg

ホバの前は適正露出・・・
_00110_3.jpg

_00110_4.jpg

実はこの時、3段ホバだったのです。(^o^)
_00110_14.jpg

_00110_15.jpg

これ以外はすべて適正露出で現像時の補正はなし・・・
_00110_5.jpg

_00110_6.jpg

_00110_7.jpg

_00110_8.jpg


_00110_9.jpg

_00110_10.jpg

_00110_11.jpg

_00110_12.jpg

_00110_13.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年1月 9日

夕陽を浴びて・・・

・・・14連発! 満腹でしばらく動けませんでした。(^o^) 現像に時間がかかるので、1コマづつ紹介しておきます。

_00109_1.jpg

_00109_2.jpg

_00109_3.jpg

_00109_4.jpg

_00109_5.jpg

_00109_6.jpg

_00109_0.jpg

_00109_7.jpg

_00109_8.jpg

_00109_9.jpg

_00109_10.jpg

_00109_11.jpg

_00109_12.jpg

_00109_13.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年1月 8日

躍動感・・・

今日は15時過ぎに出撃したのですが、川は雨で増水、しかも濁っていました。その影響か、飛来してホバは2度で終了、残念ながら2度とも後ろ向きで没でした。ということで一昨日の躍動感?のある1コマを・・・

_00106_0.jpg

後ろ向きでもかっこい~(^o^)
_00106_4.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:41 | コメント (0)

2020年1月 7日

夕方10連発

今日は仕事があってカワセミ散歩はお休みでした。昨日の10連発を紹介します。勿論10連発とは、データを残せたホバが10回ということで、実際には20分以内に12、13回はホバしました。残せたデータも数コマ~20コマありましたが、雲の合間から夕陽が差している瞬間にホバなしだったのが残念でした。暗かったので、感度優先でSSは1/80秒~160秒、流石に羽が写らないカットもありました。

_00107_1.jpg

_00107_2.jpg

_00107_3.jpg

_00107_4.jpg

_00107_5.jpg

_00107_6.jpg

_00107_7.jpg

_00107_8.jpg

_00107_9.jpg

_00107_10.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年1月 6日

午前中は・・・

・・・何故かホバしません。これで2日続けて7時~11時はホバなし・・・私は8時半~10時半にいましたが、飛来してもホバせずに採餌してお休み処へ・・・ということで今日も夕陽を浴びたホバに期待して15時半後に再挑戦。ところが上流の工事の影響で川の水が濁っていて採餌できるような状態ではありませんでした。予定通りカワセミは飛来しましたが、期待通りホバはしてくれるのか? 30分以上待たされましたが、結局今日も10連発・・・夕陽を浴びるタイミングでなかったのが残念!

午前中はホバなしでお魚付き水出を3連発・・・まずは陽の当たらない場所・・・
_00106_1.jpg

陽の当たる場所・・・SS/1600秒だとやっぱり違いますね。
_00106_2.jpg

陽が当たる場所でも水出の角度が悪いと・・・
_00106_3.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 21:01 | コメント (0)

2020年1月 5日

夕陽を浴びて・・・

・・・10連発・・・半逆光なので、すべてアンダー気味に撮りましたが、流石ニコンですね、やっぱり発色がいい・・・S社に引っ越しするメリットも根拠もないです。(^o^)

_00105_1.jpg

_00105_2.jpg

_00105_3.jpg

_00105_4.jpg

_00105_5.jpg

_00105_6.jpg

_00105_7.jpg

_00105_8.jpg

_00105_9.jpg

_00105_10.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年1月 4日

初撮りはホバ~

今年も初撮りはホバ~・・・朝に帰国して午後にはカワセミ・フィールドに立ちました、が、カワセミが飛来しない・・・結局約2時間待ちの16時頃に飛来してホバ開始、しかし暗い! ISO800以上の高感度では撮る気がしないので、必然的にシャッタースピードを調整、SS/125秒~320秒の範囲で撮りました。

_00104_1.jpg

_00104_2.jpg

_00104_3.jpg

_00104_4.jpg

_00104_5.jpg

_00104_6.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年1月 3日

晴れていると・・・

27日の撮り収め・・・晴れているとISO64~100という低感度で余裕でホバを撮ることができるので、よいデータが得られます。ほぼピクセル等倍までトリミングしても問題なし!

_1227_1.jpg

_1227_2.jpg

_1227_3.jpg

_1227_4.jpg

_1227_5.jpg

この個体はまだ成鳥前でお腹も脚も綺麗ではないので、この角度で振り向いてくれる瞬間が一番にいいのですが・・・振り向いてくれることはほどんどありません!(^o^)
_1227_6.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2020年1月 1日

今年も・・・

・・・素晴らしいカワセミとの出会いがありますように・・・

_00101_1.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2019年12月28日

水出も・・・

ホバの合間に水出も少しは撮ります。25日撮影分です。

_1225_1.jpg

_1225_2.jpg

_1225_3.jpg

_1225_4.jpg

_1225_5.jpg

_1225_6.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2019年12月26日

ホバは続きますが・・・

ホバは続きますが、更新が続かない・・・24日のホバ、この日は天気も悪く、ホバも少なかったです。

_1224_1.jpg

_1224_2.jpg

_1224_3.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2019年12月24日

ホバの続き・・・

家族の見舞いのために20日に帰省する予定でしたが、19日の夜に訃報が届き、20日から葬儀のために帰省していました。23日に戻りましたが、その間カワセミ散歩はお休みしていました。とりあえず19日の朝に撮影した画像をアップします。

_1219_1.jpg

_1219_2.jpg

_1219_3.jpg

_1219_4.jpg

_1219_5.jpg

_1219_6.jpg

_1219_7.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2019年12月18日

今日もホバ・・・

ホバ撮影は、いっぱいシャッターを切れるので、やっぱり楽しい、嬉しい・・・(^o^) でも今日はホバ回数が少なくて残念でした。

_1218_1.jpg

_1218_2.jpg

_1218_3.jpg

_1218_4.jpg

_1218_5.jpg

_1218_6.jpg

_1218_7.jpg

_1218_8.jpg

_1218_9.jpg

_1218_10.jpg

_1218_11.jpg

_1218_12.jpg

_1218_13.jpg

トマリモノも少々・・・
_1218_14.jpg

_1218_15.jpg

上流から若オスが飛来・・・
_1218_16.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2019年12月17日

川原のカワセミ

特に晴天の時は、背景となる水面がブルーなので、全く違った色表現が可能です。トマリモノも絵になりますね。(^o^)

_1217_1.jpg

今年巣立った若メスです。来年の繁殖期には綺麗なメスになるでしょう。
_1217_2.jpg

_1217_3.jpg

_1217_4.jpg

_1217_5.jpg

_1217_6.jpg

_1217_7.jpg

_1217_8.jpg

_1217_9.jpg

_1217_10.jpg

_1217_11.jpg

_1217_12.jpg

_1217_13.jpg

_1217_14.jpg

_1217_15.jpg

_1217_16.jpg

恐らく駐車場の下の池を縄張りにしている若オスでしょう、若メスの縄張りまで侵入することも・・・
_1217_17.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2019年12月16日

ホバ~・・・

久しぶりにホバを複数回、撮りました。冬場は毎年、川の上流か下流のどこかで盛んにホバを披露してくれる個体が現れます。今年は上流域はボチボチ、いつもの池付近は川はイマイチ、下流はメスの幼鳥がホバからの採餌を特訓中です。2月までカワセミ散歩は川のどこかになりそうです。晴天だったので、ISO64~100で撮ったので、D850ならピクセル等倍近くまでトリミング可能・・・画像をクリックして大きなカワセミをご覧下さい。(^o^)

川原に飛来するも、結局1時間半待たされました。そして最初のホバが7コマすべてこの飛型・・・本当に笑ってしまいました。(^o^)
_1216_1.jpg

2回目から羽を広げてくれたのでホッ・・・
_1216_2.jpg

_1216_3.jpg

_1216_4.jpg

2段目は低い位置で背景が水面・・・ところがここでも最初の4コマが羽閉じの同じ飛型・・・
_1216_5.jpg

_1216_6.jpg

_1216_7.jpg

_1216_8.jpg

何と3段ホバ!
_1216_9.jpg

_1216_10.jpg

_1216_11.jpg

_1216_12.jpg

_1216_13.jpg

同じような場所でホバるので、背景が同じなのが残念・・・
_1216_14.jpg

_1216_15.jpg

_1216_16.jpg

_1216_17.jpg

_1216_18.jpg

_1216_19.jpg

_1216_20.jpg

陽差しが強くなってカワセミに露出を合わせると背景は・・・それにしても続けて背中向きばかりで参りました。
_1216_21.jpg

_1216_22.jpg

羽を広げたカットはすべて目隠れ・・・
_1216_23.jpg

_1216_24.jpg

最後はSSは1/500秒だったので、流石に流れてしまいました。
_1216_25.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2019年12月15日

ありがとう「ピラカワ」

「ピラカワ」・・・10月から楽しませてくれました。来年はもっといっぱい赤い実を付けてくれるといいのですが・・・

12月15日・・・数日間であっという間に実がなくなりました。
_1215_1.jpg

12月14日・・・
_1214_0.jpg

12月12日・・・
_1212_1.jpg

12月10日・・・14日ぶりに訪れたときにはまだ実は残っていたのに・・・
_1210_2.jpg

11月25日・・・
_1125_5.jpg

11月20日・・・
_1120_2.jpg

11月14日・・・
_1114_2.jpg

11月10日・・・
_1110_9.jpg

11月5日・・・
_1105_3.jpg

11月1日・・・
_1101_3.jpg

10月22日・・・
_1022_2.jpg

10月19日・・・
_1019_3.jpg

10月4日・・・
_1004_1.jpg

10月1日・・・
_1001_1.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2019年12月14日

あっという間に・・・

昨日、ピラカンサの実を食べているツグミの群れを目撃しましたが、あっという間にメインステージから赤い実が消えてしまいました。(^o^) 「ピラカワ」は本当に終わりました。

_1214_1.jpg

メインステージからピラカンサの実が消えたので、トマリモノの絵にならない・・・
_1214_2.jpg

_1214_3.jpg

明日からはこういうところに止まっているところを撮りますか・・・
_1214_4.jpg

今日のトビモノはメインステージから1度・・・想定より遠くへ飛び込まれてAFが水出に間に合わず、途中で数コマ残せただけ・・・
_1214_5.jpg

高い枝からの飛び込を待っていたら、飛び出してすぐにショートホバ・・・背景が真っ白!
_1214_6.jpg

結局メスがどこかへ行ってしまったので、駐車場下の若オスを撮ることに・・・やはり夕食に来ていました。枯れ葉とカワセミ・・・
_1214_7.jpg

飛び込んだ場所が水面反射で真っ白・・・
_1214_8.jpg

その後飛び込んだところも・・・
_1214_9.jpg

_1214_10.jpg

場所を変えて・・・やはり小エビ狙い・・・
_1214_11.jpg

_1214_12.jpg

_1214_13.jpg

_1214_14.jpg

_1214_15.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2019年12月13日

駐車場下の若オス

今日は出撃が遅れて、池に着いたのは15時45分頃でした。ピラカンサのメインステージ回りにはお客さんが数羽・・・ツグミが周辺にも10羽以上群がっていました。「ピラカワ」は本当にもう終わりですね。15分くらい散歩しながら待っていると、メスが飛来・・・でもメインステージの下を通過して、駐車場下の池の方へ飛んで行ったので、様子を見に行くと、メスと若オスがいました。急ぎ機材を取りに戻って、駐車場下の池へ向かう途中、メスがピラカンサの池の方へ飛んで行きました。若オスが残っていたので、メスの後は追わずに若オスに付き合うことにしました。それでなくても暗いのに、若オスは待ってもなかなか動かない、テレコン外してヨンニッパ単体、F値開放でISO3200・・・6400・・・12800、ついに25600・・・もう真っ暗でした。(^o^)

ツグミもヒヨドリと同じように実をまるごと食べていました。
_1213_1.jpg

久しぶりの出会い・・・若オスはずっとこの池を縄張りにしていたようです。
_1213_2.jpg

ようやく動き出して・・・小エビを捕っているようでした。暗いこともあってファインダーを覗いてよく見えない、AFもなかなかピントが合わない・・・
_1213_3.jpg

_1213_4.jpg

_1213_5.jpg

_1213_6.jpg

完璧にピントがきたときには小エビなし・・・
_1213_7.jpg

_1213_8.jpg

16時40分・・・F値開放、SS1/640秒、ISO25600・・・暗すぎてファインダー内でカワセミの動きが見えない。(^o^)
_1213_9.jpg

_1213_10.jpg

_1213_11.jpg
もっと明るい時にトビモノを撮りたい!

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2019年12月12日

夕陽を浴びて・・・

夕陽を浴びたピラカワを撮るのも、今年は最後になりますかね。今日も15時半過ぎに池に到着、カメラマンの報告では風が強いせいかピラカンサのメインステージには飛来していないとのことでした。確かに枝は揺れ、波が立っているので、今日はダメかな~と思いつつ散歩を始めると、16時前にカワセミが目の前を横切ってピラカンサ方向へ・・・カメラに戻ると欄干からメインステージに移ってくれました。ちょっとタイミング的に「夕陽を浴びて・・・」には遅かったですが、ピラカンサの実と背景はいい色で表現できました。

_1212_1.jpg

_1212_2.jpg

_1212_3.jpg

_1212_4.jpg

_1212_5.jpg

メインステージの下枝もただの枝になってしまいました・・・
_1212_6.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2019年12月10日

2週間ぶりに・・・

2週間ぶりにフィールドへ・・・15時半過ぎに着くと、嬉しいことに5分も待たずにピラカンサのメインステージへ飛来してくれました。流石にピラカンサの実が淋しくなりましたね。池の主のメスは、結局飛び込まずに飛び去ってしまいましたが、久しぶりの再会、両面からしっかり撮れたので満足!(^o^) カワセミ散歩は30分で終えました。

_1210_1.jpg

_1210_2.jpg

_1210_3.jpg

_1210_4.jpg

_1210_5.jpg

_1210_6.jpg

_1210_7.jpg

今日のカワセミ Twitterでも「カワセミとの出会い」を発信中!

投稿者eisvogel : 23:59 | コメント (0)

2019年11月28日

写真展のご案内

いつもフィールドでお世話になっている方々の写真展が開催されています。皆さんの自慢の作品、秀作が多数展示されています。是非お出かけください。

第12回バード・フォト・クラブ写真展
2019年12月1日(日)まで
10時~17時(入場無料)※最終日は16時まで。
東久留米生涯学習センター 1階ホール
東久留米市中央町2-6-23 ※無料駐車場有り!

お馴染みのカワセミ・フィールド・・・
_1127_1.jpg

_1127_2.jpg

海外のカワセミも・・・
_1127_3.jpg

投稿者eisvogel : 00:01 | コメント (0)

2019年11月26日

ピラカワ終焉!

もう今年度のピラカワは撮り尽くした感じですね、実際赤い実も他の鳥にかなり食い荒らされてしまいましたし・・・来年5月はまた白い花で楽しませてくれるでしょう。

_1125_1.jpg

_1125_2.jpg

_1125_3.jpg

_1125_4.jpg